小野澤 真弘オノザワ マサヒロresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  
職名助教 
学位
博士(医学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号

研究キーワード

白血病遺伝学, 造血細胞移植

研究分野

生物科学 / 分子生物学
内科系臨床医学 / 血液内科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
生物科学 / 分子生物学
内科系臨床医学 / 血液内科学

職歴

2014年04月
-
現在
北海道大学大学院医学研究科(助教)
2010年04月
-
2014年03月
米国国立衛生研究所/国立がん研究所(ポストドクトラルフェロー)
2007年04月
-
2010年03月
北海道大学病院(助教)
2001年04月
-
2003年03月
市立旭川病院
2000年04月
-
2001年03月
市立札幌病院(研修医)
1999年05月
-
2000年03月
北海道大学病院
北海道大学大学院医学研究科(助教)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2014年04月
-
現在
北海道大学大学院医学研究科(助教)
2010年04月
-
2014年03月
米国国立衛生研究所/国立がん研究所(ポストドクトラルフェロー)
2007年04月
-
2010年03月
北海道大学病院(助教)
2001年04月
-
2003年03月
市立旭川病院
2000年04月
-
2001年03月
市立札幌病院(研修医)
1999年05月
-
2000年03月
北海道大学病院
北海道大学大学院医学研究科(助教)

学歴

2003年04月
-
2007年03月
北海道大学 大学院医学研究科
1993年04月
-
1999年03月
北海道大学 医学部
学歴を全て表示する
学歴閉じる
2003年04月
-
2007年03月
北海道大学 大学院医学研究科
1993年04月
-
1999年03月
北海道大学 医学部

所属学協会

日本人類遺伝学会
日本内科学会
日本血液学会
日本臨床血液学会
日本造血細胞移植学会
日本輸血学会
日本消化器病学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本人類遺伝学会
日本内科学会
日本血液学会
日本臨床血液学会
日本造血細胞移植学会
日本輸血学会
日本消化器病学会

研究活動

論文

DNA-damage-induced differentiation of leukaemic cells as an anti-cancer barrier.
Santos MA, Faryabi RB, Ergen AV, Day AM, Malhowski A, Canela A, Onozawa M, Lee JE, Callen E, Gutierrez-Martinez P, Chen HT, Wong N, Finkel N, Deshpande A, Sharrow S, Rossi DJ, Ito K, Ge K, Aplan PD, Armstrong SA, Nussenzweig A
Nature 514 107-111 2014年10月
FIP1L1 presence in FIP1L1-RARA or FIP1L1-PDGFRA differentially contributes to the pathogenesis of distinct types of leukemia.
Iwasaki J, Kondo T, Darmanin S, Ibata M, Onozawa M, Hashimoto D, Sakamoto N, Teshima T
Annals of hematology 93 1473-1481 2014年09月
NUP98-PHF23 is a chromatin-modifying oncoprotein that causes a wide array of leukemias sensitive to inhibition of PHD histone reader function.
Gough SM, Lee F, Yang F, Walker RL, Zhu YJ, Pineda M, Onozawa M, Chung YJ, Bilke S, Wagner EK, Denu JM, Ning Y, Xu B, Wang GG, Meltzer PS, Aplan PD
Cancer discovery 4 564-577 2014年05月
Repair of DNA double-strand breaks by templated nucleotide sequence insertions derived from distant regions of the genome.
Onozawa M, Zhang Z, Kim YJ, Goldberg L, Varga T, Bergsagel PL, Kuehl WM, Aplan PD
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 111 7729-7734 2014年05月
Isolated Hoxa9 overexpression predisposes to the development of lymphoid but not myeloid leukemia.
Beachy SH, Onozawa M, Silverman D, Chung YJ, Rivera MM, Aplan PD
Experimental hematology 41 518-529.e5 2013年06月
Fungemia due to Trichosporon dermatis in a patient with refractory Burkitt's leukemia.
Hashino S, Takahashi S, Morita R, Kanamori H, Onozawa M, Kawamura T, Kahata K, Kondo T, Tokimatsu I, Sugita T, Akizawa K, Asaka M
Blood research 48 154-156 2013年06月
Coexistence of pustular and vegetative pyoderma gangrenosum in a patient with myelodysplastic syndrome.
Omiya W, Ujiie H, Akiyama M, Izumi K, Shigematsu A, Onozawa M, Shimizu H
European journal of dermatology : EJD 22 711-712 2012年09月
Enforced expression of Lin28b leads to impaired T-cell development, release of inflammatory cytokines, and peripheral T-cell lymphoma.
Beachy SH, Onozawa M, Chung YJ, Slape C, Bilke S, Francis P, Pineda M, Walker RL, Meltzer P, Aplan PD
Blood 120 1048-1059 2012年08月
Illegitimate V(D)J recombination involving nonantigen receptor loci in lymphoid malignancy.
Onozawa M, Aplan PD
Genes, chromosomes & cancer 51 525-535 2012年06月
Complete remission following chemotherapy with low-dose cytosine arabinoside and macrophage colony-stimulating factor/granulocyte colony-stimulating factor in a patient with relapsed acute myeloid leukemia after stem cell transplantation.
Okada K, Higashiyama A, Takahata M, Onozawa M, Kahata K, Ando S, Tanaka J, Hashino S, Imamura M
Internal medicine (Tokyo, Japan) 51 2937-2941 2012年
論文を全て表示する
論文閉じる
DNA-damage-induced differentiation of leukaemic cells as an anti-cancer barrier.
Santos MA, Faryabi RB, Ergen AV, Day AM, Malhowski A, Canela A, Onozawa M, Lee JE, Callen E, Gutierrez-Martinez P, Chen HT, Wong N, Finkel N, Deshpande A, Sharrow S, Rossi DJ, Ito K, Ge K, Aplan PD, Armstrong SA, Nussenzweig A
Nature 514 107-111 2014年10月
FIP1L1 presence in FIP1L1-RARA or FIP1L1-PDGFRA differentially contributes to the pathogenesis of distinct types of leukemia.
Iwasaki J, Kondo T, Darmanin S, Ibata M, Onozawa M, Hashimoto D, Sakamoto N, Teshima T
Annals of hematology 93 1473-1481 2014年09月
NUP98-PHF23 is a chromatin-modifying oncoprotein that causes a wide array of leukemias sensitive to inhibition of PHD histone reader function.
Gough SM, Lee F, Yang F, Walker RL, Zhu YJ, Pineda M, Onozawa M, Chung YJ, Bilke S, Wagner EK, Denu JM, Ning Y, Xu B, Wang GG, Meltzer PS, Aplan PD
Cancer discovery 4 564-577 2014年05月
Repair of DNA double-strand breaks by templated nucleotide sequence insertions derived from distant regions of the genome.
Onozawa M, Zhang Z, Kim YJ, Goldberg L, Varga T, Bergsagel PL, Kuehl WM, Aplan PD
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 111 7729-7734 2014年05月
Isolated Hoxa9 overexpression predisposes to the development of lymphoid but not myeloid leukemia.
Beachy SH, Onozawa M, Silverman D, Chung YJ, Rivera MM, Aplan PD
Experimental hematology 41 518-529.e5 2013年06月
Fungemia due to Trichosporon dermatis in a patient with refractory Burkitt's leukemia.
Hashino S, Takahashi S, Morita R, Kanamori H, Onozawa M, Kawamura T, Kahata K, Kondo T, Tokimatsu I, Sugita T, Akizawa K, Asaka M
Blood research 48 154-156 2013年06月
Coexistence of pustular and vegetative pyoderma gangrenosum in a patient with myelodysplastic syndrome.
Omiya W, Ujiie H, Akiyama M, Izumi K, Shigematsu A, Onozawa M, Shimizu H
European journal of dermatology : EJD 22 711-712 2012年09月
Enforced expression of Lin28b leads to impaired T-cell development, release of inflammatory cytokines, and peripheral T-cell lymphoma.
Beachy SH, Onozawa M, Chung YJ, Slape C, Bilke S, Francis P, Pineda M, Walker RL, Meltzer P, Aplan PD
Blood 120 1048-1059 2012年08月
Illegitimate V(D)J recombination involving nonantigen receptor loci in lymphoid malignancy.
Onozawa M, Aplan PD
Genes, chromosomes & cancer 51 525-535 2012年06月
Complete remission following chemotherapy with low-dose cytosine arabinoside and macrophage colony-stimulating factor/granulocyte colony-stimulating factor in a patient with relapsed acute myeloid leukemia after stem cell transplantation.
Okada K, Higashiyama A, Takahata M, Onozawa M, Kahata K, Ando S, Tanaka J, Hashino S, Imamura M
Internal medicine (Tokyo, Japan) 51 2937-2941 2012年
Recurrence of hydroxyurea-induced leg ulcer after discontinuation of treatment.
Kikuchi K, Arita K, Tateishi Y, Onozawa M, Akiyama M, Shimizu H
Acta dermato-venereologica 91 373-374 2011年05月
The 8p11 myeloproliferative syndrome owing to rare FGFR1OP2-FGFR1 fusion.
Onozawa M, Ohmura K, Ibata M, Iwasaki J, Okada K, Kasahara I, Yamaguchi K, Kubota K, Fujisawa S, Shigematsu A, Endo T, Kondo T, Hashino S, Tanaka J, Matsuno Y, Asaka M, Imamura M
European journal of haematology 86 347-349 2011年04月
[Successful combination therapy by meropenem and colistin for multi-drug-resistant Pseudomonas aeruginosa infection after allogeneic bone marrow transplantation].
Kanda M, Shigematsu A, Okada K, Kasahara I, Iwasaki J, Yamaguchi K, Onozawa M, Endo T, Akizawa K, Ishiguro N, Hashino S, Imamura M
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 52 118-123 2011年03月
[Successful treatment with reduced-intensity cord blood transplantation for acute myeloid leukemia with complete tetraploidy (92, XXXX)].
Iwasaki J, Onozawa M, Takahashi S, Okada K, Takahata M, Shigematsu A, Kahata K, Kondo T, Hashino S, Imamura M, Asaka M
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 52 124-128 2011年03月
[Intravascular large B-cell lymphoma with massive pulmonary lesions].
Higashiyama A, Hashino S, Onozawa M, Takahata M, Okada K, Kahata K, Taniguchi N, Nasuhara Y, Kubota K, Fujimoto N, Matsuno Y, Nishimura M, Asaka M
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 51 353-356 2010年05月
Reduced intensity conditioning regimen with fludarabine, busulfan, and low-dose TBI (Flu-BU2-TBI): clinical efficacy in high-risk patients.
Takahata M, Hashino S, Okada K, Onozawa M, Kahata K, Sugita J, Shigematsu A, Kondo T, Yamamoto S, Endo T, Nishio M, Ito YM, Tanaka J, Koike T, Asaka M, Imamura M
American journal of hematology 85 243-248 2010年04月
Successful treatment of acute myelogenous leukemia with favorable cytogenetics by reduced-intensity stem cell transplantation.
Kondo T, Yasumoto A, Arita K, Sugita J, Shigematsu A, Okada K, Takahata M, Onozawa M, Kahata K, Takeda Y, Obara M, Yamamoto S, Endo T, Nishio M, Sato N, Tanaka J, Hashino S, Koike T, Asaka M, Imamura M
International journal of hematology 91 310-321 2010年03月
[Pyogenic spondylitis following unrelated hematopoietic stem cell transplantation].
Mukaiyama Y, Hashino S, Onozawa M, Okada K, Takahata M, Kahata K, Asaka M
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 50 1706-1710 2009年12月
Iron deficiency anemia successfully treated by Helicobacter pylori eradication in a patient with idiopathic thrombocytopenic purpura.
MORITA R, HASHINO S, OKADA K, TAKAHATA M, ONOZAWA M, KAHATA K, KONDO T, IMAMURA M, ASAKA M
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 50 1655-1657 2009年11月
Regimen-related mucosal injury of the gut increased the incidence of CMV disease after allogeneic bone marrow transplantation.
Shigematsu A, Yasumoto A, Yamamoto S, Sugita J, Kondo T, Onozawa M, Kahata K, Endo T, Ota S, Sato N, Takahata M, Okada K, Tanaka J, Hashino S, Nishio M, Koike T, Asaka M, Imamura M
Biology of blood and marrow transplantation : journal of the American Society for Blood and Marrow Transplantation 15 679-685 2009年06月
Incidence and risk of postherpetic neuralgia after varicella zoster virus infection in hematopoietic cell transplantation recipients: Hokkaido Hematology Study Group.
Onozawa M, Hashino S, Haseyama Y, Hirayama Y, Iizuka S, Ishida T, Kaneda M, Kobayashi H, Kobayashi R, Koda K, Kurosawa M, Masauji N, Matsunaga T, Mori A, Mukai M, Nishio M, Noto S, Ota S, Sakai H, Suzuki N, Takahashi T, Tanaka J, Torimoto Y, Yoshida M, Fukuhara T
Biology of blood and marrow transplantation : journal of the American Society for Blood and Marrow Transplantation 15 724-729 2009年06月
Endoscopic biliary drainage for choledocholithiasis in a patient with aplastic anemia before hematological engraftment after allogeneic transplantation.
Okada K, Hashino S, Takahata M, Onozawa M, Kahata K, Kondo T, Imamura M, Asaka M
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 50 419-423 2009年05月
[Hypogammaglobulinemia with a clinical course similar to that of drug-induced hypersensitivity syndrome].
Shirai S, Hashino S, Morita R, Onozawa M, Kawamura T, Kahata K, Kondo T, Imamura M, Asaka M
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 50 23-28 2009年01月
HB vaccination in the prevention of viral reactivation in allogeneic hematopoietic stem cell transplantation recipients with previous HBV infection.
Onozawa M, Hashino S, Darmanin S, Okada K, Morita R, Takahata M, Shigematsu A, Kahata K, Kondo T, Tanaka J, Imamura M, Asaka M
Biology of blood and marrow transplantation : journal of the American Society for Blood and Marrow Transplantation 14 1226-1230 2008年11月
Thrombotic microangiopathy after treatment with bortezomib and dexamethasone in a patient with multiple myeloma.
Morita R, Hashino S, Shirai S, Fujita N, Onozawa M, Kahata K, Kondo T, Imamura M, Asaka M
International journal of hematology 88 248-250 2008年09月
Excellent outcome of allogeneic hematopoietic stem cell transplantation using a conditioning regimen with medium-dose VP-16, cyclophosphamide and total-body irradiation for adult patients with acute lymphoblastic leukemia.
Shigematsu A, Kondo T, Yamamoto S, Sugita J, Onozawa M, Kahata K, Endo T, Shiratori S, Ota S, Obara M, Wakasa K, Takahata M, Takeda Y, Tanaka J, Hashino S, Nishio M, Koike T, Asaka M, Imamura M
Biology of blood and marrow transplantation : journal of the American Society for Blood and Marrow Transplantation 14 568-575 2008年05月
Graft-versus-tumor effect after reduced-intensity allogeneic hematopoietic stem cell transplantation in a patient with advanced colon cancer.
Hashino S, Kobayashi S, Takahata M, Onozawa M, Nakagawa M, Kawamura T, Fujisawa F, Izumiyama K, Kahata K, Kondo T, Asaka M
International journal of clinical oncology 13 176-180 2008年04月
[Granulocyte transfusion for the treatment of prolonged pneumonia in a patient with MDS-RAEB-2 at allogeneic hematopoietic stem cell transplantation].
Morita R, Hashino S, Takahashi S, Kanamori H, Onozawa M, Kahata K, Kondo T, Imamura M, Asaka M
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 49 89-93 2008年02月
Administration of micafungin as prophylactic antifungal therapy in patients undergoing allogeneic stem cell transplantation.
Hashino S, Morita L, Takahata M, Onozawa M, Nakagawa M, Kawamura T, Fujisawa F, Kahata K, Izumiyama K, Yonezumi M, Chiba K, Kondo T, Asaka M
International journal of hematology 87 91-97 2008年01月
Relationship between preexisting anti-varicella-zoster virus (VZV) antibody and clinical VZV reactivation in hematopoietic stem cell transplantation recipients.
Onozawa M, Hashino S, Takahata M, Fujisawa F, Kawamura T, Nakagawa M, Kahata K, Kondo T, Ota S, Tanaka J, Imamura M, Asaka M
Journal of clinical microbiology 44 4441-4443 2006年12月
Effect of imatinib mesylate combined with granulocyte colony-stimulating factor on leukaemic blast cells derived from advanced-stage chronic myelogenous leukaemia patients.
Ota S, Musashi M, Kondo K, Toyoshima N, Toubai T, Onozawa M, Mori A, Hashino S, Tanaka J, Matsuno K, Imamura M, Asaka M
Acta haematologica 116 8-18 2006年
Hypokalemic rhabdomyolysis due to WDHA syndrome caused by VIP-producing composite pheochromocytoma: a case in neurofibromatosis type 1.
Onozawa M, Fukuhara T, Minoguchi M, Takahata M, Yamamoto Y, Miyake T, Kanagawa K, Kanda M, Maekawa I
Japanese journal of clinical oncology 35 559-563 2005年09月
Side effects and good effects from new chemotherapeutic agents. Case 2. Thalidomide-induced interstitial pneumonitis.
Onozawa M, Hashino S, Sogabe S, Haneda M, Horimoto H, Izumiyama K, Kondo T, Aldana LP, Hamada K, Asaka M
Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology 23 2425-2426 2005年04月
Progressive disappearance of anti-hepatitis B surface antigen antibody and reverse seroconversion after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation in patients with previous hepatitis B virus infection.
Onozawa M, Hashino S, Izumiyama K, Kahata K, Chuma M, Mori A, Kondo T, Toyoshima N, Ota S, Kobayashi S, Hige S, Toubai T, Tanaka J, Imamura M, Asaka M
Transplantation 79 616-619 2005年03月
Usefulness of magnifying endoscopic evaluation of the terminal ileum for a patient with graft-versus-host disease after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation.
Onozawa M, Yonezumi M, Kawarazaki M, Izumiyama K, Chiba K, Kondo T, Ota S, Kobayashi S, Kato M, Hashino S, Tanaka J, Imamura M, Asaka M
Annals of hematology 84 106-109 2005年02月
Aleukemic leukemia cutis in a patient with Philadelphia chromosome-positive biphenotypic leukemia.
Onozawa M, Hashino S, Kanamori H, Izumiyama K, Yonezumi M, Chiba K, Kondo T, Fukuhara T, Tanaka J, Imamura M, Asaka M
International journal of hematology 80 278-280 2004年10月
[Imatinib mesylate plus G-CSF therapy for chronic myelogenous leukemia in the blastic crisis].
Morita R, Hashino S, Sogabe S, Dazai M, Onozawa M, Izumiyama K, Kondo T, Ota S, Kobayashi S, Imamura M, Asaka M
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 45 1105-1110 2004年10月
Rapid degradation of Cdt1 upon UV-induced DNA damage is mediated by SCFSkp2 complex.
Kondo T, Kobayashi M, Tanaka J, Yokoyama A, Suzuki S, Kato N, Onozawa M, Chiba K, Hashino S, Imamura M, Minami Y, Minamino N, Asaka M
The Journal of biological chemistry 279 27315-27319 2004年06月
[Relapse of biphenotypic leukemia confirmed by molecular study].
Onozawa M, Hashino S, Izumiyama K, Yonezumi M, Chiba K, Kondo T, Tanaka J, Imamura M, Asaka M
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 45 161-163 2004年02月
Insertion (21;8)(q22;q22q22): a masked t(8;21) in a patient with acute myelocytic leukemia.
Onozawa M, Fukuhara T, Nigo M, Takeda A, Takahata M, Yamamoto Y, Miyake T, Kanda M, Maekawa I
Cancer genetics and cytogenetics 147 134-139 2003年12月
A case of myelodysplastic syndrome developed blastic crisis of chronic myelogenous leukemia with acquisition of major BCR/ABL.
Onozawa M, Fukuhara T, Takahata M, Yamamoto Y, Miyake T, Maekawa I
Annals of hematology 82 593-595 2003年09月

受賞

2013年12月
米国血液学会 優秀抄録賞 
2010年04月
日本学術振興会 海外特別研究員 
2008年
北海道医学会賞 
2004年
第27回造血細胞移植学会学会奨励賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2013年12月
米国血液学会 優秀抄録賞 
2010年04月
日本学術振興会 海外特別研究員 
2008年
北海道医学会賞 
2004年
第27回造血細胞移植学会学会奨励賞 

競争的資金等の研究課題

B型肝炎既往者における造血細胞移植後のHBV再燃予防のための臨床介入試験
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2009年 代表者 : 小野澤 真弘
造血細胞移植後感染症
:その他の研究制度
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
B型肝炎既往者における造血細胞移植後のHBV再燃予防のための臨床介入試験
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2009年 代表者 : 小野澤 真弘
造血細胞移植後感染症
:その他の研究制度

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 地域医療(Community medicine),地域がん医療(Community medicine for cancer),医師患者関係(Doctor-patient relationships),解釈モデル(Explanatory models),心理社会的要因(Psychosocial factors)
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, training of medical student and resident, medical education professionals
医学英語演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 医学英語,国際交流,コミュニケーション,グループ学習
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professionals
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professionals
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professionals
基本社会医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professional
基本社会医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professionals
基本社会医学総論Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, training of medical student and resident, medical education professionals
基本社会医学総論Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 地域医療(Community medicine),地域がん医療(Community medicine for cancer),医師患者関係(Doctor-patient relationships),解釈モデル(Explanatory models),心理社会的要因(Psychosocial factors)
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, training of medical student and resident, medical education professionals
医学英語演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 医学英語,国際交流,コミュニケーション,グループ学習
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professionals
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professionals
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professionals
基本社会医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professional
基本社会医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professionals
基本社会医学総論Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, training of medical student and resident, medical education professionals
基本社会医学総論Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医学教育専門家 medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professionals
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professionals
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professionals
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professionals
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 臨床医学、留学生、英語clinical medicine, foreign students, English
社会医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医学教育専門家1medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professionals
社会医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医学教育専門家medical education, medical education reform, educational theory, medical education research, teaching medical student and resident, medical education professionals
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医学教育専門家
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 地域医療(Community medicine),医師患者関係(Doctor-patient relationships),解釈モデル(Explanatory models),心理社会的要因(Psychosocial factors)
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 地域医療(Community medicine),医師患者関係(Doctor-patient relationships),解釈モデル(Explanatory models),心理社会的要因(Psychosocial factors)
基本社会医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家
基本社会医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本社会医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医療職学生・医療職研修者指導,医学教育専門家
基本社会医学総論Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 地域医療(Community medicine),医師患者関係(Doctor-patient relationships),解釈モデル(Explanatory models),心理社会的要因(Psychosocial factors)
基本社会医学総論Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医学教育専門家
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医学教育専門家
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医学教育専門家
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医学教育専門家
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 臨床医学、留学生、英語clinical medicine, foreign students, English
社会医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医学教育専門家
社会医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 医学教育学,医学教育改革,教育理論,医学教育研究,医学生・研修医指導,医学教育専門家

ページトップへ