浅野 眞一郎アサノ シンイチロウresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/11/17

基本情報

プロフィール

所属部署名
農学研究院 基盤研究部門 応用生命科学分野
職名准教授 
学位
博士(農学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号

研究キーワード

cry遺伝子, Bacillus thuringiensis, 結晶タンパク質遺伝子, コガネムシ, 殺虫性結晶タンパク質, 殺線虫活性cry遺伝子, BBMV, cry gene, cryBPl遺伝子, cry 1遺伝子, B.popilliae, cryB28遺伝子, delta-エンドトキシン, promoter, 殺鱗翅目活性, 分離株, vector, 殺コガネムシ活性, B.thuringiensis, 殺線虫活性, cry2遺伝子, バインディングアッセイ, N末端解析, ウエスタンブロット, バチルスチューリンゲンシス, ICP遺伝子, バチルス・チューリンゲンシス(BT), 殺虫性タンパク, 昆虫ウイルス, デンソウイルス, 昆虫病理学

研究分野

境界農学 / 昆虫科学(昆虫病理学)
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
境界農学 / 昆虫科学(昆虫病理学)

職歴

2010年
-
2012年
北海道大学 (連合)農学研究科(研究院)(准教授)
1999年04月
-
2007年03月
- 農学部 助教授
2007年
- 農学部 准教授
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2010年
-
2012年
北海道大学 (連合)農学研究科(研究院)(准教授)
1999年04月
-
2007年03月
- 農学部 助教授
2007年
- 農学部 准教授

学歴

-
1989年
北海道大学 農学部 農業生物学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
1989年
北海道大学 農学部 農業生物学科

所属学協会

日本蚕糸学会
日本応用動物昆虫学会
Society Invertebrate Pathology
より2000年4月まで
より
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本蚕糸学会
日本応用動物昆虫学会
Society Invertebrate Pathology
より2000年4月まで
より

研究活動

論文

Characterization of a novel negevirus isolated from Aedes larvae collected in a subarctic region of Japan.
Kawakami K, Kurnia YW, Fujita R, Ito T, Isawa H, Asano S, Binh ND, Bando H
Archives of virology 161(4) 801-809 2016年04月
Analysis of the Bombyx mori nucleopolyhedrovirus ie-1 promoter in insect, mammalian, plant, and bacterial cells.
Fujita R, Ono C, Ono I, Asano S, Bando H
Biochemical and biophysical research communications 464(4) 1297-1301 2015年09月
Tightly regulated expression of Autographa californica multicapsid nucleopolyhedrovirus immediate early genes emerges from their interactions and possible collective behaviors.
Ono C, Sato M, Taka H, Asano S, Matsuura Y, Bando H
PloS one 10(3) e0119580 2015年03月
Characterization of KfrA proteins encoded by a plasmid of Paenibacillus popilliae ATCC 14706(T).
Iiyama K, Mon H, Mori K, Mitsudome T, Lee JM, Kusakabe T, Tashiro K, Asano S, Yasunaga-Aoki C
Meta gene 4 29-44 2015年03月
Transcriptional profile of tomato roots exhibiting Bacillus thuringiensis-induced resistance to Ralstonia solanacearum.
Takahashi H, Nakaho K, Ishihara T, Ando S, Wada T, Kanayama Y, Asano S, Yoshida S, Tsushima S, Hyakumachi M
Plant cell reports 33 99-110 2014年01月
Phylogenetic relationship of Paenibacillus species based on putative replication origin regions and analysis of an yheCD-like sequence found in this region.
Iiyama K, Otao M, Mori K, Mon H, Lee JM, Kusakabe T, Tashiro K, Asano S, Yasunaga-Aoki C
Bioscience, biotechnology, and biochemistry 78(5) 891-897 2014年
Mos1 transposon-based transformation of fish cell lines using baculoviral vectors.
Yokoo M, Fujita R, Nakajima Y, Yoshimizu M, Kasai H, Asano S, Bando H
Biochemical and biophysical research communications 439(1) 18-22 2013年09月
Identification of a Bacillus thuringiensis Cry8Da toxin-binding glucosidase from the adult Japanese beetle, Popillia japonica.
Yamaguchi T, Bando H, Asano S
Journal of invertebrate pathology 113(2) 123-128 2013年06月
Bacillus thuringiensis Suppresses Bacterial wilt Disease Caused by Ralstonia solanacearum with Systemic Induction of Defense-Related Gene Expression in Tomato.
Hyakumachi M, Nishimura M, Arakawa T, Asano S, Yoshida S, Tsushima S, Takahashi H
Microbes and environments / JSME 2012年12月
A 50-kilodalton Cry2A peptide is lethal to Bombyx mori and Lymantria dispar.
Ohsawa M, Tanaka M, Moriyama K, Shimazu M, Asano S, Miyamoto K, Haginoya K, Mitsui T, Kouya T, Taniguchi M, Hori H
Applied and environmental microbiology 78(13) 4755-4757 2012年07月
論文を全て表示する
論文閉じる
Characterization of a novel negevirus isolated from Aedes larvae collected in a subarctic region of Japan.
Kawakami K, Kurnia YW, Fujita R, Ito T, Isawa H, Asano S, Binh ND, Bando H
Archives of virology 161(4) 801-809 2016年04月
Analysis of the Bombyx mori nucleopolyhedrovirus ie-1 promoter in insect, mammalian, plant, and bacterial cells.
Fujita R, Ono C, Ono I, Asano S, Bando H
Biochemical and biophysical research communications 464(4) 1297-1301 2015年09月
Tightly regulated expression of Autographa californica multicapsid nucleopolyhedrovirus immediate early genes emerges from their interactions and possible collective behaviors.
Ono C, Sato M, Taka H, Asano S, Matsuura Y, Bando H
PloS one 10(3) e0119580 2015年03月
Characterization of KfrA proteins encoded by a plasmid of Paenibacillus popilliae ATCC 14706(T).
Iiyama K, Mon H, Mori K, Mitsudome T, Lee JM, Kusakabe T, Tashiro K, Asano S, Yasunaga-Aoki C
Meta gene 4 29-44 2015年03月
Transcriptional profile of tomato roots exhibiting Bacillus thuringiensis-induced resistance to Ralstonia solanacearum.
Takahashi H, Nakaho K, Ishihara T, Ando S, Wada T, Kanayama Y, Asano S, Yoshida S, Tsushima S, Hyakumachi M
Plant cell reports 33 99-110 2014年01月
Phylogenetic relationship of Paenibacillus species based on putative replication origin regions and analysis of an yheCD-like sequence found in this region.
Iiyama K, Otao M, Mori K, Mon H, Lee JM, Kusakabe T, Tashiro K, Asano S, Yasunaga-Aoki C
Bioscience, biotechnology, and biochemistry 78(5) 891-897 2014年
Mos1 transposon-based transformation of fish cell lines using baculoviral vectors.
Yokoo M, Fujita R, Nakajima Y, Yoshimizu M, Kasai H, Asano S, Bando H
Biochemical and biophysical research communications 439(1) 18-22 2013年09月
Identification of a Bacillus thuringiensis Cry8Da toxin-binding glucosidase from the adult Japanese beetle, Popillia japonica.
Yamaguchi T, Bando H, Asano S
Journal of invertebrate pathology 113(2) 123-128 2013年06月
Bacillus thuringiensis Suppresses Bacterial wilt Disease Caused by Ralstonia solanacearum with Systemic Induction of Defense-Related Gene Expression in Tomato.
Hyakumachi M, Nishimura M, Arakawa T, Asano S, Yoshida S, Tsushima S, Takahashi H
Microbes and environments / JSME 2012年12月
A 50-kilodalton Cry2A peptide is lethal to Bombyx mori and Lymantria dispar.
Ohsawa M, Tanaka M, Moriyama K, Shimazu M, Asano S, Miyamoto K, Haginoya K, Mitsui T, Kouya T, Taniguchi M, Hori H
Applied and environmental microbiology 78(13) 4755-4757 2012年07月
An HDAC inhibitor increases AcMNPV gene expression in mammalian cells.
Fujita R, Ohtsuka D, Sahara K, Asano S, Bando H
Archives of virology 155(4) 577-581 2010年04月
Expression of Autographa californica multiple nucleopolyhedrovirus genes in mammalian cells and upregulation of the host beta-actin gene.
Fujita R, Matsuyama T, Yamagishi J, Sahara K, Asano S, Bando H
Journal of virology 80(5) 2390-2395 2006年03月

書籍

バイオロジカル・コントロール-害虫管理と天敵の生物学-
朝倉書店 2009年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
バイオロジカル・コントロール-害虫管理と天敵の生物学-
朝倉書店 2009年

特許

殺虫活性を有する蛋白質、その蛋白質をコードするDNA、有害生物防除剤及び防除方法。
浅野 眞一郎, 山中 聡, 武内 克義
特願2000-236140 2000年08月03日
ドウガネブイブイの防除方法及び防除剤
浅野 眞一郎, 松木 伸浩, 西橋 秀治, 木村 雅敏, 江原 岳
特願平11-338627 1999年11月29日
特許を全て表示する
特許閉じる
殺虫活性を有する蛋白質、その蛋白質をコードするDNA、有害生物防除剤及び防除方法。
浅野 眞一郎, 山中 聡, 武内 克義
特願2000-236140 2000年08月03日
ドウガネブイブイの防除方法及び防除剤
浅野 眞一郎, 松木 伸浩, 西橋 秀治, 木村 雅敏, 江原 岳
特願平11-338627 1999年11月29日

受賞

2016年03月
日本蚕糸学会 日本蚕糸学会賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2016年03月
日本蚕糸学会 日本蚕糸学会賞 

競争的資金等の研究課題

B.thuringiensis Cry44Aaトキシンのカ類殺虫活性機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 浅野 眞一郎
鞘翅目成虫殺虫活性機構解明と新規BT剤の開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 浅野 眞一郎
病原微生物を用いた害虫防除
:科学研究費補助金
研究期間 : 2008年 - 2012年
新規殺虫性タンパク質遺伝子(ICP gene)の解析と生物農薬への応用
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1999年 - 2000年 代表者 : 飯塚 敏彦, 浅野 眞一郎
コガネムシに殺虫活性を有するB.popilliaeの結晶タンパク質遺伝子解析
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間 : 1998年 - 1999年 代表者 : 浅野 眞一郎
BT菌株への殺虫性タンパク質遺伝子導入ベクターの開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 1996年 - 1996年 代表者 : 浅野 真一郎
家蚕中腸上皮細胞上のdelta-エンドトキシン受容体に対するモノクローナル抗体作製
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1993年 - 1993年 代表者 : 浅野 眞一郎, 浅野 真一郎
殺虫性結晶タンパク質産生菌の分子生物学的研究
:共同研究
研究期間 : 2008年
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
B.thuringiensis Cry44Aaトキシンのカ類殺虫活性機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 浅野 眞一郎
鞘翅目成虫殺虫活性機構解明と新規BT剤の開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 浅野 眞一郎
病原微生物を用いた害虫防除
:科学研究費補助金
研究期間 : 2008年 - 2012年
新規殺虫性タンパク質遺伝子(ICP gene)の解析と生物農薬への応用
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1999年 - 2000年 代表者 : 飯塚 敏彦, 浅野 眞一郎
コガネムシに殺虫活性を有するB.popilliaeの結晶タンパク質遺伝子解析
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間 : 1998年 - 1999年 代表者 : 浅野 眞一郎
BT菌株への殺虫性タンパク質遺伝子導入ベクターの開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 1996年 - 1996年 代表者 : 浅野 真一郎
家蚕中腸上皮細胞上のdelta-エンドトキシン受容体に対するモノクローナル抗体作製
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1993年 - 1993年 代表者 : 浅野 眞一郎, 浅野 真一郎
殺虫性結晶タンパク質産生菌の分子生物学的研究
:共同研究
研究期間 : 2008年

教育活動

主要な担当授業

応用分子昆虫学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 昆虫機能利用 昆虫病原微生物 遺伝子機能 害虫防除
応用分子生物学基礎特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 農学院
キーワード : 転写・翻訳制御、酵素、生物生産、生体制御、染色体構造、構造機能相関
応用分子生物学基礎特論演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 農学院
キーワード : 遺伝子発現制御、遺伝資源、栄養制御、ストレス応答、酵素機能Gene expresion control, Genetic resource, Nutritional regulation, Stress response, Enzyme function
応用分子生物学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 農学院
キーワード : 遺伝子発現制御、遺伝資源、栄養制御、酵素機能Gene expresion control, Genetic resource, Nutritional regulation, Enzyme function
応用分子生物学特論演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 農学院
キーワード : 遺伝子発現制御、遺伝資源、栄養制御、酵素機能Gene expresion control, Genetic resource, Nutritional regulation, Enzyme functio
応用生命科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 応用生命科学,植物育種学,遺伝子制御学,応用分子昆虫学,分子生物学,分子酵素学,生態化学生物学,分子環境生物学,生物情報分子解析学
昆虫病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 昆虫病理学、昆虫、生体防御、細菌、ウイルス、糸状菌、原生動物、微生物防除
機器分析化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : スペクトル、MS、NMR、IR、UV、タンパク質、核酸・塩基配列決定
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
応用分子昆虫学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 昆虫機能利用 昆虫病原微生物 遺伝子機能 害虫防除
応用分子生物学基礎特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 農学院
キーワード : 転写・翻訳制御、酵素、生物生産、生体制御、染色体構造、構造機能相関
応用分子生物学基礎特論演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 農学院
キーワード : 遺伝子発現制御、遺伝資源、栄養制御、ストレス応答、酵素機能Gene expresion control, Genetic resource, Nutritional regulation, Stress response, Enzyme function
応用分子生物学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 農学院
キーワード : 遺伝子発現制御、遺伝資源、栄養制御、酵素機能Gene expresion control, Genetic resource, Nutritional regulation, Enzyme function
応用分子生物学特論演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 農学院
キーワード : 遺伝子発現制御、遺伝資源、栄養制御、酵素機能Gene expresion control, Genetic resource, Nutritional regulation, Enzyme functio
応用生命科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 応用生命科学,植物育種学,遺伝子制御学,応用分子昆虫学,分子生物学,分子酵素学,生態化学生物学,分子環境生物学,生物情報分子解析学
昆虫病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 昆虫病理学、昆虫、生体防御、細菌、ウイルス、糸状菌、原生動物、微生物防除
機器分析化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : スペクトル、MS、NMR、IR、UV、タンパク質、核酸・塩基配列決定
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
応用分子昆虫学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 昆虫機能利用 昆虫病原微生物 遺伝子機能 害虫防除
応用分子生物学基礎特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 農学院
キーワード : 転写・翻訳制御、酵素、生物生産、生体制御、染色体構造、構造機能相関
応用分子生物学基礎特論演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 農学院
キーワード : 転写・翻訳制御、酵素、生物生産、生体制御、染色体構造、構造機能相関
応用分子生物学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 農学院
キーワード : 遺伝子発現制御、遺伝資源、栄養制御、ストレス応答、酵素機能Gene expresion control, Genetic resource, Nutritional regulation, Stress response, Enzyme function
応用分子生物学特論演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 農学院
キーワード : 遺伝子発現制御、遺伝資源、栄養制御、ストレス応答、酵素機能Gene expresion control, Genetic resource, Nutritional regulation, Stress response, Enzyme function
応用生命科学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 応用生命科学,植物育種学,遺伝子制御学,応用分子昆虫学,分子生物学,分子酵素学,生態化学生物学,分子環境生物学,生物情報分子解析学
昆虫病理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 昆虫病理学、昆虫、生体防御、細菌、ウイルス、糸状菌、原生動物、微生物防除
機器分析化学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : スペクトル、MS、NMR、IR、UV、タンパク質、核酸・塩基配列決定
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
応用分子昆虫学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 昆虫機能利用 昆虫病原微生物 遺伝子機能 害虫防除
応用分子生物学基礎特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 農学院
キーワード : 転写・翻訳制御、酵素、生物生産、生体制御、染色体構造、構造機能相関
応用分子生物学基礎特論演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 農学院
キーワード : 転写・翻訳制御、酵素、生物生産、生体制御、染色体構造、構造機能相関
応用分子生物学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 農学院
キーワード : 遺伝子発現制御、遺伝資源、栄養制御、ストレス応答、酵素機能Gene expresion control, Genetic resource, Nutritional regulation, Stress response, Enzyme function
応用分子生物学特論演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 農学院
キーワード : 遺伝子発現制御、遺伝資源、栄養制御、ストレス応答、酵素機能Gene expresion control, Genetic resource, Nutritional regulation, Stress response, Enzyme function
応用生命科学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 応用生命科学,植物育種学,遺伝子制御学,応用分子昆虫学,分子生物学,分子酵素学,生態化学生物学,生物情報分子解析学
昆虫病理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 昆虫病理学、昆虫、生体防御、細菌、ウイルス、糸状菌、原生動物、微生物防除
機器分析化学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : スペクトル、MS、NMR、IR、UV、タンパク質、核酸・塩基配列決定

ページトップへ