西村 吾朗ニシムラ ゴロウresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
電子科学研究所 附属社会創造数学研究センター
職名助教 
学位
理学博士(大阪大学)
理学修士(大阪大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号

研究キーワード

生体計測学, 光計測学, 生物物理学

研究分野

人間医工学 / 医用生体工学・生体材料学
応用物理学・工学基礎 / 応用光学・量子光工学
物理学 / 生物物理・化学物理
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
人間医工学 / 医用生体工学・生体材料学
応用物理学・工学基礎 / 応用光学・量子光工学
物理学 / 生物物理・化学物理

職歴

1992年
-
2007年
 同助手(電子科学研究所電子機能素子部門) 助手
1989年
-
1992年
 北海道大学助手(応用電気研究所生体物理部門) 助手
2007年
 電子科学研究所 電子機能素子部門 助教
2007年
- 電子科学研究所 電子計測制御部門 助教
職歴を全て表示する
職歴閉じる
1992年
-
2007年
 同助手(電子科学研究所電子機能素子部門) 助手
1989年
-
1992年
 北海道大学助手(応用電気研究所生体物理部門) 助手
2007年
 電子科学研究所 電子機能素子部門 助教
2007年
- 電子科学研究所 電子計測制御部門 助教

所属学協会

SPIE
生物物理学会
物理学会
米国光学会
日本光学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
SPIE
生物物理学会
物理学会
米国光学会
日本光学会

研究活動

論文

Non-contact type time-domain fluorescence diffuse optical tomography for quantitative analysis of fluorophores
西村 吾朗
SPIE Proc 8578 85782B 2013年05月
Modification of near-infrared cyanine dyes by serum albumin protein.
Awasthi K, Nishimura G
Photochemical & photobiological sciences : Official journal of the European Photochemistry Association and the European Society for Photobiology 10 461-463 2011年04月
Time-domain fluorescence diffuse optical tomography for living animals by total-light algorithm
西村 吾朗
 7896 78962Q 2011年02月
近赤外生体分光法の展望-1μm波長域の可能性
西村 吾朗
脈管学 : 日本脈管学会機関誌 : the journal of Japanese College of Angiology 49(2) 139-145 2009年04月
Phosphorescence decay time measurements using intensity correlation spectroscopy.
Nishimura G, Pack CG, Tamura M
Experimental and molecular pathology 82 175-183 2007年04月
Expansion of intensity correlation spectroscopy for lifetime measurements--application to intracellular oxygen dynamics measurements.
Nishimura G, Pack C, Tamura M
Journal of biomedical optics 12 020503 2007年03月
Characterization of optical parameters with a human forearm at the region from 1.15 to 1.52 microm using diffuse reflectance measurements.
Nishimura G, Kida I, Tamura M
Physics in medicine and biology 51 2997-3011 2006年06月
In vivo fluorescence tracking of bone marrow stromal cells transplanted into a pneumatic injury model of rat spinal cord.
Yano S, Kuroda S, Lee JB, Shichinohe H, Seki T, Ikeda J, Nishimura G, Hida K, Tamura M, Iwasaki Y
Journal of neurotrauma 22 907-918 2005年08月
Dead-time distortion in fluorescence correlation measurements.
Nishimura G, Kinjo M
Applied optics 44 3458-3467 2005年06月
Artefacts in the analysis of temporal response functions measured by photon counting.
Nishimura G, Tamura M
Physics in medicine and biology 50 1327-1342 2005年03月
論文を全て表示する
論文閉じる
Non-contact type time-domain fluorescence diffuse optical tomography for quantitative analysis of fluorophores
西村 吾朗
SPIE Proc 8578 85782B 2013年05月
Modification of near-infrared cyanine dyes by serum albumin protein.
Awasthi K, Nishimura G
Photochemical & photobiological sciences : Official journal of the European Photochemistry Association and the European Society for Photobiology 10 461-463 2011年04月
Time-domain fluorescence diffuse optical tomography for living animals by total-light algorithm
西村 吾朗
 7896 78962Q 2011年02月
近赤外生体分光法の展望-1μm波長域の可能性
西村 吾朗
脈管学 : 日本脈管学会機関誌 : the journal of Japanese College of Angiology 49(2) 139-145 2009年04月
Phosphorescence decay time measurements using intensity correlation spectroscopy.
Nishimura G, Pack CG, Tamura M
Experimental and molecular pathology 82 175-183 2007年04月
Expansion of intensity correlation spectroscopy for lifetime measurements--application to intracellular oxygen dynamics measurements.
Nishimura G, Pack C, Tamura M
Journal of biomedical optics 12 020503 2007年03月
Characterization of optical parameters with a human forearm at the region from 1.15 to 1.52 microm using diffuse reflectance measurements.
Nishimura G, Kida I, Tamura M
Physics in medicine and biology 51 2997-3011 2006年06月
In vivo fluorescence tracking of bone marrow stromal cells transplanted into a pneumatic injury model of rat spinal cord.
Yano S, Kuroda S, Lee JB, Shichinohe H, Seki T, Ikeda J, Nishimura G, Hida K, Tamura M, Iwasaki Y
Journal of neurotrauma 22 907-918 2005年08月
Dead-time distortion in fluorescence correlation measurements.
Nishimura G, Kinjo M
Applied optics 44 3458-3467 2005年06月
Artefacts in the analysis of temporal response functions measured by photon counting.
Nishimura G, Tamura M
Physics in medicine and biology 50 1327-1342 2005年03月
Simple peak shift analysis of time-of-flight data with a slow instrumental response function.
Nishimura G, Tamura M
Journal of biomedical optics 10 14016 2005年01月
Experimental evidence of distance-dependent diffusion coefficients of a globular protein observed in polymer aqueous solution forming a network structure on nanometer scale.
Masuda A, Ushida K, Nishimura G, Kinjo M, Tamura M, Koshino H, Yamashita K, Kluge T
The Journal of chemical physics 121 10787-10793 2004年12月
In vivo tracking of bone marrow stromal cells transplanted into mice cerebral infarct by fluorescence optical imaging.
Shichinohe H, Kuroda S, Lee JB, Nishimura G, Yano S, Seki T, Ikeda J, Tamura M, Iwasaki Y
Brain research. Brain research protocols 13 166-175 2004年08月
Systematic error in fluorescence correlation measurements identified by a simple saturation model of fluorescence.
Nishimura G, Kinjo M
Analytical chemistry 76 1963-1970 2004年04月
Anoxia induces matrix shrinkage accompanied by an increase in light scattering in isolated brain mitochondria.
Fujii F, Nodasaka Y, Nishimura G, Tamura M
Brain research 999 29-39 2004年02月
Simple setup for nanosecond time-resolved spectroscopic measurements by a digital storage oscilloscope.
Nishimura G, Tamura M
Physics in medicine and biology 48 N283-90 2003年11月
Visible Emission of a Photoproduct from Tryptophan Solution Induced by Multiphoton Excitation: An Investigation by Intensity Fluctuation Analysis
西村 吾朗
Journal of Physical Chemistry B 107 6012-2017 2003年05月

書籍

非侵襲・可視化技術ハンドブック
エヌ・ティー・エス 2007年
測定法シリーズ 、42.蛍光分光とイメージングの手法
日本分光学会・学会出版センター 2006年
DOS/V科学計測入門
HFS出版 1994年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
非侵襲・可視化技術ハンドブック
エヌ・ティー・エス 2007年
測定法シリーズ 、42.蛍光分光とイメージングの手法
日本分光学会・学会出版センター 2006年
DOS/V科学計測入門
HFS出版 1994年

講演・口頭発表等

ヒト組織深部のイメージングを可能とする定量的蛍光分子イメージング基盤技術の確立
西村 吾朗
第53回日本生体医工学会大会  2014年06月 
Tissue optical properties in an 1-um wavelength region
西村 吾朗
第15回光科学技術で拓く脳・精神科学平和探求研究会 2014年02月 
時間分解法による生体組織計測へ向けて
西村 吾朗
香川大学社会連携・知的財産センター技術協力会  2013年03月 
Non-contact type time-domain fluorescence diffuse optical tomography for quantitative analysis of fluorophores
西村 吾朗
Bios SPIE Photonics West 2013年02月 
散乱体中での蛍光寿命計測
西村 吾朗
日本光学会年次学術講演会 OPJ2012  2012年10月 
蛍光を用いた蛍光物質の吸収の拡散光イメージング ーその考え方と実験データの考察
西村 吾朗
日本光学会年次学術講演会 OPJ2011  2011年11月 
Complex formation of some near-infrared cyanine dyes in serum albumin - serum albumin induces a new reaction
西村 吾朗
第49回日本生物物理学会年会 2011年09月 
Time-domain fluorescence diffuse optical tomography for living animals by total-light algorithm
西村 吾朗
Bios SPIE Photonics West 2011年01月 
時間領域蛍光イメージング -時間応答関数の性質と定量的イメージング
西村 吾朗
日本光学会 (OPJ2010)  2010年11月 
1μm波長域での組織光計測
西村 吾朗
第14回酸素ダイナミクス研究会  2010年09月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
ヒト組織深部のイメージングを可能とする定量的蛍光分子イメージング基盤技術の確立
西村 吾朗
第53回日本生体医工学会大会  2014年06月 
Tissue optical properties in an 1-um wavelength region
西村 吾朗
第15回光科学技術で拓く脳・精神科学平和探求研究会 2014年02月 
時間分解法による生体組織計測へ向けて
西村 吾朗
香川大学社会連携・知的財産センター技術協力会  2013年03月 
Non-contact type time-domain fluorescence diffuse optical tomography for quantitative analysis of fluorophores
西村 吾朗
Bios SPIE Photonics West 2013年02月 
散乱体中での蛍光寿命計測
西村 吾朗
日本光学会年次学術講演会 OPJ2012  2012年10月 
蛍光を用いた蛍光物質の吸収の拡散光イメージング ーその考え方と実験データの考察
西村 吾朗
日本光学会年次学術講演会 OPJ2011  2011年11月 
Complex formation of some near-infrared cyanine dyes in serum albumin - serum albumin induces a new reaction
西村 吾朗
第49回日本生物物理学会年会 2011年09月 
Time-domain fluorescence diffuse optical tomography for living animals by total-light algorithm
西村 吾朗
Bios SPIE Photonics West 2011年01月 
時間領域蛍光イメージング -時間応答関数の性質と定量的イメージング
西村 吾朗
日本光学会 (OPJ2010)  2010年11月 
1μm波長域での組織光計測
西村 吾朗
第14回酸素ダイナミクス研究会  2010年09月 

特許

散乱媒質内吸光物質の濃度測定方法および装置
散乱媒質中における吸光物質の濃度測定方法
Arrangement and method to apply diffusing wave spectroscopy to measure the properties of multi-phase systems, as well as the changes terein (AE,AL,AM,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BR,BY,CA,CH,CN,CU,CZ,DE,EE,ES,FL,GB,GD,GB,GH,GM,HR,HU,ID,IL,IN,IS,JP,KE,KG,KP,KR,KZ,・・・
特許を全て表示する
特許閉じる
散乱媒質内吸光物質の濃度測定方法および装置
散乱媒質中における吸光物質の濃度測定方法
Arrangement and method to apply diffusing wave spectroscopy to measure the properties of multi-phase systems, as well as the changes terein (AE,AL,AM,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BR,BY,CA,CH,CN,CU,CZ,DE,EE,ES,FL,GB,GD,GB,GH,GM,HR,HU,ID,IL,IN,IS,JP,KE,KG,KP,KR,KZ,・・・

競争的資金等の研究課題

ヒト組織深部のイメージングを可能とする定量的蛍光分子イメージング基盤技術の確立
JST:産学共創基礎基盤研究
研究期間 : 2011年12月 - 2017年03月 代表者 : 西村 吾朗
生体組織病態検出のための散乱光ゆらぎイメージング技術の確立
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2012年 - 2014年 代表者 : 西村 吾朗
リアルタイム分光イメージングによる食品の安全性モニタリングおよび通電加熱による高効率殺菌技術の開発
JST:重点地域研究開発推進プログラム、育成研究
研究期間 : 2009年04月 - 2012年03月 代表者 : 澤山 一博
分子イメージング機器研究開発プロジェクト/新規悪性腫瘍分子プローブの基盤技術開発
NEDO:新規悪性腫瘍分子プローブの基盤技術開発
研究期間 : 2009年01月 - 2010年03月 代表者 : 西村 吾朗
近赤外光を用いた脳浮腫モニタリング手法の確立
JST:シーズ発掘試験
研究期間 : 2007年08月 - 2008年03月 代表者 : 西村 吾朗
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
ヒト組織深部のイメージングを可能とする定量的蛍光分子イメージング基盤技術の確立
JST:産学共創基礎基盤研究
研究期間 : 2011年12月 - 2017年03月 代表者 : 西村 吾朗
生体組織病態検出のための散乱光ゆらぎイメージング技術の確立
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2012年 - 2014年 代表者 : 西村 吾朗
リアルタイム分光イメージングによる食品の安全性モニタリングおよび通電加熱による高効率殺菌技術の開発
JST:重点地域研究開発推進プログラム、育成研究
研究期間 : 2009年04月 - 2012年03月 代表者 : 澤山 一博
分子イメージング機器研究開発プロジェクト/新規悪性腫瘍分子プローブの基盤技術開発
NEDO:新規悪性腫瘍分子プローブの基盤技術開発
研究期間 : 2009年01月 - 2010年03月 代表者 : 西村 吾朗
近赤外光を用いた脳浮腫モニタリング手法の確立
JST:シーズ発掘試験
研究期間 : 2007年08月 - 2008年03月 代表者 : 西村 吾朗

教育活動

主要な担当授業

前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 非破壊生体計測、生体医用光学、近赤外線、自己組織化、神経情報学,モデリング,シミュレーション

社会貢献

委員歴

2013年04月
-
2015年03月
応用物理学会分科会日本光学会 幹事
2009年
-
2010年
日本光学会 幹事
2010年
生物物理学会 分野別専門委員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2013年04月
-
2015年03月
応用物理学会分科会日本光学会 幹事
2009年
-
2010年
日本光学会 幹事
2010年
生物物理学会 分野別専門委員

ページトップへ