研究者データベース

宮嶋 俊一(ミヤジマ シユンイチ)
文学研究院 人文学部門 哲学宗教学分野
教授

基本情報

所属

  • 文学研究院 人文学部門 哲学宗教学分野

職名

  • 教授

学位

  • 博士(文学)(東京大学)

J-Global ID

プロフィール

  • 宗教学理論、方法論、学説史研究。及びそれを様々な宗教現象の分析・比較研究へ応用することの試み。「スピリチュアリティ」研究、宗教と生命倫理について死生学的な視点を含めた研究、いのちや環境をめぐる問題に対する近代文明批判の立場からの研究など。

研究キーワード

  • 医療倫理   医学哲学   宗教理論   比較宗教学   哲学   キリスト教   ドイツ宗教思想   スピリチュアリティ   水俣学   生命倫理   死生学   宗教現象学   ハイラー   

研究分野

  • 人文・社会 / 宗教学

職歴

  • 2021年04月 - 現在 北海道大学大学院 文学研究院 教授
  • 2018年04月 - 現在 札幌医科大学 医療人育成センター 教養教育研究部門 非常勤講師
  • 2015年04月 - 2021年03月 北海道大学大学院 文学研究院(旧文学研究科) 准教授
  • 2012年04月 - 2015年03月 中村学園大学 非常勤講師
  • 2012年04月 - 2015年03月 國學院大學 神道文化学部 非常勤講師
  • 2012年04月 - 2015年03月 東京医療学院大学 保健医療学部 非常勤講師
  • 2008年10月 - 2015年03月 東洋英和女学院大学 非常勤講師
  • 2002年04月 - 2015年03月 東京外国語大学 非常勤講師
  • 2001年04月 - 2015年03月 大正大学 非常勤講師
  • 1999年10月 - 2015年03月 神奈川大学 経営学部 非常勤講師
  • 2011年10月 - 2012年03月 立教大学 社会学部 非常勤講師
  • 2008年10月 - 2012年03月 横浜創英短期大学 看護学部 非常勤講師
  • 1999年04月 - 2000年03月 神奈川大学 外国語学部 非常勤講師

学歴

  • 1994年04月 - 2001年09月   東京大学大学院   人文社会系研究科博士課程   基礎文化研究専攻(宗教学宗教史学)
  • 1995年10月 - 1998年09月   マールブルク大学   非ヨーロッパ言語・文化学部   宗教学科(博士論文提出資格取得)
  • 1991年04月 - 1994年03月   東京大学大学院   人文社会系研究科修士課程   基礎文化研究専攻(宗教学宗教史学)
  • 1986年04月 - 1990年03月   早稲田大学   第一文学部   哲学科哲学専修

所属学協会

  • 日本基督教学会   日本スピリチュアルケア学会   「宗教と社会」学会   関東医学哲学・倫理学会   北海道基督教学会   北海道大学哲学会   北海道哲学会   日本生命倫理学会   比較文明学会   比較思想学会   日本臨床死生学会   日本医学哲学・倫理学会   日本宗教学会   

研究活動情報

論文

  • ナチズム期ドイツtこおける『安楽死』政策への道程
    宮嶋俊一
    北海道生命倫理研究 9 26 - 33 2021年03月 [査読無し]
  • 宮嶋俊一
    宗教現象学の歴史的変遷と地域性に関する包括的研究(東京大学宗教学年報 特別号) 253 - 259 2021年03月 [査読無し]
  • 宮嶋俊一
    基督教学 55 1 - 13 2020年07月 [査読無し][招待有り]
  • 教典と共同体
    宮嶋俊一
    比較思想研究 46 93 - 99 2020年03月 [査読無し][招待有り]
  • 宮嶋俊一
    JouJournal of the Graduate School of Lettersrnal of the Graduate School of Letters 15 1 - 7 2020年03月 [査読有り][通常論文]
  • 宮嶋俊一
    死生学年報2020 死生学の未来 16 237 - 245 2020年03月 [査読無し][通常論文]
  • 宮嶋俊一
    北海道大学文学研究院紀要 158 2019年07月 [査読無し][通常論文]
  • 個人と共同体の混合形態―一人暮らし高齢者の生活
    船木祝, 宮嶋俊一, 山本武志, 粟屋剛
    北海道生命倫理研究 Vol.17 2019年03月 [査読無し][通常論文]
  • Religion and Violence: Theoretical and methodological aspects
    宮嶋俊一
    JouJournal of the Graduate School of Lettersrnal of the Graduate School of Letters Vol.14 1 - 6 2019年03月 [査読無し][通常論文]
  • 「死者と関わる」ということについて
    宮嶋俊一
    比較文明 34 6 - 26 2018年11月 [査読無し][招待有り]
  • 知識人と一般人の死後生観をつなぐ
    宮嶋俊一
    死生学年報 2018 273 - 284 2018年04月 [査読無し][通常論文]
     
    研究ノート
  • 「死者と共に生きる」ということについて
    宮嶋俊一
    北海道生命倫理研究 Vol.6 19 - 24 2018年03月 [査読無し][通常論文]
     
    研究報告
  • Significance of the Narrative in Spiritual Care
    宮嶋俊一
    Journal of Philosophy and Ethics in Health Care and Medicine 11 15 - 23 2018年03月 [査読有り][通常論文]
  • Introducing the concept of spirituality in Japan by centering on medical field
    宮嶋俊一
    Journal of the Graduate School of Letters Vol.13 2018年03月 [査読有り][通常論文]
  • 独居高齢者とともに生きる私たちの社会
    船木祝, 宮嶋俊一, 山本武志, 道信良子, 粟屋剛
    地域ケアリング2017年8月号 Vol.19 No.9 52 - 53 2017年07月 [査読無し][招待有り]
  • 北海道における独居高齢者調査の現状と課題
    宮嶋俊一
    北海道生命倫理研究 Vol.5 40 - 43 2017年03月 [査読無し][通常論文]
  • スピリチュアルケアにおけるナラティヴの意義について
    宮嶋俊一
    北海道生命倫理研究 Vol.4 18 - 27 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • Considering Japanese Spirituality in Matters of Life and Death
    宮嶋俊一
    Journal of the Graduate School of Letters 10 1 - 8 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 石牟礼道子に見る水俣病事件の「語り」と「運動」
    宮嶋俊一
    死生学年報 2015 死後世界と死生観 215 - 225 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 宮嶋 俊一, Miyajima Shunichi
    神奈川大学国際経営論集 = Kanagawa University international management review 48 139 - 143 神奈川大学経営学部 2014年10月 [査読無し][通常論文]
     
    研究ノート
  • 環境問題として水俣病事件と福島放射能汚染問題を考えるための予備的考察
    宮嶋俊一
    神奈川大学国際経営論集 46 69 - 80 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 宮嶋 俊一
    比較思想研究 40 118 - 123 比較思想学会 2013年 [査読無し][通常論文]
  • 宮嶋 俊一, Miyajima Shunichi
    神奈川大学国際経営論集 44 105 - 109 神奈川大学経営学部 2012年10月 [査読無し][通常論文]
     
    研究ノート
  • 宮嶋 俊一
    国際宗教研究所ニュースレター 74 16 - 20 国際宗教研究所 2012年04月25日 [査読無し][通常論文]
  • ヘッケルの優生思想と一元論宗教―世紀末からヴァイマール期にかけてのドイツにおける宗教・科学・生命倫理をめぐって―
    宮嶋俊一
    医学哲学と倫理 8 14 - 18 2011年03月 [査読無し][通常論文]
  • 宮嶋 俊一
    神奈川大学国際経営論集 41 167 - 175 神奈川大学経営学部 2011年03月 [査読無し][通常論文]
     
    研究ノート
  • 宮嶋 俊一
    医学哲学医学倫理 28 66 - 72 日本医学哲学・倫理学会 2010年09月24日 [査読無し][通常論文]
     
    Although modern bioethics, as a scientific discipline, was originally seen as secular rather than religious, some aspects of bioethics have developed a religious propensity over the past few years. Yasunori Ando, a Japanese religious philosopher and Masaru Ikezawa, a Japanese religious scientist, in analyzing the relationship between bioethics and religion concluded that the two are actually closely connected. Within bioethics, there is one approach that aims to generate consensus about bioethical issues when inquiring into the fundamental nature or essence of matters. The latter sometimes overlaps with religious thinking and concepts. Even though religious rights should always be defended in the public arena, religious reasons or reasoning alone cannot guarantee the validity of any assertion. Thus the dialogical bioethical aspect has an important role to play here as the interface between the two approaches can lead to fresh, new development.
  • 看護学生に対する生命倫理教育の意義と課題について
    宮嶋俊一
    創英短期大学紀要 6 2010年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮嶋 俊一, Miyajima Shunichi
    神奈川大学国際経営論集 39 165 - 172 神奈川大学経営学部 2010年03月 [査読無し][通常論文]
     
    宗教のグローバル化は、はたして現代的な現象と呼べるのだろうか、それとも宗教は古代からグローバル化していたのだろうか。それは宗教をどのような位相で捉えるかによる。宗教を現象的に捉えれば前者となるし、逆に本質的に捉えれば後者となると言えるだろう。ただし、宗教のグローバル化は近代国民国家との関連から考えるべきである。近代国民国家が形成されることによって、元々は国境とは関わりなく信仰・実践されてきた宗教に対していったんは世俗国家という枠組みを当てはめ、国ごとの宗教のイメージを形成した上で、国家を超える現象としての「グローバル化した宗教」という見方が作られたと考えられる。さらに、かつての世俗化論がグローバル化と宗教の衰退を結びつけて考えていたのに対し、むしろ社会の再聖化の中で宗教の個人化がグローバルな宗教運動(新霊性運動)と結びついていく反面、宗教はグローバリゼーションに反する動きとしてのナショナリズムとも結びついている。
  • 宮嶋 俊一
    大正大學研究紀要. 人間學部・文學部 = Memoirs of Taisho University. The School of Human Studies, the School of Literature 95 98 - 90 大正大学 2010年02月 [査読無し][通常論文]
  • 宮嶋 俊一
    比較文明 26 229 - 245 行人社 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 宮嶋 俊一
    比較思想研究 36 49 - 57 比較思想学会 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 宮嶋 俊一
    大正大學研究紀要 人間學部・文學部 92 150 - 141 大正大學 2007年03月 [査読無し][通常論文]
  • 宮嶋 俊一
    死生学研究 8 175 - 190 東京大学グローバルCOEプログラム「死生学の展開と組織化」 2006年11月25日 [査読無し][通常論文]
  • 宮嶋 俊一
    国際経営論集 32 133 - 150 神奈川大学 2006年11月 [査読無し][通常論文]
  • 宮嶋 俊一
    国際経営論集 29 195 - 212 神奈川大学 2005年03月 [査読無し][通常論文]
  • 宮嶋 俊一
    大正大學研究紀要 人間學部・文學部 90 120 - 111 大正大學 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 宮嶋 俊一
    大正大學研究紀要 人間學部・文學部 89 242 - 223 大正大學 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 宮嶋 俊一, Miyajima Shunichi
    神奈川大学国際経営論集 24 215 - 231 神奈川大学経営学部 2002年11月 [査読無し][通常論文]
     
    論文
  • 宮嶋 俊一
    東京大学宗教学年報 15 45 - 59 東京大学文学部宗教学研究室 1997年 [査読無し][通常論文]
     
    In den 20er Jahren wurde in Europa eine Debatte um den indischen Evangelisten Sadhu Sundar Singh, der damals wegen seiner ,,angeblichen" Wundererlebnisse und Missionsreise nach Tibet in Lebensbeschreibungen bekannt war, ausgetragen. Dieser sogenannte ,,Sadhustreit" wurde hauptsachlich von dem Sadhu verteidigenden Marburger Religionswissenschaftler Friedrich Heiler und dem ihm widersprechenden Pastor und Religionspsychologen Oskar Pfister gefuhrt. Heiler behauptete in seinem Buch ,,Sadhu Sundar Singh: Apostel des Ostens und Westens (1923)", in dem die vorhandenen Beschreibungen von Sadhus Leben zusammengefaBt, 〟religib'ses Leben" und 〟Vorstellungswelt" Sadhus dargestellt und seine Bedeutung fur Indien und das abendlandische Christentum eingeschatzt wurde, daB Sadhu die religiose ,,Wahrheit" sei und seine 〟wunderbaren" Ereignisse historische Wirklichkeit seien. Dagegen pruft Pfister die einzelnen Ereignisse in ,,Die Legende Sundar Singhs (1926)" nach, um historische , Wahrheit" zu suchen, und kam zu dem SchluB, daB alle solchen Ereignisse Legenden, d.h. die Ubertreibungen oder Erfindungen Sadhus seien. Auf Grund dieser historischen fuhrte er psychologische Untersuchungen durch, und stellte fest, daB Sadhu, der zwischen Phantasie und Wirklichkeit nicht unterscheiden konnte, ein Neurotiker sei. Am problematischsten an Heilers Zugang ist, daB er von Anfang an die religiose 〟Wahrheit" Sadhus anerkannte und seine Behauptungen auf Grund dieses 〟Glaubens" aufstellte. Das Wahrheitsproblem, ob Sadhu 〟Apostel oder Betruger (1925)" sei, ist keine religionswissenschaftliche Fragestellung. Die historischkritische Methode Pfisters schien sich nicht unmittelbar auf ein solches religioses 〟Wahrheitsproblem" zu beziehen. Weil er aber auch 〟Wahrheit", d.h. historische , Wahrheit" suchte, wurde die Debatte um die, Wahrheit" gefuhrt. Darilber hinaus war die psychologische Untersuchung und ,,Diagnose" Pfisters nicht religionswissenschaftlich, so daB er die religiose Bedeutung Sadhus nicht klar machen konnte. In diesem Punkt war Heilers Forschunghaltung, daB 〟eligiose Leben" und 〟Vorstellungswelt" im Kontext der indischen Religionen zu untersuchen zu versuchen, religionswissenschaftlich, obwohl er an Sadhus Schriften ausschlieBlich seine eigene Religiositat ablas. Meiner Ansicht nach kann man sich einerseits einem historischen 〟Sachverhalt" durch Materialbearbeitung nahern, obwohl man die historische 〟Wahrheit" nicht erreichen kann. Was von Sadhu untersucht werden sollte, sind erstens solche hypothetischen 〟Sachverhalte". Anderseits sollte die Bedeutung Sadhus nicht im Kontext der personlichen Religiositat, sondern der religiosen Gemeinschaft betrachtet werden. Obwohl sich Sadhu relativ unabhangig von christlichen Gemeinschaften betatigte, kann man z.B. die Entstehung seiner Religiositat historisch im damaligen indischen religiosen Kontext untersuchen und seine Bedeutung innerhalb seiner Anhangerschaft erlautern, zu der auch Heiler gehorte(!). Eine Schwierigkeit ist die Entstehung eines Risses zwischen dem historischen 〟Sachverhalt", den Pfister beim Sadhustreit - mit dem Ausdruck der 〟historischen Wahrheit" - erreichen wollte, und der religiosen 〟Wahrheit", an die Heiler glaubte. Diesen Ris zuzuschutten zu versuchen, konnte zu einer Aufgabe der Religionswissenschaft werden.

書籍

  • 再ーーくりかえす世界
    宮嶋俊一 (担当:共著範囲:諸宗教における死と再生をめぐって)
    北海道大学出版会 2021年03月
  • 媒介物の宗教史【下巻】
    宮嶋俊一 (担当:共著範囲:「モノ」と関わる宗教理論について ―近年の物質宗教論を中心に―)
    リトン 2020年08月
  • 祈り
    宮嶋俊一 (担当:共訳)
    国書刊行会 2018年
  • 悩める人間 人文学の処方箋
    宮嶋俊一 (担当:共著範囲:第1章 宗教は悩みにどう向き合うか(1頁~27頁))
    北海道大学出版会 2017年06月
  • 宮嶋 俊一 (担当:単著)
    ナカニシヤ出版 2014年05月 (ISBN: 4779508126) 268
  • 医療倫理Q&A
    宮嶋俊一 (担当:共著範囲:「Q1-20死とは何か」「Q3- 7患者の信仰に基づく輸血拒否は尊重しなければならないか」)
    太陽出版 2013年04月 (ISBN: 4884697693)
  • シリーズ生命倫理学4 終末期医療
    宮嶋俊一 (担当:共著範囲:終末期医療におけるスピリチュアリティとスピリチュアル・ケア−−―「日本的スピリチュアリティ」の可能性と限界について)
    丸善 2012年12月 (ISBN: 462108481X) 160–176頁
  • 宗教学事典
    宮嶋俊一 
    丸善 2010年10月 (ISBN: 4621082558)
  • 総合人間学4戦争を総合人間学から考える
    宮嶋俊一 (担当:共著範囲:総合人間学と宗教学――宗教学の客観性と実践性をめぐって)
    学文社 2010年06月 (ISBN: 4762020893) 164–173頁
  • 新版増補 生命倫理事典
    宮嶋俊一 
    2010年03月 (ISBN: 4884696670)
  • 市川裕, 松村一男 (担当:共著範囲:ハイラーにおける「宗教史」の問題―宗教史の哲学としてのハイラー宗教学)
    リトン 2009年12月 (ISBN: 4863760086) 488
  • 宗教学必須用語22
    宮嶋俊一 (担当:共訳)
    刀水書房 2008年03月 (ISBN: 488708370X)
  • 宗教学文献事典
    宮嶋俊一 
    弘文堂 2007年12月 (ISBN: 4335160488)
  • 島薗 進, 鶴岡 賀雄 (担当:共著範囲:古典的宗教現象学における『宗教』―フリードリッヒ・ハイラーを例に)
    ぺりかん社 2003年12月 (ISBN: 4831510580) 332
  • エリアーデ・オカルト事典
    宮嶋俊一 (担当:共訳)
    法蔵館 2002年04月 (ISBN: 4831870315)

講演・口頭発表等

  • ナチズム期ドイツにおける『安楽死』政策への道程  [招待講演]
    宮嶋俊一
    北海道生命倫理研究会 第16回セミナー(2020年度冬季) 2021年02月 口頭発表(一般)
  • 和(やわらぎ)の思想を乗り越えて?  [通常講演]
    宮嶋俊一
    比較文明学会第37回大会 2019年11月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • ハイラーにおける宗教現象学の受容と展開  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本宗教学会第78回学術大会 2019年09月 口頭発表(一般)
  • On the Complementarity between Phenomenological and Statistical Approaches for Prayer Research with reference to East Asian the Complementarity between Phenomenological and Statistical Approaches for Prayer Research with reference to East Asia  [通常講演]
    宮嶋俊一
    The 2nd Annual Conference of the EASSSR 2019 2019年07月 口頭発表(一般)
  • 死者と共にあるということ ―北海道における独居高齢者調査を参考に  [招待講演]
    宮嶋俊一
    東洋英和女学院大学 死生学研究所2019年度〈公開〉連続講座 第6回 2019年07月 口頭発表(招待・特別)
  • 教典と共同体 ――比較教典研究の可能性について――  [通常講演]
    宮嶋俊一
    比較思想学会第46回大会 2019年06月 口頭発表(一般)
  • 祈り研究における実証的・統計的研究と体系的・現象学的研究の協働について  [通常講演]
    宮嶋俊一
    「宗教と社会」学会第27回学術大会 2019年06月 口頭発表(一般)
  • 独居高齢者における「死者との関わり」  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本生命倫理学会第30回年次大会 2018年12月 口頭発表(一般)
  • 「普遍的宗教性」を論じるに際して  [通常講演]
    宮嶋俊一
    多元主義研究会 2018年09月 口頭発表(一般) 日本キリスト教協議会 NCC 宗教研究所(京都)
  • Significance of the Narrative in Spiritual Care  [通常講演]
    宮嶋俊一
    FirFirst International Conference on Philosophy and Meaning in Lifest International Conference on Philosophy and Meaning in Life 2018年08月 口頭発表(一般)
  • 独居高齢者の生と死  [通常講演]
    宮嶋俊一
    北海道生命倫理研究会第12回セミナー 2018年07月 口頭発表(一般)
  • 現代における物質宗教論について  [通常講演]
    宮嶋俊一
    宗教史研究会 2018年06月 口頭発表(一般) 東洋英和女学院大学六本木キャンパス
  • Religion and Violence  [通常講演]
    宮嶋俊一
    48th ISCSC (International Society for the Comparative Study of Civilizations ) International Conference 2018年06月
  • 死別と独居(独居高齢者調査研究報告)  [通常講演]
    宮嶋俊一
    北海道生命倫理研究会第11回セミナー 2018年01月
  • 「死後生」の哲学  [通常講演]
    宮嶋俊一
    第36回日本医学哲学・倫理学会大会 2017年11月
  • 都市部及び非市街地域における高齢者の孤立化に関する一考察  [通常講演]
    船木祝, 宮嶋俊一, 道信良子, 粟屋剛
    第36回日本医学哲学・倫理学会大会 2017年11月
  • 宗教と暴力をめぐる一考察  [通常講演]
    宮嶋俊一
    比較文明学会 第35回大会 2017年10月
  • 都市部及び非市街地域における高齢者の孤立化と自立に関する一考察  [通常講演]
    宮嶋俊一, 船木祝
    第23回日本臨床死生学会総会 2017年10月
  • 宗教現象学批判とその後  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本宗教学会第76回学術大会 2017年09月 口頭発表(一般)
  • 道内独居高齢者調査中間報告(釧路地方を中心に)  [通常講演]
    宮嶋俊一
    北海道生命倫理研究会第10回セミナー 2017年07月
  • 北海道における独居高齢者調査の現状と課題  [通常講演]
    宮嶋俊一
    北海道生命倫理研究会 第9回セミナー 2017年02月 口頭発表(一般)
  • ナラティヴにおける自己の更新について  [通常講演]
    宮嶋俊一
    第35回日本医学哲学・倫理学会大会 2016年11月 口頭発表(一般)
  • 宗教的信念の国際比較のための用語について  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本宗教学会第75回学術大会 2016年09月 口頭発表(一般)
  • 宗教・スピリチュアリティと医療に関する一考察  [通常講演]
    宮嶋俊一
    第21回日本臨床死生学会総会 2015年11月 口頭発表(一般)
  • スピリチュアル・ケアにおけるナラティヴの意味について  [通常講演]
    宮嶋俊一
    第34回日本医学哲学・倫理学会大会 2015年11月 口頭発表(一般)
  • Thinking about Japanese spirituality in matters of Life and Death  [通常講演]
    宮嶋俊一
    XXI. World Congress of the International Association for the History of Religion 2015年08月 口頭発表(一般)
  • 終末期医療とスピリチュアリティ  [招待講演]
    宮嶋俊一
    北海道生命倫理研究会 2015年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • ハイラーの祈り論をめぐって  [通常講演]
    宮嶋俊一
    北海道基督教学会 2015年07月 口頭発表(一般)
  • 水俣病事件とその語り  [招待講演]
    宮嶋俊一
    東洋英和女学院大学死生学研究所〈公開〉連続講座 2015年01月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 多元主義的宗教理解と宗教学  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本宗教学会第73回学術大会 2014年09月 口頭発表(一般)
  • 水俣病事件と死生観  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本臨床死生学会第19回大会 2013年12月 口頭発表(一般)
  • 水俣から福島へ-環境破壊と近代文明批判  [通常講演]
    宮嶋俊一
    比較文明学会 2013年10月 口頭発表(一般)
  • 水俣病事件における生命/環境倫理と宗教性  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本医学哲学・倫理学会第32回学術大会 2013年10月 口頭発表(一般)
  • ハイラーの祈り論の今日的射程  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本宗教学会第72回学術大会 2013年09月 口頭発表(一般)
  • 東西における環境思想 南方熊楠を例に  [通常講演]
    宮嶋俊一
    比較思想学会 2013年06月 口頭発表(一般)
  • フリードリッヒ・ハイラーの祈り論  [通常講演]
    宮嶋俊一
    西日本宗教学会 2013年03月
  • 「二人称の死」の受容のために  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本臨床死生学会 2012年11月 口頭発表(一般)
  • 近代文明批判としての環境思想  [通常講演]
    宮嶋俊一
    比較文明学会 2012年11月 口頭発表(一般)
  • ハイラーの祈り論の現代的意義  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本宗教学会 2012年09月 口頭発表(一般)
  • ドイツ環境思想・エコロジー運動の「起源」  [通常講演]
    宮嶋俊一
    総合人間学会 2012年06月 口頭発表(一般)
  • 宗教学の授業における学問史・学説史の扱いについて  [招待講演]
    宮嶋俊一
    宗教文化教育の教材研究会 2012年04月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • ポスト「3.11」を生きる思想--原発震災から文明を捉え直す  [招待講演]
    宮嶋俊一
    地球市民セミナール 2011年09月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • ヴァイマール期ドイツにおけるインド宗教思想の受容と比較宗教学の実践化――『サドゥ・スンダー・シン』をめぐる論争を中心に」――  [通常講演]
    宮嶋俊一
    比較思想学会 2010年06月 口頭発表(一般)
  • ドイツ優生思想の「起源」――エルンスト・ヘッケルにおける宗教・科学・倫理――  [通常講演]
    宮嶋俊一
    総合人間学会 2010年06月 口頭発表(一般)
  • ヘッケルの優生思想と一元論宗教  [通常講演]
    宮嶋俊一
    医学哲学倫理学会関東支部 2010年05月 口頭発表(一般)
  • ドイツ宗教教科書に見る死生観教育のあり方といのちの哲学  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本臨床死生学会 2009年12月 口頭発表(一般)
  • 近代医療の『収奪』性と『還流』性――移植医療の哲学と倫理をめぐって  [通常講演]
    宮嶋俊一
    比較文明学会 2009年11月 口頭発表(一般)
  • 宗教的死生観と生命倫理  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本医学哲学・倫理学会 2009年10月 口頭発表(一般)
  • ヴァイマール期ドイツの宗教思想  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本宗教学会第68回学術大会 2009年09月 口頭発表(一般)
  • ドイツ・ヴァイマール期の宗教思想と宗教学  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本宗教学会第67回学術大会 2008年09月 口頭発表(一般)
  • 医療と宗教・スピリチュアリティ  [通常講演]
    宮嶋俊一
    医学哲学倫理学会関東支部 2007年11月 口頭発表(一般)
  • 宗教現象学再考  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本宗教学会第66回学術大会 2007年09月 口頭発表(一般)
  • ハイラーの宗教思想と宗教運動  [通常講演]
    宮嶋俊一
    2006年09月 口頭発表(一般)
  • ハイラーの宗教理論  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本宗教学会 2003年09月 口頭発表(一般)
  • 踊り念仏の現象学  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本宗教学会 2002年09月 口頭発表(一般)
  • ハイラーの宗教学  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本宗教学会 1998年09月 口頭発表(一般)
  • ハイラーの宗教現象学  [通常講演]
    宮嶋俊一
    日本宗教学会 1994年09月 口頭発表(一般)

その他活動・業績

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2020年04月 -2024年03月 
    代表者 : 藤原 聖子
  • 諸宗教における正典化をテーマとする、比較宗教教典研究の立ち上げのための総合的研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的研究(開拓)
    研究期間 : 2020年07月 -2023年03月 
    代表者 : 戸田 聡
  • 宗教の国際的共通性-多様性の解明と社会への影響
    文部科学省:科学研究費補助金
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 川端亮
  • 日本宗教研究の新展開-ローカリティーへのグローバルなアプローチ
    文部科学省:科学研究費補助金
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 西村明
  • 文部科学省:科学研究費補助金
    研究期間 : 2016年04月 -2020年03月 
    代表者 : 藤原聖子
  • 北海道における高齢者の孤立化に関する発展的研究
    文部科学省:科学研究費補助金
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 船木祝
  • 生命主義と普遍宗教性による多元主義の展開――国際データによる理論と実証の接合
    文部科学省:科学研究費補助金
    研究期間 : 2013年10月 -2018年03月 
    代表者 : 星川啓慈

教育活動情報

主要な担当授業

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 研究倫理・論文指導特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 研究倫理、論文指導、歴史文献研究、フィールド研究
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 宗教学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 比較、認識論、フェミニズム、リサーチ・デザイン、研究倫理、内容分析、会話分析、言説分析、文献分析、実験、ファセット理論、因子分析、フィールド調査、参与観察、グランデッドセオリー、解釈学
  • 修士論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 宗教学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 歴史、インタビュー、ネットワーク分析、現象学、文献学、記号論、構造主義、構成的観察法、サーヴェイ調査とアンケート調査、翻訳、ヴィデオグラフィー、聴覚資料、インターネット、物質文化、空間分析、視覚文化
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 宗教学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 比較、認識論、フェミニズム、リサーチ・デザイン、研究倫理、内容分析、会話分析、言説分析、文献分析、実験、ファセット理論、因子分析、フィールド調査、参与観察、グランデッドセオリー、解釈学
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 宗教学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 歴史、インタビュー、ネットワーク分析、現象学、文献学、記号論、構造主義、構成的観察法、サーヴェイ調査とアンケート調査、翻訳、ヴィデオグラフィー、聴覚資料、インターネット、物質文化、空間分析、視覚文化
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
  • 宗教学特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : V・E・フランクル、癒し、ロゴセラピー、ナラティブ、人生の意味、医療、闘病、喪、追悼
  • 宗教学特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : V・E・フランクル、癒し、ロゴセラピー、ナラティブ、人生の意味、医療、闘病、喪、追悼
  • 宗教史学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 原始キリスト教、初期キリスト教、異端、異教、ゲルマン、ケルト、キリスト教神秘主義、カタリ派、ヴァルド派、異端尋問、魔女狩り、ルネサンス、自然魔術、錬金術、オカルティズム、ペイガニズム、分派、シンクレティズム、エゾテリズム
  • 宗教学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 死生観、スピリチュアリティ、喪、追悼、闘病、ホスピス、エンドオブライフ・ケア、安楽死・尊厳死
  • 宗教学演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 社会、文化、社会理論、クリフォード・ギアツ、タレル・アサド、「第二の」近代、メディア、カルチュラル・スタディーズ、ピエール・ブルデュー 、ジャック・デリダ、ミシェル・フーコー、ジェンダー、セクシュアリティ、フェミニズム、クィア理論、植民地主義、人種、国民、グローバリゼーション、暴力、経済
  • 宗教学演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 宗教認知科学、アニマル・アニミズム、進化論、儀礼、暗黙知、呪術
  • 思索と言語
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 信仰、修行、巡礼、儀礼、聖と俗、恐山、世界観、イスラーム、千日回峰行、クマリ、カトマンズ、神話、預言者、祭司、シンクレティズム、スピリチュアリティ
  • 歴史・文化モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 原始キリスト教、初期キリスト教、異端、異教、ゲルマン、ケルト、キリスト教神秘主義、カタリ派、ヴァルド派、異端尋問、魔女狩り、ルネサンス、自然魔術、錬金術、オカルティズム、ペイガニズム、分派、シンクレティズム、エゾテリズム
  • 歴史・文化モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 社会、文化、社会理論、クリフォード・ギアツ、タレル・アサド、「第二の」近代、メディア、カルチュラル・スタディーズ、ピエール・ブルデュー 、ジャック・デリダ、ミシェル・フーコー、ジェンダー、セクシュアリティ、フェミニズム、クィア理論、植民地主義、人種、国民、グローバリゼーション、暴力、経済
  • 歴史・文化モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 死生観、スピリチュアリティ、喪、追悼、闘病、ホスピス、エンドオブライフ・ケア、安楽死・尊厳死
  • 歴史・文化モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 宗教認知科学、アニマル・アニミズム、進化論、儀礼、暗黙知、呪術
  • 思索と言語
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 釈尊,ブッダ観, 四聖諦, 八正道, 縁起説, 無我説, 三法印, 三蔵(経・律・論), 大乗仏典 , カトリック, プロテスタント, 東方正教, 教派, 正典, 新約聖書、旧約聖書, キリスト教原理主義, ユダヤ教, イエス・キリスト, パウロ, 初期キリスト教, 神社, 神仏習合, 修験道, 教派神道, カルト, 聖地巡礼, スピリチュアルケア , ギリシャ神話, 英雄崇拝, アリウス派, ワルド派, カタリ派, 魔女裁判, ウィクリフ, ルター , 再洗礼派 

大学運営

委員歴

  • 2020年11月 - 現在   日本スピリチュアルケア学会   出版委員
  • 2019年07月 - 現在   第12回応用倫理国際会議   実行委員
  • 2019年04月 - 現在   北海道大学応用倫理・応用哲学研究教育センター   事務局長(21年3月まで)、センター長(21年4月より)
  • 2019年03月 - 現在   日本医学哲学・倫理学会   運営委員、編集委員
  • 2018年08月 - 現在   室蘭工業大学   ヒトを対象とした研究倫理審査委員会委員
  • 2017年11月 - 現在   比較文明学会   理事・広報委員長(21年3月まで)
  • 2016年11月 - 現在   日本医学哲学・倫理学会   評議員、理事(20年10月より)
  • 2016年09月 - 現在   日本宗教学会   評議員
  • 2016年07月 - 現在   北海道基督教学会   理事
  • 2015年10月 - 現在   北海道大学応用倫理・応用哲学研究教育センター   編集委員
  • 2015年07月 - 現在   北海道基督教学会   編集委員
  • 2015年04月 - 現在   北海道大学応用倫理研究教育センター   運営委員
  • 2018年04月 - 2018年10月   日本医学哲学・倫理学会   第37回大会実行委員長
  • 2018年04月 - 2018年09月   日本スピリチュアルケア学会   2018年度11回大会実行委員
  • 2014年11月 - 2017年10月   比較文明学会   幹事・選挙管理委員長
  • 2008年11月 - 2017年10月   比較文明学会   広報委員
  • 2015年07月 - 2017年07月   北海道大学哲学会   運営委員

社会貢献活動

  • 宗教学入門
    期間 : 2019年10月02日 - 2019年12月18日
    役割 : 講師
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 道新文化センター
  • 世界を知り今がわかる 宗教入門
    期間 : 2019年04月17日 - 2019年07月03日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 道新文化センター
  • 生きてることが辛いなら、いっそ小さく死ねばいい — 諸宗教における死と再生をめぐって
    期間 : 2019年05月15日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道大学大学院文学研究院
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 2019年度 北海道大学大学院文学研究院 公開講座 「再 ーくりかえす世界ー」
  • 死別による独居について
    期間 : 2018年08月31日
    役割 : 司会
    主催者・発行元 : 北海道生命倫理研究会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 市民公開講座 一人暮らしの高齢者とともに生きる私たちの社会
  • 老いの生と宗教―道内独居高齢者調査報告(釧路地方を中心に)
    期間 : 2017年08月10日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 船木科研「独居高齢者研究」主催
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第4回釧路生命倫理フォーラム 市民向け公開シンポジウム「老いの生-独居高齢者の生活」
  • 死生学といのちの教育
    期間 : 2017年07月29日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道大学
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 教員免許状更新講習
  • 宗教はいかにして悩みに向き合ってきたのか
    期間 : 2016年06月22日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道大学大学院文学研究科
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成28年度公開講座 「悩める人間 ― 人文学で四苦八苦(シック ハック)―」

その他

  • 2020年05月  「祈りの場 集えぬ苦しみ」 
    朝日新聞2020年5月20日(水)朝刊、文化・文芸面、記事作成のための取材
  • 2019年12月 - 2019年12月  「文化現象・社会現象の観点で「死」を巡る」 
    指昭博著『キリスト教と死 最後の審判から無名戦士の墓まで(中央公論新社)書評。週刊読書人2019年12月6日(3318号)
  • 2016年01月 - 2016年01月  「闘う進化学者エルンスト・ヘッケルの実像 一九世紀ドイツの科学・宗教・社会を知るための恰好の一冊」 
    佐藤恵子著『ヘッケルと進化の夢』(工作舎)書評。図書新聞2016年1月23日(3239号)
  • 2012年04月 - 2012年04月  「鶴岡賀雄・深澤英隆『スピリチュアリティの宗教史 上・下』(リトン)」 
    週間読書人 (2935号)


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.