清水 健太シミズ ケンタresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  病理系部門微生物学免疫学分野
職名助教 
学位
博士(獣医学)(岐阜大学)
メールアドレスkshimizumed.hokudai.ac.jp
ホームページURL
科研費研究者番号20466840

研究キーワード

人獣共通感染症, ウイルス学, 獣医学, 実験動物学

研究分野

畜産学・獣医学 / 応用獣医学
基礎医学 / ウイルス学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
畜産学・獣医学 / 応用獣医学
基礎医学 / ウイルス学

職歴

2008年04月
-
2008年09月
 同特任研究員
2007年04月
-
2008年03月
 東京大学医科学研究所産学官連携研究員
2008年10月
〜     北海道大学大学院医学研究科助教
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2008年04月
-
2008年09月
 同特任研究員
2007年04月
-
2008年03月
 東京大学医科学研究所産学官連携研究員
2008年10月
〜     北海道大学大学院医学研究科助教

学歴

-
2007年
岐阜大学 連合獣医学研究科 獣医学
-
2003年
岐阜大学 農学部 獣医学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
2007年
岐阜大学 連合獣医学研究科 獣医学
-
2003年
岐阜大学 農学部 獣医学科

所属学協会

日本獣医学会
日本ウイルス学会
日本実験動物医学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本獣医学会
日本ウイルス学会
日本実験動物医学会

研究活動

論文

Neutrophil depletion suppresses pulmonary vascular hyperpermeability and occurrence of pulmonary edema caused by hantavirus infection in C.B-17 Scid mice.
Koma T, Yoshimatsu K, Nagata N, Sato Y, Shimizu K, Yasuda SP, Amada T, Nishio S, Hasegawa H, Arikawa J.
 88(13) 7178-7188 2014年07月
Development of an immunochromatography strip test based on truncated nucleocapsid antigens of three representative hantaviruses.
Amada T, Yoshimatsu K, Koma T, Shimizu K, Gamage CD, Shiokawa K, Nishio S, Ahlm C, Arikawa J.
 11(1) 87 2014年05月
Rapid, whole blood diagnostic test for detecting anti-hantavirus antibody in rats.
Amada T, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Shimizu K, Koma T, Hayashimoto N, Gamage CD, Nishio S, Takakura A, Arikawa J.
Journal of Virological Methods 193(1) 42-49 2013年10月
A survey of rodent-borne pathogens carried by wild Rattus spp. in Northern Vietnam.
Koma T, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Li TC, Amada T, Shimizu K, Isozumi R, Mai LTQ, Hoa NT, Nguyen V, Yamashiro T, Hasebe F, Arikawa J
Epidemiology and Infection 141(9) 1876-1884 2013年09月
Epidemiology of hantavirus infection in Thousand islands regency of Jakarta, Indonesia
Ibrahim IN, Shimizu K, Yoshimatsu K, Yunianto A, Salwati E, Yasuda SP, Koma T, Endo R, Arikawa J.
The Journal of Veterinary Medical Science 75(8) 1003-1008 2013年08月
Role of nucleocapsid protein of hantaviruses in intracellular traffic of viral glycoproteins.
Shimizu K, Yoshimatsu K, Koma T, Yasuda SP, Arikawa J.
Virus Research 2013年
Novel serological tools for detection of Thottapalayam virus, a Soricomorpha-borne hantavirus.
Schlegel M, Tegshduuren E, Yoshimatsu K, Petraityte R, Sasnauskas K, Hammerschmidt B, Friedrich R, Mertens M, Groschup MH, Arai S, Endo R, Shimizu K, Koma T, Yasuda S, Ishihara C, Ulrich RG, Arikawa J, Kollner B.
Archives of Virology 157(11) 2179-2187 2012年11月
Development of a serotyping enzyme-linked immunosorbent assay system based on recombinant truncated hantavirus nucleocapsid proteins for new world hantavirus infection.
Koma T, Yoshimatsu K, Taruishi M, Miyashita D, Endo R, Shimizu K, Yasuda SP, Amada T, Seto T, Murata R, Yoshida H, Kariwa H, Takashima I, Arikawa J.
Journal of Virological Methods 185(1) 74-81 2012年10月
Studies on hantavirus infection in small mammals captured in southern and central highland area of Vietnam.
Luan VD, Yoshimatsu K, Endo R, Taruishi M, Huong VT, Dat DT, Tien PC, Shimizu K, Koma T, Yasuda SP, Nhi L, Huong VTQ, Arikawa J.
The Journal of Veterinary Medical Science 74(9) 1155-1162 2012年09月
blaNDM-1-positive Klebsiella pneumoniae from environment, Vietnam.
Isozumi R, Yoshimatsu K, Yamashiro T, Hasebe F, Nguyen BM, Ngo TC, Yasuda SP, Koma T, Shimizu K, Arikawa J.
Emerging Infectious Diseases 18(8) 1383-1385 2012年08月
論文を全て表示する
論文閉じる
Neutrophil depletion suppresses pulmonary vascular hyperpermeability and occurrence of pulmonary edema caused by hantavirus infection in C.B-17 Scid mice.
Koma T, Yoshimatsu K, Nagata N, Sato Y, Shimizu K, Yasuda SP, Amada T, Nishio S, Hasegawa H, Arikawa J.
 88(13) 7178-7188 2014年07月
Development of an immunochromatography strip test based on truncated nucleocapsid antigens of three representative hantaviruses.
Amada T, Yoshimatsu K, Koma T, Shimizu K, Gamage CD, Shiokawa K, Nishio S, Ahlm C, Arikawa J.
 11(1) 87 2014年05月
Rapid, whole blood diagnostic test for detecting anti-hantavirus antibody in rats.
Amada T, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Shimizu K, Koma T, Hayashimoto N, Gamage CD, Nishio S, Takakura A, Arikawa J.
Journal of Virological Methods 193(1) 42-49 2013年10月
A survey of rodent-borne pathogens carried by wild Rattus spp. in Northern Vietnam.
Koma T, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Li TC, Amada T, Shimizu K, Isozumi R, Mai LTQ, Hoa NT, Nguyen V, Yamashiro T, Hasebe F, Arikawa J
Epidemiology and Infection 141(9) 1876-1884 2013年09月
Epidemiology of hantavirus infection in Thousand islands regency of Jakarta, Indonesia
Ibrahim IN, Shimizu K, Yoshimatsu K, Yunianto A, Salwati E, Yasuda SP, Koma T, Endo R, Arikawa J.
The Journal of Veterinary Medical Science 75(8) 1003-1008 2013年08月
Role of nucleocapsid protein of hantaviruses in intracellular traffic of viral glycoproteins.
Shimizu K, Yoshimatsu K, Koma T, Yasuda SP, Arikawa J.
Virus Research 2013年
Novel serological tools for detection of Thottapalayam virus, a Soricomorpha-borne hantavirus.
Schlegel M, Tegshduuren E, Yoshimatsu K, Petraityte R, Sasnauskas K, Hammerschmidt B, Friedrich R, Mertens M, Groschup MH, Arai S, Endo R, Shimizu K, Koma T, Yasuda S, Ishihara C, Ulrich RG, Arikawa J, Kollner B.
Archives of Virology 157(11) 2179-2187 2012年11月
Development of a serotyping enzyme-linked immunosorbent assay system based on recombinant truncated hantavirus nucleocapsid proteins for new world hantavirus infection.
Koma T, Yoshimatsu K, Taruishi M, Miyashita D, Endo R, Shimizu K, Yasuda SP, Amada T, Seto T, Murata R, Yoshida H, Kariwa H, Takashima I, Arikawa J.
Journal of Virological Methods 185(1) 74-81 2012年10月
Studies on hantavirus infection in small mammals captured in southern and central highland area of Vietnam.
Luan VD, Yoshimatsu K, Endo R, Taruishi M, Huong VT, Dat DT, Tien PC, Shimizu K, Koma T, Yasuda SP, Nhi L, Huong VTQ, Arikawa J.
The Journal of Veterinary Medical Science 74(9) 1155-1162 2012年09月
blaNDM-1-positive Klebsiella pneumoniae from environment, Vietnam.
Isozumi R, Yoshimatsu K, Yamashiro T, Hasebe F, Nguyen BM, Ngo TC, Yasuda SP, Koma T, Shimizu K, Arikawa J.
Emerging Infectious Diseases 18(8) 1383-1385 2012年08月
The N-terminus of the Montano virus nucleocapsid protein possesses broadly cross-reactive conformation-dependent epitopes conserved in rodent-borne hantaviruses.
Saasa N, Yoshida H, Shimizu K, Sanchez-Hernandez C, Romero-Almaraz MD, Koma T, Sanada T, Seto T, Yoshii K, Ramos C, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I, Kariwa H.
Virology 428(1) 48-57 2012年04月
Application of truncated nucleocapsid protein (N) for serotyping ELISA of Murinae-associated hantavirus infection in rats.
Yasuda SP, Yoshimatsu K, Koma T, Shimizu K, Endo R, Isozumi R, Arikawa J.
J. Vet. Med. Sci. 74(2) 215-219 2012年02月
Amino acid substitution at position 95 in rabies virus matrix protein affects viral pathogenicity.
Ito N, Mita T, Shimizu K, Ito Y, Masatani T, Nakagawa K, Yamaoka S, Abe M, Okadera K, Minamoto N, Sugiyama M.
J. Vet. Med. Sci. 73(10) 1363-1366 2011年
The nucleoprotein and matrix protein segments of H5N1 influenza viruses are responsible for dominance in embryonated eggs.
Shimizu K, Li C, Muramoto Y, Yamada S, Arikawa J, Chen H, Kawaoka Y
J. Gen. Virol. 92(7) 1645-1649 2011年
Amino acid at positions 273 and 394 in rabies virus nucleoprotein are important for both evasion of host RIG-I-mediated antiviral response and pathogenicity.
Masatani T, Ito N, Shimizu K, Ito Y, Nakagawa K, Abe M, Yamaoka S, Sugiyama M.
Virus Res. 155(1) 168-174 2011年
The role of interferon-antagonist activity of rabies virus phosphoprotein in viral pathogenicity.
Ito N, Moseley GW, Blondel D, Shimizu K, Rowe CL, Ito Y, Masatani T, Nakagawa K, Jans DA, Sugiyama M.
J. Virol. 84(13) 6699-6710 2010年
Truncated hantavirus nucleocapsid proteins for serotyping Sin Nombre, Andes, and Laguna Negra hantavirus infections in humans and rodents.
Koma T, Yoshimatsu K, Pini N, Safronetz D, Taruishi M, Levis S, Endo R, Shimizu K, Yasuda SP, Ebihara H, Feldmann H, Enria D, Arikawa J.
J. Clin. Microbiol. 48(5) 1635-1642 2010年
Different cross-reactivity of human and rodent sera to Tula virus and Puumala virus.
Tegshduuren E, Yoshimatsu K, Taruishi M, Endo R, Shimizu K, Koma T, Yasuda SP, Kariwa H, Arikawa J, Ishihara C.
Comp. Immunol. Microbiol. Infect. Dis. 33(6) e67-73 2010年
Rabies virus nucleoprotein functions to evade activation of the RIG-I-mediated antiviral response.
Masatani T, Ito N, Shimizu K, Ito Y, Nakagawa K, Sawaki Y, Koyama H, Sugiyama M.
J. Virol. 84(8) 4002-4012 2010年
Molecular epidemiological and serological studies of hantavirus infection in northern Vietnam.
Truong TT, Yoshimatsu K, Araki K, Lee BH, Nakamura I, Endo R, Shimizu K, Yasuda SP, Koma T, Taruishi M, Okumura M, Truong UN, Arikawa J.
J. Vet. Med. Sci. 71(10) 1357-1363 2009年
Amino acid at position 95 of the matrix protein is a cytopathic determinant of rabies virus.
Mita T, Shimizu K, Ito N, Yamada K, Ito Y, Sugiyama M, Minamoto N.
Virus Res. 137(1) 33-39 2008年
Involvement of nucleoprotein, phosphoprotein, and matrix protein genes of rabies virus in virulence for adult mice.
Shimizu K, Ito N, Mita T, Yamada K, Hosokawa-Muto J, Sugiyama M, Minamoto N.
Virus Res. 123(2) 154-160 2007年
Sensitivity of rabies virus to type I interferon is determined by the phosphoprotein gene.
Shimizu K, Ito N, Sugiyama M, Minamoto N.
Microbiol. Immunol. 50(12) 975-978 2006年
Characterization of recombinant rabies virus carrying double glycoprotein genes.
Hosokawa-Muto J, Ito N, Yamada K, Shimizu K, Sugiyama M, Minamoto N.
Microbiol. Immunol. 50(3) 187-196 2006年
Characterization of M gene-deficient rabies virus with advantages of effective immunization and safety as a vaccine strain.
Ito N, Sugiyama M, Yamada K, Shimizu K, Takayama-Ito M, Hosokawa J, Minamoto N.
Microbiol. Immunol. 49(11) 973-981 2005年

競争的資金等の研究課題

動物モデルを用いたハンタウイルス感染症の病態解明
ブニヤウイルスの宿主細胞への吸着・侵入過程を阻害する化合物のスクリーニング
ラットE型肝炎ウイルスは人獣共通感染症の病原体か?
コウモリにおける節足動物媒介性ウイルスの保有状況の調査
成熟マウスに致死的感染を起こす、スンクス由来の病原体の同定
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
動物モデルを用いたハンタウイルス感染症の病態解明
ブニヤウイルスの宿主細胞への吸着・侵入過程を阻害する化合物のスクリーニング
ラットE型肝炎ウイルスは人獣共通感染症の病原体か?
コウモリにおける節足動物媒介性ウイルスの保有状況の調査
成熟マウスに致死的感染を起こす、スンクス由来の病原体の同定

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratoryf animal
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, experimental animal
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, experimental animal
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
専門基礎医学Ⅴ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
微生物・免疫学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、無菌操作、グラム染色、抗酸菌染色、培養、細胞培養、定量、抗生物質、CPE、PCR、ELISA、IFA、蛍光抗体法、抗体、ブロッティング
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratoryf animal
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, experimental animal
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, experimental animal
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
専門基礎医学Ⅴ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
微生物・免疫学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、無菌操作、グラム染色、抗酸菌染色、培養、細胞培養、定量、抗生物質、CPE、PCR、ELISA、IFA、蛍光抗体法、抗体、ブロッティング
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門基礎医学Ⅴ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
微生物・免疫学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、無菌操作、グラム染色、抗酸菌染色、培養、細胞培養、定量、抗生物質、CPE、PCR、ELISA、IFA、蛍光抗体法、抗体、ブロッティング
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門基礎医学Ⅴ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
微生物・免疫学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、無菌操作、グラム染色、抗酸菌染色、培養、細胞培養、定量、抗生物質、CPE、PCR、ELISA、IFA、蛍光抗体法、抗体、ブロッティング

ページトップへ