研究者データベース

齋藤 陽子(サイトウ ヨウコ)
農学研究院 連携研究部門 連携推進分野
講師

基本情報

所属

  • 農学研究院 連携研究部門 連携推進分野

職名

  • 講師

学位

  • 博士(農学)(北海道大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 生存分析   小麦   End Point Royalty   UPOV   育成者権   正の外部性   品種改良   研究開発の経済学   研究開発投資   官民連携   超強力小麦   Priority-Setting   利益配分   地域特産農産物   知的財産権   準公共財   

研究分野

  • 環境・農学 / 農業社会構造
  • 人文・社会 / 食料農業経済

職歴

  • 2017年04月 - 現在 北海道大学 農学研究院 講師
  • 2014年01月 - 2017年03月 北海道大学 農学研究院 特任講師
  • 2012年01月 - 2013年12月 九州大学 農学研究院 特任助教
  • 2009年05月 - 2011年12月 帯広畜産大学 畜産学部 助教
  • 2005年04月 - 2008年03月 帯広畜産大学 畜産学部 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2003年04月 - 2005年03月 北海道大学農学研究科 日本学術振興会特別研究員(DC2)

研究活動情報

論文

  • 新型コロナウイルス禍の小麦需要:パン作りブームに着目して
    松宮潤也, 齋藤陽子
    農経論叢 75 67 - 76 2022年03月 [査読無し]
  • Assessing the Consumer Acceptability of Vaccine Rice
    Yoko SAITO, Hideo AIZAKI, Hisamitsu SAITO
    Japanese Journal of Agricultural Economics 24 1 - 13 2022年03月 [査読有り][通常論文]
  • 気候変動に起因する労働移動の選択―メコンデルタにおける農業生産形態の違いに注目して―
    岡千尋, ティ・キム・ユン・フン, ティ・フオン・ドン・クウ, 齋藤陽子
    フロンティア農業経済研究 24 2 2022年 [査読有り]
  • Natural disasters and migration choice in Vietnam-Estimating the impact of EL NIÑO using household data-
    Huynh Thi Kim Uyen, Yoko SAITO, Nguyen Thi Minh Hoa
    Journal of Agricultural Development Studies 32 3 28 - 34 2022年 [査読有り][通常論文]
  • ゲノム編集技術を利用して作られた食品に対する消費者評価 ― 完全養殖マグロを事例に ―
    渡邊大樹, 齋藤陽子, 齋藤久光, 玄浩一郎, 正岡哲治, 大澤良
    農業情報研究 2021年07月 [査読有り]
  • 家庭におけるパーム油使用の現状と食品選択の多様性 -ミャンマー農村部の世帯調査結果から-
    中村文人, 松宮潤也, 椛澤朋之, 齋藤陽子
    農経論叢 2021年05月 [査読無し]
  • T.P. DONG KHUU, THI NGOC HOA NGUYEN, NGUYEN HAI NAM TRAN, YOKO SAITO, TAKASHI MATSUISHI
    Asian Fisheries Science 34 1 2021年03月31日 [査読有り]
     
    Traceability is considered the most important requirement for shrimp products exported to global markets. However, implementing traceability in shrimp-exporting countries is challenging because of limited production at the local supply chain and lack of financial welfare awareness. This study aims to investigate the expected farm-gate price for traceability implementation using a double-bound dichotomous choice experiment. The censored regression model is used to estimate the factors influencing the anticipated farm-gate price of shrimp farmers. The survey was conducted in Ca Mau Province, Vietnam, by interviewing 71 Penaeus monodon Fabricius, 1798, and 43 Penaeus vannamei Boone, 1931, farmers. To implement traceability, P. monodon farmers estimated the farm-gate price at 10.17 USD.kg-1 , while P. vannamei farmers expected 6.18 USD.kg-1 . Application of international quality assurance certifications, willingness to implement traceability, land used, culture methods, shrimp species, current farm-gate price, and variable costs affected the expected farm-gate price. The attractive anticipated farm-gate price compensated for the negative influence of applying international quality assurance certifications, indicating that the farmers were willing to implement traceability. This suggests that the application of certifications increased the ability to implement traceability in the shrimp supply chain. The attractive farm-gate price for certified shrimp products would enhance their willingness to implement the traceability of shrimp products.
  • Khuu Thi Phuong Dong, Takashi Fritz Matsushi, Nguyen Minh Duc, Nguyen Thi Ngoc Hoa, Yoko Saito, Tong Yen Dan
    Journal of Applied Aquaculture 1 - 23 2021年01月05日 [査読有り]
  • ゲノム編集技術の認知度と応用に対する推進意向の定点観測
    齋藤陽子
    JATAFFジャーナル 19 5 37 - 42 2021年 [査読無し][招待有り]
  • Daiki Watanabe, Yoko Saito, Mai Tsuda, Ryo Ohsawa
    PLOS ONE 15 9 e0238128 - e0238128 2020年09月18日 [査読有り][通常論文]
  • Chisa NAKAMURA, Yoko SAITO, Thuzar SHWE
    Japan Agricultural Research Quarterly: JARQ 54 3 253 - 262 2020年07月01日 [査読有り][通常論文]
  • メコンデルタにおける塩害下でのリスクマネジメント-労働移動と複合経営に着目して-
    岡千尋, 齋藤陽子, ティ・フオン・ドン・クウ
    開発学研究 31 1 2 - 8 2020年07月 [査読有り][通常論文]
  • ミャンマーの世帯内水管理と母親の教育
    小西雄大, 木村太軌, 高松陸, 齋藤陽子
    農経論叢 73 23 - 30 2020年03月 [査読無し][通常論文]
  • Khuu Thi Phuong Dong, Yoko Saito, Nguyen Thi Ngoc Hoa, Tong Yen Dan, Takashi Matsuishi
    Aquaculture International 27 5 1209 - 1229 2019年10月 [査読有り][通常論文]
  • 豪州における小麦生産の現状と課題 ―西オーストラリア州における調査結果をもとに―
    関根久子, 齋藤陽子, Matt Yamamoto
    関東東海北陸農業経営研究 109 33 - 41 2019年 [査読有り][通常論文]
  • Are Consumers Willing to Pay More for Traceability? Evidence from an auction experiment of Vietnamese pork
    Thi Phuong Dong Khuu, Yoko Saito, Naoki Tojo, Phuong Duy Nguyen, Thi Ngoc Hoa Nguyen, Takashi Fritz Matsuishi
    International Journal of Food and Agricultural Economics 7 2 127 - 140 2019年 [査読有り][通常論文]
  • 小麦遺伝的基盤の多様性と品種改良への貢献 ―農業生物資源ジーンバンクデータの分析から―
    齋藤陽子
    フロンティア農業経済研究 20 2 82 - 95 2018年 [査読有り][通常論文]
  • 齋藤陽子, 渡邉大樹, 齋藤久光
    農業情報研究 26 4 115 - 125 2017年 [査読有り][通常論文]
  • 齋藤陽子, 窪田さと子, Nguyen Thi Minh Hoa
    農経論叢 71 51 - 57 北海道大学大学院農学研究院 2017年 [査読無し][通常論文]
     
    Controlling production risk in agriculture is one of the most important factors in stabilizing farmers' income over different time periods. However, financial and insurance markets are not well-developed in developing countries, including rural Vietnam, where opportunistic behavior, such as adverse selection and moral hazard, especially impede the development of a livestock insurance market. In 2011-2013, the government of Vietnam introduced an agricultural insurance system as a trial which the main focus on poverty alleviation. Our survey results indicate that farmers who received insurance payments were able to re-introduce new swine to their production, contributing to poverty alleviation. However, the enrollment rate is quite low among middle-income households, who are assumed to be very knowledgeable about animal production and hygiene technology. Therefore, policy markers and insurance companies will face a trade-off between contribution to temporary poverty alleviation and adverse selection.
  • Health-Risk Concerns vs. Medical Benefits of the GM Technology
    SAITO Y, SASAKAWA, Y, TABEI, Y, ITO, S
    AgBioForum 20 1 46 - 53 2017年 [査読有り][通常論文]
  • Demand for a transgenic food with a medical benefit
    SAITO, Y, SAITO, H
    Munich Personal RePEc Archive, Working paper 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 徐金峰, 伊東正一, 磯田宏, 齋藤久光, 齋藤陽子
    九州大学大学院農学研究院学芸雑誌 69 1 39 - 45 九州大学大学院農学研究院 2014年02月 [査読有り][通常論文]
     
    小泉(2007),大賀他(2009),農林水産政策研究所(2010)などによる既存研究では,中国養豚業の規模別飼料利用構造を考慮せず,平均的な飼料用トウモロコシの弾力性を計測した。本研究では,既存の研究と異なり,中国養豚業の規模別飼料利用構造を考慮した上で,豚肉生産の拡大が飼料用トウモロコシの需要に与える影響を定量的に明らかにした。その結果,計測された飼料用トウモロコシの需要弾力性は,豚肉生産量に対する値が従来の研究に比べて遥に大きいものとなった。つまり,豚肉生産量が1%拡大すれば,飼料用トウモロコシの需要量は0.904%増加する。同時に,豚肉生産量は有意水準1%で有意であった。さらに,トウモロコシ対コムギの価格比の飼料用需要弾力性は0.360で,有意水準10%で有意であった。
  • Hisamitsu Saito, Yoko Saito
    Agribusiness 29 2 147 - 161 2013年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Consumers often favor locally over nonlocally produced foods in the belief they have higher quality and provide the quasipublic service of conserving local agriculture. The aim of the present study is to clarify these two motivations' relative contributions to product demand by considering consumer reference points, that is preferences for remaining at present consumption and price levels. A stated-preference method is applied to the Japanese demand for bread from local wheat. We find that Japanese consumers pay a significant premium for local wheat bread and that more than half the observed demand variation is explained by a product's quasipublic nature. In contrast, reference-point effects suggest that those who frequently buy local food have a negative willingness-to-pay for imported or nonlocal-domestic breads. Appealing to local food-buyers' preferences for a local source and for environmental quality thus appears to be the most effective way of promoting local wheat bread. [JEL classifications: Q13 D12 D03]. © 2012 Wiley Periodicals, Inc.
  • 徐金峰, 伊東正一, 磯田宏, 齋藤久光, 高千恵, 齋藤陽子
    農業経営研究 51 73 - 78 2013年 [査読有り][通常論文]
  • 出産時期の選択は経済合理的か?:ペアレントノミクスを用いた日本の事例の検証
    河田幸視, 齋藤陽子
    帯広畜産大学学術研究報告 33 100 - 115 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 福島県産野菜に対する購買行動の分析-帯広畜産大学の大学生を対象として―
    齋藤陽子, 松本実桜, 河田幸視
    帯広畜産大学学術研究報告 33 10 - 18 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 日本産牛乳に対する中国の消費者評価-中国上海地域を対象として-
    齋藤陽子, 會田健二, 河田幸視, 金山紀久
    帯広畜産大学学術研究報告 31 25 - 33 2010年 [査読無し][通常論文]
  • SAITO Y, SAITO H, KONDO T, OSANAMI F
    RESEARCH POLICY 38 8 1365 - 1375 2009年10月 [査読有り][通常論文]
     
    The article presents a productivity analysis of Japanese wheat breeding research. We first estimate a hedonic function to determine the marginal implicit values of Japanese wheat characteristics and find that protein contributes substantially to millers' price offers to farmers. Induced innovation theory implies breeders thus should be responding to new protein-oriented price policies by developing high-protein wheat varieties. We test this hypothesis by estimating a distance function relating breeding resources - including what we call gene-recharge rates - to the yield and protein characteristics of discovered varieties. New varieties indeed have been protein-favoring and yield-disfavoring, suggesting government research programs have been market-oriented. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • 齋藤陽子, 齋藤久光, 仙北谷康
    農業情報研究 18 3 152 - 161 Japanese Society of Agricultural Informatics 2009年 [査読有り][通常論文]
     
    資源循環や飼料自給率への関心の高まりとともに,食品残渣を飼料として再資源化するエコフィードの取り組みが注目されている.エコフィードは,適切に給与することで畜産経営の改善につながると期待される一方,食品廃棄物由来であることから,畜産物に対する消費者の評価が低下すると懸念されている.そこで本研究では,表明選好法を用いて,エコフィードを給与して生産された豚肉に対する消費者評価について分析し,今後のエコフィード普及に必要な条件を明らかにする.結果は,エコフィードに抵抗を感じる消費者など一部の消費者からは否定的に評価されていた.しかし,食品や資源リサイクルに関心を持つ消費者や所得の高い消費者からは肯定的な評価を受けていた.従って,今後,エコフィードの普及を促進するには,エコフィードの安全性や,エコフィードの利用が循環型社会の実現につながることを消費者に周知することが重要である.
  • 齋藤陽子, 齋藤久光
    農業情報研究 18 1 52 - 59 Japanese Society of Agricultural Informatics 2009年 [査読有り][通常論文]
     
    従来,国内産小麦は政府の介在により,実需者の求める品質情報が生産者に伝達され難いといった問題があった.入札制度の導入により,価格が品質を反映することとなり,品質面での需給ギャップ解消が期待されている.制度導入後,品種間の価格差は最大で50%に達し,入札価格を高める品質特性を明らかにすることは,育種機関の育種目標決定に対して必要な情報を提供するとともに,農家が品種選択を行う際の判断基準となる.本稿では,ヘドニック分析を用い,タンパク質含有率,灰分,色調,容積重,アミロ粘度の各品質特性の限界価値を推計することで,小麦価格を形成する品質特性を明らかにする.結果は,硬質小麦であること及びタンパク質含有率が価格差の多くを説明していた.農家はタンパク質含有率の高い硬質小麦を栽培することで,受け取る価格がより高まると期待されるとともに,試験研究機関にとってはタンパク質含有率の高い硬質小麦を育成することが最重要課題として挙げられる.
  • 再生可能資源の管理に関する教室実験-その方法と結果-
    齋藤陽子, 渡邉大樹, 河田幸視
    帯広畜産大学学術研究報告 30 77 - 86 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 小麦品種改良に関する技術進歩と遺伝資源導入の役割 ―誘発的技術進歩への距離関数による接近―
    藤井陽子
    北海道農業経済研究 14 1 27 - 37 2007年 [査読有り][通常論文]
  • Quality-oriented technical change in Japanese wheat breeding
    FUJII, Y, KONDO, T, OSANAMI, F
    Proceedings American Agricultural Economics Association Annual Meeting 1 - 22 2007年 [査読有り][通常論文]
  • 小麦育種における品種改良の成果と肥料反応関数
    藤井陽子, 長南史男
    農経論叢 62 2007年 [査読無し][通常論文]
  • わが国の小麦品種改良と試験地間スピルオーバーに関する分析
    藤井陽子, 長南史男, 近藤巧
    農経論叢 61 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 小麦育種の歴史的変遷とスピルオーバーに関する分析
    藤井陽子, 長南史男, 近藤巧
    日本農業経済学会論文集 81 - 88 2005年 [査読有り][通常論文]
  • 製粉業の生産性と規模間格差に関する分析
    日本農業経済学会論文集 15 - 17 2003年 [査読有り][通常論文]
  • 北海道における酪農の総合生産性と草地需要に関する分析
    藤井陽子, 近藤巧
    農経論叢 57 2002年 [査読無し][通常論文]
  • アメリカの穀物加工産業における生産性に関する分析
    日本農業経済学会論文集 134 - 136 2002年 [査読有り][通常論文]
  • Steven Buccola, Yoko Fujii, Yin Xia
    American Journal of Agricultural Economics 82 4 865 - 880 2000年 [査読有り][通常論文]
     
    From the late 1950s through mid-1990s, productivity growth in U.S. grain milling and feed manufacturing has been consistently strong and positive. In grain milling, approximately 15% of the growth is due to size economies. Technical change has been capital-using, increasingly material-saving, and, in recent years, decreasingly labor-saving or increasingly labor-using. The quality of capital has risen relative to that of labor and materials. In all but the baking industry, capital intensification and incentives for plant size growth remain unabated.

書籍

講演・口頭発表等

  • 小麦遺伝的基盤の多様性と品種改良への貢献―ジーンバンクデータの分析から―  [通常講演]
    齋藤陽子
    北海道農業経済学会シンポジウム報告 2016年 帯広市
  • Effectiveness and contribution of the gene recharge in Japanese wheat  [通常講演]
    SAITO, Yoko
    59th Annual Conference of the Australian Agricultural and Resource Economics Society 2015年 Rotorua, NZ
  • Contribution of Genetic Diversity in Japanese Wheat Breeding Research  [通常講演]
    SAITO, Yoko
    International Wheat Genetics Symposium 2013年 Yokohama, Japan
  • 栽培品種の遺伝的多様性に関する予備的考察 ―ジーンバンクデータの分析から―  [通常講演]
    齋藤陽子, 齋藤久光
    食農資源経済学会 2013年 別府大学別府キャンパス/大分県
  • Economic importance of Japan's Foot-and-Mouth disease-free status for WAGYU beef in the international market  [通常講演]
    SAITO Yoko, KAWATA Yukichika
    FAO/OIE Global conference of FMD 2012年 Bangkok, Thailand
  • Quality-Oriented Technical Change in Japanese Wheat Breeding  [通常講演]
    SAITO(FUJII) Yoko, KONDO Takumi, OSANAMI Fumio
    AAEA Annual Meeting 2007年 Oregon, U.S.

その他活動・業績

  • 第3章-9 技術の研究開発 品種改良
    齋藤陽子 農業経済学辞典 92 -93 2019年 [査読無し][通常論文]
  • 地産地消とその動機 −品質か多面的機能の維持か−
    齋藤久光, 齋藤陽子 十勝型地産地消と地域密着型フードシステムの展開に関する研究』, 平成21年度帯広畜産大学・帯広信用金庫共同研究成果報告書(研究代表者:仙北谷康) 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 学校給食からみた十勝型地産地消の特徴と課題
    齋藤陽子, 齋藤久光 十勝型地産地消と地域密着型フードシステムの展開に関する研究, 平成21年度帯広畜産大学・帯広信用金庫共同研究成果報告書(研究代表者:仙北谷康) 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 齋藤陽子, 齋藤久光 エコフィード産業クラスターの形成と課題に関する研究, 平成20年度帯広畜産大学・帯広信用金庫共同研究成果報告書(研究代表者:仙北谷康) 2009年03月 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2012年 北海道農業経済学会 学術賞
  • 2006年 北海道農業経済学会 奨励賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 小麦の品種開発主体と育種技術・成果に関する国際比較-公的育種か民間育種か-
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2019年04月 -2023年03月 
    代表者 : 関根 久子, 齋藤 陽子, 西尾 善太
  • 植物育成者権強化と研究開発制度革新の成果分析―育成者権データの分析から―
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 齋藤 陽子
  • 世界におけるジャポニカ米の需要拡大、価格構造、品質改善、潜在性に関する学際研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 伊東 正一, 加賀爪 優, 大坪 研一, 亀山 宏, 齋藤 文信, 加藤 和直, 松波 寿典, 齋藤 陽子, 阿部 志麿子, 森脇 千夏, 南石 晃明, 近藤 加代子, 加古 敏之
     
    本科研の2年目を終了したが、昨年度に続いて研究・調査実績を蓄積した。この1年間の訪問国としては、昨年度と同様に米国、ブラジル、中国、ミャンマー、イタリアを現地調査した。これらの調査により、1.「世界的日本食ブームにともなうジャポニカ米需要拡大、消費者し好」に関しては、各地域で日本食ブームはその後も継続的な広がりを見せ、このブームが今後20年間は維持されるという感触を得た。2.「ジャポニカ米の主要生産国における生産コスト、需要、及び市場価格の相互関連構造」に関しては、米国、イタリア、中国における生産コストのデータを取得できた。 海外におけるジャポニカ米の生産量のデータの把握はかなり困難であるが、イタリアにおいては長粒種からジャポニカ米への移行が着々と進んでおり、日本食レストラン向けに数万トンの生産量に達しているようである。また、タイとベトナムでは近年は急激に増産されており、市場価格の低迷ももたらしているという口頭での情報も得ている。ブラジルでも現在は小規模ながらも本格的かつ安定した生産が始まっている。 3.「海外産及び日本産ジャポニカ米の品質・食味に関する世界基準の策定」に関しては、昨年度に続き、官能食味試験を継続してきた。4.「海外産ジャポニカ米食味の理化学的特性の解明と日本産米との比較分析」においてはデータをかなり蓄積することができた。また、5.「官能食味試験結果と評価価格の連携モデル構築」に関しても、データを蓄積することができた。よって、分析への準備がほぼ整った。最後に、6.「日本及び海外のコメ輸出政策・戦略構造の比較」に関しては、作付けが減少するという傾向も見受けられた。イタリアやブラジルでは稲の研究機関がジャポニカ米の生産に関心を寄せている。また、米国南部のアーカンソー州の稲作農家もジャポニカ米生産にはかなり強い関心を抱いていることが分かった。
  • 農業研究開発の経済学と新規導入遺伝資源消滅の背景
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 齋藤 陽子
     
    本課題では、育成者権データをもちいてロイヤリティ回収制度の評価を行った。古来、育成者権を含む知的財産権は、投資インセンティブを促す制度とされ、その重要性が指摘されている。ただし、農業でみれば、米や小麦などの自殖性作物の場合、農家の自家採種が可能であることから、民間投資を呼び込むことは難しく、結果として、公的機関による育種が進めれれてきた。そうした中、豪州では生産物にロイヤリティを上乗せして回収するEnd Point Royalty(EPR)を採用し、民間育種会社が誕生している。小麦育種としては画期的な制度であり、アメリカやカナダなど、小麦輸出国が現在同様の制度の採用を検討している。 西豪州におけるEPR制度は、生産物1トン当たり1~4ドル程度のロイヤリティを回収するもので、これまでの種子代として回収するロイヤリティとは制度の面で異なるだけでなく、制度変更によって農家や育種家の行動も変化させている。具体的には、種子ではなく生産物に上乗せされたことで、仮に新品種がよいと判断すれば、農家は生産に利用し育種家の収入に繋がるが、悪いと判断すれば、生産物として出荷し自家用に取り置くことはしない。農家が生産・出荷を通して品種を評価することとなり、こうしたシグナルが育種家に伝達される仕組みとなった。EPRでは自家採取が不可欠な条件となったのである。 本課題では、EPRの導入によって民間投資インセンティブが喚起されたことを受け、育成者権データを生存分析によって分析し、EPR導入が育成者権を長期に保有しようとする育種家のインセンティブに繋がっている事を示した。具体的には、西豪州で開発された品種について、育成者権の「維持・放棄」の意思決定を分析し、EPR導入後の品種については、どちらかといえば「維持」する傾向が強いことを示した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2014年04月 -2018年03月 
    代表者 : 山本 康貴, 近藤 功庸, 齋藤 久光, 齋藤 陽子, 増田 清敬, 近藤 巧, 澤内 大輔, 合崎 英男, イズカラ・パラシアス シモン・ペドロ, 宋 柱昌, 東山 寛, 小林 国之, 伊藤 寛幸, 赤堀 弘和, 日田 アトム
     
    農産物貿易の自由化は、輸出国と輸入国双方における農業の生産や経済面だけはなく、自然環境と社会環境にも影響を及ぼす。本研究では、農産物貿易自由化が、自然環境と社会環境にも及ぼす影響を総合的に実証分析した。農産物貿易が自然環境と社会環境に及ぼす影響を経営段階のミクロレベルや国全体のマクロレベルで実態分析と定量分析する手法の開発と適用を行い、日本の農産物貿易交渉力強化に資する基礎的知見を得ることができた。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2012年04月 -2016年03月 
    代表者 : 齋藤 陽子
     
    名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(2010)が開催されるなど,生物多様性保全への関心が高まる中,遺伝資源多様性の経済価値評価を通して品種改良における重要性を明らかにすることを目的とした。具体的には、遺伝資源データの蓄積状況を把握し多様性を把握する指標作成を試みること、および多様性の喪失は品種改良成果に悪影響を及ぼす可能性があるのかを明らかにすることであった。分析の結果、1990年代にかけて、変動係数でみた多様性指標は上昇するものの、その後は一定で推移、多様性の拡大が鈍化していた。一方で、品種ごとの検査項目数を示すリッチネス指標は上昇しており、既存資源の利用拡大に向けたものと想定される。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 齋藤 陽子
     
    研究開発制度の在り方を左右する知的財産権について整理した。権利強化は取引費用の上昇につながり、公的機関の役割が改めて見直される結果となった。とりわけ孤児作物と呼ばれる投資の過少性が危惧される作物については、官民連携が模索されている。 北海道または十勝管内を対象に、地域特産農産物(マイナークロップまたは孤児作物)の利用状況や需要動向を分析した。帯広市の給食は、じゃがいもを通年利用することで、食育を通した地域農産物の活用を進めていた。また、北海道を中心に新たに作付されるパン用小麦については、地産地消を実践する消費者を中心にアピールできることが分かった。
  • 農業の知的所有権と研究開発投資の生産性に関する分析
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
    研究期間 : 2004年 -2006年 
    代表者 : 齋藤 陽子
     
    3年目の本年度は,これまでの成果を踏まえた上で,小麦育種を対象に品種改良の方向性を明らかにする分析を進めた.その過程で,オレゴン州立大学のブッコラ教授から分析方法についての示唆をえた.また,データ収集や小麦育種に関する専門的な知識について,北海道農業研究センター芽室分室・田引氏からも協力をえた. 分析の結果を踏まえ,11月には北海道農業経済学会において口頭報告をおこない,奨励賞を授与された.その後,「小麦品種改良に関する技術進歩と遺伝資源導入の役割-誘発的技術進歩への距離関数による接近-」のタイトルで本誌(北海道農業経済研究)へ投稿中である. その後,北海道農業経済研究の査読結果を反映し,理論的背景を補足した上で,3月にTEA会および農業経済学会個別報告(ともに沖縄国際大学)において「小麦品種改良の品質需要対応と遺伝資源導入の役割」のタイトルで口頭報告をおこなった. こうした成果を海外において報告すべく,1月にアメリカ農業経済学会におけるポスター報告を申請した結果,3月に受理が決定し,平成19年7月にオレゴン州ポートランドにおいて,ポスター報告することが決まっている.タイトルは「Quality-oriented Wheat Breeding Research in Japanese breeding system」である. 以上が本年度の成果である.
  • 小麦加工産業の国際競争力と規制に関する計量経済学的研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
    研究期間 : 2002年 -2003年 
    代表者 : 藤井 陽子
     
    今年度の本研究の成果は以下のとおりである. <アメリカにおける小麦粉製品のフードシステム> アメリカにおける小麦製品のフードシステムを製粉業,パン製造,シリアル製造を中心にその現状をまとめた.各産業内では大手企業による水平統合が進んでいることが特徴で,銘柄が淘汰されている.一方で,フードシステムの流れの中では,垂直的な統合は少なく,とくに製粉と二次加工では顧客と競合することから企業合併はみられなかった.近年,業種を越えた多国籍企業の参入も多くみられることから,今後の動向が注目される. <わが国製粉業の規模の経済性とその要因> わが国の製粉業について,通産省「工業統計表(産業編)」の都道府県レベル産業細分類をもちい,立地ごとに規模の経済が発揮されているのかについて定量的に明らかにした. 具体的には,千葉,神奈川,愛知,兵庫の4県を大規模工場とし,北海道,栃木,大阪,福岡の4県を小規模工場として計測した.計測には,費用関数(一般化レオンチェフ)をもちい可変費用最小化から関数を特定し,原材料,資本を順次最適化しながら中期,長期へと考察を進めた. 結果は,大規模,小規模ともに規模の経済性が発揮されていた.したがって,ともに長期平均費用曲線はU字型であり,費用逓減領域で操業していることが明らかである.ただし,その要因を各要素ごとに規模に対する弾力性からみていくと,規模によって違いがみられた.大規模では資本,原材料,エネルギーのすべてで規模の経済が働き,とりわけ原材料のシェアが大きいことから平均費用低減への貢献度が最も高く,一方の小規模では労働による貢献が最も高かった. こうしたことから,仮に原材料の割り当て制度が廃止され,自由に買い入れることができるようになった場合,原材料をより多く投入することで平均費用が低下する大規模が,必ずしも低下しない小規模に対して,費用面で優位に立つことが考えられる.

教育活動情報

主要な担当授業

  • 人口・食料・環境学総論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 農学院
    キーワード : 人口爆発、人口論、アグロエコシステム、動物生態学、経済成長理論、食料問題、人口成長率、農業技術、GMO、飢餓、飢饉、外部性、効率性、衡平性、食料の利用権、感染症、育種、土壌、アフリカ
  • 大学院共通授業科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : Time series; co-integration; volatility; R
  • 大学院共通授業科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : Environmental economics, Climate change, Agricultural production, Environmental management, Pollution control, Fisheries economics, Benefit-cost analysis
  • 食資源特別講義
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際食資源学院
    キーワード : Environmental economics, Climate change, Agricultural production, Environmental management, Pollution control, Fisheries economics, Benefit-cost analysis
  • ワンダーフォーゲル実習Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際食資源学院
    キーワード : 発展途上国,農業生産,食品加工,環境問題
  • 事前・事後演習Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際食資源学院
    キーワード : 東南アジアの食資源問題
  • 食資源ガバナンス論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際食資源学院
    キーワード : 農村社会学,食文化,開発経済学,政策評価,資源配分
  • ミクロ農業経済学
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : ミクロ経済学、市場メカニズム、需要と供給、資源配分、意思決定、効率性
  • 農業経済学実験Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 農業環境政策学、農業経営学、開発経済学、協同組合学、食料農業市場学、農資源経済学、地域連携経済学
  • 農業経済学実験Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 農業環境政策学、農業経営学、開発経済学、協同組合学、食料農業市場学、農資源経済学、地域連携経済学
  • 農業経済学実験Ⅲ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 農業環境政策学、農業経営学、開発経済学、協同組合学、食料農業市場学、農資源経済学、地域連携経済学
  • 農資源経済学概論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 農業研究開発の経済学、食料・農業・農村、研究開発投資、公共財、外部性、政府の役割、厚生経済学、独占・寡占、不確実性、遺伝資源、UPOV、生物多様性条約、植物育成者権、
  • 農業経済学概論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 農業経済学、農業環境政策学、農業経営学、開発経済学、協同組合学、食料農業市場学、地域連携経済学、農資源経済学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.