研究者データベース

宮原 克典(ミヤハラ カツノリ)
人間知・脳・AI研究教育センター
特任講師

基本情報

所属

  • 人間知・脳・AI研究教育センター

職名

  • 特任講師

学位

  • 博士(学術)(東京大学総合文化研究科)

科研費研究者番号

  • 00772047

J-Global ID

研究キーワード

  • 意識   痛み   技能/わざ   習慣   プラグマティズム   現象学   エナクティヴ・アプローチ   知覚   身体性認知   

研究分野

  • 人文・社会 / 哲学、倫理学 / 心の哲学
  • 人文・社会 / 哲学、倫理学 / 認知科学/心理学の哲学
  • 人文・社会 / 哲学、倫理学 / 現象学

職歴

  • 2020年03月 - 現在 北海道大学 人間知・脳・AI研究教育センター(CHAIN) 特任講師
  • 2018年09月 - 2020年03月 ウーロンゴン大学 リベラルアーツ学院 ポスドク研究員
  • 2016年04月 - 2020年03月 東京大学 総合文化研究科 学術研究員
  • 2016年08月 - 2018年08月 ハーバード大学 哲学科
  • 2016年04月 - 2016年07月 立教大学 文学部 兼任講師
  • 2013年04月 - 2016年03月 立教大学 文学部 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2013年04月 - 2014年03月 上智大学 言語教育研究センター 非常勤講師

学歴

  • 2008年04月 - 2013年03月   東京大学   総合文化研究科   広域科学専攻 博士課程
  • 2006年04月 - 2008年03月   東京大学   総合文化研究科   広域科学専攻 修士課程
  • 2001年04月 - 2006年03月   東京大学   教養学部

所属学協会

  • Nordic Society for Phenomenology   日本科学哲学会   日本哲学会   日本現象学会   

研究活動情報

論文

  • Katsunori Miyahara, Miguel Segundo-Ortin
    Synthese 200 192  2022年04月 [査読有り][招待有り]
  • Takuya Niikawa, Katsunori Miyahara, Hiro Taiyo Hamada, Satoshi Nishida
    Neuroscience of Consciousness 2022 1 2022年03月29日 
    Abstract There are many theories of the functions of consciousness. How these theories relate to each other, how we should assess them, and whether any integration of them is possible are all issues that remain unclear. To contribute to a solution, this paper offers a conceptual framework to clarify the theories of the functions of consciousness. This framework consists of three dimensions: (i) target, (ii) explanatory order, and (iii) necessity/sufficiency. The first dimension, target, clarifies each theory in terms of the kind of consciousness it targets. The second dimension, explanatory order, clarifies each theory in terms of how it conceives of the explanatory relation between consciousness and function. The third dimension, necessity/sufficiency, clarifies each theory in terms of the necessity/sufficiency relation posited between consciousness and function. We demonstrate the usefulness of this framework by applying it to some existing scientific and philosophical theories of the functions of consciousness.
  • 鈴木啓介, 宮原克典
    生体の科学 73 1 13 - 17 2022年01月 [査読有り][招待有り]
  • Katsunori Miyahara, Ian Robertson
    Topoi 2021年01月29日 [査読有り][通常論文]
  • Massimiliano Lorenzo Cappuccio, Katsunori Miyahara, Jesús Ilundáin-Agurruza
    Topoi 2020年11月20日 [査読有り]
  • Katsunori Miyahara, Takuya Niikawa, Hiroaki Hamada, Satoshi Nishida
    New Ideas in Psychology 58 2020年08月 [査読有り][通常論文]
     
    We discuss our attempts to develop a short-term phenomenological training program for training naïve participants in phenomenological skills. After reviewing existing methodologies for collecting phenomenological data and clarifying the benefit of the short-term training approach, we present two training programs and two experiments that tested their effectiveness. Experiment 1 tested the two-stage training program, which consists of (i) the illusion training which instructs participants to describe the experience of a visual illusion and (ii) the guidance training which offers individualized feedbacks for improving their description. This program proved effective, but also excessively skill-demanding. Experiment 2 tested the one-stage training program, consisting only of the illusion training; it was easier to use, but exhibited a smaller training effect. The paper concludes by delineating methodological lessons from the experiments focusing on three themes: (i) Individual difference in phenomenological aptitude; (ii) Bounded transferability of phenomenological skills; (iii) Active intervention in the learning process.
  • Takuya Niikawa, Katsunori Miyahara, Hiro Taiyo Hamada, Satoshi Nishida
    Neuroscience of Consciousness 2020 1 2020年01月01日 [査読有り][通常論文]
     
    Abstract The subjective features of psychological phenomena have been studied intensively in experimental science in recent years. Although various methods have been proposed to identify subjective features of psychological phenomena, there are elusive subjective features such as the spatiotemporal structure of experience, which are difficult to capture without some additional methodological tools. We propose a new experimental method to address this challenge, which we call the contrast-based experimental phenomenological method (CEP). CEP proceeds in four steps: (i) front-loading phenomenology, (ii) online second-personal interview, (iii) questionnaire survey, and (iv) hypotheses testing. It differs from other experimental phenomenological methods in that it takes advantage of phenomenal contrasts in collecting phenomenological data. In this paper, we verify the validity and productivity of this method by applying it to binocular rivalry (BR). The study contributes to empirical research on BR in three respects. First, it provides additional evidence for existing propositions about the subjective features of BR: e.g. the proposition that the temporal dynamics of the experience depend upon subject-dependent parameters such as attentional change. Second, it deepens our understanding of the spatiotemporal structures of the transition phase of BR. Third, it elicits new research questions about depth experience and individual differences in BR. The presence of such contributions demonstrates the validity and productivity of CEP.
  • Katsunori Miyahara
    CONSTRUCTIVIST FOUNDATIONS 11 2 368 - 370 2016年03月 [査読有り][招待有り]
     
    An exegetical worry about Kirchhoff and Hutto’s exposition of neurophenomenology is pointed out. Combining this exegetical critique with an examination of the “strict identity” in the strict identity thesis, I argue that there is more affinity between neurophenomenology and REC than they think.
  • エナクションの現象学:身体的行為としての事物知覚と他者知覚
    宮原克典
    東京大学大学院総合文化研究科 2015年11月 [査読有り][通常論文]
  • 宮原克典
    現象学年報 31 23 - 32 日本現象学会 2015年11月 [査読有り][通常論文]
  • Nivedita Gangopadhyay, Katsunori Miyahara
    PHILOSOPHICAL PSYCHOLOGY 28 5 695 - 714 2015年07月 [査読有り][通常論文]
     
    In opposition to mainstream theory of mind approaches, some contemporary perceptual accounts of social cognition do not consider the central question of social cognition to be the problem of access to other minds. These perceptual accounts draw heavily on phenomenological philosophy and propose that others' mental states are "directly" given in the perception of the others' expressive behavior. Furthermore, these accounts contend that phenomenological insights into the nature of social perception lead to the dissolution of the access problem. We argue, on the contrary, that the access problem is a genuine problem that must be addressed by any account of social cognition, perceptual or non-perceptual, because we cannot cast the access problem as a false problem without violating certain fundamental intuitions about other minds. We elaborate the fundamental intuitions as three constraints on any theory of social perception: the Immediacy constraint; the Transcendence constraint; and the Accessibility constraint. We conclude with an outline of an account of perceiving other minds that meets the three constraints.
  • 宮原克典
    MORALIA 20-21 211 - 232 東北大学倫理学研究会 2014年 [査読無し][招待有り]
  • 宮原克典
    哲学・科学史論叢 14 205 - 234 東京大学教養学部哲学・科学史部会 2012年 [査読有り][通常論文]
  • Katsunori Miyahara
    PHENOMENOLOGY AND THE COGNITIVE SCIENCES 10 4 499 - 519 2011年12月 [査読有り][通常論文]
     
    The general idea of enactive perception is that actual and potential embodied activities determine perceptual experience. Some extended mind theorists, such as Andy Clark, refute this claim despite their general emphasis on the importance of the body. I propose a compromise to this opposition. The extended mind thesis is allegedly a consequence of our commonsense understanding of the mind. Furthermore, extended mind theorists assume the existence of non-human minds. I explore the precise nature of the commonsense understanding of the mind, which accepts both extended minds and non-human minds. In the area of philosophy of mind, there are two theories of intentionality based on such commonsense understandings: neo-behaviorism defended, e.g., by Daniel Dennett, and neo-pragmatism advocated, e.g., by Robert Brandom. Neither account is in full agreement with how people ordinarily use their commonsense understanding. Neo-pragmatism, however, can overcome its problem-its inability to explain why people routinely find intentionality in non-humans-by incorporating the phenomenological suggestion that interactional bodily skills determine how we perceive others' intentionality. I call this integrative position embodied neo-pragmatism. I conclude that the extended view of the mind makes sense, without denying the existence of non-human minds, only by assuming embodied neo-pragmatism and hence the general idea of enactive perception.
  • 宮原克典
    哲学・科学史論叢 12 143 - 172 東京大学教養学部哲学・科学史部会 2010年 [査読有り][通常論文]
  • 宮原克典
    現象学年報 25 125 - 132 日本現象学会 2009年 [査読有り][通常論文]

書籍

  • Knowers and Knowledge in East-West Philosophy: Epistemology Extended (Palgrave Studies in Comparative East-West Philosophy)
    Karyn L. Lai (担当:分担執筆範囲:Chapter 15 "Dreyfus and Zeami on embodied expertise")
    Palgrave Macmillan 2021年10月 (ISBN: 3030793486) 385 345–366
  • Ataria, Yochai, Tanaka, Shogo, Gallagher, Shaun (担当:分担執筆範囲:Chapter 18 Body-schema and pain (pp. 301–315))
    Oxford University Press 2021年06月 (ISBN: 9780198851721) xxix, 353 p. 301–315
  • Miyahara, Katsunori, Ransom, Tailer G, Gallagher, Shaun (担当:分担執筆範囲:What the situation affords: Habit and heedful interrelations in skilled performance (pp. 120–136))
    Cambridge University Press 2020年12月 
    We explore different modes of experience in performance, including various experiences of flow, heedful performance, and habit. In contrast to conceptions that take habit to be automatic or a more-or-less rote repetition of behavior, Dewey and Merleau-Ponty consider habit to be a general bodily responsiveness to the world. Dewey's conception of intelligent habit involves a thoughtful attitude of care and attunement to the parameters of the task. Merleau-Ponty likewise describes habit as being both motor and perceptual. Habit is an open and adaptive way in which the body learns to cope with familiar situations in ways that involve some degree of heedful performance. The deployment of a motor habit, for example, adapts to the specific contour of the situation – different situations make different demands on how the habitual task, here and now, ought to be achieved. This conception of habit meshes well with ecological affordance-based accounts of action and perception.
  • 共生のための障害の哲学II
    宮原克典 (担当:分担執筆範囲:痒みの現象学試論:アトピー性皮膚炎の当事者研究の試み)
    東京大学大学院総合文化研究科附属 共生のための国際哲学研究センター 2016年03月 158 143-154
  • スティル・ライヴズ:脊髄損傷と共に生きる人々の物語
    ジョナサン・コール (担当:共訳)
    法政大学出版局 2013年10月
  • 知の生態学的転回第1巻 身体:環境とのエンカウンター
    佐々木正人 (担当:分担執筆範囲:第9章 『頭の外』で考えることはできるか?)
    東京大学出版会 2013年06月 283 197-218
  • Action, Perception and the Brain: Adaptation and Cephalic Expression.
    Schulkin, J (担当:分担執筆範囲:Chapter 5 Neo-pragmatism and Enactive Intentionality (with Shaun Gallagher))
    Palgrave-Macmillan 2012年 117-146
  • 現象学的な心:心の哲学と認知科学入門
    ショーン・ギャラガー, ダン・ザハヴィ (担当:共訳)
    勁草書房 2011年12月
  • メルロ=ポンティ――はじまりの哲学/哲学(KAWADE 道の手帖)
    (担当:分担執筆範囲:メルロ=ポンティ『行動の構造』:著作解題)
    河出書房新社 2010年02月

講演・口頭発表等

  • 身体図式と痛み  [招待講演]
    宮原克典
    第2回痛みのニューロリハビリテーション研究会 2022年07月 口頭発表(招待・特別) 
    https://www.kio.ac.jp/nrc/2022/06/15/congresspain/
  • Katsunori Miyahara
    Tokyo Forum of Analytic Philosophy 2022年07月
  • Katsunori Miyahara
    The 1st Hokkaido-Tartu Philosophy Workshop 2022年06月
  • 宮原克典
    日本人工知能学会第36回全国大会 2022年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • Yuko Ishihara, Katsunori Miyahara
    Problematising harmony, disrupting harmony: perspectives from philosophical traditions 2022年05月
  • Katsunori Miyahara
    ECogS Seminar Embodied Cognitive Science Unit at OIST 2021年11月
  • Katsunori Miyahara, Seisuke Hayakawa
    95th Joint Session 2021 口頭発表(一般)
  • Katsunori Miyahara
    Rethinking Conscious Agency Talk Series at University of Barcelona 2021年05月
  • Re-thinking Empathy: From Simulation to Reception  [招待講演]
    Miyahara, Katsunori
    Deakin Philosophy Online Seminar 2020年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 現象学はエナクティヴィズムのために何ができるのか  [招待講演]
    宮原克典
    日本現象学会第37回研究大会 2015年11月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Enactive perception, optic ataxia and visual agnosia  [通常講演]
    宮原克典
    2nd UTokyo Workshop on Philosophy of Perception 2015年10月 口頭発表(一般)
  • 痒みの現象学  [通常講演]
    宮原克典
    共生のための障害の哲学第16回研究会「アトピー性皮膚炎:当事者研究と医療人類学」 2015年07月
  • Enactive phenomenology and the sciences of perception  [通常講演]
    Katsunori Miyahara
    The 5th meeting of the Organisation of Phenomenological Organisations “Phenomenology and the Problem of Meaning in Human Life and History 2014年12月 口頭発表(一般)
  • Perceiving other agents: Passive experience for seeing the other body as the other’s body  [通常講演]
    宮原克典
    日本現象学会第36回研究大会 2014年11月 口頭発表(一般)
  • Passive embodiment for experiencing other minds as other minds  [通常講演]
    Katsunori Miyahara
    2014 Spindel Conference “Alternative Models of the Mind” 2014年10月 ポスター発表
  • Social perception and the problem of other minds  [通常講演]
    Katsunori Miyahara
    23rd World Congress of Philosophy 2013年08月 口頭発表(一般)
  • Direct social perception and the problem of access to other minds  [招待講演]
    宮原克典
    Workshop "Embodiment and Intersubjectivity" 2012年10月 口頭発表(招待・特別)
  • Interactive skills for social understanding  [通常講演]
    Katsunori Miyahara
    Dansk Filosofik Selskabs Årsmøde 2012年03月 口頭発表(一般)
  • Does the two-visual systems hypothesis refute the enactive model of perceptual consciousness?  [通常講演]
    Katsunori Miyahara
    International Association of Phenomenology and Cognitive Sciences (IAPCS) 2011年10月 口頭発表(一般)
  • 拡張した心と人工物の存在論  [通常講演]
    河野哲也, 染谷昌義, 植原亮, 宮原克典
    応用哲学会2011年度臨時研究大会 2011年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 身体化された新プラグマティズム:常識的機能主義における志向性理解の検討  [通常講演]
    宮原克典
    日本哲学会第70回大会 2011年05月 口頭発表(一般)
  • 知覚の行為性:エナクティブ主義と現象学  [通常講演]
    宮原克典
    日本科学哲学会第42回大会 2009年11月 口頭発表(一般)
  • Perception and concept: a phenomenological argument for non-conceptual content  [通常講演]
    宮原克典
    2009年01月 口頭発表(一般)
  • 知覚と概念――メルロ=ポンティ現象学を手掛かりとした非概念主義の擁護  [通常講演]
    宮原克典
    日本現象学会第30回研究大会 2008年11月 口頭発表(一般)

その他活動・業績

受賞

  • 2015年11月 日本現象学会 第4回日本現象学会研究奨励賞
     
    受賞者: 宮原克典
  • 2011年04月 日本科学哲学会 2011年度石本基金若手研究助成
     「身体化された心」に相応しい志向性観の探究 
    受賞者: 宮原克典

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 人間と人工主体の共存のあるべき姿を学際的に問うための新たな枠組み『人工主体学』の構築に向けて
    公益財団法人トヨタ財団:特定課題「先端技術と共創する人間社会」
    研究期間 : 2022年04月 -2025年03月 
    代表者 : 宮原克典, 新川拓哉, 宮園健吾, 田口茂, 長坂真澄, 佐藤亮司, 和田幹彦, 金井良太, 鈴木啓介, 濱田太陽, Mark Miller, Olaf Witkowski
  • 内観の認識論的地位の解明―現代哲学と神経科学による学融合的アプローチ
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2021年04月 -2024年03月 
    代表者 : 新川 拓哉, 宮原 克典, 濱田 太陽, 西田 知史
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2020年04月 -2024年03月 
    代表者 : 田中 彰吾, 浅井 智久, 今泉 修, 宮原 克典, 村田 憲郎
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 宮原 克典, 新川 拓哉, 吉田 正俊, 濱田 太陽, 石原 悠子, 早川 正祐, 西田 知史
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 新川 拓哉, 宮原 克典, 西田 知史, 濱田 太陽
     
    本研究の目的は、神経科学の三人称的観点と現象学の一人称的観点を融合させた「神経現象学」の手法を中核にして、意識の構造を科学的に探究するための研究枠組みを確立することである。前年度に引き続き本年度も、「現象学的トレーニング方法の開発・改良」と「両眼視野闘争の現象学的特徴の解明」の二つのテーマについて研究を行った。以下ではそれぞれの研究について記述していく。 科学的な意識研究においては実験参加者から意識経験の諸特徴についての報告を得る必要がある。しかし、環境内の事物の記述と区別できる仕方で意識経験を記述するのは簡単ではない。特に、次の二点が課題となっていた。(1)注意を環境内の事物から経験そのものへと向け替えること、(2)経験そのものへの豊かで分かりやすい記述を与えること。本年度は、前年度に開発したパイロット版のトレーニングプログラムを改良し、注意の向け替えと記述の与え方のレクチャービデオをベースにしたプログラムを開発した。なお、このプログラムは現象学の知識をもたない実験者が利用できるようにデザインされている。今年度は、このトレーニングプログラムの効果を確かめるための心理実験を行った。来年度には、その実験データをもとに、トレーニングプログラムの実用化に向けてさらなる改良を行う予定である。 両眼視野闘争はこれまでの科学的な意識研究で非常によく使用されてきた。だが、両眼視野闘争の現象学的特徴についてはまだ十全な研究がされていない。前年度に、両眼視野闘争の現象学的特徴を解明するための実験を行った。その結果、両眼視野闘争は通常の知覚経験と比較して「時空間的不確定性(いつどこで経験の変化が生じているかはっきりしない)」があることが分かった。今年度は、予測誤差理論とエナクティビズムを手がかりに両眼視野闘争がなぜその特徴をもつのかの分析を進めてきた。
  • 二人称的パースペクティヴとは何か:認知哲学への現象学的アプローチによる哲学的考察
    日本学術振興会:海外特別研究員
    研究期間 : 2016年08月 -2018年08月 
    代表者 : 宮原克典
  • 科学的意識研究の方法論的基礎の哲学的検討:プロセス論的アプローチの確立に向けて
    科学研究費補助金:挑戦的萌芽研究
    研究期間 : 2016年04月 -2018年03月 
    代表者 : 新川拓哉
  • 他者認知と情動:情動の志向的役割の学際的研究
    日本学術振興会:特別研究員(PD)
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 宮原克典
  • Perception and the social environment
    デンマーク政府奨学金
    研究期間 : 2011年09月 -2012年03月 
    代表者 : 宮原克典
  • 知覚・概念・行為――現象学、認知的観 点、プラグマティズムを利用した経験の分析
    日本学術振興会:特別研究員(DC1)
    研究期間 : 2008年04月 -2011年03月 
    代表者 : 宮原克典

教育活動情報

主要な担当授業

  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):人間知・脳・AI教育プログラム
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 人文科学 社会科学 神経科学 人工知能 脳 人間 機械学習 統計学
  • 大学院共通授業科目(一般科目):複合領域
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 現象学 認知科学 心の哲学 志向性 意識 知覚 行為者性 自由意志 心の理論
  • 大学院共通授業科目(一般科目):複合領域
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 4E認知 身体性認知 計算主義 表象主義 拡張した心 現象学 生態心理学 エナクティヴィズム プラグマティズム 認知的ニッチ構築 社会学習
  • 大学院共通授業科目(一般科目):複合領域
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : エナクティヴィズム 身体性 4E認知 行為と相互行為 行為者性感覚 心の理論 ナラティブ
  • 大学院共通授業科目(一般科目):複合領域
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 予測 予測処理 自由エネルギー原理 知覚 注意 行為 身体性 4E認知 文化
  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):人間知・脳・AI教育プログラム
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 人文科学、社会科学、神経科学、人工知能、脳、神経科学、人間、機械学習、統計モデリング
  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):人間知・脳・AI教育プログラム大学院共通授業科目(教育プログラム
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 人文科学、社会科学、神経科学、人工知能、脳、人間、機械学習、統計モデリング
  • 大学院共通授業科目(一般科目):複合領域
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 心理物理学、神経科学、認知科学、情報科学、現象学、精神医学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.