松尾 和哉マツオ カズヤresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
電子科学研究所 物質科学研究部門
職名助教 
学位
博士(工学)(京都大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://tamaoki.es.hokudai.ac.jp/
科研費研究者番号

研究キーワード

フォトクロミズム, 分子機械, 生物有機化学, ケミカルバイオロジー

研究分野

複合化学 / 生体関連化学
生体分子科学 / ケミカルバイオロジー
生体分子科学 / 生物分子化学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
複合化学 / 生体関連化学
生体分子科学 / ケミカルバイオロジー
生体分子科学 / 生物分子化学

職歴

2015年06月
-
現在
北海道大学(助教)
2014年06月
-
2015年05月
スクリプス研究所(博士研究員)
2014年04月
-
2014年05月
京都大学大学院(博士研究員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2015年06月
-
現在
北海道大学(助教)
2014年06月
-
2015年05月
スクリプス研究所(博士研究員)
2014年04月
-
2014年05月
京都大学大学院(博士研究員)

学歴

2010年04月
-
2014年03月
京都大学大学院 工学研究科 合成・生物化学専攻
2008年04月
-
2010年03月
名古屋市立大学大学院 薬学研究科
2004年04月
-
2008年03月
名古屋市立大学 薬学部 薬学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
2010年04月
-
2014年03月
京都大学大学院 工学研究科 合成・生物化学専攻
2008年04月
-
2010年03月
名古屋市立大学大学院 薬学研究科
2004年04月
-
2008年03月
名古屋市立大学 薬学部 薬学科

所属学協会

日本化学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本化学会

研究活動

論文

One-step construction of caged carbonic anhydrase I using a ligand-directed acyl imidazole-based protein labeling method
Kazuya Matsuo, Yoshiyuki Kioi, Ryosuke Yasui, Yousuke Takaoka, Takayuki Miki, Shohei Fujishima, Itaru Hamachi
Chem. Sci. 4 2573-2580 2013年
Specific Detection and Imaging of Enzyme Activity by Signal Amplifiable Self-Assembling 19F-MRI Probes
Kazuya Matsuo, Rui Kamada, Keigo Mizusawa, Hirohiko Imai, Yuki Takayama, Michiko Narazaki, Tetsuya Matsuda, Yousuke Takaoka, Itaru Hamachi
Chem. Eur. J. 19 12875-12883 2013年
Disassembly-driven Turn-on Sensing of Enzyme Activity by using Substrate-based Fluorescent Nanoprobe
Yousuke Takaoka, Yoshiaki Fukuyama, Kazuya Matsuo, Itaru Hamachi
Chem. Lett 42 1426-1428 2013年
Piloty’s acid derivative with improved nitroxyl-releasing characteristics
Kazuyuki Aizawa, Hidehiko Nakagawa, Kazuya Matsuo, Kodai Kawai, Naoya Ieda, Takayoshi Suzuki, Naoki Miyata.
Bioorg. Med. Chem. Lett. 23 2340-2343 2013年
Photoinduced Upregulation of Calcitonin Gene-Related Peptide in A549 Cells through HNO Release from a Hydrophilic Photocontrollable HNO Donor
Kazuya Matsuo, Hidehiko Nakagawa, Yusuke Adachi, Eri Kameda, Kazuyuki Aizawa, Hiroki Tsumoto, Takayoshi Suzuki, Naoki Miyata
Chem. Pharm. Bull.  60 1055-1062 2012年
Systematic Study of Protein Detection Mechanism of Self-Assembling 19F NMR/MRI Nanoprobes toward Rational Design and Improved Sensitivity
Yousuke Takaoka, Keishi Kiminami, Keigo Mizusawa, Kazuya Matsuo, Michiko Narazaki, Tetsuya Matsuda, Itaru Hamachi
J. Am. Chem. Soc. 60 11725-11731 2011年
Alternative photoinduced release of HNO or NO from an acyl nitroso compound, depending on environmental polarity
Kazuya Matsuo, Hidehiko Nakagawa, Yusuke Adachi, Eri Kameda, Hiroki Tsumoto, Takayoshi Suzuki, Naoki Miyata
Chem. Commun. 46 3788-3790 2010年
Photoactivatable HNO-releasing compounds using the retro-Diels–Alder reaction
Yusuke Adachi, Hidehiko Nakagawa, Kazuya Matsuo, Takayoshi Suzuki, Naoki Miyata
Chem. Commun.   5149-5151 2008年
論文を全て表示する
論文閉じる
One-step construction of caged carbonic anhydrase I using a ligand-directed acyl imidazole-based protein labeling method
Kazuya Matsuo, Yoshiyuki Kioi, Ryosuke Yasui, Yousuke Takaoka, Takayuki Miki, Shohei Fujishima, Itaru Hamachi
Chem. Sci. 4 2573-2580 2013年
Specific Detection and Imaging of Enzyme Activity by Signal Amplifiable Self-Assembling 19F-MRI Probes
Kazuya Matsuo, Rui Kamada, Keigo Mizusawa, Hirohiko Imai, Yuki Takayama, Michiko Narazaki, Tetsuya Matsuda, Yousuke Takaoka, Itaru Hamachi
Chem. Eur. J. 19 12875-12883 2013年
Disassembly-driven Turn-on Sensing of Enzyme Activity by using Substrate-based Fluorescent Nanoprobe
Yousuke Takaoka, Yoshiaki Fukuyama, Kazuya Matsuo, Itaru Hamachi
Chem. Lett 42 1426-1428 2013年
Piloty’s acid derivative with improved nitroxyl-releasing characteristics
Kazuyuki Aizawa, Hidehiko Nakagawa, Kazuya Matsuo, Kodai Kawai, Naoya Ieda, Takayoshi Suzuki, Naoki Miyata.
Bioorg. Med. Chem. Lett. 23 2340-2343 2013年
Photoinduced Upregulation of Calcitonin Gene-Related Peptide in A549 Cells through HNO Release from a Hydrophilic Photocontrollable HNO Donor
Kazuya Matsuo, Hidehiko Nakagawa, Yusuke Adachi, Eri Kameda, Kazuyuki Aizawa, Hiroki Tsumoto, Takayoshi Suzuki, Naoki Miyata
Chem. Pharm. Bull.  60 1055-1062 2012年
Systematic Study of Protein Detection Mechanism of Self-Assembling 19F NMR/MRI Nanoprobes toward Rational Design and Improved Sensitivity
Yousuke Takaoka, Keishi Kiminami, Keigo Mizusawa, Kazuya Matsuo, Michiko Narazaki, Tetsuya Matsuda, Itaru Hamachi
J. Am. Chem. Soc. 60 11725-11731 2011年
Alternative photoinduced release of HNO or NO from an acyl nitroso compound, depending on environmental polarity
Kazuya Matsuo, Hidehiko Nakagawa, Yusuke Adachi, Eri Kameda, Hiroki Tsumoto, Takayoshi Suzuki, Naoki Miyata
Chem. Commun. 46 3788-3790 2010年
Photoactivatable HNO-releasing compounds using the retro-Diels–Alder reaction
Yusuke Adachi, Hidehiko Nakagawa, Kazuya Matsuo, Takayoshi Suzuki, Naoki Miyata
Chem. Commun.   5149-5151 2008年

書籍

生細胞でのタンパク質選択的なケミカルラベリングの新手法
松尾 和哉、浜地 格
生化学 2011年
Ligand-directed tosyl/acyl imidazole chemistry
Kazuya Matsuo, Itaru Hamachi
書籍を全て表示する
書籍閉じる
生細胞でのタンパク質選択的なケミカルラベリングの新手法
松尾 和哉、浜地 格
生化学 2011年
Ligand-directed tosyl/acyl imidazole chemistry
Kazuya Matsuo, Itaru Hamachi

講演・口頭発表等

リガンド指向型化学の新展開(1) : N-Sulfonyl Pyridone化学による細胞内タンパク質の特異的スルホニル化

松尾和哉、増田真理恵、浜地格
日本化学会第94春季年会 2014年00月 
革新的ケミカルプローブによるバイオセンシング(1):自己会合性ナノプローブによる酵素活性Turn-Onイメージング
松尾和哉、福山嘉晃、鎌田瑠泉、水澤圭吾、今井宏彦、高山裕生、楢崎美智子、松田哲也、高岡洋輔、浜地格
日本化学会第93春季年会 2013年00月 
自己会合型プローブ(1):19F MRIプローブのタンパク質応答機構と高感度化
松尾和哉、高岡洋輔、木南啓司、水澤圭吾、楢崎美智子、松田哲也、浜地格
日本化学会第92春季年会 2012年00月 
自己会合型分子プローブ(2) 19F NMR/MRIオフオンプローブの酵素系への応用
松尾和哉、高岡洋輔、湊大志郎、築地真也、浜地格
日本化学会第91春季年会 2011年00月 
放出制御型HNOドナーの開発
松尾和哉、中川秀彦、安達祐介、津元裕樹、鈴木孝禎、宮田直樹
日本薬学会 第130年会 2010年00月 
水溶性光応答性HNO放出試薬の開発とその反応性
松尾和哉、中川秀彦、安達祐介、津元裕樹、鈴木孝禎、宮田直樹
第62回 日本酸化ストレス学会学術集会 2009年00月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
リガンド指向型化学の新展開(1) : N-Sulfonyl Pyridone化学による細胞内タンパク質の特異的スルホニル化

松尾和哉、増田真理恵、浜地格
日本化学会第94春季年会 2014年00月 
革新的ケミカルプローブによるバイオセンシング(1):自己会合性ナノプローブによる酵素活性Turn-Onイメージング
松尾和哉、福山嘉晃、鎌田瑠泉、水澤圭吾、今井宏彦、高山裕生、楢崎美智子、松田哲也、高岡洋輔、浜地格
日本化学会第93春季年会 2013年00月 
自己会合型プローブ(1):19F MRIプローブのタンパク質応答機構と高感度化
松尾和哉、高岡洋輔、木南啓司、水澤圭吾、楢崎美智子、松田哲也、浜地格
日本化学会第92春季年会 2012年00月 
自己会合型分子プローブ(2) 19F NMR/MRIオフオンプローブの酵素系への応用
松尾和哉、高岡洋輔、湊大志郎、築地真也、浜地格
日本化学会第91春季年会 2011年00月 
放出制御型HNOドナーの開発
松尾和哉、中川秀彦、安達祐介、津元裕樹、鈴木孝禎、宮田直樹
日本薬学会 第130年会 2010年00月 
水溶性光応答性HNO放出試薬の開発とその反応性
松尾和哉、中川秀彦、安達祐介、津元裕樹、鈴木孝禎、宮田直樹
第62回 日本酸化ストレス学会学術集会 2009年00月 

特許

アシルニトロソ誘導体環化付加アントラセン誘導体および光作動型HNO供与体
宮田直樹、中川秀彦、鈴木孝禎、松尾和哉
特願2008-284899
特許を全て表示する
特許閉じる
アシルニトロソ誘導体環化付加アントラセン誘導体および光作動型HNO供与体
宮田直樹、中川秀彦、鈴木孝禎、松尾和哉
特願2008-284899

受賞

2013年03月
日本化学会 第93回日本化学会春季年会 学生講演賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2013年03月
日本化学会 第93回日本化学会春季年会 学生講演賞 

ページトップへ