津田 真寿美ツダ マスミresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  病理系部門病理学分野
国際連携研究教育局
職名准教授 
学位
医学博士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/30431307.ja.html
科研費研究者番号

研究キーワード

腫瘍血管新生, 腫瘍微小環境, 抗がん剤, 腫瘍間質, 骨転移, 転写因子, 診断技術, 血管内皮細胞, 治療標的分子, 染色体転座, 腫瘍環境, 悪性腫瘍, 軟部肉腫, 治療, バイオイメージング, MET, EMT, EGFレセプター, 口腔がん, 血管新生, 顎骨浸潤, リン酸化

研究分野

基礎医学 / 実験病理学
歯学 / 外科系歯学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / 実験病理学
歯学 / 外科系歯学

職歴

2014年10月
-
現在
北海道大学 (講師)
2007年04月
-
2014年09月
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)
2006年04月
-
2007年03月
北海道大学 (助手)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2014年10月
-
現在
北海道大学 (講師)
2007年04月
-
2014年09月
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)
2006年04月
-
2007年03月
北海道大学 (助手)

研究活動

論文

Combining integrated genomics and functional genomics to dissect the biology of a cancer-associated, aberrant transcription factor, the ASPSCR1-TFE3 fusion oncoprotein.
Kobos R, Nagai M, Tsuda M, Merl MY, Saito T, Laé M, Mo Q, Olshen A, Lianoglou S, Leslie C, Ostrovnaya I, Antczak C, Djaballah H, Ladanyi M
The Journal of pathology 229(5) 743-754 2013年01月
Fluorescent protein-based biosensors and their clinical applications.
Ohba Y, Fujioka Y, Nakada S, Tsuda M
Progress in molecular biology and translational science 113 313-348 2013年
Simultaneous inhibition of Src and Aurora kinases by SU6656 induces therapeutic synergy in human synovial sarcoma growth, invasion and angiogenesis in vivo.
Arai R, Tsuda M, Watanabe T, Ose T, Obuse C, Maenaka K, Minami A, Ohba Y
European journal of cancer (Oxford, England : 1990) 48(15) 2417-2430 2012年10月
細胞内シグナル伝達の可視化技術と分子標的治療薬の耐性判定への応用
大場 雄介, 津田 真寿美
生化學 84(5) 359-365 2012年05月
細胞内シグナル伝達の可視化技術と分子標的治療薬の耐性判定への応用
大場雄介, 津田真寿美
生化学 84(5) 359-365 2012年05月
[Visualization of intracellular signaling and its application to assessment of response to molecular target drugs].
Ohba Y, Tsuda M
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 84 359-365 2012年05月
Roles for crk in cancer metastasis and invasion.
Tsuda M, Tanaka S
Genes & cancer 3 334-340 2012年05月
FRETバイオセンサーによるCML細胞のチロシンキナーゼ阻害薬感受性試験~臨床検体での有用性の検討
近藤健, 金安顕子, 盛暁生, 入江達朗, 津田真寿美, 森岡正信, 今村雅寛, 大場雄介
臨床血液 52(9) 1133 2011年09月
蛍光タンパク質を用いた細胞内シグナル伝達の可視化
大場 雄介, 津田 真寿美
日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 138(1) 13-17 2011年07月
[Visualization of cellular signaling by fluorescent proteins].
Ohba Y, Tsuda M
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica 138(1) 13-17 2011年07月
論文を全て表示する
論文閉じる
Combining integrated genomics and functional genomics to dissect the biology of a cancer-associated, aberrant transcription factor, the ASPSCR1-TFE3 fusion oncoprotein.
Kobos R, Nagai M, Tsuda M, Merl MY, Saito T, Laé M, Mo Q, Olshen A, Lianoglou S, Leslie C, Ostrovnaya I, Antczak C, Djaballah H, Ladanyi M
The Journal of pathology 229(5) 743-754 2013年01月
Fluorescent protein-based biosensors and their clinical applications.
Ohba Y, Fujioka Y, Nakada S, Tsuda M
Progress in molecular biology and translational science 113 313-348 2013年
Simultaneous inhibition of Src and Aurora kinases by SU6656 induces therapeutic synergy in human synovial sarcoma growth, invasion and angiogenesis in vivo.
Arai R, Tsuda M, Watanabe T, Ose T, Obuse C, Maenaka K, Minami A, Ohba Y
European journal of cancer (Oxford, England : 1990) 48(15) 2417-2430 2012年10月
細胞内シグナル伝達の可視化技術と分子標的治療薬の耐性判定への応用
大場 雄介, 津田 真寿美
生化學 84(5) 359-365 2012年05月
細胞内シグナル伝達の可視化技術と分子標的治療薬の耐性判定への応用
大場雄介, 津田真寿美
生化学 84(5) 359-365 2012年05月
[Visualization of intracellular signaling and its application to assessment of response to molecular target drugs].
Ohba Y, Tsuda M
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 84 359-365 2012年05月
Roles for crk in cancer metastasis and invasion.
Tsuda M, Tanaka S
Genes & cancer 3 334-340 2012年05月
FRETバイオセンサーによるCML細胞のチロシンキナーゼ阻害薬感受性試験~臨床検体での有用性の検討
近藤健, 金安顕子, 盛暁生, 入江達朗, 津田真寿美, 森岡正信, 今村雅寛, 大場雄介
臨床血液 52(9) 1133 2011年09月
蛍光タンパク質を用いた細胞内シグナル伝達の可視化
大場 雄介, 津田 真寿美
日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 138(1) 13-17 2011年07月
[Visualization of cellular signaling by fluorescent proteins].
Ohba Y, Tsuda M
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica 138(1) 13-17 2011年07月
RANKL expression specifically observed in vivo promotes epithelial mesenchymal transition and tumor progression.
Yamada T, Tsuda M, Takahashi T, Totsuka Y, Shindoh M, Ohba Y
The American journal of pathology 178 2845-2856 2011年06月
The Ras-PI3K signaling pathway is involved in clathrin-independent endocytosis and the internalization of influenza viruses.
Fujioka Y, Tsuda M, Hattori T, Sasaki J, Sasaki T, Miyazaki T, Ohba Y
PloS one 6 e16324 2011年01月
A novel FRET-based biosensor for the measurement of BCR-ABL activity and its response to drugs in living cells.
Mizutani T, Kondo T, Darmanin S, Tsuda M, Tanaka S, Tobiume M, Asaka M, Ohba Y
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research 16(15) 3964-3975 2010年08月
Visualization of Ras-PI3K interaction in the endosome using BiFC.
Tsutsumi K, Fujioka Y, Tsuda M, Kawaguchi H, Ohba Y
Cellular signalling 21 1672-1679 2009年11月
バイオイメージングの基礎と応用
津田 真寿美, 大場 雄介
細胞 41(11) 462-465 2009年10月
Adaptor protein Crk induces Src-dependent activation of p38 MAPK in regulation of synovial sarcoma cell proliferation.
Watanabe T, Tsuda M, Tanaka S, Ohba Y, Kawaguchi H, Majima T, Sawa H, Minami A
Molecular cancer research : MCR 7(9) 1582-1592 2009年09月
Human synovial sarcoma proto-oncogene Syt is essential for early embryonic development through the regulation of cell migration.
Kimura T, Sakai M, Tabu K, Wang L, Tsunematsu R, Tsuda M, Sawa H, Nagashima K, Nishihara H, Hatakeyama S, Nakayama K, Ladanyi M, Tanaka S, Nakayama KI
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology 89(6) 645-656 2009年06月
Crk adaptor protein-induced phosphorylation of Gab1 on tyrosine 307 via Src is important for organization of focal adhesions and enhanced cell migration.
Watanabe T, Tsuda M, Makino Y, Konstantinou T, Nishihara H, Majima T, Minami A, Feller SM, Tanaka S
Cell research 19 638-650 2009年05月
Transcription factor 8 activates R-Ras to regulate angiogenesis.
Inuzuka T, Tsuda M, Kawaguchi H, Ohba Y
Biochemical and biophysical research communications 379(2) 510-513 2009年02月
Integral role of transcription factor 8 in the negative regulation of tumor angiogenesis.
Inuzuka T, Tsuda M, Tanaka S, Kawaguchi H, Higashi Y, Ohba Y
Cancer research 69(4) 1678-1684 2009年02月
Increased motility and invasiveness in tumor cells that survive 10 Gy irradiation.
Tsutsumi K, Tsuda M, Yazawa N, Nakamura H, Ishihara S, Haga H, Yasuda M, Yamazaki R, Shirato H, Kawaguchi H, Nishioka T, Ohba Y
Cell structure and function 34(2) 89-96 2009年
シグナル伝達研究から創薬開発へ 2.細胞内シグナル伝達の可視化とその創薬への応用
大場雄介, 津田真寿美
実験医学 26(15) 2506-2513 2008年09月
PTHrP promotes malignancy of human oral cancer cell downstream of the EGFR signaling.
Yamada T, Tsuda M, Ohba Y, Kawaguchi H, Totsuka Y, Shindoh M
Biochemical and biophysical research communications 368(3) 575-581 2008年04月
Signaling adaptor protein Crk is indispensable for malignant feature of glioblastoma cell line KMG4.
Wang L, Tabu K, Kimura T, Tsuda M, Linghu H, Tanino M, Kaneko S, Nishihara H, Tanaka S
Biochemical and biophysical research communications 362(4) 976-981 2007年11月
1 高齢者の生理学的特徴 高齢者がん患者の臨床検査からみた機能評価
津田真寿美, 川口秀明
癌の臨床 52(12) 721-730 2007年06月
TFE3 fusions activate MET signaling by transcriptional up-regulation, defining another class of tumors as candidates for therapeutic MET inhibition.
Tsuda M, Davis IJ, Argani P, Shukla N, McGill GG, Nagai M, Saito T, Laé M, Fisher DE, Ladanyi M
Cancer research 67 919-929 2007年02月
Adaptor molecule Crk is required for sustained phosphorylation of Grb2-associated binder 1 and hepatocyte growth factor-induced cell motility of human synovial sarcoma cell lines.
Watanabe T, Tsuda M, Makino Y, Ichihara S, Sawa H, Minami A, Mochizuki N, Nagashima K, Tanaka S
Molecular cancer research : MCR 4(7) 499-510 2006年07月
A novel function of OLIG2 to suppress human glial tumor cell growth via p27Kip1 transactivation.
Tabu K, Ohnishi A, Sunden Y, Suzuki T, Tsuda M, Tanaka S, Sakai T, Nagashima K, Sawa H
Journal of cell science 119(7) 1433-1441 2006年04月
Elmo1 inhibits ubiquitylation of Dock180.
Makino Y, Tsuda M, Ichihara S, Watanabe T, Sakai M, Sawa H, Nagashima K, Hatakeyama S, Tanaka S
Journal of cell science 119(5) 923-932 2006年03月
高齢者の生理学的特徴--高齢者がん患者の臨床検査からみた機能評価 (特集 高齢者がんの特徴と治療法の新展開)
津田 真寿美, 川口 秀明
癌の臨床 52(12) 721-730 2006年
Induction of p21(WAF1/CIP1) by human synovial sarcoma-associated chimeric oncoprotein SYT-SSX1.
Tsuda M, Watanabe T, Seki T, Kimura T, Sawa H, Minami A, Akagi T, Isobe K, Nagashima K, Tanaka S
Oncogene 24 7984-7990 2005年12月
Crk associates with ERM proteins and promotes cell motility toward hyaluronic acid.
Tsuda M, Makino Y, Iwahara T, Nishihara H, Sawa H, Nagashima K, Hanafusa H, Tanaka S
The Journal of biological chemistry 279(45) 46843-46850 2004年11月
Nuclear entry mechanism of the human polyomavirus JC virus-like particle: role of importins and the nuclear pore complex.
Qu Q, Sawa H, Suzuki T, Semba S, Henmi C, Okada Y, Tsuda M, Tanaka S, Atwood WJ, Nagashima K
The Journal of biological chemistry 279(26) 27735-27742 2004年06月
Expression of the oligodendroglial lineage-associated markers Olig1 and Olig2 in different types of human gliomas.
Ohnishi A, Sawa H, Tsuda M, Sawamura Y, Itoh T, Iwasaki Y, Nagashima K
Journal of neuropathology and experimental neurology 62 1052-1059 2003年10月
キメラ遺伝子と病理診断 滑膜肉腫の臨床病理学特徴とSYT‐SSXキメラ遺伝子産物による細胞癌化のメカニズム
田中伸哉, 津田真寿美, 平賀博明, 三浪明男, 長嶋和郎
病理と臨床 21(6) 593-603 2003年06月
An association of Bcl-2 phosphorylation and Bax localization with their functions after hyperthermia and paclitaxel treatment.
Salah-Eldin AE, Inoue S, Tsukamoto S, Aoi H, Tsuda M
International journal of cancer. Journal international du cancer 103 53-60 2003年01月
DOCK2 associates with CrkL and regulates Rac1 in human leukemia cell lines.
Nishihara H, Maeda M, Oda A, Tsuda M, Sawa H, Nagashima K, Tanaka S
Blood 100 3968-3974 2002年12月
DOCK2 mediates T cell receptor-induced activation of Rac2 and IL-2 transcription.
Nishihara H, Maeda M, Tsuda M, Makino Y, Sawa H, Nagashima K, Tanaka S
Biochemical and biophysical research communications 296(3) 716-720 2002年08月
Molecular and immunohistochemical analysis of signaling adaptor protein Crk in human cancers.
Nishihara H, Tanaka S, Tsuda M, Oikawa S, Maeda M, Shimizu M, Shinomiya H, Tanigami A, Sawa H, Nagashima K
Cancer letters 180 55-61 2002年06月
Signaling adaptor protein v-Crk activates Rho and regulates cell motility in 3Y1 rat fibroblast cell line.
Tsuda M, Tanaka S, Sawa H, Hanafusa H, Nagashima K
Cell growth & differentiation : the molecular biology journal of the American Association for Cancer Research 13 131-139 2002年03月
がん細胞の細胞動態解析 化学療法の立場からの細胞動態
井上勝一, 飯塚雅由, 亀山雅世, 津田真寿美
細胞 32(5) 186-191 2000年05月
フローサイトメトリー―最近の進歩 細胞周期とDNAインデックス
井上勝一, 津田真寿美, 飯塚雅由
臨床検査 41(10) 1123-1130 1997年10月

特許

滑膜肉腫治療剤
津田 真寿美, 渡部 琢哉
特願2007-003808 2007年01月11日
特許を全て表示する
特許閉じる
滑膜肉腫治療剤
津田 真寿美, 渡部 琢哉
特願2007-003808 2007年01月11日

競争的資金等の研究課題

次世代分子標的治療実現に向けたマルチキナーゼ阻害薬のリプロファイリング
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2012年 - 2012年 代表者 : 津田 真寿美
血管内皮細胞の内皮間葉移行による癌細胞の骨親和性獲得メカニズムの解明
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2010年 - 2011年 代表者 : 津田 真寿美
バイオイメージングによる上皮間葉・間葉上皮移行の分子基盤とダイナミクスの解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 大場 雄介
新規開発ヒト腫瘍環境3次元モデルを用いた抗がん剤の最適適用診断
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2009年 代表者 : 津田 真寿美
口腔がんの顎骨浸潤は抑制できるか?-EGFレセプターリン酸化阻害による効果-
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 戸塚 靖則
染色体転座キメラ因子関連蛋白を標的とした抗がん剤の迅速適用と開発
文部科学省:科学研究費補助金(特別研究促進費, 若手研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 津田 真寿美
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
次世代分子標的治療実現に向けたマルチキナーゼ阻害薬のリプロファイリング
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2012年 - 2012年 代表者 : 津田 真寿美
血管内皮細胞の内皮間葉移行による癌細胞の骨親和性獲得メカニズムの解明
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2010年 - 2011年 代表者 : 津田 真寿美
バイオイメージングによる上皮間葉・間葉上皮移行の分子基盤とダイナミクスの解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 大場 雄介
新規開発ヒト腫瘍環境3次元モデルを用いた抗がん剤の最適適用診断
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2009年 代表者 : 津田 真寿美
口腔がんの顎骨浸潤は抑制できるか?-EGFレセプターリン酸化阻害による効果-
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 戸塚 靖則
染色体転座キメラ因子関連蛋白を標的とした抗がん剤の迅速適用と開発
文部科学省:科学研究費補助金(特別研究促進費, 若手研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 津田 真寿美

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 循環、血液、呼吸、筋電図、心電図、脳波
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療

ページトップへ