研究者データベース

河合 靖(カワイ ヤスシ)
メディア・コミュニケーション研究院 メディア・コミュニケーション部門 言語習得論分野
教授

基本情報

所属

  • メディア・コミュニケーション研究院 メディア・コミュニケーション部門 言語習得論分野

職名

  • 教授

学位

  • Ph.D(The University of Alabama)

J-Global ID

プロフィール

  • 北海道大学文学部卒業。教員を5年経験したのち,米国アラバマ大学大学院で修士,博士を取得。指導教員は,学習方略のRebecca Oxford。北海道大学言語文化部に専任講師として職を得たのち,改組によりメディア・コミュニケーション研究院に所属し,大学院国際広報メディア研究科,その後大学院国際広報メディア・観光学院で応用言語学の研究と指導に従事する。現在,北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院教授。Griffiths, C. (Ed.), Lessons from Good Language Learners, Cambridge University Press,2008,小嶋英夫・尾関直子・廣森友人(編)『成長する英語学習者―学習者要因と自律学習―』大修館書店,2010,に共著者として章の執筆を行ったほか,System, I.T.L. Review of Applied Linguistics, The Journal of Mind and Behaviorなど海外のジャーナルを含む学術誌に掲載論文がある。大学英語教育学会理事,Selected Papers編集長などの経験あり。専門の研究分野は第二言語習得の学習者要因。近年は,多層言語環境に対応できる第二言語能力を自律的に発達させるタンデムラーニングに興味を持っている。

研究キーワード

  • 多層言語環境   動機づけ   学習方略   学習者要因   第二言語習得   Motivation   Learning Strategies   Learner Variables   Second Language Acquisition   

研究分野

  • 人文・社会 / 外国語教育

職歴

  • 2007年 - 2009年 北海道大学大学院 メディア・コミュニケーション研究院 准教授
  • 2009年 北海道大学大学院 メディア・コミュニケーション研究院 教授

学歴

  • 1991年08月 - 1995年12月   アラバマ大学   カレッジ・オブ・エデュケーション   博士課程
  • 1989年08月 - 1991年08月   アラバマ大学大学院   カレッジ・オブ・エデュケーション   修士課程

所属学協会

  • 全国英語教育学会   大学英語教育学会   外国語教育メディア学会   日本コミュニケーション学会   

研究活動情報

論文

  • 香港と日本の大学生によるオンライン言語交換学習
    河合 靖, 河合 剛
    東アジア圏の複言語主義共同体の構築―多言語社会香港からの示唆―平成27年~平成29年度科学研究費補助金基盤研究(B)一般研究成果報告書 141 - 171 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • A. Shimura, A. Sano, Y. Sakai, Y. Yokoyama, Y. Kawai
    Research Bulletin of English Teaching 12 12 1 - 25 大学英語教育学会(JACET)北海道支部 2015年03月 [査読有り][通常論文]
     
    In this study, to clarify how instruction can enhance motivation in English language learners, we analyzed three teachers' classes at a university and examined their characteristics using the Motivation Orientation of Language teaching (MOLT) (Guilioteaux & Dornyei, 2008) and the Communicative Orientation of Language Teaching (COLT) (Frohlich, Spada & Alien, 1985). The results of this study indicated that the MOLT scheme was valid for a university setting. Furthermore, it was found that the MOLT scheme was capable of detecting differences between the instructors; therefore, this observation scheme could be used as a self-awareness raising tool for teachers in their use of motivational strategies. Lastly, it was found that when COLT evaluations were low, the teacher conduct MOLT evaluations were also low.
  • Carol Griffiths, Rebecca L. Oxford, Yasushi Kawai, Cassandra Kawai, Young Ye Park, Xiaomei Ma, Yaru Meng, Nae-dong Yang
    SYSTEM 43 50 - 63 2014年04月 [査読有り][通常論文]
     
    The authors, all experts on learning strategies, come from or have worked in a range of locations in East Asia: Japan, Korea, the People's Republic of China, and the Republic of China (Taiwan). By means of personal narratives, they examine the cultural, personal, and logistical issues involved in learning foreign languages in the East Asian context. They also identify ways in which learning strategies can help East Asian students overcome challenges in developing foreign language skills. Using a grounded theory approach, the essays were analyzed by means of open, axial, and selective coding, producing six central themes which were then combined into an overarching theme. These themes are exemplified and discussed using material from the experts' own narratives before the article concludes by highlighting the main issues. (C) 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Y. Yokoyama, A. Shimura, M. La Fay, H. Ishizuka, Y. Kawai, C. Aoki
    Research Bulletin of English Teaching 9 9 23 - 44 大学英語教育学会(JACET)北海道支部 2012年03月 [査読有り][通常論文]
     
    In this study, we used a mixed method (Dornyei, 2003) so that the student evaluation was complemented by classroom observation data from the Communicative Orientation of Language Teaching (COLT) Observation Scheme (Spada & Frohlich, 1995). To collect the data for this study, we conducted a questionnaire survey of classroom activities, and observed six classes at one university to investigate whether the students' sense of preference or effectiveness reflect the time spent on an activity and/or the frequency of an activity and whether the activities the students rated more preferable or effective have some features in common in terms of the COLT Observation Scheme. The results show that some evaluation scores reflect the observation data, and such findings were seen more in group work than in individual activities. With respect to COLT features, topic control and student modality have an impact on student evaluation.
  • 青木 千加子, 石塚 博規, 横山 吉樹, 酒井 優子, 河合 靖
    Research Bulletin of English Teaching 5 1 - 25 大学英語教育学会(JACET)北海道支部 2008年 [査読無し][通常論文]
     
    With the change in social environment that surrounds English language education, teaching methods became more communicative in the 80's. Along with this change, a method to measure the orientation toward communication in class was needed. The COLT (Communicative Orientation of Language Teaching) observation scheme, which was developed by Spada and Frohlich (1995), was introduced to estimate communicative orientation in class and to reveal the relationships between teaching and learning. Ishizuka et al. (2005) used the scheme to study the degree to which the purposes of an English program are actually reflected in classroom activities using the COLT observation scheme Part A. This paper examines the teachers' different approaches in reflecting the purposes of the English program through the communicative features of teacher-student verbal exchanges, and those of student-student in which the COLT observation scheme Part B was used. Results indicate that this scheme successfully provides us with information on the differences between instructors. The results also show the validity of the scheme for English programs.
  • 石塚博規, 横山吉樹, 平田洋子, 青木千加子, 伊東優子, 河合 靖, 高井 收, 新井良夫
    Research Bulletin of English Teaching 2 41 - 63 大学英語教育学会(JACET)北海道支部 2005年 [査読有り][通常論文]
     
    Recently the communicative orientation in language learning has been a central topic for English Education in Japan. A great number of new methods and materials have been introduced to classrooms to fulfill the purpose of communicativeness. However, what makes classes communicative is difficult to decide and in fact there seems to be very few reliable measures to evaluate the effectiveness of activities and instructions. The COLT observation scheme (Communicative Orientation of Language Teaching Observation Scheme), which was developed by Spada & Frohlich (1995), is a class observation tool to measure the orientation toward communication in classes and to reveal the relationships between teaching and learning. The authors have been studying about COLT for over a year and attempted to put the tool into practice in university English classes. We observed four classes by native instructors and analyzed the data according to the procedure Spada & Frohlich suggested. The results show that this scheme successfully provides us with information on the differences between instructors and the degree to which the purposes of the English program are actually reflected in class activities. The present study also considers problems in interpreting the data obtained through this scheme.
  • 河合 靖, 平田洋子, 新井良夫, 横山吉樹, 大場浩正
    Hokkaido JACET Journal 1 43 - 54 大学英語教育学会(JACET)北海道支部 2002年 [査読有り][通常論文]
     
    This study is to present a model to assess pedagogical tasks in English textbooks, and develop a framework for task-oriented action research for English language teachers. First, the authors reviewed a variety of tasked-based learning research and then, based on Skehan (1998), divide them into three main categories: information, operations and goals. These three categories are further divided into eleven task characteristics, which are defined and described in detail. These characteristics include two-way/one-way, concrete/abstruct, immediate/remote, familiar/unfamiliar, structured/unstructured, retrieval/transformation, interaction requirement, many/few elements, open/closed, focused/differentiated, and convergent/divergent. These characteristcs are then investigated to analyze pedagogical tasks in two textbooks, a Japanese high school textbook for speaking skills and an ESL course book for speaking and listening skills. The results show that all of the tasks in the high school textbook require interaction as well as retrieval of information in order to attain task goals. In addition, almost all of them are one-way, structured, closed, and focused. On the other hand, the tasks in the ESL course book have some diversity, but most of them are two-way, less structured and differentiated. This study then suggests English teachers apply the proposed model of taks analysis to their own classes and then do task-orientated action research for their pedagogical decision and classroom management.
  • Y. Yokoyama, H. Ohba, Y. Kawai, Y. Arai, Y. Hirata, Y. Itoh, Y. Nishihori
    HELES Journal 1 49 - 62 北海道英語教育学会 2001年 [査読有り][通常論文]
  • "Elements of Autonomous Language Learning"
    Kawai, Y
    The Asia-Pacific Education Researcher 10 2 21 - 35 2001年 [査読有り][通常論文]
  • "Sources of internal self-regulation with a focus on language learning"
    Y. Kawai, R. L. Oxford, A. Iran-Nejad
    The Journal of Mind and Behavior 21 1-2 45 - 60 2000年08月 [査読有り][通常論文]
  • "Effects of Cultural Contextualization in Listening Materials on Motivation and Strategy Use"
    Kawai, Y
    I.T.L. Review of Applied Linguistics 127/128 101 - 126 2000年03月 [査読有り][通常論文]
  • KAWAI Yasushi
    日本語教育論集-世界の日本語教育 1 237 - 247 独立行政法人国際交流基金 1991年03月 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 酒井, 英樹, 廣森, 友人, 吉田, 達弘, 亘理, 陽一, 寺沢, 拓敬, 滝沢, 雄一, 新多, 了, 大和, 隆介, 河合, 靖, 斉田, 智里, 鈴木, 渉(英語教育), 坂本, 南美, 今井, 裕之 (担当:分担執筆範囲:第8章学習方略)
    大修館書店 2018年12月 (ISBN: 9784469246223) xv, 319p
  • 成長する英語学習者
    小嶋英夫, 尾関直子, 廣森友人 (担当:分担執筆範囲:第2章学習者の多様性)
    大修館書店 2010年01月
  • Lessons from Good Language Learners
    Griffiths, C (担当:分担執筆範囲:Chapter 17, Speaking and Good Language Learners)
    Cambridge University Press 2008年01月

作品等

  • チキンそばヌードルスープ―21世紀多文化社会のディアスポラ
    1999年

その他活動・業績

  • 日本人が英語を話すと言うこと―英語第2公用語論および小学校英語教育
    河合 靖 大学院メディア・コミュニケーション研究院研究叢書 (69) 77 -93 2008年 [査読無し][通常論文]
  • COLT Part Bによる観察方法とその問題点
    河合 靖, 酒井 優子, 横山 吉樹, 石塚 博規, 青木 千加子 北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究 (54) 99 -113 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 「韓国大邱市小学校英語教員研修(聞き取り調査)」
    河合 靖, 新井 良夫 『大学院国際広報メディア研究科言語文化部紀要』 (52) 1 -12 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 「英語による討論能力育成の一段階としての文字チャットを用いた英語授業」
    河合 靖 国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書59『インターラクションのあるCALL授業』 37 -56 2005年 [査読無し][通常論文]
  • KAWAI, Y, KAWAI, C 『大学院国際広報メディア研究科・言語文化部紀要』 (48) 89 -103 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 河合 靖 JACET全国大会要綱 41 133 -134 2002年
  • 「3次元仮想空間システムを使った外国語授業の発話記録からみるコミュニケーション方略の再考」
    河合 靖 『国際広報メディア研究科・言語文化部紀要』 (42) 117 -133 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 「応用言語学が単に言語学の応用でなくなってしまったわけ」
    河合 靖 『国際広報メディア研究科・言語文化部紀要』 (39) 145 -161 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 「応用言語学的視点から見た英語第二公用語論」
    河合 靖 The Northern Review (29) 51 -61 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 「リスニング・テスト分析モデルの開発―コミュニケーション能力の視点から―」
    西堀ゆり, 新井良夫, 伊東優子, 大場浩正, 河合靖, 平田洋子, 横山吉樹 『言語文化部紀要』 (38) 105 -135 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 「外国語自律学習と学習者論」
    河合 靖 『言語文化部紀要』 (38) 55 -83 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 「外国語自律学習研究の3要素 ― 動機づけ,学習スタイル,学習ストラテジー」
    河合 靖 『言語文化部紀要』 (37) 67 -85 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 河合 靖 The Northern Review (27) 1 -10 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 「21世紀多文化社会の外国語学習」
    河合 靖 言語教育研究会報告資料集6『外国語教育の意義と未来』 (6) 61 -98 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 「プロチーブメント・テスト―ある米国大学日本語コースにおける達成度評価としての口頭言語運用能力試験―」
    河合 靖 『言語文化部研究報告叢書23北海道大学言語文化部公開シンポジウム-日本語を学問する』 53 -84 1998年 [査読無し][通常論文]
  • "A Constructivist Perspective in Foreign Language Education"
    KAWAI, Y 『言語文化部紀要』 (33) 21 -40 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 高井 収, 新井 良夫, 平田 洋子, 河合 靖, 皆川 治恵, 大場 浩正 『言語センター広報 Language Studies』 6 (6) 55 -66 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 「学習者参加による読解教材の選定-リーディングにおけるパーソナライゼーションの試み」
    河合 靖 『言語教育研究会報告資料集1・北海道大学外国語教育の現状と課題』 (1) 67 -76 1997年 [査読無し][通常論文]
  • "Background Knowledge and Listening Comprehension"
    KAWAI, Y 『言語文化部紀要』 (32) 215 -228 1997年 [査読無し][通常論文]
  • "An Investigation on the Relationship between learning Channel Preference and Attitude toward Language Learning Activities"
    KAWAI, Y The Northern Review (25) 29 -44 1997年 [査読無し][通常論文]
  • Learner-participation in material selection: An attempt of parsonalizing reading study
    KAWAI, Y Aspects of Language Instruction: the present situation and problems of foreign language education in Hokkaido University (1) 67 -76 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 「日米の高校・大学における外国語教育の相違と間題点」
    河合 靖 『言語文化部研究報告叢書9 大学教育の現状と展望』 13 -26 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 「「わかる」 ということ-アニミズム的言語考察とバイオファンクショナル・モデルの共通点を探って」
    河合 靖 『北海道大学言語文化部紀要』 (30) 149 -163 1996年 [査読無し][通常論文]
  • "Whose Bowl Game Is It ? : A Correlational Study on the Relationship between the Tolerance of Ambiguity and the Preference of Learning Activities"
    KAWAI, Yasushi 『言語文化部紀要』 (29) 249 -266 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 「外国語学習のコンテクスチュアライゼーション」
    河合 靖 『The Northern Review』 (24) 43 -54 1996年 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 多層言語環境における第二言語話者像―トランスランゲージング志向の会話方略
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2019年04月 -2024年03月 
    代表者 : 河合 靖, 飯田 真紀, 横山 吉樹, 山田 智久, 杉江 聡子, 小林 由子, 大友 瑠璃子, 三ツ木 真実, 酒井 優子, 佐野 愛子
  • 東アジア圏の複言語主義共同体の構築―多言語社会香港からの示唆
    科学研究費補助金基盤研究(B)
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 河合 靖
  • 英語による英語授業における学習スタイルの影響と変容
    科学研究費補助金基盤研究(C)
    研究期間 : 2011年04月 -2014年03月 
    代表者 : 河合 靖
  • 教員研修参加を阻害する心理的要因の研究
    科学研究費補助金萌芽研究
    研究期間 : 2006年04月 -2008年03月 
    代表者 : 河合 靖
  • 韓国における小学校英語教育教員研修プログラムの聞き取り調査
    科学研究費補助金基盤研究(C)
    研究期間 : 2005年04月 -2006年03月 
    代表者 : 河合 靖
  • リスニング教材のパーソナライゼーションと動機づけおよび学習ストラテジーに関する研究
    科学研究費補助金奨励研究A
    研究期間 : 1997年04月 -1999年03月 
    代表者 : 河合 靖

教育活動情報

主要な担当授業

  • 社会調査法Ⅱ(定量・データマイニング)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : 理論と仮説 研究類型 研究倫理 先行研究調査 データの記述 データからの推測 検定 相関 回帰 多変量回帰等
  • 特別演習(言語研究実践)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : 言語学、言語教育学、英語教育、日本語教育
  • 言語習得論演習Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : 第二言語習得、個人差要因、応用言語学
  • 教科教育法(英語I)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教員養成、英語教授法、英語教育学、第二言語習得
  • 教科教育法(英語Ⅲ)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教員養成、英語教授法、英語教育学、第二言語習得
  • 英語演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : パブリック・スピーキング,ディスカッション・ディベート,日本の英語教育

大学運営

学内役職歴

  • 2019年4月1日 - 2021年3月31日 外国語教育センター長
  • 2019年4月1日 - 2020年9月30日 教育改革室室員
  • 2020年11月1日 - 2021年3月31日 教育改革室室員
  • 2019年4月1日 - 2021年3月31日 教育研究評議会評議員
  • 2021年4月1日 - 2023年3月31日 教育研究評議会評議員
  • 2021年4月1日 - 2023年3月31日 大学院メディア・コミュニケーション研究院長
  • 2019年4月1日 - 2021年3月31日 大学院メディア・コミュニケーション研究院副研究院長
  • 2021年4月1日 - 2023年3月31日 大学院国際広報メディア・観光学院長

委員歴

  • 2012年04月 - 2015年03月   全国大学英語教育学会(JACET)   理事(支部長)
  • 2008年04月 - 2011年03月   全国大学英語教育学会(JACET)   総務委員(支部代表幹事)   全国大学英語教育学会(JACET)


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.