研究者データベース

出村 誠(デムラ マコト)
先端生命科学研究院 生命機能科学研究部門 生物情報解析科学研究分野
教授

基本情報

所属

  • 先端生命科学研究院 生命機能科学研究部門 生物情報解析科学研究分野

職名

    教授

学位

  • 薬学博士 (北海道大学)

ホームページURL

研究キーワード

  • SDGs   ソフトマター   バイオミミクリー   ロドプシン   絹   タンパク質   NMR   生物物理学   Protein Science (4708)   NMR (5801)   Biophysics (5803)   

研究分野

  • ナノテク・材料 / 高分子材料
  • ライフサイエンス / 構造生物化学
  • ライフサイエンス / 生物物理学

職歴

  • 2006年04月 - 現在  北海道大学大学院先端生命科学研究院教授
  • 2013年04月 - 2019年03月  北海道大学大学院先端生命科学研究院研究院長
  • 2006年 - 2016年  - 大阪大学蛋白質研究所 共同研究員
  • 1998年10月 - 2006年03月  北海道大学大学院理学研究科助教授
  • 1992年01月 - 1998年09月  東京農工大学機器分析センター専任講師
  • 1986年04月 - 1992年01月  東京農工大学工学部物質生物工学科教務職員
  • 2004年  筑波大学 非常勤講師
  • 1997年  北海道大学非常勤講師

学歴

  • 1983年04月 - 1986年03月   北海道大学

所属学協会

  • 日本核磁気共鳴学会   日本蛋白質科学会   高分子学会   繊維学会   日本化学会   日本生物物理学会   日本蚕糸学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • カイコ絹糸の模倣からイノベーションへ, 特集 生物機能模倣技術, アグリバイオ
    出村 誠 (担当:単著範囲:アグリバイオ, vol.1, 235-239)
    北隆館 2017年03月
  • 光のエネルギー利用27 ハロロドプシン『光と生命の事典』(日本光生物学協会「光と生命の事典」編集委員会 編)
    出村 誠 (担当:分担執筆範囲:光のエネルギー利用27 ハロロドプシン)
    朝倉書店 2016年02月
  • Photochemistry of Halorhodopsin in Optogenetics
    Takashi Kikukawa, Naoki Kamo, Makoto Demura (担当:共著範囲:Photochemistry of Halorhodopsin)
    Springer 2015年
  • オプトジェネティクス(光遺伝学)~光操作による行動制御技術~
    出村 誠 (担当:共著範囲:ハロロドプシンの構造と分子機能解析)
    エヌ・ティー・エス 2013年
  • 広がるNMRの世界 -40人の研究者からの熱いメッセージ-
    出村 誠 (担当:共著範囲:ペプチドの機能と構造:最小へリックスの暗号)
    コロナ社 2011年
  • ペプチドの機能と構造:最小へリックスの暗号、『広がるNMRの世界 -40人の研究者からの熱いメッセージ-』
    ()
    コロナ社 2011年
  • Photo-induced Proton Transfers of Microbial Rhodopsins in Photochemistry
    ()
    InTech ISBN 979-953-307-364-3 2011年
  • Photo-induced Proton Transfers of Microbial Rhodopsins in Photochemistry
    ()
    InTech ISBN 979-953-307-364-3 2011年
  • NMR studies of protein folding: Folding studies of calcium-binding lysozyme and alpha-lactalbumin, Annual Reports on NMR Spectroscopy
    ()
    Springer 2009年
  • 基礎から学ぶ構造生物学
    出村誠, 神谷昌克, 相沢智康 (担当:共著範囲:光イオンポンプ)
    共立出版 2008年
  • バイオとナノの融合I新生命科学の基礎
    出村誠 (担当:共著範囲:光で機能するレチナール膜タンパク質のナノ構造)
    北海道大学出版会 2007年
  • アポトーシス誘導型αラクトアルブミンの創出と構造特性
    出村 誠 ()
    [北海道大学大学院先端生命化学研究院] 2007年
  • Modern Magnetic Resonance, Part I Application in Chemistry, Biological and Marine Sciences
    M. Demura (担当:共著範囲:NMR insight of structural stability and folding of calcium- binding lysozyme)
    Springers 2006年
  • 基礎高分子科学
    出村誠, 朝倉哲郎 (担当:共著範囲:タンパク質)
    東京化学同人 2006年

作品等

  • ひらめきときめきサイエンスの実施
    2011年

その他活動・業績

  • 出村 誠 アグリバイオ 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌) 1 235 -239 2017年03月 [査読無し][招待論文]
  • 出村 誠 キチン・キトサン研究 = Chitin and chitosan research 18 (3) 259 -261 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 相沢 智康, 出村 誠, 河野 敬一 蚕糸・昆虫バイオテック = Sanshi-konchu biotec 81 (2) 115 -123 2012年08月 [査読無し][通常論文]
     
    現在地球上の陸上動物で最も繁栄しているグループは昆虫であり,昆虫は全動物種の80%以上を占めていると考えられている。多様な環境に適応してきた昆虫は,その生育域を広げるために,病原微生物から身を守る生体防御機構をはじめ,外敵から身を守り生き延びるための様々な仕組みを進化させてきたと考えられる。我々のグループでは,カイコをはじめとする昆虫等の無脊椎動物由来の,生体防御関連のタンパク質やペプチドの構造生物学的な解析を進めてきた。抗体による巧みな生体防御機構,いわゆる獲得免疫をもたない無脊椎動物が,外敵から身を守るメカニズムの解明は,学術的な視点からはもちろんのこと,種々の産業への応用を考える上でも興味深いテーマである。脊椎動物とは大きく異なる生体防御機構在もつ無脊椎動物においても,生体防御系が液性免疫と細胞性免疫からなるという点は脊椎動物と変わらない。液性免疫は体液中に存在する抗菌タンパク質やペプチドをはじめとする様々な生体防御分子による防御機構であり,細胞性免疫は血球細胞による異物の除去を中心とする防御機構である。本稿では,液性免疫を担う抗菌タンパク質の一種であるリゾチーム,および,細胞性免疫において重要な役割を果たすサイトカインであるENFペプチドファミリーについて,鱗翅目昆虫をターゲットにした我々のグループの研究成果を中心に紹介する。
  • 出村 誠 キチン・キトサン研究 = Chitin and chitosan research 18 (2) 87 -88 2012年07月 [査読無し][通常論文]
  • 原田 尚樹, 柏崎 晴彦, 赤澤 敏之, 村田 勝, 相沢 智康, 出村 誠, 田中 順三, 飯塚 正, 井上 農夫男 キチン・キトサン研究 = Chitin and chitosan research 18 (2) 112 -113 2012年07月 [査読無し][通常論文]
  • 櫛引 崇弘, 神谷 昌克, 相沢 智康, 境 勝義, 石川 和裕, 東 乙比古, 熊木 康裕, 菊川 峰志, 出村 誠, 川端 俊一郎, 河野 敬一 キチン・キトサン研究 = Chitin and chitosan research 18 (2) 2012年07月 [査読無し][通常論文]
  • 原田 尚樹, 柏崎 晴彦, 赤澤 敏之, 村田 勝, 相沢 智康, 出村 誠, 田中 順三, 飯塚 正, 井上 農夫男 北海道歯学雑誌 32 (2) 166 -176 2012年03月 [査読無し][通常論文]
     
    【背景・目的】ハイドロキシアパタイト(HAp)は生体親和性と骨伝導性に優れた生体材料であるが,その硬さと脆性のため,望む形状に成形することが困難である.それゆえ,HApの欠点である成形性を改善するHAp/高分子の新規複合材料の開発に多くの関心が集まっている.キトサンは甲殻類の外殻などに含まれる天然高分子で,その生体吸収性や高い熱安定性などの性質から生体材料として注目されている.我々はこれまでに,多孔性キトサン/HAp複合体を作製し,歯槽骨再生材料に適した柔軟性のある物性を持つことを報告してきた.本研究では,この複合体の骨形成蛋白質(rhBMP-2)担体としての有用性を評価する目的で,ラット頭頂骨骨膜下埋入実験を行い,骨形成過程と担体複合体の吸収変化を組織形態学的に検討した.【方法】共沈澱法とポローゲンリーチング法により多孔性キトサン/HAp複合体を作製し,5μg のrhBMP-2を添加した.rhBMP-2無添加の複合体を対照として,10週齢のSDラット頭頂骨骨膜下に埋入し,4,8週後に屠殺し,組織学的観察および形態計測を行った.【結果】rhBMP-2添加多孔性キトサン/HAp複合体では,埋入4,8週後に複合体の周辺部から中央部にかけて多数の細胞侵入および骨形成が認められた.対照群では骨形成はみられなかった.形態計測した結果,埋入4,8週後における複合体の占有率はrhBMP-2添加群では対照群に比べ有意に減少し(p<0.05),骨形成に伴う複合体の吸収が認められた.【考察・結論】成形性や操作性の高い多孔性キトサン/HAp複合体は,rhBMP-2の担体として優れた骨形成能と生体吸収性を有することから,複雑な形態を呈する骨欠損部における生体材料として有用であることが示唆された.
  • 相沢 智康, 出村 誠, 河野 敬一 蚕糸・昆虫バイオテック 81 (2) 2_115 -2_123 2012年 [査読無し][通常論文]
  • Photo-induced Bleaching of Sensory Rhodopsin II (Phoborhodopsin) from Halobacterium salinarum by Hydroxylamine: Identification of the Responsible Intermediates
    Journal of Photochemistry and Photobiology B: Biology 106 87 -94 2012年 [査読無し][通常論文]
  • Photo-induced Bleaching of Sensory Rhodopsin II (Phoborhodopsin) from Halobacterium salinarum by Hydroxylamine: Identification of the Responsible Intermediates
    Journal of Photochemistry and Photobiology B: Biology 106 87 -94 2012年 [査読無し][通常論文]
  • Demura Makoto 高等教育ジャ-ナル (18) 63 -71 2011年01月 [査読無し][通常論文]
  • NMR analysis of the fibronectin cell-adhesive sequence, Arg-Gly-Asp, in a recombinant silk-like protein and a model peptide
    ASAKURA Tetsuo, NISHI Hirohito, NAGANO Aya, NAGANO Aya, YOSHIDA Ai, NAKAZAWA Yasumoto, KAMIYA Masakatsu, DEMURA Makoto Biomacromolecules 12 (11) 3910 -3916 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Expression of salinarum halorhodopsin in Escherichia coli cells: solubilization in the presence of retinal yields the natural state
    Biochim. Biophys. Acta 1808 2905 -2912 2011年 [査読無し][通常論文]
  • An amino acid residue (S201) in the retinal binding pocket regulates the photoreaction pathway of phoborhodopsin
    DAI Gang, ZHANG Yu, TAMOGAMI Jun, DEMURA Makoto, KAMO Naoki, KANDORI Hideki, IWASA Tatsuo Biochemistry 50 (33) 7177 -7183 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Sensitive detection of protein-lipid interaction change on bacteriorhodopsin using Dodecyl-β-D-maltoside
    SASAKI Takanori, DEMURA Makoto, KATO Noritaka, MUKAI Yuri Biochemistry 50 (12) 2283 -2290 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Porous silk fibroin film as a transparent carrier for cultivated corneal epithelial sheets
    HIGA Kazunari Journal of Biomaterials Science: Polymer Edition 22 (17) 2261 -2276 2011年 [査読無し][通常論文]
  • The structure of Physarum polycephalum hemagglutinin I suggests a minimal carbohydrate recognition domain of legume lectin fold
    KOUNO Takahide, WATANABE Nobuhisa, SAKAI Naoki, NAKAMURA Takashi, NABESHIMA Yuko, MORITA Masashi, MIZUGUCHI Mineyuki, AIZAWA Tomoyasu, DEMURA Makoto, IMANAKA Tsuneo, TANAKA Isao, KAWANO Keiichi J. Mol. Biol 405 (2) 560 -569 2011年 [査読無し][通常論文]
  • NMR analysis of the fibronectin cell-adhesive sequence, Arg-Gly-Asp, in a recombinant silk-like protein and a model peptide
    Biomacromolecules 12 (11) 3910 -3916 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Expression of salinarum halorhodopsin in Escherichia coli cells: solubilization in the presence of retinal yields the natural state
    Biochim. Biophys. Acta 1808 2905 -2912 2011年 [査読無し][通常論文]
  • An amino acid residue (S201) in the retinal binding pocket regulates the photoreaction pathway of phoborhodopsin
    Biochemistry 50 (33) 7177 -7183 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Sensitive detection of protein-lipid interaction change on bacteriorhodopsin using Dodecyl-β-D-maltoside
    Biochemistry 50 (12) 2283 -2290 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Porous silk fibroin film as a transparent carrier for cultivated corneal epithelial sheets
    HIGA KAZUNARI Journal of Biomaterials Science: Polymer Edition 22 (17) 2261 -2276 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Development of an injectable chitosan/marine collagen composite gel
    Biomedical Materials 5 065009 2010年 [査読無し][通常論文]
  • The photochemical reaction cycle and photo-induced proton transfer of sensory rhodopsin II (phoborhodopsin) from Halobacterium salinarum
    TAMOGAMI J, KIKUKAWA T, DEMURA M, KAMO N, IKEDA Y, TAKEMURA A, KAMO N Biophys. J. 98 (7) 1353 -1363 2010年 [査読無し][通常論文]
  • STPR, A 23-amino-acid tandem repeat domain, found in the human function-unknown protein ZNF821
    NONAKA Yasuhiro, MUTO Hideki, AIZAWA Tomoyasu, OKABE Etsuro, MYOBA Shohei, YOKOYAMA Takuya, SAITO Shin, TATAMI Fumie, KUMAKI Yasuhiro, KAMIYA Masakatsu, KIKUKAWA Takashi, MIZUGUCHI Mineyuki, TAKIYA Shigeharu, KINJO Masataka, DEMURA Makoto, KAWANO Keiichi Biochemistry 49 (38) 8367 -8375 2010年 [査読無し][通常論文]
  • Polyglutamine tract-binding protein-1 binds to U5-15kD via a continuous 23-residue segment of the C-terminal domain.
    Biochim. Biophys. Acta - Proteins and Proteomics, 1804 1500 -1507 2010年 [査読無し][通常論文]
  • Structure-activity relationship of a novel pentapeptide with cancer cell growth-inhibitory activity.
    KAMIYA Masakatsu, OYAUCHI Keisuke, SATO Yoshinori, YOKOYAMA Takuya, WANG Mofei, AIZAWA Tomoyasu, KUMAKI Yasuhiro, MIZUGUCHI Mineyuki, IMAI Kunio, DEMURA Makoto, SUZUKI Koichi, KAWANO Keiichi J.Peptide Sci. 16 (5) 242 -248 2010年 [査読無し][通常論文]
  • Development of an injectable chitosan/marine collagen composite gel
    Biomedical Materials 5 065009 2010年 [査読無し][通常論文]
  • The photochemical reaction cycle and photo-induced proton transfer of sensory rhodopsin II (phoborhodopsin) from Halobacterium salinarum
    Biophys. J. 98 (7) 1353 -1363 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 出村 誠 生物物理 49 (6) 2009年12月 [査読無し][通常論文]
  • NMR studies of protein folding: Folding studies of calcium-binding lysozyme and alpha-lactalbumin
    M. Mizuguchi, T. Aizawa, K. Kawano, M. Demura Annual Reports on NMR Spectroscopy 65 53 -76 2009年 [査読有り][招待論文]
  • Effect of Molecular Assembly on Photocycle of Reconstituted Bacteriorhodopsin: Significant Blue Shift of the Late M Photointermediate in the Liquid Crystalline Phase
    SONOYAMA Masashi, KIKUKAWA Takashi, YOKOYAMA Yasunori, DEMURA Makoto, KAMO Naoki, MITAKU Shigeki Chem. Lett 38 (12) 1134 -1135 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Effect of chloride binding on the thermal trimer-monomer conversion of halorhodopsin in the solubilized system
    Biochemistry in press 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Polyglutamine tract binding protein-1 is an intrinsically unstructured protein
    Biochim. Biophys. Acta - Proteins and Proteomics 1794 936 -943 2009年 [査読無し][通常論文]
  • DNA-Binding Property of the Novel DNA-Binding Domain STPR in FMBP-1 of the Silkworm Bombyx mori
    TAKIYA Shigeharu, SAITO Shin, YOKOYAMA Takuya, MATSUMOTO Daisuke, AIZAWA Tomoyasu, KAMIYA Masakatsu, DEMURA Makoto, KAWANO Keiichi J. Biochem. 146 (1) 103 -111 2009年 [査読無し][通常論文]
  • A Novel Peptide Mediates Aggregation and Migration of Hemocytes From an Insect
    Current Biology 19 779 -785 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Property of Anion Binding Site of pharaonis Halorhodopsin Studied by Ultrafast Pump-Probe Spectroscopy and Low-Temperature FTIR Spectroscopy
    NAKASHIMA Keisuke, NAKAMURA Takumi, TAKEUCHI Satoshi, SHIBATA Mikihiro, DEMURA Makoto, TAHARA Tahei, KANDORI Hideki J. Phys. Chem. 113 (24) 8429 -8434 2009年 [査読無し][通常論文]
  • The photochemical reaction cycle and photo-induced proton transfer of sensory rhodopsin II (phoborhodopsin) from Halobacterium salinarum
    Biophys. J accepted 2009年 [査読無し][通常論文]
  • A novel -defensin structure: big defensin changes its N-terminal structure to associate with the target membrane
    KOUNO Takahide, MIZUGUCHI Mineyuki, AIZAWA Tomoyasu, SHINODA Hiroyuki, DEMURA Makoto, KAWABATA Shun‐ichiro, KAWANO Keiichi Biochemistry 48 (32) 7629 -7635 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Reaction dynamics of halorhodopsin studied by time-resolved diffusion method
    Biophys. J. in press 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Role of Arg123 in light-driven anion pump mechanisms of pharaonis halorhodopsin
    Photochem. Photobiol. in press 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Halorhodopsin from Natronomonas pharaonis forms a trimer even in the presence of a detergent, dodecyl-beta-D-maltoside
    Photochem. Photobiol. 85 130 (Published Online: Aug 12 2008 9:37AM.) 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Electrophoresis of Dyes and Proteins in Poly(Acrylamide) Gel Containing Immobilized Bilayer Membranes
    Progress in Colloid and Polymer Science 136 143 -148 2009年 [査読無し][通常論文]
  • C-terminal elongation of growth-blocking peptide enhances its biological activity and micelle binding affinity
    UMETSU Yoshitaka, AIZAWA Tomoyasu, MUTO Kaori, YAMAMOTO Hiroko, KAMIYA Masakatsu, KUMAKI Yasuhiro, MIZUGUCHI Mineyuki, DEMURA Makoto, HAYAKAWA Yoichi, KAWANO Keiichi J. Biol. Chem. 284 (43) 29625 -29634 2009年 [査読無し][通常論文]
  • X-ray crystallography and structural stability of digestive lysozyme from cow stomach
    FEBS J. in press 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Heat-treatment method for producing fatty acid-bound alpha-lactalbumin that induces tumor cell death
    Biochem.Biophys.Res.Commun. 376 211 (Epub 2008 Sep 5.) 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Ultrafast Pump-Probe Study of the Primary Photoreaction Process in pharaonis Halorhodopsin: Halide-Ion Dependence and Isomerization Dynamics
    NAKAMURA Takumi, TAKEUCHI Satoshi, SHIBATA Mikihiro, DEMURA Makoto, KANDORI Hideki, TAHARA Tahei Journal of Physical Chemistry B 112 (40) 12795 -12800 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Structural Properties of the DNA-Bound Form of a Novel Tandem Repeat DNA-Binding Domain, STPR
    Protein 72 414 2008年 [査読無し][通常論文]
  • A Novel beta-defensin Structure: a Strategy of Big Defensin for a Resistance by Gram-positive Bacteria
    KOUNO Takahide, FUJITANI Naoki, MIZUGUCHI Mineyuki, OSAKI Tsukasa, NISHIMURA Shin‐ichiro, KAWABATA Shun‐ichiro, AIZAWA Tomoyasu, DEMURA Makoto, NITTA Katsutoshi, KAWANO Keiichi Biochemistry 47 (40) 10611 -10619 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Spontaneous asparaginyl deamidation of canine milk lysozyme under mild conditions
    Protein 72 313 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Enhanced nerve regeneration through a bilayered chitosan tube: The effect of introduction of glycine spacer into the CYIGSR sequence
    J Biomed Mater Res A 85A 919 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Unfolding and aggregation of transthyretin by the truncation of 50 N-terminal amino acids.
    Proteins 72 261 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 塚本 卓, 佐々木 貴規, 久保 恵美, 神谷 昌克, 相沢 智康, 河野 敬一, 出村 誠 生物物理 47 (1) 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 杉田 圭太郎, 神谷 昌克, 大久保 知行, 上島 達郎, 島本 怜史, 多々見 文恵, 相沢 智康, 水口 峰之, 川畑 俊一郎, 出村 誠, 河野 敬一 生物物理 47 (1) 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 相沢 智康, 齊藤 伸, 横山 卓也, 上島 達朗, 神谷 昌克, 熊木 康裕, 滝谷 重治, 出村 誠, 河野 敬一 生物物理 47 (1) 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 野中 康宏, 秋枝 大介, 神谷 昌克, 相沢 智康, 出村 誠, 河野 敬一 生物物理 47 (1) 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 宮内 正二, 関 顕照, 菊川 峰志, 青山 健太郎, 出村 誠, Ganapathy Vadivel, 加茂 直樹 生物物理 47 (1) 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 久保 恵美, 菊川 峰志, 宮内 正二, 関 顕照, 神谷 昌克, 相沢 智康, 河野 敬一, 加茂 直樹, 出村 誠 生物物理 47 (1) 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 菊川 峰志, 重村 洋明, 久保 恵美, 出村 誠, 宮内 正二, 加茂 直樹 生物物理 47 (1) 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 中島 啓介, 柴田 幹大, 出村 誠, 神取 秀樹 生物物理 47 (1) 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 樋口 真理花, 江川 文子, 神谷 昌克, 相沢 智康, 河野 敬一, 藤原 敏道, 出村 誠 生物物理 47 (1) 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • The Structure of a Novel Insect Peptide Explains Its Ca(2+) Channel Blocking and Antifungal Activities
    KOUNO Takahide, MIZUGUCHI Mineyuki, TANAKA Hiromasa, YANG Ping, MORI Yoshihiro, SHINODA Hiroyuki, UNOKI Kana, AIZAWA Tomoyasu, DEMURA Makoto, SUZUKI Koichi, KAWANO Keiichi Biochemistry 46 (48) 13733 -13741 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Interaction of the Halobacterial Transducer to a Halorhodopsin Mutant Engineered so as to Bind the Transducer: Cl- Circulation within the Extracellular Channel
    Photochem. Photobiol. 83 293 -302 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Equilibrium and Kinetics of the Folding and Unfolding of Canine Milk Lysozyme
    NAKATANI Hiroyasu, MAKI Kosuke, SAEKI Kimiko, AIZAWA Tomoyasu, DEMURA Makoto, KAWANO Keiichi, TOMODA Shuji, KUWAJIMA Kunihiro Biochemistry 46 (17) 5238 -5251 2007年 [査読無し][通常論文]
  • The solution structure of horseshoe crab antimicrobial peptide tachystatin B with an inhibitory cystine-knot motif.
    FUJITANI Naoki, KOUNO Takahide, NAKAHARA Taku, TAKAYA Kenji, OSAKI Tsukasa, KAWABATA Shun‐ichiro, MIZUGUCHI Mineyuki, AIZAWA Tomoyasu, DEMURA Makoto, NISHIMURA Shin‐ichiro, NISHIMURA Shin‐ichiro, KAWANO Keiichi Journal of Peptide Science 13 (4) 269 -279 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Structural approach to a novel tandem repeat DNA-binding domain, STPR, by CD and NMR.
    SAITO Shin, AIZAWA Tomoyasu, KAWAGUCHI Kyosuke, YAMAKI Takeshi, MATSUMOTO Daisuke, KAMIYA Masakatsu, KUMAKI Yasuhiro, MIZUGUCHI Mineyuki, TAKIYA Sigeharu, DEMURA Makoto, KAWANO Keiichi Biochemistry 46 (7) 1703 -1713 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Heterologous expression of Pharaonis halorhodopsin in Xenopus laevis oocytes and electrophysiological characterization of its light-driven Cl- pump activity.
    Biophysical Journal 92 (7) 2259 -2269 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Destabilization of transthyretin by pathogenic mutations in the DE loop.
    Proteins. 66 (3) 716 -725 2007年 [査読無し][通常論文]
  • The Structure of a Novel Insect Peptide Explains Its Ca(2+) Channel Blocking and Antifungal Activities
    Biochemistry 46 (48) 13733 -13741 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Interaction of the Halobacterial Transducer to a Halorhodopsin Mutant Engineered so as to Bind the Transducer: Cl- Circulation within the Extracellular Channel
    Photochem. Photobiol. 83 293 -302 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 王 巍, 伊藤 聰一郎, 松田 篤, 相沢 智康, 出村 誠, 四宮 謙一, 田中 順三 末梢神経 = Peripheral nerve 17 (2) 195 -198 2006年12月 [査読無し][通常論文]
  • Internal Water Molecules of the Proton-Pumping Halorhodopsin in the Presence of Azide
    MUNEDA Norikazu, SHIBATA Mikihiro, DEMURA Makoto, KANDORI Hideki J. Am. Chem. Soc. 128 (19) 6294 -6295 2006年 [査読無し][通常論文]
  • NMR insight of structural stability and folding of calcium-binding lysozyme
    Modern Magnetic Resonance Part 1: Applications in Chemistry, Biological and Marine Sciences/,493-497 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Preparation and Observation of Fresh-frozen Sections of the Green Fluorescent Protein Transgenic Mouse Head
    Acta Histochemica et Cytochemica 39 (2) 31 -34 2006年 [査読無し][通常論文]
  • A Novel N14Y Mutation in Connexin26 in KID Syndrome ? Analyses of Altered Gap Junctional Communication and Molecular Structure of N-Terminus of Mutated Connexin26
    Journal of the American Chemical Society 128 (19) 6294 -6295 2006年 [査読無し][通常論文]
  • · N-Terminal Mutational Analysis of the Interaction between Growth-Blocking Peptide (GBP) and Receptor of Insect Immune Cells
    Protein and peptide letters 13 (8) 815 -822 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Differential Scanning Calorimetry of a Metalloprotein under Controlled Metal-Ion Activity
    The protein journal 25 (7-8) 475 -482 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Deprotonation of Glu234 during the photocycle of Natronomonas pharaonis halorhodopsin
    SHIBATA Mikihiro, SAITO Yuko, DEMURA Makoto, KANDORI Hideki Chemical Physics Letters 432 (4-6) 545 -547 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Fractionation of silk fibroin hydrolysate and its protective function of hydrogen peroxide toxicity
    YEO Joo‐Hong, LEE Kwang‐Gill, KWEON Hae‐Yong, WOO Soon‐Ok, HAN Sang‐Mi, KIM Sung‐Su, DEMURA Makoto Journal of Applied Polymer Science 102 (1) 772 -776 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Internal Water Molecules of the Proton-Pumping Halorhodopsin in the Presence of Azide
    J. Am. Chem. Soc. 128 (19) 6294 -6295 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 中野 学, 相沢 智康, 三浦 和紀, 星野 宏和, 宮澤 光博, 加藤 祐輔, 熊木 康裕, 出村 誠, 津田 栄, 河野 敬一, 新田 勝利 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 寿哉, 秋元 薫, 神谷 昌克, 相沢 智康, 出村 誠, 新田 勝利, 河野 敬一 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 秋元 薫, 佐藤 寿哉, 板橋 実希, 神谷 昌克, 相沢 智康, 出村 誠, 新田 勝利, 河野 敬一 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 秋枝 大介, 安井 雅範, 野中 康宏, 島本 怜史, 野積 拓也, 相沢 智康, 出村 誠, 新田 勝利, 河野 敬一 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 野中 康宏, 秋枝 大介, 相沢 智康, 出村 誠, 新田 勝利, 河野 敬一 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 林 早織, 宮内 正二, 長谷川 千紗, 出村 誠, 加茂 直樹 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 麻希, 菊川 峰志, 加茂 直樹, 相沢 智康, 新田 勝利, 出村 誠, 河野 敬一 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 久保 恵美, 相沢 智康, 加茂 直樹, 新田 勝利, 河野 敬一, 出村 誠 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 長谷川 千紗, 須藤 雄気, 下野 和実, 宮内 正二, 出村 誠, 加茂 直樹 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 斉藤 裕子, 久保 恵美, 佐藤 真希, 菊川 峰志, 相沢 智康, 加茂 直樹, 新田 勝利, 河野 敬一, 出村 誠 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 齋藤 伸, 八巻 健, 川口 恭輔, 松本 大祐, 山本 宏子, 上島 達郎, 相沢 智康, 滝谷 重治, 出村 誠, 新田 勝利, 河野 敬一 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 松本 大祐, 八巻 健, 齋藤 伸, 川口 恭輔, 山本 宏子, 上島 達朗, 相沢 智康, 滝谷 重治, 出村 誠, 新田 勝利, 河野 敬一 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 仲谷 博安, 中尾 正治, 槙 亙介, 佐伯 喜美子, 相沢 智康, 出村 誠, 河野 敬一, 桑島 邦博 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 宗田 法和, 柴田 幹大, 佐々木 貴規, 出村 誠, 加茂 直樹, 神取 秀樹 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 神取 秀樹, 古谷 祐詞, 柴田 幹大, 住井 昌代, 水出 紀子, 宗田 法和, 池田 大亮, 川鍋 陽, 加茂 直樹, 出村 誠, 井原 邦夫, Jung K.-H, Brown L.S 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 佐々木 貴規, 相沢 智康, 加茂 直樹, 新田 勝利, 河野 敬一, 出村 誠 生物物理 45 (1) 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • M. Demura, T. Yoshida, T. Hirokawa, Y. Kumaki, T. Aizawa, K. Nitta, I. Bitter, K. Toth Interaction of dopamine and acetylcholine with an amphiphilic resorcinarene receptor in aqueous micelle system Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 15, 1367-137・・・
    2005年 [査読無し][通常論文]
     
    M. Demura, T. Yoshida, T. Hirokawa, Y. Kumaki, T. Aizawa, K. Nitta, I. Bitter, K. Toth
    Interaction of dopamine and acetylcholine with an amphiphilic resorcinarene receptor in aqueous micelle system
    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 15, 1367-1370 (2005)*
  • M. Sato, M. Kubo, T. Aizawa, N. Kamo, T. Kikukawa, K. Nitta, and M. Demura Role of Putative Anion-Binding Sites in Cytoplasmic and Extracellular Channels of Natronomonas pharaonis Halorhodopsin Biochemistry, 44, 4775-4784 (2005)*
    2005年 [査読無し][通常論文]
  • M. Mizuguchi, A. Matsuura, Y. Nabeshima, K. Masaki, M. Watanabe, T. Aizawa, M. Demura, K. Nitta, Y. Mori, H. Shinoda and K. Kawano Effects of the Stabilization of the Molten Globule State on the Folding Mechanism of alpha-Lactalbumin: A Study of a Chim・・・
    2005年 [査読無し][通常論文]
     
    M. Mizuguchi, A. Matsuura, Y. Nabeshima, K. Masaki, M. Watanabe, T. Aizawa, M. Demura, K. Nitta, Y. Mori, H. Shinoda and K. Kawano
    Effects of the Stabilization of the Molten Globule State on the Folding Mechanism of alpha-Lactalbumin: A Study of a Chimera of Bovine and Human alpha-Lactalbumin
    Proteins, 61, 356-365 (2005).*
  • T. Sasaki, M. Sonoyama, M. Demura, S. Mitaku Photobleaching of bacteriorhodopsin solubilized with Triton X-100 Photochemistry and Photobiology, 81, 1131-1137 (2005).*
    2005年 [査読無し][通常論文]
  • M. Shibata , N. Muneda , T. Sasaki , K. Shimono, N. Kamo, M. Demura, H. Kandori Hydrogen-Bonding Alterations of the Protonated Schiff Base and Water Molecule in the Chloride Pump of Natronobacterium pharaonis Biochemistry, 44, 12279-12286 (2005).*
    2005年 [査読無し][通常論文]
  • M. Kubo, M. Sato, T. Aizawa, C. Kojima, N. Kamo, M. Mizuguchi, K. Kawano, M. Demura Disassembling and bleaching of chloride-free pharaonis halorhodopsin by octyl-beta-glucoside Biochemistry, 44, 12923-12931 (2005).*
    2005年 [査読無し][通常論文]
  • 秋枝 大介, 相沢 智康, 安井 雅範, 野中 康宏, 渡部 正博, 山本 宏子, 出村 誠, 河野 敬一, 新田 勝利 生物物理 44 (1) 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 松本 大祐, 八巻 健, 川口 恭輔, 山本 宏子, 熊木 康裕, 相沢 智康, 滝谷 重治, 出村 誠, 新田 勝利 生物物理 44 (1) 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 中野 学, 相沢 智康, 三浦 和紀, 星野 宏和, 宮澤 光博, 加藤 祐輔, 熊木 康裕, 出村 誠, 津田 栄, 河野 敬一, 新田 勝利 生物物理 44 (1) 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 仲戸川 真一, 織田 康則, 相沢 智康, 出村 誠, 早川 洋一, 新田 勝利 生物物理 44 (1) 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 佐々木 貴規, 出村 誠, 相沢 智康, 新田 勝利 生物物理 44 (1) 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 麻希, 久保 恵美, 相沢 智康, 加茂 直樹, 新田 勝利, 出村 誠 生物物理 44 (1) 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 久保 恵美, 佐藤 麻希, 加茂 直樹, 相沢 智康, 出村 誠, 新田 勝利 生物物理 44 (1) 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 柴田 幹大, 宗田 法和, 佐々木 貴規, 下野 和実, 出村 誠, 加茂 直樹, 神取 秀樹 生物物理 44 (1) 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 宗田 法和, 柴田 幹大, 佐々木 貴規, 下野 和実, 出村 誠, 加茂 直樹, 神取 秀樹 生物物理 44 (1) 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 島本 怜史, 相沢 智康, 安井 雅範, 山本 宏子, 出村 誠, 新田 勝利, 河野 敬一 生物物理 44 (1) 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 渡部 正博, 相沢 智康, 出村 誠, 新田 勝利 生物物理 44 (1) 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 松浦 篤志, 水口 峰之, 鍋島 裕子, 出村 誠, 新田 勝利, 河野 敬一 生物物理 44 (1) 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 野中 康宏, 渡部 正博, 相沢 智康, 水口 峰之, 出村 誠, 新田 勝利 生物物理 44 (1) 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • M. Watanabe, T. Aizawa, M. Demura, and K. Nitta, "Effect of Hydrostatic Pressure on Conformational Changes of Canine Milk Lysozyme between the Native, Molten Globule, and Unfolded States", Biochim. Biophys. Acta, 1702, 129-136 (2004).*
    2004年 [査読無し][通常論文]
  • M. Watanabe, Y. Kobashigawa, T. Aizawa, M. Demura, K. Nitta, "Volumetric behavior of the molten globule state of canine milk lysozyme", Protein Pept. Lett.,11, 325-330 (2004).*
    2004年 [査読無し][通常論文]
  • M. Yoshida, T. Aizawa, T. Nakamura, K. Shitara, Y. Hayakawa, K. Matsubara, K. Miura, T. Kouno, K. D. Clark, M. R. Strand, M. Mizuguchi, M. Demura, K. Nitta, K. Kawano, "The Gly-Gly Linker Region of the Insect Cytokine Growth Blocking Peptide (GBP) is E・・・
    2004年 [査読無し][通常論文]
     
    M. Yoshida, T. Aizawa, T. Nakamura, K. Shitara, Y. Hayakawa, K. Matsubara, K. Miura, T. Kouno, K. D. Clark, M. R. Strand, M. Mizuguchi, M. Demura, K. Nitta, K. Kawano, "The Gly-Gly Linker Region of the Insect Cytokine Growth Blocking Peptide (GBP) is Essential for Activity", J. Biol. Chem., 279, 51331-51337 (2004).*
  • M. Shibata, N. Muneda, K. Ihara, T. Sasaki, M. Demura, and H. Kandori, "Internal Water Molecules of Light-Driven Chloride Pump Proteins", Chem. Phys. Lett., 392, 330-333 (2004).*
    2004年 [査読無し][通常論文]
  • M. Watanabe, Y. Kobashigawa, T. Aizawa, M. Demura, and K. Nitta, "A Non-Native alpha-Helix Is Formed in the beta-Sheet Region of the Molten Globule State of Canine Milk Lysozyme", Protein Journal, 23, 335-342 (2004).*
    2004年 [査読無し][通常論文]
  • 川口 恭輔, 八巻 健, 相沢 智康, 滝谷 重治, 出村 誠, 新田 勝利 生物物理 43 (1) 2003年08月 [査読無し][通常論文]
  • 吉田 正暢, 設楽 邦夫, 松原 隆英, 河野 隆英, 相沢 智康, 早川 洋一, 熊木 康裕, 水口 峰之, 出村 誠, 新田 勝利, 河野 敬一 生物物理 43 (1) 2003年08月 [査読無し][通常論文]
  • 安井 雅範, 宮原 卓, 相沢 智康, 出村 誠, 新田 勝利 生物物理 43 (1) 2003年08月 [査読無し][通常論文]
  • 板橋 実希, 増渕 雄輝, 相沢 智康, 熊木 康裕, 出村 誠, 新田 勝利 生物物理 43 (1) 2003年08月 [査読無し][通常論文]
  • 出村 誠, 久保 恵美, 佐藤 麻希, 相沢 智康, 加茂 直樹, 新田 勝利 生物物理 43 (1) 2003年08月 [査読無し][通常論文]
  • 奥田 秀泰, 須藤 雄気, 三島 正規, 佐藤 麻希, 出村 誠, 新田 勝利, 加茂 直樹, 児嶋 長次郎 生物物理 43 (1) 2003年08月 [査読無し][通常論文]
  • M. Sato, T. Kikukawa, T. Araiso, H. Okita, K. Shimono, N. Kamo, M. Demura, and K. Nitta, "Ser-130 of Natronobacterium pharaonis Halorhodopsin Is Important for the Chloride Binding", Biophys. Chem., 104, 209-216 (2003).*
    2003年 [査読無し][通常論文]
  • M. Sato, T. Kikukawa, T. Araiso, H. Okita, K. Shimono, N. Kamo, M. Demura, and K. Nitta, "Roles of Ser130 and Thr126 in Chloride Binding and Photocycle of pharaonis Halorhodopsin", J. Biochem., 134, 151-158 (2003).*
    2003年 [査読無し][通常論文]
  • N. Fujitani, M. Kanagawa, T. Aizawa, T. Ohkubo, S. Kaya, M. Demura, K. Kawano, K. Taniguchi, K. Nitta, "Structure Determination and Conformational Change Induced by Tyrosine Phosphorylation of the N-terminal Domain of the a-Chain of Pig Gastric H+/K+-A・・・
    2003年 [査読無し][通常論文]
     
    N. Fujitani, M. Kanagawa, T. Aizawa, T. Ohkubo, S. Kaya, M. Demura, K. Kawano, K. Taniguchi, K. Nitta, "Structure Determination and Conformational Change Induced by Tyrosine Phosphorylation of the N-terminal Domain of the a-Chain of Pig Gastric H+/K+-ATPase", Biochem. Biophys. Res. Commun., 300, 223-229 (2003).*
  • 佐藤 麻希, 相沢 智康, 出村 誠, 新田 勝利, 加茂 直樹 生物物理 42 (2) 2002年10月 [査読無し][通常論文]
  • 武藤 香織, 設楽 邦夫, 吉田 正暢, 飯利 春奈, 松原 公明, 三浦 和紀, 相沢 智康, 水口 峰之, 出村 誠, 早川 洋一, 新田 勝利, 河野 敬一 生物物理 42 (2) 2002年10月 [査読無し][通常論文]
  • 吉田 正暢, 設楽 邦夫, 松原 公明, 相沢 智康, 早川 洋一, 三浦 和紀, 熊木 康裕, 水口 峰之, 出村 誠, 新田 勝利, 河野 敬一 生物物理 42 (2) 2002年10月 [査読無し][通常論文]
  • 飯利 春奈, 相沢 智康, 松本 恭子, 早川 洋一, 出村 誠, 新田 勝利, 河野 敬一 生物物理 42 (2) 2002年10月 [査読無し][通常論文]
  • M. Demura, M. Noda, T. Kajimoto, T. Uchiyama, K. Umemoto, C.-H. Wong, T. Asakura, "Solution Structure of Sialyl Lewis X mimic Studied by Two-dimensional NMR", J.Mol.Struc., 602, 215-222 (2002).*
    2002年 [査読無し][通常論文]
  • Tada, Y. Kobashigawa, M. Mizuguchi, K. Miura, T. Kouno, Y. Kumaki, M. Demura, K. Nitta, K. Kawano, "NMR Stabilization of Protein by Replacement of a Fluctuating Loop: Structural Analysis of a Chimera of Bovine alpha-Lactalbumin and Equine Lysozyme", Bi・・・
    2002年 [査読無し][通常論文]
     
    Tada, Y. Kobashigawa, M. Mizuguchi, K. Miura, T. Kouno, Y. Kumaki, M. Demura, K. Nitta, K. Kawano, "NMR Stabilization of Protein by Replacement of a Fluctuating Loop: Structural Analysis of a Chimera of Bovine alpha-Lactalbumin and Equine Lysozyme", Biochemistry, 41, 13807-13813 (2002).*
  • M.Mizuguchi, Y. Kobashigawa, Y. Kumaki, M. Demura, K. Kawano and K. Nitta, "Effects of a Helix Stabilization on the Folding Mechanism of alpha-lactalbumin", Proteins, 49, 95-103 (2002).*
    2002年 [査読無し][通常論文]
  • N. Fujitani, S. Kawabata, T. Osaki, Y. Kumaki, M. Demura. K. Nitta and K. Kawano, "Structure of the antimicrobial peptide Tachystatin A", J. Biol. Chem., 277, 23651-7 (2002).*
    2002年 [査読無し][通常論文]
  • N. Koganesawa, T.Aizawa, H.Shimojo, K.Miura, A.Ohnishi, M. Demura, Y.Hayakawa, K.Nitta, K.Kawano, "Expression and purification of small cytokine growth-blocking peptide (GBP) from armyworm Pseudaletia separata by the optimized fermentation method using・・・
    2002年 [査読無し][通常論文]
     
    N. Koganesawa, T.Aizawa, H.Shimojo, K.Miura, A.Ohnishi, M. Demura, Y.Hayakawa, K.Nitta, K.Kawano, "Expression and purification of small cytokine growth-blocking peptide (GBP) from armyworm Pseudaletia separata by the optimized fermentation method using methylotrophic yeast Pichia pastoris", Protein Expression and Purification, 25, 416-425 (2002).*
  • T. Miyazaki, T. Kaneko, J.P. Gong, Y. Osada, M. Demura, M. Suzuki, "Water-Induced Crystallization of Hydrogels", Langmuir, 18, 965-967 (2002).*
    2002年 [査読無し][通常論文]
  • K. Sasahara, M. Demura, and K. Nitta, "Equilibrium and Kinetic Folding of Hen Egg-white Lysozyme under Acidic Conditions", Proteins, 49, 472-82 (2002).*
    2002年 [査読無し][通常論文]
  • T.Suetake, T.Aizawa, N.Koganesawa, T.Osaki, Y.kobashigawa, M. Demura, S.Kawabata, K.Kawano, S.Tsuda, and K.Nitta, "Production and Characterization of Recombinant Tachycitin, the Chitin-Binding Protein", Protein Engineering, 15, 763-769 (2002).*
    2002年 [査読無し][通常論文]
  • M. Sato, T.Kanamori, N. Kamo, M. Demura and K. Nitta, "Stopped-Flow Analysis on Anion Binding to Blue-form Halorhodopsin from Natronobacterium pharaonis: Comparison with Anion-Uptake Process during Photocycle", Biochemistry, 41, 2452-2458 (2002).*
    2002年 [査読無し][通常論文]
  • A. Matsuura, M. Yao, T. Aizawa, N. Koganesawa, K. Masaki, M. Miyazawa, M. Demura, I. Tanaka, K. Kawano, K. Nitta, "Structural Analysis of an Insect Lysozyme Exhibiting Catalytic Efficiency at Low Temperatures", Biochemistry, 41 , 12086 - 12092 (2002).*
    2002年 [査読無し][通常論文]
  • 相沢 智康, 吉田 正暢, 設楽 邦夫, 松原 公明, 早川 洋一, 三浦 和紀, 小金澤 望, 藤谷 直樹, 熊木 康裕, 水口 峰之, 出村 誠, 新田 勝利, 河野 敬一 生物物理 41 (1) 2001年09月 [査読無し][通常論文]
  • 渡部 正博, 小橋川 敬博, 山本 宏子, 小柴 琢己, 出村 誠, 新田 勝利 生物物理 41 (1) 2001年09月 [査読無し][通常論文]
  • 出村 誠 生物物理 41 (1) 20 -23 2001年01月 [査読無し][通常論文]
  • Binding Feature of Mastoparan Inducing Phase Change of Lipid Bilayers
    生物物理 41 20 -23 2001年 [査読無し][通常論文]
  • Y. Kurokawa, N. Koganesawa, Y. Kobashigawa, T.Koshiba, M. Demura, and K. Nitta: "Oxidative Folding of Human Lysozyme: the Effects of the Loss of Two Disulfide Bonds and the Introduction of a Calcium-Binding Site", J. Protein Chem.,20: 293-303 (2001).*
    2001年 [査読無し][通常論文]
  • Y. Kobashigawa, K. Miura, M. Demura, N. Nemoto, T. Koshiba, K. Nitta, and S. Tsuda: "Assignment of 1H, 13C, and 15N Resonances of Canine Milk Lysozyme", Journal of Biomolecular NMR, 19: 387-388 (2001).*
    2001年 [査読無し][通常論文]
  • T. Koshiba, Y. Kobashigawa, M. Demura, and K. Nitta: "Energetics of three-state unfolding of a protein: canine milk lysozyme", Protein Eng. 14: 967-974 (2001).*
    2001年 [査読無し][通常論文]
  • T. Aizawa, Y. Hayakawa, A. Ohnishi, N. Fujitani, K. D. Clark, K. Miura, N. Koganesawa, Y. Kumaki, M. Demura, M. R. Strand, K. Nitta and K. Kawano: "Minimized structure of small insect cytokine, growth-blocking peptide: essential region for mitogenic an・・・
    2001年 [査読無し][通常論文]
     
    T. Aizawa, Y. Hayakawa, A. Ohnishi, N. Fujitani, K. D. Clark, K. Miura, N. Koganesawa, Y. Kumaki, M. Demura, M. R. Strand, K. Nitta and K. Kawano: "Minimized structure of small insect cytokine, growth-blocking peptide: essential region for mitogenic and hemocyte stimulating activities are different", J. Biol. Chem., 276: 31813-31818 (2001).*
  • Y. Hori, M. Demura, M. Iwadate, A. S. Ulrich, T. Niidome, H. Aoyagi, and T. Asakura: "Interaction of Mastoparan with Membranes Studied by 1H-NMR in Detergent Micelles and by Solid State 2H-NMR and 15N-NMR in Oriented Lipid Bilayers", Eur. J. Biochem., ・・・
    2001年 [査読無し][通常論文]
     
    Y. Hori, M. Demura, M. Iwadate, A. S. Ulrich, T. Niidome, H. Aoyagi, and T. Asakura: "Interaction of Mastoparan with Membranes Studied by 1H-NMR in Detergent Micelles and by Solid State 2H-NMR and 15N-NMR in Oriented Lipid Bilayers", Eur. J. Biochem., 267: 302-309 (2001).*
  • T. Niidome, H. Murakami, M. Kawazoe, T. Hatakeyama, Y. Kobashigawa, M. Matsushita, Y. Kumaki, M. Demura, K. Nitta, and H. Aoyagi: "Carbohydrate Recognition of Gramicidin S Analogs in Aqueous Medium", Bioorganic Medicinal Chemistry Letters, 11: 1893-18・・・
    2001年 [査読無し][通常論文]
     
    T. Niidome, H. Murakami, M. Kawazoe, T. Hatakeyama, Y. Kobashigawa, M. Matsushita, Y. Kumaki, M. Demura, K. Nitta, and H. Aoyagi: "Carbohydrate Recognition of Gramicidin S Analogs in Aqueous Medium", Bioorganic Medicinal Chemistry Letters, 11: 1893-1896 (2001).*
  • 黒川 洋輔, 小橋川 敬博, 小柴 琢己, 出村 誠, 新田 勝利 生物物理 40 (1) 2000年08月 [査読無し][通常論文]
  • 相沢 智康, 藤谷 直樹, 三浦 和紀, 小金澤 望, 早川 洋一, 大西 敦, 熊木 康裕, 出村 誠, 新田 勝利, 河野 敬一 生物物理 40 (1) 2000年08月 [査読無し][通常論文]
  • 小橋川 敬博, 水口 峰之, 出村 誠, 小柴 琢己, 津田 栄, 新田 勝利 生物物理 40 (1) 2000年08月 [査読無し][通常論文]
  • M. Mizuguchi, K. Masaki, M. Demura and K. Nitta: "Local and Long-range Interactions in the Molten Globule State: a study of chimeric proteins of bovine and human alpha-lactalbumin", J. Mol. Biol., 298, 985-995 (2000)*
    2000年 [査読無し][通常論文]
  • J.D.van Beek, L. Beaulieu, H. Schafer, M. Demura, T. Asakura and B.H. Meier: "Solid-state NMR determination of the secondary structure of Samia cynthia ricini silk", Nature, 405, 1077-1079 (2000)*
    2000年 [査読無し][通常論文]
  • T. Ito, Y. Maruhashi, M. Demura and T. Asakura: "Carbon-13 solid state NMR study on uniaxially oriented poly(L-lactic) films", Polymer 41, 859-866 (2000)*
    2000年 [査読無し][通常論文]
  • K. Sasahara, M. Demura, K. Nitta: "Partially Unfolded Equilibrium State of Hen Lysozyme Studied by Circular Dichroism Spectroscopy", Biochemistry, 39, 475-6482 (2000)*
    2000年 [査読無し][通常論文]
  • Y. Kobashigawa, M. Demura, T. Koshiba, Y. Kumaki, K. Kuwajima, K. Nitta: "Hydrogen Excahnge Study of Canine Milk Lysozyme: Stabilization Mechamism of the Molten Globule", Proteins, 40, 579-589 (2000)*
    2000年 [査読無し][通常論文]
  • T. Koshiba, M. Yao, Y. Kobashigawa, M. Demura, A. Nakagawa, I. Tanaka, K. Kuwajima and K. Nitta: "Structure and thermodynamics of the extraordinarily stable molten globule state of canine milk lysozyme", Biochemistry, 39, 3248-3257 (2000)*
    2000年 [査読無し][通常論文]
  • M. Osanai, M. Okudaira, J. Naito, M. Demura, T. Asakura: "Biosynthesis of L-alanine, a major amino acid of fibroin in Samia cynthaia ricini", Insect Biochemistry and Molecular Biology, 30, 225-232 (2000)*
    2000年 [査読無し][通常論文]
  • 出村 誠, 増渕 雄輝, 長岡 悟志, 堀 由美子, 朝倉 哲郎, 新田 勝利 生物物理 39 (1) 1999年09月 [査読無し][通常論文]
  • 相沢 智康, 小金沢 望, 松浦 篤志, 鈴木 政人, 星野 宏和, 田谷内 政人, 藤谷 直樹, 宮澤 光博, 加藤 祐輔, 熊木 康裕, 出村 誠, 河野 敬一, 引地 邦男, 新田 勝利 生物物理 39 (1) 1999年09月 [査読無し][通常論文]
  • 水口 峰之, 正木 和夫, 出村 誠, 新田 勝利 生物物理 39 (1) 1999年09月 [査読無し][通常論文]
  • Higuchi, A., Uchiyama, S., Demura, M.: Asakura, T., Cho, C.-S., Akaike, T., Takarada, T. and Hara, M., "Enhanced CEA production associated with aspirin in a culture of CW-2 cells on some polymeric films", Cytotechnology, 31: 233-242 (1999)*
    1999年 [査読無し][通常論文]
  • Hori, Y., Demura, M., Niidome, T., Aoyagi, H., Asakura, T.: " Orientational behavior of phospholipid membranes with mastoparan studied by 31P solid state NMR", FEBS Lett., 455: 228-232 (1999)*
    1999年 [査読無し][通常論文]
  • Asakura, T. and Demura, M.: "Structure and Dynamics of Silk Fibroin Studied with 13C, 15N and 2H Solid State NMR", Macromol., Macromolecular Symposia, 143: 1-10 (1999)*
    1999年 [査読無し][通常論文]
  • Asakura, T., Iwadate, M., Demura, M. and Williamson, M.P.: " Structural analysis of silk with 13C NMR chemical shift contour plots", International Journal of Biological Macromolecules, 24: 167-171 (1999)*
    1999年 [査読無し][通常論文]
  • 朝倉 哲郎, 出村 誠 高分子 47 (6) 390 -393 1998年06月 [査読無し][通常論文]
     
    シルクは,繊維の女王として数千年にわたる衣料への利用の歴史があるが,優れた繊維性能はもとより,多岐にわたる優れた特性をもっており,それを生かした応用研究もまた進みつつある.本稿では,シルク利用の基礎となるその構造について得られつつある最新の知見と未解決な点,さらに非繊維分野へのシルク利用の展開を中心に概説する.
  • 出村 誠, 朝倉 哲朗 高分子 47 (6) 402b -402b 1998年 [査読無し][通常論文]
  • Demura,M., Yamazaki,Y., Asakura, T. and Ogawa,K.: "Structure of Uniaxially Aligned 13C Labeled Silk Fibroin Fibers with Solid State 13C-NMR", J.Molecular Structure, 441:155-163(1998)*
    1998年 [査読無し][通常論文]
  • Asakura,T., Yamazaki,Y., Koo, W.-S. and Demura,M.: "Determination of the Mutual Orientation of the 15N and 13C NMR Chemical Shift Tensors of 13C-15N Double Labeled Model Peptides for Silk Fibroin from the Dipolar-Coupled Powder Patterns", J.Molecular S・・・
    1998年 [査読無し][通常論文]
     
    Asakura,T., Yamazaki,Y., Koo, W.-S. and Demura,M.: "Determination of the Mutual Orientation of the 15N and 13C NMR Chemical Shift Tensors of 13C-15N Double Labeled Model Peptides for Silk Fibroin from the Dipolar-Coupled Powder Patterns", J.Molecular Structure, 446:179-190(1998)
  • Demura,T., Minami,M., Asakura,T. and Cross,T.A.: "Structure of Bombyx mori Silk Fibroin based on Solid State NMR Orientational Constraints and Fiber Diffraction Unit Cell Parameters", J.Am.Chem.Soc.,120:1300-1308(1998)*
    1998年 [査読無し][通常論文]
  • Asakura, T. and Demura,M.: "Oriented Polymers" in Solid State NMR of Polymers (I. Ando and T. Asakura Eds.) Elsevier, 307-326 (1998)
    1998年 [査読無し][通常論文]
  • Asakura,T., Demura,M., Yoshimizu, H. and Nishikawa,N.: "Proteins" in Solid State NMR of Polymers (I. Ando and T. Asakura Eds.) Elsevier, 853-890(1998)
    1998年 [査読無し][通常論文]
  • 出村 誠, 斉田 理, 笹平 理朗, 石坂 弘子, 朝倉 哲郎, Meier B.H 生物物理 37 (2) 1997年09月 [査読無し][通常論文]
  • 朝倉 哲郎, 出村 誠, Cross T.A 日産科学振興財団研究報告書 (19) 35 -38 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 呂 奏洪, 出村 誠, 小中沢 岳仁, 朝倉 哲郎, 伊藤 卓郎, 藤戸 輝昭, 今成 司 高分子論文集 51 (1) 47 -51 1994年 [査読無し][通常論文]
     
    三種のポリアミド系繊維, 絹フィブロイン, poly (p-phenylene-terephthalamide) (PPTA), poly (mphenylene-isophthalamide) (PMIA) の配向ブロック試料を作製し, 磁場に平行と垂直な<SUP>15</SUP>N CP NMRスペクトルを測定した. 前報で誘導したポリアミド系繊維構造解析のための理論式を用いて, 構造パラメーターを決定した. 特に, 非晶部の定量的な構造解析が本手法を用いて可能であった.
  • 北村 愛夫, 陳 開利, 柴本 秋男, 出村 誠 日本蚕糸学雑誌 63 (5) 415 -419 1994年 [査読無し][通常論文]
     
    有機溶媒処理による絹の凝集構造変化について密度, 内部表面積および非結晶領域の分子間水素結合エネルギーオーダー分布 (いわゆるL. O. 分布) の解析から追究した。さらにこの処理絹の構造の安定性について, 水浸処理を追加しての凝集構造からも検討した。この結果有機溶媒処理により, 非結晶領域に構造弛緩がおこり, 微小な空隙が発生していることが分かり, 内部表面積の増大さらにL. O. 分布において, 中, 高相対湿度領域で大きくなり, この領域で破断される水素結合の多いことが明らかとなった。
  • 朝倉 哲郎, 出村 誠 高分子加工 41 (9) p442 -446 1992年09月 [査読無し][通常論文]
  • 朝倉 哲郎, 出村 誠, 中村 英二, 安藤 勲 高分子論文集 49 (4) 281 -287 1992年 [査読無し][通常論文]
     
    Basic Pancreatic Trypsin Inhibitor (BPTI) のα-CHとNHプロトンの<SUP>1</SUP>H NMR化学シフトをX線回折より報告されている原子座標に基づいて, 理論的に計算した. α-CHプロトン化学シフトは, 環電流効果とカルボニル基の磁気異方性効果の和として, また, NHプロトン化学シフトは, これらの二つの効果に, さらに反磁性項を加えて評価した. BPTIのα-CH, ならびにNHプロトン化学シフトの計算値は, いずれも実測値をおおむね再現することができた. さらに, 化学シフト計算に基づいて, 溶液中では, Lys46のNHプロトンの関与した水素結合が存在することを指摘した. X線回折の結果では, この水素結合の存在は, 報告されていないが, 溶液のNMR研究では, 対照的にその存在が報告されてきた. このように, 化学シフト計算によってBPTI溶液と固体間の局所的構造の違いを明らかにすることができた.
  • 北村 愛夫, 陳 開利, 柴本 秋男, 出村 誠 日本蚕糸学雑誌 61 (3) 215 -220 1992年 [査読無し][通常論文]
     
    絹の有機溶媒中での伸長・収縮挙動は合成繊維に見られる収縮のみを示すような単純な挙動でなく, その温度依存性から, 伸長のみを示すタイプ (メタノル, ブタノール), 低温においてわずかに伸長挙動を示すが, 高温になると収縮を示し, 概して収縮が支配的なタイプ (ベンゼン, プロパノール, ジオキサン, 四塩化炭素, トリクロロエチレン) および収縮から伸長に転ずるタイプ (エタノール, DMF, DMSO, DMAc) の3のタイプに分けらることを明らかにした。またこの伸長・収縮挙動は測定温度と測定時間に関連する溶媒の侵入速度と分子間の緩和程度に大きく依存していることがわかった。
  • 出村 誠, 竹之下 仁子, 朝倉 哲郎, 酒井 治利, 栗岡 聡, 小松 計一, 金子 正夫 日本蚕糸学雑誌 61 (1) 66 -72 1992年 [査読無し][通常論文]
     
    絹セシリン単独あるいは絹セシリンと絹フィブロインのブレンド水溶液を用いて, 絹フィブロイン不織布にグルコースオキシンダーゼ (GOD) をコーティングし, 固定化されたGODの活性を調べた。絹セシリンのみを用いてGODを不織布にコーティングしたところ, 0.5%のグルタルアルデヒドで処理したにもかかわらず, 絹セシリンのコーティング層からの溶出は, 完全に抑えられなかった。しかしながら, 従来の絹フィブロインでGODをコーティングした場合と同様に, 高活性を示すことがわかった。一方, 絹セシリンを絹フィブロインとともにコーティングした場合, 絹セシリンの溶出はほとんど見られなかった。さらに, 絹セシリンの重量分率が0.14のとき, 絹フィブロインのみの場合より活性が約1.2倍向上した。この現象は, 絹セシリンの重量分率の増加に伴うGODの有量ならびに酸素透過性の増加, ならびに絹フィブロインの分子運動の変化によるためと結論した。
  • 西川 昭文, 嶋崎 暢子, 久保田 静男, 朝倉 哲郎, 出村 誠 日本シルク学会誌 1 (0) S51 -S52 1992年 [査読無し][通常論文]
  • 朝倉 哲郎, 北口 源啓, 出村 誠, 酒井 治利, 金子 正夫, 栗岡 聡, 小松 計一 日本蚕糸学雑誌 60 (6) 466 -474 1991年 [査読無し][通常論文]
     
    種々の不織布にコーティングされた家蚕絹フィブロインおよびグルコースオキシダーゼ (GOD) の分子運動, およびGOD固定化量の決定をESR法で行なうために, スピンラベル家蚕絹フィブロインおよびスピンラベルGODを作製した。絹フィブロイン, ビスコースレーヨン, 6-ナイロン, ポリエチレンテレフタレート, ポリプロピレンの各不織布にコーティングされたスピンラベル絹フィブロインゲルのESRスペクトルパターンは, ほとんど同じであったが, 絹フィブロインで不織布にコーティングしたスピンラベルGODのスペクトルパターンは, 繊維素材に依存した。さらに, 絹フィブロインの2w/v%のスピンラベルGODを使ってコーティングした場合, この酵素固定化率は, 不織布繊維素材によって9から85%まで変化したが。固定化に使用した絹フィブロインゲルの付着量の変化とは対応しなかった。ESRの結果にもとづいて, GODは, 絹フィブロインゲル内で不均一に分布していると結論した。
  • 北村 愛夫, 柴本 秋男, 出村 誠 日本蚕糸学雑誌 59 (1) p43 -48 1990年02月 [査読無し][通常論文]
  • 北村 愛夫, 柴本 秋男, 出村 誠 日本蚕糸学雑誌 59 (1) 43 -48 1990年 [査読無し][通常論文]
     
    絹と有機溶媒との相互作用の本質が絹~有機溶媒間の極性, 親和力あるいは親和力に関係する溶解度パラメーター (S. P.) に関連するものであるとの考え方より, 膨潤現象および拡散現象を中心として分子間凝集力緩和の機構を解明しようとした。その結果, 希釈熱 (κ1) は体積膨潤度 (Qv), 拡散定数の対数と密接な関係をもち, κ1の小さい溶媒ほどQvが増加し, 絹に近い S. P. 値をもつ溶媒ほど膨潤力が大きく, κ1の減少にともなって拡散定数の増加することがわかった。また3次元溶解度パラメーターの概念を適用し, 絹の有機溶媒による膨潤に極性力が支配的であることがわかった。
  • 出村 誠, 香村 恭史, 平出 啓, 朝倉 哲郎 繊維学会誌 46 (9) 391 -396 1990年 [査読無し][通常論文]
     
    Lipase derived from Rhizopus delemar was entrapped in the silk fibroin membrane with the methanol-immersion treatment for 10 min. No leakage of the immobilized enzyme was detected by the method using the enzymatic assay. Thermal effect on the activity of immobilized lipase was studied in detail. The optimum temperature for immobilized enzyme (50°C) was higher than that for the free one (20°C). The lipase was much stabilized by the immobilization with silk fibroin since the inactivation constant, which was determined from the measurement of inactivation process at 50°C, was less than 1/40 of that of the free enzyme. The optimum pH shifted to alkaline side as compared to that of the free one. On the basis of several properties concerning the immobilized lipase and dissolubilization state of the substrate, tributyrin, observed by 13C NMR measurement, it was concluded that origin of the stabilization of lipase with silk fibroin was mainly the formation of the unique structure such as Silk II type crystalline in the silk membrane. The lipase-immobilized silk fibroin membrane generated membrane potential with the immobilized-enzyme reaction in the membrane.
  • 朝倉 哲郎, 出村 誠 繊維学会誌 45 (6) Pp252 -257 1989年06月 [査読無し][通常論文]
  • 朝倉 哲郎, 出村 誠 繊維学会誌 45 (6) P252 -P257 1989年 [査読無し][通常論文]
  • 朝倉 哲郎, 出村 誠 繊維学会誌 44 (11) p535 -540 1988年11月 [査読無し][通常論文]
  • 北村 愛夫, 柴本 秋男, 出村 誠 繊維学会誌 44 (4) p193 -198 1988年04月 [査読無し][通常論文]
  • 北村 愛夫, 柴本 秋男, 出村 誠 繊維学会誌 44 (4) 193 -198 1988年 [査読無し][通常論文]
     
    絹フィブロインを機能膜として応用する場合の基本問題である成膜条件と膜界面物性との関連を追究した。すなわち成膜条件によってどの様な凝集構造が発現し,これが膜電位イオンの透過にどの様に関連するかについてフィブロインキャスティング溶液の相違,自由液面(水銀面),あるいは固定面(アクリル板)上に展開させるときの展界面と凝集力に関連する収縮ひずみの有無,成膜時の脱溶媒速度など成膜条件によって発現する凝集構造との関連を追究した。その結果膜電位のpH依存から求められる等電点は成膜時に分子の流動に充分な時間的余裕をもって成膜された膜ではより酸側に傾き,クリスタット(微結晶)の大きさは小さく表面積が大きくなり,したがって吸湿性は大きいが平均細孔径の小さい膜が得られ,またこれと逆に急速蒸発させたものは大きな微結晶を生じ吸湿に関係する表面積は小さくなり,吸湿性は小さくなるが平均細孔径は大きく,イオン透過の挙動がこのような細孔径と密接に関係し,また非結晶相の配向関数ともよく対応していることを明らかにした。
  • 朝倉 哲郎, 出村 誠 繊維学会誌 44 (11) 535 -540 1988年 [査読無し][通常論文]
     
    多孔質絹フィブロイン膜中にトラップされた水の状態をNMR法により検討した。膜の含水量が高い場合,トラップされた水の1H NMRピークは,明瞭なダブレットとなり,その分離幅,ならびにピーク位置は,膜表面と磁場とのなす角度, θに強く依存した。この傾向は,その水中にアルカリ金属イオンが存在するか否かに依存しない。その分離幅と角度, θ間の詳細な検討から,トラップされた水の1H-1H軸の配向は,分布しているものの,平均としてその配向方向は,膜平面に平行になっていると考えられた。膜中にトラップされた水の1H NMRピーク,ならびにNaCl水溶液の23NaNMRピークは,角度, θの増加につれて,低磁場シフトした。これは,膜自身の異方性に起因し,そのシフト量から,膜の反磁性磁化率を-0.64ppmと見積った。

特許

  • 組み換え蛋白質の製造方法
    2008-054673
  • 神経再生チューブ及びその製造方法
    2008-200299
  • ラクトアルブミン変性物の製造方法
    JP2007051546
  • Method for Producing Denatured Substance of Lactalbumin
    20090192296
  • Method for Producing Denatured Substance of Lactalbumin
    PCT Patent 2007/088869
  • NMRシグナルの帰属方法
    2007-255910
  • 安定同位体元素を有するポリペプチド混合物の合成方法
    2007-254295
  • Biocatalyst entrapped in a silk fibroin membrane
    United States Patent 4,999,295
  • 生体基質濃度測定装置
    特開平02-262046
  • 生体触媒固定化膜,その製造方法及び該生体触媒固定化膜を用いた生体触媒センサ
    特開平01-231889
  • Biocatalyst entrapped in a silk fibroin membrane
    United States Patent 4,999,295

受賞

  • 2016年02月 北海道大学 教育総長賞(優秀賞)
     
    受賞者: 出村 誠
  • 1992年 繊維学会 論文賞
     
    受賞者: 出村 誠
  • 1990年 高分子学会 研究奨励賞
     
    受賞者: 出村 誠

競争的資金等の研究課題

  • NMR共用プラットフォーム(代表:理研)実施機関:北海道大学(先端NMR ファシリティ NMR 装置)
    文部科学省:先端研究基盤共用促進事業(共用プラットフォーム形成支援プログラム)
    研究期間 : 2016年 -2020年
  • 学会等助成(第57回NMR討論会)
    伊藤医薬学術交流財団:
    研究期間 : 2018年09月 -2018年09月
  • ソフトマターグローバルステーション・次世代物質生命科学研究センター機器共用ユニッ ト(仮称)
    文部科学省:先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)
    研究期間 : 2016年 -2018年 
    https://www.jst.go.jp/shincho/program/sinkyoyo.html 先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)平成28年度選定機関 北海道大学・ソフトマター機器共用ユニットの運営責任者
  • 光エネルギーによる環境浄化微生物の設計
    文部科学省:科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
    研究期間 : 2016年 -2018年
  • 高精度タンパク質固体NMRの圧縮センシング測定法開発
    文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 : 2016年 -2017年
  • 生体系固体NMR解析の高度化とスパースモデル
    文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 : 2014年 -2015年
  • 先端NMRファシリティの共用促進プログラム
    文部科学省:先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業【取組1】先端研究基盤の共用促進
    研究期間 : 2013年 -2015年
  • 高感度光誘起膜電位センサ膜タンパク質の創製
    文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2011年 -2012年 
    光誘起膜電位発生膜タンパク質ハロロドプシン(HR)が神経細胞ネットワークの革新的光制御技術として期待されているが、光刺激効率の向上、ハロロドプシン3量体安定化と機能変調を解明することが重要であると予測された。本研究では、こららの課題を解決することを目的とした。初年度は、系統的な変異体作製とその分光学的特性の分子レベルの解析を計画し、以下の成果が得られた。(1)ハロロドプシンNpHR変異体の極大吸収波長(λmax)の系統的解析 2種類のハロロドプシンNpHR, HsHRのアラインメント相同性比較およびNpHR, HsHR結晶構造座標データから、HR機能に重要な残基を推定した。この構造科学的予測からNpHR変異体(25アミノ酸残基点変異, 2ループ領域の部分削除体)を大腸菌発現系により作製した。機能型タンパク質として得られる試料について、可視光波長領域の吸収スペクトル観測を行い、吸収極大波長λmaxの変化を解析することができた。特にループ領域の変異体試料データの系統的解析によって、λmaxシフトが反転する異常シフトを発見した。(2)HR変異体の静的構造安定性評価 実験(1)で得られた試料からλmaxシフトを示す候補についてCl解離定数の決定、可視CD測定による3量体形成能の測定、退色速度から構造安定性実験を実施した。特にループ領域の系統的部分削除体のλmaxシフトが反転する異常シフトは、ループ長の構造安定性とも強い相関があることが解明された。次年度はさらに本研究で作製された試料についてフラッシュフォトリシスによる可視光レーザーパルスによる過渡的吸収変化のフォトアクティビティ解明し、静的構造安定性との関係解明が課題として絞り込まれた。
  • αラクトアルブミン構造中間体の形成と細胞結合機能
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    リゾチーム・αラクトアルブミンのフォールディングに関する基礎データを活かし、水溶性タンパク質のフォールディング挙動と、その構造中間体が示す細胞膜結合機能との関連を分子レベルで解明することを目的としている。昨年度までに、新規複合体調製法の開発、酸処理法で得られた脂肪酸結合型αラクトアルブミンのアポトーシス誘導活性等に関する成果が得られ、今年度新たに以下の成果が得られた。(1)酸処理法と熱処理法で得られた脂肪酸結合型ウシαラクトアルブミンの生理的条件下での近紫外CDスペクトルは、オレイン酸濃度に依存して三次構造崩壊を示唆する楕円率低下が起こる。NMRでも脂肪酸結合型ウシαラクトアルブミンは非天然構造型スペクトルパターンを示した。脂肪酸結合型ウシαラクトアルブミンの1H NMRスペクトルおよび15N HSQCスペクトルでは、脂肪酸結合による化学シフト変化はαラクトアルブミンのαドメインで大きく、しかもβドメイン側に面するアミノ酸残基であることがわかった。(2)αβαの3つのドメインからなるヒトとウシ由来のαラクトアルブミン(HHHおよびBBB)のドメインを入れかえたキメラ体(HBB,BHB,BBH)との比較から、アポトーシス誘導に関与しているドメインについて考察した。熱処理法で得られたサンプルではMG状態での安定性とアポトーシス活性の強い相関があった。(3)αラクトアルブミンの天然構造の示す水溶性と基質選択性補因子機能は、Molten Globule様構造を酸性処理という簡便な方法で脂肪酸トラップすることができ、細胞死誘導活性という新規の生物機能に変換することができた。今後、αラクトアルブミンと脂肪酸による複合体のNMRキャラクタリゼーションをさらに詳細に検討することで、構造中間体のトラップとそのダイナミクス情報が得られると期待できる。
  • アポトーシス誘導型αラクトアルブミンの創出と構造特性
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2004年 -2006年 
    α-lactalbumin(α-LA)はミルクに含まれる123残基からなるカルシウム結合蛋白質で、β-1,4-ガラクトース転移酵素の基質選択性の補因子機能をもつ。α-LAの構造は天然状態において、N末端側1-34残基とC末端側86-123残基にα-helical構造を形成し、中間の35-85残基はβ-sheet構造を持つ。低pHやカルシウムフリーの条件下では折りたたみ中間体(MG状態)を形成する。一方、ヒトミルクから単離されたオレイン酸-α-LA複合体が癌細胞死を誘導する新たな機能が報告された。しかし、生物種ごとのα-LAのMG状態形成との関係や、α-LAの活性化部位、オレイン酸結合部位などの詳細は不明である。本研究ではαラクトアルブミンとオレイン酸の混合溶液に熱処理を施すことで複合体が得られること、また酸性Molten Globule状態のαラクトアルブミンとオレイン酸の混合溶液から複合体が得られることを発見し、複合体形成工程がより簡便になった。これらの手法を用いて調製した複合体について腫瘍細胞を用いたアポトーシスの活性評価を行った。トリパンブルー及びMTS cell proliferation assayの結果、アポトーシス誘導後6時間以内にL1210細胞の約90%が死滅することが明らかになった。本研究をとおして、αラクトアルブミンが既知のβ-1,4-ガラクトース転移酵素の基質選択性の補因子機能をもつこと以外に、αラクトアルブミンとオレイン酸の特殊な複合体(変性体)が生物学的に重要なアポトーシス誘導型αラクトアルブミンの創出できる成果が得られた。
  • リゾチーム・αラクトアルブミンの構造変換と細胞結合機能
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 : 2004年 -2005年 
    α-ラクトアルブミン(α-LA)はミルクに含まれる123残基からなるカルシウム結合蛋白質で、β-1,4-ガラクトース転移酵素の基質選択性の補因子機能をもつ。α-LAの構造は天然状態において、N末端側1-34残基とC末端側86-123残基にα-helical構造を形成し、中間の35-85残基はβ-sheet構造を持つ。低pHやカルシウムフリーの条件下では折りたたみ中間体(MG状態)を形成する。一方、ヒトミルクから単離されたオレイン酸-α-LA複合体が癌細胞死を誘導する新たな機能が報告された。しかし、生物種ごとのα-LAのMG状態形成との関係や、α-LAの活性化部位、オレイン酸結合部位などの詳細は不明である。本年度は昨年度に引き続き、本研究ではホモロジーの高いヒト型α-LA(HLA)、ウシ型α-LA(BLA)およびこれらの遺伝子組み換え体を用い、各種脂肪酸-α-LA複合体の調整方法の考案と細胞死誘導活性を評価した。調整方法として従来よりもより簡便な熱処理法を考案した。この方法は、従来法より多くの利点をもつので、特許出願した。この方法により、牛乳からアポトーシス誘導型調整試料を作製できた。
  • 新しい固体NMR法による膜タンパク質の分子配向解析
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1995年 -1995年 
    同位体ラベル法と固体NMR法を用い、その利点を生かして高活性を有する状態でのメリチンやグラミシジンAのような膜ペプチドの原子レベルでの立体構造解析をするためには、配向した脂質二重層中に膜ペプチドを埋め込み配向を制御する必要がある。本研究では脂質二重層の配向系を作製し、化学シフトが線形を支配するためにリン脂質の状態に線形が極めて敏感である31Pを測定核として、固体31PNMRによりそれをモニターした。ジミリストイルホスファチジルコリン(DMPC)を有機溶媒に溶解、それをガラスプレート上に均一に広げ、サンプルホルダー中に積み重ねた。約60%に水和し、両端をシリコン栓とエポキシ系の接着剤を用いて密封し、45°Cに保ったインキュベータ-中に放置し、配向試料とした。配向試料についてガラス面(脂質のアルキル分子はガラス面に垂直)と磁場方向が垂直もしくは平行となるように設定して固体31PNMR(JEOL GX400 NMR測定モードGated high power decoupling)を測定した。その結果、約60%に水和したDMPCの無配向パウダーパターン(isoは等方ピーク)、約一週間、45°Cに保った配向試料をガラス面が磁場BOに垂直になるように設定し測定、およびガラス面が磁場BOに平行になるように設定し測定した各固体31PNMRスペクトルのピークは、乾燥粉末(運動なし)のパウダーパターンと大きく異なり、アルキル分子軸を中心として回転する軸対象運動を行っていることをを示していること、また、主ピークの位置は著しく異なり、それぞれは(1)におけるσ||σ⊥の値に対応した。このことより本実験条件にて作成された配向試料は、おおむねDMPCのアルキル鎖がガラス面に垂直に配向しており、軸対称運動を行っていることがわかった。さらに、この配向脂質膜に、モデルペプチドを導入することによって、脂質中のペプチド配向を直接観測することに成功した。
  • 膜電位プローブ分子の生体膜中での配向挙動の固体NMR解析
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1994年 -1994年 
    膜電位プローブの分配される環境である生体膜のモデルとして、ジパルミトイルフォスファチジルコリン(DMPC)、ジパルミトイルフォスファチジルコリン(DPPC)、および卵黄レシチンを使い、グラスプレート間に挿入されたこれらの脂質の配向状態を調べた。特に、固体NMR特有の化学シフトテンソルによる構造情報から定量的に脂質分子の配向角度を決定できることが明かとなった。すなわち、脂質極性部にあるP-31原子の化学シフトテンソルを測定することにより、脂質分子の取りうる様々な相構造変化をモニターできるとともに、その配向挙動の確立分布を計算できることも分かってきた。このような解析方法が確立されてきたので、膜電位プローブの配向挙動を解析する最善の実験手法は、そのプローブに存在するP-31原子の化学シフトテンソルの解析である。また、生体膜の膜電位発生機構のなかで、膜電位発生膜タンパク質が注目されており、今後、脂質膜-膜電位プローブ-膜タンパク質の3成分系に関する固体NMR研究が益々重要となってくると考えられる。
  • 二次元結晶構造を有するタンパク質膜中の酵素反応とその膜電位の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1993年 -1994年 
    研究代表者は、これまでに、タンパク質の二次構造形成能に着目し、このタンパク質膜中に外来の酵素を導入することによって、酵素固定化材料の開発を行ってきた。この方法の特徴は、担体となるタンパク質の自己組織的な水素結合網(二次元結晶)形成能を利用することで、酵素等を従来の方法より安定に包括できることである。これは、タンパク質膜に分子認識能を付与する機能化の一貫であったが、その研究過程で、特殊な酵素反応(刺激)による物質移動によって、そのタンパク質膜が電気化学的な応答(膜電位)を示すことを新たに見いだした。本研究では、上記のような反応と拡散の共役した膜系おける膜電位発生機構を明らかにすることを目的とし、特に、タンパク質の配向構造のキャラクタリゼーションを試みた。酵素固定化機能のある絹フィブロインタンパク質の一軸配向試料を作製し、その^<15>Nおよび^<13>固体NMR測定をした。ここで用いた解析手法は、ペプチド平面のNHまたはNC'結合の配向軸に対する角度とその配向分布が決定できる方法を応用した。その結果、絹フィブロインの結晶性領域と非晶性領域フラクションの決定、各々の領域に含まれるGly,Ala,Ser,Tyr,Valの配向角度、核残基の主鎖内部二面体角(phi、psi)、水分吸着によるペプチド結合の動的な構造変化などを定量的に決定することができた。これらの原子レベルの結晶構造に関する知見は、さらに、電気化学的な特性と相関づけることによって、膜電位発生機構解明へと発展させることが可能と考えられる。
  • 生体高分子のナノ構造体形成と応用
    研究期間 : 2003年
  • 絹遺伝子の転写制御関連タンパク質
    研究期間 : 2001年
  • ミルクαラクトアルブミンのアポトーシス誘導型構造特性
    研究期間 : 1999年
  • ハロロドプシンのオリゴマー形成
    研究期間 : 1999年
  • タンパク質のNMR化学シフト
    研究期間 : 1997年
  • NMRによる膜タンパク質・GPCRの構造と機能の研究、プロテイン・インフォマティクス
  • NMR of membrane protein and GPCR, Protein informatics

教育活動情報

主要な担当授業

  • 海外研究インターンシップ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 生命科学院
  • 大学院共通授業科目(一般科目):複合領域
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : Hokkaido Summer Institute (Science course), service design, active learning, innovation ビジネスイシュー、ソーシャルイシュー、課題解決手法、デザイン思考、PBL、少人数グループ学習
  • 生命情報分子科学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 生命科学院
    キーワード : 講義題目: 分子情報解析科学  タンパク質構造、フォールディング、NMR、細胞膜、タンパク質科学、バイオマテリアル、機能性ポリマー、構造生物学、酵素、抗体、膜タンパク質、創薬
  • 大学院共通授業科目(一般科目):複合領域
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 企業 研究開発 博士 就職 PD DC キャリアパス多様化 マッチング
  • 大学院共通授業科目(一般科目):複合領域
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : インターンシップ、キャリア形成、ビジネススキル、人脈形成、すべての仕事に必要な基本スキル、企業における研究開発、リーダーシップ、グローバル人材
  • 大学院共通授業科目(一般科目):複合領域
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性
  • 生命融合科学概論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 生命科学院
    キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
  • 大学院共通授業科目(一般科目):複合領域
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
  • 博士インターンシップ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 生命科学院
    キーワード : インターンシップ、キャリア形成、ビジネススキル、人脈形成、すべての仕事に必要な基本スキル、企業における研究開発、リーダーシップ、グローバル人材
  • 博士研究者のキャリア開発研究
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 生命科学院
    キーワード : 企業 研究開発 博士 就職 PD DC キャリアパス多様化 マッチング
  • 理系・科学技術系大学院生のステップアップ キャリア形成Ⅰ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 生命科学院
    キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性
  • 理系・科学技術系大学院生のステップアップ キャリア形成Ⅱ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 生命科学院
    キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性
  • 実験生物科学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
  • 生物系の分光学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 光と分子、分光法、スペクトル、分子構造、可視紫外吸収スペクトル、赤外線吸収スペクトル、ラマンスペクトル、蛍光スペクトル
  • 生物量子力学概論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 光と分子、分光法、スペクトル、分子構造、可視紫外吸収スペクトル、円偏光二色性、赤外線吸収スペクトル、ラマンスペクトル、蛍光スペクトル
  • 細胞構造科学Ⅰ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 細部膜、脂質、膜タンパク質、エネルギー変換、物質輸送、生物機能の応用、アクティブラーニング

大学運営

学内役職歴

  • 2013年4月1日 - 2015年3月31日 教育研究評議会評議員
  • 2013年4月1日 - 2015年3月31日 大学院先端生命科学研究院長
  • 2015年4月1日 - 2017年3月31日 教育研究評議会評議員
  • 2015年4月1日 - 2017年3月31日 大学院先端生命科学研究院長
  • 2017年4月1日 - 2019年3月31日 教育研究評議会評議員
  • 2017年4月1日 - 2019年3月31日 大学院先端生命科学研究院長

委員歴

  • 2016年 -2019年   日本核磁気共鳴学会   評議員
  • 2016年01月 -2017年03月   大学評価・学位授与機構   国立大学教育研究評価委員会専門委員
  • 2012年 -2014年   日本キチン・キトサン学会   理事
  • 2012年 -2013年   日本生物物理学会   運営委員
  • 2009年 -2010年   日本生物物理学会北海道支部   支部長
  • 2008年 -2009年   日本生物物理学会   編集副委員長
  • 2008年 -2009年   日本核磁気共鳴学会   理事
  • 2005年 -2007年   日本生物物理学会   運営委員   日本生物物理学会
  • 2002年 -2003年   日本化学会北海道支部   幹事
  • 2002年 -2003年   日本生物物理学会   地区編集委員   日本生物物理学会

社会貢献

  • 先端科学移動大学(市民講座)
    期間 : 2019年11月16日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 一般財団法人 北海道青少年科学文化財団
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第28回先端科学移動大学
    社会人・一般
  • 先端科学移動大学(高等学校訪問授業)
    期間 : 2019年11月15日
    役割 : 講師
    種別 : 出前授業
    主催者・発行元 : 一般財団法人 北海道青少年科学文化財団
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第28回先端科学移動大学
  • 学際研究交流会&SDGs勉強会 in 北大 vol.3
    期間 : 2019年04月17日
    役割 : 講師;企画;運営参加・支援
    種別 : セミナー・ワークショップ
    主催者・発行元 : 北大人材育成本部
    大学生;教育関係者;研究者;社会人・一般
  • SDGsワークショップ(SDGs勉強会vol.2)
    期間 : 2019年03月18日
    役割 : パネリスト;運営参加・支援
    種別 : セミナー・ワークショップ
    主催者・発行元 : 北大サステイナブルキャンパスマネジメント本部
    大学院生;教育関係者;研究者;社会人・一般
  • SDGs勉強会in北大vol.001
    期間 : 2018年12月06日
    役割 : 講師;企画;運営参加・支援
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 北大先端生命科学研究院・理学研究院
    高校生;大学生;大学院生;教育関係者;研究者;社会人・一般;企業;市民団体


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.