研究者データベース

池田 透(イケダ トオル)
文学研究院 人間科学部門 地域科学分野
教授

基本情報

所属

  • 文学研究院 人間科学部門 地域科学分野

職名

  • 教授

学位

  • 文学修士(北海道大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • ニュージーランド   侵入生態学   有害獣   伝統文化   博物館資料   狩猟   有害鳥獣管理   毛皮獣狩猟   外来哺乳類   合意形成   生態系保全   アライグマ   キタキツネ   侵略的外来種   外来種   少数民族   環境問題   アーバン・ワイルドライフ   外来種管理   野生動物管理学   地域科学   動物生態学   保全生態学   

研究分野

  • ライフサイエンス / 生態学、環境学 / 侵入生態学
  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会 / 外来種管理政策
  • 環境・農学 / 生物資源保全学 / 外来種管理
  • 環境・農学 / 生物資源保全学 / 保全生態学
  • 環境・農学 / 生物資源保全学 / 野生動物管理学
  • 人文・社会 / 実験心理学 / 動物心理学
  • 環境・農学 / 環境影響評価 / 環境影響評価
  • 人文・社会 / 地域研究 / ニュージーランド
  • ライフサイエンス / 生態学、環境学 / 動物生態学

職歴

  • 2019年04月 - 現在 北海道大学大学院文学研究院 人間科学部門地域科学分野地域科学研究室 教授
  • 2007年04月 - 2019年03月 - 北海道大学大学院教授(文学研究科人間システム科学専攻地域システム科学講座) 教授
  • 2001年04月 - 2007年03月 北海道大学大学院助教授(文学研究科人間システム科学専攻地域システム科学講座) 助教授
  • 2000年04月 - 2001年03月 北海道大学大学院助手(文学研究科人間システム科学専攻地域システム科学講座) 助手
  • 1995年04月 - 2000年03月 北海道大学助手(文学部人文科学科地域システム科学講座) 助手
  • 1988年04月 - 1995年03月 北海道大学助手(文学部行動科学科社会生態学講座) 助手

学歴

  • 1983年04月 - 1988年03月   北海道大学   文学研究科博士後期課程   心理学専攻
  •         - 1988年   北海道大学
  • 1981年04月 - 1983年03月   北海道大学   文学研究科修士課程   心理学専攻
  •         - 1983年   北海道大学
  • 1977年04月 - 1981年03月   北海道大学   文学部   行動科学科
  •         - 1981年   北海道大学
  • 1974年03月 - 1977年03月   北海道札幌南高等学校

所属学協会

  • 世界自然保護連合(IUCN)   北海道自然保護協会   Society for Conservation Biology   The Wildlife Society   日本動物行動学会   動物の行動と管理学会   「野生生物と社会」学会   .日本生態学会   .日本哺乳類学会   The Mammal Society   日本シベリア学会   北海道民族学会   

研究活動情報

論文

  • Takaaki Suzuki, Tohru Ikeda
    BMC ECOLOGY 20 1 2020年12月 
    Background The raccoon (Procyon lotor) is an invasive, non-native species in Japan. Throughout the country, it causes significant agricultural damage and negatively affects native biodiversity. Most of the responsibility for raccoon management lies with local government, and there are still many challenges to be overcome. Although raccoon populations have not been eradicated, intensive control campaigns such as focus on the early stages of invasion have controlled raccoons in some regions. To improve the national management of raccoons, we conducted a survey on raccoon management systems in local government departments considered to solve the challenges recognized in many areas. During 2014 and 2015, we surveyed three different municipal departments about raccoon management measures. The semi-structured interview survey covered two topics: (1) the situation leading up to the current management system; (2) the current management system. Results Our results describe the scope and methods used in raccoon management. The government staff managed raccoons using monitoring, employing a variety of methods, a range of budgets, and various role divisions. The management practices are similar in that they share a sense of taking precautions, collaborating with stakeholders, understanding that adequate methods must be used, and obtaining support from experts. Conclusions Our case studies reveal the challenges in raccoon management faced by local government officers in regions with active control. The management systems and methods that we surveyed seemed to be effective in solving problems in both developed and undeveloped areas.
  • Minami W. Okuyama, Michito Shimozuru, Mariko Nakai, Emi Yamaguchi, Kei Fujii, Ken-ichiro Shimada, Tohru Ikeda, Toshio Tsubota
    SCIENTIFIC REPORTS 10 1 2020年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Phylogeographic studies can resolve relationships between genetic population structure of organisms and geographical distributions. Raccoons have become feral in Japan, and in Hokkaido island, they have been rapidly increasing in number and spreading since the 1970s. We analyzed mitochondrial (mtDNA) and microsatellite DNA to understand the current phylogenetic distribution and invasive founder events. Overall, Hokkaido raccoons maintained high genetic diversity (i.e., the level of heterozygosity was comparable to the original habitat, North America). Based on mtDNA distribution and microsatellite diversity, Hokkaido raccoons were divided into six management units. However, mtDNA haplotype distributions and genetic structures based on microsatellites did not always correspond to each other (e.g., two geographically and genetically separated populations showed similar mtDNA distributions). In addition, a high degree of genetic admixture was observed in every unit, and the degree of genetic differentiation was low even between regions separated by long distances. Compared with other countries in Europe where genetic distribution of introduced raccoons is more clearly structured, the current results represent a unique and complex phenomenon of pet escape/abandonment in Hokkaido: i.e., genetically related colonies were introduced into multiple regions as founder events, resulting in the current state in which raccoons are not clearly genetically differentiated even 40 years after introduction.
  • Takaaki Suzuki, Tohru Ikeda
    WILDLIFE RESEARCH 46 6 476 - 483 2019年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Context In Japan, the raccoon is an invasive, non-native mammal that causes significant agricultural damage and impacts on native biodiversity throughout the country. Local governments are mainly responsible for raccoon management. Intensive control campaigns focused on the early invasion stage have controlled raccoons in some regions but, generally, there are very few regions where raccoon numbers have been reduced sustainably, and no raccoon populations have been eradicated.Aims To improve national management of raccoons and canvass the opinions and perceptions of local government officers involved in raccoon control, and to review the efficiency and effectiveness of raccoon management strategies.Methods A questionnaire survey of 47 prefectural and 366 municipal governments was conducted, regarding raccoon management measures, during 2012 and 2013. The survey covered two topics: (1) management difficulties experienced by officers; and (2) details of the current raccoon management regime.Key results Efforts to manage raccoon populations have encountered some difficulties, including shortages of raccoon control officers, funding, expertise in raccoon biology and management, and lack of information about the invasion status of local raccoon populations and ecological traits of raccoons. Prefectures not currently managing raccoons indicated that they suffered from a lack of appropriate management procedures. However, current management programs were not generally functioning efficiently or effectively because many local governments did not implement appropriate monitoring. About 70% of local governments did not set control target indices, and there were very few quantitative datasets that could be used to measure the effectiveness of control in reducing raccoon impacts.Conclusions Best practice management programs have been being implemented in very few government areas, with institutional characteristics and difficulties in obtaining relevant information causing major problems.Implications Collecting and sharing information about effective raccoon management methods and case study examples from successful regions would enable other local administrations to select and implement the most effective and efficient control strategy, methods and monitoring program for their region.
  • 外来種はなぜ問題なのか? : 人と動物の関係からみる外来種問題
    池田 透
    科学技術コミュニケーション 23 41 - 50 2018年07月 [査読無し][招待有り]
  • アライグマ : 適応力に優れた無法者
    池田 透
    北方林業 68 3 35  2017年 [査読無し][招待有り]
  • 山田 文雄, 池田 透, 戸田 光彦, 橋本 琢磨, 五箇 公一, 曽宮 和夫
    哺乳類科学 56 2 251 - 257 2016年 [査読有り][通常論文]
  • 立澤史郎, 吉田 睦, 中田 篤, 池田 透
    シベリア 温暖化する極北の水環境と社会 385 - 420 2015年03月 [査読無し][通常論文]
     
    檜山哲哉・藤原潤子 編著
  • 外来種問題の所在と対策課題
    池田 透
    北海道芝草研究会報 38 3 - 8 2014年08月 [査読無し][招待有り]
  • アライグマ問題にみる外来種対策の社会・政策的課題
    池田 透
    Seeder = シーダー : 種まく人 : 地域環境情報から考える地球の未来 10 76 - 80 2014年 [査読無し][招待有り]
  • 山田 文雄, 石井 信夫, 池田 透, 常田 邦彦, 深澤 圭太, 橋本 琢磨, 諸澤 崇裕, 阿部 愼太郎, 石川 拓哉, 阿部 豪, 村上 興正
    哺乳類科学 52 2 265 - 287 2012年12月30日 [査読無し][通常論文]
  • Furbearer Hunting and invasive alienspecies issues in Yakutia.
    Tohru Ikeda
    Global Warming and the Human-nature Dimension in Siberisa 100 - 102 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 村上隆広, 池田透, 島田健一郎
    知床博物館研究報告 33 33 61 - 67 2011年12月30日 [査読無し][通常論文]
  • 阿部 豪, 三好 英勝, 佐鹿 万里子, 中井 真理子, 島田 健一郎, 上田 一徳, 富樫 崇, 池田 透, 立澤 史郎, 室山 泰之
    哺乳類科学 51 2 257 - 263 日本哺乳類学会 2011年12月30日 [査読無し][通常論文]
  • Establishing the raccoon control system and the issues in Hokkaido.
    Tohru IEDA
    Island Invasives: Eradication and Management 526 - 526 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Shimatani Y, Takeshita T, Tatsuzawa S, Ikeda T, Masuda R
    Zoological science 27 3 243 - 247 2010年03月 [査読有り][通常論文]
  • Koji Kotani, Hiromasa Ishii, Hiroyuki Matsuda, Tohru Ikeda
    POPULATION ECOLOGY 51 4 493 - 504 2009年10月 
    We develop discrete-time models for analyzing the long-run equilibrium outcomes on invasive species management in two-patch environments with migration. In particular, the focus is on a situation where removal operations for invasive species are implemented only in one patch (controlled patch). The new features of the model are that (1) asymmetry in density-dependent migration is considered, which may originate from impact of harvesting as well as heterogeneous habitat conditions, and (2) the effect of density-dependent catchability accounts for the fact that the required effort level to remove one individual may rise as the existing population decreases. The model is applied to agricultural damage control in the raccoon (Procyon lotor) problem that has occurred in Hokkaido, Japan. Numerical illustrations demonstrate that the long-run equilibrium outcomes largely depend on the degree of asymmetry in migration as well as the sensitivity of catchability in response to a change in the population size of the invasive species. Furthermore, we characterize the conditions under which the economically optimal effort levels are qualitatively affected by the above two factors, and conclude that aiming at local extermination of invasive species in the controlled patch is justified.
  • 山田 文雄, 池田 透, 小倉 剛, 常田 邦彦, 石井 信夫, 村上 興正
    哺乳類科学 49 1 177 - 183 日本哺乳類学会 2009年06月30日 [査読無し][通常論文]
  • 池田 透
    地理 54 3 32 - 35,4 古今書院 2009年03月 [査読無し][招待有り]
  • Kotani Koji, Ishii Hiromasa, Matsuda Hiroyuki, Ikeda Tohru
    Economics & management series 9 1 - 28 国際大学 2009年01月 [査読無し][通常論文]
     
    Former Title : Economic analysis & policy seriesFormer No. : EAP09-01We develop discrete-time models for analyzing the long run equilibrium outcomes on invasive species management in two-patch environments with migration. In particular, the focus is upon a situation where removal operations for invasive species are implemented only in one patch (controlled patch). The new features of the model are that (i) asymmetry in density dependent migration is considered, which may originate from impact of harvesting as well as heterogeneous habitat conditions, and (ii) the effect of density-dependent catchability is well-taken to account for the nature that the required effort level to remove one individual may rise as the existing population decreases. The model is applied for agricultural damage control in the raccoon problem that has occurred in Hokkaido, Japan. Numerical illustrations demonstrate that the long run equilibrium outcomes highly depend on the degree of asymmetry in migration as well as the sensitivity of catchability in response to a change in the population size of invasive species. Furthermore, we characterize the conditions under which the economically optimal effort levels are qualitatively affected by the above two factors and aiming at local extermination of invasive species in the controlled patch is justified.
  • Yukari Shimatani, Tsuyoshi Takeshita, Shirow Tatsuzawa, Tohru Ikeda, Ryuichi Masuda
    ZOOLOGICAL SCIENCE 25 7 714 - 720 2008年07月 [査読有り][通常論文]
     
    To identify mammalian carnivore species distributed in the Kushiro Wetland, eastern Hokkaido, Japan, we developed molecular-genetic methods for identification of the species from fecal samples collected from the field. Species-specific primers and PCR programs were established for five native and six alien species of carnivores: Martes zibellina, Mustela nivalis, Mustela erminea, Vulpes vulpes, and Nyctereutes procyonoides as native species, and Neovison vison, Martes melampus, Mustela itatsi, Canis familiaris, Felis catus, and Procyon lotor as alien species in Hokkaido. Touch-down PCR, in which the annealing temperature is decreased 1 degrees C every cycle, was more effective for some species from which fecal DNA was not amplified species-specifically with standard PCR programs. Of 405 fecal samples collected from the Kushiro Wetland, the species of origin of 246 samples were successfully identified: 88 samples for N. vison, 140 for M. zibellina, 13 for V vulpes, four for C. familiaris and one for E catus. The results show the particular applicability of this method to monitoring M. zibellina and N. vison. In addition, methods to PCR-amplify DNA from two crayfish species (Pacifastacus leniusculus and Cambaroides japonicus) were developed to determine whether the carnivore fecal samples contained detectable DNA from the prey crayfishes. DNA from P leniusculus was amplified from feces of N. vison identified in the present study, but no DNA from C. japonicus was detected. This indicates that N. vison preys on the alien species P leniusculus.
  • 浅川 満彦, 池田 透
    ワイルドライフ・フォーラム 12 2 25 - 29 「野生生物と社会」学会 2007年08月25日 [査読無し][通常論文]
  • 池田 透
    緑の読本 78 30 - 35 環境コミュニケーションズ 2007年08月 [査読無し][招待有り]
  • 池田透
    月刊資源環境対策 43 10 30 - 35 2007年08月 [査読無し][招待有り]
  • 北海道アライグマ感染症概説
    Wildlife Forum 12 2 25 - 31 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 阿部 豪, 青柳 正英, 的場 洋平, 佐鹿 万里子, 車田 利夫, 高野 恭子, 池田 透, 立澤 史郎
    哺乳類科学 = Mammalian Science 46 2 169 - 175 日本哺乳類学会 2006年12月30日 [査読無し][通常論文]
     
    箱ワナによる外来アライグマ捕獲における諸問題である 1)他動物の錯誤捕獲,2)小動物による餌の持ち逃げや誤作動,3)トラップシャイ個体の存在,4)捕獲個体によるワナの破壊と逃亡,5)ワナの購入・運搬・管理に係るコスト高などの改善を図るため,アライグマ捕獲用に開発されたエッグトラップ7個を用いて試用捕獲(200 trap nights)を行った.その結果,野生個体としては高齢のアライグマ2頭(5歳オス,6歳メス)をいずれも無傷で捕獲した.捕獲期間中に錯誤捕獲は1例もなく,また誤作動は本体内部が破損した1例だけだった.さらに,鉄杭にワナを吊るす設置法では,他動物による餌の持ち逃げも確認されなかった.今回の結果から,エッグトラップは一般的な箱ワナに比べて小型軽量,安価で,メンテナンスも容易であるため,箱ワナに代わるか,もしくは箱ワナとの併用によって,より捕獲効率を高めうる捕獲用具になる可能性が示唆された.
  • 池田 透
    哺乳類科学 = Mammalian Science 46 1 95 - 97 日本哺乳類学会 2006年06月30日 [査読無し][通常論文]
  • 村上 興正, 石井 信夫, 池田 透, 常田 邦彦, 山田 文雄
    哺乳類科学 = Mammalian Science 46 1 69 - 74 日本哺乳類学会 2006年06月30日 [査読無し][通常論文]
  • Differences in habitat use of the native raccoon dog (Nyctereutes procyonoides albus ) and the invasive alien raccoon (Procyon lotor ) in the Nopporo Natural Forest Park, Hokkaido, Japan
    Assessment and Control of Biological Invasion Risks 116 - 121 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Present Status of Invasive Alien Raccoon and its Impact in Japan.
    Tohru KEDA, Makoto ASANO, Yohei MATOBA, Go ABE
    Global Environment Research 8 2 125 - 131 2004年 [査読有り][通常論文]
  • M Asano, Y Matoba, T Ikeda, M Suzuki, M Asakawa, N Ohtaishi
    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE 65 3 369 - 373 2003年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Reproduction of feral raccoons (Procyon lotor) in Hokkaido, Japan, was examined during a 2-year period by analysis of placental scars or fetuses in the uterus. Of 242 collected females, 69 (29%) were juveniles, 71 (29%) yearlings, and 102 (42%) adults. The pregnancy rate averaged 66% in yearlings and was significantly lower than the 96% average observed in adults (p<0.01). Litter size ranged from I to 7 offspring per female, and averaged 3.6 in yearlings and 3.9 in adults. There was no significant difference in mean litter size between yearlings and adults. In Hokkaido, the raccoon mating season peaked in February and the majority of litters were born between March and May, similar to patterns described in North America, but some females mated in summer. The reproductive potential of feral raccoons in Hokkaido was similar to that reported in North America. The recent increase in raccoon numbers can be explained by their high productivity. Harvest data suggest that hunting pressure on juveniles is lower than that for older age classes when using box traps in summer. In order to reduce the feral raccoon population, alternative hunting methods that increase juvenile mortality rates are needed.
  • M Asano, Y Matoba, T Ikeda, M Suzuki, M Asakawa, N Ohtaishi
    JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH 50 4 165 - 173 2003年02月 [査読有り][通常論文]
     
    The growth pattern and seasonal weight fluctuations of feral raccoons in Hokkaido were evaluated between 1999 and 2001. The growth rates in body length and body weight were described for juveniles (young of the year) and yearlings (animals born in the previous season) using the Gompertz growth model. The asymptotic body sizes for males were greater than those for females. Young raccoons born during spring in the study area could potentially grow up to their asymptotic size at the beginning of their first winter, but they would not reach their full adult sizes until at least their second fall. Adult raccoons (animals greater than or equal to 2 -year-old) had seasonal weight fluctuations with annual weight loss of 25% to 28% of mean maximum weights in west-central Hokkaido, but these result would be an underestimate of the degree of annual weight fluctuations. Juvenile raccoons can be distinguished from the older animals by measuring body length or body weight during fall in Hokkaido.
  • Present Situation of Furbearer Hunting in Northern Yakutia : Turning Point of Traditional Hunting Activities
    Tohru IKEDA
    Northern Asian Studies 6 77 - 88 2003年 [査読無し][招待有り]
  • 池田透
    日本野生動物医学会誌 7 1 13 - 16 2002年03月 [査読無し][招待有り]
  • 池田透, 遠藤雅史, 村野紀雄
    酪農学園大学紀要 自然科学編 25 2 311 - 319 2001年02月20日 [査読無し][通常論文]
  • 池田 透
    保全生態学研究 5 2 159 - 170 日本生態学会 2001年01月 [査読無し][招待有り]
     
    日本各地で野生化しているアライグマの現状とその管理課題について考察を試みた.アライグマは雑食性で多様な環境で生息可能であり,逃亡・遺棄によって野生化が生じると,人間を怖れないために人間の生活圏内でも条件にさえ恵まれれば急激に増加する可能性を持っている.また,日本には天敵も存在しないためにアライグマが野山に拡散するに連れて在来の生物へも影響が及び,生態系の撹乱が危惧される.生物多様性条約への批准を機に日本でもようやく移入種問題が取り上げられるようになったが動きは遅く,現在のアライグマ対策は地方自治体が主体となって展開している.農業被害に端を発した北海道の対策は,生態系の保全を念頭においた科学的対策構築へと展開してきたが,法的規制に関連する予防措置や対策継続のための長期的予算確保など問題も多く残されている.今後は移入種問題を危機管理の問題としてとらえ,移入種に対する管理指針の確立とガイドラインの制定とを含めて国家的対策としての体制を整え,自治体との連携作業で事態に対処することが望まれる.
  • 池田透
    生物の科学 遺伝 54 3 59 - 63 裳華房 2000年03月 [査読無し][招待有り]
  • 池田 透
    北海道大学文学部紀要 47 4 149 - 175 北海道大學文學部 = The Faculty of Letters, Hokkaido University 1999年03月 [査読無し][通常論文]
  • 池田 透
    北海道大学文学部紀要 47 3 179 - 209 北海道大學文學部 = The Faculty of Letters, Hokkaido University 1998年12月 [査読無し][通常論文]
  • 池田 透
    遺伝 52 5 37 - 41 裳華房 1998年05月 [査読無し][招待有り]
  • 池田透
    生物の科学 遺伝 52 5 37 - 41 1998年05月 [査読無し][招待有り]
  • 池田 透
    北海道大学文学部紀要 46 1 195 - 215 北海道大學文學部 = The Faculty of Letters, Hokkaido University 1997年09月 [査読無し][通常論文]
  • 池田 透
    遺伝 38 7 94 - 98 裳華房 1984年07月 [査読無し][招待有り]
  • 鈴木 延夫, 池田 透, 岡野 美佐夫
    哺乳類科学 23 2 1 - 12 The Mammal Society of Japan 1983年 [査読有り][通常論文]
  • 鈴木 延夫, 池田 透
    哺乳類科学 21 1 1 - 9 The Mammal Society of Japan 1981年 [査読有り][通常論文]

書籍

  • The Regional Assessment Report on Biodiversity and Ecosystem Services for Asia and the Pacific
    Lilibeth A. Acosta, Amjad Virk, Ritesh Kumar, Shyam Sharma, Tohru Ikeda, Ganesh Raj Joshi, Md Saiful Karim, Koichi Kuriyama, Mitsutaku Makino, Kimiko Okabe, Nicolas Pascal, Zara Phang, Noraini Mohd Tamin, Yasuo Takahashi (担当:共著範囲:Chapter 6. Options for Governance and Decision-Making across Scales and Sectors)
    The Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES) 2018年06月
  • Satoshi OHDACHI, Ysuyuki ISHIBASHI, Masahiro IWASA, Dai Fukui, TAkashi SAITOH (担当:分担執筆範囲:raccoon, invasive alien mammals)
    SHOUKADOH Book Sellers, The Mammalogical Society of Japan 2015年07月
  • 檜山 哲哉, 藤原 潤子 (担当:分担執筆範囲:第11章11-2節)
    京都大学学術出版会 2015年04月 (ISBN: 4876983151) 511
  • 池田 透, 小杉 康, 立澤 史郎, 橋本 雄, 武田 雅哉, 藏田 伸雄, 佐藤 淳二, 千葉 惠, 和田 博美, 池田 透 (担当:編者(編著者)範囲:第9章)
    北海道大学出版会 2013年03月 (ISBN: 4832933841) 316
  • 高倉 浩樹, 佐々木 史郎, 中田 篤, 藤原 潤子, 吉田 睦, 檜山 哲哉, 池田 透, 奥村 誠, 永山 ゆかり, 山田 仁史 
    新泉社 2012年 (ISBN: 9784787711120)
  • 山田文雄, 池田透, 小倉剛, 山田 文雄, 小倉 剛, 池田 透 (担当:編者(編著者)範囲:第1章・第3章)
    東京大学出版会 2011年12月 (ISBN: 4130602217) 439
  • Invasive Alien Mammals in Japan
    University of Tokyo Press 2011年
  • 北村清彦, 池田 透, 加藤博文, 佐藤知己, 津曲敏郎, 宮武公夫, 望月恒子, 谷古宇尚, 吉開将人, 北村清彦 編 (担当:分担執筆)
    北海道大学出版会 2010年04月 (ISBN: 4832933744) 282
  • The Wild Mammals of Japan
    S.OHDACHI, Y.ISHIBASHI, M.Iwasa, T.SAITOH, S. D. Ohdachi, Y. Ishibashi, M. A. Iwasa, T. Saitoh (担当:分担執筆範囲:raccoon, invasive alien mammals)
    SHOUKADOH Book Sellers 2009年07月 (ISBN: 4879746266) 544
  • 日本の哺乳類学 2 中大型哺乳類・霊長類
    東京大学出版会 2008年
  • Mammalogy in Japan
    University of Tokyo Press 2008年
  • 池田 透 (担当:監修)
    青春出版社 2007年02月 (ISBN: 4413041666) 205
  • アラスカ遠征のパイオニア
    北方文化振興協会 2007年
  • 日本生態学会 (担当:共編者(共編著者)範囲:哺乳類)
    地人書館 2002年09月 (ISBN: 9784805207062)
  • レッドデータ 日本の哺乳類
    日本哺乳類学会 (担当:分担執筆範囲:食肉目)
    文一総合出版 1997年09月
  • 子別れの心理学 新しい親子関係像の提唱
    根ケ山光一, 鈴木晶夫 (担当:分担執筆)
    福村出版 1995年04月
  • 生態学からみた北海道
    東正剛, 阿部永, 辻井達一 (担当:分担執筆)
    北海道大学図書刊行会 1993年06月

講演・口頭発表等

  • 北海道野幌森林公園におけるエゾクロテンの生息分布変化  [通常講演]
    芦非煙, 池田透
    第68回日本生態学会大会 2021年03月 ポスター発表
  • 池田 透, 鈴木 嵩彬, 淺野 玄, 國永 尚稔, 小林 あかり
    第67回日本生態学会大会 2020年03月 ポスター発表
  • 野生動物管理策の前提として不可欠な「実現可能性分析」 ~外来生物対策における先行事例を踏まえて~  [招待講演]
    池田透
    令和元年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会 公益社団法人日本獣医師会-シンポジウム 「CSF(豚コレラ)対策として求められる野生イノシシの生態学的・行動学的知見と防疫対応の考え方」 2020年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 効果的・効率的アライグマ 防除対策を目指して ~外来種管理のキーポイント~  [招待講演]
    池田透
    岐阜大学2019年度連続講座「野生動物を知る」 2019年12月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • アライグマ地域的根絶に関するフィージビリティスタディ  [通常講演]
    池田透, 小林あかり, 鈴木嵩彬, 淺野玄, 國永尚稔
    日本哺乳類学会2019年度大会 2019年09月 口頭発表(一般)
  • 実現可能なアライグマ防除戦略構築のための必要条件の検討  [通常講演]
    池田透, 小林あかり, 鈴木嵩彬, 淺野玄, 國永尚稔
    第65回日本生態学会大会 2019年03月 口頭発表(一般)
  • 効果的・効率的アライグマ対策に向けた意思決定支援システム(DSS)導入の検討  [通常講演]
    池田透, 小林あかり
    日本哺乳類学会2018年度大会 2018年09月 ポスター発表
  • 日本のアライグマ対策における実現可能性研究の導入の検討  [通常講演]
    小林あかり, 池田透
    日本哺乳類学会2018年度大会 2018年09月 口頭発表(一般)
  • 樹洞営巣性を利用したアライグマ巣箱型ワナの低密度生息状況における効果と効率  [通常講演]
    池田透, 島田健一郎, 田中一典, 鈴木高彬, 小林あかり, 槻田和史, 須田孝徳, 根本英希
    日本哺乳類学会2017年度大会 2017年09月 ポスター発表
  • アライグマの樹洞営倉性を利用した巣箱型捕獲ワナの開発と有効性の検証  [通常講演]
    池田透, 島田健一郎, 鈴木嵩彬, 田中一典
    第64回日本生態学会大会 2017年03月 ポスター発表
  • 対策コスト削減を目的としたアライグマ捕獲ワナの開発  [通常講演]
    池田透, 島田健一郎
    野生生物と社会学会 2016年11月 ポスター発表
  • 天売島のノラネコ問題と対策に関する住民意識調査  [通常講演]
    池田透, 竹中康進, 山田太志, 鈴木嵩彬, 豆野皓太, 小林あかり, 石田祥紀, 大坂義臣
    日本哺乳類学会 2016年09月 ポスター発表
  • アライグマ管理(防除対策)のパターンと生じる課題  [通常講演]
    鈴木嵩彬, 池田透
    日本哺乳類学会 2016年09月 ポスター発表
  • 北海道におけるアライグマの遺伝子型の地理的分布に関する研究  [通常講演]
    奥山みなみ, 下鶴倫人, 中井真理子, 藤井啓, 山口英美, 島田健一郎, 池田透, 坪田敏男
    日本獣医学会 2016年08月
  • 外来種アライグマ対策の現状と課題  [通常講演]
    池田 透, 鈴木嵩彬
    第63回日本生態学会 2016年03月 ポスター発表
  • 外来種から地域の生物多様性を守るために(仮題)  [招待講演]
    池田 透
    外来種リスクから生物多様性を考えるシンポジウム 2015年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Towards Solving a Problem in Invasive Alien Raccoon Control Focusing on Information Sharing in Japan  [通常講演]
    Takaaki Suzuki, Tohru Ikeda
    5th International Wildlife Management Congress 2015年07月 ポスター発表
  • Struggles for Effenctive and Sustained Control of Invasive Alien Species; Toward improved control and radication in the Future  [通常講演]
    Tohru Ikeda
    5th International Wildlife Management Congress 2015年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • Current Status, Challenges and Future Perspective on Controlling Invasive Alien Raccoons in Japan.  [通常講演]
    Tohru Ikeda, K.Shimada, T.Suzuki
    5th International Wildlife Management Congress 2015年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 哺乳類の現状と課題 (フォーラム 愛知目標達成のための侵略的外来種リスト(仮称)の現状と課題)  [通常講演]
    池田 透
    第62回日本生態学会 2015年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 生物多様性と特定外来生物アライグマ  [招待講演]
    池田 透
    旭川市生物多様性セミナー 2015年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 大分市一木地区における官・民・学連携によるアライグマ防除  [通常講演]
    池田透, 島田健一郎, 中井真理子, 鈴木嵩彬, 内田桂
    第20回野生生物と社会学会犬山大会 2014年11月 ポスター発表
  • アライグマ防除対策と外来種の捕獲技術研究について  [招待講演]
    池田 透
    平成26年度環境省野生生物研修会 2014年09月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • アライグマ管理(防除対策)における成果や課題の収集と整理  [通常講演]
    鈴木嵩彬, 池田透
    日本哺乳類学会2014年度大会 2014年09月 ポスター発表
  • 生物多様性保全に基盤を置いた官・民・学協働アライグマ侵入初期防除の成果と課題  [通常講演]
    池田透, 島田健一郎, 中井真理子, 鈴木嵩彬, 内田桂
    日本哺乳類学会2014年度大会 2014年09月 ポスター発表
  • 外来アライグマ防除対策における情報共有ネットワーク構築  [通常講演]
    鈴木嵩彬, 池田透
    第61回日本生態学会 2014年03月 ポスター発表
  • アライグマの効果的・効率的防除戦略開発  [通常講演]
    池田透, 中井真理子, 島田健一郎, 鈴木嵩彬
    第61回日本生態学会 2014年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 外来種防除対策の考え方とアライグマ防除対策  [通常講演]
    池田 透
    北海道外来種対策連絡会議 2014年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • アライグマ  [招待講演]
    池田 透
    外来種問題を考える 2014年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 外来種問題の所在と対策仮題  [招待講演]
    池田 透
    北海道芝草研究会 2014年01月 口頭発表(招待・特別)
  • 外来アライグマ対策における情報共有ネットワークの構築に向けて  [通常講演]
    鈴木嵩彬, 池田透
    第19回野生生物と社会学会篠山大会 2013年11月 ポスター発表
  • Trial Run of Community-based Invasive Raccoon Control Campaign with the Objective of Conserving Local Ecosystem.  [通常講演]
    Tohru Ikeda, Kei Uchida, Miharu Kojo
    2nd International Congress on Biological Invasions 2013年10月 ポスター発表
  • アライグマ防除対策と外来種の捕獲技術研究  [招待講演]
    池田 透
    平成25年度環境省野生生物研修会 2013年09月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 効果的・効率的な外来アライグマ対策に向けた情報共有練ったワークの必要性と可能性  [通常講演]
    鈴木嵩彬, 池田透
    日本哺乳類学会2013年度大会 2013年09月 ポスター発表
  • アライグマ低密度生息下における新しい捕獲技術としての巣箱型ワナ開発  [通常講演]
    島田健一郎, 池田透
    日本哺乳類学会2013年度大会 2013年09月 ポスター発表
  • 知床半島におけるアライグマ防除の展望  [通常講演]
    池田透, 島田健一郎
    日本哺乳類学会2013年度大会 2013年09月 ポスター発表
  • アライグマ探索犬の訓練方法及び活用に関する研究 ~真冬の探索試験の結果および探索環境条件と臭気の流れに関する考察  [通常講演]
    中井真理子, 山下國廣, 福江佑子, 池田透
    日本哺乳類学会2013年度大会 2013年09月 ポスター発表
  • New initiative for invasive alien raccoon control in Jpan  [通常講演]
    Tohru Ikeda, M.Nakai, K.Shimada, T.Suzuki, J.Zhang
    26th International Congress for Conservation Biology 2013年07月 口頭発表(一般)
  • 効果的・効率的外来哺乳類対策の構築に向けて  [通常講演]
    池田透, 石井信夫, 山田文雄
    日本哺乳類学会2012年度大会 2012年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • アライグマ捕獲のための巣箱型ワナの開発と試験設置  [通常講演]
    島田健一郎, 池田透
    日本哺乳類学会2012年度大会 2012年09月 ポスター発表
  • アライグマ探索犬の育成方法及び活用に関する研究 ~探索訓練の経過と発信器装着アライグマのレスティングサイト探索試験  [通常講演]
    中井真理子, 山下國廣, 福江佑子, 池田透
    日本哺乳類学会2012年度大会 2012年09月 ポスター発表
  • Struggle with raccoons for preventing ecological and agricultural impacts.  [通常講演]
    IKEDA Tohru
    Joint Meeting of the 59th Annual Meeting of ESJ & the 5th EAFES International Conference. 2012年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 低密度状況下におけるアライグマの探索・捕獲技術開発  [通常講演]
    池田透, 中井真理子, 島田健一郎, 山下國廣, 福江佑子, 小谷栄二, 川崎綾子
    日本哺乳類学会2011年度大会 2011年09月 口頭発表(一般)
  • 外来哺乳類対策の展開と地域協働 (企画集会 外来生物法の見直しと将来)  [通常講演]
    池田 透
    第58回日本生態学会 2011年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • development of efficient technolofies to detect and capture invasve alien raccoons at low population density in Japan.  [通常講演]
    Tohru Ikeda, M.Nakai, K.Shimada, K.Yamashita, E.Kotani, A.Kawasaki
    18th Annual Conference of the Wildlife Society 2011年 ポスター発表
  • Development of efficient technologies to capture invasive alien raccoons at low population density.  [通常講演]
    Tohru Ikeda, M.Nakai, K.Shimada, K.Yamashita, E.Kotani, A.Kawasaki
    25th Intenational Conference for Conservation Biology 2011年 ポスター発表
  • 外来哺乳類の防除戦略(シンポジウム 侵略的外来種の防除戦略)  [通常講演]
    池田透
    第57会日本生態学会 2010年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 外来種(特定外来生物)アライグマ、野生化への対応  [招待講演]
    池田透
    動物臨床医学会 2008年11月 口頭発表(招待・特別) 大阪
  • アライグマ防除の現状と課題  [通常講演]
    池田透
    日本生態学会 2007年 口頭発表(一般) 松山市
  • 知床における外来哺乳類問題  [通常講演]
    池田透, 立澤史郎
    日本生態学会 2007年 ポスター発表 松山市
  • 外来生物からみた北海道  [通常講演]
    池田透
    日本哺乳類学会 2007年 口頭発表(一般) 東京
  • Problems in countermeasures against invasive alien raccoons in Hokkaido, Japan.  [通常講演]
    Ikeda T, Abe G
    2nd Scientific Congress of East Asian Federation of Ecological Societies 2006年 ポスター発表 新潟市
  • 知床半島へのアライグマの侵入  [通常講演]
    立澤史郎, 池田透, 増田泰
    日本生態学会 2006年 ポスター発表 新潟市
  • 外来アライグマ対策における合意形成の進め方について  [通常講演]
    池田透
    日本生態学会 2006年 ポスター発表 新潟市
  • 外来アライグマ問題に対する地域住民意識と合意形成の進め方について  [通常講演]
    池田透, 立澤史郎, 阿部豪
    日本哺乳類学会 2006年 口頭発表(一般) 京都
  • 北方地域における環境研究の課題 ―自然資源保全と環境適応―  [通常講演]
    池田透
    北海道大学文学研究科公開シンポジウム『北方的−北方研究の構築と展開 2006年 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 札幌
  • Problems in controlling invasive alien raccoons in Hokkaido, Japan.  [通常講演]
    Ikeda T, Abe G, Masuyama Y, Tatsuzawa S
    Hokkaido University International Symposium on Sustainable Development 2006年 ポスター発表 札幌
  • Social consciousness toward invasive raccoon issues in Japan.  [通常講演]
    Ikeda T, Abe G, Tatsuzawa S
    IX International Mammalogical Congress 2005年 ポスター発表 札幌
  • アライグマ侵入地域における住民意識調査  [通常講演]
    池田透, 立澤史郎
    野生生物保護学会 2005年 ポスター発表 金沢市
  • 天売島ノネコ対策における合意形成のための住民意識調査  [通常講演]
    池田透, 立澤史郎
    日本生態学会 2005年 ポスター発表 大阪
  • 個体間距離から見るアライグマとエゾタヌキの種間関係  [通常講演]
    阿部豪, 池田透, 立澤史郎
    日本生態学会 2005年 ポスター発表 大阪
  • 自然遺産をめぐる諸問題  [招待講演]
    池田透
    日本学術会議第1部・北海道大学主催シンポジウム『文化の問題としての環境』 2005年 口頭発表(基調) 札幌
  • Reproductive characteristics of the feral raccoon in Hokkaido, Japan.  [通常講演]
    Asano M, Matoba Y, Ikeda T, Suzuki M, Asakawa M, Ohtaishi N
    IX International Mammalogical Congress 2005年 口頭発表(一般) 札幌
  • An overview of internal parasites and food habits of feral raccoons in Hokkaido, Japan.  [通常講演]
    Matoba Y, Asano M, Masubuchi H, Ikeda T, Asakawa M
    IX International Mammalogical Congress 2005年 口頭発表(一般) 札幌
  • Home range and habitat use of the raccoon dog in a raccoon complex.  [通常講演]
    Abe G, Ikeda T, Tatsuzawa S
    IX International Mammalogical Congress 2005年 口頭発表(一般) 札幌
  • Control of the invasive raccoon in Hokkaido, Japan. Current status and problems to be solved-  [通常講演]
    Ikeda T, Asano M, Matoba Y, Abe G, Asakawa M
    IX International Mammalogical Congress 2005年 口頭発表(一般) 札幌
  • 北海道における侵略的外来種問題の諸相−アライグマ管理問題を中心に− Aspects of the Invasive Alien Species issues in Hokkaido : with special reference to the invasive alien raccoon  [通常講演]
    池田透
    北海道大学-オークランド大学共同国際シンポジウム Hokkaido University ? Univertsuty of Auckland Joint 2005年 口頭発表(招待・特別) 札幌
  • Present status of the native raccoon-dogs under the eradication program of the alien invasive raccoons in the Nopporo Forest Park, Hokkaido, Japan.  [通常講演]
    Abe G, Ikeda T, Tatsuzawa S
    International Conference on Assessment and control of biological invasion risks 2004年 口頭発表(一般) 横浜市
  • An overview of internal parasites and food habits of feral raccoons (Procyon lotor) in Hokkaido, Japan.  [通常講演]
    Matoba Y, Asano M, Masubuchi I, Ikeda T, Asakawa M
    International Conference on Assessment and control of biological invasion risks 2004年 口頭発表(一般) 横浜市
  • Social consciousness of Japanese people toward invasive raccoons  [通常講演]
    Ikeda T, Abe G, Tatsuzawa S
    International Conference on Assessment and control of biological invasion risks 2004年 口頭発表(一般) 横浜市
  • 北海道野幌森林公園における外来アライグマと在来エゾタヌキの関係(2) ?エゾタヌキの生息数推定とアライグマ対策への提言-  [通常講演]
    阿部豪, 池田透, 立澤史郎, 浅川満彦, 的場洋平
    日本生態学会 2004年 ポスター発表 釧路市
  • 北海道野幌森林公園における外来アライグマと在来エゾタヌキの関係(1) ?空間利用からみた種間関係-  [通常講演]
    池田透, 阿部豪, 立澤史郎
    日本生態学会 2004年 ポスター発表 釧路市
  • 空間利用から見た外来アライグマと在来エゾタヌキの種間関係  [通常講演]
    阿部豪, 池田透
    日本哺乳類学会 2004年 ポスター発表 厚木市
  • ニュージーランドにおける外来種対策と在来種保護 ?Karori Wildlife SanctuaryとTiritiri Matangi Islandの事例から-  [通常講演]
    池田透, 立澤史郎, 鈴木克哉
    日本哺乳類学会 2004年 ポスター発表 厚木市
  • 「移入哺乳類の現状と対策」  [通常講演]
    『遺伝』 1998年

作品等

  • 「移入アライグマの現状と問題点」,苫小牧市博物館講座
    2000年
  • 「アライグマをはじめとする移入動物の現状と課題」,空知支庁『アライグマをはじめとする移入動物問題を考える』フォーラム基調講演
    2000年

その他活動・業績

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 外来種管理における実現可能性と侵入段階を考慮した指標開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 鈴木 嵩彬, 久保 雄広, 池田 透
  • 侵略的外来哺乳類の防除政策決定プロセスのための対策技術の高度化
    環境省:環境研究総合推進費
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 代表:城ヶ原貴通、ST3:淺野玄、池田透
  • 日本学術振興会:二国間交流事業(共同研究)
    研究期間 : 2018年04月 -2020年03月 
    代表者 : 池田 透
  • 外来アライグマの営巣特性調査と対策コスト削減のための巣箱型ワナの開発
    富士フイルム:グリーンファンド
    研究期間 : 2016年09月 -2017年08月 
    代表者 : 池田 透
  • 外来種アライグマ対策コスト削減のための巣箱型罠の開発と商品化
    ノーステック財団:イノベーション創出研究支援事業
    研究期間 : 2016年08月 -2017年02月 
    代表者 : 池田 透
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 田口 洋美, 高橋 満彦, 池田 透, 伊吾田 宏正, 佐々木 史郎, 鬼頭 秀一, 三浦 慎悟, 横張 真, 蛯原 一平, 鬼頭 秀一
     
    国内の地方都市(札幌市、仙台市、魚津市、富山市など)や海外の都市(ナイロビ市、ミルウォーキー市、アイオアシティーなど)では、大型野生動物の出没が顕在化し、これに苦慮している現実を確認した。アーバンワイルドライフ問題を抱えた国や地域では野生動物の出没の度にダメージコントロールに終始し、これを実施する行政機関や請負業者と地域コミュニティーとの協調性が求めらる。ケニアでは、問題に対応する国家機関のイニシアティブの多くを地域コミュニティーに委譲する動きが出ている。とりわけ都市内部と周辺部における土地所有に関する私的所有権の強化が問題を複雑化させ駆除捕獲の手法も都市住民への配慮が求められている。
  • 野生動物の生息域拡大期における都市防衛システムの開発に関する環境学研究
    文部科学省:科学研究費補助金 基盤研究(B)
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 田口洋美
  • 外来動物の根絶を目指した総合的防除手法の開発
    環境省:環境研究総合推進費
    研究期間 : 2011年04月 -2014年03月 
    代表者 : 五箇公一
  • ロシア極東森林地帯における文化の環境適応
    文部科学省:科学研究費補助金 基盤研究(A)
    研究期間 : 2009年04月 -2013年03月 
    代表者 : 佐々木 史郎, SASAKI, Shiro, 国立民族学博物館, 先端人類科学研
     
    日本海をはさんで対岸に位置するロシア連邦極東地域は豊かな森に恵まれている。この研究プロジェクトでは、その中ではぐくまれた人々の独特の文化を、自然環境への適応と、人が歴史的に創り出した政治的・経済的な環境への適応という2つの側面から調査・分析を行った。その結果、自然と文化は相互に柔軟に適応しあうが、政治的・経済的な環境と文化との関係はより直接的、密着的で、拘束力が強い反面、同時に硬直してもろいものであることが判明した。
  • 侵略的外来中型哺乳類の効果的・効率的な防除技術の開発に関する研究
    環境省:生物多様性関連技術開発等推進事業
    研究期間 : 2009年04月 -2012年03月 
    代表者 : 小倉剛
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2009年 -2012年 
    代表者 : 佐々木 史郎, 佐藤 宏之, 田口 洋美, 池田 透, 高倉 浩樹, 大西 秀之, 思 沁夫, 伊賀上 菜穂, 安木 新一郎, 根岸 洋, 松森 智彦, 中村 和之, アルグジャ エヴァYu.V., ベレズニツキー S.V., ヒサムジノフ A.A., クラージン N. N., ラトゥシュコ Yu.V., ニキーチン Yu.G., サマル A.P., 黄 孝東, 梁 松, 候 儒
     
    日本海をはさんで対岸に位置するロシア連邦極東地域は豊かな森に恵まれている。この研究プロジェクトでは、その中ではぐくまれた人々の独特の文化を、自然環境への適応と、人が歴史的に創り出した政治的・経済的な環境への適応という2つの側面から調査・分析を行った。その結果、自然と文化は相互に柔軟に適応しあうが、政治的・経済的な環境と文化との関係はより直接的、密着的で、拘束力が強い反面、同時に硬直してもろいものであることが判明した。
  • 北海道内の主要アイヌ資料の再検討
    文部科学省:科学研究費補助金 基盤研究(B)
    研究期間 : 2005年04月 -2008年03月 
    代表者 : 小谷 凱宣, 南山, 人文学部, 佐々木 史郎, SASAKI, Shiro, 国立民族学博物館, 研究戦略セン
     
    本研究は、北海道内の博物館に収蔵きれている、アイヌ民族資料の所在を確認し、その記録を取るとともに、その資料が収蔵された歴史的な背景を解明することを目的としていた。本研究で調査対象としたのは、北海道大学北方生物圏フィールド科学センター植物園(北大植物園)、函館市北方民族資料館、松前城資料館である。この3つの博物館が調査の対象とされたのは、資料の収集経緯に関する記録が比較的よく残されていたからである。3年にわたる調査の結果、北大植物園が所蔵する2600点に及ぶアイヌ文化関連の標本資料全点と松前城資料館が所蔵する320点余りの資料の全点について調書が作成され、写真が撮影された。また、函館市北方民族資料館では約700点(総数約2500点の内)の資料について、調書作成、写真撮影を行った。その結果、総計約3500点を超えるアイヌ文化の標本資料の詳しい調書と写真が作成された。 本科研での調査研究活動では、標本資料の熟覧、調書作成、写真撮影にとどまらず、当該資料が各博物館に所蔵された経緯や背景も調べられた。植物園の資料の収集には、明治に北海道開拓指導のためにやってきた御雇外国人が関わっていたことから、彼らに関する史料をアメリカの図書館に求めた。 調査の過程で、これらの博物館、資料館の資料が、明治から大正にかけての時代に収集されていたことが判明した。それは時代背景が明らかな欧米の博物館に所蔵されているアイヌ資料の収集時期と一致する。本科研の調査により、以上の3つの博物館のアイヌ資料は、すでに数度にわたる科研で調査された欧米の博物館の資料に匹敵するほどの記録と情報を備えることになった。それは、記録がない他の国内の博物館のアイヌ資料の同定、年代決定の参照に使えるとともに、アイヌ文化の振興と研究の将来の発展に大きく寄与することになるだろう。
  • Wildlife resource use in Siberia
    研究期間 : 2008年
  • 侵入種生態リスクの評価手法と対策に関する研究
    環境省:環境研究総合推進費
    研究期間 : 2004年04月 -2007年03月 
    代表者 : 五箇公一
  • 北海道内の主要アイヌ資料の再検討
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2005年 -2007年 
    代表者 : 佐々木 史郎, 小谷 凱宣, 荻原 眞子, 佐々木 利和, 財部 香枝, 谷本 晃久, 加藤 克, 立澤 史郎, 佐々木 史郎, 出利葉 浩司, 池田 透, 沖野 慎二
     
    本研究は、北海道内の博物館に収蔵きれている、アイヌ民族資料の所在を確認し、その記録を取るとともに、その資料が収蔵された歴史的な背景を解明することを目的としていた。本研究で調査対象としたのは、北海道大学北方生物圏フィールド科学センター植物園(北大植物園)、函館市北方民族資料館、松前城資料館である。この3つの博物館が調査の対象とされたのは、資料の収集経緯に関する記録が比較的よく残されていたからである。3年にわたる調査の結果、北大植物園が所蔵する2600点に及ぶアイヌ文化関連の標本資料全点と松前城資料館が所蔵する320点余りの資料の全点について調書が作成され、写真が撮影された。また、函館市北方民族資料館では約700点(総数約2500点の内)の資料について、調書作成、写真撮影を行った。その結果、総計約3500点を超えるアイヌ文化の標本資料の詳しい調書と写真が作成された。 本科研での調査研究活動では、標本資料の熟覧、調書作成、写真撮影にとどまらず、当該資料が各博物館に所蔵された経緯や背景も調べられた。植物園の資料の収集には、明治に北海道開拓指導のためにやってきた御雇外国人が関わっていたことから、彼らに関する史料をアメリカの図書館に求めた。 調査の過程で、これらの博物館、資料館の資料が、明治から大正にかけての時代に収集されていたことが判明した。それは時代背景が明らかな欧米の博物館に所蔵されているアイヌ資料の収集時期と一致する。本科研の調査により、以上の3つの博物館のアイヌ資料は、すでに数度にわたる科研で調査された欧米の博物館の資料に匹敵するほどの記録と情報を備えることになった。それは、記録がない他の国内の博物館のアイヌ資料の同定、年代決定の参照に使えるとともに、アイヌ文化の振興と研究の将来の発展に大きく寄与することになるだろう。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2004年 -2005年 
    代表者 : 池田 透, 立澤 史郎
     
    外来アライグマ対策への合意形成の基礎的資料として、北海道4地域における地域住民のアライグマ問題に対する意識調査をアンケートによって実施した。 全体的には、外来種問題の理解が進み、駆除対策に対する合意形成はできつつあると予想されるが、地域住民の外来種問題理解は、マスコミ報道などを通した画一的な理解となっていることも推察され、アライグマ対策も真に生態系保全を目的とした外来種対策とは受け取られてはいないことが明らかとなった。 外来種管理に関わる長期的視点からは、生態系保全意識をベースとした対策への合意形成が必要不可欠であり、そのためには地域住民が問題の一般的理解に加えて地域の現状を正しく理解し、その意見に基づいた対策を構築することが、対策への感情的反発等を抑制することにもつながるものと考える。アライグマ駆除に賛成の立場の住民においては、賛成の理由として在来種の保護が大きな割合を占めており、今後の社会的教育次第では、生態系保全意識が社会にも浸透し、こうした立場からの対策構築も容易となることも予想される。こうした社会状況作りには地域の博物館やひいては学校教育等による外来種問題の教育・啓発が必要であり、こうした地域と連携した社会教育の重要性を再認識し、活発な地域活動を展開していくことが今後の課題と考える。 また、若年層でアライグマ問題に対する認識の低さ、及び駆除への抵抗がみられ、その背景には動物愛護的立場を重視していることが推察されたが、こうした若年層には、地域の現状を詳細に説明し、問題の所在を理解することから、画一的な愛護思想ではなく、状況にあわせて個人個人がこの問題を再考できるように情報を提供することが重要であり、今後の対策遂行に向けた大きな社会的課題と考える。
  • 侵入生物による生物多様性影響機構に関する研究
    環境省:地球環境研究総合推進費
    研究期間 : 2001年04月 -2004年03月 
    代表者 : 五箇公一
  • シベリア狩猟・牧畜民の生き残り戦略の研究
    文部科学省:科学研究費補助金 基盤研究(A)
    研究期間 : 1997年04月 -2000年03月 
    代表者 : 斎藤 晨二, SAITO, Shinji, 人文社会学
     
    サハ(ヤクート)の馬飼育文化は現代における「生き残り」の問題としてのほか、牧畜文化の寒冷地適応としての歴史的な生き残りの問題でもある。今回の調査は、夏至の祭りの実態調査を中心に録画、英雄叙事詩・即興歌の録音を中心に実施、若い世代も伝統的文化の生き残りを目指していることが分かった。馬牧畜は凍土の融解によって生ずるアラースの比較的小規模の草原の利用である。そこでは、1メイル・ユニットとも称すべき小サイズの群れで放牧が行われるため、モンゴル草原などの牧畜体系が豊富な肉供給をともなう牧畜体系に変容したと推定される。トナカイ飼育と馬飼育において、共に群が日帰り放牧の対象とはなっていない。トナカイ・馬の群はそれぞれ騎乗可能な調教個体からなる使役群と非調教で主にその肉と毛皮の利用を目的とする肉群に分かれている。その点、牧畜と家畜動物による狩猟が同等な位置にあるといえる。 トナカイ飼育は、いずれにおいても存続の危機に瀕し、その諸問題がソ連期の民族政策や環境破壊、当面のロシア経済の混乱等に根ざしており、「生き残り」と固有の伝統文化の維持の間に多難な課題がある。ただ、ギダン半島のネネツ人に伝統的な姿のトナカイ遊牧・漁労・狩猟の生業活動文化が色濃く維持されていることは注目される。 トナカイ飼育・狩猟・漁労を組み合わせた生業体系が崩れ、食用野生獣に対する狩猟比重が高まっている。また、ソ連期に現金収入の道として確率された野性獣の肉や毛皮狩猟が市場原理の導入によって壊滅的な打撃を受けている。近年の狩猟・漁労に対する自然保護の視点からの規制も進みつつ、これら生業の将来には多大な問題がある。
  • シベリア狩猟・牧畜民の生き残り戦略の研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 1997年 -1999年 
    代表者 : 斎藤 晨二, 高倉 浩樹, 池田 透, 吉田 睦, 佐々木 史郎, 井上 絋一, イワノフ ワシリー・ニコ
     
    サハ(ヤクート)の馬飼育文化は現代における「生き残り」の問題としてのほか、牧畜文化の寒冷地適応としての歴史的な生き残りの問題でもある。今回の調査は、夏至の祭りの実態調査を中心に録画、英雄叙事詩・即興歌の録音を中心に実施、若い世代も伝統的文化の生き残りを目指していることが分かった。馬牧畜は凍土の融解によって生ずるアラースの比較的小規模の草原の利用である。そこでは、1メイル・ユニットとも称すべき小サイズの群れで放牧が行われるため、モンゴル草原などの牧畜体系が豊富な肉供給をともなう牧畜体系に変容したと推定される。トナカイ飼育と馬飼育において、共に群が日帰り放牧の対象とはなっていない。トナカイ・馬の群はそれぞれ騎乗可能な調教個体からなる使役群と非調教で主にその肉と毛皮の利用を目的とする肉群に分かれている。その点、牧畜と家畜動物による狩猟が同等な位置にあるといえる。 トナカイ飼育は、いずれにおいても存続の危機に瀕し、その諸問題がソ連期の民族政策や環境破壊、当面のロシア経済の混乱等に根ざしており、「生き残り」と固有の伝統文化の維持の間に多難な課題がある。ただ、ギダン半島のネネツ人に伝統的な姿のトナカイ遊牧・漁労・狩猟の生業活動文化が色濃く維持されていることは注目される。 トナカイ飼育・狩猟・漁労を組み合わせた生業体系が崩れ、食用野生獣に対する狩猟比重が高まっている。また、ソ連期に現金収入の道として確率された野性獣の肉や毛皮狩猟が市場原理の導入によって壊滅的な打撃を受けている。近年の狩猟・漁労に対する自然保護の視点からの規制も進みつつ、これら生業の将来には多大な問題がある。
  • シベリア牧畜民の民族学的研究
    文部科学省:科学研究補助金 国際学術研究
    研究期間 : 1993年04月 -1996年03月 
    代表者 : 斎藤 晨二, SAITO, Shinji, 教養部, 斉藤 晨二, 教養部
     
    シベリアの永久凍土地帯において、北方少数民族の伝統的生業の現地調査を通じて、北半球の寒極地域における人類の寒地適応文化を明らかにしつつ、ソ連邦崩壊後の北方少数民族の生き残りの可能性を探った。本研究のために協力を得たのは主としてサハ共和国科学アカデミー人文科学研究所ならびにイルク-ツク大学である。 夏期に比較的広域にわたる観察を行ないながら、地域を限定してのトナカイ飼育民について厳寒期を除く四季の生業活動に関する集中的な調査を実施した。このために選定したのが、サハ共和国エヴェノ・ブイタンタイスキー地区のエヴェン人とイルク-ツク州カタンガ地区のエヴェンキ人である。 平成5年度の夏期の広域調査では上記両地域の他、中央ヤク-チアのヤク-ト人の馬飼育に関連した伝統文化の調査を試みた。しかし、東シベリアにおいて少数民族とは言いがたいこの民族は、帝政ロシア・ソ連時代を通じてロシア化をともなう近代化がかなり浸透して生活様式も多様化しており、伝統文化の調査を短期間に実施することは困難であることが分かった。 平成6年度の広域調査では北東シベリアのコリマ川下流地方のエヴァン人のトナカイ飼育民を調査した。低地ツンドラにおける年間の長距離移動の遊牧に狩猟と漁労をともなう生業形態、および飼育トナカイと野生トナカイとの競合関係など文献によって断片的に知られていた事象を、かなりよく残していることが明らかになり、今後集中的な調査が期待される。 平成7年度には西シベリアのオビ川下流域からギダン半島にかけての地域の調査を行なった。地下資源開発による環境破壊により伝統的生業の崩壊が問題視されているが、他方、ギダン半島には、ネネツ人の伝統的な生業と文化が生き残っていることが判明し、これも今後、その実態を明らかにすべき課題である。 平成5〜7年度の集中的調査地域のうち、上記のエヴェノ・ブイタンタイスキー地区においては、夏期のヴェルホヤンスキー山脈の山岳ツンドラと冬期の山麓の森林地帯の間を往復する多頭トナカイ飼育が行なわれている。これに従事するのは大部分のエヴェン人であり、かつての民族共同体がソ連時代にほぼそのまま集団化の形態をとったため、ソ連体制の崩壊後も、かなりかつての社会環境を保持している。生業としてのトナカイ飼育に従事する者も若年から高年齢者までを含み、彼らの生業活動は当面健在であるかにみえる。しかし、歴史的に彼らはヤク-ト文化の強い影響下におかれて、言語的にはほぼ完全にヤク-ト語化しており、トナカイ飼育を営むが故にエヴェン人であるという側面がある。また、ソ連崩壊後の市場経済への対応では多大の困難に直面しており、生産性の低さ、商品としてのトナカイの毛布・肉の販路の確保が困難なこと、かつて有力な生業であった野生獣毛皮狩猟も価格低落によって成り立たなくなり、狩猟は食料自給の一手段に逆戻りしているなどの問題が表面化している。北方少数民族の生き残りをかけた市場経済への移行策がサハ共和国政府の主導の下にとられつつある。 集中調査を実施したいま一方のイルク-ツク州カタンガ地区ではタイガ帯においてトナカイ飼育と狩猟の組み合わせから成る生業活動がエヴェンキ人によって続けられていることが明らかになり、その実態を詳しく記録することに努めた。森林地帯における本来の意味での自給自足ではないが、さまざまな日常の生活の習慣・技術の中に彼らの独自の民族文化が色濃く存続している。ここでもソ連時代を生き延びたエヴェンキ人の伝統が近代的な産業開発による森林破壊や市場経済化にいかに対応するかに大きな課題がある。 ソ連邦崩壊後、以上のシベリア諸民族の間には民族文化の復興運動が盛んになっているが、ソ連体制下における民族固有の文化の喪失を否定できないものの、国家の経済統制による一定の生活水準の維持が可能であった。苛酷な自然環境と地理的に隔絶した地域に居住する民族の真の意味での発展がいかに計られるかは、なお詳しい調査を要する。
  • シベリア牧畜民の民族学的研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 国際学術研究
    研究期間 : 1993年 -1995年 
    代表者 : 斎藤 晨二, 斉藤 晨二, 池田 透, 佐々木 史郎, 井上 紘一, デ・グラーフ トゥジェル, 熊谷 君子, ガーラック スコット・ク, 小谷 凱宣
     
    シベリアの永久凍土地帯において、北方少数民族の伝統的生業の現地調査を通じて、北半球の寒極地域における人類の寒地適応文化を明らかにしつつ、ソ連邦崩壊後の北方少数民族の生き残りの可能性を探った。本研究のために協力を得たのは主としてサハ共和国科学アカデミー人文科学研究所ならびにイルク-ツク大学である。 夏期に比較的広域にわたる観察を行ないながら、地域を限定してのトナカイ飼育民について厳寒期を除く四季の生業活動に関する集中的な調査を実施した。このために選定したのが、サハ共和国エヴェノ・ブイタンタイスキー地区のエヴェン人とイルク-ツク州カタンガ地区のエヴェンキ人である。 平成5年度の夏期の広域調査では上記両地域の他、中央ヤク-チアのヤク-ト人の馬飼育に関連した伝統文化の調査を試みた。しかし、東シベリアにおいて少数民族とは言いがたいこの民族は、帝政ロシア・ソ連時代を通じてロシア化をともなう近代化がかなり浸透して生活様式も多様化しており、伝統文化の調査を短期間に実施することは困難であることが分かった。 平成6年度の広域調査では北東シベリアのコリマ川下流地方のエヴァン人のトナカイ飼育民を調査した。低地ツンドラにおける年間の長距離移動の遊牧に狩猟と漁労をともなう生業形態、および飼育トナカイと野生トナカイとの競合関係など文献によって断片的に知られていた事象を、かなりよく残していることが明らかになり、今後集中的な調査が期待される。 平成7年度には西シベリアのオビ川下流域からギダン半島にかけての地域の調査を行なった。地下資源開発による環境破壊により伝統的生業の崩壊が問題視されているが、他方、ギダン半島には、ネネツ人の伝統的な生業と文化が生き残っていることが判明し、これも今後、その実態を明らかにすべき課題である。 平成5〜7年度の集中的調査地域のうち、上記のエヴェノ・ブイタンタイスキー地区においては、夏期のヴェルホヤンスキー山脈の山岳ツンドラと冬期の山麓の森林地帯の間を往復する多頭トナカイ飼育が行なわれている。これに従事するのは大部分のエヴェン人であり、かつての民族共同体がソ連時代にほぼそのまま集団化の形態をとったため、ソ連体制の崩壊後も、かなりかつての社会環境を保持している。生業としてのトナカイ飼育に従事する者も若年から高年齢者までを含み、彼らの生業活動は当面健在であるかにみえる。しかし、歴史的に彼らはヤク-ト文化の強い影響下におかれて、言語的にはほぼ完全にヤク-ト語化しており、トナカイ飼育を営むが故にエヴェン人であるという側面がある。また、ソ連崩壊後の市場経済への対応では多大の困難に直面しており、生産性の低さ、商品としてのトナカイの毛布・肉の販路の確保が困難なこと、かつて有力な生業であった野生獣毛皮狩猟も価格低落によって成り立たなくなり、狩猟は食料自給の一手段に逆戻りしているなどの問題が表面化している。北方少数民族の生き残りをかけた市場経済への移行策がサハ共和国政府の主導の下にとられつつある。 集中調査を実施したいま一方のイルク-ツク州カタンガ地区ではタイガ帯においてトナカイ飼育と狩猟の組み合わせから成る生業活動がエヴェンキ人によって続けられていることが明らかになり、その実態を詳しく記録することに努めた。森林地帯における本来の意味での自給自足ではないが、さまざまな日常の生活の習慣・技術の中に彼らの独自の民族文化が色濃く存続している。ここでもソ連時代を生き延びたエヴェンキ人の伝統が近代的な産業開発による森林破壊や市場経済化にいかに対応するかに大きな課題がある。 ソ連邦崩壊後、以上のシベリア諸民族の間には民族文化の復興運動が盛んになっているが、ソ連体制下における民族固有の文化の喪失を否定できないものの、国家の経済統制による一定の生活水準の維持が可能であった。苛酷な自然環境と地理的に隔絶した地域に居住する民族の真の意味での発展がいかに計られるかは、なお詳しい調査を要する。
  • 事前情報を伴うメッシュデータの多変量解析法の開発とその応用
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 一般研究(C)
    研究期間 : 1993年 -1994年 
    代表者 : 齋藤 堯幸, 池田 透, 大津 起夫
     
    環境調査や生態調査では一般に、調査地域をメッシュに区切り、その各セル(地点)毎に多変量データを観測する、この場合、多変量観測データとは別個に、セルや変数に関して、事前的な情報が存在することが多い。その情報を、多変量解析の後ではなく、分析法の中に直接的に組み込んで、データを解析すれば非常に有用である。 本研究は、この需要を満たすために、新しいデータ解析法を開発し、その有効性を検討した。大別して2種類の方法A,Bを開発し、計算機プログラムまたはシステムを実現した。いずれも地域開発による環境や生態の変化の分析に有効であることがわかった。 A.多変量メッシュデータに対して、セル間(またはブロック間)の二元関係の構造情報が与えられた場合、その情報を多変量データの分析に組み込む方法を開発した。ここでは、非対称的な構造情報が関係行列として複数個与えられた場合、それから抽出した構造を多変量データの分析に組み込む。この場合セル関係とは、地理的な隣接関係のように、対称関係でもよいが、さらに一般的にセル間の不均質な関係(たとえば風向条件とか水路の存在条件)、あるいは非対称関係(たとえば動物、植物の繁殖や拡散、移動の条件)でも差し支えない。 B.メッシュの構造情報や変数の構造情報を、線形モデルに基づくベイズ推定によって、潜在構造を効率的に探索するための手法を開発した。この分析をさらに効率的に実行するために、多重配列として記述される複雑な事前情報を、適応的に扱う機能を、Prologによる解析支援システムとして完成した。この分析システムは、ワークステーション上で稼働する。 なお応用のために、生態学的な調査データを、効率的に計算機処理するためのファイルリング・システムの試料を収集した。それに基づいて、ファイルを設計し、動物の行動圏に関する調査データを編集し、データファイルを作成した。
  • 野生有害哺乳動物に対する食物嫌悪条件づけの応用研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 奨励研究(A)
    研究期間 : 1993年 -1993年 
    代表者 : 池田 透
     
    野生有害獣対策としての野外における食物嫌悪条件づけの効果を検討した。近年人間生活圏への侵入が問題化しているキタキツネを対象とし、恵庭市郊外のキタキツネの定期的採食が観察される地域を調査地に選択した。 標的食物としてはキツネが調査地において日常的に摂取しているニジマスを用い、魚切片に相当量の粉末塩化リチウム(安全性の高い催吐剤)を混入してキツネの餌場に設置し、摂取後の採食行動の変化を自動車内から観察した。実験スケジュールは第一段階(塩化リチウム未処理餌呈示:7日間)、第二段階(塩化リチウム処理餌呈示:7日間)、第三段階(再度未処理餌呈示:7日間)を設定し、餌の消費数・餌場への侵入回数を記録した。 個体識別されたキツネは5頭であり、うち3頭が複数回確認され2頭が塩化リチウムで処理された標的食物を摂取した(1頭は1回、もう1頭は2回)。第二段階での塩化リチウム処理餌摂取後、直ちに餌消費数・餌場侵入回数は激減し、特に第二段階後半ではともに0となり、キツネの姿も確認されなかった。だが、第三段階にはいるとすぐにキツネがあらわれ、その後餌消費数・餌場侵入回数ともに増加回復を示した。 一般に食物嫌悪条件づけは少ない試行数で長期的効果が得られることが特徴とされてきたが、今回は標的食物回避の兆候は直ちにあらわれたものの、効果は短期的なものであった。その原因としては、キツネが塩化リチウム処理餌と未処理餌を味覚・嗅覚的に識別してしまった可能性があること、および今回のように標的食物が日常的に摂取されている場合、先行する安全学習の効果が強く影響を与えていることが予想され、標的食物投与の方法・投与間隔の問題など、厳密な実験下での効果的条件づけスケジュールの検討が今後の課題であろう。
  • 野生有害哺乳動物に対する食物嫌悪条件づけの応用研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 奨励研究(A)
    研究期間 : 1992年 -1992年 
    代表者 : 池田 透
  • 環極北文化の比較研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 総合研究(A)
    研究期間 : 1991年 -1992年 
    代表者 : 岡田 宏明, 池田 透, 岸上 伸啓, 宮岡 伯人, 小谷 凱宣, 岡田 淳子, 黒田 信一郎
     
    平成3年度から継続して、平成4年度にも2回の研究集会を札幌と網走で開催し、研究会は計4回を数えた。その間に、代表者をふくめて、研究分担者全員が、順次研究発表を行ったが、研究集会以外にも、北海道立北方民族博物館で毎年秋に開かれるシンポジウムにも、半数以上の研究分担者が参加し、研究発表や討論を通じて、情報や意見を交換する機会をもった。平素は、別々の研究機関に促し、それぞれ独立に調査研究に従事している代表者および分担者は、2年間に、かなりな程度までお互いの研究成果を知ることができ、このようにして得た広い視野に立って、最終的な研究報告をまとめる段階に到達した。 研究報告書は10篇の論文から構成され、アイヌ文化に関するもの2篇、北西海岸インディアン2篇、イヌイト(エスキモー)1篇、サミ(ラップ)1篇、計7篇は文化人類学に視点をおくものである。その他に、東南アラスカの現地の人類学者による寄稿1篇が加えられている。その他の2篇は、言語学関係のもので、北欧のサミと、北東アジアのヘジェン語を主題としている。研究報告書には、シベリア関係の論文がほとんど掲載されていないが、平成4年5月に刊行された「北の人類学一環極北地域の文化と生態」(岡田、岡田編、アカデミア出版会」に代表者および分担者による8論文のうち、3篇はシベリア原住民に関するものである。 平成4年度未に刊行される研究報告書は、上記の「北の人類学」と一対をなすものであり、両者を総合することによって、わが国の環極北文化の研究は確実に一歩前進したと見ることが可能であろう。論文に掲載されなかった資料やコピー等は、北海道大学と北海道立北方民族博物館に収集、保管し、今後の研究に役立てたいと考えている。
  • Study of Invasive Alien Species Issues
    研究期間 : 1989年

教育活動情報

主要な担当授業

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 地域環境学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 生物学的侵入、外来種管理
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 地域環境学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 生物学的侵入、外来種管理
  • 修士論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 地域科学特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 生物多様性、バイオセキュリティ、保全、侵略的外来種(IAS)、野生動物管理学、害獣管理
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 地域科学特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 生物多様性、バイオセキュリティ、保全、侵略的外来種(IAS)、野生動物管理学、害獣管理
  • 国際教養演習Ⅱ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 大学院共通授業科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 生物多様性、バイオセキュリティ、保全、侵略的外来種(IAS)、野生動物管理学、害獣管理
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 社会生態学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 外来種管理。ニュージーランド
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
  • 社会生態学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 外来種管理。ニュージーランド
  • 地域科学特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 保全生態学,地域社会学,人文地理学
  • 地域科学特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 保全生態学,地域社会学,人文地理学
  • 複合環境文化論
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 格差問題、エネルギー問題、外来種問題、世界内存在、環世界、生態学的心理学、アフォーダンス
  • 国際交流Ⅱ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : 生物多様性、バイオセキュリティ、保全、侵略的外来種(IAS)、野生動物管理学、害獣管理
  • 地域科学演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 保全生態学、生物多様性、外来種管理
  • 地域科学演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 環境保全、持続可能性
  • 地域科学特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 地域科学、環境保全
  • 専門横断科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 専門横断科目
    キーワード : 生物多様性、バイオセキュリティ、保全、外来種、野生生物
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 生物多様性、バイオセキュリティ、保全、外来種、野生生物
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 生物多様性、生態系サービス、
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 保全生態学、生物多様性、外来種管理
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 環境保全、持続可能性
  • 社会生態学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 生物多様性、生態系サービス、
  • 社会生態学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 生物多様性、バイオセキュリティ、保全、外来種、野生生物
  • 科学・技術の世界
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 生物多様性、保全生態学、ワイルドライフ・マネージメント、人間社会
  • 地域科学演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 地域科学,人文地理学,地域社会学,社会生態学,フィールドワーク,プレゼンテーション
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 地域科学,人文地理学,地域社会学,社会生態学,フィールドワーク,プレゼンテーション
  • 野外調査法実習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : フィールドワーク,人文地理学,地域社会学,社会生態学
  • 地域システム科学概論
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 自然,環境,空間,地域社会,生活,生態,保全,自然資源管理
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 自然,環境,空間,地域社会,生活,生態,保全,自然資源管理

大学運営

委員歴

  • 2020年09月 - 現在   日本哺乳類学会   錯誤捕獲WG
  • 2019年06月 - 現在   Intergovernmental Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES)   Coordinate Lead Author for Invasive Alien Species Assessment
  • 2015年06月 - 現在   Intergovernmental Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES)   Lead Author in Asia-Pacific Reginal Assessment
  • 2013年 - 現在   環境省   環境省特定外来生物等分類群専門家グループ(哺乳類・鳥類)委員
  • 2012年07月 - 現在   農林水産省   農作物野生鳥獣被害対策アドバイザー
  • 2011年 - 現在   環境省   鳥獣保護プランナー
  • 2005年02月 - 現在   北海道   外来種対策検討有識者会議委員
  • 2004年03月 - 現在   国際自然保護連合(IUCN)   侵略的外来種専門家グループ(ISSG)委員
  • 1999年 - 現在   .日本生態学会   外来種問題検討作業部会員   .日本生態学会
  • 1996年 - 現在   日本哺乳類学会   外来動物対策作業部会員
  • 1995年 - 現在   .日本哺乳類学会   哺乳類保護管理専門委員   .日本哺乳類学会
  • 1996年 - 2020年09月   .日本哺乳類学会   外来動物対策作業部会長   .日本哺乳類学会
  • 2012年09月 - 2020年08月   日本哺乳類学会   代議員
  • 2015年05月 - 2019年04月   北海道   環境影響評価審議会長
  • 2011年05月 - 2019年04月   北海道   環境影響評価審議会委員
  • 2015年09月 - 2019年03月   環境省   外来種防除マニュアル(Q&A集)作成検討会(仮称)委員
  • 2003年 - 2019年03月   応用動物行動学会   評議員   応用動物行動学会
  • 2012年 - 2015年03月   環境省   外来種被害防止行動計画策定会議委員
  • 2004年 - 2006年   環境省   特定外来生物等分類群専門家グループ(哺乳類・鳥類)委員
  • 2004年 - 2006年   日本哺乳類学会和文誌編集委員会   委員   日本哺乳類学会和文誌編集委員会
  • 1995年 - 1997年   .日本哺乳類学会   和文誌編集委員   .日本哺乳類学会

社会貢献活動

  • 大分市アライグマ対策アドバイザー
    期間 : 2016年 - 現在
    役割 : 講師
  • 環境省野生生物研修
    期間 : 2011年 - 現在
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 環境省
  • 旭川市アライグマセミナー
    期間 : 2019年03月23日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 旭川市生物多様性保全推進協議会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 旭川市生物多様性保全推進協議会
  • アライグマ講演会
    期間 : 2018年07月08日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 深川ひきがえるバスターズ、 深川市環境衛生協会
  • 後志アライグマ研修会アライグマ対策講演
    期間 : 2018年07月02日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道後志総合振興局
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 後志アライグマ研修会
  • アライグマ講演会
    期間 : 2017年10月25日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道上川総合振興局
    イベント・番組・新聞雑誌名 : アライグマ講演会
  • 外来種リスクから生物多様性を考えるシンポジウム
    期間 : 2015年10月25日
    役割 : パネリスト
    主催者・発行元 : おおいた環境保全フォーラム
  • 移入アライグマの現状と問題点
    期間 : 2000年
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 苫小牧市博物館
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 苫小牧市博物館講座
  • アライグマをはじめとする移入動物の現状と課題
    期間 : 2000年
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 空知支庁
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 空知支庁『アライグマをはじめとする移入動物問題を考える』フォーラム

メディア報道

  • テレビ朝日 アライグマ問題へのコメント
    報道 : 2018年12月
    発行元・放送局 : テレビ朝日
    番組・新聞雑誌 : テレビ朝日
     テレビ・ラジオ番組

学術貢献活動

  • タンチョウも住める町づくり協議会生息環境専門部会
    期間 : 2019年02月22日
    主催者・責任者 : タンチョウも住める町づくり協議会、日本生態系協会
  • アライグマヒアリング
    期間 : 2019年02月
    種別 : 学術調査
    主催者・責任者 : (株)総合環境計画


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.