研究者データベース

千葉 惠(チバ ケイ)
文学研究院 人文学部門 哲学宗教学分野
特任教授

基本情報

所属

  • 文学研究院 人文学部門 哲学宗教学分野

職名

    特任教授

学位

  • D.Phil in Philosophy (Oxford University)

ホームページURL

研究キーワード

  • ロギコース   論証   形而上学   定義   魂   存在   知識   ピュシコース   根拠   業の律法   帰一的構造   心身論   ロギコース(形式言論上)   もの自体   共約性   両立可能性   全体と部分   探求   弁証術   形相   信仰義認   様相論   ペラギウス論争   実働態   現実活動   条件的必然性   現実活動態   人格的卓越性共約性   エルゴン   信   パウロ   信仰義認論   アリストテレスの論理と科学の哲学   アリストテレス   質料形相論   本質   

研究分野

  • 哲学 / 哲学・倫理学
  • 文学 / 文学一般
  • 哲学 / 哲学・倫理学

職歴

  • 2014年  北海道大学大学院・文学研究科教授
  • 1987年 - 1989年   British Council 研究員

学歴

  • 1986年04月 - 1990年02月   オックスフォード大学   人文学科 博士課程   哲学科
  • 1980年04月 - 1984年03月   慶応義塾大学   大学院博士課程   哲学科
  • 1977年04月 - 1980年03月   慶応義塾大学   大学院文学研究科修士課程   哲学科
  • 1973年04月 - 1977年03月   慶應義塾大学   法学部   政治学科
  • 1970年04月 - 1973年03月   宮城県古川高等学校

所属学協会

  • 中世哲学会   哲学会   日本哲学会   北海道哲学会   三田哲学会   西洋古典学会   

研究活動情報

論文

  • アリストテレスのロゴスとエルゴンの相補性による進化生物学への挑戦
    千葉 惠
    哲学年報 (63) 1 - 26 2017年03月 [査読無し][招待論文]
     研究論文(学術雑誌) 
    北海道哲学会・北大哲学会共催シンポジウム「生物学の哲学―目的論的自然観および進化論における因果と歴史」網谷祐一氏、森元良太氏との共同討議
  • アリストテレスの様相存在論ーロゴスとエルゴンの相補的展開―
    千葉 惠
    北海道大学文学研究科紀要 (150) 1 - 157 2016年12月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • アンセルムス贖罪論における正義と憐れみの両立する唯一の場ー司法的正義とより根源的な真っ直ぐの正義
    千葉 惠
    北海道大学文学研究科紀要148 (148) 1 - 50 2016年02月 [査読無し][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 千葉 惠
    北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University 北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University (149) 1 - 85 1346-0277 2016年 [査読無し][通常論文]
  • 序説 信の哲学ーギリシア哲学者使徒パウロ(下)-
    千葉 惠
    北海道大学文学研究科紀要 (146) 1 - 208 2015年07月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 千葉 惠
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科紀要 (145) 1 - 172 1346-0277 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 惠
    北海道大学文学研究科紀要 = The Annual Report on Cultural Science 北海道大学文学研究科紀要 = The Annual Report on Cultural Science 143 1 - 97 1346-0277 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • アリストテレスにおける発見的探求と何であるかの論証
    千葉 惠
    ギリシャ哲学セミナー論集 X 38 - 56 2013年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 千葉 惠
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科紀要 (139) 1 - 133 1346-0277 2013年 [査読無し][通常論文]
  • Aristotle on Heuristic Inquiry and Demonstration of What It Is
    千葉 惠
    Oxford Handbook of Aristotle 171 - 201 2012年07月 [査読有り][招待論文]
  • 内村鑑三と第二の宗教改革ー「ローマ書」における改革の理論的基礎
    千葉 惠
    基督教学 (47) 4 - 32 2012年07月 [査読有り][招待論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Uchimura Knzo on Justification by Faith in his A Study of Romans: A Prospect of Semantic Analysis of Romans
    千葉 惠
    北大文学研究科英文ジャーナル (7) 1 - 20 2012年03月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(大学,研究機関紀要)
  • 千葉 恵
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科紀要 (136) 1 - 51 1346-0277 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 惠
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科紀要 134 左1 - 左29 13460277 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 惠
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科紀要 132 右1 - 右47 13460277 2010年11月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 惠
    Definition in Greek Philosophy 203 - 251 2010年08月 [査読有り][招待論文]
  • 千葉 惠
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科紀要 130 左1 - 左67 13460277 2010年02月 [査読無し][通常論文]
  • What is it like to be a generalist?
    A Study of Healthy Being From interdesciplinary perspectives 47 - 65 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科紀要 128 左1 - 左101 13460277 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • アリストテレスの生命観ー目的因はいかに語られうるかー
    認知神経科学 11 (3.4) 193 - 202 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科紀要 126 左1 - 左91 13460277 2008年11月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    Journal of the Graduate School of Letters Journal of the Graduate School of Letters 3 1 - 17 18808832 2008年03月 [査読無し][通常論文]
     
    Aristotle has a project to create a positive relationship between 'definition'which isclaimed to be the scientific method among his colleagues in the Academy and his new methodcalled 'demonstration'in his new theory of definition in the Posterior Analytics. He had to solvevarious difficulties concerning with the relationship between the two methods. I argue thatAristotle's theory of definition in B. 10 presupposes his discussion on definition in the Topics.He has there distinguished 'the defining-phrase (ὅρος)'by means of which one can gain asuccessful definitional practice from 'the definition (ὁρισμός)'(I. 5, 101b37-102a5). On thebasis of the defining-phrase which signifies the what a thing was to be,the thing becomes possibleto be defined. Although none of Aristotelian scholars has distinguished one from the other, Ishall argue that it is crucial to distinguish them for a correct understanding of the chapter. I shalloffer alternative solutions from this perspective for the difficulties raised on this chapter byscholars. I argue that Aristotle makes use of the Topics type signifying account to endorse threetypes of definition of what it is. Also some difficulties involved in the Topics type of signifyingaccount are solved by establishing the existence of a relevant thing through demonstration. Thusall of three definitions in his new theory of definition are of the what it is of a thing which exists.In this sense, Aristotle finds a way to establish the demonstration of what it is which waspreviously denied in B. 3-7.
  • 千葉 恵
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科紀要 123 左1 - 左53 13460277 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科紀要 117 左1 - 左44 13460277 2005年11月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    中世思想研究 中世思想研究 (47) 53 - 72 03872971 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科紀要 113 左1 - 左30 13460277 2004年07月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    日本の聖書学 日本の聖書学 8 87 - 140 2003年10月 [査読有り][招待論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 千葉 恵
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科紀要 110 左1 - 左22 13460277 2003年07月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    基督教學 基督教學 (36) 1 - 20 02871580 2001年07月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科紀要 (104) 1 - 93 13460277 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科紀要 101 1 - 57 1346-0277 2000年09月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    西洋古典學研究 西洋古典學研究 47 76 - 86 04479114 1999年03月 [査読無し][通常論文]
     
    I offer an interpretation of the origin of how and why the phrase το τι ην ειναι (hereafter essence) is employed, by giving an account of the context in which essence is introduced and its linguistic structure. In "The Topics" Aristotle develops a method by means of which one can formally examine whether any proposed proposition is well said or not. This method of establishing and rejecting any proposition is developed as Topos theory. Topos is the locution of argument or the point at issue on the basis of which a questioner examines a proposition proposed by the counterpart of dialogue i. e. an answerer. Aristotle must have thought that Socratic dialectic is ad hoc as a method in the sense that his inquiry into definition by examining another's thesis always comes to a dead-end. Aristotle criticizes Socratic dialogue as follows ; "it was natural that Socrates should be seeking the essence,--there was as yet none of the dialectical power which enables people even without the "what is it?" to speculate about contraries"(1078b23-26). I take it that Aristotle strengthens dialectic by creating a system of inquiry into "what it is" and to deal with contraries without directly asking the question "what is it?". Dialectic argument must not raise the problem by asking the question "what is it?", but raise it like "whether is two-footed terrestrial animal the definition of man or not?" so as to be answered by just saying "yes or no"(101b32, 158a16). The main ingredients of Topos theory are four predicables (definition, unique property, genus and accident) of which every proposition is composed. Predicables are the ways of predicate's belonging to its subject. While "definition is a phrase which signifies essence", "unique property is what does not refer essence for some subject but belongs only to it and counterpredicates with it"(101b38, 102a18). In this way, any proposed proposition is classified into one of these four predicables. Since these four predicables are exclusive of one another, the reference of essence is fixed with respect to other three predicables and introduced as a technical phrase in the introduction of predicables. One common feature among these is that "all these are definitory"(102b34). Even accident is alleged to be regarded as "definitory", because nothing prevents it from temporarily "becoming unique property", a kind of identity which is the necessary condition for definition(102b21f, cf. 102a7-10). I claim that these four predicables are proposed to deal with all possible answers of the Socratic question "what is it?". An important characteristic in the Socratic practice of inquiring into definition is that he rejects the kind of answers which are given by examples i. e. accidents and asks again the object itself. For example, Socrates asks "what do you think knowledge is?". Theaetetus answers by giving examples of knowledge such as geometry. Socrates responds to this by saying "We put the question, not because we wanted to count them, but because we wanted to know what, exactly, knowledge itself is"(Theae., 146c-e, cf. Euth., 6d, Laches, 190e). This shows that the question "what is it?" in the Greek language can be answered by being given an example and also by an object itself. I claim that το τι ην ειναι is coined by Aristotle to convey the object itself so as to avoid confusions which took place between Socrates who has only one way of asking i. e. "τι εστι;" and the answerer. If this interpretation is right, the linguistic structure of essence will be made clear. I will just focus on the reason why the imperfect ην is employed. Goodwin writes in his Syntax of Greek Moods and Tenses that "The imperfect ην may express a fact which is just recognized as such by the speaker or writer, having previously been denied, overlooked, or not understood" (13). I call this use of ην "dialectical imperfect". This use accords very well with the dialectical situation where the question of the thing itself is asked afresh : When an example is given as an answer, the questioner, recognizing what is overlooked and misunderstood, asks again what the thing itself is. Thus, Aristotle develops the method of dialectic as Topos theory on the basis of predicables. The normativeness of Topos theory is gained from the normativeness of the current language in the Academy. Division theory on the basis of inductive method is its main current language. Essence is signified by the definition composed of genus and its difference. Essence is properly λογικω&b.sigmav; discussed. Λογικω&b.sigmav; is the method of linguistic inquiry from the view point of "how to express" which can claim an assertion of being on the basis of necessity of argument. Essence is λογικω&b.sigmav; characterized as "to be the very thing what is" which may be tautologous but claims a mode of being i. e. the object itself(141a35, cf. 73b8, 1030a3). In this way, essence is introduced in the dialectical context to express what Socrates sought for in his inquiry into definition.
  • 千葉 恵
    北海道大学文学部紀要 北海道大学文学部紀要 47 (4) 1 - 52 04376668 1999年03月 [査読無し][通常論文]
  • 「アリストテレスの弁証術におけるto ti en einai(本質)」
    西洋古典学研究XLVII 76 - 86 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    哲學雜誌 哲學雜誌 113 (785) 55 - 73 03873366 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    北海道大学文学部紀要 北海道大学文学部紀要 45 (3) 1 - 35 04376668 1997年03月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    北海道大学文学部紀要 北海道大学文学部紀要 44 (3) 7 - 40 04376668 1996年03月 [査読無し][通常論文]
  • 「エロースとアガペーーヘレニズムとヘブライズムの絆ー」
    千葉惠
    北海道大学文学部紀要 (No.86) 1 - 47 1995年 [査読無し][通常論文]
     研究論文(大学,研究機関紀要)
  • 千葉 恵
    西洋古典學研究 西洋古典學研究 42 47 - 56 04479114 1994年03月 [査読無し][通常論文]
     研究論文(学術雑誌) 
    I offer an interpretation, mainly on the basis of Physics II 9, of Aristotle's claim in his biological writings that explanation by necessity involving only material and efficient causes is consistent with an explanation of the same phenomena by purpose. My argument is directed towards the further question of whether Aristotle also believes that while the essences of certain biological phenomena are partly determined by their role in a teleological system, there is a complete account in terms of material and efficient causation of the conditions under which they exist. Physics II 9 presupposes his argument for the final cause as the nature in the primary sense in II 8, and is similar in theme to Parts of Animals 1 1 where Aristotle criticises the physiologoi on the ground that when they claimed that biological phenomena come into being by necessity, they fail to distinguish what kind of necessity is involved. At the beginning of II 9, Aristotle considers two alternative ways of understanding the necessity involved in generation ; either hypothetical necessity(HN) or HN plus simple necessity(SN). HN depends on a goal. If the goal is to be, it is necessary that certain other things come to be. SN, by contrast, depends on the nature of simple bodies and their movements. Aristotle locates the SN which the physiologoi take as the main cause of generation as a "necessary nature" (200a8) and regards this as explanatory of the goal, only insofar as the latter is purely materially specified as the matter of the goal(ω&b.sigmav; δι υλην). The goal taken as its matter is simply necessitated by its material components in the sense that the material components yield a specified condition for the existence of the goal. Thus Aristotle expresses two modes of necessity involved in generation as follows ; "The necessity, then, is on a hypothesis, but isn't necessary as the same way the goal(ω&b.sigmav; τελο&b.sigmav;) is necessary. For in the latter case the necessity lies in the matter, but in the former case the purpose lies in the λογο&b.sigmav; (account as design)." (200a13ff) Aristotle confirms the two modes of necessity in comparison with a mathematical reasoning. He compares both (1) "things which come to be based on nature(κατα <φυσιν)"(200a16) and (2) "things which come to be for something" (al9) with the necessity involved in a specific mathematical proof : given that the straight is thus and so, necessarily the triangle has angles whose sum is two right angles. While (1) is wider than (2) in terms of their extensions, they differ from each other in that the necessity involved in (1) is determined by the nature of underlying(υποκειμενομ), but the necessity involved in (2) is determined by goal. Aristotle defines nature in "κατα φυσιν" in (1) as a certain underlying based on simple bodies which have "natural tendency for change" (ορμη 192b18 cf. 95 al, 276a26) for both "substances" which "have a nature"(192b33) as formal or final cause and "their per se components" (cf. 73a34ff)which "do not have a nature" (193 a1) specified above as moving upwards belongs to fire. In that mathematical reasoning, the premises or components of the conclusion determine the necessity of the conclusion. This is said to be "in a parallel fashion" (200a16) with the case in (1). On the other hand, it is said to be "in a reversed fashion"(a19) with case in (2) in the sense that the goal which is achieved at the end of generation determines the necessity of the antecedent which comes no doubt earlier than the end. In this way, these two modes of necessity in generation are indirectly compared with each other via an example of mathematics. I conclude that while the purpose as design at the level of Adyoc determines what kind of matter should be employed in generation "as matter of λογο&b.sigmav; (200b8) , matter at the level of generation necessarily generates the matter of a goal by its own power, according to the program which is laid as design at the level of λογο&b.sigmav;. This allows us to say eg. eyeball and optic nerve etc. are an eye by themselves for the sake of seeing(cf. 1041a26). By distinguishing the level of λογο&b.sigmav; in which the purpose lies from the level of generation in which material necessity lies, Aristotle sets up the compatibility between teleological explanation of biological phenomena and explanation by material necessity in which both HN and SN lie.
  • 千葉 恵
    北海道大学文学部紀要 北海道大学文学部紀要 42 (3) p115 - 131 04376668 1994年02月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    北海道大学文学部紀要 北海道大学文学部紀要 42 (2) p149 - 170 04376668 1994年01月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    北海道大学文学部紀要 北海道大学文学部紀要 40 (2) p1 - 95 04376668 1992年02月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    北海道大学文学部紀要 北海道大学文学部紀要 40 (1) p1 - 110 04376668 1991年11月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    哲学 哲学 (36) 107 - 117 0387-3358 1986年 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 恵
    哲學 哲學 80 25 - 55 05632099 1985年05月 [査読無し][通常論文]
     
    We take issue with Shorey's thesis that the closest analogy to the Aristotelian syllogistic can be found in the causal reasoning of the Phaedo 100ff and that his "first idea" comes from this doctrine of Idea's causality. In our assesment, Shorey ignores the basic difference in the problem situation which lies between the causality discussed in AP_0 and the logical necessity in APr. We argue that the origin of the "first idea" should be traced back to Aristotle's practical interest in winning the argument, which in turn has led Aristotle to a theory of valid inference. First, he develops it as the Topos theory in Top II-VII 2. The aim of this theory is to offer the lists of argument-forms or rules concerning the validity of propositions. This prefigures some moments of his syllogistic, such as rules of logical necessity or propositional implications, the theory of the square of oppositions. Based on this Topos theory, the dialectical syllogism is theorized to a certain extent in Top I, VII 3-VIII, SE. Finally, Aristotle moves from the dialectical syllogism to the formal system of the syllogistic theory in APr by utilizing some aspects of the proportional theory of Pythagorean mathematics especially Book V of Euclid's Elementa by Eudoxos. Eudoxos supplies Aristotle with most of terminologies and technical procedures. Thus, Logic told the dawn.
  • 千葉 恵
    哲學 哲學 79 21 - 48 05632099 1984年 [査読無し][通常論文]
     
    There are four ideas about the origin .of the syllogistic. Our aim is to trace the making of Aristotle's Logic, critically examining these ideas. We assume that APr presupposes Top SE and that Top II-VII 2 comes earlier than Top I, VII 3-VIII, SE. In the latter, "συλλογισμοs" (=syllogism) comes: to be used technically and theorized as dialectical syllogism. We examine first Plato's theory of division. Le Blond and others derive the ground of their idea about the origin of the Syllogistic,entirely from the sentence that the division is a weak syllogism. They interpret that Aristotle has established his syllogistic by his critical consideration of this weak syllogism. APr I 31 and APo II 5 where he criticizes Plato's division theory are different from one another in the aspect 'of argument. In APr I 31, he simply takes issue with all those who insist that the division has a power of the demonstration, and shows by trying, to syllogize the division that it cannot demonstrate anything. So he has no hesitation to say that the division is a syllogism. In APo II 5, while evaluating highly division's peculiar function, he clearly says that the division is not a syllogism. So "a weak syllogism" is mere irony. The syllogistic is not dans le prolongement of the division. But the division might be able to be arranged in the theory of the origin only in the sense of affecting the making of the dialectical syllogism in Top and SE.
  • 千葉 恵
    哲學 哲學 75 19 - 45 05632099 1982年 [査読無し][通常論文]
     
    In the first book of Physics, which is said to belong to his early Academia period, Aristotle investigates the principles of change in general - matter, privation and form. The most important of his discoveries in that book is, it seems, the concept of matter analysed in terms of the underlying thing (substratum) of change; the thing underlying is the terminus a quo and the thing constituted is the terminus ad quem of change. The relation of both termini consists in the fact that matter is the proximate cause of the thing constituted, such as bronze becoming a statue and wood becoming a bed, so that an analogy is found in the relation between the matter qua terminus a quo and the thing constituted qua terminus ad quem as between bronze and statue, wood and bed, and so on. It follows that Aristotle devised at first the concept of matter in relation to the thing constituted, not in relation to the formal cause as seen in later writings, for matter is consistently. in Physics, A the proximate cause of the thing constituted, and not in such a way that prime matter is claimed to be the ultimate cause of all things as many commentators interpret the text.
  • 千葉 恵
    哲學 哲學 73 1 - 24 05632099 1981年12月 [査読無し][通常論文]
     
    In Post. Anal. A4, Aristotle enumerates four Kinds of "Per Se" which designate four kinds of necessity between subject and predicate. Many commentators exclude the last two "Per Se" from their concern as irrelevant to Aristotle's inquiry of the demonstrative theory. I think, however, that, as far as a necessary S-P relation, all four kinds of "Per Se" are, for Aristotle, indispensable to his theory of demonstration. In this paper, I try to investigate his true thought when he manifests four "Per Se" and to show the principal role of each of the last "neglected" two as follows. 1. implies tautological necessity which we acquire from the linguistical point of view. This must be relevant for positing a genus which each science has as its domain. 2. implies causal necessity such as is valid, in fields of nonmathematical sciences.
  • 「時間とは何か」
    千葉 惠
    『時を編む人間―人文科学の時間論―』 217 - 247 [査読無し][通常論文]

書籍

講演・口頭発表等

  • パウロ「ローマ書」の意味論的分析  [招待講演]
    千葉 惠
    パウロ「ローマ書」の研究(Helsinki University) 2014年04月
  • アリストテレス『自然学』III巻における運動の定義  [招待講演]
    千葉 惠
    アリストテレスの質料形相論(Oxford University) 2012年06月
  • アリストテレスにおける様相存在論  [通常講演]
    千葉 惠
    アリストテレス『形而上学』と『分析論』における定義と因果性 2011年06月
  • アリストテレス『トピカ』第一巻の述定論  [招待講演]
    千葉 惠
    特別講義 2011年04月
  • Aristotle on Enquiry Theory and Demonstration of What it is  [招待講演]
    千葉 惠
    Aristotle’s Metaphysics (Oxford University) 2010年05月
  • Aristotle on Essence and Defining-phrase in his Dialectic  [招待講演]
    千葉 惠
    2008 Rutgers Ancient Philosophy Conference:Aristotle on Predication 2008年10月
  • Aristotle's Essentialism and the Scientific Image  [招待講演]
    David Charles & Kei Chiba
    Ancient and Modern Essentialism 2006年06月
  • Essence in Aristotle's Topics and Metaphysics  [招待講演]
    千葉 惠
    Substance and Essence:Historical Perspectives (Oxford University) 2005年06月
  • On Non-demonstrability in Aristotle's Demonstrative Science  [招待講演]
    千葉 惠
    Conference on Aristotle's Analytics (Oxford University) 1995年06月
  • 浜崎 盛康, 千葉 恵, 田中 千里, 森下 直貴, 山城 昭健, 伊藤 重行, 永井 均
    哲学 1982年
  • arisutoteresu no yoso sonnzairon  [招待講演]
    千葉 惠
    Modal Metaphysics:Issues on the (Im)possible IV 2016年08月

その他活動・業績

競争的資金等の研究課題

  • 『信の哲学』の英語版作成を介しての負の知的遺産を克服するパウロの言語と心身の哲学
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 千葉 惠
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2014年04月 -2016年03月 
    代表者 : 千葉 惠
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 千葉 惠
     
    アリストテレス『デアニマ』の研究を通じて、力能や完成等の彼の様相存在論(たとえば、「魂」は「力能において生命をもつ自然物体の完成」と定義される)を展開した。「研究実施計画」に記したように、 Oxford大学で2012年6月4日に開催された Conference on Aristotle’s HylomorphismにおいてAristotle’s Modal Ontology;On his Introduction of Logikos notion ‘Entelecheia’(アリストテレスの様相存在論:「完成」のロギコスな導入について」を発表した。これは一人二時間の持ち時間を持つ本格的な学会である。出版物としては'Aristotle on Heuristic Inquiry and Demonstration of what it is'Oxford Handbook of Aristotle, pp.171-203(Oxford 2012)において上梓された。既にこの論文についての好意的な書評がL.P.Gerson(Notre Dame Philosophical Revies)によりなされている。(http://ndpr.nd.edu/news/37385)。また「博物学者アリストテレスとダーウィンー進化論と目的論的自然観の両立可能性」が『生物という文化』(北海道大学出版会 2013)に掲載され、アリストテレスの魂論がいかなるものであるかを論じている。 また3月4日から12日までOxford大学でD.Charles教授等とアリストテレス哲学について共同研究に従事した。概して、研究計画どおりに進行したと言うことができる。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2008年 -2010年 
    代表者 : 千葉 惠
     
    信の哲学は信じる者にも信じない者にも共約的な次元において信が魂の根源語であることを証明する企てである。パウロ「ローマ書」は哲学的分析を許す次元を持っており、意味論的分析および心身論による分析を遂行し、有意な結果がでた。パウロはそこに眼差しを注ぎ言語を紡ぎだす三つの実在と三つの対応する言語網を無矛盾な仕方で構築していたことを証明した。
  • ギリシア哲学における魂論の研究:17320004
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究B)
    研究期間 : 2005年04月 -2008年03月 
    代表者 : 代表者:田中伸司(分担者:千葉 惠)
  • 本質と説明ーアリストテレスと現代科学的本質主義
    The British Academy/JSPS:日英共同研究
    研究期間 : 2005年04月 -2007年03月 
    代表者 : 千葉 惠
  • 行為と認知の統合理論の基礎:14310001
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究B2)
    研究期間 : 2002年04月 -2005年03月 
    代表者 : 代表者:新田孝彦(分担者:千葉 惠)
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2003年 -2005年 
    代表者 : 千葉 惠
     
    アリストテレスにおける存在論の集大成と言える『形而上学』中心巻全体の翻訳を完了させた。それと平行して執筆してきた四つの註解的論文を完成させた。そこでの彼の課題は第一の端的な存在である実体とは何であるかを明らかにすることを通じて、何が実体であるのか、とりわけプラトン主義者との共同の課題であった、可感的対象とは離存的な実体は存在するかの解明にむけての研究が遂行されている。そして「実体とは何であるか」の探究と「何が実体であるか」の探究は送り返しの関係にあり、実体による帰一的構造の解明を通じての存在の探究が深められていく。そのさい、できる限り中立的な視点から、何か例えばイデアを実体であると主張するためには、その存在者がいかなる条件を満たさねばならないかを、存在をめぐる言語使用の分析を通じて提示している。実体であることの規準は三つであり、(1)「この或るもの」、(2)離存性そして(3)基体である。(1)の指示表現「或るもの」には種が代入される。例えば「カリアスはこの人である」とは言えても、「カリアスはこの白である」は言えない。このように、指示は第一義に規定性を持つ実体に関わる。そして(1)を満たすものは、「カリアス」というひととして他のものから離れてあり(2)を満たす。(3)基体は「他のものの述語とならない」究極主語規準と言えるが、「カリアスは白い」という述定が一例となる。この言語的解明を受け、質料と形相また統合体がそれらを満たす存在者として吟味されることになる。これらは事物の一性を構成する因果論的構造の文脈において論じられる存在者である。諸素材としての質料を統一して一なる事物を形成する因果論的に基礎的な存在者は形相であるとされるが、それは事物それ自体として存在しているのか事物の何らかの部分なのかが論じられる。実体と属性、個と普遍、事物それ自体、さらには部分と全体等伝統的な形而上学の問題に鋭い議論が展開されていることが翻訳と註解的研究を通じて明らかになった。
  • ギリシア哲学における存在と知識の相互連関に関する基礎的研究:1041002
    文部科学省:科学研究費(基盤研究(B)(2))
    研究期間 : 1998年04月 -2000年03月 
    代表者 : 代表者:田中亨英 (研究分担者:千葉惠)
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 1998年 -2000年 
    代表者 : 千葉 惠
     
    アリストテレスの体系の頂点に形而上学が位置する。これは存在としての存在を研究する存在論であり、また第一の永遠の不動の存在者を研究する神学でもあるが、「第一のものであるが故に普遍的である」という仕方で両者は総合される。彼の体系は壮大で緻密なカテドラルに比すことができる。尖塔は天界の証人として神学であり、基礎およびネイブは弁証術と自然学である。本研究は弁証術と自然学の相補性を方法論上明らかにしている。弁証術の方法と実践は区別されるべきであり、その方法は「弁証術的に(dialektikos)」にではなく「ロギコースに(形式言論構築上)」形成されていることを明らかにした。従来はこの二つの方法が区別されていなかった。そして存在の形式言論構築的な分析としての「ロギコース」という手法は自然学の探究のみならず、神の存在の探究にいたるまで用いられる手法であることを明らかにした。(報告書第一論文)彼の重要な形而上学的概念である「本質(toti en einai)」もロギコースに、非因果論的に論じられることを明らかにした。実体に自体的同一性が端的にあることがロギコースに主張される。ロギコースに自体的同一性として特定される本質を現実世界で因果論的に実現しているものの理解を可能にするものが質料形相論である。従来は実体の一性を構成する因果論上基礎的な特徴を本質として理解してきた。本質は形式言論上存在要請され、それを満たすものが自然のうちに因果論的に探究される。(第二論文)さらに、この因果論的展開を可能にし、弁証術と自然科学を架橋するのが彼の論証と定義の理論であることを明らかにした。因果性を明らかにする論証をソクラテス以来の「何であるか」の探究の延長線上に種々の定義を判別する定義論に組み込む様式を明らかにした。(第三論文)
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C), 基盤研究(C))
    研究期間 : 1995年 -1996年 
    代表者 : 千葉 恵, 千葉 恵
     
    本研究はアリストテレスの「分析論後書」の翻訳と註解からなる。この書物の詳しい説明は『序文』に譲るが、J.バーンズの印象的な表現を借りるなら、「この書物は、いかなる理由にせよ、哲学の歴史のなかで最も優れた、独創的で影響力のある作品のうちのひとつである。それは科学哲学のコースを--また或る程度科学そのもののコースを--千年間にわたり決定した」と形容されるものである。(J.Barnes,Aristotle Posterior Analytics,xiv,Clarendon Press Oxford 1994)今日は科学技術の時代であると言ってよく、生活のすみずみにいたるまで、その恩恵と制約のもとにある。科学そして科学的知識というものが、その起源において、いかなるものとして理解されたかを知ることは、今日の状況を作り上げているものをその源泉から理解し、省察することを促うように思われる。本研究においては「分析論後書」の全翻訳を提示し、註解としては私の「分析論後書」について研究である"Aristotle on Explanation ; Demonstrative Science and Scientific Inquiry Part I,II"(北海道大学文学部紀要 72号、pp.1-110、73号、pp.1-95)の関連箇所を指示する。詳細な註解の執筆は今後の課題としたい。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C))
    研究期間 : 1992年 -1992年 
    代表者 : 千葉 惠, 千葉 恵
     
    アリストテレスの哲学的思索の宝庫である生物学をめぐる近年の争点は目的因の存在論的身分である。或る人々は有機体の存在は質料因と始動因だけでは十分に説明できないと考え、他の人々はその本質の定義は目的因なしには不可能であるが、この両因による有機体の存在の十分な説明は可能であるとする。因果性(実在)と説明(言語)の関係をめぐるこの因難な問題接近の一基地を見定めたい。自然は複雑な構造を有し規則的で美しく無駄のない秩序を示す。人が人を生む複製機構の絶妙さこそ「最も自然なこと」であり、この自律的に形態発生する生物の秩序性の帰一的第一根拠が「実現さるべきもの」なる目的因である。目的は反省概念ではなく、理(設計図)の次元で資料に比と限界を与へ条件的に必然な質料を規定し(「理にも必然性はある」200b4)、時空特定可能な物理的次元で質料の自然的運動を引き起こす自然的原因である。熱冷等物理的必然運動なる自然学者の「自然的にある」は、理により形相づけられた質料の必然運動として、行為モデルに比され、解し直される。それ故質料の端的必然性は条件的必然性に「還元され」も「包摂され」(J.Cooper等)もせず、理上指定された質料が時空次元で一質料として独立した「自然的にある」必然運動を為すので、両者は同一事物の二次元の必然性である。(Phii8,9,PAil,De Anii4,GAiil,v8)生物の複製機構を範例とする「何故かくも自然は秩序正しいのか」という何故疑問に対する解が四原因論である。原因は実体の力の能動的・受動的発現と解される。始動因は場所上連続的な力の変動を生む物理的原因である。他方理にある善なる目的因は生成の完成状態なる形相因でもあり、受動的質料とそれに合着した始動因に秩序と方向性を賦与するその第一能動因、本質である。かくして目的因は質料・始動因と存在論的次元を異にしにそれらに還元されない。かく自然の帰一構造は原因論のそれとなる。(Phii3,7,Metv4)

教育活動情報

主要な担当授業

  • 修士論文
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 古代中世哲学特殊講義
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 運動、完成、実働そして力能、質料と形相
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 古代中世哲学特別演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 運動、完成、実働と力能、質料と形相
  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 思索と言語
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 幸福、愛、正義、自由、実存、信念、感情、人間、自然、目的論的および機械論的自然観、神
  • 卒業論文
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 哲学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 魂、実存、アリストテレスとパウロ、信の文法、神の存在、信仰義認論
  • 哲学演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 魂、知覚、思考、直観、完成、実働そして力能

大学運営

委員歴

  • 2013年04月 - 現在   北海道大学哲学会   運営委員会


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.