研究者データベース

石井 哲也(イシイ テツヤ)
安全衛生本部
教授

基本情報

所属

  • 安全衛生本部

職名

  • 教授

学位

  • 博士(北海道大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 40722145

J-Global ID

プロフィール

  • 生命倫理について研究してます。バイオテクノロジーの倫理的、法的、社会的観点からの分析を通じて、社会への接続に貢献したいと考えてます。具体的には、遺伝子組換え作物、幹細胞研究、生殖補助医療、遺伝子治療などに関心を寄せてます。日本生命倫理学会、日本実験動物学会、欧州ヒト生殖医学会(ESHRE)、国際幹細胞学会(ISSCR)の会員です。科学技術振興機構、京都大学iPS細胞研究所を経て、現在、北海道大学に勤務しております。

研究キーワード

  • 遺伝学   幹細胞生物学   生殖補助医療   医療社会学   生命倫理学   包括脳ネットワーク   

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学 / 生命倫理

所属学協会

  • 日本生命倫理学会   欧州生殖医学会   日本実験動物学会   国際幹細胞学会   

研究活動情報

論文

  • 石井 哲也, デミグエルベリアイン イニーゴ
    CRISPR jounral 2 6 370 - 375 2019年12月 [査読有り][通常論文]
     
    The social acceptability of germline genome editing (GGE) depends on its perceived safety, as well as respect for reproductive autonomy. However, it is doubtful that prospective parents sufficiently understand the risks of GGE. In the future, the use of GGE in specific situations seems plausible, as it offers couples potential means to safeguard genetically related future children from a serious disease and overcome infertility due to a gene mutation. Should GGE fail, however, some couples may be obliged to abort affected fetuses, or give birth to adversely affected children, which would be a tragedy. Some children might develop diseases later in life due to overlooked off-target mutations. Compounding this, some parents are unlikely to inform their offspring about the details of conception, hampering necessary follow-up. Prospective parents, scientists and policy makers should carefully discuss the safety implications of GGE for genetically related future children.
  • ”遺伝子編集はPGD後の胚選別にとって代わるか?国際出生前診断学会における議論についてのいくつかのコメント”に対するコメント
    デミグエル・ベルアイン イニゴ, 石井哲也
    出生前診断 39 1170 - 1172 2019年11月 [査読有り][通常論文]
  • 石井 哲也
    The New Bioethics 25 14 318 - 331 2019年08月 [査読有り][通常論文]
     
    UK law permits parents to use mitochondrial replacement (MR) to have genetically-related children without serious mitochondrial disease. However, long-term follow-up is required for each case. Whether this follow-up should be left to physicians, parents, or offspring has not been established. Due to the experimental status of MR, physicians must inform parents of the risks and the importance of follow-up tailored to a specific mitochondrial disease. Given that the use of MR is a responsible exercise of reproductive freedom, parents should ensure that the follow-up is performed properly and in the best interests of their offspring. On becoming legally competent, the resulting children should be entitled to refuse follow-up provided that the prevention of mitochondrial disease with no adverse effects has been evident till then. This offspring-centred long-term follow-up approach might also be applied to the use of MR for infertility treatment, even though the primary endpoint is healthy live births.
  • 石井哲也
    日本医師会誌 2 1 73 - 79 2019年 [査読有り][通常論文]
  • 石井 哲也
    Trends in Plant Science 23 947 - 950 2018年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Recent advances in crop gene-editing technologies allow for efficient site-specific mutagenesis without introducing exogenous DNA, potentially bypassing product-based genetically modified organism (GMO) regulations. Conversely, such plants can be subject to process-based GMO regulations. However, it is important to tailor existing GMO regulations with the aim to ensure social acceptance of gene-edited crops.
  • 石井 哲也
    EMJ Repro Health 4 1 88 - 99 2018年08月 [査読有り][招待有り]
     
    Human oocytes have an abundance of mitochondria that have their own genome. Mitochondrial
    functions are exerted through evolutionarily-developed interactions between the nucleus and
    mitochondria. Since 1996, fertility clinics have practiced various types of germline mitochondrial
    DNA (mtDNA) modification that alter the composition of mtDNA copies in oocytes or zygotes using
    micromanipulation. Experimental reproductive medicine has primarily intended to treat intractable
    infertility and has been used to prevent the maternal transmission of a pathogenic mtDNA mutation
    to offspring. In some cases, it has helped parents have a healthy genetically-related child; in others,
    it has resulted in miscarriages, aneuploid fetuses, or developmental disorders in the offspring.
    Adverse events have raised ethical controversy, leading to restrictive or prohibitive policies in
    the USA and China. Conversely, the UK recently became the first nation to explicitly permit two
    types of germline mtDNA modification (termed mitochondrial donation) for the sole purpose
    of preventing serious mitochondrial disease in offspring. The aim of this review is three-fold:
    first, to reshape the medical concept and evolution of germline mtDNA modification, while
    revisiting 14 clinical cases. Second, to analyse the legality of mtDNA modification, focussing on
    16 Western countries. Finally, to consider the ethical aspects, including permissible cases,
    reproductive options, use of preimplantation and prenatal testing, and the humane follow-up
    of resultant children. The clinical use of germline mtDNA modification will likely become legal,
    at least for use in preventative medicine, in some countries. However, the potential clinical, ethical,
    and evolutionary implications mean that caution is required when considering its wider application.
  • 石井 哲也, 日比野由利
    Reproductive Biomedicine & Society 5 93 - 109 2018年04月01日 [査読有り][通常論文]
     
    The clinical uses of cytoplasmic transfer and pronuclear transfer for infertility treatment have raised concerns, leading to restrictive regulatory responses in both the USA and China. In 2015, the UK legalized nuclear transfer from oocytes and zygotes to prevent the onset of serious mitochondrial disease in the children of affected mothers. A research team in the USA then performed egg nuclear transfer, with subsequent embryo transfer in Mexico, to prevent mitochondrial disease. A live birth resulted, but the cross-border activity attracted attention from regulatory authorities. In order to respond appropriately to the likelihood of the wider use of such mitochondrial manipulation techniques (MMT), the present study first surveyed countries where MMT have been clinically implemented or where such experimental procedures are advertised on the internet. Sixteen countries were selected for an analysis of the legal position regarding germline genetic modification and egg donation. It was found that regulation of the clinical use of MMT could be broken down into three categories: (i) largely prohibited (USA and China), (ii) not regulated (Northern Cyprus and Ukraine), and (iii) insufficiently regulated (the remaining 12 countries, including Mexico). The reasons for no or insufficient regulation included no intention to oversee experimental procedures, no consideration of the manipulation in eggs, unclear technical terms and ambiguous medical purposes. To protect future children, this study underscores the pressing need for regulatory frameworks with policies that cover MMT. Wider implications regarding the responsible implementation of procedures in experimental reproductive medicine are discussed.
  • 石井 哲也, César Palacios-González
    Gender and the Genome. 1 4 129 - 134 2017年12月 [査読有り][通常論文]
     
    In 2015 the United Kingdom (UK) became the first nation to legalize egg and zygotic nuclear transfer procedures using mitochondrial replacement techniques (MRTs) to prevent the maternal transmission of serious mitochondrial DNA diseases to offspring. These techniques are a form of human germline genetic modification and can happen intentionally if female embryos are selected during the MRT clinical process, either through sperm selection or preimplantation genetic diagnosis (PGD). In the same year, an MRT was performed by a United States (U.S.)-based physician team. This experiment involved a cross-border effort: the MRT procedure per se was carried out in the US, and the embryo transfer in Mexico. The authors examine the ethics of MRTs from the standpoint of genetic relatedness and gender implications, in places that lack adequate laws and regulation regarding assisted reproduction. Then, we briefly examine whether MRTs can be justified as a reproductive option in the US and Mexico, after reassessing their legalization in the UK. We contend that morally inadequate and ineffective regulations regarding egg donation, PGD, and germline genetic modifications jeopardize the ethical acceptability of the implementation of MRTs, suggesting that MRTs are currently difficult to justify in the US and Mexico. In addition to relevant regulation, the initiation and appropriate use of MRTs in a country require a child-centered follow-up policy and more evidence for its safety.
  • 石井 哲也
    Current Opinion in Endocrinology, Diabetes, and Obesity 24 6 418 - 423 2017年12月 [査読有り][招待有り]
     
    PURPOSE OF REVIEW:
    To review the recent ethical, legal, and social issues surrounding human reproduction involving germline genome editing.
    RECENT FINDINGS:
    Genome editing techniques, such as CRISPR/Cas9, have facilitated genetic modification in human embryos. The most likely purpose of germline genome editing is the prevention of serious genetic disease in offspring. However, complex issues still remain, including irremediable risks to fetuses and future generations, the role of women, the availability of alternatives, long-term follow-up, health insurance coverage, misuse for human enhancement, and the potential effects on adoption. Further discussions, a broad consensus, and appropriate regulations are required before human germline genome editing is introduced into the global society.
    SUMMARY:
    Before germline genome editing is used for disease prevention, a broad consensus must be formed by carefully discussing its ethical, legal, and social issues.
  • 石井 哲也
    Trends in Molecular Medicine 23 11 985 - 988 2017年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Recent advances in in vitro gametogenesis (IVG), including in humans, have raised ethical concerns regarding the potential misuse and manipulation of 'artificial embryos'. However, basic research onIVG is expected to be of immense scientific and social value provided that the ethical, legal, and social issues are carefully considered.
  • 石井 哲也
    Journal of Law and the Biosciences 2017年05月 [査読有り][招待有り]
     
    In 2016, a group led by Dr. John Zhang, New Hope Fertility Center New York city, briefly reported translational research on a type of mitochondrial replacement technique (MRT), resulting in a childbirth in Mexico at the American Society for Reproductive Medicine (ASRM) meeting.1 Regarding the first clinical use of experimental MRT (specifically, spindle nuclear transfer: SNT), César Palacios-González and María de Jesús Medina-Arellano2 conducted an in-depth legal study, pointing out the possibility that those involved in the SNT broke the Regulations of the General Health Law on Health Research 19873 (the Regulations).

    Palacios-González and Medina-Arellano asserted that Zhang et al. violated the Regulations primarily because the SNT research was implemented in order to prevent maternal transmission of a mitochondrial disease to offspring, which can hardly be interpreted as admissible research ‘to solve sterility problems that could not be otherwise solved’,4 as stipulated in the Regulations. Although the authors appear to have effectively accused Zhang et al. of regulatory violation, the scientists might offer a counterargument against the authors. More importantly, the authors’ legal interpretation paradoxically suggests that research on experimental SNT will be admissible to solve ‘sterility problems’ at fertility clinics in Mexico.

    The present commentary first considers possible counterarguments to the judgment by the two authors. It then discusses some legal and social implications of MRTs for infertility treatment, indicating the potential for reproductive tourism suggesting that MRTs may be a last resort for treating intractable female infertility.
  • 石井 哲也
    Animal Frontiers 7 2 24 - 32 2017年04月 [査読有り][招待有り]
     
    With the advent of robust genome editing tools, strains of cattle, pigs, sheep, goats, and fowls with no transgenes have been bred.

    Food products derived from genome-edited livestock are expected to enter the market soon after the safety is confirmed in a country. However, previous controversy over genetically modified (GM) animals and cloned animals suggests that many people will be unlikely to accept the products from genome-edited animals.

    The social acceptance of such farm animal products would depend on the major premise that animal breeding by genome editing is performed after due considerations with regard to people’s sense of ethics as well as animal welfare.
  • Editing the Human Genome: Progress and Controversies
    Moderator, Marianne J. Legato, Participants, George M. Church, Henry T. Greely, Tetsuya Ishii, Virginia M. Miller, Justin P. Killian, Sherif Moussa
    Gender and the Genome. 1 1 4 - 11 2017年03月 [査読無し][招待有り]
  • 石井 哲也
    Reproductive Biomedicine Online 34 1 27 - 31 2017年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Genome editing based on site-directed nucleases facilitated efficient and versatile genetic modifications in human cells. However, recent reports, demonstrating CRISPR/Cas9-mediated genome editing in human embryos have raised profound concerns worldwide. This commentary explores the clinical justification and feasibility of reproductive medicine using germline genome editing. Despite the perceived utility of reproductive medicine for treating intractable infertility, it is difficult to justify germline genome editing from the perspective of the prospective child. As suggested by the UK legalization regarding mitochondrial donation, the prevention of genetic disease in offspring by genome editing might be acceptable in limited cases of serious or life-threatening conditions, where no alternative medicine is available. Nonetheless, the mosaicism underlying human embryos as well as the off-target effect by artificial nucleases will likely hamper preimplantation genetic diagnosis prior to embryo transfer. Such considerations suggest that this type of reproductive medicine should not be developed toward a clinical application. However, the clinical uncertainties underscore the need for embryology that can address fundamental questions regarding germline aneuploidy and mosaicism using genome editing.
  • 石井 哲也
    Briefings in Functional Genomics 16 1 46 - 56 2017年01月 [査読有り][招待有り]
     
    Genome editing allows for the versatile genetic modification of somatic cells, germ cells and embryos. In particular, CRISPR/Cas9 is worldwide used in biomedical research. Although the first report on Cas9-mediated gene modification in human embryos focused on the prevention of a genetic disease in offspring, it raised profound ethical and social concerns over the safety of subsequent generations and the potential misuse of genome editing for human enhancement. The present article considers germ line genome editing approaches from various clinical and ethical viewpoints and explores its objectives. The risks and benefits of the following three likely objectives are assessed: the prevention of monogenic diseases, personalized assisted reproductive technology (ART) and genetic enhancement. Although genetic enhancement should be avoided, the international regulatory landscape suggests the inevitability of this misuse at ART centers. Under these circumstances, possible regulatory responses and the potential roles of public dialogue are discussed.
  • ゲノム編集作物の国際規制環境に関する将来のシナリオ
    石井 哲也
    GM Crops & Food In press 2016年12月 [査読有り][招待有り]
  • 石井 哲也
    Current Stem Cell Reports 2 313  2016年10月 [査読有り][招待有り]
     
    Genome editing has facilitated versatile gene modifications in somatic and
    stem cells. Despite the early stage, therapeutic uses of ZFN and TALEN have
    already demonstrated promising results in the treatment of HIV and leukemia.
    Although the medical conditions to which genome editing therapy is applied
    are being expanded in the clinical trials, it is currently unclear whether
    regulatory authorities will approve genome editing therapy in the near future.
    Moreover, the widespread use of CRISPR/Cas9, in particular, is likely to lead
    to clinically unproven disease treatments. Furthermore, genome editing might
    be used for gene doping or cosmetic treatments. This article discusses the
    prospects of somatic genome editing for health purposes, while briefly
    reviewing the relevant clinical trials. Moreover, some potential ethical issues
    arising from the widespread use of genome editing are considered to discuss
    how genome editing
    medicine might be appropriately integrated into the
    global society.
  • 石井 哲也, 荒木素子
    Plant Cell Reports 35 7 1507 - 1518 2016年07月 [査読有り][招待有り]
     
    One of the major problems regarding consumer acceptance of genetically modified organisms (GMOs) is the possibility that their transgenes could have adverse effects on the environment and/or human health. Genome editing, represented by the CRISPR/Cas9 system, can efficiently achieve transgene-free gene modifications and is anticipated to generate a wide spectrum of plants. However, the public attitude against GMOs suggests that people will initially be unlikely to accept these plants. We herein explored the bottlenecks of consumer acceptance of transgene-free food crops developed by genome editing and made some recommendations. People should not pursue a zero-risk bias regarding such crops. Developers are encouraged to produce cultivars with a trait that would satisfy consumer needs. Moreover, they should carefully investigate off-target mutations in resultant plants and initially refrain from agricultural use of multiplex genome editing for better risk-benefit communication. The government must consider their regulatory status and establish appropriate regulations if necessary. The government also should foster communication between the public and developers. If people are informed of the benefits of genome editing-mediated plant breeding and trust in the relevant regulations, and if careful risk-benefit communication and sincere considerations for the right to know approach are guaranteed, then such transgene-free crops could gradually be integrated into society.
  • 石井 哲也, Renee A Reijo Pera
    Nature Biotechnology 34 5 470 - 473 2016年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Current assisted reproductive technology (ART), such as in vitro fertilization and intracytoplasmic sperm injection, depends on the premise that both partners produce fertile eggs or sperm (gametes). As yet, there is no ART treatment for individuals with few or no gametes, unless donor gametes are used. Ongoing research suggests that autologous female or male germ cells may be regenerated from somatic cells by controlling cell fate; if so, there is a possibility that ART might aid infertile couples and even same-sex couples in the future. Before such ART treatments using induced germ cells can be considered in the clinical context, however, a great many questions concerning the safety and efficacy of such procedures must be answered. Moreover, profound ethical and social concerns will arise if such induced germ cells are needlessly generated, cryopreserved and used for reproductive purposes in clinics without a definition of their appropriate roles in ART. As a response to the increasing feasibility of inducing germ cells from human pluripotent stem cells, we discuss below the current technical challenges to creating induced human germ cells and explore some of the ethical, legal and social issues associated with their use in clinical practice.
  • 荒木素子, 石井 哲也
    Trends in Biotechnology 34 2 86 - 90 2016年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Genome editing, represented by CRISPR/Cas9, facilitates somatic and germline gene modifications in many species, including humans. However, one of key issues, off-target mutation deserves special consideration prior to clinical applications. We herein discuss the importance of risk information on genome editing for obtaining legitimate patient consent and social acceptance.
  • 石井 哲也
    Trends in Molecular Medicine 21 8 473 - 481 2015年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Genetically modifying eggs, sperm, and zygotes (‘germline’ modification) can impact on the entire body of the resulting individual and on subsequent generations. With the advent of genome-editing technology, human germline gene modification is no longer theoretical. Owing to increasing concerns about human germline gene modification, a voluntary moratorium on human genome-editing research and/or the clinical application of human germline genome editing has recently been called for. However, whether such research should be suspended or encouraged warrants careful consideration. The present article reviews recent research on mammalian germline genome editing, discusses the importance of public dialogue on the socioethical implications of human germline genome-editing research, and considers the relevant guidelines and legislation in different countries.
  • 荒木素子, 石井哲也
    Trends in Plant Science 20 3 145 - 149 2015年03月 [査読有り][通常論文]
     
    ゲノム編集技術は、外来遺伝子を導入せずに、効率的な植物育種を容易にしたが、遺伝子組換え生物(GMO)規制において、不明瞭な規制領域を作りつつある。ゲノム編集による植物育種の急速な進展は、プロセスベースとプロダクトベースのGMO規制の間のギャップを埋めつつ、この新しいバイオテクノロジーに対する新しい国際ポリシーを
    構築することを喫緊としている。本稿では、ゲノム編集を用いた主要作物の育種の動向を深く分析し、これをふまえて、遺伝的改変を達成する様々な方法論と、その結果生じる変異を考慮した規制モデルを提唱する。また、我々は、将来のゲノム編集作物の社会への統合、とりわけ、遺伝子工学により生み出された成分を含む食品の表示を求める「知る権利」の運動に対するひとつの応答可能性についても議論する。
  • 石井 哲也
    化学と生物 52 12 836 - 840 2014年12月 [査読有り][招待有り]
     
    ZFN, TALEN, CRISPR/Casに代表されるゲノム編集技術は,従来の遺伝子組換え技術に比して圧倒的に高効率な遺伝子改変を可能とし,科学,産業,医療などへの広範なインパクトをもたらすと注目を集めている.一方で,ゲノム編集は,いわゆる“痕跡残らぬ”遺伝子改変をもたらし,現行の遺伝子組換え生物の規制上に不明瞭な境界領域を生み,問題となりつつある.本稿は遺伝子工学におけるゲノム編集技術の位置づけを分析し,海外における規制対応状況を俯瞰したうえで,今後の農業,産業,医療などへの応用における潜在的な問題を考察する.また,ゲノム編集技術の到来を研究上の観点から好意的に捉えることにとどまらず,社会の理解を得つつ,社会に貢献できる研究開発のあり方についても言及する.
  • 荒木 素子, 石井 哲也
    Reproductive Biology and Endocrinology 12 108 1 - 12 2014年11月 [査読有り][通常論文]
     
    ZFN、TALEN、CRISPR/Cas等のゲノム編集は非ヒト霊長類においてさえも格段に効率的な遺伝子改変を容易にした。もし、修復的ゲノム編集がIVFに代表される生殖補助医療技術と統合した場合、このバイオテクノロジーは遺伝性疾患の予防医療に発展する可能性が従前にもまして高まっている。ゲノム編集の急速な発展は臨床における生殖系遺伝子修復の敷居を今後さらに低くするものとみられるが、このような医療が現実となる前に言及されるべき、多くの問題が未だある。我々はここに哺乳類のES細胞や受精卵のゲノム編集の現状を踏まえ、ヒト生殖系遺伝子改変の国際規制環境における潜在的な問題を論じる。また、我々は、各々の国がゲノム編集を介する予防医療を目的とした生殖系遺伝子修復を容認すべきか検討する際に生じるであろう、いくつかの倫理的、社会的問題についても言及する。
  • 石井 哲也
    J. Clin. Med. 3 4 1064 - 1083 2014年10月 [査読有り][通常論文]
     
    近年、in vitroおよびin vivo誘導系を組み合わせて、マウスiPS細胞から生殖可能な精子や卵子が作出された。ヒトiPS細胞からの生殖細胞の誘導に関しては、男性生殖系において特に進展があり、半数体の、丸い精細胞がin vitroで誘導可能なことが実証されている。
    iPS細胞由来の生殖細胞は目下満たされていない生殖ニーズに言及しうる生殖補助医療(ART)の一種に繋がるものと期待されるが、iPS細胞樹立および生殖細胞誘導において遺伝的、エピジェネティックな不安定性を招く恐れが高い。加えて、女性生殖系においては未だ誘導プロトコールの改善の余地がある。しかしながら、幹細胞研究の急速な進展により、そのような障壁は乗り越えられ、人工的に誘導された生殖細胞の臨床応用は、そう遠くなく実行されるものと目される。このレビューはヒトiPS細胞からの生殖細胞誘導の現状を俯瞰するとともに、その将来の方向性、ならびに臨床応用の可能性を議論する。
  • 石井 哲也, 江藤 浩之
    World Journal of Stem Cells 6 4 404 - 420 2014年09月 [査読有り][招待有り]
     
    1928年以来、ヒト胎児由来の組織や幹細胞は、様々な疾患の治療に用いられてきた。とりわけパーキンソン病に対する胎児由来中脳黒質組織移植が著名であるが、その他の胎児由来移植片、肝臓、胸腺、膵臓等についても、将来の幹細胞移植に資する多くの教訓が得られるゆえ言及されるべきである。本稿は過去の胎児由来組織等の移植の紆余曲折が今日の純化胎児由来幹細胞や胚性幹(ES)細胞を用いた臨床試験へ至る道程を論述する。また、その移植治療戦略に関して、胎児由来に関連する倫理的問題に加え、ドナー細胞、細胞加工、および治療細胞のニッチの観点から考察した。その結果、胎児由来組織等の移植で画期的成果が挙がることもあったが、臨床におけるこの種の移植片への依存は、倫理の観点から依然として論争が続いているゆえ、自己由来の人工多能性(iPS)細胞やES細胞の登場で次第に減じるものと予期された。
  • 石井 哲也
    Reproductive BioMedicine Online 29 2 150 - 155 2014年08月 [査読有り][通常論文]
     
    ヒト生殖細胞系の遺伝的改変に関するこれまでの議論の結果、いかなる遺伝的改変も禁じるという世界的合意が形成された。 しかしながら、英国ヒト受精・胚研究規制庁は、政府の依頼を受けて科学的な審議および広範な世論聴取を行ない、ミトコンドリア病の母系遺伝を予防する目的で、ヒト卵子ならび胚のミトコンドリアDNA改変に関する法的禁止を、議会にて解禁することを進言した。
    このミトコンドリア置換という新しい医学的手技に関して、倫理的、生物医学的問題を精査し、実施に先立ち必要な事項をここに提言する。 また、英国での法的解禁が、生殖細胞系の遺伝的改変に関するグローバルポリシーに与えうる重大な影響についても、近年のゲノム編集技術の進展をふまえつつ議論する。 結論として、ヒトにおけるミトコンドリア置換の実施に先立ち、この手技に関する倫理的、実際上の検討をより深く進めるとともに、国際調和をとることが必要と考えられた。
  • 石井 哲也, 大津 珠子
    科学技術コミュニケーション 15 59 - 71 2014年06月 [査読有り][通常論文]
     
    胎児の染色体異常を検査とする無侵襲性出生前遺伝学的検査(NIPT)は,検査採血の容易さ,妊娠早期の検査実施,および高い信頼性により生殖の自己決定権を向上しうる.しかし,臨床的,倫理的,および社会的問題も同時にもたらした.我々はNIPTに関するサイエンスカフェを実施し,その結果を考察した. このカフェでは,参加者に生殖や先天異常の情報を提供するとともに,NIPTに対する様々な姿勢や関連法についても説明した.アンケート調査の結果,参加者のNIPT受容性は,受容可能(27%),どちらかというと受容可能(32%),どちらかというと受容不可能(14%),受容不可能(1%),回答不能(26%)となり,既報の世論調査と比較すると,一部参加者がより慎重な姿勢となった可能性が示唆された.また,一部参加者は遺伝的疾患や知能の検査へのNIPT利用を受容しうると回答した.NIPTの更なる利用拡大に先立ち,生殖の自己決定権のより倫理的な行使には社会教育の充実が不可欠であるが,サイエンスカフェは親密な雰囲気下での情報提供と参加者間コミュニケーションの促進が可能であることから,有効な社会教育の一つとなりうる.
  • 荒木素子, 野島久美恵, 石井哲也
    Trends in Biotechnology 32 5 234 - 237 2014年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Genome-editing technology, although a robust tool for genetic engineering, is creating indistinct regulatory boundaries between naturally occurring and modified organisms. However, researchers must act with caution in research and development to avoid misleading society. Furthermore, appropriate regulations should be proactively discussed and established for handling genome-editing technology.
  • 吉村 彩, 武藏 学, 金子 壮朗, 大西 俊介, 折戸 智恵子, 川原 由佳子, 橋野 聡, 森松 正美, 今野 哲, 有川 二郎, 石井 哲也, 澤村 正也, 上田 一郎
    アレルギー 63 8 1132 - 1139 2014年 [査読有り][通常論文]
     
    【目的】北海道大学で発生したマウス咬傷によるアナフィラキシー事例を踏まえ,アレルギー予防対策の構築を目的として,動物実験を実施する学生及び職員の動物アレルギーの感作状況を調査した.
    【方法】齧歯類等の取扱者で同意を得た555名を対象に問診票と実験動物5種に対する特異的IgE抗体と好酸球数測定によるアレルギー健診を実施した.
    【結果】特異的IgE抗体陽性率(陽性者数/取扱者数)は,マウス14.1%(62/441名),ラット17.9%(50/279名),ハムスター18.8%(6/32名),モルモット17.4%(4/23名),ウサギ11.3%(12/106名)であった.マウス取扱者においては,動物に接触した時に何らかのアレルギー症状が現れる場合は,抗マウスIgE抗体陽性率が有意に高いことも判明した(38.1% vs 8.8%,p<0.01).
    【結論】動物取扱者の感作状況を把握するために,特異的IgE抗体検査を含む健診を実施することが有用であることが示された.
  • Tetsuya Ishii, Renee A. Reijo Pera, Henry T. Greely
    Cell Stem Cell 13 2 145 - 148 2013年08月 [査読有り][通常論文]
     
    ヒトの卵子や精子を、多能性幹細胞からの分化誘導や体細胞からのダイレクトリプログラミングで得ることが可能となれば、生殖補助医療 (ART) に多大なる影響をもたらすであろう。本稿では、このようにして作製された女性あるいは男性の配偶子(卵子、精子)を臨床応用に進める際に生じるであろう、重要な倫理的、法的、および社会的課題を論じる。
  • International Stem Cell Initiative
    Nature Biotechnology 29 12 1132 - U113 2011年12月 [査読有り][通常論文]
     
    The International Stem Cell Initiative analyzed 125 human embryonic stem (ES) cell lines and 11 induced pluripotent stem (iPS) cell lines, from 38 laboratories worldwide, for genetic changes occurring during culture. Most lines were analyzed at an early and late passage. Single-nucleotide polymorphism (SNP) analysis revealed that they included representatives of most major ethnic groups. Most lines remained karyotypically normal, but there was a progressive tendency to acquire changes on prolonged culture, commonly affecting chromosomes 1, 12, 17 and 20. DNA methylation patterns changed haphazardly with no link to time in culture. Structural variants, determined from the SNP arrays, also appeared sporadically. No common variants related to culture were observed on chromosomes 1, 12 and 17, but a minimal amplicon in chromosome 20q11.21, including three genes expressed in human ES cells, ID1, BCL2L1 and HM13, occurred in >20% of the lines. Of these genes, BCL2L1 is a strong candidate for driving culture adaptation of ES cells.
  • 米国における胚性幹細胞の医療応用に向けた動向
    松永亜由美, 石井哲也
    再生医療 日本再生医療学会雑誌 10 2 2011年 [査読有り][通常論文]

書籍

  • ヒト生殖細胞系列ゲノム改変と科学の権利:法と政策の比較研究
    石井哲也 (担当:分担執筆範囲:第16章 日本におけるヒト生殖細胞系列ゲノム改変の規制)
    ケンブリッジ大学出版 2020年01月
  • 研究者、臨床医および医療提供者のための精密医療
    石井哲也 (担当:分担執筆範囲:第41章 ゲノム編集を伴う生殖医療:臨床的および社会的難問)
    エルゼビア 2019年11月
  • 石井哲也 (担当:分担執筆範囲:植物バイオテクノロジーにおけるゲノム編集の規制:日本)
    シュプリンガー 2019年 (ISBN: 9783030171186) xi, 372 p.
  • 人がセックスをやめるとき: 生殖の将来を考える
    翻訳者, 石井 哲也 (担当:その他)
    東京化学同人 2018年12月 (ISBN: 480790941X) 
    数十年後の先進国では,生殖医療が安全に安価に行われるようになって,人々は子をもうける目的での性行為をしなくなるだろうと著者はいう. 本書では,このような生殖の未来をもたらす革命的な生物学的技術について述べ,そこで人類が直面するであろう倫理的および社会的問題を提起する.
  • Encyclopedia of Reproduction 2nd Edition
    石井 哲也 (担当:分担執筆範囲:Global Changes in the Regulation of Reproductive Medicine)
    Elsevier 2018年08月 (ISBN: 9780128118993) 380-386 
    The regulatory landscape of reproductive medicine has globally changed, reflecting ethical, religious, and social aspects as well as advances in biomedicine. This chapter describes the current state of regulation of reproductive medicine in 49 countries, and examines the changes in such regulation over past decade. It then reviews important legal changes in in vitro fertilization, gamete donation, surrogacy, preimplantation genetic diagnosis, and germline genetic modification. It also focuses on the regulation of reproductive medicine in the G7 countries. Finally, it discusses future potential regulatory changes, particularly regarding reproductive medicine involving no third parties.
  • Genome Editing and Engineering From TALENs, ZFNs and CRISPRs to Molecular Surgery
    石井 哲也 (担当:分担執筆範囲:The Ethics of Human Genome Editing)
    Cambridge University Press 2018年08月 (ISBN: 9781107170377) 443-453
  • エコノミスト 2017年 7/25 号 病は遺伝子で治す
    石井 哲也 (担当:分担執筆範囲:現実味帯びる遺伝子改変人間)
    毎日新聞社 2017年07月
  • 新赤版1669 ゲノム編集を問う - 作物からヒトまで
    石井 哲也 (担当:単著)
    岩波書店 2017年07月 (ISBN: 9784004316695) 224 
    「ゲノム編集」とは何で、何が問題なのか。――〈狙った遺伝子を〉〈痕跡残さず〉改変できるこの技術は、生命のありようをどう変え、そしてどこまで変えることが許されるのか。規制と推進とで揺れる中、対話のために、作物や家畜の品種改良、そしてヒトの医療におけるその可能性と課題をあぶり出し、いかに向き合うべきかを真摯に問う。
  • ヒトの遺伝子改変はどこまで許されるのか ゲノム編集の光と影
    石井 哲也 (担当:単著)
    イーストプレス 2017年01月 (ISBN: 4781680259) 
    ゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」は、これまでの技術とは比較にならないほど正確かつ自在にDNAを操作することが可能となった。農業、畜産など様々な分野での利用が期待されているが、とりわけ注目すべきは医療分野だ。ゲノム編集が「ヒトの受精卵」の遺伝子改変に利用されるという、かつてない状況のなかで、われわれは「生命」「家族」をどう捉えるべきか。本書ではゲノム編集の可能性と課題を浮き彫りにする。
  • Human Reproduction: Updates and New Horizons
    石井 哲也 (担当:分担執筆範囲:Mitochondrial Manipulation for Infertility Treatment and Disease Prevention)
    John Wiley and Sons 2016年12月 (ISBN: 9781118849583) 432 205-230 
    Mitochondrial dysfunction in human germline may be associated with infertility. Moreover, mitochondrial diseases are caused by various mutations in mitochondrial and/or nuclear DNA. This chapter discusses the past, present and future of mitochondrial manipulation techniques such as ooplasmic transfer, pronuclear transfer, germinal vesicle transfer, spindle transfer and genome editing.
  • ゲノム編集医療は社会に普及するか
    石井 哲也 (担当:単著)
    科学 岩波書店 2016年12月
  • 進化するゲノム編集技術
    石井 哲也 (担当:分担執筆範囲:ゲノム編集の医療応用への課題と展望)
    ネヌ・ティー・エス 2015年10月
  • ヒト受精卵のゲノム編集と倫理的意味
    石井 哲也 (担当:単著)
    現代化学(東京化学同人) 2015年07月
  • 医学のあゆみ別冊 次世代iPS医療
    石井 哲也 (担当:分担執筆範囲:iPS細胞と政策)
    医歯薬出版株式会社 2012年
  • 幹細胞医学と病理
    石井 哲也 (担当:分担執筆範囲:「iPS細胞とは」)
    文光堂 2009年

講演・口頭発表等

  • 日本におけるゲノム編集生物:過去、現在、未来  [招待講演]
    石井哲也
    欧州におけるゲノム編集:新しい議事、それとも新しい論争か? 2020年10月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 遺伝的つながりのある将来の子のための生殖細胞系列ゲノム編集の安全性問題と親の生殖の自己決定権  [通常講演]
    石井哲也
    2020年世界生命倫理会議 2020年06月 口頭発表(一般)
  • 配偶子提供の再考:匿名提供の困難化を足がかりに.  [通常講演]
    石井哲也
    2019年日本生命倫理学会大会 2019年12月 口頭発表(一般)
  • ミトコンドリア置換後の長期フォローアップは医師、親、あるいは子に任せるべきか?  [通常講演]
    石井哲也
    2019年欧州生殖医学会 2019年06月 口頭発表(一般)
  • クリニックにおける生殖細胞系列ゲノム編集の指針案  [招待講演]
    石井 哲也
    キーストンシンポジア2018プログラム可能ヌクレアーゼを用いた高精度ゲノム編集 2018年02月 口頭発表(招待・特別) キーストン、コロラド、米国 キーストンシンポジア
     
    Recently, several reports have appeared, demonstrating that human embryos can be genetically modified using CRISPR/Cas9. In the near future, human germline genome editing will be clinically used. It is worth considering the appropriate uses from early on, although its clinical, ethical, legal and social issues still remain. In the present talk, the potential guidelines for the clinical use of germline genome editing is discussed. Although the most likely purpose is the prevention of serious monogenic disease in offspring, its use for the treatment of intractable infertility cases is also likely. It further discusses moral characters as well as duties or rules, for the responsible uses of human germline genome editing.
  • ミトコンドリア操作を伴う生殖医療の 倫理的査問  [招待講演]
    石井 哲也
    受精着床学会2017年大会 2017年07月 口頭発表(招待・特別)
  • Indications of the global prevalence of inheritable mitochondrial modifications.  [通常講演]
    石井 哲也
    欧州生殖医学会2017年大会 2017年07月 ポスター発表
  • ゲノム編集家畜を査問する  [招待講演]
    石井 哲也
    日本ゲノム編集学会 2017年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 生殖細胞系列の遺伝学的改変の現状と 倫理的・社会的問題  [招待講演]
    石井 哲也
    神戸大学人文・社会科学系融合研究領域ワークショップ 2017年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Challenges and Solutions for Food Security in Asia-Pacific  [招待講演]
    石井 哲也
    PLANT GENOMICS & GENE EDITING ASIA CONGRESS 2017年04月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • ヒト胚へのゲノム編集技術:臨床利用の是非  [通常講演]
    石井 哲也
    第28回日本生命倫理学会年次大会 2016年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 体細胞ゲノム編集:疾患治療とその先にあるもの  [通常講演]
    石井 哲也
    第28回日本生命倫理学会年次大会 2016年12月 口頭発表(一般)
  • 生殖細胞系列のゲノム改変が意味するもの  [通常講演]
    石井 哲也
    第35回日本医学哲学・倫理学会大会 2016年11月 口頭発表(一般)
  • 石井 哲也
    第10回家畜DNA西郷シンポジウム 2016年09月 口頭発表(招待・特別) 福島 (独)家畜改良センター、(公社)畜産技術協会
     
    ゲノム編集技術を用いた家畜や家禽の育種研究が急速な勢いで進んでいる。遺伝子組換え技術の農業応用を回顧すると、遺伝子組換え作物は20年の月日を経て少なくとも28か国で商業栽培に至ったが、一般の人々の間では依然として安全性や環境への悪影響に対する懸念がある。日本における遺伝子組換え作物の商業栽培例は、花卉を除けばない。一方、遺伝子組換え動物に関しては規制当局の承認自体が僅少である。米国における医薬品のバイオリアクターとして供するヤギのほか、直接食用に供する目的の動物は北米におけるサケ程度しか思い浮かばない。遺伝子組換え技術の農業応用における懸念はいくつかの要因があり、特に導入された外来遺伝子が注目されている。しかし、それ以外の要因、特に倫理的観点についても慎重に検討すべきではないだろうか。さて、ゲノム編集は、遺伝子組換えに比較して多様な遺伝子改変を高効率に達成できる優れた遺伝子工学ツールである。ゲノム編集を用いて研究開発されている家畜や家禽を俯瞰すると、その大多数は、外来遺伝子の導入ではなく、内在の遺伝子の破壊、あるいは遺伝子異型のコピーといった改変を行っている。これらの外来遺伝子がない家畜等に由来する食品は人々に受けいれられるだろうか。
  • 石井 哲也
    日本植物学会第80回大会 2016年09月 口頭発表(招待・特別) 沖縄
  • ゲノム編集技術の社会統合を考える  [通常講演]
    石井 哲也
    日本学術会議主催「ゲノム編集技術の 現状と将来展望」 2016年08月 口頭発表(招待・特別)
  • What are the appropriate roles of induced germ cells at fertility clinics?  [通常講演]
    Tetsuya Ishii, Renee. A. Reijo Pera
    欧州生殖医学会 2016年07月 ポスター発表
  • 石井 哲也
    the Second Annual Clinical Applications of Stem Cells 2016年02月 口頭発表(招待・特別) シンガポール Select Biosciences South East Asia
     
    Genome editing technology, represented by CRISPR/Cas9, facilitates somatic and germline gene modifications. The introduction of site-directed nucleases efficiently disrupts endogenous genes, repairs mutations and adds exogenous genes at target sites in the human genome, potentially providing a myriad of medical benefits. However, there are some issues that should be addressed in genome editing-mediated cell transplantations. Autologous ex vivo somatic editing therapy and in vitro germline editing medicine are herein discussed from clinical, ethical and legal points of view. With regard to legal aspect, there is no significant problem in ex vivo somatic editing. By contrast, in vitro germline genome editing faces a de facto global consensus that no human germline should be genetically modified for reproductive purposes. However, current regulatory landscape (39 countries) suggests that human germline gene modification is not completely prohibited worldwide. Informed consent is obtainable from patients who will receive edited somatic cells. In the case of germline editing, the consent can be obtained from prospective parents. In doing so, the risk of off-target effects will be included in the explanation prior to obtaining informed consent. This presentation will discuss possible responses to upcoming clinical, ethical and legal issues raised by genome editing-mediated cell transplantation.
  • ゲノム編集を経る全く新しい道程  [招待講演]
    石井 哲也
    国際ヒトゲノム編集サミット 2015年12月 口頭発表(招待・特別) Washington D.C. The US NAS, the CAS and the RS
  • 石井 哲也
    第27回日本生命倫理学会年次大会 2015年11月 口頭発表(一般) 
    長きにわたる論争を経て、ヒト生殖細胞系のいかなる遺伝的改変も禁じるという世界的コンセンサスが形成されてきた。しかしながら、2015年2月、英国議会は重篤なミトコンドリア病の母系遺伝予防を目的とした、卵子や胚間での核移植によるトコンドリア移植の許認可法案を可決し、生殖細胞系の遺伝的改変を明確に認める初の国が生まれた。私は、ミトコンドリア移植に関する生物医学的、法的、倫理的問題を精査し(1)、英国における法制化が世界に与える影響について警鐘を鳴らし続けている(2)。だが、英国に呼応するかのように、米国科学アカデミーがFDA依頼を受け、目下、ミトコンドリア移植の倫理的側面の検討を進めている。 近年、ゲノム編集と呼ばれる人工ヌクレアーゼは、従来のウイルスベクターなどに比して利用が簡便で、高効率な改変を可能とし、霊長類の受精卵への精密注入により標的遺伝子改変が可能であるという報告がなされている。私は、ゲノム編集と生殖補助医療が合流した際に生じる、生物医学的、倫理的、法的、社会的課題の検討を行い、昨年、生殖細胞系における変異修復を目的を目的とした予防医療の問題点について論文発表を行った(3)。これを契機に、生殖細胞系ゲノム編集の議論に参加している(4, 5, 6, 7)。一方で、ごく最近、ゲノム編集を用いて変異ミトコンドリアDNAを駆逐する改良型ゲノム編集が報告され、ミトコンドリア移植における倫理的問題の一つ、卵子ドナーが不要となる可能性も生まれつつある。本報告では、ゲノム編集の濫用も含めて、生殖細胞系のゲノム編集の倫理的、社会的意味について議論する(8)。
  • 石井 哲也
    Genome on demand? exploring of the implications of human genome editing 2015年11月 口頭発表(招待・特別) オランダ The Health Council of the Netherlands (GR) and The Netherlands Commission on Genetic Modification (COGEM)
  • 石井 哲也
    UNESCO Chair in Bioethics 11th World Conference 2015年10月 口頭発表(一般)
  • 石井 哲也
    第7回遺伝子組換え実験安全研修会 2015年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 東京 全国大学等遺伝子研究支援施設連絡協議会
  • 石井 哲也
    CRISPR Genome Editing in Medicine and Biotechnology 2015年06月 口頭発表(招待・特別) ソウル Center for Genome Editing at the Institute for Basic Science
  • ゲノム編集による植物育種と 社会科学的課題  [招待講演]
    石井 哲也
    日本学術会議遺伝子組換え作物分科会 2015年04月 口頭発表(招待・特別) 東京 日本学術会議
  • 胎児および胚由来細胞移植と幹細胞からの生殖細胞誘導に対する倫理的考察  [招待講演]
    石井 哲也
    第8回再生医療&幹細胞世界会議2015(韓国) 2015年03月 口頭発表(招待・特別)
  • 生殖細胞系の 高精度遺伝的改変技術の進展と 倫理的、法的、社会的課題  [通常講演]
    石井 哲也
    第26回日本生命倫理学会年次大会 2014年10月 口頭発表(一般) 浜松
  • URA の意義と今後の展望:理系機関での実績を踏まえた一つの観点  [招待講演]
    石井 哲也
    研究推進におけるURAの意義と多様性―文系機関での可能性を探る 2014年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 東京大学 東京大学社会科学研究所研究戦略室

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ミトコンドリア操作を伴う実験的生殖医療の倫理:ジェンダーと血縁を手がかりとして
    公益財団法人上廣倫理財団:平成29年度研究助成
    研究期間 : 2020年02月 -2021年01月 
    代表者 : 石井 哲也
  • 先端幹細胞技術と既存医療の合流がもたらす社会的インパクトに関する研究
    日本学術振興会:科研費 基盤C
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 石井 哲也

教育活動情報

主要な担当授業

  • 医倫理学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学研究科
  • 医倫理学序論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 医学院
  • 生命倫理学特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 生命科学院
    キーワード : 生命倫理、被験者保護、インフォームド・コンセント、個人情報、薬害、動物実験、胚研究、遺伝子改変、遺伝子特許、データ捏造、デュアルユース
  • 大学院共通授業科目(一般科目):複合領域
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 生命倫理、被験者保護、インフォームド・コンセント、個人情報、薬害、動物実験、胚研究、遺伝子改変、遺伝子特許、データ捏造、デュアルユース
  • 医倫理学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : bioethics, Declaration of Helsinki, ethics of science and technology, epidemiological studies, clinical trials, medical informatics, human genome and genetic sequencing research, genome editing, research misconduct.

大学運営

社会貢献活動

  • ゲノム編集家畜と倫理
    期間 : 2020年10月07日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 農林水産省
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 中央畜産技術研修会
  • ゲノム編集と生命倫理
    期間 : 2017年07月17日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : ゲノム問題検討会議
    イベント・番組・新聞雑誌名 : シンポジウム タブーに踏み込む科学・科学者 軍事研究、遺伝子操作について考える
  • 期間 : 2015年09月24日
    役割 : 講師
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 北海道政経懇話会
     北海道政経懇話会(代表幹事・広瀬兼三北海道新聞社社長)は、9月24日正午から札幌東急REIホテル(札幌市中央区南4西5)で9月例会を開きます。北大安全衛生本部教授の石井哲也氏(45)が、「植物、動物、ヒトをデザインするゲノム編集を考える」と題し講演します。 ゲノム編集とは、遺伝子を目的に応じて改変する画期的な技術。各国で研究が進んでおり、この技術を使えば農畜産物の生産量や品質を大きく高め、新品種の開発にも役立つと言われています。 一方で、これらの食物の安全性や環境に与える影響についての研究は進んでいません。石井氏は生命倫理の観点から、遺伝子治療など人間への応用の前に、ゲノム編集のルール作りに向けた議論の必要性を訴えています。群馬県出身。
  • ヒト遺伝子編集 どこまで許容
    期間 : 2015年05月06日
    役割 : 報告書執筆
    主催者・発行元 : 読売新聞
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 読売新聞 論点
  • 『生殖の科学技術と私たち』
    期間 : 2015年01月06日
    役割 : 講師
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第37回 養護教諭研修講座
  • ミトコンドリア置換: 究極の医療、それとも?
    期間 : 2014年12月02日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 平成遠友夜学校
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成遠友夜学校
  • 遺伝⼦組換え技術と異なるNBTを用いた作物育種技術の動向
    期間 : 2014年11月19日
    役割 : 情報提供
    主催者・発行元 : 北海道食の安全・安心委員会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 遺伝子組換え作物交雑等防止部会
    行政機関
  • 期間 : 2014年10月19日
    役割 : 出演
    主催者・発行元 : 北海道大学CoSTEP
    イベント・番組・新聞雑誌名 : サイエンス・カフェ札幌
  • 期間 : 2014年10月14日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : (公財)北海道女性協会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 女性大学
  • 期間 : 2013年12月21日
    役割 : 出演
    主催者・発行元 : 北海道大学CoSTEP
    イベント・番組・新聞雑誌名 : サイエンスカフェ札幌

メディア報道

  • 3人の遺伝子継ぐ子誕生 遺伝性の病気予防期待 長期的見極め必要
    報道 : 2016年09月29日
    発行元・放送局 : 朝日新聞
    番組・新聞雑誌 : 朝日新聞朝刊
     新聞・雑誌
  • 3人の遺伝子持つ子誕生 安全性 日本でも議論に
    報道 : 2016年09月29日
    発行元・放送局 : 日経新聞
    番組・新聞雑誌 : 日経新聞
     新聞・雑誌
  • 報道 : 2016年09月02日
    番組・新聞雑誌 : 毎日新聞
     新聞・雑誌 石井哲也・北海道大教授(生命倫理)は「体外受精は近年増える一方だが、培養液はブラックボックスとなっており、安全性などを見直す意味で重要な報告だ」と話している。
  • 報道 : 2016年08月29日
    番組・新聞雑誌 : 読売新聞
     新聞・雑誌 石井哲也・北海道大教授(生命倫理)の話「ミトコンドリアにはDNAも含まれる。生まれてくる子に予期せぬ遺伝的影響が出る恐れがあることも考えると、治療として提供するのは疑問。基礎的な研究を積み重ねるべきだ」
  • 報道 : 2016年08月29日
    番組・新聞雑誌 : 毎日新聞
     新聞・雑誌 生殖補助医療に詳しい石井哲也・北海道大教授(生命倫理)は「ミトコンドリアには独自のゲノムがあり、生殖細胞への遺伝的な介入となることも考慮し、基礎研究で効果を確かめる必要がある。証拠がない医療を人体でやるのは問題だ。なし崩し的に実施されれば大きな社会問題に発展しうる」と指摘する。
  • 私の視点:命の選別憂える
    報道 : 2016年08月13日
    番組・新聞雑誌 : 毎日新聞
     新聞・雑誌
  • 報道 : 2016年07月21日
    番組・新聞雑誌 : Nature News
     新聞・雑誌 Ishii notes that if the clinical trial begins as planned, it would be the latest in a series of firsts for China in the field of CRISPR gene editing, including the first CRISPR-edited human embryos, and the first CRISPR-edited monkeys. “When it comes to gene editing, China goes first,” says Ishii.
  • 報道 : 2016年06月01日
    番組・新聞雑誌 : 毎日新聞
     新聞・雑誌 石井哲也・北海道大教授(生命倫理)の話 卵子核移植のリスクを示す重要な報告で、臨床応用は時期尚早ではないか。技術的な安全性などについて検討する必要がある。
  • 受精卵ゲノム編集と生命倫理
    報道 : 2016年04月28日
    発行元・放送局 : NHK
    番組・新聞雑誌 : 視点・論点
     テレビ・ラジオ番組
  • 報道 : 2016年04月23日
    発行元・放送局 : 毎日新聞
     新聞・雑誌 北海道大の石井哲也教授(生命倫理学)は「受精卵はヒトになり得るもので、単に実験材料として扱うのには問題が大きい。社会が必要性を納得し、研究は進められるべきだ」と指摘した。
  • 報道 : 2016年04月10日
    発行元・放送局 : 毎日新聞
     新聞・雑誌 今回の研究について、石井哲也・北海道大教授(生命倫理学)は「受精卵の段階での感染症予防が目的の遺伝子改変で、医学的な合理性が乏しい。出産時や出生後に予防策はあり、研究の必要性があると言えるのか疑問だ」と話す。
  • 報道 : 2016年04月09日
    発行元・放送局 : 朝日新聞
     新聞・雑誌 石井哲也・北海道大教授(生命倫理学)は「今後、ヒト受精卵を改変させる研究は増えていくだろうが、その実施は極めて慎重でなければならない。ヒト受精卵でなければできない研究なのか、医学的に本当に必要な研究なのか、議論を尽くすべきだ」と話す。
  • ヒト受精卵のゲノム編集 法整備し基礎研究に限定
    報道 : 2016年04月01日
    番組・新聞雑誌 : 産経新聞
    オピニオン 新聞・雑誌
  • 着床前スクリーニング リスクの認識十分か
    報道 : 2016年03月18日
    番組・新聞雑誌 : 毎日新聞
    朝刊11面 新聞・雑誌
  • 報道 : 2016年02月26日
    番組・新聞雑誌 : 読売新聞
     新聞・雑誌 サミットに出席した石井哲也・北海道大教授(生命倫理)は、「日本はゲノム編集の規制の議論が遅れている。幅広い分野の専門家や一般の国民を交えた議論が必要だ」と指摘する。
  • 報道 : 2016年02月03日
    番組・新聞雑誌 : 朝日新聞
     北海道大の石井哲也教授(生命倫理学)は「英国の動きは世界の研究者に影響を与えるだろう。今回の研究は、ゲノム編集によるリスクの程度を知ることにもつながるが、日本をはじめ中国や米国など、規制が緩い国では安易な臨床応用が懸念される。国レベルでの早期の対応が求められている」と話す。
  • 報道 : 2016年02月02日
    番組・新聞雑誌 : 毎日新聞
     新聞・雑誌 石井哲也・北海道大教授は「英国がヒト受精卵の遺伝子改変の基礎研究にお墨付きを与えた点で興味深く、今後、世界でも同様の研究の申請が増えると予想される。一方、日本には法規制がなく、規制の方向性や同様の基礎研究の意義について国民的議論を急ぐ必要がある」と話す。
  • 報道 : 2015年12月27日
    発行元・放送局 : 毎日新聞
     新聞・雑誌 石井教授は「不妊治療の関係者も交えた議論を進め、基礎研究から臨床応用まで網羅した法律を早急に策定すべきだ」と訴える。
  • 報道 : 2015年12月15日
    発行元・放送局 : 毎日新聞
     新聞・雑誌 石井哲也・北海道大教授は「受精卵などを扱う研究や医療を規制する基本法の策定を急ぐべきだ」と提言した。
  • 報道 : 2015年10月19日
    番組・新聞雑誌 : Nature
     新聞・雑誌 “I think this is a milestone work for plant science,’ says bioethicist Tetsuya Ishii at Hokkaido University in Sapporo, Japan, who has extensively studied the framework of regulation surrounding genetic engineering in plants.
  • 報道 : 2015年10月14日
    番組・新聞雑誌 : Nature
     新聞・雑誌 The current regulatory mosaic is their legacy. Tetsuya Ishii, a bioethicist at Hokkaido University in Sapporo, Japan, spent nearly a year analysing relevant legislation and guidelines in 39 countries, and found that 29 have rules that could be interpreted as restricting genome editing for clinical use (M. Araki and T. Ishii Reprod. Biol. Endocrinol. 12, 108; 2014). But the 'bans' in several of these countries — including Japan, China and India — are not legally binding.
  • 報道 : 2015年07月29日
    発行元・放送局 : NHK
    番組・新聞雑誌 : ニュース7
     テレビ・ラジオ番組 専門家「問題引き起こす可能性も」 ゲノム編集の技術について、生命倫理に詳しい北海道大学の石井哲也教授は「ゲノム編集の技術を使えば、いろんな作物でも動物でも、ひいては人間でも、遺伝子を改変して短期間に狙ったものを作れるので、遺伝子工学を格段に進歩させた社会に大きなインパクトをもたらす技術だと言える。ただ、世界に対して恩恵をもたらすだけでなく問題を引き起こす可能性もある。ゲノム編集で作られた食料を一般の人たちが受け入れるのかどうかのコミュニケーションや、ヒトを対象にした応用がどのような研究なら認められるのかなどの議論やルール作りが必要な時期に来ている」と指摘しています。
  • 報道 : 2015年07月16日
    番組・新聞雑誌 : 毎日新聞
    発言 新聞・雑誌 遺伝子を自在に改変する「ゲノム編集」という技術をめぐり動きが起きている。米オバマ政権は5月26日、ヒト受精卵に用いて改変すべきではないとの見解を発表した。・・・
  • 報道 : 2015年06月30日
    発行元・放送局 : NPG
    番組・新聞雑誌 : Nature
     新聞・雑誌 But Tetsuya Ishii, who studies international biotechnology regulation at the Hokkaido University in Sapporo, Japan, and who has done an international comparison on GM regulations, says that gene editing will raise increasing alarm as it progresses in animals. Kim hopes to market the edited pig sperm to farmers in China, where demand for pork is on the rise. The regulatory climate there may favour his plan. China is investing heavily in gene editing and historically has a lax regulatory system, says Ishii. Regulators will be cautious, he says, but some might exempt genetic engineering that does not involve gene transfer from strict regulations.
  • 報道 : 2015年06月22日
    発行元・放送局 : 産経新聞
     新聞・雑誌 ただ、新しい技術のため「利用に関する世界的なガイドラインが確立しておらず、日本では議論もほとんどなかった」と北海道大の石井哲也教授(生命倫理学)は話す。
  • 報道 : 2015年06月13日
    発行元・放送局 : 共同通信
    番組・新聞雑誌 : 47ニュース
     新聞・雑誌 生物の遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」という技術が人間の受精卵や精子、卵子に応用可能な水準に発展する前に、研究者だけでなく一般の人も巻き込んで技術の使い道に関する幅広い議論を始める必要があるとの意見を、北海道大の石井哲也教授(生命倫理学)が13日、分子医学の米専門誌に発表した。 ゲノム編集は、中国のチームが4月、人間の受精卵の遺伝子改変に使って注目を集めた。遺伝子変異で起きる血液疾患の発症予防の可能性を探ったものだが、失敗が多く、応用は遠いとされた。 石井教授は「近い将来、技術は臨床応用の水準に達する可能性がある」との見方を示した。
  • 報道 : 2015年05月18日
    発行元・放送局 : 朝日新聞出版
    番組・新聞雑誌 : AERA
     新聞・雑誌
  • 報道 : 2015年05月11日
    発行元・放送局 : 朝日新聞
    番組・新聞雑誌 : 朝刊20面
     新聞・雑誌 北海道大の石井哲也教授(生命倫理学)は、今回の手法は、効果や安全性に関する科学的な裏付けが欠けていると指摘する。「生まれてきた子どもへの長期的な影響も懸念され、認める場合でも臨床試験で慎重に行うべきものだ。安易に取り入れるクリニックが日本でも出てくれば大きな問題になるだろう」と話す。
  • 報道 : 2015年05月01日
    発行元・放送局 : Science
    番組・新聞雑誌 : News in depth
     新聞・雑誌 The project was reviewed by a medical ethics board at Huang’s university and complied with international and national ethical standards, according to the paper. The researchers used abnormal zygotes that were not viable because they had an extra set of chromosomes as a result of being fertilized by two sperm and would have otherwise been discarded. “They did the research ethically,” says Tetsuya Ishii of Hokkaido University in Sapporo, Japan, who studies ethical issues surrounding genome editing.
  • 報道 : 2015年04月29日
    発行元・放送局 : Nature
    番組・新聞雑誌 : News in Focus
     新聞・雑誌 Because the embryos Huang’s team used were initially created for in vitro fertilization, not for research, the work would already have overcome many of the ethical hurdles it would face in other countries too, adds Tetsuya Ishii, who studies bioethics and policy at the University of Hokkaido in Sapporo, Japan.
  • 報道 : 2015年04月25日
    発行元・放送局 : ネイチャー・ジャパン
    番組・新聞雑誌 : ネイチャー・ダイジェスト
    3人の親による体外受精にゴーサイン 新聞・雑誌
  • 報道 : 2015年04月10日
    番組・新聞雑誌 : 日本経済新聞 朝刊
    生活面 新聞・雑誌 北海道大学教授の石井哲也さんは「国民に分かる形で、規制の必要性や必要な枠組みなどについて話し合う時期に来ている」と指摘する。
  • 報道 : 2015年03月14日
    発行元・放送局 : The Times
    Science by Tom Whipple Science Editor 新聞・雑誌 Tetsuya Ishii, a bioethicist at Hokkaido University, described this week’s news as “very worrisome”. He has conducted a review of global regulations and found that out of 39 of the top scientific nations, ten did not have guidelines that banned the practice. This included the US, where laboratories are able to apply for a licence.
  • 報道 : 2015年03月12日
    発行元・放送局 : Nature
    Nature News by David Cyranoski 新聞・雑誌 Ishii worries about countries such as the United States: there, germline editing is not banned but requires government approval, but such restrictions have a history of being circumvented, as in the case of unproven stem-cell treatments. He is also concerned about China, which prohibits gene-editing of embryos but does not strictly enforce similar rules, as shown by failed attempts to curb the use of ultrasound for sex selection and to stamp out unauthorized stem-cell clinics. China is also where gene-editing techniques in primates have developed fastest. “There are already a lot of dodgy fertility clinics around the world,” he says.
  • 報道 : 2015年02月26日
    発行元・放送局 : 日経新聞
     新聞・雑誌 規制の対象から外れている新しい遺伝子改変技術を使った作物の研究がコメなどで進んでいることが、北海道大の石井哲也特任准教授らが実施した26日までの調査で分かった。 新技術は品種改良の効率が高い一方で、遺伝子を改変した痕跡が残らないため検査が難しい。食品としての安全性や生態系への影響は不明な点も多く、規制すべきかどうかの議論が必要としている。 研究成果は、26日に植物科学の専門誌「トレンド・イン・プラント・サイエンス」(電子版)に掲載した。 研究が進むのは「ゲノム編集」と呼ばれる技術。遺伝子を形作るDNAの塩基を一部変えるだけで有用な品種を生み出す。規制がある遺伝子組み換え技術のように遺伝子そのものを外部から入れないため、生態系などの保護を定めたカルタヘナ議定書などが定めた規制の対象にならない。 過去10年間に新技術を使った作物を発表した13件の論文について、石井特任准教授らが調べたところ、研究対象としてはコメが5件と最も多かった。 食品として販売されたケースは確認されていないが、石井特任准教授は「規制の有無や仕方について早急に議論を進める時期だ」と指摘している。
  • 報道 : 2015年02月26日
    発行元・放送局 : 読売新聞
     新聞・雑誌 石井哲也・北海道大特任准教授(生命倫理)は「核移植に英国が法的なお墨付きを与えたことは、日本にも影響を及ぼす。しかし、治療のために正常な受精卵を壊していいのかなど倫理面で十分な議論が必要だ」と話している。
  • 時間かけ議論を
    報道 : 2015年02月18日
    発行元・放送局 : 北海道新聞
    番組・新聞雑誌 : 朝刊記事:着床前スクリーニング新年度に臨床研究
     新聞・雑誌
  • 報道 : 2015年02月12日
    発行元・放送局 : Nature
    番組・新聞雑誌 : Nature 518, 145–146 (12 February 2015) doi:10.1038/518145a
     新聞・雑誌 The United Kingdom was one of the few countries that explicitly banned mitochondrial replacement by law. In many countries, including China and Japan, the techniques are prevented by regulations that should be simpler to overturn, without legislative intervention, says Tetsuya Ishii, a bioethicist at Hokkaido University in Japan.
  • 報道 : 2015年02月10日
    発行元・放送局 : Nature
    Nature News by Ewen Callaway 新聞・雑誌 The United Kingdom was one of the few countries that explicitly banned mitochondrial replacement by law. In many countries, including China and Japan, the techniques are prevented by regulations that should be simpler to overturn, without legislative intervention, says Tetsuya Ishii, a bioethicist at Hokkaido University in Japan.
  • 報道 : 2015年02月07日
    発行元・放送局 : 朝日新聞
    番組・新聞雑誌 : 朝日新聞朝刊(私の視点)
     新聞・雑誌 体外受精でつくられた受精卵の染色体をすべて調べる「着床前スクリーニング」と呼ぶ臨床研究を日本産科婦人科学会が始めることを決めた。染色体に異常があると流産や先天的な病気を持つ子が生まれる懸念がある。そこで、受精卵の染色体のすべてを調べて、異常がなかった受精卵だけを子宮に戻そうという試みだ。 今回の臨床研究では、コンピューター解析の手法を採用するなど精度が高まり、検査対象も拡大するという。妊娠の可能性を高め、流産を減らす効果が見込まれるならば、体外受精だけでは子供を授かりにくかった夫婦に朗報となるかもしれない。 だが、2013年から始まり、妊婦の血液を調べて胎児の先天的な異常の有無を調べる「新型出生前検査」では、血液検査で陽性となった女性の一部で最終的な羊水検査を受けずに中絶する事例があった。検査の仕組みはなお十分に理解されていない。異常が見つかった妊婦の心身のケアといった問題も残ったままだ。 このように胎児への検査でも課題が残るのに、着床前スクリーニングの研究対象は体外受精で作った受精卵である。かねて「障がい者への差別意識を助長する」「生命への介入、選別は許されない」といった批判もあるなか、生命の萌芽(ほうが)へのさらなる介入や選別に歯止めがかからなくなる恐れはないか。生命倫理への配慮が失われることにならないのか。 生命科学の研究は急速に進んでいる。英国では、異常がある受精卵の一部を取り出し、健康な第三者の卵子と精子から作った受精卵と置き換える移植術を認める法案が下院で可決された。これが認められると、3人の遺伝情報を受け継ぐ子が生まれることにもなる。 今必要なのは不妊、流産に苦しむ夫婦の気持ちに配慮し、こうした研究が社会にもたらす意味をバランスよく考える専門家と市民、そして市民同士での対話だろう。 北海道大学の科学技術コミュニケーション教育研究部門は、専門家と市民が科学技術を気軽に話し合える「サイエンスカフェ札幌」を05年から80回開いている。このカフェで昨年10月、生殖補助医療の研究最前線を紹介した後、参加した60人に「胎児の染色体や遺伝子の異常を調べる検査を受け入れるか」と尋ねると、2割以上が「分からない」と答えた。 「生命の誕生に科学はどこまで介入できるか」という問いに、市民は真剣に考えている。「分からない」とする市民感覚を軽んじてはいけない。学問の世界での議論にとどまらない開かれた対話を今後も大切に育むべきである。 (いしいてつや 北海道大学特任准教授〈生命倫理学〉/おおつしゅこ 北海道大学特任准教授〈科学技術コミュニケーション〉)
  • 報道 : 2014年12月12日
    発行元・放送局 : NHK関西
    番組・新聞雑誌 : かんさい熱視線
  • 報道 : 2014年11月30日
    発行元・放送局 : 朝日新聞
    番組・新聞雑誌 : 朝日新聞 朝刊
     新聞・雑誌
  • 報道 : 2014年08月19日
    発行元・放送局 : 朝日新聞
    番組・新聞雑誌 : 朝日新聞 朝刊
     新聞・雑誌
  • 報道 : 2014年06月30日
    発行元・放送局 : 朝日新聞
    番組・新聞雑誌 : 朝日新聞 朝刊
     新聞・雑誌
  • 新聞記事「命の重さを考えてー出生前診断に懸念」コメント掲載
    報道 : 2013年12月24日
    発行元・放送局 : 北海道新聞
    番組・新聞雑誌 : 北海道新聞 夕刊
     新聞・雑誌

学術貢献活動

  • ヒト生殖細胞系ゲノム編集 報告、考察、提言
    期間 : 2015年12月15日
    種別 : 学術調査
    主催者・責任者 : 内閣府


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.