岩永 ひろみイワナガ ヒロミresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  生理系部門解剖学分野
職名准教授 
学位
医学博士(新潟大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.med.hokudai.ac.jp/~anat-3w/kenkyu.htm
科研費研究者番号

研究キーワード

中枢神経系シナプス, 腎臓間質, 知覚神経終末

研究分野

神経科学 / 神経解剖学・神経病理学
基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学)
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
神経科学 / 神経解剖学・神経病理学
基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学)

職歴

1993年
-
1996年
新潟大学 講師
1987年
-
1993年
新潟大学 助手
職歴を全て表示する
職歴閉じる
1993年
-
1996年
新潟大学 講師
1987年
-
1993年
新潟大学 助手

学歴

-
1987年
新潟大学 医学研究科 解剖学
-
1983年
弘前大学 医学部 医学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
1987年
新潟大学 医学研究科 解剖学
-
1983年
弘前大学 医学部 医学科

所属学協会

日本解剖学会
日本リンパ学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本解剖学会
日本リンパ学会

研究活動

論文

Intrarenal signaling mediated by CCK plays a role in salt intake-induced natriuresis.
Takahashi-Iwanaga H, Kimura S, Konno K, Watanabe M, Iwanaga T
American journal of physiology. Renal physiology 313(1) F20-F29 2017年07月
Differential expression of endothelial nutrient transporters (MCT1 and GLUT1) in the developing eyes of mice.
Kishimoto A, Takahashi-Iwanaga H, Watanabe M M, Iwanaga T
Experimental eye research 153 170-177 2016年12月
IRBIT controls apoptosis by interacting with the Bcl-2 homolog, Bcl2l10, and by promoting ER-mitochondria contact.
Bonneau B, Ando H, Kawaai K, Hirose M, Takahashi-Iwanaga H, Mikoshiba K
eLife 5 2016年12月
RANKL regulates differentiation of microfold cells in mouse nasopharynx-associated lymphoid tissue (NALT).
Mutoh M, Kimura S, Takahashi-Iwanaga H, Hisamoto M, Iwanaga T, Iida J
Cell and tissue research 364(1) 175-184 2016年04月
ERp44 Exerts Redox-Dependent Control of Blood Pressure at the ER.
Hisatsune C, Ebisui E, Usui M, Ogawa N, Suzuki A, Mataga N, Takahashi-Iwanaga H, Mikoshiba K
Molecular cell 58(6) 1015-1027 2015年06月
Cellular and subcellular localization of cholecystokinin (CCK)-1 receptors in the pancreas, gallbladder, and stomach of mice.
Konno K, Takahashi-Iwanaga H, Uchigashima M, Miyasaka K, Funakoshi A, Watanabe M, Iwanaga T
Histochemistry and cell biology 143(3) 301-312 2015年03月
GP2-expressing cells in the conjunctiva and tear ducts of mice: identification of a novel type of cells in the squamous stratified epithelium.
Kimura S, Kishimoto A, Mutoh M, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T
Biomedical research (Tokyo, Japan) 36(4) 263-272 2015年
Three-dimensional microanatomy of the pericapillary mesangial tissues in the renal glomerulus: Comparative observations in four vertebrate classes.
Takahashi-Iwanaga H
Biomedical research (Tokyo, Japan) 36(5) 331-341 2015年
Three types of macrophagic cells in the mesentery of mice with special reference to LYVE-1-immunoreactive cells.
Zheng M, Kimura S, Nio-Kobayashi J, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T
Biomedical research (Tokyo, Japan) 35(1) 37-45 2014年
The three-dimensional microanatomy of the pancreatic duct system in the Japanese monkey, Macaca fuscata, with special reference to fine proximal passages of a high species-specificity.
Takahashi-Iwanaga H
Biomedical research (Tokyo, Japan) 34(1) 51-60 2013年02月
論文を全て表示する
論文閉じる
Intrarenal signaling mediated by CCK plays a role in salt intake-induced natriuresis.
Takahashi-Iwanaga H, Kimura S, Konno K, Watanabe M, Iwanaga T
American journal of physiology. Renal physiology 313(1) F20-F29 2017年07月
Differential expression of endothelial nutrient transporters (MCT1 and GLUT1) in the developing eyes of mice.
Kishimoto A, Takahashi-Iwanaga H, Watanabe M M, Iwanaga T
Experimental eye research 153 170-177 2016年12月
IRBIT controls apoptosis by interacting with the Bcl-2 homolog, Bcl2l10, and by promoting ER-mitochondria contact.
Bonneau B, Ando H, Kawaai K, Hirose M, Takahashi-Iwanaga H, Mikoshiba K
eLife 5 2016年12月
RANKL regulates differentiation of microfold cells in mouse nasopharynx-associated lymphoid tissue (NALT).
Mutoh M, Kimura S, Takahashi-Iwanaga H, Hisamoto M, Iwanaga T, Iida J
Cell and tissue research 364(1) 175-184 2016年04月
ERp44 Exerts Redox-Dependent Control of Blood Pressure at the ER.
Hisatsune C, Ebisui E, Usui M, Ogawa N, Suzuki A, Mataga N, Takahashi-Iwanaga H, Mikoshiba K
Molecular cell 58(6) 1015-1027 2015年06月
Cellular and subcellular localization of cholecystokinin (CCK)-1 receptors in the pancreas, gallbladder, and stomach of mice.
Konno K, Takahashi-Iwanaga H, Uchigashima M, Miyasaka K, Funakoshi A, Watanabe M, Iwanaga T
Histochemistry and cell biology 143(3) 301-312 2015年03月
GP2-expressing cells in the conjunctiva and tear ducts of mice: identification of a novel type of cells in the squamous stratified epithelium.
Kimura S, Kishimoto A, Mutoh M, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T
Biomedical research (Tokyo, Japan) 36(4) 263-272 2015年
Three-dimensional microanatomy of the pericapillary mesangial tissues in the renal glomerulus: Comparative observations in four vertebrate classes.
Takahashi-Iwanaga H
Biomedical research (Tokyo, Japan) 36(5) 331-341 2015年
Three types of macrophagic cells in the mesentery of mice with special reference to LYVE-1-immunoreactive cells.
Zheng M, Kimura S, Nio-Kobayashi J, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T
Biomedical research (Tokyo, Japan) 35(1) 37-45 2014年
The three-dimensional microanatomy of the pancreatic duct system in the Japanese monkey, Macaca fuscata, with special reference to fine proximal passages of a high species-specificity.
Takahashi-Iwanaga H
Biomedical research (Tokyo, Japan) 34(1) 51-60 2013年02月
Regulation of hair shedding by the type 3 IP3 receptor.
Sato-Miyaoka M, Hisatsune C, Ebisui E, Ogawa N, Takahashi-Iwanaga H, Mikoshiba K
The Journal of investigative dermatology 132(9) 2137-2147 2012年09月
Accumulated caveolae constitute subcellular compartments for glial calcium signaling in lanceolate sensory endings innervating rat vibrissae.
Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T
The Journal of comparative neurology 520(9) 2053-2066 2012年06月
Intensified expressions of a monocarboxylate transporter in consistently renewing tissues of the mouse.
Takebe K, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T
Biomedical research (Tokyo, Japan) 32(4) 293-301 2011年08月
Immunohistochemical demonstration of dopamine receptor D2R in the primary cilia of the mouse pituitary gland.
Iwanaga T, Hozumi Y, Takahashi-Iwanaga H
Biomedical research (Tokyo, Japan) 32(3) 225-235 2011年06月
Cellular expression of monocarboxylate transporters in the female reproductive organ of mice: implications for the genital lactate shuttle.
Kuchiiwa T, Nio-Kobayashi J, Takahashi-Iwanaga H, Yajima T, Iwanaga T
Histochemistry and cell biology 135(4) 351-360 2011年04月
Restricted expression of somatostatin receptor 3 to primary cilia in the pancreatic islets and adenohypophysis of mice.
Iwanaga T, Miki T, Takahashi-Iwanaga H
Biomedical research (Tokyo, Japan) 32(1) 73-81 2011年02月
Functional characterization of a ClC-2-like Cl(-) conductance in surface epithelial cells of rat rectal colon.
Inagaki A, Yamaguchi S, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T, Ishikawa T
The Journal of membrane biology 235(1) 27-41 2010年05月
Cellular expression of the monocarboxylate transporter (MCT) family in the placenta of mice.
Nagai A, Takebe K, Nio-Kobayashi J, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T
Placenta 31(2) 126-133 2010年02月
Cellular expression of a monocarboxylate transporter (MCT1) in the mammary gland and sebaceous gland of mice.
Takebe K, Nio-Kobayashi J, Takahashi-Iwanaga H, Yajima T, Iwanaga T
Histochemistry and cell biology 131(3) 401-409 2009年03月
Immunohistochemical localization of six galectin subtypes in the mouse digestive tract.
Nio-Kobayashi J, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T
The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society 57(1) 41-50 2009年01月
Histochemical demonstration of a monocarboxylate transporter in the mouse perineurium with special reference to GLUT1.
Takebe K, Nio-Kobayashi J, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T
Biomedical research (Tokyo, Japan) 29(6) 297-306 2008年12月
Curriculum vitae of intestinal intraepithelial T cells: their developmental and behavioral characteristics.
Ishikawa H, Naito T, Iwanaga T, Takahashi-Iwanaga H, Suematsu M, Hibi T, Nanno M
Immunological reviews 215 154-165 2007年02月
Oscillatory calcium responses mediated by P2Y2 purinergic receptors in terminal Schwann cells of longitudinal lanceolate endings isolated from rat vibrissae.
Takahashi-Iwanaga H, Habara Y
The Journal of comparative neurology 475(3) 416-425 2004年07月
Adenosine 5'-triphosphate-evoked calcium responses in terminal Schwann cells of lanceolate sensory endings isolated from rat vibrissae.
Takahashi-Iwanaga H, Habara Y
Neuroscience letters 324(2) 137-140 2002年05月
Identification of multiple isolated lymphoid follicles on the antimesenteric wall of the mouse small intestine.
Hamada H, Hiroi T, Nishiyama Y, Takahashi H, Masunaga Y, Hachimura S, Kaminogawa S, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T, Kiyono H, Yamamoto H, Ishikawa H
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 168(1) 57-64 2002年01月
Early anchoring collagen fibers at the bone-tendon interface are conducted by woven bone formation: light microscope and scanning electron microscope observation using a canine model.
Oguma H, Murakami G, Takahashi-Iwanaga H, Aoki M, Ishii S
Journal of orthopaedic research : official publication of the Orthopaedic Research Society 19(5) 873-880 2001年09月
Three-dimensional microanatomy of mechanoreceptors and their possible mechanism of sensory transduction.
Takahashi-Iwanaga H
Italian journal of anatomy and embryology = Archivio italiano di anatomia ed embriologia 106(2 Suppl 1) 481-487 2001年
Parasitic forms of a myxosporean in the kidney of the arctic lamprey, Lampetra japonica: an ultrastructural study.
Mori K, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T
The Japanese journal of veterinary research 48(2-3) 137-146 2000年11月
Neonatal granulocytosis is a postpartum event which is seen in the liver as well as in the blood.
Kawamura T, Toyabe S, Moroda T, Iiai T, Takahashi-Iwanaga H, Fukada M, Watanabe H, Sekikawa H, Seki S, Abo T
Hepatology (Baltimore, Md.) 26(6) 1567-1572 1997年12月
Hydra regeneration from recombined ectodermal and endodermal tissue. II. Differential stability in the ectodermal and endodermal epithelial organization.
Murate M, Kishimoto Y, Sugiyama T, Fujisawa T, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T
Journal of cell science 110 ( Pt 16) 1919-1934 1997年08月
Macrophagic cells outgrowth from normal rat glomerular culture: possible metaplastic change from podocytes.
Orikasa M, Iwanaga T, Takahashi-Iwanaga H, Kozima K, Shimizu F
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology 75(5) 719-733 1996年11月
Supportive cellular elements for hepatic T cell differentiation: T cells expressing intermediate levels of the T cell receptor are cytotoxic against syngeneic hepatoma, and are lost after hepatocyte damage.
Kawachi Y, Arai K, Moroda T, Kawamura T, Umezu H, Naito M, Ohtsuka K, Hasegawa K, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T
European journal of immunology 25(12) 3452-3459 1995年12月
Relationships between intermediate TCR cells and NK1.1+ T cells in various immune organs. NK1.1+ T cells are present within a population of intermediate TCR cells.
Watanabe H, Miyaji C, Kawachi Y, Iiai T, Ohtsuka K, Iwanage T, Takahashi-Iwanaga H, Abo T
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 155(6) 2972-2983 1995年09月
Lamina propria macrophages involved in cell death (apoptosis) of enterocytes in the small intestine of rats.
Iwanaga T, Hoshi O, Han H, Takahashi-Iwanaga H, Uchiyama Y, Fujita T
Archives of histology and cytology 57(3) 267-276 1994年08月
Morphological analysis of multinucleated giant cells occurred in experimental autoimmune myocarditis.
Saeki M, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T, Fujita T, Kodama M, Hanawa H, Zhang S, Izumi T, Shibata A
The Tohoku journal of experimental medicine 172(3) 195-204 1994年03月
Ontogeny and development of extrathymic T cells in mouse liver.
Iiai T, Watanabe H, Seki S, Sugiura K, Hirokawa K, Utsuyama M, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T, Ohteki T, Abo T
Immunology 77(4) 556-563 1992年12月
Calcitonin gene-related peptide (CGRP)-immunoreactive nerves in the tracheal epithelium of rats: an immunohistochemical study by means of whole mount preparations.
Terada M, Iwanaga T, Takahashi-Iwanaga H, Adachi I, Arakawa M, Fujita T
Archives of histology and cytology 55(3) 219-233 1992年07月
Three-dimensional visualization of renal cells by NaOH maceration.
Takahashi-Iwanaga H
Archives of histology and cytology 55 Suppl 147-155 1992年
Differential changes in expression of the neurofilament triplet protein-immunoreactivity in Purkinje cells of the cerebellum during the postnatal development of rats.
Kondo H, Takahashi-Iwanaga H, Abe H, Watanabe M, Takahashi Y
Archives of histology and cytology 54(4) 437-445 1991年10月
Differentiation of intestinal epithelial cell line (IEC-18) by an acid extract of rat small intestine.
Shintani T, Fushiki T, Fukuoka S, Takahashi-Iwanaga H, Sugimoto E
FEBS letters 255(2) 423-426 1989年09月
The three-dimensional structure of renal tubule cells.
Takahashi-Iwanaga H
Progress in clinical and biological research 295 203-212 1989年

書籍

The Merkel Cell, Structure-Development-Function-cancerogenesis.
Springer, Berlin・Heidelberg 2003年
分子糖尿病学の進歩.基礎から臨床まで
金原出版,東京 1997年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
The Merkel Cell, Structure-Development-Function-cancerogenesis.
Springer, Berlin・Heidelberg 2003年
分子糖尿病学の進歩.基礎から臨床まで
金原出版,東京 1997年

競争的資金等の研究課題

中枢神経系シナプスの立体構造の多様性
腎髄質間質の立体構造と種差
機械受容器の立体微細構造
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
中枢神経系シナプスの立体構造の多様性
腎髄質間質の立体構造と種差
機械受容器の立体微細構造

教育活動

主要な担当授業

医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージングPreparation of tissue sections, staining principle, immunohistochemistry, in situ hybridization method, electron microscopy, production of antibodies, imaging
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法、レクチン、CaイメージングHistochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization, lectin histochemistry, Ca imaging of live cells
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞小器官、膜の構造と特性、核の構造と細胞分裂、上皮組織、結合組織、細胞外マトリックス、血球cell membrane, cell organella, epithelium, connective tissues, extracellular matrix, blood
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 免疫組織化学、in situ hybridization法, 電顕観察Immunohistochemistry, in situ hybridization, electron microscopy
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード :  組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード :  組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージングPreparation of tissue sections, staining principle, immunohistochemistry, in situ hybridization method, electron microscopy, production of antibodies, imaging
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法、レクチン、CaイメージングHistochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization, lectin histochemistry, Ca imaging of live cells
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞小器官、膜の構造と特性、核の構造と細胞分裂、上皮組織、結合組織、細胞外マトリックス、血球cell membrane, cell organella, epithelium, connective tissues, extracellular matrix, blood
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 免疫組織化学、in situ hybridization法, 電顕観察Immunohistochemistry, in situ hybridization, electron microscopy
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード :  組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード :  組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
専門基礎医学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
専門基礎医学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 顕微解剖学、細胞学、形態
組織学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
解剖学(組織学)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 顕微解剖学、細胞学、形態
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージング
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法、レクチン、CaイメージングHistochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization, lectin histochemistry, Ca imaging of live cells
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : Structure and function, cell membrane, cell organella, epithelium, connective tissues, cartilage, bone
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : Immunohistochemistry, in situ hybridization, electron mcroscopy
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
専門基礎医学Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
組織学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
組織学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
解剖学(組織学)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 顕微解剖学、細胞学、形態
解剖学(組織学)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージング
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法、レクチン、Caイメージング
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
専門基礎医学Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
組織学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
組織学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
解剖学(組織学)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
解剖学(組織学)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部

社会貢献

委員歴

日本解剖学会 一般会員
1992年
日本リンパ学会 評議員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
日本解剖学会 一般会員
1992年
日本リンパ学会 評議員

ページトップへ