安達 真由美アダチ マユミresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
文学研究科 人間システム科学専攻 心理システム科学講座
環境健康科学研究教育センター
脳科学研究教育センター
職名教授 
学位
Ph.D.(ワシントン大学)
Ed.M.(コロンビア大学ティーチャーズカレッジ)
M.A.(コロンビア大学ティーチャーズカレッジ)
メールアドレス
ホームページURLhttp://cogpsy.let.hokudai.ac.jp/labs/adachi-lab/
科研費研究者番号

研究キーワード

音楽発達心理学, 音楽心理学, 心理音楽学, 音楽知覚認知, 音楽教育

研究分野

子ども学 / 子ども学(子ども環境学)
心理学 / 実験心理学(音楽心理学)
情報学 / 認知科学
教育学 / 教育学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
子ども学 / 子ども学(子ども環境学)
心理学 / 実験心理学(音楽心理学)
情報学 / 認知科学
教育学 / 教育学

職歴

2002年
-
2007年
 北海道大学(文学研究科) 助教授
1998年
-
2002年
 山梨大学教育人間科学部 助教授
1996年
-
1997年
 トロント大学発達心理学センター 研究員
1998年
 ワシントン大学音楽学部 招聘研究員
2000年
 シェフィールド大学音楽学部 招聘講師
2002年
- 札幌大谷(短期)大学音楽学部 非常勤講師
2003年
- 弘前大学教育学部 非常勤講師(集中講義)
2007年
 新潟大学人文学部 非常勤講師(集中講義)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2002年
-
2007年
 北海道大学(文学研究科) 助教授
1998年
-
2002年
 山梨大学教育人間科学部 助教授
1996年
-
1997年
 トロント大学発達心理学センター 研究員
1998年
 ワシントン大学音楽学部 招聘研究員
2000年
 シェフィールド大学音楽学部 招聘講師
2002年
- 札幌大谷(短期)大学音楽学部 非常勤講師
2003年
- 弘前大学教育学部 非常勤講師(集中講義)
2007年
 新潟大学人文学部 非常勤講師(集中講義)

学歴

-
1995年
ワシントン大学大学院 (University of Washington) 音楽研究科 (Department of Music) 心理音楽学 (Psychomusicology)
-
1989年
コロンビア大学ティーチャーズカレッジ (Teachers College at Columbia University) 音楽研究科 (Department of Music) 音楽教育学 (Music Education)
-
1987年
コロンビア大学ティーチャーズカレッジ (Teachers College at Columbia University) 音楽研究科 (Department of Music) ピアノ教育法 (Piano Pedagogy)
-
1983年
新潟大学 教育学部 特別音楽科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
1995年
ワシントン大学大学院 (University of Washington) 音楽研究科 (Department of Music) 心理音楽学 (Psychomusicology)
-
1989年
コロンビア大学ティーチャーズカレッジ (Teachers College at Columbia University) 音楽研究科 (Department of Music) 音楽教育学 (Music Education)
-
1987年
コロンビア大学ティーチャーズカレッジ (Teachers College at Columbia University) 音楽研究科 (Department of Music) ピアノ教育法 (Piano Pedagogy)
-
1983年
新潟大学 教育学部 特別音楽科

所属学協会

日本音楽知覚認知学会
英国音楽教育・音楽心理学会 (Society for Education, Music and Psychology Research)
米国発達心理学会 (Society for Research in Child Development)
国際乳児学会 (International Society for Infant Studies)
欧州音楽認知科学学会 (European Society for the Cognitive Sciences of Music)
日本心理学会
日本音楽教育学会
北海道心理学会
ペース・メソッド研究会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本音楽知覚認知学会
英国音楽教育・音楽心理学会 (Society for Education, Music and Psychology Research)
米国発達心理学会 (Society for Research in Child Development)
国際乳児学会 (International Society for Infant Studies)
欧州音楽認知科学学会 (European Society for the Cognitive Sciences of Music)
日本心理学会
日本音楽教育学会
北海道心理学会
ペース・メソッド研究会

研究活動

論文

How Live Performance Moves the Human Heart.
Shoda H, Adachi M, Umeda T
PloS one 11(4) e0154322 2016年
Why live recording sounds better: A case study of Schumann's Träumerei
Haruka Shoda, Haruka Shoda, Mayumi Adachi
Frontiers in Psychology 6 2015年01月
The role of a pianist’s affective and structural interpretations in his expressive body movement: A single case study.
Music Perception 29(3) 237-254 2012年
Canadian and Japanese preschoolers’ creation of happy and sad songs.
Psychomusicology 21 69-82 2011年
Effects of the musical period on the pianist’s body movement: Its time-series relationships with temporal expressions.
Proceedings of the 11th International Conference on Music Perception and Cognition [CD-ROM]  843-848 2010年
Time-series analysis of relationships between the pianist’s body movement and the temporal expression for Romantic pieces.
Proceedings of the 2nd International Conference on Music Communication Science  137-140 2009年
ピアニストの意図した演奏表現の伝達―演奏音の音響特性ならびに演奏者の身体動作の分析―
正田悠, 中村敏枝, 安達真由美
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM) 2008 ROMBUNNO.1123 2008年09月
Japanese college students’ emotional responses to J-POP-like songs on physiological and psychological measures.
Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition [1/1 (CD-ROM)] .  490-495 2008年
The role of musical environment at home in the infant’s development (Part 1): Japanese mother’s understanding and practice of taikyo and its effects on the mother’s labor and the infant’s development.
Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition [1/1 (CD-ROM)].  752-757 2008年
The role of musical environment at home in the infant’s development (Part 2): Exploring effects of early musical experiences on the infant’s physical and motor development during the first 2 years.
Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition [1/1 (CD-ROM)].  757-757 2008年
論文を全て表示する
論文閉じる
How Live Performance Moves the Human Heart.
Shoda H, Adachi M, Umeda T
PloS one 11(4) e0154322 2016年
Why live recording sounds better: A case study of Schumann's Träumerei
Haruka Shoda, Haruka Shoda, Mayumi Adachi
Frontiers in Psychology 6 2015年01月
The role of a pianist’s affective and structural interpretations in his expressive body movement: A single case study.
Music Perception 29(3) 237-254 2012年
Canadian and Japanese preschoolers’ creation of happy and sad songs.
Psychomusicology 21 69-82 2011年
Effects of the musical period on the pianist’s body movement: Its time-series relationships with temporal expressions.
Proceedings of the 11th International Conference on Music Perception and Cognition [CD-ROM]  843-848 2010年
Time-series analysis of relationships between the pianist’s body movement and the temporal expression for Romantic pieces.
Proceedings of the 2nd International Conference on Music Communication Science  137-140 2009年
ピアニストの意図した演奏表現の伝達―演奏音の音響特性ならびに演奏者の身体動作の分析―
正田悠, 中村敏枝, 安達真由美
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM) 2008 ROMBUNNO.1123 2008年09月
Japanese college students’ emotional responses to J-POP-like songs on physiological and psychological measures.
Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition [1/1 (CD-ROM)] .  490-495 2008年
The role of musical environment at home in the infant’s development (Part 1): Japanese mother’s understanding and practice of taikyo and its effects on the mother’s labor and the infant’s development.
Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition [1/1 (CD-ROM)].  752-757 2008年
The role of musical environment at home in the infant’s development (Part 2): Exploring effects of early musical experiences on the infant’s physical and motor development during the first 2 years.
Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition [1/1 (CD-ROM)].  757-757 2008年
The role of musical environment at home in the infant’s development (Part 4): Japanese mothers’ involvement in music and its effects on parenting.
Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition (pp. 729-733). [1/1 (CD-ROM)]  729-733 2008年
Perceiving emotion in children's songs across age and culture.
ADACHI M, TREHUB S E, ABE J
Japanese Psychological Research. 46(4) 322-336 2004年
Perception of the intended emotions in Japanese children’s songs.
Proceedings of the 18th International Congress on Acoustics [1/1 (CD-ROM)] IV  2725-2728 2004年
「幼児の自作歌に見られる情動表現」
『音楽心理学音楽療法研究年報』 32 3-10 2003年
Expectancy in melody: tests of children and adults.
Schellenberg EG, Adachi M, Purdy KT, McKinnon MC
Journal of experimental psychology. General 131(4) 511-537 2002年12月
Children's imagination in music.
Proceedings of the 17th Congress of International Association of Empirical Aesthetics.  457-462 2002年
Infants encountering music: An exploration of musical affordances.
Proceedings of the 7th International Conference on Music Perception and Cognition. [CD-ROM]  454-456 2002年
Knowledge- and skill-transfer into preschool children’s song making activities.
Proceedings of the Third Asia-Pacific Symposium on Music Education Research, Vol. I  33-36 2001年
ヴィゴツキーの理論と音楽的発達.
音楽心理学音楽療法研究年報 29 13-19 2000年
Decoding the expressive intentions in children’s songs.
Music Perception 18(2) 213-224 2000年
Children’s communication of emotion in song.
Music, Mind and Science  454-465 1999年
Children’s expression of emotion in song.
Psychology of Music 26(2) 133-153 1998年
Perception of emotional qualities in children’s singing: Cross-cultural perspectives.
Searching for a New Paradigm of Music Education Research: An International Perspective  55-63 1998年
リズム模写における日米児童の記号使用と概念表象について
安達 真由美
音楽教育学 27(1) 25-36 1997年06月
Japanese children’s use of linguistic symbols in depicting rhythm patterns.
Proceedings of the Fourth International Conference for Music Perception and Cognition  413-418 1996年
Measuring melodic expectancies with children.
Council for Research in Music Education (127) 1-7 1995年
The role of the adult in the child's early musical socialization: A Vygotskian perspective.
The Quarterly: Journal of Music Teaching & Learning 5(3) 26-35 1994年
Melodic expectancy development in musical children.
Proceedings of the Third International Conference for Music Perception and Cognition  143-144 1994年
Development of young children's music reading via instruction.
Proceedings of the Fifth Early Childhood Music Education Seminar  83-107 1992年

書籍

The Oxford Handbook of Children's Musical Cultures
ADACHI Mayumi
Oxford University Press 2013年
Musical Childhoods of Asia and the Pacific (Advances in Music Education Research)
Information Age Publishing 2012年06月 ISBN : 161735774X
The Oxford Handbook of Music Education (Volume 1)
ADACHI Mayumi
Oxford University Press 2012年
演奏を支える心と科学
誠信書房 2011年09月 ISBN : 4414306264
笑い力-人文学でワッハッハ (北大文学研究科ライブラリ)
冨田 康之, 千葉 惠, 川口 暁弘, 櫻井 義秀, 安達 真由美, 鈴木 幸人, 津田 芳郎, 武田 雅哉
北海道大学出版会 2011年04月 ISBN : 4832933779
A study of healthy being: From interdisciplinary perspectives
ADACHI Mayumi
Azusa Syuppan 2010年03月
音楽教育学の未来
安達 真由美
 2009年10月
認知科学への招待2ー心の研究の多様性を探る
安達 真由美
研究社 2006年12月
心を測る
安達 真由美
八千代出版 2005年04月
Creativity: When East Meets West
World Scientific Pub Co Inc 2004年09月 ISBN : 9812388265
書籍を全て表示する
書籍閉じる
The Oxford Handbook of Children's Musical Cultures
ADACHI Mayumi
Oxford University Press 2013年
Musical Childhoods of Asia and the Pacific (Advances in Music Education Research)
Information Age Publishing 2012年06月 ISBN : 161735774X
The Oxford Handbook of Music Education (Volume 1)
ADACHI Mayumi
Oxford University Press 2012年
演奏を支える心と科学
誠信書房 2011年09月 ISBN : 4414306264
笑い力-人文学でワッハッハ (北大文学研究科ライブラリ)
冨田 康之, 千葉 惠, 川口 暁弘, 櫻井 義秀, 安達 真由美, 鈴木 幸人, 津田 芳郎, 武田 雅哉
北海道大学出版会 2011年04月 ISBN : 4832933779
A study of healthy being: From interdisciplinary perspectives
ADACHI Mayumi
Azusa Syuppan 2010年03月
音楽教育学の未来
安達 真由美
 2009年10月
認知科学への招待2ー心の研究の多様性を探る
安達 真由美
研究社 2006年12月
心を測る
安達 真由美
八千代出版 2005年04月
Creativity: When East Meets West
World Scientific Pub Co Inc 2004年09月 ISBN : 9812388265
音楽教育学研究(1)音楽教育の理論研究
安達 真由美
音楽之友社 2000年04月
Music, Mind and Science
ADACHI Mayumi
Seoul National University Press 1999年

講演・口頭発表等

PD-017 子どもと母親の気質と生活 : 子どもの気質に関連する諸要因についての予備的検討(発達,ポスター発表)
草薙 恵美子, 星 信子, 高村 仁知, 安達 真由美, 陳 省仁, 大石 正
日本教育心理学会総会発表論文集 2012年11月 
PD-018 子どもと母親の気質と生活 : 母親の気質に関連する諸要因についての予備的検討(発達,ポスター発表)
星 信子, 草薙 恵美子, 高村 仁知, 安達 真由美, 陳 省仁, 大石 正
日本教育心理学会総会発表論文集 2012年11月 
PF-010 母親のパーソナリティに対するその属性の効果 : 「情動共感性」と「内的作業モデル」に注目して(人格,ポスター発表)
松田 久美, 安達 真由美
日本教育心理学会総会発表論文集 2012年11月 
「養育者のsensitivity」の構造についての探索的検討8―「自己統制機能尺度」の作成及び自己統制機能と母親の属性との関連性の検討―
松田久美, 安達真由美
日本発達心理学会大会論文集 2012年02月 
常任理事会企画 プロジェクト研究 音楽と言葉をめぐって(2) (第42回大会報告)
今田 匡彦, 河野 美砂子, 安達 真由美
音楽教育学 2011年00月 
K098 「養育者のsensitivity」と情動知能(EI)との関連性について : 「養育者のsensitivity」の構造についての探索的研究7(口頭セッション16 養育態度と子供の特性)
松田 久美, 安達 真由美
日本教育心理学会総会発表論文集 2010年07月 
PC1-24 養育者の「子どもとの一体感」に関する探索的研究(発達,ポスター発表C)
松田 久美, 安達 真由美
日本教育心理学会総会発表論文集 2008年09月 
Jポップ風の歌における情動的印象:曲と歌詞についての検討
岩井香織, 安達真由美
北海道心理学研究 2008年05月 
ピアノ演奏者の表現の違いによる聴取者の印象評定の変化(2):聴取者の楽器演奏経験の影響
正田 悠, 中村 敏枝, 安田 晶子, 森 数馬, 安達 真由美
日本認知心理学会発表論文集 2008年00月 
旋律の期待プロフィールに与える専門教育の影響
尾崎知世, 安達真由美
北海道心理学研究 2006年09月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
PD-017 子どもと母親の気質と生活 : 子どもの気質に関連する諸要因についての予備的検討(発達,ポスター発表)
草薙 恵美子, 星 信子, 高村 仁知, 安達 真由美, 陳 省仁, 大石 正
日本教育心理学会総会発表論文集 2012年11月 
PD-018 子どもと母親の気質と生活 : 母親の気質に関連する諸要因についての予備的検討(発達,ポスター発表)
星 信子, 草薙 恵美子, 高村 仁知, 安達 真由美, 陳 省仁, 大石 正
日本教育心理学会総会発表論文集 2012年11月 
PF-010 母親のパーソナリティに対するその属性の効果 : 「情動共感性」と「内的作業モデル」に注目して(人格,ポスター発表)
松田 久美, 安達 真由美
日本教育心理学会総会発表論文集 2012年11月 
「養育者のsensitivity」の構造についての探索的検討8―「自己統制機能尺度」の作成及び自己統制機能と母親の属性との関連性の検討―
松田久美, 安達真由美
日本発達心理学会大会論文集 2012年02月 
常任理事会企画 プロジェクト研究 音楽と言葉をめぐって(2) (第42回大会報告)
今田 匡彦, 河野 美砂子, 安達 真由美
音楽教育学 2011年00月 
K098 「養育者のsensitivity」と情動知能(EI)との関連性について : 「養育者のsensitivity」の構造についての探索的研究7(口頭セッション16 養育態度と子供の特性)
松田 久美, 安達 真由美
日本教育心理学会総会発表論文集 2010年07月 
PC1-24 養育者の「子どもとの一体感」に関する探索的研究(発達,ポスター発表C)
松田 久美, 安達 真由美
日本教育心理学会総会発表論文集 2008年09月 
Jポップ風の歌における情動的印象:曲と歌詞についての検討
岩井香織, 安達真由美
北海道心理学研究 2008年05月 
ピアノ演奏者の表現の違いによる聴取者の印象評定の変化(2):聴取者の楽器演奏経験の影響
正田 悠, 中村 敏枝, 安田 晶子, 森 数馬, 安達 真由美
日本認知心理学会発表論文集 2008年00月 
旋律の期待プロフィールに与える専門教育の影響
尾崎知世, 安達真由美
北海道心理学研究 2006年09月 
児童の作文課題に見られる男女差について
五十嵐めぐみ, 安達真由美
日本心理学会大会発表論文集 2003年08月 
音楽聴取と視覚的イメージ
安達真由美
日本心理学会大会発表論文集 2002年08月 
プロジェクト研究A 音楽教育研究における「質的」「量的」融合への道--データ分析上の落とし穴に注目して (〔日本音楽教育学会〕第32回大会)
安達 真由美, 高須 一, 水戸 博道
音楽教育学 2002年00月 
Why can’t Japanese elementary school children make up songs?
Proceedings of the Third Asia-Pacific Symposium on Music Education Research, Vol. II 2001年00月 
音楽教育研究における量的(実証的)研究と質的(解釈論的)研究--その対立の構図をめぐって (〔日本音楽教育学会〕第30回大会)
小川 容子, 安達 真由美, 高須 一
音楽教育学 2000年01月 
Children’s expressive devices in singing.
Proceedings of the Fourth International Conference for Music Perception and Cognition 1996年00月 

競争的資金等の研究課題

子どもの情緒・認知・創造性・社会性における音楽学習の効果
(株)エルム楽器:共同研究
研究期間 : 2007年04月 - 2016年03月 代表者 : 安達 真由美
音楽による養生的胎教の成立メカニズムの探究
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 安達 真由美
幼児期気質に関する20年間の時代変化と規定要因についての学際的研究
文部科学省:科学研究費補助金
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 草薙 恵美子
鑑賞の授業における構造主義モデルの再吟味と社会文化論的アプローチによる再構築
文部科学省:科学研究費補助金
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 小川 容子
胎児が音楽に触れるとき:胎児と妊婦の個人特性に注目した縦断的探究
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 安達 真由美
家庭の音楽環境が乳児をどう育てるのか:縦断的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2006年 - 2008年 代表者 : 安達 真由美
音楽の認知過程と情動過程:その相互作用に関する文化比較とプロセスモデル構築
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2003年 - 2006年 代表者 : 阿部 純一
子どもの創作活動における音楽的発達研究:幼年期・義務教育期間の縦断的横断的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2002年 - 2004年 代表者 : 高須 一, 小川 容子
音楽の知覚的体制化と情動反応との関係:認知モデル化と文化比較
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2001年 - 2002年 代表者 : 阿部 純一
自作の物語及び歌を媒体とした日本人児童の情動表現について
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間 : 1999年 - 2001年 代表者 : 安達 真由美
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
子どもの情緒・認知・創造性・社会性における音楽学習の効果
(株)エルム楽器:共同研究
研究期間 : 2007年04月 - 2016年03月 代表者 : 安達 真由美
音楽による養生的胎教の成立メカニズムの探究
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 安達 真由美
幼児期気質に関する20年間の時代変化と規定要因についての学際的研究
文部科学省:科学研究費補助金
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 草薙 恵美子
鑑賞の授業における構造主義モデルの再吟味と社会文化論的アプローチによる再構築
文部科学省:科学研究費補助金
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 小川 容子
胎児が音楽に触れるとき:胎児と妊婦の個人特性に注目した縦断的探究
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 安達 真由美
家庭の音楽環境が乳児をどう育てるのか:縦断的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2006年 - 2008年 代表者 : 安達 真由美
音楽の認知過程と情動過程:その相互作用に関する文化比較とプロセスモデル構築
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2003年 - 2006年 代表者 : 阿部 純一
子どもの創作活動における音楽的発達研究:幼年期・義務教育期間の縦断的横断的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2002年 - 2004年 代表者 : 高須 一, 小川 容子
音楽の知覚的体制化と情動反応との関係:認知モデル化と文化比較
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2001年 - 2002年 代表者 : 阿部 純一
自作の物語及び歌を媒体とした日本人児童の情動表現について
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間 : 1999年 - 2001年 代表者 : 安達 真由美
乳児の音楽的喃語と言語的喃語の発達における親の役割について
:国際共同研究 (AIRS)
研究期間 : 2009年
歌唱に関する国際的データベース作成
:国際共同研究 (AIRS)
研究期間 : 2010年
歌唱能力の発達を測定するための国際的歌唱テストの開発
:国際共同研究 (AIRS)
研究期間 : 2010年

教育活動

主要な担当授業

修士論文
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 文学研究科
修士論文・特定課題指導特殊演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 文学研究科
卒業論文
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
博士論文指導特殊演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 文学研究科
基礎心理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
キーワード : 音楽、心理学、知覚、認知、学習、演奏、発達
学習過程論特別演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 文学研究科
キーワード : 音楽、心理学、発達、音楽知覚、音楽認知
心理学実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 基礎心理学,実験心理学,認知心理学,社会心理学
心理学実験実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
キーワード : 心理学、実験実習
心理学特殊演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
キーワード : 実験心理学,認知心理学,発達心理学,認知科学
脳科学入門Ⅵ:認知科学の基礎
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 感覚 知覚 記憶 発達 運動 社会的認知 細胞集成体 言語 生成文法 認知革命 音楽認知
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
修士論文
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 文学研究科
修士論文・特定課題指導特殊演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 文学研究科
卒業論文
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
博士論文指導特殊演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 文学研究科
基礎心理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
キーワード : 音楽、心理学、知覚、認知、学習、演奏、発達
学習過程論特別演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 文学研究科
キーワード : 音楽、心理学、発達、音楽知覚、音楽認知
心理学実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 基礎心理学,実験心理学,認知心理学,社会心理学
心理学実験実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
キーワード : 心理学、実験実習
心理学特殊演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
キーワード : 実験心理学,認知心理学,発達心理学,認知科学
脳科学入門Ⅵ:認知科学の基礎
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 感覚 知覚 記憶 発達 運動 社会的認知 細胞集成体 言語 生成文法 認知革命 音楽認知
英語演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 英語、発音、リズム、抑揚、フレージング、ヒアリング、スピーキング
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
修士論文
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 文学研究科
修士論文・特定課題指導特殊演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 文学研究科
卒業論文
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
学習過程論特別演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 文学研究科
キーワード : 音楽、心理学、発達、音楽知覚、音楽認知
心理学実験実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
キーワード : 心理学、実験実習
心理学演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
キーワード : 心理学、学習、認知、知覚、注意、記憶、思考、発達、知能、動機づけ、情動、社会性、研究法
心理学特殊演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
キーワード : 実験心理学,認知心理学,発達心理学,認知科学
英語演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 英語 English、発音 pronunciation, リズム rhythm, 抑揚 contour、フレージング phrasing、ヒアリング hearing、スピーキング speaking
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
修士論文
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 文学研究科
修士論文・特定課題指導特殊演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 文学研究科
卒業論文
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
博士論文指導特殊演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 文学研究科
国際交流科目
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 国際本部
学習過程論特別演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 文学研究科
キーワード : 音楽、心理学、音楽知覚、音楽認知
心理学実験実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
キーワード : 心理学、実験実習
心理学演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
キーワード : 心理学、学習、認知、知覚、注意、記憶、思考、発達、知能、動機づけ、情動、社会性、研究法
心理学特殊演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
キーワード : 実験心理学,認知心理学,発達心理学,認知科学

大学運営

学内役職歴

2016年04月
-
2017年03月
大学院文学研究科人間システム科学専攻長
2009年04月
-
2011年03月
施設・環境計画室室員
2008年04月
-
2009年03月
施設・環境計画室室員
学内役職歴を全て表示する
学内役職歴閉じる
2016年04月
-
2017年03月
大学院文学研究科人間システム科学専攻長
2009年04月
-
2011年03月
施設・環境計画室室員
2008年04月
-
2009年03月
施設・環境計画室室員

社会貢献

委員歴

2007年
-
2014年
国際音楽知覚認知会議 (International Conference on Music Perception and Cognition) 統括委員会委員
2007年
-
2011年
日本音楽知覚認知学会 常任理事
2001年
-
2011年
日本音楽知覚認知学会 国際渉外担当理事
2003年
-
2007年
日本心理学会 国際委員会委員
2000年
-
2006年
国際音楽教育学会 (International Society for Music Education) Editorial Board Member
2000年
-
2004年
日本音楽教育学会 編集委員
2007年
国際音楽知覚認知会議 (International Conference on Music Perception and Cognition) 顧問会議委員
2001年
国際音楽知覚認知会議 (International Conference on Music Perception and Cognition) 査読委員
1998年
日本音楽知覚認知学会 編集委員
2008年
英国音楽教育・音楽心理学会 (Society for Education, Music and Psychology Research) 編集委員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2007年
-
2014年
国際音楽知覚認知会議 (International Conference on Music Perception and Cognition) 統括委員会委員
2007年
-
2011年
日本音楽知覚認知学会 常任理事
2001年
-
2011年
日本音楽知覚認知学会 国際渉外担当理事
2003年
-
2007年
日本心理学会 国際委員会委員
2000年
-
2006年
国際音楽教育学会 (International Society for Music Education) Editorial Board Member
2000年
-
2004年
日本音楽教育学会 編集委員
2007年
国際音楽知覚認知会議 (International Conference on Music Perception and Cognition) 顧問会議委員
2001年
国際音楽知覚認知会議 (International Conference on Music Perception and Cognition) 査読委員
1998年
日本音楽知覚認知学会 編集委員
2008年
英国音楽教育・音楽心理学会 (Society for Education, Music and Psychology Research) 編集委員
2004年
アジア太平洋音楽認知科学連合 (Asia-Pacific Society for Cognitive Sciences of Music) 統括委員会委員
1997年
ペース・メソッド研究会 特別参与
2008年
心理音楽学(Psychomusicology: Music, Mind, and Brain) 編集委員

ページトップへ