研究者データベース

阿部 智和(アベ トモカズ)
経済学研究院 会計情報部門 会計情報分野
准教授

基本情報

所属

  • 経済学研究院 会計情報部門 会計情報分野

職名

  • 准教授

学位

  • 博士(商学)(2008年02月 一橋大学)
  • 修士(商学)(2003年03月 一橋大学)
  • 学士(社会学)(2001年03月 一橋大学)

科研費研究者番号

  • 20452857

ORCID ID

J-Global ID

研究キーワード

  • 経営組織論   組織行動論   経営戦略論   ワークプレイス   コワーキングスペース   コミュニケーション   コワーキング   ビジネスモデル   ビジネスモデル・イノベーション   経営学   

研究分野

  • 人文・社会 / 経営学

職歴

  • 2017年04月 - 現在 北海道大学 大学院経済学研究院 准教授
  • 2011年04月 - 2017年03月 北海道大学 大学院経済学研究科 准教授
  • 2008年10月 - 2011年03月 長崎大学 経済学部 経営管理・企業会計講座 准教授
  • 2007年04月 - 2008年09月 長崎大学 経済学部 経営管理・企業会計講座 講師

学歴

  • 2003年04月 - 2007年03月   一橋大学   大学院商学研究科   経営・会計専攻
  • 2001年04月 - 2003年03月   一橋大学   大学院商学研究科   経営・会計専攻
  • 1997年04月 - 2001年03月   一橋大学   社会学部   社会問題・政策課程

所属学協会

  • Academy of Management   European Group for Organizational Studies   日本オフィス学会   日本生産管理学会   一橋商学会   日本商品学会   日本経営学会   組織学会   

研究活動情報

論文

  • 山口裕之, 阿部智和
    組織科学 2022年08月01日 [査読有り][通常論文]
  • Li Shen, Tomokazu Abe
    Current Psychology 2022年01月30日 [査読有り][通常論文]
  • 朱荻, 阿部智和, 朴智賢, 李然布妮
    日本オフィス学会誌 13 2 25 - 34 2021年10月 [査読有り][通常論文]
  • Gechinti Bede Onyeneke, Tomokazu Abe
    Journal of Organizational Change Management 34 2 403 - 415 2021年03月30日 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose The purpose of this paper is to examine how change leadership activities help bring about employee support for planned organizational change. Design/methodology/approachUsing a non-experimental quantitative research design, and a self-administered Likert-type questionnaire survey, the study sourced data from employees in an organization undergoing significant change. Data analysis was by structural equation modeling (SEM). FindingsChange leadership behaviors bearing on; visioning, communication, participation, support and concern for change participants' interests were found to be of significant importance in ensuring employee buy-in and support for planned change efforts. Although change leadership had no direct effect on employees' behavioral intentions to support change, it was strongly related to employee cognitive appraisal of change. The relationship between change leadership and employee behavioral intentions to support planned change was serially mediated by employee cognitive appraisal and emotional response toward the planned change event. Practical implicationsIn appraising planned organizational change efforts, managers tend to focus on employee behaviors toward the change instead of conditions that drive such behaviors. This study underscores the need to focus on employee attitudes as precursors to desired behavior toward change. Originality/valuePrior research suggests that change leadership behaviors affect employee attitudinal reactions to change but yet lacked empirical validation. By applying a multidimensional approach to attitude and investigating its hierarchy of effects, this study enhanced our accuracy in explaining the influence change leadership has on employee attitudinal support for change.
  • 阿部智和
    組織科学 54 3 4 - 19 2021年03月20日 [査読有り][通常論文]
  • 阿部 智和, 宇田 忠司
    日本オフィス学会誌 8 1 18 - 27 日本オフィス学会 2016年04月 [査読有り][通常論文]
  • 宇田 忠司, 阿部 智和
    日本オフィス学会誌 7 2 37 - 46 日本オフィス学会 2015年10月 [査読有り][通常論文]
  • 阿部 智和, 宇田 忠司
    日本オフィス学会誌 7 2 47 - 56 日本オフィス学会 2015年10月 [査読有り][通常論文]
  • 宇田 忠司, 阿部 智和
    經濟學研究 65 1 67 - 95 北海道大学大学院経済学研究科 2015年06月11日 [査読無し][通常論文]
     
    本論文の目的は,質問票調査にもとづき,国内のコワーキングスペースの実態を明らかにすることにある。まず,コワーキングに関する世界規模の年次調査であるGlobal Coworking Surveyを中心に,関連する先行研究を整理・検討する。次いで,われわれが国内で稼動しているスペースのほぼ全数に対して実施した質問票調査の結果を,6つ(①施設,②運営組織,③戦略,④活動,⑤利用者,⑥成果)のパートに分けて記述する。そのうえで,先行研究の知見との比較を行いながら本論文の知見について考察する。
  • 阿部 智和, 宇田 忠司
    經濟學研究 65 1 97 - 135 北海道大学大学院経済学研究科 2015年06月11日 [査読無し][通常論文]
     
    本論文の目的は,質問票調査にもとづいて,国内のコワーキングスペースの実態を明らかにすることである。まず,コワーキングに関する世界規模の年次調査であるGlobal Coworking Surveyを中心に,関連する先行研究を整理・検討した。次いで,国内で稼動しているスペースのほぼ全数に対して質問票調査を実施した。さらに,場の開放性とメンバーの多様性が期待されるドロップイン利用が可能なスペースに着目し,①施設,②運営組織,③戦略,④活動,⑤利用者,⑥成果という6つの視点から相関分析の結果を示した。そのうえで,本調査にもとづくコワーキングスペースの実態に関する概観的な知見を提示した。
  • 阿部 智和
    地域経済経営ネットワーク研究センター年報 3 3 87 - 101 北海道大学大学院経済学研究科地域経済経営ネットワーク研究センター 2014年03月 [査読無し][通常論文]
     
    本論文の目的は,わが国で積み重ねられてきたオフィス空間のデザインに関する研究知見のうち,とりわけ2000年以降の研究の到達地点を明らかにすることにある。本論文で2000年以降の研究蓄積に注目を向ける理由は,経営学者たちもオフィス空間のデザインを重要視し始めたことにある。より具体的には,この時期を契機として,知的創造や知識創造を促すオフィス空間のデザインを志向した研究が創始されているのである。1990年代までのオフィス空間内の快適性の向上を志向した研究とは異なり,建築学者や実務家たちだけではなく,一部の経営学者たちからもオフィス空間のデザインに対して注目が向け始められたのである。 本論文で明らかにする先行研究が辿り着いた研究知見は,以下の3点に集約することができる。より具体的には,①実務家や一部の経営学者たちによって知的生産性を向上させるオフィス空間のデザインへの注目が向けられ,実際にオフィス空間の設計が行なわれてきたこと,②建築学者を中心として知的生産性を計量的に把握する試みが積み重ねられ,定量的なデータにもとづいたオフィス空間のデザインが志向されてきたこと,③経営学者たちがコミュニケーションを鍵概念にして,オフィス空間のデザインについて考察を加えてきたこと,の3点である。最後にこれらの研究の貢献と残された問題を明らかにし,今後の研究課題を提示する。
  • 阿部 智和
    經濟學研究 63 1 87 - 113 北海道大学大学院経済学研究科 2013年06月11日 [査読無し][通常論文]
     
    本論文の目的は,1990年代末までに日本で積み重ねられてきたオフィス空間のデザインに関する研究の到達地点を明らかにし,今後の課題を明らかにすることにある。より具体的には,以下の3点を論じていく。すなわち,①1990年末までに取り組まれてきたオフィス空間のデザインに関する研究では,建築学者たちを中心としてオフィス空間内の快適性や機能性の向上に注目を向けてきたこと,②その一方で,経営学のアプローチを用いて,オフィス空間のデザインとモラールや組織内のコミュニケーションに関する実証研究が積み重ねられてきたこと,③しかしながら,これら2つの研究では,ニューオフィス化運動に代表されるホワイト・カラーの生産性向上を目的としたオフィス空間の改革時に注目されてきた,オフィス空間内でのホワイト・カラーの実際の行動やオフィス空間のデザインとパフォーマンスの関係の解明などに対して十分な実証努力が払われなかったという課題が残されていたこと,の3点が示される
  • 阿部 智和
    經濟學研究 62 2 75 - 86 北海道大学大学院経済学研究科 2013年01月17日 [査読無し][通常論文]
     
    本論文の目的は, 組織メンバー間の物理的な距離によるコミュニケーション・パターンへの影響に注目することにある。すなわち, Allen(1977)や阿部(2008)などの先行研究の追試を行なうことを目的としている。本論文を通じて得られる結論は, (1)Allen(1977)やConrath(1973)などの既存研究が明らかにしている通り, 組織メンバー間の物理的な距離が隔たるほど, 対面コミュニケーションの発生回数が急激に減少すること, (2)電話は距離を隔てた者とのコミュニケーション手段となりうるのに対し, 電子メールは距離とは無関係に利用されていること, の2点である。
  • 韓 旭, 阿部 智和
    經營と經濟 : 長崎工業經營専門學校大東亞經濟研究所年報 90 4 115 - 146 長崎大学 2011年03月 [査読無し][通常論文]
     
    The purpose of this paper is to explore factor affecting on retention of the Chinese software engineers of the Japanese software company in China. In this paper, we interviewed to software engineers to explore the factors. We find that the following points are important for retention. First, evaluation system according to job and fairness in evaluation are to retain employee. Second, management adjusted to their carrier orientation is also important to retain them. The management is as follows. Empowerment is critical to retain project managers. We had better extend ability of bridge system...
  • 阿部 智和
    Informatics 3 2 21 - 30 明治大学情報基盤本部 2010年 [査読有り][通常論文]
  • 阿部 智和
    研究論文集:教育系・文系の九州地区国立大学間連携論文集 3 1 九州地区国立大学間の連携に係る企画委員会リポジトリ部会 2009年 [査読有り][通常論文]
     
    This paper focuses that some the relationship between communication patterns and the distance. The paper shows that an inverse relationship between the distance separating employees and the amount of face to face communication occurring between them. And the paper also shows that the distance positively correlates with the amount of telephone calls, and does not with the amount of e-mail. The research reported here indicates that telephone calls are convenient alternative to face to face communication when geographically dispersed employees want to communicate. And it also indicates that the common belief that e-mail are convenient alternative to face to face communication when geographically dispersed may be false, and that the use of e-mail is irrelevant to the distance.
  • 阿部 智和
    經營と經濟 : 長崎工業經營専門學校大東亞經濟研究所年報 88 1 27 - 50 長崎大学 2008年06月 [査読無し][通常論文]
     
    This paper focuses that some the relationship between communication patterns and the distance. The paper shows that an inverse relationship between the distance separating employees and the amount of face to face communication occurring between them. And the paper also shows that the distance positively correlates with the amount of telephone calls, and does not with the amount of e-mail. The research reported here indicates that telephone calls are convenient alternative to face to face communication when geographically dispersed employees want to communicate. And it also indicates that th...
  • オフィス空間の物理的特徴と組織内のコミュニケーション・パターン:人員間の距離と空間認知に着目して
    阿部 智和
    一橋大学大学院商学研究科博士論文 2008年02月29日 [査読無し][通常論文]
  • 阿部 智和
    一橋研究 31 4 17 - 31 一橋大学 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 阿部 智和
    一橋商学論叢 1 1 64 - 74 白桃書房 2006年05月 [査読無し][通常論文]
  • 阿部 智和
    一橋研究 30 2 1 - 14 一橋大学 2005年07月 [査読無し][通常論文]
  • 阿部 智和
    一橋論叢 133 5 45 - 63 一橋大学 2005年05月 [査読無し][通常論文]

講演・口頭発表等

その他活動・業績

  • 阿部 智和, 山口 裕之, 大原 亨 Graduate School of Economic and Business, Hokkaido University, Discussion Paper, Series B 179 1 -23 2020年03月 [査読無し][通常論文]
  • 阿部 智和, 山口 裕之, 大原 亨 Graduate School of Economic and Business, Hokkaido University, Discussion Paper, Series B 171 1 -26 2019年03月 [査読無し][通常論文]
     
    セイコーマートは、2000年代前半に、事業の拠点としてきた北海道にターゲット市場を絞り、価値提案を当該市場に適したもの (プライベート・ブランドの展開、店内調理の導入など) へと変化させていく。さらに、この動きに併せて、取扱品目の生産・物流部門の内部化 (垂直統合) を進めていく。本稿の目的は、この動向を追跡することにある。具体的には、当時の競争環境について概観したうえで、同社の物流活動、販売活動、生産・調達活動を記述する。最後にこれらの活動間のシナジー効果を示す。
  • 阿部 智和, 山口 裕之, 大原 亨 Graduate School of Economic and Business, Hokkaido University, Discussion Paper, Series B 170 1 -37 2019年03月 [査読無し][通常論文]
     
    セコマのビジネスモデルは、2000年代後半以降、高い差別性を有するものへと変化を遂げていく。コンビニエンス・ストアを運営するリテール事業だけでなく、物流・サービス、および原料・製造事業から構成される3事業体制が確立されていく。本稿の目的は、この動向を追跡することにある。具体的には、この期間のセコマの概要とおよび当時の競争状況について確認したうえで、物流・サービス事業、生産・調達事業、販売事業のそれぞれの動向を整理していく。
  • Yamaguchi, Hiroyuki, Tomokazu Abe Graduate School of Economic and Business, Hokkaido University, Discussion Paper, Series A 336 1 -32 2019年02月 [査読無し][通常論文]
  • Uda Tadashi, Abe Tomokazu Graduate School of Economics and Business, Hokkaido University, Discussion Paper, Series A 329 1 -29 2018年09月 [査読無し][通常論文]
     
    The purpose of this study is to identify the factors that affect building community and maintaining/enhancing sustainability in coworking spaces, based on an almost complete enumeration which could help us grasp a true measure of the phenomenon. Community and sustainability could be key issues on coworking spaces. However, even empirical research dealing with both issues as well as discussions on the management of them is not hardly found while studies focusing on the spaces have steadily been accumulated mainly from the viewpoint of community such as user interaction. Therefore, we analyze the data obtained from 168 out of 365 spaces that are nearly all the operating coworking spaces in Japan (as of July 2014). As a result of that, we showoverall influential relationships on community and sustainability of the spaces, and present three types of the factors influencing those issues, which are named as alternative-oriented, balance-oriented, and trade-off.
  • 宇田 忠司, 阿部 智和 Graduate School of Economics and Business, Hokkaido University, Discussion Paper, Series B 159 1 -27 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • 阿部 智和, 宇田 忠司 經濟學研究 67 (1) 109 -146 2017年06月13日 [査読無し][通常論文]
     
    本稿の目的は,質問票調査にもとづき,国内の共有・共創型ワークスペースの実態を明らかにすることにある。まず,ウェブ調査を実施し,国内で稼働している施設の全数に近い(2016年9月30日時点)と考えられる750スペースのうち,308スペースから回答を得た。ついで,収集したデータのうち268スペースの回答を分析し,①施設,②運営組織,③戦略,④活動,⑤利用者,⑥成果,という6つの包括的視点から相関分析の結果を示した。そのうえで,本調査にもとづく共有・共創型ワークスペースの実態に関する知見を提示した。
  • 宇田忠司, 阿部智和 地域経済経営ネットワーク研究センター年報 6 113 -143 2017年03月29日 [査読無し][通常論文]
     
    本稿の目的は,質問票調査にもとづき,国内の共有・共創型ワークスペースの実態を明らかにすることにある。まず,ウェブ調査を実施し,国内で稼働している施設の全数に近い(2016年9月30日時点)と考えられる750スペースのうち,308スペースから回答を得た。ついで,収集したデータのうち268スペースの回答を分析し,①施設,②運営組織,③戦略,④活動,⑤利用者,⑥成果,という6つの包括的視点から記述統計を示した。そのうえで,本調査にもとづく共有・共創型ワークスペースの実態に関する知見を提示した。
  • 宇田 忠司, 阿部 智和 經濟學研究 66 (2) 145 -171 2016年12月08日 [査読無し][通常論文]
     
    本稿の目的は,公表資料にもとづき,国内のコワーキングスペースの実態を明らかにすることにある。具体的には,国内の施設の全数に近い(2014年9月時点)と考えられる504スペースのデータを分析し,所在地やその人口規模,アクセス性といったスペースの立地について記述していく。
  • 阿部 智和, 宇田 忠司 經濟學研究 66 (2) 173 -180 2016年12月08日 [査読無し][通常論文]
     
    本稿の目的は,公表資料にもとづき,国内のコワーキングスペースの実態を明らかにすることにある。具体的には,国内の施設の全数に近い(2014年9月時点)と考えられる504スペースのデータを分析し,スペースの稼働期間や開設・閉鎖数の推移について記述していく。
  • Abe Tomokazu, Uda Tadashi Graduate School of Economics and Business Administration, Hokkaido University, Discussion Paper, Series A 302 1 -19 2016年04月19日 [査読無し][通常論文]
     
    The purpose of this paper is to clarify the actual condition of coworking spaces in Japan, based on a questionnaire survey. A way of working called "coworking" and a place for such work called "coworking space" have been attracting attention in recent years because they may provide a more flexible work style, diverse members to interact with, and open spaces than are experienced when working in a specific company or corporate office. However, we still have not acquired the whole picture of coworking and coworking spaces because of insufficiency of the comprehensive research. Thus, we attempt to shed some light on the current status of coworking spaces in the following steps. Firstly, we review previous studies about coworking. Secondly, we will present the current status and issues of coworking spaces, based on a questionnaire survey conducted among almost all coworking spaces operating in Japan. Finally, we consider the significance of our findings, comparing with those in previous studies.
  • 阿部 智和 地域経済経営ネットワーク研究センター年報 5 133 -195 2016年03月31日 [査読無し][通常論文]
  • Abe Tomokazu, Uda Tadashi Graduate School of Economics and Business Administration, Hokkaido University, Discussion Paper, Series A 299 1 -61 2016年02月 [査読無し][通常論文]
     
    The purpose of this paper is to analyze correlations about the actual condition of coworking spaces in Japan, based on a questionnaire survey. A way of working called "coworking" and a place for such work called "coworking space" have been attracting attention in recent years because they may provide a more flexible work style, diverse members to interact with, and open spaces than are experienced when working in a specific company or corporate office. However, the understanding of this phenomenon is insufficient. There is still hardly any empirical research that discusses the actual conditions of coworking and coworking spaces especially in Japan, though we can find some implicative descriptive papers on this phenomenon. Thus, we attempt to shed some light on the current status of coworking spaces in the following steps. Firstly, we review previous studies about coworking, focusing primarily on the annual Global Coworking Survey conducted around the world. Secondly, we show the result of correlation analysis based on a questionnaire survey conducted among almost all coworking spaces operating in Japan from six viewpoints: facility, management organization, business strategy, activity, space users, and performance.
  • 宇田 忠司, 阿部 智和 經濟學研究 65 (2) 75 -95 2015年12月10日 [査読無し][通常論文]
     
    本稿の目的は,聞き取り調査および公表資料をもとに,コワーキングスペースの運営プロセスを記述することである。具体的には,2012年12月に開設され,国内最大規模の利用者を誇るコワーキングスペース7F(さいたま市大宮区)という場の運営過程について,前史,揺籃期,確立期,転換期という4つのフェーズに分けて詳述していく。
  • 阿部 智和, 宇田 忠司 經濟學研究 65 (2) 63 -74 2015年12月10日 [査読無し][通常論文]
     
    本稿の目的は,質問票調査にもとづき,国内のコワーキングスペースの実態を明らかにすることにある。より具体的には,国内で稼働している施設の全数に近い(2014年7月時点)と考えられる365スペースのうち,152スペースから得たデータを分析し,宇田・阿部(2015)で課題として言及していた,運営組織,戦略,利用者,課題と目標に関する自由記述項目を整理した結果を提示する。
  • Uda Tadashi, Abe Tomokazu Graduate School of Economics and Business Administration, Hokkaido University, Discussion Paper, Series A 297 1 -40 2015年12月 [査読無し][通常論文]
     
    This paper aims to shed light on the actual condition of coworking spaces in Japan based on a questionnaire survey. A way of working called "coworking" and a place for such work called "coworking space" have been attracting attention in recent years because they may provide a more flexible work style, diverse members to interact with, and open spaces than are experienced when working in a specific company or corporate office. However, the understanding of this phenomenon is insufficient. Therefore, in this paper we will first review coworking studies with a focus on the annual Global Coworking Survey conducted around the world. Then, we will present the results of the descriptive statistics of a questionnaire survey conducted among almost all coworking spaces operating in Japan from six perspectives: facility, management organization, business strategy, activity, space users, and performance. Based on the results, we will then present and examine the findings of this paper.
  • 宇田 忠司, 阿部 智和 地域経済経営ネットワーク研究センター年報 4 (4) 115 -133 2015年03月30日 [査読無し][通常論文]
     
    本稿の目的は,質問票調査にもとづいて,国内のコワーキングスペースの実態を記述することである。具体的には,まず,ウェブ調査を実施し,国内で稼働している施設の全数に近い(2014年7月時点)と考えられる365スペースのうち,191スペースから回答を得た(回収率52.3%)。ついで,収集したデータを分析し,①施設,②運営組織,③戦略,④活動,⑤利用者,⑥成果,という6つの視点から相関分析の結果を示した。そのうえで,本調査にもとづくコワーキングスペースの実態に関する知見を提示した。
  • 阿部 智和, 宇田 忠司, 平本 健太 地域経済経営ネットワーク研究センター年報 4 (4) 89 -113 2015年03月30日 [査読無し][通常論文]
     
    本稿の目的は,質問票調査にもとづいて,国内のコワーキングスペースの実態を記述することである。具体的には,まず,ウェブ調査を実施し,国内で稼働している施設の全数に近い(2014年7月時点)と考えられる365スペースのうち,191スペースから回答を得た(回収率52.3%)。ついで,収集したデータを分析し,①施設,②運営組織,③戦略,④活動,⑤利用者,⑥成果,という6つの包括的視点から記述統計を示した。そのうえで,本調査にもとづくコワーキングスペースの実態に関する知見を提示した。
  • 宇田 忠司, 阿部 智和, 平本 健太 地域経済経営ネットワーク研究センター年報 4 (4) 41 -49 2015年03月30日 [査読無し][通常論文]
  • 平本 健太, 阿部 智和, 宇田 忠司 地域経済経営ネットワーク研究センター年報 3 (3) 53 -58 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 肥前 洋一, 阿部 智和 地域経済経営ネットワーク研究センター年報 3 (3) 47 -51 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 阿部 智和, 近藤 隆史 Graduate School of Economics and Business Administration, Hokkaido University, Discussion Paper, Series B 105 1 -20 2012年08月 [査読無し][通常論文]
     
    本ケースの目的は,キヤノンのデジタルカメラ事業が,一見すると,海外需要への迅速な対応とコスト面で不利と考えられている国内自社生産にこだわりながら,業界トップを維持している要因について記述することにある.具体的には,デジタルカメラ市場の動向を踏まえた上で,①国内生産のメリット,②国内生産のメリット追求するためにキヤノンが取り組んできた様々な部門における革新活動の内容,③近年の国内生産拠点の強化の3点に着目しながら,同社のデジタルカメラ生産に関する取り組みについて記述していく.

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2019年04月 -2023年03月 
    代表者 : 阿部 智和
     
    2019年度には,以下の3つの作業を進めた. 第1に,過去の調査で得られたデータをもとに,コワーキングスペースの運営にとって重要と考えられているスペース内でのコミュニティ形成に影響を与える要因についての考察を進めた.具体的には,コミュニティで行われる諸活動(交流,共有,協働)を被説明変数としたパス解析を行い,コミュニティ形成に寄与する変数の考察を試みた.具体的には,スペース空間の開放性,利用者の多様性(一時利用者比率,年齢層,雇用形態など)を影響要因とし,分析を進めた.分析の結果,事前に想定した影響要因はコミュニティ形成に影響を及ぼさないことを明らかにした.すなわち,運営者の事前の計画や働きかけのみではスペース内でのコミュニティ形成が困難であることを示唆する結果を得た.これらの内容を2019年7月に国際学会(European Group for Organizational Studies)で報告した. 第2に,上記の内容について,学会発表で得たコメント等を反映させ,論文形式にまとめる作業を継続している.現在,2020年度第2四半期での国際ジャーナルへの投稿を目指している. 第3に,上記の論文化の作業に加えて,コワーキングスペースの事業継続に影響を与える要因に関して,分析を進めている.2020年4月上旬時点で,スペース空間のデザイン,スペース運営者によるイベントなどの活動実施,利用者間の相互作用とイノベーション創出などといった影響要因に関する特定作業を終え,論文化を進めている.ただ,年度当初の目的よりはやや遅れているため,2020年度の第1四半期に国際ジャーナルへの投稿に至るようにする.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2015年04月 -2020年03月 
    代表者 : 阿部 智和
     
    本研究では,主としてコワーキングペースを対象に,共有・共創スペースでのイノベーション創出活動を明らかにした.まず,1)共有・共創スペースに関する基礎的データベースの作成,2)それに基づく全国規模の質問票調査を実施し,定量データを収集した.次に,データをもとに,1)共有・共創スペースの特徴を明らかにし,2)スペースの成果(コミュニティとサステナビリティ)に寄与する要因を特定し,マクロ・レベルからスペースでのイノベーション活動の解明を試みた.さらに,3)利用者の相互作用を理解する予備的調査として,単一事例研究を行った.
  • 共有・共創型スペースにおけるイノベーションの収益化プロセスの国際比較
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A))
    研究期間 : 2019年 -2019年 
    代表者 : 阿部 智和
  • 野村マネジメントスクール:学術研究支援
    研究期間 : 2016年04月 -2018年03月 
    代表者 : 阿部智和
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2013年04月 -2017年03月 
    代表者 : 平本 健太, 阿部 智和, 坂川 裕司, 宇田 忠司, 小島 廣光
     
    本研究の目的は,コワーキングの価値創出メカニズムを解明することである.聞き取り調査をはじめとする質的手法と大規模サーベイという量的手法を併用し,次の手順で研究を遂行した. まず,(1)コワーキングの実態(コワーキングは,どのような「場」で,どのような「主体」による,どのような「関係」の下,どのような「価値」を創出しているのか)を包括的に解明する.その上で,(2)コワーキングの価値創出メカニズムはどのようなものかについての解明を試みた.その結果,施設,運営組織,戦略,活動,利用者ならびに成果に関する知見を得た.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2011年04月 -2016年03月 
    代表者 : 岩田 智, 平本 健太, 平野 実, 阿部 智和, 岡田 美弥子, 坂川 裕司, 相原 基大, 多田 和美, 谷口 勇仁, 小島 廣光, 宇田 忠司
     
    第1に、先行研究を渉猟することによって、グローバル・イノベーション活動を定義し、仮説を導出した。第2に、グローバル・イノベーション活動に関する研究方法を明らかにし、研究枠組を構築した。第3に、研究枠組に基づいて、グローバル・イノベーション活動に関する実証研究(定量的研究および定性的研究)を実施した。第4に、実証結果から得られた発見事実を整理し、理論的貢献、実践的含意、および今後の研究を含めた研究結果を導出した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2012年04月 -2015年03月 
    代表者 : 阿部 智和
     
    研究期間内で,(1)日本のオフィス空間のデザインに関する研究論文のレビュー作業および(2)開放的かつ〈たまり場〉を有するオフィス空間として,コワーキングスペースを対象とした実証研究を進めた. (1)では,1980年代から2000年代までの研究は快適性や機能性が追求されてきたこと,それ以降では経営学者らが知識創造の促進を目的としたオフィス空間のデザインに関する研究を蓄積してきたことを明らかにした. (2)からは,日本のコワーキングスペースの特徴を6つの視点から明らかにするとともに,国内最大の利用者数を誇るスペースを対象に,運営責任者がスペースというオフィス空間を設計していくプロセスを明らかにした.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2008年 -2009年 
    代表者 : 阿部 智和
     
    本研究は,開発組織を対象として,オフィス空間の物理的特性がそこで働く者のコミュニケーション・パターンにどのような影響を及ぼすかということを実証的に明らかにした.より具体的には,職務遂行上で重要な内容に関するコミュニケーションについて,(1)組織メンバーの物理的距離が隔たるほど対面コミュニケーションの発生回数は劇的に低下すること,(2)距離が隔たることによる対面コミュニケーションへの影響は組織設計によって減じることはできないこと,等を明らかにした.

教育活動情報

主要な担当授業

  • 基礎経営学B
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 経営戦略
  • 現代経済経営演習Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 経営組織論,経営戦略論,イノベーション・マネジメント
  • 現代経済経営演習Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 経営組織論,経営戦略論,イノベーション・マネジメント
  • 組織イノベーション論特論A
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 経営組織論,経営戦略論,イノベーション・マネジメント,実証研究
  • 組織イノベーション論特論B
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 経営組織論,経営戦略論,イノベーション・マネジメント,実証研究
  • 演習Ⅰ(2単位)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 経営組織論,経営戦略論,イノベーション・マネジメント
  • 演習Ⅱ(2単位)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 経営組織論,経営戦略論,イノベーション・マネジメント
  • 演習Ⅲ(2単位)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 経営組織論,経営戦略論,イノベーション・マネジメント
  • 演習Ⅳ(2単位)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 経営組織論,経営戦略論,イノベーション・マネジメント
  • 演習Ⅴ(2単位)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 経営組織論,経営戦略論,イノベーション・マネジメント
  • 演習Ⅵ(2単位)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 経営組織論,経営戦略論,イノベーション・マネジメント
  • 演習Ⅶ(2単位)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 経営組織論,経営戦略論,イノベーション・マネジメント
  • 演習Ⅷ(2単位)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 経営組織論,経営戦略論,イノベーション・マネジメント
  • 会計専門職特殊講義B
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 社会科学調査法,経営学,実証研究,文献レビュー
  • 応用経営学A
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 経営組織論,経営戦略論,イノベーション・マネジメント,実証研究
  • 経営事例研究A
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 経営組織論,経営戦略論,イノベーション・マネジメント,ケース・スタディ
  • 経営学B
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 経営戦略


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.