久保 大輔クボ ダイスケresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  連携医学系部門医生物学分野
職名准教授 
学位
博士(理学)(東京大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号00614918

研究キーワード

自然人類学, 形質人類学, 古人類学

研究分野

人類学 / 自然人類学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
人類学 / 自然人類学

職歴

2017年03月
-
現在
北海道大学 大学院医学研究院(准教授)
2016年04月
-
2017年03月
北海道大学(准教授)
2014年06月
-
2016年03月
筑波大学(特任助教)
2011年04月
-
2014年06月
東京大学(特任研究員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2017年03月
-
現在
北海道大学 大学院医学研究院(准教授)
2016年04月
-
2017年03月
北海道大学(准教授)
2014年06月
-
2016年03月
筑波大学(特任助教)
2011年04月
-
2014年06月
東京大学(特任研究員)

学歴

2003年04月
-
2011年03月
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻
2001年04月
-
2003年03月
東京大学 理学部 生物学科 人類学コース
1998年04月
-
2001年03月
東京大学 教養学部 理科二類
学歴を全て表示する
学歴閉じる
2003年04月
-
2011年03月
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻
2001年04月
-
2003年03月
東京大学 理学部 生物学科 人類学コース
1998年04月
-
2001年03月
東京大学 教養学部 理科二類

所属学協会

日本人類学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本人類学会

研究活動

論文

Homo erectus calvaria from Ngawi (Java) and its evolutionary implications
Kaifu Y, Kurniawan I, Kubo D, Sudiyabudi E, Putro GP, Prasanti E, Aziz F, and Baba H
Anthropological Science 2015年
Virtual endocast of Qafzeh 9, a preliminary assessment of right-left asymmetry
Kondo O, Kubo D, Suzuki H, and Ogihara N
Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 2: Cognitive and Physical Perspectives  183-190 2014年
Cerebellar size estimation from endocranial measurements: An evaluation based on MRI data
Kubo D, Tanabe HC, Kondo O, Ogihara N, Yogi A, Murayama S, and Ishida H
Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 2: Cognitive and Physical Perspectives  209-215 2014年
A diploblastic radiate animal at the dawn of Cambrian diversification with a simple body plan: distinct from Cnidaria?
Yasui K, Reimer JD, Liu Y, Yao X, Kubo D, Shu D, and Li Y
PLOS ONE 8(6) e65890 2013年06月
Brain size of Homo floresiensis and its evolutionary implications
Kubo D, Kono RT, and Kaifu Y
Proceedings of the Royal Society B 280 20130338 2013年04月
Endocranial proportions and postorbital morphology of the Minatogawa I and IV Late Pleistocene Homo sapiens crania from Okinawa Island, Japan
Kubo D, Kono RT, and Suwa G
Anthropological Science 120(2) 179-194 2012年
Craniofacial morphology of Homo floresiensis: description, taxonomic affinities, and evolutionary implication.
Kaifu Y, Baba H, Sutikna T, Morwood MJ, Kubo D, Saptomo EW, Jatmiko, Awe RD, and Djubiantono T
Journal of Human Evolution 61(6) 644-682 2011年12月
New reconstruction and morphological description of a Homo erectus cranium: skull IX (Tjg-1993.05) from Sangiran, Central Java.
Kaifu Y, Zaim Y, Baba H, Kurniawan I, Kubo D, Rizal Y, Arif J, and Aziz F
Journal of Human Evolution 61 270-294 2011年09月
Endocranial restoration and volume estimation of the Minatogawa IV cranium using micro-CT and 3D printer systems
Kubo D and Kono RT
Anthropological Science 119(2) 203-209 2011年08月
A micro-CT based study of the endocranial morphology of the Minatogawa I cranium
Kubo D, Kono RT, and Suwa G
Anthropological Science 119 123-135 2011年08月
論文を全て表示する
論文閉じる
Homo erectus calvaria from Ngawi (Java) and its evolutionary implications
Kaifu Y, Kurniawan I, Kubo D, Sudiyabudi E, Putro GP, Prasanti E, Aziz F, and Baba H
Anthropological Science 2015年
Virtual endocast of Qafzeh 9, a preliminary assessment of right-left asymmetry
Kondo O, Kubo D, Suzuki H, and Ogihara N
Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 2: Cognitive and Physical Perspectives  183-190 2014年
Cerebellar size estimation from endocranial measurements: An evaluation based on MRI data
Kubo D, Tanabe HC, Kondo O, Ogihara N, Yogi A, Murayama S, and Ishida H
Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 2: Cognitive and Physical Perspectives  209-215 2014年
A diploblastic radiate animal at the dawn of Cambrian diversification with a simple body plan: distinct from Cnidaria?
Yasui K, Reimer JD, Liu Y, Yao X, Kubo D, Shu D, and Li Y
PLOS ONE 8(6) e65890 2013年06月
Brain size of Homo floresiensis and its evolutionary implications
Kubo D, Kono RT, and Kaifu Y
Proceedings of the Royal Society B 280 20130338 2013年04月
Endocranial proportions and postorbital morphology of the Minatogawa I and IV Late Pleistocene Homo sapiens crania from Okinawa Island, Japan
Kubo D, Kono RT, and Suwa G
Anthropological Science 120(2) 179-194 2012年
Craniofacial morphology of Homo floresiensis: description, taxonomic affinities, and evolutionary implication.
Kaifu Y, Baba H, Sutikna T, Morwood MJ, Kubo D, Saptomo EW, Jatmiko, Awe RD, and Djubiantono T
Journal of Human Evolution 61(6) 644-682 2011年12月
New reconstruction and morphological description of a Homo erectus cranium: skull IX (Tjg-1993.05) from Sangiran, Central Java.
Kaifu Y, Zaim Y, Baba H, Kurniawan I, Kubo D, Rizal Y, Arif J, and Aziz F
Journal of Human Evolution 61 270-294 2011年09月
Endocranial restoration and volume estimation of the Minatogawa IV cranium using micro-CT and 3D printer systems
Kubo D and Kono RT
Anthropological Science 119(2) 203-209 2011年08月
A micro-CT based study of the endocranial morphology of the Minatogawa I cranium
Kubo D, Kono RT, and Suwa G
Anthropological Science 119 123-135 2011年08月
Mandibular tooth root size in modern Japanese, prehistoric Jomon, and Late Pleistocene Minatogawa human fossils
Suwa G, Fukase H, Kono RT, Kubo D, and Fujita M.
Anthropological Science 119(2) 159-171 2011年08月
The Ardipithecus ramidus skull and its implications for hominid origins.
Suwa G, Asfaw B, Kono RT, Kubo D, Lovejoy CO, and White TD
Science 326 68e1-68e7 2009年10月
Accuracy and precision of CT-based endocranial capacity estimations : a comparison with the conventional millet seed method and application to the Minatogawa 1 skull
Kubo D, Kono RT, Saso A, Mizushima S, and Suwa G
Anthropological Science 116 77-85 2008年04月

受賞

2013年11月
日本人類学会 若手会員大会発表賞 
2009年10月
日本人類学会 Anthropological Science 論文奨励賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2013年11月
日本人類学会 若手会員大会発表賞 
2009年10月
日本人類学会 Anthropological Science 論文奨励賞 

競争的資金等の研究課題

ジャワ原人を中心としたホモ・エレクトスの頭蓋腔形態に関する古神経学的研究
:科研費 若手研究(B)
研究期間 : 2014年04月 - 2017年03月 代表者 : 久保 大輔
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
ジャワ原人を中心としたホモ・エレクトスの頭蓋腔形態に関する古神経学的研究
:科研費 若手研究(B)
研究期間 : 2014年04月 - 2017年03月 代表者 : 久保 大輔

社会貢献

委員歴

2016年10月
-
現在
日本人類学会 評議員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2016年10月
-
現在
日本人類学会 評議員

ページトップへ