東川 桂ヒガシカワ ケイresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/11/17

基本情報

プロフィール

所属部署名
アイソトープ総合センター
職名助教 
学位
博士(薬科学)(岡山大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号10756878

研究キーワード

分析化学, 核医学, 分子イメージング

職歴

2017年04月
-
現在
北海道大学(助教)
2015年04月
-
現在
北海道大学(助教)
2015年04月
-
2017年03月
北海道大学(助教)
2012年04月
-
2015年03月
日本学術振興会(特別研究員(DC1))
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2017年04月
-
現在
北海道大学(助教)
2015年04月
-
現在
北海道大学(助教)
2015年04月
-
2017年03月
北海道大学(助教)
2012年04月
-
2015年03月
日本学術振興会(特別研究員(DC1))

学歴

2012年04月
-
2015年03月
岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 博士後期課程
2010年04月
-
2012年03月
岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 博士前期課程
2006年04月
-
2010年03月
岡山大学 薬学部 創薬科学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
2012年04月
-
2015年03月
岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 博士後期課程
2010年04月
-
2012年03月
岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 博士前期課程
2006年04月
-
2010年03月
岡山大学 薬学部 創薬科学科

研究活動

論文

Dynamic PET evaluation of elevated FLT level after sorafenib treatment in mice bearing human renal cell carcinoma xenograft.
Ukon N, Zhao S, Yu W, Shimizu Y, Nishijima K, Kubo N, Kitagawa Y, Tamaki N, Higashikawa K, Yasui H, Kuge Y.
EJNMMI Res. 6(90) 1-8 2016年12月
64Cu-DOTA-anti-CTLA-4 mAb enabled PET visualization of CTLA-4 on the T-cell infiltrating tumor tissues.
Higashikawa K, Yagi K, Watanabe K, Kamino S, Masashi U, Hiromura M, Enomoto S.
PLOS ONE 9(11) e109866 2014年11月
癌と炎症の複数分子イメージング:消化器系疾患への応用の可能性
東川桂、上田真史、本村信治、榎本秀一
G.I.Research 22(1) 57-63 2014年02月
Exploration of target molecules for molecular imaging of inflammatory bowel disease
Higashikawa K, Akada N, Yagi K, Watanabe K, Kamino S, Kanayama Y, Hiromura M, Enomoto S.
Biochem Biophys Res Commun. 410(3) 416-421 2011年07月
論文を全て表示する
論文閉じる
Dynamic PET evaluation of elevated FLT level after sorafenib treatment in mice bearing human renal cell carcinoma xenograft.
Ukon N, Zhao S, Yu W, Shimizu Y, Nishijima K, Kubo N, Kitagawa Y, Tamaki N, Higashikawa K, Yasui H, Kuge Y.
EJNMMI Res. 6(90) 1-8 2016年12月
64Cu-DOTA-anti-CTLA-4 mAb enabled PET visualization of CTLA-4 on the T-cell infiltrating tumor tissues.
Higashikawa K, Yagi K, Watanabe K, Kamino S, Masashi U, Hiromura M, Enomoto S.
PLOS ONE 9(11) e109866 2014年11月
癌と炎症の複数分子イメージング:消化器系疾患への応用の可能性
東川桂、上田真史、本村信治、榎本秀一
G.I.Research 22(1) 57-63 2014年02月
Exploration of target molecules for molecular imaging of inflammatory bowel disease
Higashikawa K, Akada N, Yagi K, Watanabe K, Kamino S, Kanayama Y, Hiromura M, Enomoto S.
Biochem Biophys Res Commun. 410(3) 416-421 2011年07月

受賞

2012年10月
日本核医学会 第52回 日本核医学会学術総会 Poster Session Award 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2012年10月
日本核医学会 第52回 日本核医学会学術総会 Poster Session Award 

競争的資金等の研究課題

慢性炎症診断を志向した補体複合体イメージング法の開発
日本学術振興会:若手研究(B)
研究期間 : 2017年04月 - 2019年03月 代表者 : 東川 桂
チミジンホスホリラーゼ画像化による非アルコール性脂肪肝炎診断法の開発研究
日本学術振興会:研究活動スタート支援
研究期間 : 2015年10月 - 2017年03月 代表者 : 東川 桂
炎症性腸疾患のための創薬研究:分子イメージング技術新規診断用薬剤の開発
日本学術振興会:特別研究員奨励費
研究期間 : 2012年04月 - 2015年03月 代表者 : 東川 桂
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
慢性炎症診断を志向した補体複合体イメージング法の開発
日本学術振興会:若手研究(B)
研究期間 : 2017年04月 - 2019年03月 代表者 : 東川 桂
チミジンホスホリラーゼ画像化による非アルコール性脂肪肝炎診断法の開発研究
日本学術振興会:研究活動スタート支援
研究期間 : 2015年10月 - 2017年03月 代表者 : 東川 桂
炎症性腸疾患のための創薬研究:分子イメージング技術新規診断用薬剤の開発
日本学術振興会:特別研究員奨励費
研究期間 : 2012年04月 - 2015年03月 代表者 : 東川 桂

ページトップへ