南保 明日香ナンボ アスカresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  
職名准教授 
学位
博士(薬学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号
  • ウイルスの生活環と宿主との相互作用について研究を行っています。

研究キーワード

メンブラントラフィック, エンドサイトーシス, エボラウイルス, Epstein-Barrウイルス, 宿主-ウイルス相互作用, ウイルス学

研究分野

基礎医学 / ウイルス学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / ウイルス学

職歴

2013年10月
-
現在
北海道大学大学院医学研究科(准教授)
2008年12月
-
2013年09月
北海道大学大学院薬学研究院 (講師)
2006年10月
-
2008年11月
ウィスコンシン大学 マディソン校 (Assistant Scientist)
2003年10月
-
2006年09月
ウィスコンシン大学 マディソン校 (Assistant Scientist)
2002年10月
-
2003年09月
北海道大学 遺伝子病制御研究所(助手)
2000年07月
-
2002年09月
日本学術振興会(特別研究員)
2000年04月
-
2000年06月
北海道大学遺伝子病制御研究所(非常勤研究員)
1999年04月
-
2000年03月
北海道大学医学部付属癌研究施設(非常勤研究員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2013年10月
-
現在
北海道大学大学院医学研究科(准教授)
2008年12月
-
2013年09月
北海道大学大学院薬学研究院 (講師)
2006年10月
-
2008年11月
ウィスコンシン大学 マディソン校 (Assistant Scientist)
2003年10月
-
2006年09月
ウィスコンシン大学 マディソン校 (Assistant Scientist)
2002年10月
-
2003年09月
北海道大学 遺伝子病制御研究所(助手)
2000年07月
-
2002年09月
日本学術振興会(特別研究員)
2000年04月
-
2000年06月
北海道大学遺伝子病制御研究所(非常勤研究員)
1999年04月
-
2000年03月
北海道大学医学部付属癌研究施設(非常勤研究員)

学歴

1996年04月
-
1999年03月
北海道大学 博士後期課程 大学院薬学研究科 薬学専攻
1994年04月
-
1996年03月
北海道大学 修士課程 大学院薬学研究科 薬学専攻
1990年04月
-
1994年03月
北海道大学 薬学部 薬学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
1996年04月
-
1999年03月
北海道大学 博士後期課程 大学院薬学研究科 薬学専攻
1994年04月
-
1996年03月
北海道大学 修士課程 大学院薬学研究科 薬学専攻
1990年04月
-
1994年03月
北海道大学 薬学部 薬学科

所属学協会

International Association for Research on Epstein-Barr virus and Associated Diseases
日本薬学会
日本ウイルス学会
日本癌学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
International Association for Research on Epstein-Barr virus and Associated Diseases
日本薬学会
日本ウイルス学会
日本癌学会

研究活動

論文

Improved FRET Biosensor for the Measurement of BCR-ABL Activity in Chronic Myeloid Leukemia Cells.
Horiguchi M, Fujioka M, Kondo T, Fujioka Y, Li X, Horiuchi K, O Satoh A, Nepal P, Nishide S, Nanbo A, Teshima T, Ohba Y
Cell structure and function 42(1) 15-26 2017年02月
Inside the Cell: Assembly of Filoviruses.
Kolesnikova L, Nanbo A, Becker S, Kawaoka Y
Current topics in microbiology and immunology 411 353-380 2017年
Fcγ-receptor IIa-mediated Src Signaling Pathway Is Essential for the Antibody-Dependent Enhancement of Ebola Virus Infection.
Furuyama W, Marzi A, Carmody AB, Maruyama J, Kuroda M, Miyamoto H, Nanbo A, Manzoor R, Yoshida R, Igarashi M, Feldmann H, Takada A
PLoS pathogens 12(12) e1006139 2016年12月
Epstein-Barr virus exploits host endocytic machinery for cell-to-cell viral transmission rather than a virological synapse.
Nanbo A, Kachi K, Yoshiyama H, Ohba Y
The Journal of general virology 97(11) 2989-3006 2016年11月
Receptor activator of NF-κB ligand induces cell adhesion and integrin α2 expression via NF-κB in head and neck cancers.
Yamada T, Tsuda M, Wagatsuma T, Fujioka Y, Fujioka M, Satoh AO, Horiuchi K, Nishide S, Nanbo A, Totsuka Y, Haga H, Tanaka S, Shindoh M, Ohba Y
Scientific reports 6 23545 2016年03月
Attenuation of ligand-induced activation of angiotensin II type 1 receptor signaling by the type 2 receptor via protein kinase C.
Inuzuka T, Fujioka Y, Tsuda M, Fujioka M, Satoh AO, Horiuchi K, Nishide S, Nanbo A, Tanaka S, Ohba Y
Scientific reports 6 21613 2016年02月
Discovery of an antibody for pan-ebolavirus therapy.
Furuyama W, Marzi A, Nanbo A, Haddock E, Maruyama J, Miyamoto H, Igarashi M, Yoshida R, Noyori O, Feldmann H, Takada A
Scientific reports 6 20514 2016年02月
エボラウイルス感染のバイオイメージング
南保 明日香
画像ラボ 53 53-58 2016年
Interaction between TIM-1 and NPC1 Is Important for Cellular Entry of Ebola Virus.
Kuroda M, Fujikura D, Nanbo A, Marzi A, Noyori O, Kajihara M, Maruyama J, Matsuno K, Miyamoto H, Yoshida R, Feldmann H, Takada A
Journal of virology 89(12) 6481-6493 2015年06月
エボラウイルス感染のバイオイメージング
南保 明日香
最新医学 70 982-987 2015年
論文を全て表示する
論文閉じる
Improved FRET Biosensor for the Measurement of BCR-ABL Activity in Chronic Myeloid Leukemia Cells.
Horiguchi M, Fujioka M, Kondo T, Fujioka Y, Li X, Horiuchi K, O Satoh A, Nepal P, Nishide S, Nanbo A, Teshima T, Ohba Y
Cell structure and function 42(1) 15-26 2017年02月
Inside the Cell: Assembly of Filoviruses.
Kolesnikova L, Nanbo A, Becker S, Kawaoka Y
Current topics in microbiology and immunology 411 353-380 2017年
Fcγ-receptor IIa-mediated Src Signaling Pathway Is Essential for the Antibody-Dependent Enhancement of Ebola Virus Infection.
Furuyama W, Marzi A, Carmody AB, Maruyama J, Kuroda M, Miyamoto H, Nanbo A, Manzoor R, Yoshida R, Igarashi M, Feldmann H, Takada A
PLoS pathogens 12(12) e1006139 2016年12月
Epstein-Barr virus exploits host endocytic machinery for cell-to-cell viral transmission rather than a virological synapse.
Nanbo A, Kachi K, Yoshiyama H, Ohba Y
The Journal of general virology 97(11) 2989-3006 2016年11月
Receptor activator of NF-κB ligand induces cell adhesion and integrin α2 expression via NF-κB in head and neck cancers.
Yamada T, Tsuda M, Wagatsuma T, Fujioka Y, Fujioka M, Satoh AO, Horiuchi K, Nishide S, Nanbo A, Totsuka Y, Haga H, Tanaka S, Shindoh M, Ohba Y
Scientific reports 6 23545 2016年03月
Attenuation of ligand-induced activation of angiotensin II type 1 receptor signaling by the type 2 receptor via protein kinase C.
Inuzuka T, Fujioka Y, Tsuda M, Fujioka M, Satoh AO, Horiuchi K, Nishide S, Nanbo A, Tanaka S, Ohba Y
Scientific reports 6 21613 2016年02月
Discovery of an antibody for pan-ebolavirus therapy.
Furuyama W, Marzi A, Nanbo A, Haddock E, Maruyama J, Miyamoto H, Igarashi M, Yoshida R, Noyori O, Feldmann H, Takada A
Scientific reports 6 20514 2016年02月
エボラウイルス感染のバイオイメージング
南保 明日香
画像ラボ 53 53-58 2016年
Interaction between TIM-1 and NPC1 Is Important for Cellular Entry of Ebola Virus.
Kuroda M, Fujikura D, Nanbo A, Marzi A, Noyori O, Kajihara M, Maruyama J, Matsuno K, Miyamoto H, Yoshida R, Feldmann H, Takada A
Journal of virology 89(12) 6481-6493 2015年06月
エボラウイルス感染のバイオイメージング
南保 明日香
最新医学 70 982-987 2015年
Fluorescent protein-based biosensors to visualize signal transduction beneath the plasma membrane.
Fujioka Y, Nanbo A, Nishide SY, Ohba Y
Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry 31(4) 267-274 2015年
Comprehensive RNA-seq analysis reveals contamination of multiple nasopharyngeal carcinoma cell lines with HeLa cell genomes.
Strong MJ, Baddoo M, Nanbo A, Xu M, Puetter A, Lin Z
Journal of virology 88(18) 10696-10704 2014年07月
Calcium signaling mediated influenza virus entry into host cells.
Fujioka Y, Tsuda M, Nanbo A, Hattori T, Sasaki J, Sasaki T, Miyazaki T, Ohba Y.
Molecular Biology of the Cell 25 2014年
Exosomes derived from Epstein-Barr virus-infected cells are internalized via caveola-dependent endocytosis and promote phenotypic modulation in target cells.
Nanbo A, Kawanishi E, Yoshida R, Yoshiyama H
Journal of virology 87(18) 10334-10347 2013年09月
A Ca(2+)-dependent signalling circuit regulates influenza A virus internalization and infection.
Fujioka Y, Tsuda M, Nanbo A, Hattori T, Sasaki J, Sasaki T, Miyazaki T, Ohba Y
Nature communications 4 2763 2013年
The spatio-temporal distribution dynamics of Ebola virus proteins and RNA in infected cells.
Nanbo A, Watanabe S, Halfmann P, Kawaoka Y
Scientific reports 3 1206 2013年
Epstein-Barr Virus (EBV)-associated Gastric Carcinoma.
Iizasa H, Nanbo A, Nishikawa J, Jinushi M, Yoshiyama H
Viruses 4 3420-3439 2012年12月
Roles of cell signaling pathways in cell-to-cell contact-mediated Epstein-Barr virus transmission.
Nanbo A, Terada H, Kachi K, Takada K, Matsuda T
Journal of virology 86(17) 9285-9296 2012年09月
Epstein-Barr Virus (EBV)-associated Gastric Carcinoma
Iizasa Hisashi, Nanbo Asuka, Nishikawa Jun, Jinushi Masahisa, Yoshiyama Hironori
Viruses-Basel 4(12) 3420-3439 2012年
Zipper-interacting protein kinase (ZIPK) modulates canonical Wnt/beta-catenin signaling through interaction with Nemo-like kinase and T-cell factor 4 (NLK/TCF4).
Togi S, Ikeda O, Kamitani S, Nakasuji M, Sekine Y, Muromoto R, Nanbo A, Oritani K, Kawai T, Akira S, Matsuda T
The Journal of biological chemistry 286(21) 19170-19177 2011年05月
Involvement of STAP-2 in Brk-mediated phosphorylation and activation of STAT5 in breast cancer cells.
Ikeda O, Mizushima A, Sekine Y, Yamamoto C, Muromoto R, Nanbo A, Oritani K, Yoshimura A, Matsuda T
Cancer science 102(4) 756-761 2011年04月
Functional involvement of Daxx in gp130-mediated cell growth and survival in BaF3 cells.
Muromoto R, Kuroda M, Togi S, Sekine Y, Nanbo A, Shimoda K, Oritani K, Matsuda T
European journal of immunology 40(12) 3570-3580 2010年12月
Interactions of STAP-2 with Brk and STAT3 participate in cell growth of human breast cancer cells.
Ikeda O, Sekine Y, Mizushima A, Nakasuji M, Miyasaka Y, Yamamoto C, Muromoto R, Nanbo A, Oritani K, Yoshimura A, Matsuda T
The Journal of biological chemistry 285(49) 38093-38103 2010年12月
Ebolavirus is internalized into host cells via macropinocytosis in a viral glycoprotein-dependent manner.
Nanbo A, Imai M, Watanabe S, Noda T, Takahashi K, Neumann G, Halfmann P, Kawaoka Y
PLoS pathogens 6(9) e1001121 2010年09月
BS69 cooperates with TRAF3 in the regulation of Epstein-Barr virus-derived LMP1/CTAR1-induced NF-kappaB activation.
Ikeda O, Miyasaka Y, Yoshida R, Mizushima A, Oritani K, Sekine Y, Kuroda M, Yasui T, Fujimuro M, Muromoto R, Nanbo A, Matsuda T
FEBS letters 584(5) 865-872 2010年03月
Signal-transducing adaptor protein-2 regulates stromal cell-derived factor-1 alpha-induced chemotaxis in T cells.
Sekine Y, Ikeda O, Tsuji S, Yamamoto C, Muromoto R, Nanbo A, Oritani K, Yoshimura A, Matsuda T
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 183(12) 7966-7974 2009年12月
The protein content of an adaptor protein, STAP-2 is controlled by E3 ubiquitin ligase Cbl.
Sekine Y, Yamamoto C, Ikeda O, Muromoto R, Nanbo A, Oritani K, Yoshimura A, Matsuda T
Biochemical and biophysical research communications 384(2) 187-192 2009年06月
STAP-2 is phosphorylated at tyrosine-250 by Brk and modulates Brk-mediated STAT3 activation.
Ikeda O, Miyasaka Y, Sekine Y, Mizushima A, Muromoto R, Nanbo A, Yoshimura A, Matsuda T
Biochemical and biophysical research communications 384(1) 71-75 2009年06月
Mutational Analysis of Conserved Amino Acids in the Influenza A Virus Nucleoprotein
LI Zejun, WATANABE Tokiko, HATTA Masato, WATANABE Shinji, NANBO Asuka, OZAWA Makoto, KAKUGAWA Satoshi, SHIMOJIMA Masayuki, YAMADA Shinya, NEUMANN Gabriele, KAWAOKA Yoshihiro, KAWAOKA Yoshihiro, KAWAOKA Yoshihiro
J Virol 83(9) 4153-4162 2009年05月
BS69 negatively regulates the canonical NF-kappaB activation induced by Epstein-Barr virus-derived LMP1.
Ikeda O, Sekine Y, Mizushima A, Oritani K, Yasui T, Fujimuro M, Muromoto R, Nanbo A, Matsuda T
FEBS letters 583(10) 1567-1574 2009年05月
The exon-junction complex proteins, Y14 and MAGOH regulate STAT3 activation
MUROMOTO Ryuta, TAIRA Naohisa, IKEDA Osamu, SHIGA Kaname, KAMITANI Shinya, TOGI Sumihito, KAWAKAMI Shiho, SEKINE Yuichi, NANBO Asuka, ORITANI Kenji, MATSUDA Tadashi
Biochem Biophys Res Commun 382(1) 63-68 2009年04月
HDAC3 influences phosphorylation of STAT3 at serine 727 by interacting with PP2A
TOGI Sumihito, KAMITANI Shinya, KAWAKAMI Shiho, IKEDA Osamu, MUROMOTO Ryuta, NANBO Asuka, MATSUDA Tadashi
Biochem Biophys Res Commun 379(2) 616-620 2009年02月
Silencing Mediator of Retinoic Acid and Thyroid Hormone Receptor Regulates Enhanced Activation of Signal Transducer and Activator of Transcription 3 by Epstein-Barr Virus-Derived Epstein-Barr Nuclear Antigen 2
IKEDA Osamu, TOGI Sumihito, KAMITANI Shinya, MUROMOTO Ryuta, SEKINE Yuichi, NANBO Asuka, FUJIMURO Masahiro, MATSUDA Tadashi
Biol Pharm Bull 32(7) 1283-1285 2009年
The coupling of synthesis and partitioning of EBV's plasmid replicon is revealed in live cells
NANBO Asuka, SUGDEN Arthur, SUGDEN Bill
EMBO J 26(19) 4252-4262 2007年10月
Epstein-Barr Virus-Encoded Poly(A)- RNA Confers Resistance to Apoptosis Mediated through Fas by Blocking the PKR Pathway in Human Epithelial Intestine 407 Cells
NANBO Asuka, YOSHIYAMA Hironori, TAKEDA Kenzo
J Virol 79(19) 12280-12285 2005年10月
The role of Epstein-Barr virus-encoded small RNAs (EBERs) in oncogenesis.
Nanbo A, Takada K
Reviews in medical virology 12(5) 321-326 2002年09月
Study on effects of p-phenylbenzoic acid on change of sulfation and glucuronidation in rats.
Nanbo A, Nanbo T
Biological & pharmaceutical bulletin 25(5) 686-689 2002年05月
Epstein-Barr virus RNA confers resistance to interferon-alpha-induced apoptosis in Burkitt's lymphoma.
Nanbo A, Inoue K, Adachi-Takasawa K, Takada K
The EMBO journal 21(5) 954-965 2002年03月
EBウイルスと細胞の癌化
南保明日香、高田賢蔵
組織培養工学 28 44-47 2002年
Mechanistic study on N-demethylation catalyzed with P450 by quantitative structure activity relationship using electronic properties of 4-substituted N,N-dimethylaniline
Nanbo A, Nanbo T
Quantitative Structure-Activity Relationships 21(6) 613-616 2002年
EBウイルスがコードする小RNA分子EBERと発がん
南保明日香、高田賢蔵
癌の臨床 47 1203-1210 2001年
The role of EBERs in oncogenesis
Takada K, Nanbo A
Seminars in Cancer Biology 11(6) 461-467 2001年
Bactericidal/permeability-increasing protein promotes complement activation for neutrophil-mediated phagocytosis on bacterial surface.
NISHIMURA H, GOGAMI A, MIYAGAWA Y, NANBO A, MURAKAMI Y, BABA T, NAGASAWA S
Immunology. 103(4) 519-525 2001年
Replacement of the Epstein-Barr virus plasmid with the EBER plasmid in Burkitt's lymphoma cells.
MARUO S, NANBO A, TAKADA K
J Virol. 75(20) 9977-9982 2001年
Lipopolysaccharide stimulates HepG2 human hepatoma cells in the presence of lipopolysaccharide-binding protein via CD14.
NANBO A, NISHIMURA H, MUTA T, NAGASAWA S
Eur J Biochem. 260(1) 183-191 1999年
Lipopolysaccharide binding protein from normal human plasma purified with high efficiency.
NANBO A, NISHIMURA H, NAGASAWA S
Protein Expr Purif. 10(1) 55-60 1997年

書籍

EBウイルス関連胃癌
南保 明日香
診断と治療社 2016年
EBウイルス(第3版)
南保 明日香
診断と治療社 2015年
微生物学実践問題」基礎と臨床をつなぐ 500題
南保 明日香
南江堂 2011年
EBウイルス(初版)
南保 明日香
診断と治療社 2003年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
EBウイルス関連胃癌
南保 明日香
診断と治療社 2016年
EBウイルス(第3版)
南保 明日香
診断と治療社 2015年
微生物学実践問題」基礎と臨床をつなぐ 500題
南保 明日香
南江堂 2011年
EBウイルス(初版)
南保 明日香
診断と治療社 2003年

講演・口頭発表等

EBVがコードする小RNA (EBER)によるアポトーシス抵抗性に関する研究:上皮細胞における検討
南保 明日香
第50回日本ウイルス学会学術集会 2002年10月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
EBVがコードする小RNA (EBER)によるアポトーシス抵抗性に関する研究:上皮細胞における検討
南保 明日香
第50回日本ウイルス学会学術集会 2002年10月 

特許

フィロウイルス感染阻害剤のスクリーニング法
高田礼人・南保明日香・ 黒田誠, 藤倉大輔
特願2014-210419
特許を全て表示する
特許閉じる
フィロウイルス感染阻害剤のスクリーニング法
高田礼人・南保明日香・ 黒田誠, 藤倉大輔
特願2014-210419

受賞

2015年07月
北海道大学 医学部エクセレントティーチャー(優秀賞) 
2014年06月
資生堂 資生堂女性研究者サイエンスグラント 
2014年06月
北海道大学女性研究者支援室 WinGS Global Networkin Award 
2013年07月
ソロプチミスト日本財団  女性研究者賞札幌ノイエクラブ賞 
2013年03月
北海道大学 平成24年度北海道大学教育総長賞 
2012年03月
北海道大学 平成23年度エクセレントティーチャーズ 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2015年07月
北海道大学 医学部エクセレントティーチャー(優秀賞) 
2014年06月
資生堂 資生堂女性研究者サイエンスグラント 
2014年06月
北海道大学女性研究者支援室 WinGS Global Networkin Award 
2013年07月
ソロプチミスト日本財団  女性研究者賞札幌ノイエクラブ賞 
2013年03月
北海道大学 平成24年度北海道大学教育総長賞 
2012年03月
北海道大学 平成23年度エクセレントティーチャーズ 

競争的資金等の研究課題

Epstein-Barrウイルス感染細胞が放出するエキソソームの機能解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 南保 明日香
エボラウイルスの宿主細胞への侵入に関与する宿主因子の網羅的同定
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 南保 明日香
エボラウイルスの宿主細胞への侵入機構の分子機構に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 南保 明日香
エボラウイルスの宿主細胞への侵入機構の分子機構に関する研究
文科省:科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 南保 明日香
EBウイルスのコードする小RNA分子EBERの生物活性に関与する分子内領域の同定
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2003年 - 2004年 代表者 : 南保 明日香
新規フィロウイルス感染阻害剤の探策
文部科学省:橋渡し研究加速ネットワークプログラムネットワーク構築事業シーズA
研究期間 : 2016年 代表者 : 高田礼人
エボラウイルスの細胞侵入を阻害する新規治療薬の開発
公益財団法人ノーステック財団:創出研究支援事業(スタートアップ研究補助金)
研究期間 : 2016年 代表者 : 須佐大樹
新規フィロウイルス感染阻害剤の探策
文部科学省:橋渡し研究加速ネットワークプログラムネットワーク構築事業シーズA
研究期間 : 2015年 代表者 : 高田礼人
Epstein-Barrウイルス関連リンパ腫におけるエキソソームの機能解析
公益財団法人先進医薬研究振興財団:一般研究助成
研究期間 : 2015年 代表者 : 南保 明日香
Epstein-Barrウイルス関連リンパ腫におけるエキソソームの機能解析
公益財団法人工藤学術財団:学術研究補助
研究期間 : 2015年 代表者 : 南保 明日香
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
Epstein-Barrウイルス感染細胞が放出するエキソソームの機能解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 南保 明日香
エボラウイルスの宿主細胞への侵入に関与する宿主因子の網羅的同定
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 南保 明日香
エボラウイルスの宿主細胞への侵入機構の分子機構に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 南保 明日香
エボラウイルスの宿主細胞への侵入機構の分子機構に関する研究
文科省:科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 南保 明日香
EBウイルスのコードする小RNA分子EBERの生物活性に関与する分子内領域の同定
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2003年 - 2004年 代表者 : 南保 明日香
新規フィロウイルス感染阻害剤の探策
文部科学省:橋渡し研究加速ネットワークプログラムネットワーク構築事業シーズA
研究期間 : 2016年 代表者 : 高田礼人
エボラウイルスの細胞侵入を阻害する新規治療薬の開発
公益財団法人ノーステック財団:創出研究支援事業(スタートアップ研究補助金)
研究期間 : 2016年 代表者 : 須佐大樹
新規フィロウイルス感染阻害剤の探策
文部科学省:橋渡し研究加速ネットワークプログラムネットワーク構築事業シーズA
研究期間 : 2015年 代表者 : 高田礼人
Epstein-Barrウイルス関連リンパ腫におけるエキソソームの機能解析
公益財団法人先進医薬研究振興財団:一般研究助成
研究期間 : 2015年 代表者 : 南保 明日香
Epstein-Barrウイルス関連リンパ腫におけるエキソソームの機能解析
公益財団法人工藤学術財団:学術研究補助
研究期間 : 2015年 代表者 : 南保 明日香
Epstein-Barrウイルス関連がん発症におけるエキソソームの機能解析
公益財団住友財団基礎科学研究助成
研究期間 : 2014年 代表者 : 南保 明日香
Epstein-Barrウイルス感染細胞が放出する細胞外小胞エキソソームの機能解析
第一三共生命科学研究振興財団:海外共同研究支援助成
研究期間 : 2014年 代表者 : 南保 明日香
ウイルス感染細胞が放出する細胞外小胞エキソソームの機能解析
公益財団法人秋山記念生命科学振興財団:秋山財団研究助成(一般)
研究期間 : 2014年 代表者 : 南保 明日香
ウイルス感染細胞が放出する細胞外小胞エキソソームの機能解析
資生堂:資生堂女性研究者サイエンスグラント
研究期間 : 2014年 代表者 : 南保 明日香
将来的なフィロウイルス制圧を目指した感染阻害薬の探索
北海道大学:北海道大学産学連携本部実証研究推進助成事業
研究期間 : 2014年 代表者 : 南保 明日香
Epstein-Barrウイルス感染細胞が放出する細胞外小胞エキソソームの機能解析
公益財団法人佐川がん研究振興財団
研究期間 : 2013年 代表者 : 南保 明日香
細胞間接触を介する上皮細胞へのEpstein-Barrウイルス伝播の分子基盤の解明
公益財団法人武田科学振興財団:医学系研究奨励(感染症)
研究期間 : 2013年 代表者 : 南保 明日香
細胞間接触を介するEpstein-Barrウイルスの上皮細胞への伝播機構に関する研究
公益財団法人薬学研究奨励財団 :海外派遣補助金
研究期間 : 2012年 代表者 : 南保 明日香
将来的なエボラウイルス制圧を目的とした抗エボラウイルス薬スクリーニング
公益財団法人持田記念医学薬学振興財団:研究助成金
研究期間 : 2011年 代表者 : 南保 明日香
エボラウイルスの宿主細胞への侵入に関与する宿主因子の網羅的同定
公益信託林女性自然科学者研究助成基金
研究期間 : 2011年 代表者 : 南保 明日香
宿主細胞へのエボラウイルス侵入の分子基盤の解明
公益財団法人寿原記念財団:研究助成金
研究期間 : 2011年 代表者 : 南保 明日香
エボラウイルス制圧を目的とした抗ウイルス薬スクリーニング法の開発
科学技術振興機構:地域イノベーション創出総合支援事業重点地域研究開発推進プログラム平成21年度「シーズ発掘試験」A(発掘型)
研究期間 : 2009年 代表者 : 南保 明日香
エボラウイルスの宿主細胞への侵入機構の分子機構に関する研究
公益財団法人秋山記念生命科学振興財団:秋山財団研究助成(奨励)
研究期間 : 2009年 代表者 : 南保 明日香
将来的なエボラウイルス制圧を目的とした抗エボラウイルス薬ハイスループットスクリーニング系の開発
公益財団法人第一三共生命科学研究振興財団
研究期間 : 2012年 代表者 : 南保 明日香
Epstein-Barrウイルス関連リンパ腫におけるエキソソームの機能解析
公益信託日本白血病研究基金:公益信託日本白血病研究基金研究助成金
研究期間 : 2014年 代表者 : 南保 明日香

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 手術治療、腫瘍外科、生体侵襲
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞生理、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞生理、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 手術治療、腫瘍外科、生体侵襲
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞生理、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞生理、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 呼吸、循環、血液、体液・電解質調節、腎機能、内分泌、環境、代謝・消化吸収
生理学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 呼吸、循環、血液、体液・電解質調節、腎機能、内分泌、環境、代謝・消化吸収
生理学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
生理学Ⅰ(内分泌,消化,血液)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
生理学Ⅱ(呼吸・循環,腎臓,体液)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
生理学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 循環、血液、呼吸、筋電図、心電図、脳波
生理学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
蛍光イメージング入門
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 蛍光バイオイメージング、蛍光顕微鏡、画像解析
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞生理、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞生理、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 循環、血液、呼吸、筋電図、心電図、脳波
生理学Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 呼吸、循環、血液、体液・電解質調節、腎機能、内分泌、環境、代謝・消化吸収
生理学Ⅰ(内分泌,消化,血液)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
生理学Ⅱ(呼吸・循環,腎臓,体液)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
生理学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 循環、血液、呼吸、筋電図、心電図、脳波
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医薬ゲノム機能学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
生命科学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
生命科学研究
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
生命科学論文講読Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
生命科学論文講読Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
臨床生化学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 薬学部
キーワード : 疾患 健康 生化学 臨床検査値

社会貢献

委員歴

2017年
-
現在
ヘルペスウイルス 研究会 理事
2015年
-
現在
Frontiers in Microbiology誌 Review editor
2014年
-
現在
北海道医学会 評議員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2017年
-
現在
ヘルペスウイルス 研究会 理事
2015年
-
現在
Frontiers in Microbiology誌 Review editor
2014年
-
現在
北海道医学会 評議員

ページトップへ