吉岡 充弘ヨシオカ ミツヒロresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  生理系部門薬理学分野
社会科学実験研究センター
脳科学研究教育センター
職名教授 
学位
医学博士(北海道大学)
メールアドレスflutemed.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttp://hokudaineuropharmacol.com/
科研費研究者番号

研究キーワード

セロトニン, ストレス, GABA, ドパミン, シナプス, クロストーク, モノアミン, 縫線核, 発達, 海馬, 内側前頭前野, 神経薬理学.神経化学, 行動神経科学・神経科学

研究分野

基礎医学 / 薬理学一般
内科系臨床医学 / 精神神経科学
神経科学 / 神経化学・神経薬理学
神経科学 / 神経科学一般
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / 薬理学一般
内科系臨床医学 / 精神神経科学
神経科学 / 神経化学・神経薬理学
神経科学 / 神経科学一般

職歴

1998年04月
-
2012年
北海道大学医学研究科(教授)
1997年09月
-
1998年03月
同教授
1991年06月
-
1997年08月
同助教授
1989年07月
-
1991年06月
同講師
1985年06月
-
1989年06月
北海道大学助手(医学部薬理学第一講座) 助手
職歴を全て表示する
職歴閉じる
1998年04月
-
2012年
北海道大学医学研究科(教授)
1997年09月
-
1998年03月
同教授
1991年06月
-
1997年08月
同助教授
1989年07月
-
1991年06月
同講師
1985年06月
-
1989年06月
北海道大学助手(医学部薬理学第一講座) 助手

所属学協会

高血圧関連疾患モデル学会
国際セロトニンクラブ
日本薬理学会
日本神経精神薬理学会
日本神経化学会
日本神経科学学会
日本臨床薬理学会
米国薬理学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
高血圧関連疾患モデル学会
国際セロトニンクラブ
日本薬理学会
日本神経精神薬理学会
日本神経化学会
日本神経科学学会
日本臨床薬理学会
米国薬理学会

研究活動

論文

Repeated fluvoxamine treatment recovers juvenile stress-induced morphological changes and depressive-like behavior in rats.
Lyttle K, Ohmura Y, Konno K, Yoshida T, Izumi T, Watanabe M, Yoshioka M
Brain research 1616 88-100 2015年08月
Milnacipran remediates impulsive deficits in rats with lesions of the ventromedial prefrontal cortex.
Tsutsui-Kimura I, Yoshida T, Ohmura Y, Izumi T, Yoshioka M
The international journal of neuropsychopharmacology / official scientific journal of the Collegium Internationale Neuropsychopharmacologicum (CINP) 18(5) 2014年12月
Optogenetic activation of serotonergic neurons enhances anxiety-like behaviour in mice.
Ohmura Y, Tanaka KF, Tsunematsu T, Yamanaka A, Yoshioka M
The international journal of neuropsychopharmacology / official scientific journal of the Collegium Internationale Neuropsychopharmacologicum (CINP)  1-7 2014年05月
[Anti-impulsivity drugs and their mechanisms of action].
Ohmura Y, Tsutsui-Kimura I, Yoshioka M
Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology 34(2) 41-48 2014年04月
Metaplastic regulation of the median raphe nucleus via serotonin 5-HT1A receptor on hippocampal synaptic plasticity is associated with gender-specific emotional expression in rats.
Inoue S, Shikanai H, Matsumoto M, Hiraide S, Saito Y, Yanagawa Y, Yoshioka M, Shimamura K, Togashi H
Journal of pharmacological sciences 124 394-407 2014年
Behavioural effects of monoamine reuptake inhibitors on symptomatic domains in an animal model of attention-deficit/hyperactivity disorder.
Hiraide S, Ueno K, Yamaguchi T, Matsumoto M, Yanagawa Y, Yoshioka M, Togashi H
Pharmacology, biochemistry, and behavior 105 89-97 2013年04月
Opposing roles of corticotropin-releasing factor and neuropeptide Y within the dorsolateral bed nucleus of the stria terminalis in the negative affective component of pain in rats.
Ide S, Hara T, Ohno A, Tamano R, Koseki K, Naka T, Maruyama C, Kaneda K, Yoshioka M, Minami M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 33 5881-5894 2013年04月
Activation of β-adrenoceptors in the bed nucleus of the stria terminalis induces food intake reduction and anxiety-like behaviors.
Naka T, Ide S, Nakako T, Hirata M, Majima Y, Deyama S, Takeda H, Yoshioka M, Minami M
Neuropharmacology 67 326-330 2013年04月
Tandospirone suppresses impulsive action by possible blockade of the 5-HT1A receptor.
Ohmura Y, Kumamoto H, Tsutsui-Kimura I, Minami M, Izumi T, Yoshida T, Yoshioka M
Journal of pharmacological sciences 122 84-92 2013年
Effects of serotonergic terminal lesion in the amygdala on conditioned fear and innate fear in rats.
Izumi T, Ohmura Y, Futami Y, Matsuzaki H, Kubo Y, Yoshida T, Yoshioka M
European journal of pharmacology 696(1-3) 89-95 2012年12月
論文を全て表示する
論文閉じる
Repeated fluvoxamine treatment recovers juvenile stress-induced morphological changes and depressive-like behavior in rats.
Lyttle K, Ohmura Y, Konno K, Yoshida T, Izumi T, Watanabe M, Yoshioka M
Brain research 1616 88-100 2015年08月
Milnacipran remediates impulsive deficits in rats with lesions of the ventromedial prefrontal cortex.
Tsutsui-Kimura I, Yoshida T, Ohmura Y, Izumi T, Yoshioka M
The international journal of neuropsychopharmacology / official scientific journal of the Collegium Internationale Neuropsychopharmacologicum (CINP) 18(5) 2014年12月
Optogenetic activation of serotonergic neurons enhances anxiety-like behaviour in mice.
Ohmura Y, Tanaka KF, Tsunematsu T, Yamanaka A, Yoshioka M
The international journal of neuropsychopharmacology / official scientific journal of the Collegium Internationale Neuropsychopharmacologicum (CINP)  1-7 2014年05月
[Anti-impulsivity drugs and their mechanisms of action].
Ohmura Y, Tsutsui-Kimura I, Yoshioka M
Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology 34(2) 41-48 2014年04月
Metaplastic regulation of the median raphe nucleus via serotonin 5-HT1A receptor on hippocampal synaptic plasticity is associated with gender-specific emotional expression in rats.
Inoue S, Shikanai H, Matsumoto M, Hiraide S, Saito Y, Yanagawa Y, Yoshioka M, Shimamura K, Togashi H
Journal of pharmacological sciences 124 394-407 2014年
Behavioural effects of monoamine reuptake inhibitors on symptomatic domains in an animal model of attention-deficit/hyperactivity disorder.
Hiraide S, Ueno K, Yamaguchi T, Matsumoto M, Yanagawa Y, Yoshioka M, Togashi H
Pharmacology, biochemistry, and behavior 105 89-97 2013年04月
Opposing roles of corticotropin-releasing factor and neuropeptide Y within the dorsolateral bed nucleus of the stria terminalis in the negative affective component of pain in rats.
Ide S, Hara T, Ohno A, Tamano R, Koseki K, Naka T, Maruyama C, Kaneda K, Yoshioka M, Minami M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 33 5881-5894 2013年04月
Activation of β-adrenoceptors in the bed nucleus of the stria terminalis induces food intake reduction and anxiety-like behaviors.
Naka T, Ide S, Nakako T, Hirata M, Majima Y, Deyama S, Takeda H, Yoshioka M, Minami M
Neuropharmacology 67 326-330 2013年04月
Tandospirone suppresses impulsive action by possible blockade of the 5-HT1A receptor.
Ohmura Y, Kumamoto H, Tsutsui-Kimura I, Minami M, Izumi T, Yoshida T, Yoshioka M
Journal of pharmacological sciences 122 84-92 2013年
Effects of serotonergic terminal lesion in the amygdala on conditioned fear and innate fear in rats.
Izumi T, Ohmura Y, Futami Y, Matsuzaki H, Kubo Y, Yoshida T, Yoshioka M
European journal of pharmacology 696(1-3) 89-95 2012年12月
Distinct neurochemical and functional properties of GAD67-containing 5-HT neurons in the rat dorsal raphe nucleus.
Shikanai H, Yoshida T, Konno K, Yamasaki M, Izumi T, Ohmura Y, Watanabe M, Yoshioka M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 32(41) 14415-14426 2012年10月
Milnacipran enhances the control of impulsive action by activating D(1)-like receptors in the infralimbic cortex.
Tsutsui-Kimura I, Ohmura Y, Izumi T, Kumamoto H, Yamaguchi T, Yoshida T, Yoshioka M
Psychopharmacology 2012年08月
Behavioural and pharmacological effects of fluvoxamine on decision-making in food patches and the inter-temporal choices of domestic chicks.
Matsunami S, Ogura Y, Amita H, Izumi T, Yoshioka M, Matsushima T
Behavioural brain research 233(2) 577-586 2012年08月
Anxiolytic effects of yokukansan, a traditional Japanese medicine, via serotonin 5-HT(1A) receptors on anxiety-related behaviors in rats experienced aversive stress.
Yamaguchi T, Tsujimatsu A, Kumamoto H, Izumi T, Ohmura Y, Yoshida T, Yoshioka M
Journal of ethnopharmacology 143(2) 533-539 2012年07月
[Impairment of emotional behaviors induced by early postnatal stress].
Yamaguchi T, Togashi H, Matsumoto M, Izumi T, Yoshioka M
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica 139(4) 142-146 2012年04月
Lithium, but not valproic acid or carbamazepine, suppresses impulsive-like action in rats.
Ohmura Y, Tsutsui-Kimura I, Kumamoto H, Minami M, Izumi T, Yamaguchi T, Yoshida T, Yoshioka M
Psychopharmacology 219(2) 421-432 2012年01月
Possible modulation of the amygdala on metaplasticity deficits in the hippocampal CA1 field in early postnatally stressed rats.
Hiraide S, Saito Y, Matsumoto M, Yanagawa Y, Ishikawa S, Kubo Y, Inoue S, Yoshioka M, Togashi H
Journal of pharmacological sciences 119(1) 64-72 2012年
Impulsive behavior and nicotinic acetylcholine receptors.
Ohmura Y, Tsutsui-Kimura I, Yoshioka M
Journal of pharmacological sciences 118 413-422 2012年
Regulation of cerebral blood flow in the hippocampus by neuronal activation through the perforant path: relationship between hippocampal blood flow and neuronal plasticity.
Hamadate N, Yamaguchi T, Sugawara A, Tsujimatsu A, Izumi T, Yoshida T, Ohmura Y, Yoshioka M
Brain research 1415 1-7 2011年09月
Inhibition of noradrenaline release by clonidine in the ventral bed nucleus of the stria terminalis attenuates pain-induced aversion in rats.
Deyama S, Ide S, Kondoh N, Yamaguchi T, Yoshioka M, Minami M
Neuropharmacology 61(1-2) 156-160 2011年07月
Retrieval of conditioned fear activates the basolateral and intercalated nucleus of amygdala.
Izumi T, Boku S, Shinmin W, Inoue T, Konno K, Yamaguchi T, Yoshida T, Matsumoto M, Watanabe M, Koyama T, Yoshioka M
Journal of neuroscience research 89(5) 773-790 2011年05月
Unique inhibitory synapse with particularly rich endocannabinoid signaling machinery on pyramidal neurons in basal amygdaloid nucleus.
Yoshida T, Uchigashima M, Yamasaki M, Katona I, Yamazaki M, Sakimura K, Kano M, Yoshioka M, Watanabe M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 108(7) 3059-3064 2011年02月
Juvenile stress attenuates the dorsal hippocampal postsynaptic 5-HT(1A) receptor function in adult rats.
MATSUZAKI Hirokazu, IZUMI Takeshi, HORINOUCHI Takahiro, BOKU Shuken, INOUE Takeshi, YAMAGUCHI Taku, YOSHIDA Takayuki, MATSUMOTO Machiko, TOGASHI Hiroko, MIWA Soichi, KOYAMA Tsukasa, YOSHIOKA Mitsuhiro
Psychopharmacology (Berl). 214(1) 329-337 2011年
Retrieval of conditioned fear activates the basolateral and intercalated nucleus of amygdala.
IZUMI Takeshi, BOKU Shuken, SHINMIN Weng, INOUE Takeshi, KONNO Kotaro, YAMAGUCHI Taku, YOSHIDA Takayuki, MATSUMOTO Machiko, WATANABE Masahiko, KOYAMA Tsukasa, YOSHIOKA Mitsuhiro
J Neurosci Res 89(5) 773-790 2011年
Serotonin(1A) receptor-mediated synaptic response in the rat medial prefrontal cortex is altered by early life stress: in vivo and in vitro electrophysiological studies.
Nihon Shinkei Seishin Yakurigaku Zasshi 31(1) 9-15 2011年
5-Hydroxytryptophan attenuates somatic signs of nicotine withdrawal.
Ohmura Y, Jutkiewicz EM, Yoshioka M, Domino EF
Journal of pharmacological sciences 117(2) 121-124 2011年
Liposome-encapsulated hemoglobin ameliorates impairment of fear memory and hippocampal dysfunction after cerebral ischemia in rats.
J. Pharmacol Sci. 114(4) 409-419 2010年
Diazepam-induced increases of synaptic efficacy in the hippocampal-mPFC pathway are associated with its anxiolytic-like effect of rats.
J. Pharmacol Sci. 114(3) 341-346 2010年
Therapeutic potentials of an artificial oxygen-carrier, liposome-encapsulated hemoglobin, for ischemia/reperfusion-induced cerebraldysfunction in rats.
J Pharmacol Sci. 114(2) 189-197 2010年
Nicotine provokes impulsive-like action by stimulating alpha4beta2 nicotinic acetylcholine receptors in the infralimbic, but not in the prelimbic cortex.
TSUTSUI−KIMURA Iku, OHMURA Yu, OHMURA Yu, IZUMI Takeshi, YAMAGUCHI Taku, YOSHIDA Takayuki, YOSHIOKA Mitsuhiro
Psychopharmacology (Berl) 209(4) 351-359 2010年
The serotonergic projection from the median raphe nucleus to the ventral hippocampus is involved in the retrieval of fear memory through the corticotropin-releasing factor type 2 receptor.
Neuropsychopharmacology 35(6) 1271-1278 2010年
Endogenous acetylcholine modulates impulsive action via alpha4beta2 nicotinic acetylcholine receptors in rats.
TSUTSUI‐KIMURA I., OHMURA Y., IZUMI T., YAMAGUCHI T., YOSHIDA T., YOSHIOKA M., OHMURA Y.
Eur J Pharmacol. 641(2-3) 148-153 2010年
Corticotropin releasing factor enhances attentional function as assessed by the five-choice serial reaction time task in rats.
Behav Brain Res. 17(198(2)) 429-433 2009年
Possible relationship between the stress-induced synaptic response and metaplasticity in the hippocampal CA1 field of freely moving rats.
Synapse 27(63(7)) 549-556 2009年
Role of enhanced noradrenergic transmission within the ventral bed nucleus of the stria terminalis in visceral pain-induced aversion in rats.
Behav Brain Res. 11(197(2)) 279-283 2009年
The effects of serotonin and/or noradrenaline reuptake inhibitors on impulsive-like action assessed by the three-choice serial reaction time task: a simple and valid model of impulsive action using rats.
Behav Pharmacol. 20(5-6) 474-483 2009年
Early postnatal stress and neural circuit underlying emotional regulation.
International Review of Neurobiology 85 95-107 2009年
Alteration of synaptic transmission in the hippocampal-mPFC pathway during extinction trial of context-dependent fear memory in juvenile rat stress models: Simultaneous electrophysiological and behavioral analysis
Synapse 63(9) 805-813 2009年
Early postnatal stress affects 5-HT(1A) receptor function in the medial prefrontal cortex in adult rats.
Eur J Pharmacol 615(1-3) 76-82 2009年
The Roles of Corticotropin Releasing Factor (CRF) in Responses to Emotional Stress: Is CRF Release a Cause or Result of Fear/Anxiety?
CNS Neurol Disord Drug Targets. 8(6) 459-469 2009年
Corticotropin releasing factor in the median raphe nucleus is involved in the retrieval of fear memory in rats.
Eur J Pharmacol. 28(584) 357-360 2008年
Characterization of stress-induced suppression of long-term potentiation in the hippocampal CA1 field of freely moving rats.
Brain Res. 21(1226) 27-32 2008年
GABAergic mechanism mediated via D(1) receptors in the rat periaqueductal gray participates in the micturition reflex: an in vivo microdialysis study.
Eur J Neurosci. 27(12) 3216-3225 2008年
Early postnatal stress alters the extinction of context-dependent conditioned fear in adult rats.
Pharmacol Biochem Behav. 89(3) 247-252 2008年
Characterization of clozapine-induced changes in synaptic plasticity in the hippocampal-mPFC pathway of anesthetized rats.
Brain Res. 21(1195) 50-55 2008年
Modification of feeding and swallowing function affects the general behaviors and brain monoamine metabolism in rats
北海道歯学雑誌 29(1) 0 2008年
Activation of the β-Adrenoceptor-Protein Kinase A Signaling Pathway within the Ventral Bed Nucleus of the Stria Terminalis Mediates the Negative Affective Component of Pain in Rats
The Journal of Neuroscience 28(31) 7728-7736 2008年
Effects of propofol and halothane on long-term potentiation in the rat hippocampus after transient cerebral ischemia
J. Kakehata, H. Togashi, T. Yamaguchi, Y. Morimoto and M. Yoshioka
European Journal of Anaesthesiology / Volume 24 / Issue 12 / December 2007, pp 1021 1027 24(12) 1021-1027 2007年12月
脳機能発達の臨界期からみた情動行動と海馬シナプス応答との関連性-幼若期ストレス負荷ラットを用いた電気生理ならびに行動解析-
日本神経精神薬理学雑誌 27(1) 19-27 2007年
Early postnatal stress affects the serotonergic function in the median raphe nuclei of adult rats.
Brain Res. 3(1172) 60-66 2007年
Antagonism of endothelin action normalizes altered levels of VEGF and its signaling in the brain of stroke-prone spontaneously hypertensive rat
European Journal of Pharmacology 28(574) 158-171 2007年
Electrophysiological and neurochemical characterization of the effect of repeated treatment with milnacipran on the rat serotonergic and noradrenergic systems.
J Psychopharmacol. 20(4) 562-569 2006年
Cortical GABAergic regulation of dopaminergic responses to psychological stress in the rat dorsolateral striatum.
Synapse 56(2) 117-121 2005年
Chronic treatment with milnacipran reverses the impairment of synaptic plasticity induced by conditioned fear stress
Psychopharmacology (Berl) 179(3) 606-612 2005年
Early postnatal stress alters the 5-HTergic modulation to emotional stress at postadolescent periods of rats
Hippocampus 15(6) 775-781 2005年
Age-related changes in cardiac expression of VEGF and its angiogenic receptor KDR in stroke-prone spontaneously hypertensive rats.
JESMIN Subrina, HATTORI Yuichi, TOGASHI Hiroko, UENO Ken‐ichi, YOSHIOKA Mitsuhiro, SAKUMA Ichiro
Mol Cell Biochem 272(1-2) 63-73 2005年
Temporal effects of edaravone, a free radical scavenger, on transient ischemia-induced neuronal dysfunction in the rat hippocampus.
Eur J Pharmacol. 512(2-3) 129-137 2005年
Watarai Y, Morita K, Shimoda N, Miura M, Yoshioka M, Togashi H, Nonomura K, Koyanagi T.: "Effect of tacrolimus and cyclosporine on renal microcirculation and nitric oxide production", Transplant. Proc., 36(7):2130-2132 (2004)*
 2004年
Subrina Jesmin, Ichiro Sakuma, Hiroko Togashi, Mitsuhiro Yoshioka, Yuichi Hattori, Akira Kitabatake, and Takashi Miyauchi: "Brain Expression of VEGF and its Receptors in SHR-SP and Effects of an Endothelin Blocker", J. Cardiovasc. Pharmacol., 44:S160-・・・
 2004年
Hiroshi Otani, Subrina Jesmin, Hiroko Togashi, Ichiro Sakuma, Kunihiko Nakai, Hiroshi Satoh, Mitsuhiro Yoshioka, and Akira Kitabatake: "An S-Nitrosylated Hemoglobin Derivative Protects the Rat Hippocampus From Ischemia-Incuced Long-Term Potensiation Im・・・
 2004年
Machiko Matsumoto, Hiroko Togashi, Satoshi Ohashi, Kaori Tachibana, Taku Yamaguchi, Mitsuhiro Yoshioka: "Serotonergic modulation of psychological stress-induced alteration in synaptic plasticity in the rat hippocampal CA1 field", Brain Res, 1022:221-22・・・
 2004年
S. Jesmin, C.N. Mowa, I. Sakuma, N. Matsuda, H. Togashi, M. Yoshioka, Y. Hattori, and A. Kitabatake: "Aromatase is abundantly expressed by neonatal rat penis but downregulated in adulthood", J. Mol. Endocrinol., 33:343-359 (2004)*
 2004年
Subrina Jesmin, Ichiro Sakuma, Hiroko Togashi, Mitsuhiro Yoshioka, Yuichi Hattori, Akira Kitabatake, and Takashi Miyauchi: "Effect of Endothelin Receptor Antqagonist on Expression of AT1 and AT2 Receptors in the Heart of SGR-SP", J. Cardiovasc. Pharmac・・・
 2004年
Higuchi K, Togashi H, Shirakawa T, Matsumoto M, Yamaguchi T and Yoshioka M, "Behavioral responses to emotional stimuli in rats exposed to traumatic events during periadolescence", Hokkaido J. Dental Sci., 25(2):159-170 (2004)*
 2004年
Subrina Jesmin, Ichiro Sakuma, Hiroko Togashi, Mitsuhiro Yoshioka, Yuichi Hattori, Akira Kitabatake, and Takashi Miyauchi: "Expression of Endothelin Receptors in the Brainb of SHR-SP and Effects of an Endothelin Blocker", J. Cardiovasc. Pharmacol., 44・・・
 2004年
M. Kanno, M. Matsumoto, H. Togashi, M. Yoshioka, Y. Mano:  "Effects of acute repetitive transcranial magnetic stimulation on dopamine release in the rat dorsoateral striatum", J. Neurol Sci., 217:73-81 (2004)*
 2004年

書籍

系統看護学講座 専門基礎分野―疾病のなりたちと回復の促進 薬理学 3
吉岡充弘
医学書院 2014年01月 ISBN : 4260018140
Early Postnatal Stress and the Serotonergic System in the Brain
Springer 2009年
ストレスの科学
(財)万有生命科学振興国際交流財団 2007年
Nootropic drug therapy for cognitive impairment in an animal model of attention-deficit/ hyperactivity disorder.
Nova Science Publishers 2005年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
系統看護学講座 専門基礎分野―疾病のなりたちと回復の促進 薬理学 3
吉岡充弘
医学書院 2014年01月 ISBN : 4260018140
Early Postnatal Stress and the Serotonergic System in the Brain
Springer 2009年
ストレスの科学
(財)万有生命科学振興国際交流財団 2007年
Nootropic drug therapy for cognitive impairment in an animal model of attention-deficit/ hyperactivity disorder.
Nova Science Publishers 2005年

特許

重力変動ストレスの負荷方法、航空機、航空機の運転方法、セロトニン合成系遺伝子発現促進方法、セロトニン合成方法、中枢神経系刺激方法、および薬効測定方法
落合 俊昌, 吉岡 充弘, 行徳 淳一郎, 太田 尚
特願2009-253133 2009年11月04日
注意欠陥多動性障害治療薬
吉岡 充弘
特願2001-306433 2001年10月02日
特許を全て表示する
特許閉じる
重力変動ストレスの負荷方法、航空機、航空機の運転方法、セロトニン合成系遺伝子発現促進方法、セロトニン合成方法、中枢神経系刺激方法、および薬効測定方法
落合 俊昌, 吉岡 充弘, 行徳 淳一郎, 太田 尚
特願2009-253133 2009年11月04日
注意欠陥多動性障害治療薬
吉岡 充弘
特願2001-306433 2001年10月02日

受賞

1995年03月
日本薬理学会 学術奨励賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
1995年03月
日本薬理学会 学術奨励賞 

競争的資金等の研究課題

縫線核5-HT/GABA共存細胞の機能発達―幼若期ストレスとエピジェネティクス
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 吉岡充弘
不安と衝動性の脳内神経機構の研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 泉剛
縫線核5-HT/GABA共存ニューロンの発現・発達に及ぼす幼若期ストレスの影響
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年04月 - 2010年03月 代表者 : 吉岡充弘
中脳水道中心灰白質におけるマイクロダイアリシスを用いた排尿関連神経伝達物質の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 田中博
脳機能発達の臨界期における神経可塑的変化を基盤としたストレス応答機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 松本眞知子
扁桃体を中心とした不安の脳内神経回路の研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 泉剛
幼弱脳における麻酔薬の神経毒性に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 森本裕二
脳機能発達における臨界期からみた情動障害と神経ステロイドの役割に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 松本真知子
注意欠陥/多動性障害(ADHD)における神経ステロイドの役割に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2003年 - 2004年 代表者 : 富樫廣子
臨床応用可能な新たな人工赤血球・人工酸素供与体の開発と応用に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2002年 - 2004年 代表者 : 佐久間一郎
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
縫線核5-HT/GABA共存細胞の機能発達―幼若期ストレスとエピジェネティクス
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 吉岡充弘
不安と衝動性の脳内神経機構の研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 泉剛
縫線核5-HT/GABA共存ニューロンの発現・発達に及ぼす幼若期ストレスの影響
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年04月 - 2010年03月 代表者 : 吉岡充弘
中脳水道中心灰白質におけるマイクロダイアリシスを用いた排尿関連神経伝達物質の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 田中博
脳機能発達の臨界期における神経可塑的変化を基盤としたストレス応答機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 松本眞知子
扁桃体を中心とした不安の脳内神経回路の研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 泉剛
幼弱脳における麻酔薬の神経毒性に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 森本裕二
脳機能発達における臨界期からみた情動障害と神経ステロイドの役割に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 松本真知子
注意欠陥/多動性障害(ADHD)における神経ステロイドの役割に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2003年 - 2004年 代表者 : 富樫廣子
臨床応用可能な新たな人工赤血球・人工酸素供与体の開発と応用に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2002年 - 2004年 代表者 : 佐久間一郎
エストロゲンによる心臓および脳毛細血管網構築の制御とその生理的役割に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2002年 - 2003年 代表者 : 佐久間一郎
一酸化窒素供与能を有するヘモグロビン修飾体の人工赤血球としての応用に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 1999年 - 2001年 代表者 : 北畠顕
臨床応用可能な新たな人工赤血球・人工酸素供与体の開発と応用に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1999年 - 2001年 代表者 : 佐久間一郎
一酸化窒素消去作用の調節されたヘモグロビン修飾体の開発とその心循環系への応用
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1997年 - 1998年 代表者 : 佐久間一郎
モアノミン作動性神経間クロストークの機能・形態構築と異種受容体発現メカニズム
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 1997年 - 1998年 代表者 : 吉岡充弘
脳血管障害と海馬シナプス伝達に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 1996年 - 1996年 代表者 : 富樫廣子
内因性不安惹起物質の検索に関する分子薬理学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1996年 - 1996年 代表者 : 齋藤秀哉
医学生物学研究用走査プローブ顕微鏡の開発とその応用
文部科学省:科学研究費補助金(試験研究(B), 基盤研究(A))
研究期間 : 1994年 - 1996年 代表者 : 阿部和厚
生体内活性物質セロトニンの反射機構に関する研究(III)
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1995年 - 1995年 代表者 : 吉岡充弘
生体内活性物質セロトニンの反射機構に関する研究(II)
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1994年 - 1994年 代表者 : 吉岡充弘
生体内活性物質セロトニンの反射機構に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1993年 - 1993年 代表者 : 吉岡充弘
副腎髄質機能調節機構に関する研究ーmicrodialysisによる解析ー
文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間 : 1990年 - 1990年 代表者 : 斉藤秀哉, 齋藤秀哉
副腎髄質機能調節におけるタキキニソペプチドの役割に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間 : 1989年 - 1989年 代表者 : 斉藤秀哉, 齋藤秀哉
慢性埋込み電極を用いた副腎交感神経の間歇的刺激による循環動態の変動に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間 : 1987年 - 1987年 代表者 : 富樫廣子
セロトニン作動性神経の機能に関する研究
研究期間 : 1988年
精神疾患モデル動物の開発とその応用
研究期間 : 1999年

教育活動

主要な担当授業

一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 新薬開発、薬害、医療保険制度、薬物依存
医学史・医学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 医療、死生観、医倫理、医療行政、地域医療、基礎医学研究医学の歴史、風土病、診断・治療機器、微生物との戦い、内分泌学、神経科学
医学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経伝達物質、シナプス伝達、神経疾患、抗精神病薬、嗜癖、依存neurotransmitter, synaptic transmission, neurological disorder, antipsychotic, addiction, dependence
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 高度先進医療、橋渡し研究、医療倫理、生活習慣病 highly advanced medical treatment, translational research, medical ethics, lifestyle diseases
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経伝達物質、シナプス伝達、神経疾患、抗精神病薬、嗜癖、依存
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 高度先進医療、橋渡し研究、医療倫理、生活習慣病 highly advanced medical treatment, translational research, medical ethics, lifestyle diseases
基本実験・研究計画法
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 生物統計、文献検索、疫学、治験、臨床研究、論文の書き方
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 新薬開発、薬害、医療保険制度、薬物依存
医学史・医学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 医療、死生観、医倫理、医療行政、地域医療、基礎医学研究医学の歴史、風土病、診断・治療機器、微生物との戦い、内分泌学、神経科学
医学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経伝達物質、シナプス伝達、神経疾患、抗精神病薬、嗜癖、依存neurotransmitter, synaptic transmission, neurological disorder, antipsychotic, addiction, dependence
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 高度先進医療、橋渡し研究、医療倫理、生活習慣病 highly advanced medical treatment, translational research, medical ethics, lifestyle diseases
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経伝達物質、シナプス伝達、神経疾患、抗精神病薬、嗜癖、依存
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 高度先進医療、橋渡し研究、医療倫理、生活習慣病 highly advanced medical treatment, translational research, medical ethics, lifestyle diseases
基本実験・研究計画法
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 生物統計、文献検索、疫学、治験、臨床研究、論文の書き方
基本社会医学総論Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 高度先進医療、橋渡し研究、医療倫理、生活習慣病 highly advanced medical treatment, translational research, medical ethics, lifestyle diseases
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, model animals, experimental design, statistical analysis
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
基礎情報伝達学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
実験・研究計画法
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 生物統計、文献検索、疫学、治験、臨床研究、論文の書き方
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 薬力学 薬物動態学 PharmacologyPharmacodynamicsPharmacokinetics
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体intracellular signal transduction, ion channels, transporters,receptors
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用Pharmacotherapy, Pharmacodynamics, Pharmacokinetics, Side effects
漢方医学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 証、陰陽、虚実、生薬、気・血・水、方剤学
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 医学・生物学、留学生、英語biomedical science, foreign students, English
脳科学研究の展開Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード :  神経回路、生命科学、方法論
薬理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
薬理学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体
薬理学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 薬理学 薬力学 薬物動態学
薬理学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 新薬開発、薬害、医療保険制度、薬物依存
医学史・医学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 医療、死生観、医倫理、医療行政、地域医療、基礎医学研究医学の歴史、風土病、診断・治療機器、微生物との戦い、内分泌学、神経科学
医学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経伝達物質、シナプス伝達、神経疾患、抗精神病薬、嗜癖、依存
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 高度先進医療、橋渡し研究、医療倫理、生活習慣病highly advanced medical treatment, translational research, medical ethics, lifestyle diseases
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経伝達物質、シナプス伝達、神経疾患、抗精神病薬、嗜癖、依存
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 高度先進医療、橋渡し研究、医療倫理、生活習慣病
基本実験・研究計画法
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 生物統計、文献検索、疫学、治験、臨床研究、論文の書き方
基本社会医学総論Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 高度先進医療、橋渡し研究、医療倫理、生活習慣病highly advanced medical treatment, translational research, medical ethics, lifestyle diseases
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, model animals, experimental design, statistical analysis
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
基礎情報伝達学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
実験・研究計画法
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 生物統計、文献検索、疫学、治験、臨床研究、論文の書き方
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology薬力学 Pharmacodynamics薬物動態学 Pharmacokinetics
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体intracellular signal transduction, ion channels, transporters,receptors
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用Pharmacotherapy, Pharmacodynamics, Pharmacokinetics, Side effects
漢方医学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 証、陰陽、虚実、生薬、気・血・水、方剤学
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 医学・生物学、留学生、英語biomedical science, foreign students, English
脳科学研究の展開Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード :  神経回路、生命科学、方法論
自主研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 国際
薬理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
薬理学Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体
薬理学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
薬理学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 新薬開発、薬害、医療保険制度、薬物依存
医学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 医療、死生観、医倫理、医療行政、地域医療、基礎医学研究
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経伝達物質、シナプス伝達、神経疾患、抗精神病薬、嗜癖、依存
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 高度先進医療、橋渡し研究、医療倫理、生活習慣病
国際交流科目
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 国際本部
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、核酸、糖質、脂質、酵素
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経伝達物質、シナプス伝達、神経疾患、抗精神病薬、嗜癖、依存
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 高度先進医療、橋渡し研究、医療倫理、生活習慣病
基本実験・研究計画法
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 生物統計、文献検索、疫学、治験、臨床研究、論文の書き方
基本社会医学総論Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 高度先進医療、橋渡し研究、医療倫理、生活習慣病
基本社会医学総論Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 統合失調症、気分障害、不安障害、向精神薬、病態モデル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
基礎情報伝達学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
実験・研究計画法
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 生物統計、文献検索、疫学、治験、臨床研究、論文の書き方
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 医学、保健学、歯学、薬学、獣医学、微生物学、生物学、留学生、英語
脳科学研究の展開Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード :   神経回路、生命科学、方法論 
脳科学研究の展開Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード :  神経回路、生命科学、方法論
薬理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
薬理学Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体
薬理学Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
薬理学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用

大学運営

学内役職歴

2017年04月
-
2019年03月
教育研究評議会評議員
2017年04月
-
2019年03月
大学院医学院長
2017年04月
-
2019年03月
大学院医学研究院長
2017年04月
-
2019年03月
医学部長
2017年04月
-
2019年03月
医学部医学科長
2017年04月
-
2019年03月
総長選考会議委員
2015年04月
-
2017年03月
教育研究評議会評議員
2015年04月
-
2017年03月
大学院医学研究科副研究科長
2014年04月
-
2016年03月
脳科学研究教育センター長
2013年04月
-
2015年03月
大学院医学研究科副研究科長
学内役職歴を全て表示する
学内役職歴閉じる
2017年04月
-
2019年03月
教育研究評議会評議員
2017年04月
-
2019年03月
大学院医学院長
2017年04月
-
2019年03月
大学院医学研究院長
2017年04月
-
2019年03月
医学部長
2017年04月
-
2019年03月
医学部医学科長
2017年04月
-
2019年03月
総長選考会議委員
2015年04月
-
2017年03月
教育研究評議会評議員
2015年04月
-
2017年03月
大学院医学研究科副研究科長
2014年04月
-
2016年03月
脳科学研究教育センター長
2013年04月
-
2015年03月
大学院医学研究科副研究科長
2012年04月
-
2014年03月
脳科学研究教育センター長
2011年04月
-
2013年03月
役員補佐
2009年04月
-
2011年03月
大学院医学研究科副研究科長
2007年04月
-
2009年03月
大学院医学研究科副研究科長
2005年04月
-
2007年03月
大学院医学研究科副研究科長
2004年04月
-
2005年03月
大学院医学研究科副研究科長

ページトップへ