研究者データベース

土井 翔平(ドイ シヨウヘイ)
法学研究科 法学政治学専攻 政治学講座
准教授

基本情報

所属

  • 法学研究科 法学政治学専攻 政治学講座

職名

  • 准教授

学位

  • 博士(法学)(2019年03月 京都大学)

連絡先

  • sdoijuris.hokudai.ac.jp

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 30889134

ORCID ID

Researcher ID

  • Y-4718-2018

J-Global ID

プロフィール

  • 個人ウェブサイトを公開しました。

研究分野

  • 人文・社会 / 国際関係論

職歴

  • 2021年04月 - 現在 国立情報学研究所 情報社会相関研究系 客員准教授
  • 2021年04月 - 現在 北海道大学 大学院法学研究科 准教授
  • 2020年10月 - 2021年03月 北海道大学 大学院公共政策学連携研究部 准教授
  • 2019年03月 - 2021年03月 国立情報学研究所 情報社会相関研究系 特任研究員
  • 2020年04月 - 2020年09月 日本学術振興会 特別研究員 PD(早稲田大学政治経済学術院)
  • 2015年04月 - 2018年03月 日本学術振興会 特別研究員 DC1
  • 2016年03月 - 2016年06月 プリンストン大学 政治学部 訪問学生

学歴

  • 2015年04月 - 2019年03月   京都大学   法学研究科   博士後期課程
  • 2013年04月 - 2015年03月   京都大学   法学研究科   修士課程
  • 2009年04月 - 2013年03月   京都大学   法学部   学士課程

所属学協会

  • 日本国際政治学会   人工知能学会   情報処理学会   国際安全保障学会   

研究活動情報

論文

  • Korea-Japan FCR Crisis and Public Opinion: Gathering Survey Data in Real Time Crisis Development
    Shohei Doi, Kazunori Inamasu, Shoko Kohama, Atsushi Tago
    Japanese Public Sentiment on South Korea: Popular Opinion and International Relations 2021年12月 [査読無し][通常論文]
  • 国際難民制度のテキスト分析:UNHCRにおける北欧諸国の発言を事例に
    中山裕美, 土井翔平
    国際関係研究の方法:解説と実践 213 - 236 2021年09月10日 [査読無し][通常論文]
  • Takayuki Mizuno, Shohei Doi, Takahiro Tsuchiya, Shuhei Kurizaki
    PLOS ONE 16 8 e0256160 - e0256160 2021年08月12日 [査読有り][通常論文]
     
    We analyze the connectivity of equity investments to the firms in the global ownership network that are reported as non-compliant with Environment, Social, and Government (ESG) benchmarks. We find that a large number of shareholders have ownership linkages to non-ESG firms, most commonly with three or four degrees of separation. Analyzing the betweenness centrality for shareholders connecting the ultimate owners and non-ESG firms, we find that the investment management companies play important roles in channeling the investment money into non-ESG firms, where largest American asset managers commonly have one to two degrees of separation on their ownership linkages to those problematic firms. Since asset managers collect capital from investors by running the equity funds, we analyze the ownership stakes and the associated voting rights attributable to the equity funds investors. We estimate the distribution of the power of corporate control over non-ESG firms among specific asset managers (such as BlackRock and Fidelity) and among different types of the equity funds (such as mutual funds and exchanged-traded funds), and explores how investing in the equity funds rather than ownership investing may have shifted the distribution of the power to control those non-ESG firms.
  • Takayuki Mizuno, Shohei Doi, Shuhei Kurizaki
    PLOS ONE 15 8 e0237862 - e0237862 2020年08月27日 [査読有り][通常論文]
  • Shohei Doi, Takayuki Mizuno, Naoya Fujiwara
    Journal of Computational Social Science 4 187 - 205 2020年06月04日 [査読有り][通常論文]
  • Takayuki Mizuno, Shohei Doi, Shuhei Kurizaki
    Complex Networks and Their Applications 611 - 619 2019年12月 [査読無し][通常論文]
  • Motoshi Suzuki, Keisuke Iida, Shohei Doi
    Games of Conflict and Cooperation in Asia 227 - 248 2017年 [査読無し][通常論文]

書籍

  • 資料で読み解く「保護する責任」:関連文書の抄訳と解説
    中内政貴, 高澤洋志, 中村長史, 大庭弘継 (担当:共訳範囲:資料5点)
    大阪大学出版会 2017年11月 (ISBN: 9784872596069) 270

講演・口頭発表等

  • Echo Chambers and American and Chinese Public Diplomacy during the COVID-19 Era  [通常講演]
    水野貴之, 栗崎周平, 土井翔平, 豊田 正史
    International Conference on Computational Social Science 2021年07月 口頭発表(一般)
  • グローバルな株所有ネットワークでのESG投資とヴァイス(悪徳)企業との繋がり  [通常講演]
    水野貴之, 土井翔平, 土屋貴裕, 栗崎周平
    日本人工知能学会 2021年06月 口頭発表(一般)
  • グローバル株所有ネットワークにおける投資家と悪徳企業との繋がり  [通常講演]
    水野貴之, 土井翔平, 土屋貴裕, 栗崎周平
    計算社会科学ワークショップ 2021年02月 口頭発表(一般)
  • SNSに広がる米中の分極化とエコーチェンバー - コロナは米中を分極化させたか?  [通常講演]
    水野貴之, 土井翔平, 栗崎周平, 豊田正史
    Data-driven Mathematical Sciences 2020年12月 口頭発表(一般)
  • Socially Responsible Investing in the Global Ownership Network and its implications for International Security  [通常講演]
    水野貴之, 土井翔平, 土屋貴裕, 栗崎周平
    Conference on Complex Systems 2020年12月 口頭発表(一般)
  • Socially Responsible Investing in the Global Ownership Network and its implications for International Security  [通常講演]
    水野貴之, 土井翔平, 土屋貴裕, 栗崎周平
    Complex Networks 2020年12月 口頭発表(一般)
  • 新たな安全保障問題としてのESG投資ジレンマ:グローバルな株保有ネットワークの分析  [通常講演]
    土井翔平, 栗崎周平, 土屋貴裕, 水野貴之
    日本国際政治学会 2020年10月 口頭発表(一般)
  • 計算社会科学と経済安全保障  [通常講演]
    水野貴之, 土井翔平
    横幹連合コンファレンス 2020年10月 口頭発表(一般)
  • 経済的相互依存の下での政治的対立  [通常講演]
    土井翔平
    日本国際政治学会 若手研究者・院生研究会 関東地区 2020年08月 口頭発表(一般)
  • How does China’s Corporate Control on Hong Kong Affect Third-party Countries?  [通常講演]
    水野貴之, 土井翔平, 栗崎周平
    International Conference on Computational Social Science 2020年07月 ポスター発表
  • 株式ネットワークにおける香港問題の波及効果  [通常講演]
    土井翔平, 水野貴之, 栗崎周平
    日本人工知能学会 2020年06月 口頭発表(一般)
  • グローバルな株式ネットワークにおける中国による間接的な企業支配の可視化  [通常講演]
    土井翔平, 水野貴之, 栗崎周平
    情報処理学会 2020年03月 口頭発表(一般)
  • Estimation of Socioeconomic Attributes from Location Information
    土井翔平, 水野貴之, 藤原直哉
    計算社会科学ワークショップ 2020年02月 口頭発表(一般)
  • Visualizing Indirect Influence of China in Global Shareholding Networks  [通常講演]
    Takayuki Mizuno, Shohei Doi, Shuhei Kurizaki
    NetSci-X 2020年01月 口頭発表(一般)
  • Shifting Hegemony? Corporate Control in Global Ownership Networks  [通常講演]
    Takayuki Mizuno, Shohei Doi, Shuhei Kurizaki
    Causal Inference and Data Science Seminars 2019年12月 口頭発表(招待・特別)
  • Network Shapley-Shubik Power Index: Measuring Indirect Influence in Shareholding Networks  [通常講演]
    Takayuki Mizuno, Shohei Doi, Shuhei Kurizaki
    Complex Networks 2019年12月 ポスター発表
  • The Shapley-Shubik Power Index in Complex Network  [通常講演]
    水野貴之, 土井翔平, 栗崎周平
    Social Informatics 2019年11月 ポスター発表
  • Estimating Socioeconomic Attributes from Location Information  [通常講演]
    土井翔平, 水野貴之, 藤原直哉
    経済・社会への分野横断的研究会 2019年11月 口頭発表(一般)
  • Visualization of Hidden Competitiveness in Global Shareholding Networks  [通常講演]
    水野貴之, 土井翔平, 栗崎周平
    Conference on Complex Systems 2019年10月 口頭発表(一般)
  • 位置情報からの属性推計  [通常講演]
    土井翔平, 水野貴之
    Data-driven Mathematical Sciences 2019年09月 口頭発表(一般)
  • 中国の力 in 株所有ネットワーク  [通常講演]
    水野貴之, 土井翔平, 栗崎周平
    Data-driven Mathematical Sciences 2019年09月 口頭発表(一般)
  • Network Power Index and Its Applications  [通常講演]
    水野貴之, 土井翔平, 栗崎周平
    日本物理学会秋季大会 2019年09月 口頭発表(一般)
  • Visualizing hidden economic influence of government on foreign countries through complex shareholding relasionships: Application of network power index  [通常講演]
    水野貴之, 土井翔平, 栗崎周平
    Summer Workshop on Economic Theory 2019年08月 口頭発表(一般)
  • グローバル株所有ネットワークにおける中国による間接的影響力の可視化  [通常講演]
    水野貴之, 小髙充弘, 土井翔平, 栗崎周平
    人工知能学会 2019年06月 口頭発表(一般)
  • How Peers Matter in Climate Policy Implementation? Analyzing Multi-directional and Multi–dimensional Policy Diffusion  [通常講演]
    宇治梓紗, 鈴木基史, 土井翔平
    International Studies Association 2019年03月 口頭発表(一般)
  • Security-Economy Trade-off in Foreign Economic Policy: Discussion in Japanese Parliament  [通常講演]
    土井翔平
    Waseda-Essex Scientific PoliSci/IR Collaboration and Exchange 2019年03月 口頭発表(一般)
  • 東アジアの敵対関係における経済的相互依存の比較事例分析  [通常講演]
    土井翔平
    現代政治ワークショップ 2018年10月 口頭発表(一般)
  • A Critical Examination of the Commercial Peace Theory  [通常講演]
    土井翔平
    Waseda-Essex Scientific PoliSci/IR Collaboration and Exchange 2018年09月 口頭発表(一般)
  • Endogenous Theory of Commercial Peace  [通常講演]
    土井翔平
    富山大学極東地域研究センター 2018年07月 口頭発表(一般)
  • Climate Policy-making and Peer Pressure in the Regime Complex  [通常講演]
    宇治梓紗, 土井翔平, 鈴木基史
    Fourth Annual Conference on Environmental Politics & Governance 2018年06月 口頭発表(一般)
  • Climate Policy-making and Peer Pressure in the Regime Complex  [通常講演]
    宇治梓紗, 土井翔平, 鈴木基史
    国際政治経済ワークショップ 2018年03月 口頭発表(一般)
  • なぜ「政冷経熱」は生じるのか?:経済的費用か、結集効果か  [通常講演]
    土井翔平
    神戸大学政治学研究会 2018年01月 口頭発表(一般)
  • 混合分布モデル:Imai and Tingley (2012)  [通常講演]
    土井翔平
    社会科学方法論ワークショップ 2017年10月 口頭発表(一般)
  • 東アジアにおける経済と安全保障  [通常講演]
    土井翔平
    現代政治ワークショップ 2017年10月 口頭発表(一般)
  • Endogenous Theory of Interdependence and Peace  [通常講演]
    土井翔平
    Colloquium for Young Scholars in Conflict Studies 2017年07月 口頭発表(一般)
  • 国際危機における政治的費用の分解:実験的アプローチ  [通常講演]
    土井翔平
    現代政治ワークショップ 2016年12月 口頭発表(一般)
  • Commercial Peace and Endogenous Interdependence  [通常講演]
    土井翔平
    日本国際政治学会 2016年10月 口頭発表(一般)
  • Commercial Peace and Endogenous Interdependence  [通常講演]
    土井翔平
    国際政治経済ワークショップ 2016年09月 口頭発表(一般)
  • Analyzing International Development Loan Markets with Rival Lenders  [通常講演]
    鈴木基史, 飯田敬輔, 土井翔平
    International Studies Association 2016年03月 口頭発表(一般)
  • Analyzing International Development Loan Markets with Rival Lenders  [通常講演]
    鈴木基史, 飯田敬輔, 土井翔平
    国際政治経済ワークショップ 2016年03月
  • Analyzing International Development Loan Markets with Rival Lenders  [通常講演]
    鈴木基史, 土井翔平
    Global Economy and World Order 2016年01月 口頭発表(一般)
  • Competition and Coordination among Multiple Lenders  [通常講演]
    土井翔平
    国際政治経済ワークショップ 2015年09月 口頭発表(一般)
  • Interdependence and the Shadow of Conflict  [通常講演]
    土井翔平
    Sakura Meeting (The 5th International Conferences for Collaborative Research) 2015年04月 ポスター発表
  • A Dynamic Model of Economic Interdependence and Crisis  [通常講演]
    土井翔平
    ゲーム理論ワークショップ 2015年03月 口頭発表(一般)
  • 同盟による抑止におけるシグナリング  [通常講演]
    土井翔平
    国際政治経済ワークショップ 2013年09月 口頭発表(一般)

その他活動・業績

特許

  • 特願2019-119796:影響力評価システム  2019年06月27日
    水野貴之, 土井翔平

受賞

  • 2019年03月 京都大学 特に優れた博士論文
     
    受賞者: 土井翔平
  • 2015年05月 日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除(半額)
     
    受賞者: 土井翔平

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 金融グローバル化が与える政治的影響のネットワーク分析
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究
    研究期間 : 2021年04月 -2026年03月 
    代表者 : 土井 翔平
  • グローバル化の実態とその国際関係における帰結
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 土井 翔平
  • ビッグデータ先導型紛争研究:紛争の潜在的加害者の見える化
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2015年07月 -2019年03月 
    代表者 : 水野 貴之, 大西 立顕, 家富 洋, 渡辺 努, 久野 遼平, 中渡瀬 秀一, 土井 翔平, 新井 優太, 伊藤 亮人, 小髙 充弘, 南 玲子
     
    グローバルな企業間ネットワークの構造を調査したのち,企業間のグローバルな繋がりが「紛争鉱物」等の世界的な拡散に与える影響について議論した.複数の企業が国境を越えて同じ産業内でコミュニティを形成していることを突き止め,コミュニティ間を繋ぐ少数の企業の存在が,世界中の企業間を平均6取引で繋げていることを明らかにした.このような企業間の繋がりの特徴は,紛争鉱物や奴隷労働問題などのリスク対策に利用することができる.単純な拡散モデルとコミュニティ構造に関する特徴から,G8各国の特定の産業に属する僅かな企業に対する紛争鉱物の購入規制が,紛争鉱物の世界的な使用を実質的に減少させることを数値的に示した.
  • 安全保障における経済的相互依存の機能と限界に関する動学的分析
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 土井 翔平
     
    本年度は経済と安全保障に関するゲーム理論モデルから導出された仮説を統計分析により実証した。前年度より、経済的相互依存が中程度である国家間において最も武力紛争は生じやすいという仮説を統計分析により実証していたが、統計モデルを再検討することによりより頑健な結果が得られた。数理モデル及び統計モデルの成果はスタンフォード大学の教授を始め国内外の国際関係論者が集まった会議において報告し、意見交換を行った。
    また、ゲーム理論のモデルより、国家は敵対国の国力伸長を助長するとしても経済的利益のために貿易を行うが、敵対国の脅威が大きくなるにつれて経済関係を縮小するという仮説も導出された。そこで、本年度は、敵対関係と経済関係が併存する東アジアにおいて事例研究によりこの仮説の妥当性を検討した。基本的に、国家は経済的利益と安全保障への悪影響を比較考慮しつつ敵対国との経済関係を管理していることが示された。一方で、民間アクターの重要性、敵対国との経済関係の拡大と縮小の間を振り子のように変動するといった、ゲーム理論では表現しきれなかった要素が働いていることも明らかになった。
    最後に、武力紛争により経済関係が縮小するため、そのような経済的損失を忌避して武力行使に抑制的になるという有力な見解に対してサーベイ実験による検証を行った。そこで、日中間の尖閣諸島を巡る紛争に関する架空のシナリオを被験者に提示し、日本政府への支持態度を回答してもらい、それを分析することで、経済的損失に対してどのような反応を示すのかを明らかにした。日本人は経済的損失に対して否定的に反応するという意味で既存の見解に合致する一方、国際危機時に政権への支持率が上がるという旗下結集効果も存在し、後者が前者を相殺することで日中間の国際危機のエスカレーションが抑制されないという示唆を得た。

教育活動情報

主要な担当授業

  • 現代アメリカ政治外交論
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : アメリカ、政治、外交
  • 政治学特殊講義
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード :  政治秩序 不平等 テクノロジー 略奪者 生産者 軍事専門化
  • 政治学特別研究
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード :  政治秩序 不平等 テクノロジー 略奪者 生産者 軍事専門化
  • 現代アメリカ政治外交論
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 公共政策学教育部
    キーワード : アメリカ、政治、外交

大学運営

社会貢献活動

  • 模擬授業
    期間 : 2021年09月19日 - 2021年09月20日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道大学
    イベント・番組・新聞雑誌名 : オープンキャンパス
  • 政治学と数理分析
    期間 : 2018年12月13日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 京都大学、洛南高等学校
  • 政治学と数理分析
    期間 : 2018年11月01日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 京都大学、桃山学院高等学校
  • 政治学とデータ分析
    期間 : 2017年12月14日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 京都大学、静岡高校
  • 政治学と数理分析
    期間 : 2017年11月30日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 京都大学、早稲田佐賀高校
  • 政治学とデータ分析
    期間 : 2017年11月17日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 京都大学、山手学院高校
  • 戦争と平和
    期間 : 2017年11月09日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 京都大学、函館ラサール高校
  • 戦争と平和
    期間 : 2017年11月07日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 京都大学、須磨学園高校


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.