シャロン ハンリーシヤロン ハンリーresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  
環境健康科学研究教育センター
職名特任講師 
学位
博士(医学)(北海道大学大学院医学研究科)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号
  • SHARON HANLEY is a cancer epidemiologist and Assistant Professor in the Department of Women’s Health Medicine at Hokkaido University, Japan. She obtained her PhD. from the Departments of Public Health and Reproductive Endocrinology and Oncology at the same university. She also holds an adjunct position in Hokkaido University Center for Environmental and Health Sciences. Sharon’s research interests include correlates of HPV vaccine acceptance in parents of Japanese girls, attitudes to HPV self-sampling in cervical cancer screening non-attenders and comparative research on cervical cancer screening and HPV vaccination programmes in the UK, Japan and Australia. She is the principal researcher of two grants from the Japanese Society for the Promotion of Science (JSPS); one focusing on cancer education for primary and middle school children and the other looking at using HPV self-sampling to both increase cervical cancer screening uptake in young Japanese woman and evaluate the efficacy of the national Japanese HPV vaccination programme. As well as having an MA (Hons) in Modern Languages from the University of St Andrews, Scotland, she is also undertaking an MPH at London School of Hygiene and Tropical Medicine, focusing her research on health promotion and vaccine confidence.

研究活動

論文

HPVワクチン導入から10年ー世界の動きー
ハンリー シャロン
産婦人科の実際 65(11) 2016年10月
Suppression of iASPP-dependent aggressiveness in cervical cancer through reversal of methylation silencing of microRNA-124.
Dong P, Xiong Y, Watari H, Hanley SJ, Konno Y, Ihira K, Suzuki F, Yamada T, Kudo M, Yue J, Sakuragi N
Scientific reports 6 35480 2016年10月
Challenges in breast and cervical cancer control in Japan.
Hanley SJ, Fujita H, Tamakoshi A, Dong P, Sakuragi N
The Lancet. Oncology 17(9) e372 2016年09月
MiR-137 and miR-34a directly target Snail and inhibit EMT, invasion and sphere-forming ability of ovarian cancer cells.
Dong P, Xiong Y, Watari H, Hanley SJ, Konno Y, Ihira K, Yamada T, Kudo M, Yue J, Sakuragi N
Journal of experimental & clinical cancer research : CR 35(1) 132 2016年09月
HPV self-sampling in Japanese women: A feasibility study in a population with limited experience of tampon use
Hanley SJ, Fujita H, Yokoyama S, Kunisawa S, Tamakoshi A, Dong P, Kobayashi N, Watari H, Kudo M and Sakuragi N
Journal of Medical Screening 2016年02月
Reactivation of epigenetically silenced miR-124 reverses the epithelial-to-mesenchymal transition and inhibits invasion in endometrial cancer cells via the direct repression of IQGAP1 expression.
Dong P, Ihira K, Xiong Y, Watari H, Hanley SJ, Yamada T, Hosaka M, Kudo M, Yue J, Sakuragi N
Oncotarget 2016年02月
Reactivating p53 functions by suppressing its novel inhibitor iASPP: a potential therapeutic opportunity in p53 wild-type tumors.
Dong P, Ihira K, Hamada J, Watari H, Yamada T, Hosaka M, Hanley SJ, Kudo M, Sakuragi N
Oncotarget 6(24) 19968-19975 2015年08月
HPV vaccination crisis in Japan.
Hanley SJ, Yoshioka E, Ito Y, Kishi R
Lancet (London, England) 385(9987) 2571 2015年06月
Peripheral Sympathetic Nerve Dysfunction in Adolescent Japanese Girls Following Immunization with the Human Papillomavirus Vaccine.
Hanley SJ, Pollock KG, Cuschieri K
Internal medicine (Tokyo, Japan) 54(15) 1953 2015年
Effects of prenatal yoga: a systematic review of randomized controlled trials.
Kawanishi Y, Hanley SJ, Tabata K, Nakagi Y, Ito T, Yoshioka E, Yoshida T, Saijo Y
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health 62(5) 221-231 2015年
論文を全て表示する
論文閉じる
HPVワクチン導入から10年ー世界の動きー
ハンリー シャロン
産婦人科の実際 65(11) 2016年10月
Suppression of iASPP-dependent aggressiveness in cervical cancer through reversal of methylation silencing of microRNA-124.
Dong P, Xiong Y, Watari H, Hanley SJ, Konno Y, Ihira K, Suzuki F, Yamada T, Kudo M, Yue J, Sakuragi N
Scientific reports 6 35480 2016年10月
Challenges in breast and cervical cancer control in Japan.
Hanley SJ, Fujita H, Tamakoshi A, Dong P, Sakuragi N
The Lancet. Oncology 17(9) e372 2016年09月
MiR-137 and miR-34a directly target Snail and inhibit EMT, invasion and sphere-forming ability of ovarian cancer cells.
Dong P, Xiong Y, Watari H, Hanley SJ, Konno Y, Ihira K, Yamada T, Kudo M, Yue J, Sakuragi N
Journal of experimental & clinical cancer research : CR 35(1) 132 2016年09月
HPV self-sampling in Japanese women: A feasibility study in a population with limited experience of tampon use
Hanley SJ, Fujita H, Yokoyama S, Kunisawa S, Tamakoshi A, Dong P, Kobayashi N, Watari H, Kudo M and Sakuragi N
Journal of Medical Screening 2016年02月
Reactivation of epigenetically silenced miR-124 reverses the epithelial-to-mesenchymal transition and inhibits invasion in endometrial cancer cells via the direct repression of IQGAP1 expression.
Dong P, Ihira K, Xiong Y, Watari H, Hanley SJ, Yamada T, Hosaka M, Kudo M, Yue J, Sakuragi N
Oncotarget 2016年02月
Reactivating p53 functions by suppressing its novel inhibitor iASPP: a potential therapeutic opportunity in p53 wild-type tumors.
Dong P, Ihira K, Hamada J, Watari H, Yamada T, Hosaka M, Hanley SJ, Kudo M, Sakuragi N
Oncotarget 6(24) 19968-19975 2015年08月
HPV vaccination crisis in Japan.
Hanley SJ, Yoshioka E, Ito Y, Kishi R
Lancet (London, England) 385(9987) 2571 2015年06月
Peripheral Sympathetic Nerve Dysfunction in Adolescent Japanese Girls Following Immunization with the Human Papillomavirus Vaccine.
Hanley SJ, Pollock KG, Cuschieri K
Internal medicine (Tokyo, Japan) 54(15) 1953 2015年
Effects of prenatal yoga: a systematic review of randomized controlled trials.
Kawanishi Y, Hanley SJ, Tabata K, Nakagi Y, Ito T, Yoshioka E, Yoshida T, Saijo Y
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health 62(5) 221-231 2015年
Tracking the global spread of vaccine sentiments: The global response to Japan's suspension of its HPV vaccine recommendation
Larson HJ1, Wilson R, Hanley S, Parys A, Paterson P.
Hum Vaccin Immunother 10(9) 2543-2550 2014年10月
MicroRNA-101 targets EZH2, MCL-1 and FOS to suppress proliferation, invasion and stem cell-like phenotype of aggressive endometrial cancer cells.
Konno Y, Dong P, Xiong Y, Suzuki F, Lu J, Cai M, Watari H, Mitamura T, Hosaka M, Hanley SJ, Kudo M, Sakuragi N
Oncotarget 5(15) 6049-6062 2014年08月
MicroRNA-101 targets EZH2, MCL-1 and FOS to suppress proliferation, invasion and stem cell-like phenotype of aggressive endometrial cancer cells.
Konno Y, Dong P, Xiong Y, Suzuki F, Lu J, Cai M, Watari H, Mitamura T, Hosaka M, Hanley SJ, Kudo M, Sakuragi N
Oncotarget 2014年07月
Epidemic of charcoal burning suicide in Japan.
Yoshioka E, Hanley SJ, Kawanishi Y, Saijo Y
The British journal of psychiatry : the journal of mental science 204 274-282 2014年04月
An exploratory study of Japanese fathers' knowledge of and attitudes towards HPV and HPV vaccination: does marital status matter?
Hanley SJ, Yoshioka E, Ito Y, Konno R, Sasaki Y, Kishi R, Sakuragi N
Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP 15 1837-1843 2014年
Incidence risk of cervical intraepithelial neoplasia 3 or more severe lesions is a function of human papillomavirus genotypes and severity of cytological and histological abnormalities in adult Japanese women
HOSAKA Masayoshi, FUJITA Hiromasa, HANLEY Sharon JB, SASAKI Takayuki, SHIRAKAWA Yozo, ABIKO Mitsuharu, KUDO Masataka, KANEUCHI Masanori, WATARI Hidemichi, KIKUCHI Kohkichi, SAKURAGI Noriaki
Int J Cancer 132(2) 327-334 2013年01月
High HPV vaccination uptake rates for adolescent girls after regional governmental funding in Shiki City, Japan.
Hayashi Y, Shimizu Y, Netsu S, Hanley S, Konno R
Vaccine 30 5547-5550 2012年08月
Acceptance of and attitudes towards human papillomavirus vaccination in Japanese mothers of adolescent girls.
Hanley SJ, Yoshioka E, Ito Y, Konno R, Hayashi Y, Kishi R, Sakuragi N
Vaccine 30 5740-5747 2012年08月
Risk factors for persistent low bladder compliance after radical hysterectomy.
Oda Y, Todo Y, Hanley S, Hosaka M, Takeda M, Watari H, Kaneuchi M, Kudo M, Sakuragi N
International journal of gynecological cancer : official journal of the International Gynecological Cancer Society 21 167-172 2011年01月
Cervical Cancer Working Group report.
Konno R, Sagae S, Yoshikawa H, Basu PS, Hanley SJ, Tan JH, Shin HR
Japanese journal of clinical oncology 40 Suppl 1 i44-50 2010年09月
Time trends in method-specific suicide rates in Japan, 1990-2011.
E Yoshioka, S J Hanley, Y Kawanishi, Y Saijo
Epidemiology and Psychiatric Sciences

受賞

2016年06月
北海道大学 Global Networking Award-Women in Global Science (WINGS) 
2015年06月
韓国癌学会 優秀演題賞(IS) The Japanese HPV Vaccine Tragedy 
2015年04月
Japan Society of Obstetrics and Gynecology Good Poster Award The Role of HPV Self-Sampling to Increase Cervical Cancer Screening: A Study on Acceptance, Usability and Clinical Accuracy 
2014年04月
AOGIN Best Oral Presentation A COMPARATIVE STUDY OF ATTITUDES TOWARDS HPV SELF-SAMPLING AND PHYSICIAN-LED CERVICAL SCREENING IN JAPANESE WOMEN 
2013年10月
性の健康医学財団 論文賞(産婦人科分野) 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2016年06月
北海道大学 Global Networking Award-Women in Global Science (WINGS) 
2015年06月
韓国癌学会 優秀演題賞(IS) The Japanese HPV Vaccine Tragedy 
2015年04月
Japan Society of Obstetrics and Gynecology Good Poster Award The Role of HPV Self-Sampling to Increase Cervical Cancer Screening: A Study on Acceptance, Usability and Clinical Accuracy 
2014年04月
AOGIN Best Oral Presentation A COMPARATIVE STUDY OF ATTITUDES TOWARDS HPV SELF-SAMPLING AND PHYSICIAN-LED CERVICAL SCREENING IN JAPANESE WOMEN 
2013年10月
性の健康医学財団 論文賞(産婦人科分野) 

競争的資金等の研究課題

A randomized-control trial assessing the impact of HPV self-sampling on cervical screening uptake rates in women 20-29yrs: A comparative evaluation of two novel cervico-vaginal self-sampling devices
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2016年04月 - 2019年03月 代表者 : ハンリー シャロン
新たな子宮頸癌検診システムの構築:受診率向上を目指した自己採取HPV検査の導入
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2015年04月 - 2017年03月 代表者 : 櫻木 範明
An innovative system to investigate HPV vaccine efficacy and increase cervical screening in young women
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : Hanley Sharon
がんに対する正しい知識・態度・意識の涵養を目指す小中学生向けがん教育教材の開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : Hanley Sharon
思春期の娘を持つ母のHPVワクチンに対する認知と受容:接種率向上のための要因解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : Hanley Sharon
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
A randomized-control trial assessing the impact of HPV self-sampling on cervical screening uptake rates in women 20-29yrs: A comparative evaluation of two novel cervico-vaginal self-sampling devices
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2016年04月 - 2019年03月 代表者 : ハンリー シャロン
新たな子宮頸癌検診システムの構築:受診率向上を目指した自己採取HPV検査の導入
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2015年04月 - 2017年03月 代表者 : 櫻木 範明
An innovative system to investigate HPV vaccine efficacy and increase cervical screening in young women
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : Hanley Sharon
がんに対する正しい知識・態度・意識の涵養を目指す小中学生向けがん教育教材の開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : Hanley Sharon
思春期の娘を持つ母のHPVワクチンに対する認知と受容:接種率向上のための要因解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : Hanley Sharon

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、周産期、生殖内分泌、更年期gynecologic oncology, perinatology, reproductive endocrinology, menopausal medicine
医学英語演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 医学英語,国際交流,コミュニケーション,グループ学習
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍妊娠の生理と病理gynecologic cancerphysiology and pathology of pregnancy
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌gynecological tumors, gynecological pathology, ovarian endocrinology
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌gynecological tumors, gynecological pathology, ovarian endocrinology
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、周産期、生殖内分泌、更年期gynecologic oncology, perinatology, reproductive endocrinology, menopausal medicine
医学英語演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 医学英語,国際交流,コミュニケーション,グループ学習
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍妊娠の生理と病理gynecologic cancerphysiology and pathology of pregnancy
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌gynecological tumors, gynecological pathology, ovarian endocrinology
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌gynecological tumors, gynecological pathology, ovarian endocrinology
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、生殖内分泌、更年期
医学英語演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 医学英語,国際交流,コミュニケーション,グループ学習
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、生殖内分泌、更年期
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌
薬学英語
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 薬学部
薬学英語Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 薬学部
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、生殖内分泌、更年期
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌
薬学英語
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 薬学部

ページトップへ

  • HOMEに戻る
  • 前のページに戻る