神谷 温之カミヤ ハルユキresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  連携医学系部門医生物学分野
脳科学研究教育センター
職名教授 
学位
博士(医学)(金沢大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://neurobiology.html.xdomain.jp/
科研費研究者番号

研究キーワード

軸索, シナプス, 海馬, グルタミン酸, 可塑性

研究分野

神経科学 / 神経生理学・神経科学一般
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
神経科学 / 神経生理学・神経科学一般

職歴

2004年
-
現在
北海道大学 医学研究科/研究院(教授)
2000年
-
2004年
神戸大学 医学系研究科(助教授)
1996年
-
2000年
群馬大学 医学部(講師)
1994年
-
1996年
金沢大学 医学部(講師)
1987年
-
1994年
金沢大学 医学部(助手)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2004年
-
現在
北海道大学 医学研究科/研究院(教授)
2000年
-
2004年
神戸大学 医学系研究科(助教授)
1996年
-
2000年
群馬大学 医学部(講師)
1994年
-
1996年
金沢大学 医学部(講師)
1987年
-
1994年
金沢大学 医学部(助手)

所属学協会

日本生理学会
日本神経科学学会
米国神経科学学会
日本解剖学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本生理学会
日本神経科学学会
米国神経科学学会
日本解剖学会

研究活動

論文

Synapse-specific effects of IL-1β on long-term potentiation in the mouse hippocampus.
Hoshino K, Hasegawa K, Kamiya H, Morimoto Y
Biomedical research (Tokyo, Japan) 38(3) 183-188 2017年
PSD-95 regulates synaptic kainate receptors at mouse hippocampal mossy fiber-CA3 synapses.
Suzuki E, Kamiya H
Neuroscience research 107 14-19 2016年06月
Excitability tuning of axons in the central nervous system.
Ohura S, Kamiya H
The journal of physiological sciences : JPS 66(3) 189-196 2016年05月
Voltage-gated calcium and sodium channels mediate Sema3A retrograde signaling that regulates dendritic development.
Yamashita N, Aoki R, Chen S, Jitsuki-Takahashi A, Ohura S, Kamiya H, Goshima Y
Brain research 1631 127-136 2016年01月
Serotonergic modulation of inhibitory synaptic transmission in mouse inferior colliculus.
Obara N, Kamiya H, Fukuda S
Biomedical research (Tokyo, Japan) 35(1) 81-84 2014年02月
Photochemical approach for analysis of AMPA receptor dynamics
Kamiya Haruyuki
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES 63 S38 2013年
Photochemical inactivation analysis of temporal dynamics of postsynaptic native AMPA receptors in hippocampal slices.
Kamiya H
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 32(19) 6517-6524 2012年05月
Assessing the roles of presynaptic ryanodine receptors and adenosine receptors in caffeine-induced enhancement of hippocampal mossy fiber transmission.
Sato I, Kamiya H
Neuroscience research 71(2) 183-187 2011年10月
Observation of hippocampal mossy fiber axons and terminals by single-terminal electroporation of fluorescent dye
Kamiya Haruyuki
NEUROSCIENCE RESEARCH 71 E322 2011年
Heterosynaptic enhancement of the excitability of hippocampal mossy fibers by long-range spill-over of glutamate.
Uchida T, Fukuda S, Kamiya H
Hippocampus 22(2) 222-229 2010年11月
論文を全て表示する
論文閉じる
Synapse-specific effects of IL-1β on long-term potentiation in the mouse hippocampus.
Hoshino K, Hasegawa K, Kamiya H, Morimoto Y
Biomedical research (Tokyo, Japan) 38(3) 183-188 2017年
PSD-95 regulates synaptic kainate receptors at mouse hippocampal mossy fiber-CA3 synapses.
Suzuki E, Kamiya H
Neuroscience research 107 14-19 2016年06月
Excitability tuning of axons in the central nervous system.
Ohura S, Kamiya H
The journal of physiological sciences : JPS 66(3) 189-196 2016年05月
Voltage-gated calcium and sodium channels mediate Sema3A retrograde signaling that regulates dendritic development.
Yamashita N, Aoki R, Chen S, Jitsuki-Takahashi A, Ohura S, Kamiya H, Goshima Y
Brain research 1631 127-136 2016年01月
Serotonergic modulation of inhibitory synaptic transmission in mouse inferior colliculus.
Obara N, Kamiya H, Fukuda S
Biomedical research (Tokyo, Japan) 35(1) 81-84 2014年02月
Photochemical approach for analysis of AMPA receptor dynamics
Kamiya Haruyuki
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES 63 S38 2013年
Photochemical inactivation analysis of temporal dynamics of postsynaptic native AMPA receptors in hippocampal slices.
Kamiya H
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 32(19) 6517-6524 2012年05月
Assessing the roles of presynaptic ryanodine receptors and adenosine receptors in caffeine-induced enhancement of hippocampal mossy fiber transmission.
Sato I, Kamiya H
Neuroscience research 71(2) 183-187 2011年10月
Observation of hippocampal mossy fiber axons and terminals by single-terminal electroporation of fluorescent dye
Kamiya Haruyuki
NEUROSCIENCE RESEARCH 71 E322 2011年
Heterosynaptic enhancement of the excitability of hippocampal mossy fibers by long-range spill-over of glutamate.
Uchida T, Fukuda S, Kamiya H
Hippocampus 22(2) 222-229 2010年11月
Irreversible photoinactivation of AMPA receptors in hippocampal slice
Kamiya Haruyuki
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES 60 S84 2010年
NMDA receptor GluN2B (GluR epsilon 2/NR2B) subunit is crucial for channel function, postsynaptic macromolecular organization, and actin cytoskeleton at hippocampal CA3 synapses.
Akashi K, Kakizaki T, Kamiya H, Fukaya M, Yamasaki M, Abe M, Natsume R, Watanabe M, Sakimura K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 29(35) 10869-10882 2009年09月
TETANIC STIMULATION OF COMMISSURAL ASSOCIATIONAL SYNAPSES MODULATES THE EXCITABILITY OF HIPPOCAMPAL MOSSY FIBERS
Uchida Takeshi, Fukuda Satoshi, Kamiya Haruyuki
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES 59 233 2009年
GluR epsilon 2 subunit is crucial for NMDA receptor activity and regulation of postsynaptic macromolecular organization
Akashi Kaori, Kakizaki Toshikazu, Kamiya Haruyuki, Fukaya Masahiro, Yamasaki Miwako, Abe Manabu, Watanabe Masahiko, Sakimura Kenji
NEUROSCIENCE RESEARCH 65 S139-S140 2009年
CAFFEINE-INDUCED MODULATION OF ACTION POTENTIAL WAVEFORM AT THE HIPPOCAMPAL MOSSY FIBER AXONS
Yaginuma Masataka, Kamiya Haruyuki
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES 59 145 2009年
BUMETANIDE-SENSITIVE AND -INSENSITIVE ACTIONS OF GABA(A) RECEPTORS ON THE EXCITABILITY OF THE HIPPOCAMPAL MOSSY FIBERS
Kamiya Haruyuki
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES 59 236 2009年
Caffeine-induced synaptic enhancement under blockade of adenosine A1 receptors at the hippocampal mossy fiber synapse
Sato Ikuma, Kamiya Haruyuki
NEUROSCIENCE RESEARCH 65 S143-S144 2009年
COMMON SIGNALING MECHANISMS FOR LONG-TERM POTENTIATION AND DOPAMINE-INDUCED SYNAPTIC ENHANCEMENT AT THE HIPPOCAMPAL MOSSY FIBER SYNAPSES
Obara Nobuyuki, Fukuda Satoshi, Kamiya Haruyuki
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES 59 137 2009年
Reply to Scott and Rusakov: Roles of presynaptic Ca2+ store at the hippocampal mossy fiber synapse
Kamiya Haruyuki
PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 105(45) E81 2008年11月
Use-dependent amplification of presynaptic Ca2+ signaling by axonal ryanodine receptors at the hippocampal mossy fiber synapse.
Shimizu H, Fukaya M, Yamasaki M, Watanabe M, Manabe T, Kamiya H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 105(33) 11998-12003 2008年08月
Evidence against GABA release from glutamatergic mossy fiber terminals in the developing hippocampus.
Uchigashima M, Fukaya M, Watanabe M, Kamiya H
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 27(30) 8088-8100 2007年07月
Interactions between plexin-A2, plexin-A4, and semaphorin 6A control lamina-restricted projection of hippocampal mossy fibers.
Suto F, Tsuboi M, Kamiya H, Mizuno H, Kiyama Y, Komai S, Shimizu M, Sanbo M, Yagi T, Hiromi Y, Chédotal A, Mitchell KJ, Manabe T, Fujisawa H
Neuron 53(4) 535-547 2007年02月
Calcium store and presynaptic plasticity in the hippocampus
Kamiya Haruyuki
NEUROSCIENCE RESEARCH 58 S13 2007年
Abundant distribution of TARP gamma-8 in synaptic and extrasynaptic surface of hippocampal neurons and its major role in AMPA receptor expression on spines and dendrites.
Fukaya M, Tsujita M, Yamazaki M, Kushiya E, Abe M, Akashi K, Natsume R, Kano M, Kamiya H, Watanabe M, Sakimura K
The European journal of neuroscience 24(8) 2177-2190 2006年10月
Rab3 GTPase-activating protein regulates synaptic transmission and plasticity through the inactivation of Rab3.
Sakane A, Manabe S, Ishizaki H, Tanaka-Okamoto M, Kiyokage E, Toida K, Yoshida T, Miyoshi J, Kamiya H, Takai Y, Sasaki T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 103(26) 10029-10034 2006年06月
Localization of diacylglycerol lipase-alpha around postsynaptic spine suggests close proximity between production site of an endocannabinoid, 2-arachidonoyl-glycerol, and presynaptic cannabinoid CB1 receptor.
Yoshida T, Fukaya M, Uchigashima M, Miura E, Kamiya H, Kano M, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 26(18) 4740-4751 2006年05月
Spine targeting of endocannabinoid synthesizing enzyme, diacylglycerol lipase-alpha in the cerebllum and hippocampus
Yoshida Takayuki, Fukaya Masahiro, Uchigashima Motokazu, Miura Eriko, Kamiya Haruyuki, Kano Masanobu, Watanabe Masahiko
NEUROSCIENCE RESEARCH 55 S77 2006年
Distribution of TARP Gamma-8 on hippocampal neurons and its key role in synaptic and extrasynaptic expression for AMPA receptors
Fukaya Masahiro, Tsujita Mika, Yamazaki Maya, Kushiya Etsuko, Abe Manabu, Akashi Kaori, Kano Masanobu, Kamiya Haruyuki, Sakimura Kenji, Watanabe Masahiko
NEUROSCIENCE RESEARCH 55 S172 2006年
Defective function of GABA-containing synaptic vesicles in mice lacking the AP-3B clathrin adaptor.
Nakatsu F, Okada M, Mori F, Kumazawa N, Iwasa H, Zhu G, Kasagi Y, Kamiya H, Harada A, Nishimura K, Takeuchi A, Miyazaki T, Watanabe M, Yuasa S, Manabe T, Wakabayashi K, Kaneko S, Saito T, Ohno H
The Journal of cell biology 167(2) 293-302 2004年10月
Specification of the retinal fate of mouse embryonic stem cells by ectopic expression of Rx/rax, a homeobox gene.
Tabata Y, Ouchi Y, Kamiya H, Manabe T, Arai K, Watanabe S
Molecular and cellular biology 24(10) 4513-4521 2004年05月
Presynaptic Ca2+ entry is unchanged during hippocampal mossy fiber long-term potentiation.
Kamiya H, Umeda K, Ozawa S, Manabe T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 22(24) 10524-10528 2002年12月
Kainate receptor-dependent short-term plasticity of presynaptic Ca2+ influx at the hippocampal mossy fiber synapses.
Kamiya H, Ozawa S, Manabe T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 22(21) 9237-9243 2002年11月
Kainate receptor-dependent presynaptic modulation and plasticity.
Kamiya H
Neuroscience research 42(1) 1-6 2002年01月

講演・口頭発表等

海馬苔状線維における活動電位の二発刺激抑圧に関するシミュレーション解析
神谷温之
日本生理学雑誌(Web) 2017年05月 
海馬における軸索スパイクのアナログ制御
大浦 峻介・神谷 温之
第94回日本生理学会大会シンポジウム 2017年03月 
海馬苔状線維の単一軸索終末からの活動電位記録
神谷温之, 大浦峻介
日本生理学雑誌(Web) 2016年07月 
カイニン酸受容体による海馬苔状線維の興奮性制御
神谷 温之
第93回日本生理学会大会シンポジウム 2016年03月 
軸索興奮性と活動電位伝播の調節
神谷 温之
第38回日本神経科学学会大会ミニシンポジウム 2015年07月 
軸索の神経生物学:膜興奮と伝播
神谷 温之
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会・第92回日本生理学会大会合同大会合同教育プログラム 教育講演 2015年03月 
海馬苔状線維軸索興奮性の局所制御
神谷 温之
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会・第92回日本生理学会大会合同大会シンポジウム 2015年03月 
グルタミン酸受容体の時空間制御におけるシナプス後肥厚の役割
鈴木 江津子・神谷 温之
第91回日本生理学会大会シンポジウム 2014年03月 
海馬CA1野におけるアセチルコリン作動性緩徐シナプス応答のスライスパッチクランプ解析
鈴木江津子, 神谷温之
日本生理学雑誌 2014年03月 
AMPA受容体トラフィック研究の新展開 AMPA受容体ダイナミクスの光化学的解析
神谷 温之
日本生理学雑誌 2014年01月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
海馬苔状線維における活動電位の二発刺激抑圧に関するシミュレーション解析
神谷温之
日本生理学雑誌(Web) 2017年05月 
海馬における軸索スパイクのアナログ制御
大浦 峻介・神谷 温之
第94回日本生理学会大会シンポジウム 2017年03月 
海馬苔状線維の単一軸索終末からの活動電位記録
神谷温之, 大浦峻介
日本生理学雑誌(Web) 2016年07月 
カイニン酸受容体による海馬苔状線維の興奮性制御
神谷 温之
第93回日本生理学会大会シンポジウム 2016年03月 
軸索興奮性と活動電位伝播の調節
神谷 温之
第38回日本神経科学学会大会ミニシンポジウム 2015年07月 
軸索の神経生物学:膜興奮と伝播
神谷 温之
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会・第92回日本生理学会大会合同大会合同教育プログラム 教育講演 2015年03月 
海馬苔状線維軸索興奮性の局所制御
神谷 温之
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会・第92回日本生理学会大会合同大会シンポジウム 2015年03月 
グルタミン酸受容体の時空間制御におけるシナプス後肥厚の役割
鈴木 江津子・神谷 温之
第91回日本生理学会大会シンポジウム 2014年03月 
海馬CA1野におけるアセチルコリン作動性緩徐シナプス応答のスライスパッチクランプ解析
鈴木江津子, 神谷温之
日本生理学雑誌 2014年03月 
AMPA受容体トラフィック研究の新展開 AMPA受容体ダイナミクスの光化学的解析
神谷 温之
日本生理学雑誌 2014年01月 
海馬スライスにおける内在性AMPA受容体動態の光化学的不活化解析
神谷 温之
北海道醫學雜誌 = Acta medica Hokkaidonensia 2013年09月 
光反応性ブロッカーを用いたAMPA受容体シナプス移行のホールセルクランプ解析
神谷温之
日本生理学雑誌 2013年07月 
AMPA受容体ダイナミクスの光化学的解析
神谷 温之
第90回日本生理学会大会シンポジウム 2013年03月 
ケミカルニューロバイオロジー : 新たな分子ツールによる神経研究の新戦略 (S37)
神谷 温之, 尾藤 晴彦
日本生理学雜誌 2013年03月 
ケミカルニューロバイオロジー 新たな分子ツールによる神経研究の新戦略 光反応性グルタミン酸ブロッカーを用いたグルタミン酸受容体動態のシナプス「その場」解析
神谷 温之
日本生理学雑誌 2013年03月 
光反応性ブロッカーを用いたグルタミン酸受容体動態のシナプス「その場」解析
神谷 温之
第89回日本生理学会大会シンポジウム 2012年03月 
カフェインの海馬苔状線維シナプス伝達増強作用におけるシナプス前リアノジン受容体とアデノシン受容体の役割
佐藤行真, 神谷温之
日本生理学雑誌 2011年12月 
海馬CA1野シナプスにおけるAMPA受容体動態のその場解析
神谷温之
日本生理学雑誌 2010年12月 
海馬苔状線維興奮性の異シナプス間調節
打田武史, 福田諭, 神谷温之
日本生理学雑誌 2009年12月 
シナプス前リアノジン受容体による海馬苔状線維シナプス可塑性の増幅機構
神谷温之
日本生理学雑誌 2007年11月 
グルタミン酸・GABA共放出仮説の再検討
神谷温之
日本生理学雑誌 2007年06月 
海馬苔状線維シナプスにおけるGABA放出仮説の再検討
神谷 温之
日本生理学会大会発表要旨集 2006年00月 
Rab3 GAPによるシナプス伝達と可塑性の制御
坂根亜由子, 真鍋進治, 石崎宏好, 岡本三紀, 吉田隆行, 三好淳, 神谷温之, 高井義美, 佐々木卓也
日本分子生物学会年会講演要旨集 2005年11月 
転写因子RX/raxの発現によるマウスES細胞の網膜亜集団への分化(Retinal fate specification of mouse embryonic stem cells by ectopic expression of Rx/rax,a homeobox gene)
渡辺 すみ子, 田畑 陽子, 大内 靖夫, 神谷 温之, 真鍋 俊也, 新井 賢一
神経化学 2004年08月 
カイニン酸受容体を介するシナプス伝達・可塑性調節
神谷 温之
日本生理学会大会発表要旨集 2004年00月 
シナプス前カイニン酸受容体を介する海馬苔状線維の後脱分極応答
神谷温之, 真鍋俊也
日本生理学雑誌 2002年10月 
γ1サブユニット欠損マウスを用いたカイニン酸型グルタミン酸受容体の機能解析
明石肇, 柿崎利和, 阿部学, 夏目里恵, 神谷温之, 深谷昌弘, 渡辺雅彦, 崎村建司
生化学 2002年08月 
神経系特異的AP‐3B複合体・μ3B遺伝子欠損マウスの作成・解析
中津史, 岡田元宏, 神谷温之, 原田彰宏, 若林孝一, 笠置泰史, 湯浅茂樹, 斉藤隆, 大野博司
日本神経科学大会プログラム・抄録集 2002年07月 
forskolinによるマウス海馬苔状線維の興奮性の増強
梅田和昌, 神谷温之, 清原寿一, 真鍋俊也
日本生理学雑誌 2002年04月 
神経系特異的AP‐3B複合体・μ3B遺伝子欠損マウスの作成・解析
中津史, 湯浅茂樹, 岩佐博人, 神谷温之, 真鍋俊也, 斉藤隆, 大野博司
日本細胞生物学会大会講演要旨集 2001年00月 
海馬苔状線維終末におけるカルシウム流入の促通
神谷温之, 小沢瀞司
日本神経科学大会プログラム・抄録集 2000年09月 
海馬シナプス前終末の可塑性メカニズムに関する研究
神谷温之
日本生理学雜誌 2000年04月 
Rab GDIα欠損マウスの表現型解析 Rab GDIαの神経伝達物質放出に対する抑制作用
石橋宏好, 三好淳, 戸川温, 田中三紀, 神谷温之, 小沢瀞司, 阪口岳, 佐々木卓也, 高井義美
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1999年11月 

受賞

1999年
日本生理学会 奨励賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
1999年
日本生理学会 奨励賞 

競争的資金等の研究課題

軸索のサブセルラー機能解析システムと最適化モデルの構築
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2016年 - 2018年 代表者 : 神谷 温之
術後認知機能障害の機序ー神経炎症からの検討ー
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C) )
研究期間 : 2013年 - 2016年 代表者 : 森本 裕二
単一神経終末エレクトロポレーションによるシナプス前ギャップ結合の機能解析
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 神谷 温之
グルタミン酸受容体トラフィックにおけるシナプス後肥厚の動的役割
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2012年 - 2014年 代表者 : 神谷温之
光学的シナプス不活化法による脳内局所神経回路の機能探索
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 神谷温之
海馬シナプス前カルシウムストアの細胞分子基盤に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 神谷温之
シナプス前クロライド濃度勾配の発生機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 神谷温之
海馬苔状線維シナプスにおけるグルタミン酸・GABA共放出仮説の検討
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2005年 - 2007年
海馬シナプスにおける神経活動依存的な伝達物質スイッチング
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年
光不活化法によるグルタミン酸受容体トラフィックのリアルタイム解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
軸索のサブセルラー機能解析システムと最適化モデルの構築
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2016年 - 2018年 代表者 : 神谷 温之
術後認知機能障害の機序ー神経炎症からの検討ー
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C) )
研究期間 : 2013年 - 2016年 代表者 : 森本 裕二
単一神経終末エレクトロポレーションによるシナプス前ギャップ結合の機能解析
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 神谷 温之
グルタミン酸受容体トラフィックにおけるシナプス後肥厚の動的役割
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2012年 - 2014年 代表者 : 神谷温之
光学的シナプス不活化法による脳内局所神経回路の機能探索
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 神谷温之
海馬シナプス前カルシウムストアの細胞分子基盤に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 神谷温之
シナプス前クロライド濃度勾配の発生機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 神谷温之
海馬苔状線維シナプスにおけるグルタミン酸・GABA共放出仮説の検討
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2005年 - 2007年
海馬シナプスにおける神経活動依存的な伝達物質スイッチング
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年
光不活化法によるグルタミン酸受容体トラフィックのリアルタイム解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年
光分子不活化法によるシナブス機能の光操作法の開発
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年
海馬シナプスにおけるグルタミン酸・GABA共放出のメカニズム
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2005年 - 2005年
海馬シナプス前終末に発現するイオンチャンネル型ATP受容体の作用機構
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2004年 - 2005年
シナプス前カイニン酸受容体による海馬苔状線維終末内カルシウム動態の増幅機構
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2004年 - 2004年
シナプス前終末内カルシウムストアによる中枢シナプス可塑性の調節機構
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2003年 - 2004年
海馬苔状線維シナプスにおける神経終末内カルシウムストアの機能
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2003年 - 2004年
シナプス前カイニン酸受容体による海馬苔状線維シナプス可塑性の制御機構
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2003年 - 2003年
神経終末パッチクランプ法による海馬苔状線維シナプス可塑性メカニズムの解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A), 特定領域研究)
研究期間 : 2001年 - 2002年
海馬苔状線維終末におけるカルシウム動態の可塑性メカニズム
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2001年 - 2002年
神経終末活動の可視化によるシナプス可塑性メカニズムの解明
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 2000年 - 2001年
光学的測定による海馬苔状線維シナプス長期増強の誘発・発現機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 2000年 - 2000年
神経終末内カルシウムと開口放出の同時測定による海馬苔状線維シナプス可塑性の解析
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1999年 - 2000年
海馬苔状線維終末に発現するシナプス前カイニン酸型グルタミン酸受容体の機能
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 1998年 - 1998年
シナプス前終末ミトコンドリア内カルシウム動態の可視化とシナプス可塑性
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 1998年 - 1998年
海馬苔状線維終末に発現するシナプス前カイニン酸型グルタミン酸受容体の機能
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1997年 - 1998年
シナプス前カイニン酸型グルタミン酸受容体による海馬苔状線維シナプス伝達の強化
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1997年 - 1997年
海馬単一神経終末イメ-ジングによる中枢シナプス強化機構の研究
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1996年 - 1996年
海馬単一神経終末イメ-ジングによるシナプス前カルシウム・ストアの研究
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1996年 - 1996年
細胞内カルシウム放出機構による中枢シナプス可塑性の調節
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1995年 - 1995年
神経終末内カルシウム貯蔵部位によるシナブス可塑性の調節
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1995年 - 1995年
中枢シナプスにおける伝達物質放出の修飾機構ー素量解析による研究
文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間 : 1989年 - 1991年
シナプス前膜カルシウムチャンネルとシナプス可塑性-パッチクランプ法による研究
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1989年 - 1989年

教育活動

主要な担当授業

一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 脳、神経回路、ニューロン
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ニューロン、シナプス、可塑性
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ニューロン、シナプス、可塑性
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 脳、神経回路、ニューロン
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ニューロン、シナプス、可塑性
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ニューロン、シナプス、可塑性
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
生理学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 神経生理、筋肉生理、脳神経科学
生理学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
生理学Ⅲ(神経生理)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 医学・生物学、留学生、英語biomedical science, foreign students, English
脳科学入門Ⅰ:神経情報伝達
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : ニューロン、シナプス、可塑性
脳科学研究の展開Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード :  神経回路、生命科学、方法論
脳科学研究の展開Ⅰ 実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード :  神経回路、生命科学、方法論
脳科学研究の展開Ⅳ-a 演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 先端的脳研究、国際性、発表演習
脳科学研究の展開Ⅳ-b 演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 先端的脳研究、国際性、発表演習
選択実習Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
選択実習Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 脳、神経回路、ニューロン
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ニューロン、シナプス、可塑性
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ニューロン、シナプス、可塑性
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
生理学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 神経生理、筋肉生理、脳神経科学
生理学Ⅲ(神経生理)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 医学・生物学、留学生、英語biomedical science, foreign students, English
脳科学入門Ⅰ:神経情報伝達
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : ニューロン、シナプス、可塑性
脳科学研究の展開Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード :  神経回路、生命科学、方法論
脳科学研究の展開Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 先端的脳研究、国際性、発表演習
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 脳、神経回路、ニューロン
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ニューロン、シナプス、可塑性
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ニューロン、シナプス、可塑性
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳スライス、電気生理学的測定、パッチクランプ
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経生理、筋肉生理、脳神経科学
生理学Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 神経生理、筋肉生理、脳神経科学
生理学Ⅲ(神経生理)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 医学、保健学、歯学、薬学、獣医学、微生物学、生物学、留学生、英語
脳科学入門Ⅰ:神経情報伝達
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : ニューロン、シナプス、可塑性
脳科学研究の展開Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード :   神経回路、生命科学、方法論 
脳科学研究の展開Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード :  神経回路、生命科学、方法論
脳科学研究の展開Ⅳ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 先端的脳研究、国際性、発表演習

大学運営

学内役職歴

2017年07月
-
2019年06月
評価室室員
2009年04月
-
2011年06月
評価室室員
2007年04月
-
2009年03月
評価室室員
学内役職歴を全て表示する
学内役職歴閉じる
2017年07月
-
2019年06月
評価室室員
2009年04月
-
2011年06月
評価室室員
2007年04月
-
2009年03月
評価室室員

ページトップへ