研究者データベース

髙橋 彩(タカハシ アヤ)
高等教育推進機構 国際教育研究部
教授

基本情報

所属

  • 高等教育推進機構 国際教育研究部

職名

  • 教授

学位

  • PhD(ロンドン大学)
  • MA in Women's History: Gender and Society in Britain and Europe 1500-1980(ロンドン大学)
  • 修士(学術)(放送大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 国際交流   留学生支援   高等教育   グローバル人材育成   社会史   ジェンダー   

研究分野

  • 人文・社会 / 教育社会学 / 国際教育、高等教育
  • 人文・社会 / 教育学 / 国際教育
  • 人文・社会 / ジェンダー
  • 人文・社会 / 史学一般 / 女性史

職歴

  • 2018年08月 - 現在 北海道大学 高等教育推進機構 教授
  • 2016年10月 - 2018年07月 北海道大学国際連携機構国際教育研究センター 教授
  • 2016年03月 - 2016年09月 北海道大学国際本部グローバル教育推進センター 教授
  • 2015年04月 - 2016年02月 北海道大学 国際本部留学生センター 教授

所属学協会

  • 日本インターンシップ学会   Royal Historical Society (UK)   留学生教育学会   国立大学留学生指導研究協議会   ジェンダー史学会   

研究活動情報

論文

  • 多文化交流型授業における「交流」の意義を考える
    髙橋 彩
    留学生交流・指導研究 17 19 - 31 2014年 [査読有り][通常論文]
  • 髙橋彩, 青木麻衣子, 中村重穂
    北海道大学留学生センター紀要 16 134 - 145 北海道大学国際本部留学生センター 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 髙橋 彩
    北海道大学留学生センター紀要 16 44 - 50 北海道大学国際本部留学生センター = Hokkaido University, Office of International Affairs, International Student Center 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 髙橋 彩
    北海道大学留学生センター紀要 16 6 - 17 北海道大学国際本部留学生センター = Hokkaido University, Office of International Affairs, International Student Center 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 髙橋 彩, 青木麻衣子, 鄭惠先
    北海道大学留学生センター紀要 15 80 - 89 北海道大学国際本部留学生センター = Hokkaido University, Office of International Affairs, International Student Center 2011年12月 [査読無し][通常論文]
     
    「ホリデーイン日高」は毎年留学生センターと国立日高青少年自然の家が共催で行う国際交流行事である。2011年は「ホリデーイン日高」のプログラムを、留学生への支援サービス的なものから多文化交流に比重を置いた、より教育的なプログラムに改訂した。日高の夏祭りである「樹魂まつり」への参加が主な内容となるプログラムのため、限られた時間と従来からの活動の中に、どのような交流のための「しかけ」を盛り込めるかが課題であった。参加者同士の積極的なかかわりをつくるため、バーベキューやワークショップ等の活動を入れたほか、グループでの活動を通した様々な交流場面を作ることで、異文化コミュニケーションを促した。終了時のアンケートではグループの仲間と交流ができたと回答した参加者が9割を超え、多文化交流の目的は概ね達成された。しかし、関係教職員の振り返りやアンケートから、いくつかの課題も浮かび上がった。この稿では、今年度の改訂の意図から、その過程、実施状況と今後の課題・展望について報告する。Holiday in Hidaka is a cultural-exchange program, co-organized by International Student Center, Office of International Affairs, Hokkaido University and National Hidaka Youth Outdoor Learning Center. The program has been a support program for international students, designed to offer them the opportunity to enjoy a trip and learn about Japanese culture. International students have been considered to have difficulties with going on trips for financial reasons and language barriers. However, there has been a change in the situations of international students: English sings for international travelers are now seen around Sapporo, and there are various exchange events for international students offered by other organizations. This year, therefore, the organizer decided to change the character of the program from the event to support international student life to a program for cross-cultural understanding, focusing more on interaction between participants. This is a work in progress report of our effort to develop an international exchange program for multi-cultural education.
  • A Study of Women Who Studied Abroad in Modern Japan: Monbusho Scholars in the Late-Nineteenth and Early-Twentieth Centuries
    Aya Takahashi
    The Annual of the Institute of Economic Research Chuo University 39 307 - 319 2008年10月 [査読無し][通常論文]

書籍

  • 地球市民を育成する教養教育を考える(国際教育研究部 ブックレット4)
    髙橋 彩 (担当:編者(編著者)範囲:編集、はしがき、趣旨説明)
    北海道大学高等教育推進機構国際教育研究部 2020年03月
  • グローバルリーダーを育てる北海道大学の挑戦II
    玉城英彦, 帰山雅秀, ??和順 (担当:分担執筆範囲:「グローバル基礎科目」の概要 38〜41ページ)
    彩流社 2018年05月
  • Walthall Anne 著, 菅原 和子, 田崎 公司, 高橋 彩 訳 (担当:共訳)
    ぺりかん社 2005年 (ISBN: 4831511099)
  • Creating a Tradition of Biomedical Research: Contributions to the History of The Rockefeller University
    Darwin H. Staplet (担当:分担執筆範囲:‘Hideyo Noguchi, the Pursuit of Immunity and the Persistence of Fame: A Reappraisal’, pp.227-239)
    Rockefeller University Press 2004年
  • The Development of the Japanese Nursing Profession: Adopting and Adapting Western Influences
    髙橋 彩 (担当:単著)
    RoutledgeCurzon 2004年

講演・口頭発表等

  • 留学生教育はインクルーシブ教育にいかに貢献できるか -イギリスにおける「合理的配慮」からの示唆  [通常講演]
    髙橋 彩
    第26回留学生教育学会・年次大会2021 2021年08月 口頭発表(一般)
  • グローバル人材育成としての国際インターンシップ-北海道大学における取組  [通常講演]
    髙橋 彩
    日本インターンシップ学会北海道支部2017年度第1回研究会 2018年03月 口頭発表(一般)
  • 事例紹介 北海道大学  [招待講演]
    髙橋 彩
    連携で育てるグローバル人材ー経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援(Go Global Japan)平成27年度第2回東日本第一ブロックシンポジウム 2016年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 国際シンポジウム「留学生と日本人学生が共に学ぶ『多文化交流』型授業の開発」司会・趣旨説明  [通常講演]
    髙橋 彩
    国際シンポジウム「留学生と日本人学生が共に学ぶ『多文化交流』型授業の開発」 2013年12月 その他
  • イギリスにおける留学生支援  [通常講演]
    髙橋 彩
    北海道地区留学生担当教職員連絡会議 プレセッション:海外の留学生支援から学ぶ 2012年11月 その他 札幌 北海道大学国際本部留学生センター
  • 世界理解月間に因んで―留学生支援と大学  [招待講演]
    髙橋 彩
    札幌ロータリークラブ例会 2012年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

その他活動・業績

  • 文化の多様性と私たち
    髙橋 彩 これからの国際共修教育を考える-コロナ禍におけるオンライン授業実践 51 -59 2021年03月 [査読無し][招待有り]
  • 伴走的キャリア支援による自律した若者の育成の取り組み-北海道大学新渡戸カレッジの事例
    肖 蘭, シュルーター 智子, 髙橋 彩 高等教育ジャーナル-高等教育と生涯学習 (28) 57 -63 2021年 [査読有り]
  • 歴史空間論的に捉える大学の国際化-国立大学「留学生センター」からの眺め
    髙橋 彩 留学生交流・指導研究 23 65 -80 2020年 [査読有り]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 国際共修授業における多様性の捉え直し:合理的配慮が必要な留学生への対応をめぐって
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 青木 麻衣子, 鄭 惠先, 平田 未季, 高橋 彩
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
    研究期間 : 2013年04月 -2015年03月 
    代表者 : 高橋 彩, 青木 麻衣子, 山田 智久, 小河原 義朗, 鄭 惠先
     
    本研究は外国人留学生と日本人学生がともに学ぶ多文化交流型授業の概念的な枠組みを国際的な視点で検討したものである。オーストラリア、イギリス、韓国、日本における現地学生と留学生が学ぶ授業を含む教育実践やそれを取り巻く状況の調査および考察を通じて、多文化交流型授業の開発・改善には、その授業を取り巻く前提、すなわち教育潮流、各大学の教育の方針、科目の位置づけ、留学生数と授業環境などを含む授業の設定環境・条件の検討が重要であることを示した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 高橋 彩, 青木 麻衣子, フィルコラ ピーター
     
    高等教育のグローバル化における留学生支援の政策上の議論および個別の大学における具体的な支援サービスの検討に資するため、イギリス、カナダ、オーストラリア、日本の留学生支援の状況を調査し、その特色や傾向を考察することを通して、留学生支援の理論的枠組みの構築を試みた。比較の視点による各国、各大学現場で行われている実際の支援の分析から、留学生支援の三つのベクトルからなる三次元空間を見出した。

教育活動情報

主要な担当授業

  • 大学院共通授業科目(一般科目):複合領域
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : セックス、ジェンダー、セクシュアリティ, SOGIESC、人文科学、社会科学、自然科学
  • 国際交流論演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : 国際交流、教育、異文化理解、多文化社会
  • 国際交流と地域文化
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : 国際交流、地域文化、グローバル化、多言語国家、EU、欧州評議会、博物館、演出された文化
  • 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 多様性、コミュニケーション、協働
  • 上級日本語
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : 日本社会、日本人、思想、口頭発表
  • 上級日本語B
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 日本社会、日本人、思想、口頭発表
  • 多文化交流セミナー
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 総合教育部
    キーワード : 多様性、コミュニケーション、協働
  • 多文化交流セミナー
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 多様性、コミュニケーション、協働
  • 日本語演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 日本社会、日本人、思想、口頭発表
  • 異文化研究
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : 多様性、コミュニケーション、協働
  • 人間と文化
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : グローバルな学び、多文化社会、キャリアデザイン、協働学習、日本紹介
  • 専門横断科目(一般科目):海外留学
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 専門横断科目
    キーワード : International learning , Japanese society, Comparative perspectives

大学運営

学内役職歴

  • 2016年1月1日 - 2017年3月31日 教育改革室室員
  • 2017年4月1日 - 2019年3月31日 教育改革室室員
  • 2019年4月1日 - 2020年9月30日 教育改革室室員
  • 2020年10月12日 - 2022年3月31日 教育改革室室員
  • 2020年10月12日 - 2021年3月31日 経営戦略室室員
  • 2018年8月1日 - 2020年9月30日 高等教育推進機構副機構長
  • 2020年10月20日 - 2022年3月31日 高等教育推進機構副機構長
  • 2021年3月1日 -  国際連携機構副機構長
  • 2016年1月1日 - 2017年3月31日 総長補佐
  • 2017年4月1日 - 2019年3月31日 総長補佐
  • 2019年4月1日 - 2020年9月30日 総長補佐
  • 2020年10月12日 - 2022年3月31日 総長補佐

その他

  • 2017年03月 - 2017年03月  第3回HUCIフォーラム パネリスト 
    第3回HUCIフォーラム「北海道大学の国際化を今後どのように進めるか〜IAU-ISAS提言を受けて」にパネリストとして参加


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.