加藤 公児カトウ コウジresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
先端生命科学研究院 先端融合科学研究部門 X線構造生物学分野
職名助教 
学位
博士(理学)(大阪大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/30452428.ja.html
科研費研究者番号

研究キーワード

生体超分子複合体, タンパク質-核酸複合体, vault, 核酸-タンパク質複合体, X線結晶構造解析, ボルト

研究分野

生物科学 / 構造生物化学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
生物科学 / 構造生物化学

職歴

2013年04月
-
現在
北海道大学(助教)
2012年07月
-
2013年03月
兵庫県立大学(特任講師)
2011年01月
-
2012年06月
カリフォルニア工科大学(博士研究員)
2009年10月
-
2011年01月
兵庫県立大学(特任助教)
2007年04月
-
2009年09月
大阪大学(特任研究員)
2006年04月
-
2007年03月
大阪大学(技術補佐員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2013年04月
-
現在
北海道大学(助教)
2012年07月
-
2013年03月
兵庫県立大学(特任講師)
2011年01月
-
2012年06月
カリフォルニア工科大学(博士研究員)
2009年10月
-
2011年01月
兵庫県立大学(特任助教)
2007年04月
-
2009年09月
大阪大学(特任研究員)
2006年04月
-
2007年03月
大阪大学(技術補佐員)

学歴

2003年04月
-
2006年03月
大阪大学 大学院・理学研究科 高分子科学専攻
学歴を全て表示する
学歴閉じる
2003年04月
-
2006年03月
大阪大学 大学院・理学研究科 高分子科学専攻

研究活動

論文

A novel glycoside hydrolase family 97 enzyme: Bifunctional β-l-arabinopyranosidase/α-galactosidase from Bacteroides thetaiotaomicron.
Kikuchi A, Okuyama M, Kato K, Osaki S, Ma M, Kumagai Y, Matsunaga K, Klahan P, Tagami T, Yao M, Kimura A
Biochimie 2017年08月
Crystallographic analysis of a subcomplex of the transsulfursome with tRNA for Cys-tRNA(Cys) synthesis.
Chen M, Nakazawa Y, Kubo Y, Asano N, Kato K, Tanaka I, Yao M
Acta crystallographica. Section F, Structural biology communications 72(Pt 7) 569-572 2016年07月
Structural insights into the difference in substrate recognition of two mannoside phosphorylases from two GH130 subfamilies.
Ye Y, Saburi W, Odaka R, Kato K, Sakurai N, Komoda K, Nishimoto M, Kitaoka M, Mori H, Yao M
FEBS letters 590(6) 828-837 2016年03月
Template-dependent nucleotide addition in the reverse (3'-5') direction by Thg1-like protein.
Kimura S, Suzuki T, Chen M, Kato K, Yu J, Nakamura A, Tanaka I, Yao M
Science advances 2(3) e1501397 2016年03月
Structural basis for pore-forming mechanism of staphylococcal α-hemolysin.
Sugawara T, Yamashita D, Kato K, Peng Z, Ueda J, Kaneko J, Kamio Y, Tanaka Y, Yao M
Toxicon : official journal of the International Society on Toxinology 108 226-231 2015年12月
Crystal Structure of the 3.8-MDa Respiratory Supermolecule Hemocyanin at 3.0 Å Resolution.
Gai Z, Matsuno A, Kato K, Kato S, Khan MR, Shimizu T, Yoshioka T, Kato Y, Kishimura H, Kanno G, Miyabe Y, Terada T, Tanaka Y, Yao M
Structure (London, England : 1993) 23(12) 2204-2212 2015年12月
Crystallization and preliminary X-ray crystallographic study of a 3.8-MDa respiratory supermolecule hemocyanin.
Matsuno A, Gai Z, Tanaka M, Kato K, Kato S, Katoh T, Shimizu T, Yoshioka T, Kishimura H, Tanaka Y, Yao M
Journal of structural biology 190(3) 379-382 2015年06月
Structural analysis of the α-glucosidase HaG provides new insights into substrate specificity and catalytic mechanism.
Shen X, Saburi W, Gai Z, Kato K, Ojima-Kato T, Yu J, Komoda K, Kido Y, Matsui H, Mori H, Yao M
Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography 71(Pt 6) 1382-1391 2015年06月
Structural and functional analysis of the Rpf2-Rrs1 complex in ribosome biogenesis.
Asano N, Kato K, Nakamura A, Komoda K, Tanaka I, Yao M
Nucleic acids research 43(9) 4746-4757 2015年05月
Structural insights into the catalytic reaction that is involved in the reorientation of Trp238 at the substrate-binding site in GH13 dextran glucosidase.
Kobayashi M, Saburi W, Nakatsuka D, Hondoh H, Kato K, Okuyama M, Mori H, Kimura A, Yao M
FEBS letters 589(4) 484-489 2015年02月
論文を全て表示する
論文閉じる
A novel glycoside hydrolase family 97 enzyme: Bifunctional β-l-arabinopyranosidase/α-galactosidase from Bacteroides thetaiotaomicron.
Kikuchi A, Okuyama M, Kato K, Osaki S, Ma M, Kumagai Y, Matsunaga K, Klahan P, Tagami T, Yao M, Kimura A
Biochimie 2017年08月
Crystallographic analysis of a subcomplex of the transsulfursome with tRNA for Cys-tRNA(Cys) synthesis.
Chen M, Nakazawa Y, Kubo Y, Asano N, Kato K, Tanaka I, Yao M
Acta crystallographica. Section F, Structural biology communications 72(Pt 7) 569-572 2016年07月
Structural insights into the difference in substrate recognition of two mannoside phosphorylases from two GH130 subfamilies.
Ye Y, Saburi W, Odaka R, Kato K, Sakurai N, Komoda K, Nishimoto M, Kitaoka M, Mori H, Yao M
FEBS letters 590(6) 828-837 2016年03月
Template-dependent nucleotide addition in the reverse (3'-5') direction by Thg1-like protein.
Kimura S, Suzuki T, Chen M, Kato K, Yu J, Nakamura A, Tanaka I, Yao M
Science advances 2(3) e1501397 2016年03月
Structural basis for pore-forming mechanism of staphylococcal α-hemolysin.
Sugawara T, Yamashita D, Kato K, Peng Z, Ueda J, Kaneko J, Kamio Y, Tanaka Y, Yao M
Toxicon : official journal of the International Society on Toxinology 108 226-231 2015年12月
Crystal Structure of the 3.8-MDa Respiratory Supermolecule Hemocyanin at 3.0 Å Resolution.
Gai Z, Matsuno A, Kato K, Kato S, Khan MR, Shimizu T, Yoshioka T, Kato Y, Kishimura H, Kanno G, Miyabe Y, Terada T, Tanaka Y, Yao M
Structure (London, England : 1993) 23(12) 2204-2212 2015年12月
Crystallization and preliminary X-ray crystallographic study of a 3.8-MDa respiratory supermolecule hemocyanin.
Matsuno A, Gai Z, Tanaka M, Kato K, Kato S, Katoh T, Shimizu T, Yoshioka T, Kishimura H, Tanaka Y, Yao M
Journal of structural biology 190(3) 379-382 2015年06月
Structural analysis of the α-glucosidase HaG provides new insights into substrate specificity and catalytic mechanism.
Shen X, Saburi W, Gai Z, Kato K, Ojima-Kato T, Yu J, Komoda K, Kido Y, Matsui H, Mori H, Yao M
Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography 71(Pt 6) 1382-1391 2015年06月
Structural and functional analysis of the Rpf2-Rrs1 complex in ribosome biogenesis.
Asano N, Kato K, Nakamura A, Komoda K, Tanaka I, Yao M
Nucleic acids research 43(9) 4746-4757 2015年05月
Structural insights into the catalytic reaction that is involved in the reorientation of Trp238 at the substrate-binding site in GH13 dextran glucosidase.
Kobayashi M, Saburi W, Nakatsuka D, Hondoh H, Kato K, Okuyama M, Mori H, Kimura A, Yao M
FEBS letters 589(4) 484-489 2015年02月
Structure of the Pseudomonas aeruginosa transamidosome reveals unique aspects of bacterial tRNA-dependent asparagine biosynthesis.
Suzuki T, Nakamura A, Kato K, Söll D, Tanaka I, Sheppard K, Yao M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 112(2) 382-387 2015年01月
Crystallization and preliminary X-ray crystallographic analysis of ribosome assembly factors: the Rpf2-Rrs1 complex.
Asano N, Nakamura A, Komoda K, Kato K, Tanaka I, Yao M
Acta crystallographica. Section F, Structural biology communications 70(Pt 12) 1649-1652 2014年12月
Determination of damage-free crystal structure of an X-ray-sensitive protein using an XFEL.
Hirata K, Shinzawa-Itoh K, Yano N, Takemura S, Kato K, Hatanaka M, Muramoto K, Kawahara T, Tsukihara T, Yamashita E, Tono K, Ueno G, Hikima T, Murakami H, Inubushi Y, Yabashi M, Ishikawa T, Yamamoto M, Ogura T, Sugimoto H, Shen JR, Yoshikawa S, Ago H
Nature methods 11 734-736 2014年07月
Effective pumping proton collection facilitated by a copper site (CuB) of bovine heart cytochrome c oxidase, revealed by a newly developed time-resolved infrared system.
Kubo M, Nakashima S, Yamaguchi S, Ogura T, Mochizuki M, Kang J, Tateno M, Shinzawa-Itoh K, Kato K, Yoshikawa S
The Journal of biological chemistry 288 30259-30269 2013年10月
精密結晶構造解析によるチトクロム酸化酵素の反応機構の研究
矢野 直峰, 新澤-伊藤 恭子, 畑中 美紀, 武村 修平, 藤澤 秀徳, 村本 和優, 加藤 公児, 山下 栄樹, 吉川 信也, 月原 冨武
日本結晶学会誌 54(0) s19-s19 2012年
[Elucidation of the function based on the whole structure of rat liver vault, the largest ribonucleo-protein particle].
Tanaka H, Kato K, Sumizawa T, Yamashita E
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 83 392-395 2011年05月
ラット肝由来の巨大なRNAタンパク質複合体vaultのX線結晶構造
住澤知之, 加藤公児, 田中秀明
J UOEH Univ Occup Environ Health 32(1) 113 2010年03月
25.ラット肝由来の巨大なRNAタンパク質複合体vaultのX線結晶構造(第27回産業医科大学学会総会 学術講演会記録)
住澤 知之, 加藤 公児, 田中 秀明
産業医科大学雑誌 32(1) 2010年03月
分子量が1000万にも及ぶ生体内巨大分子に対する構造解析
山下 栄樹, 加藤 公児, 田中 秀明
放射光 22(6) 284-291 2009年11月
[X-ray structure of vault: the largest ribonucleoprotein complex].
Kato K, Tanaka H
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme 54 1159-1165 2009年07月
分子量約1000万の巨大粒子 vault のX線結晶構造解析
田中 秀明, 加藤 公児, 山下 栄樹
日本結晶学会誌 51(3) 189-194 2009年06月
The structure of rat liver vault at 3.5 angstrom resolution.
Tanaka H, Kato K, Yamashita E, Sumizawa T, Zhou Y, Yao M, Iwasaki K, Yoshimura M, Tsukihara T
Science (New York, N.Y.) 323 384-388 2009年01月
Purification, characterization, and sequencing of antimicrobial peptides, Cy-AMP1, Cy-AMP2, and Cy-AMP3, from the Cycad (Cycas revoluta) seeds.
Yokoyama S, Kato K, Koba A, Minami Y, Watanabe K, Yagi F
Peptides 29(12) 2110-2117 2008年12月
A vault ribonucleoprotein particle exhibiting 39-fold dihedral symmetry.
Kato K, Tanaka H, Sumizawa T, Yoshimura M, Yamashita E, Iwasaki K, Tsukihara T
Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography 64 525-531 2008年05月

講演・口頭発表等

スルメイカヘモシアニンの結晶構造解析
田中良和, 加藤公児, 蓋作啓, 田中深雪, 田中勲, 姚閔, 加藤佑基, 清水健志, 宮部好克, 菅野岳, 岸村栄毅, 吉岡武也, 加藤早苗
日本水産学会大会講演要旨集 2014年03月 
スルメイカ由来巨大ヘモシアニンの構造生物学
加藤公児
2013年合同シンポジウム 2013年11月 
分子量4MDaの巨大酸素運搬蛋白質会合体ヘモシアニンの結晶構造解析
田中良和, 加藤公児, 蓋作啓, 田中深雪, 加藤早苗, 清水健志, 岸村栄毅, 菅野岳, 宮部好克, 岩崎憲治, 田中勲, 姚閔
日本結晶学会年会講演要旨集 2013年10月 
SACLAによるウシ心筋チトクロム酸化酵素の無損傷高分解能結晶構造解析
吾郷日出夫, 平田邦生, 上野剛, 村上博則, 山本雅貴, 山下栄樹, 伊藤(新澤)恭子, 加藤公児, 畑中美樹, 武村修平, 矢野直峰, 吉川信也, 月原冨武
日本結晶学会年会講演要旨集 2013年10月 
ウシ心筋チトクロム酸化酵素の酸性アミノ酸残基のイオン化状態のX線結晶学的解析
武村秀平, 加藤公児, 矢野直峰, 山下栄樹, 村本和優, 伊藤(新澤)恭子, 月原富武, 吉川信也
日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 2013年05月 
ウシ心筋チトクロム酸化酵素のMgを含む水クラスターの機能の高分解能X線結晶構造解析による研究
矢野直峰, 加藤公児, 山下栄樹, 村本和優, 伊藤(新澤)恭子, 月原冨武, 吉川信也
日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 2013年05月 
精密結晶構造解析によるチトクロム酸化酵素の反応機構の研究
矢野直峰, 新澤(伊藤)恭子, 畑中美紀, 武村修平, 藤澤秀徳, 村本和優, 加藤公児, 山下栄樹, 吉川信也, 月原冨武
日本結晶学会年会講演要旨集 2012年10月 
巨大な超分子複合体を見る
加藤公児, 田中秀明, 山下栄樹, 住澤知之, 周勇, 姚閔, 岩崎憲治, 吉村政人, 月原冨武
日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 2010年05月 
超巨大タンパク質‐核酸複合体vaultの構造解析
山下栄樹, 加藤公児, 田中秀明
日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム予稿集 2009年12月 
3.5Å分解能でのラット肝臓由来vaultのX線結晶構造解析
加藤公児
第47回日本生物物理学会 2009年10月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
スルメイカヘモシアニンの結晶構造解析
田中良和, 加藤公児, 蓋作啓, 田中深雪, 田中勲, 姚閔, 加藤佑基, 清水健志, 宮部好克, 菅野岳, 岸村栄毅, 吉岡武也, 加藤早苗
日本水産学会大会講演要旨集 2014年03月 
スルメイカ由来巨大ヘモシアニンの構造生物学
加藤公児
2013年合同シンポジウム 2013年11月 
分子量4MDaの巨大酸素運搬蛋白質会合体ヘモシアニンの結晶構造解析
田中良和, 加藤公児, 蓋作啓, 田中深雪, 加藤早苗, 清水健志, 岸村栄毅, 菅野岳, 宮部好克, 岩崎憲治, 田中勲, 姚閔
日本結晶学会年会講演要旨集 2013年10月 
SACLAによるウシ心筋チトクロム酸化酵素の無損傷高分解能結晶構造解析
吾郷日出夫, 平田邦生, 上野剛, 村上博則, 山本雅貴, 山下栄樹, 伊藤(新澤)恭子, 加藤公児, 畑中美樹, 武村修平, 矢野直峰, 吉川信也, 月原冨武
日本結晶学会年会講演要旨集 2013年10月 
ウシ心筋チトクロム酸化酵素の酸性アミノ酸残基のイオン化状態のX線結晶学的解析
武村秀平, 加藤公児, 矢野直峰, 山下栄樹, 村本和優, 伊藤(新澤)恭子, 月原富武, 吉川信也
日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 2013年05月 
ウシ心筋チトクロム酸化酵素のMgを含む水クラスターの機能の高分解能X線結晶構造解析による研究
矢野直峰, 加藤公児, 山下栄樹, 村本和優, 伊藤(新澤)恭子, 月原冨武, 吉川信也
日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 2013年05月 
精密結晶構造解析によるチトクロム酸化酵素の反応機構の研究
矢野直峰, 新澤(伊藤)恭子, 畑中美紀, 武村修平, 藤澤秀徳, 村本和優, 加藤公児, 山下栄樹, 吉川信也, 月原冨武
日本結晶学会年会講演要旨集 2012年10月 
巨大な超分子複合体を見る
加藤公児, 田中秀明, 山下栄樹, 住澤知之, 周勇, 姚閔, 岩崎憲治, 吉村政人, 月原冨武
日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 2010年05月 
超巨大タンパク質‐核酸複合体vaultの構造解析
山下栄樹, 加藤公児, 田中秀明
日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム予稿集 2009年12月 
3.5Å分解能でのラット肝臓由来vaultのX線結晶構造解析
加藤公児
第47回日本生物物理学会 2009年10月 
3.5Å分解能でのラット肝臓由来vaultの構造
加藤公児
2009年06月 
ラット肝臓由来vaultのX線結晶構造解析
加藤公児
生命科学系グローバルCOEネットワーク 2009年02月 
ラット肝臓由来vaultの構造解析
加藤公児
第21回国際結晶学会 2008年08月 
巨大RNAタンパク質複合体vaultの構造解析
加藤公児
生体防御医学研究所第17回ホットスプリングハーバー国際シンポジウム/第3回研究所ネットワーク国際シンポジウム合同シンポジウム 2008年02月 

受賞

2011年02月
井上科学振興財団 第27回井上研究奨励賞 3.5Å分解能でのラット肝臓由来vaultの構造解析 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2011年02月
井上科学振興財団 第27回井上研究奨励賞 3.5Å分解能でのラット肝臓由来vaultの構造解析 

競争的資金等の研究課題

巨大タンパク質ー核酸複合体ボルトの結晶構造解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 加藤 公児
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
巨大タンパク質ー核酸複合体ボルトの結晶構造解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 加藤 公児

教育活動

主要な担当授業

分子生物学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 真核生物,原核生物,細胞,ゲノム,タンパク質,核酸,進化,化学結合,熱力学,自由エネルギー
生体高分子学実験Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
分子生物学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 真核生物,原核生物,細胞,ゲノム,タンパク質,核酸,進化,化学結合,熱力学,自由エネルギー
生体高分子学実験Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
分子生物学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 真核生物,原核生物,細胞,ゲノム,タンパク質,核酸,進化,化学結合,熱力学,自由エネルギー
生体高分子学実験Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験,生物物理学実験
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令

ページトップへ