小名木 明宏オナギ アキヒロresearchmap個人ページ

更新日 : 2019/01/09

基本情報

プロフィール

所属部署名
法学研究科 法律実務専攻 公法講座
職名教授 
学位
法学博士(ドイツ・ケルン大学)
メールアドレスonagijuris.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/60274685.ja.html
科研費研究者番号

研究キーワード

刑法, ドイツ, 違法論, 責任論, 緊急避難, 北欧, スウェーデン, 性犯罪, 矯正, 子ども, DV, フィンランド, 少年, ノルウェー, ジェンダー, 女性, 改善指導, ドメスティック・バイオレンス, 可視化, 被害者, 受刑者処遇

研究分野

法学 / 刑事法学
ジェンダー / ジェンダー
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
法学 / 刑事法学
ジェンダー / ジェンダー

職歴

2003年10月
-
現在
北海道大学(教授)
1995年09月
-
2003年09月
熊本大学(助教授)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2003年10月
-
現在
北海道大学(教授)
1995年09月
-
2003年09月
熊本大学(助教授)

所属学協会

日本スキー学会
日本刑法学会
警察政策学会
日本スポーツ法学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本スキー学会
日本刑法学会
警察政策学会
日本スポーツ法学会

研究活動

論文

ゲームにおけるペナルティーの意義と機能について : ドイツボードゲームにおけるペナルティーの役割についての考察
小名木 明宏
北大法学論集 69(3) 346-324 2018年09月
刑法 (特集 学界回顧2017)
城下 裕二, 長井 長信, 小名木 明宏, 松尾 誠紀
法律時報 89(13) 45-61 2017年12月
ドイツにおける刑事施設内の母子施設についての概観 (小特集 犯罪者を親にもつ子どもについて考える)
小名木 明宏
法律時報 89(6) 74-77 2017年06月
法学者の本棚 植松正・川端博・曽根威彦・日髙義博 現代刑法論争Ⅰ・Ⅱ〔第二版〕 : 思索の刑法学 : 植松刑法学の思い出
小名木 明宏
法学セミナー 62(3) 2017年03月
ドーピングに対する刑事規制について
小名木 明宏
北大法学論集 67(5) 1804-1788 2017年
ドイツにおける改善保安処分制度 : 制度と基盤についてのイントロダクション
リタ ハーヴァーカンプ, 小名木 明宏(訳)
北大法学論集 67(4) 358-338 2016年11月
ドイツ連邦共和国における女子処遇と母子施設
リタ ハーヴァーカンプ, 小名木 明宏(訳)
北大法学論集 67(2) 156-144 2016年07月
月形学園における被害者理解講座の実践
小名木 明宏
刑政 127(4) 62-70 2016年04月
講演 ドイツにおける改善保安処分制度 : 制度と基盤についてのイントロダクション
ハーヴァーカンプ リタ, 小名木 明宏
北大法学論集 67(4) 1246-1226 2016年
ドイツ連邦共和国における刑事施設内の母子施設
小名木 明宏
北大法学論集 67(3) 884-865 2016年
論文を全て表示する
論文閉じる
ゲームにおけるペナルティーの意義と機能について : ドイツボードゲームにおけるペナルティーの役割についての考察
小名木 明宏
北大法学論集 69(3) 346-324 2018年09月
刑法 (特集 学界回顧2017)
城下 裕二, 長井 長信, 小名木 明宏, 松尾 誠紀
法律時報 89(13) 45-61 2017年12月
ドイツにおける刑事施設内の母子施設についての概観 (小特集 犯罪者を親にもつ子どもについて考える)
小名木 明宏
法律時報 89(6) 74-77 2017年06月
法学者の本棚 植松正・川端博・曽根威彦・日髙義博 現代刑法論争Ⅰ・Ⅱ〔第二版〕 : 思索の刑法学 : 植松刑法学の思い出
小名木 明宏
法学セミナー 62(3) 2017年03月
ドーピングに対する刑事規制について
小名木 明宏
北大法学論集 67(5) 1804-1788 2017年
ドイツにおける改善保安処分制度 : 制度と基盤についてのイントロダクション
リタ ハーヴァーカンプ, 小名木 明宏(訳)
北大法学論集 67(4) 358-338 2016年11月
ドイツ連邦共和国における女子処遇と母子施設
リタ ハーヴァーカンプ, 小名木 明宏(訳)
北大法学論集 67(2) 156-144 2016年07月
月形学園における被害者理解講座の実践
小名木 明宏
刑政 127(4) 62-70 2016年04月
講演 ドイツにおける改善保安処分制度 : 制度と基盤についてのイントロダクション
ハーヴァーカンプ リタ, 小名木 明宏
北大法学論集 67(4) 1246-1226 2016年
ドイツ連邦共和国における刑事施設内の母子施設
小名木 明宏
北大法学論集 67(3) 884-865 2016年
ドーピングの法的規制についての比較研究
小名木 明宏
笹川スポーツ研究助成研究成果報告書 = Sasakawa sports research grants  31-37 2015年
科学技術時代と刑法のあり方 : サイボーグ刑法の提唱
小名木 明宏
北大法学論集 63(5) 524-512 2013年03月
講演 死刑制度 : ドイツの視点からの考察
シュトレング フランツ, 小名木 明宏
北大法学論集 63(6) 1832-1818 2013年
仮釈放者に対する電子監視システムによるアフターケアの整備に関する法的問題についての研究
小名木明宏
電気通信普及財団研究調査報告書(CD-ROM) (26) 39-47 2011年12月
仮釈放者に対する電子監視システムによるアフターケアの整備に関する法的問題についての研究
小名木明宏
電気通信普及財団研究調査報告書(CD-ROM) (26) 39-47 2011年12月
女性と児童の犯罪被害と対策 (ワークショップ)
小名木 明宏
刑法雑誌 50(3) 501-505 2011年03月
侮辱罪の被害者視点へのシフトについて
小名木 明宏
GEMC journal : グローバル時代の男女共同参画と多文化共生 : Gender equality and multicultural conviviality in the age of globalization (3) 6-14 2010年03月
刑事裁判例批評(66)廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反3事件--事案1 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(平成15年法律第93号による改正前のもの)25条4号にいう「第12条第3項(中略)の規定に違反して、産業廃棄物の処理を他人に委託した」の意義[最高裁平成18.1.16第一小法廷決定],事案2 工場から排出された産業廃棄物を同工場敷地内に掘られた穴に投入して埋め立てることを前提にその穴のわきに野積みした行為が廃棄物の処理及び清掃に関する法律16条違反の罪に当たるとされた事例[最高裁平成18.2.20
小名木 明宏
刑事法ジャーナル 10 157-165 2008年
再生的クローンと治療的クローンの法的許容性
Rosenau Henning, 小名木 明宏
北大法学論集 59(1) 368-345 2008年
自招危難について〔含 質疑応答〕
小名木 明宏
刑法雑誌 44(2) 142-159 2005年02月
侮辱罪の問題点 (特集 名誉・プライバシーの刑事法的保護)
小名木 明宏
現代刑事法 6(4) 25-33 2004年04月
ドイツ・スイス・オーストリアでの法律系教員と裁判官、弁護士の業務の兼務状況の視察
小名木 明宏, 多治川 卓朗
熊本法学 104 37-55 2003年08月
判例評論 最新判例批評(50)過失の競合と過失犯の共同正犯(東京地判平成12.12.27)
小名木 明宏
判例時報 (1818) 215-218 2003年07月
トルコ共和国ディジュレ大学法学部およびディアルバクル市警察学校での講演についての報告
小名木 明宏
熊本法学 103 169-173 2003年03月
マルティンの帰責論
小名木 明宏
熊本法学 102 1-20 2003年01月
7 私文書偽造(159条) (特集 重要条文コンメンタール刑法)
小名木 明宏
月刊法学教室 (261) 30-31 2002年06月
重要論点 刑法総論(1)刑法の適用範囲
小名木 明宏
月刊法学教室 (259) 66-72 2002年04月
補助公務員の作成権限 (特集 文書偽造罪論の現代的課題)
小名木 明宏
現代刑事法 4(3) 57-62 2002年03月
組織犯罪に対する捜査手続きの刑事法上の諸問題 (第2 警察政策フォーラム「ドイツの組織犯罪及び外国人犯罪対策」)
Maiwald Manfred, 小名木 明宏
警察政策研究 (5) 49-57 2001年
バールの違法論
小名木 明宏
熊本法学 98 1-24 2000年12月
組織犯罪に対する捜査手続きの刑事法上の諸問題
Maiwald Manfred, 小名木 明宏
警察学論集 53(12) 99-114 2000年12月
<資料>客観的帰属の概念の刑法体系における機能について
マイヴァルト マンフレット, 小名木 明宏(訳)
法學研究 70(8) 131-151 1997年08月
<資料>ゴルトダンマー刑法雑誌 著者名目録(四)
宮澤 浩一, 小名木 明宏
法學研究 68(6) 202-159 1995年06月
<資料>ゴルトダンマー刑法雑誌 著者名目録(三)
宮澤 浩一, 小名木 明宏
法學研究 68(5) 192-156 1995年05月
<資料>ゴルトダンマー刑法雑誌 著者名目録(二)
宮澤 浩一, 小名木 明宏
法學研究 68(4) 176-132 1995年04月
<資料>ゴルトダンマー刑法雑誌 著者名目録(一)
宮澤 浩一, 小名木 明宏
法學研究 68(3) 218-177 1995年03月
ゴルトダンマー刑法雑誌著者名目録(1)
宮澤 浩一, 小名木 明宏
法學研究 : 法律・政治・社会 68(3) 177(42)-218(1) 1995年03月
緊急避難における利益衡量と相当性についての一考察
小名木 明宏
法学研究 67(6) p25-43 1994年06月
緊急避難における利益衡量と相当性についての一考察
小名木 明宏
法学研究 67(6) p25-43 1994年06月

書籍

日高義博先生古稀祝賀論文集上巻
小名木明宏
成文堂 2018年10月
Festschrift für Rudolf Rengier zum 70. Geburtstag
小名木明宏
C.H.Beck 2018年09月
Vielfalt des Strafrechts im internationalen Kontext. Festschrift für Frank Höfpel zum 65. Geburtstag
小名木明宏
Neuer Wissenschaftlicher Verlag 2018年01月
Festschrift für Franz Streng zum 70. Geburtstag
小名木明宏
C.F. Müller 2017年03月
Aktuelle Entwicklungslinien des japanischen Strafrechts im 21. Jahrhundert
小名木明宏
Mohr Siebeck 2017年02月
Sicherungsverwahrung2.0?
小名木明宏
Nomos 2017年02月
刑法実践演習
甲斐 克則, 内山 良雄, 小田 直樹, 小名木 明宏, 神例 康博, 北川 佳世子, 島岡 まな, 杉本 一敏, 十河 太朗, 二本栁 誠, 日山 恵美, 渡邊 卓也
法律文化社 2015年10月 ISBN : 4589037025
立石二六先生古稀祝賀論文集
川端 博, 椎橋 隆幸, 甲斐 克則
成文堂 2010年 ISBN : 9784792318741
女と男の共同論
山中 進
成文堂 2003年 ISBN : 4792391164
刑法理論の現代的展開
宮澤浩一先生古稀祝賀論文集編集委員会
成文堂 2000年 ISBN : 4792315271
書籍を全て表示する
書籍閉じる
日高義博先生古稀祝賀論文集上巻
小名木明宏
成文堂 2018年10月
Festschrift für Rudolf Rengier zum 70. Geburtstag
小名木明宏
C.H.Beck 2018年09月
Vielfalt des Strafrechts im internationalen Kontext. Festschrift für Frank Höfpel zum 65. Geburtstag
小名木明宏
Neuer Wissenschaftlicher Verlag 2018年01月
Festschrift für Franz Streng zum 70. Geburtstag
小名木明宏
C.F. Müller 2017年03月
Aktuelle Entwicklungslinien des japanischen Strafrechts im 21. Jahrhundert
小名木明宏
Mohr Siebeck 2017年02月
Sicherungsverwahrung2.0?
小名木明宏
Nomos 2017年02月
刑法実践演習
甲斐 克則, 内山 良雄, 小田 直樹, 小名木 明宏, 神例 康博, 北川 佳世子, 島岡 まな, 杉本 一敏, 十河 太朗, 二本栁 誠, 日山 恵美, 渡邊 卓也
法律文化社 2015年10月 ISBN : 4589037025
立石二六先生古稀祝賀論文集
川端 博, 椎橋 隆幸, 甲斐 克則
成文堂 2010年 ISBN : 9784792318741
女と男の共同論
山中 進
成文堂 2003年 ISBN : 4792391164
刑法理論の現代的展開
宮澤浩一先生古稀祝賀論文集編集委員会
成文堂 2000年 ISBN : 4792315271
Die Notstandsregelung im japanischen und deutschen Strafrecht im Vergleich
小名木 明宏
Nomos 1993年 ISBN : 3789030198

競争的資金等の研究課題

人体と機械の融合に伴う法律問題についての研究
立石科学技術振興財団
研究期間 : 2018年04月 - 2019年03月 代表者 : 小名木明宏
ゲームにおけるペナルティーの意義と機能について
中山隼雄科学技術文化財団
研究期間 : 2017年04月 - 2018年03月 代表者 : 小名木明宏
複合的視点からの保安処分制度の再構築についての研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間 : 2015年04月 - 2018年03月 代表者 : 小名木明宏
SNS等の仮想世界におけるルールの形成プロセスと確立についての研究
大川情報通信財団
研究期間 : 2016年04月 - 2017年03月 代表者 : 小名木明宏
ドーピングの法的規制についての比較研究
笹川スポーツ財団研究助成
研究期間 : 2015年04月 - 2016年02月 代表者 : 小名木明宏
スマートフォンによる保護観察対象者に対するアフターケア体制の確立について研究
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 小名木 明宏
仮釈放者に対する電子監視システムによるアフターケアの整備に関する法的問題についての研究
電気通信普及財団
研究期間 : 2009年04月 - 2011年03月 代表者 : 小名木明宏
トルコ共和国ディジュレ大学法学部等訪問
(財)国際文化交流事業財団
研究期間 : 2001年04月 - 2001年05月 代表者 : 小名木明宏
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
人体と機械の融合に伴う法律問題についての研究
立石科学技術振興財団
研究期間 : 2018年04月 - 2019年03月 代表者 : 小名木明宏
ゲームにおけるペナルティーの意義と機能について
中山隼雄科学技術文化財団
研究期間 : 2017年04月 - 2018年03月 代表者 : 小名木明宏
複合的視点からの保安処分制度の再構築についての研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間 : 2015年04月 - 2018年03月 代表者 : 小名木明宏
SNS等の仮想世界におけるルールの形成プロセスと確立についての研究
大川情報通信財団
研究期間 : 2016年04月 - 2017年03月 代表者 : 小名木明宏
ドーピングの法的規制についての比較研究
笹川スポーツ財団研究助成
研究期間 : 2015年04月 - 2016年02月 代表者 : 小名木明宏
スマートフォンによる保護観察対象者に対するアフターケア体制の確立について研究
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 小名木 明宏
仮釈放者に対する電子監視システムによるアフターケアの整備に関する法的問題についての研究
電気通信普及財団
研究期間 : 2009年04月 - 2011年03月 代表者 : 小名木明宏
トルコ共和国ディジュレ大学法学部等訪問
(財)国際文化交流事業財団
研究期間 : 2001年04月 - 2001年05月 代表者 : 小名木明宏

教育活動

主要な担当授業

刑事法事例問題研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 法科大学院
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合演習Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合演習ⅠA
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合演習ⅠB
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合演習Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合演習ⅡA
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合演習ⅡB
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合研究ⅠA
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合研究ⅠB
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 法学研究科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
刑事法事例問題研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 法科大学院
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合演習Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合演習ⅠA
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合演習ⅠB
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合演習Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合演習ⅡA
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合演習ⅡB
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合研究ⅠA
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合研究ⅠB
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合研究ⅡA
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 法学研究科
刑事法総合研究ⅡB
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 法学研究科
刑法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 法学部
キーワード : 刑法総論、刑法各論、犯罪類型、犯罪の成立要件
刑法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 法科大学院
開講学部 : 法学研究科
キーワード : 刑法各論
演習Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 法学部
キーワード : 刑法、犯罪、刑法総論
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
刑事法事例問題研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 法科大学院
科目学部名 : 法学研究科
刑法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 法学部
キーワード : 刑法総論、刑法各論、犯罪類型、犯罪の成立要件
刑法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 法科大学院
科目学部名 : 法学研究科
キーワード : 刑法各論
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
エクスターンシップ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 法科大学院
科目学部名 : 法学研究科
フィールドワーク
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 法科大学院
科目学部名 : 法学研究科
刑事法事例問題研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 法科大学院
科目学部名 : 法学研究科
刑事法総合演習ⅠA
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 法学研究科
刑事法総合演習ⅠB
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 法学研究科
刑事法総合演習ⅡA
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 法学研究科
刑事法総合演習ⅡB
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 法学研究科
刑事法総合研究ⅠA
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 法学研究科
刑事法総合研究ⅠB
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 法学研究科
刑事法総合研究ⅡA
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 法学研究科
刑事法総合研究ⅡB
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 法学研究科
刑法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 法学部
キーワード : 刑法総論、刑法各論、犯罪類型、犯罪の成立要件
刑法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 法科大学院
科目学部名 : 法学研究科
キーワード : 刑法各論
刑法学特別研究A
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 法学研究科
キーワード :  ドイツ法、比較法、法律ドイツ語
刑法学特殊演習A
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 法学研究科
キーワード :  ドイツ法、比較法、法律ドイツ語
演習Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 法学部
キーワード : 刑法、犯罪、刑法総論
現代犯罪論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 専門職大学院
科目学部名 : 公共政策学教育部
キーワード : 比較刑法、ドイツ刑法、犯罪論、犯罪論体系、医事刑法、クローニング、生殖補助医療、人工妊娠中絶、安楽死、尊厳死、脳死、臓器移植、少年法改正、要保護性、保護処分、被害者保護
現代犯罪論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 法科大学院
科目学部名 : 法学研究科
キーワード : 比較刑法、ドイツ刑法、犯罪論、犯罪論体系、医事刑法、クローニング、生殖補助医療、人工妊娠中絶、安楽死、尊厳死、脳死、臓器移植、少年法改正、要保護性、保護処分、被害者保護
研究論文
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 法科大学院
科目学部名 : 法学研究科

大学運営

学内役職歴

2016年07月
-
2018年06月
評価室室員
2014年04月
-
2016年03月
大学院法学研究科副研究科長
2014年04月
-
2016年03月
法科大学院長
学内役職歴を全て表示する
学内役職歴閉じる
2016年07月
-
2018年06月
評価室室員
2014年04月
-
2016年03月
大学院法学研究科副研究科長
2014年04月
-
2016年03月
法科大学院長

ページトップへ