研究者データベース

逸見 勝亮(ヘンミ マサアキ)
大学文書館
学術研究員

基本情報

所属

  • 大学文書館

職名

  • 学術研究員

学位

  • 教育学博士(北海道大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 20002321

J-Global ID

研究キーワード

  • 近代日本教育史   History of Education in Modern Japan   

研究分野

  • 人文・社会 / 教育学

学歴

  •         - 1974年   北海道大学   教育学研究科   教育学
  •         - 1974年   北海道大学
  •         - 1966年   北海道大学   教育学部   教育学
  •         - 1966年   北海道大学

所属学協会

  • 大学教育学会   教育史学会   北海道教育学会   日本教育学会   

研究活動情報

論文

  • 《図書紹介》別役厚子『子どもの貧困と教師――東京市万年小学校をめぐる苦悩と葛藤』
    逸見勝亮
    日本の教育史学 63 182 - 183 2020年10月 [査読無し]
  • 1962年度北海道大学合格者の出身高等学校に関する一考察
    逸見勝亮
    北海道大学大学文書館年報 14 114 - 139 2019年03月 [査読無し]
  • 〔紹介〕北海道大学所蔵学校教練関連資料
    逸見勝亮
    北海道大学大学文書館年報 13 66 - 79 2018年03月 [査読無し]
  • 逸見 勝亮
    北海道大学大学院教育学研究院紀要 128 67 - 129 北海道大学大学院教育学研究院 2017年 [査読無し][通常論文]
     
    政府は,1944年7月22日,東京都・横浜市など13都市の国民学校児童約40万人を集団疎開させるよう決定した。学童集団疎開を円滑に遂行するうえで,宿舎・食糧・日常生活用品の確保などともに,保健衛生問題は重要な課題であった。そして,1944年10月26日現在,東京都(区部)・横浜市など8都市から1,751市町村に集団疎開していた児童35万4,937人のうち,5万2,006人(14.65%)の疎開先354ヵ所(20.22%)は無医村であったが故に,疎開児童の医療問題はたちどころに困難な課題として立ち現れた。文部省・厚生省は疎開先都府県医師会・歯科医師会に無医村診療への協力を要請するとともに,集団疎開先無医村に東京女子医学専門学校(現東京女子医科大学)・帝国女子医学薬学専門学校(現東邦大学)の生徒を,東京都・神奈川県からの学童集団疎開先無医村46ヵ所へ動員した。 本論文は,以下の諸点を究明しつつ,学童集団疎開先無医村へ出動した女子医学専門学校生徒は,疎開児童・地域住民にとって紛う事なき医師であったことを証する。(1)学童集団疎開先無医村の医療状況と政府・都府県の対応策(2)女子医学専門学校「学徒医療隊」の学童集団疎開先無医村への動員計画(3)女子医学専門学校「学徒医療隊」の学童集団疎開先無医村への動員(4)女子医学専門学校「学徒医療隊」の学童集団疎開先無医村における「診療補助・健康指導」の実態The Japanese government ordered 400,000 children of national elementary school to collectively evacuate from 13 cities including Tokyo and Yokohama on July 22, 1944. In order to smoothly carry out evacuation of elementary school children, the health and sanitation problems were important issues, such as securing lodging, food and daily necessities.As of October 26, 1944, 354, 937 children were evacuated from 8 cities including Tokyo and Yokohama to 1,751 municipalities. Among them, 52,006 ( 14.65%) children were evacuated to 354 municipalities ( 20.22%), which were doctorless area. Therefore medical problems of evacuated children emerged as a difficult task at once. For evacuated children in doctorless area, the Ministry of Education and the Ministry of Health and Welfare asked the Medical Association and the Dental Association for cooperation of medical treatment.At the same time, they mobilized the students of the Tokyo Women's Medical College (present Tokyo Women's Medical University) and the Imperial Women's Medical and Pharmaceutical College (present Toho University) as"Medical Corps of Students"to 46 doctorless area.While studying the following points, this paper prove that the mobilized students of the Tokyo Women's Medical College and the Imperial Women's Medical and Pharmaceutical College were doctors without confusion for evacuated children and local residents in doctorless area.(1) The medical issues in doctorless area where children evacuated and the countermeasures taken by the government and the prefecture against them(2) The mobilization planning of"Medical Corps of Students"to doctorless area where children evacuated(3) The mobilization situation of"Medical Corps of Students"in doctorless area where children evacuated(4) The actual condition of"medical assistance and health guidance"by"Medical Corps of Students"in doctorless area where children evacuated
  • 北海道帝国大学と「陸軍現役将校学校配属令公布十五周年記念御親閲拝受式」(1939年)
    逸見 勝亮
    北海道大学大学文書館年報 11 2016年03月 [査読有り][通常論文]
  • 逸見 勝亮
    教育史・比較教育論考 21 21 1 - 51 北海道大学教育学部教育史・比較教育研究室 2014年01月 [査読無し][通常論文]
  • 逸見 勝亮
    北海道大学大学文書館年報 5 109 - 132 北海道大学大学文書館 = Hokkaido University Archives 2010年03月 [査読有り][通常論文]
  • 札幌農学校の再編・昇格と佐藤昌介
    逸見 勝亮
    北海道大学大学文書館年報 2 9 - 48 2007年03月 [査読有り][通常論文]
  • 敗戦直後の日本における浮浪児・戦争孤児の歴史
    逸見 勝亮
    北海道大学大学院教育学研究院紀要 103 11 - 53 2007年 [査読無し][通常論文]

書籍

  • ジェンダーと教育の歴史
    川島書店 2003年
  • 学童集団疎開史-子どもたちの戦闘配置
    大月書店 1998年
  • Evacuations of School children in Japan
    Ohtsuki Shoten Publishers. 1998年
  • 学童疎開の目的
    法廷に立つ歴史学,大月書店 1993年
  • Purpose for Evacuation of School Children in Japan
    History stands at the Court 1993年
  • 師範学校制度史研究
    北海道大学図書刊行会 1991年
  • Study on the history of Normal School System in Modern Japan
    1991年
  • ファシズム教育の崩壊
    第一法規出版 1984年
  • Collapse of Fascist Education in Japan
    1984年
  • Gender and History of Education
    Kawashima Shoten Pablishers
  • Gender and History of Education
    Kawashima Shoten Pablishers

講演・口頭発表等

  • 恩賜財団同胞援護会孤児援護事業に関する研究――引揚孤児を中心に  [通常講演]
    教育史学会第62回大会 2018年09月 口頭発表(一般)
  • 「誉れの子」への序章――戦歿兵士遺児の靖国神社参拝事業を中心に  [通常講演]
    逸見 勝亮
    日本教育学会第75回大会 2017年08月 口頭発表(一般)

その他活動・業績

  • 逸見勝亮 日本の教育学 45 (45) 162 -180 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 戦歿者寡婦特設教員養成所の設置
    逸見勝亮 北海道大学教育学部紀要 (80) 277 -326 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 皇后のビスケット---集団疎開学童二対三御激励ノ思召---
    逸見勝亮 日本の教育史学 (42) 80 -96 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 逸見勝亮 日本の教育史学 (37) p99 -115 1994年 [査読無し][通常論文]
  • 少年兵史素描
    逸見勝亮 日本の教育史学 33 (33) 112 -132 1990年10月 [査読無し][通常論文]
  • 1943年の楠木正成-「大東亜戦争」と国民学校教科書
    逸見勝亮 教育史・比較教育論考 14 1990年 [査読無し][通常論文]
  • 逸見勝亮 北海道大学教育学部紀要 51 (51) p17 -36 1988年 [査読無し][通常論文]
  • 傷痍軍人小学校教員養成所の設立
    逸見勝亮 北海道大学教育学部紀要 40 1982年 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 戦時教育 令と教育の崩壊過程に関する総合的研究
    科学研究費助成事業
    研究期間 : 2021年04月 -2024年03月 
    代表者 : 斉藤利彦, 逸見勝亮, 森川輝紀
  • 少年兵史
    科学研究費助成事業
    代表者 : 逸見勝亮
  • 学童疎開史
    科学研究費助成事業
    代表者 : 逸見勝亮
  • 第二次世界大戦後の日本における浮浪児・戦争孤児の歴史
    科学研究費助成事業
    代表者 : 逸見勝亮

大学運営

委員歴

  • 2004年   大学教育学会   理事   大学教育学会
  • 2003年   教育史学会   代表理事   教育史学会
  • 1999年 - 2001年   教育史学会   機縁誌編集委員長   教育史学会
  • 1992年   教育史学会   理事   教育史学会
  • 1992年   北海道教育学会   理事   北海道教育学会
  • 日本教育学会   理事   日本教育学会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.