大友 康平オオトモ コウヘイresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/04/21

基本情報

プロフィール

所属部署名
電子科学研究所 生命科学研究部門
職名助教 
学位
博士(薬学)(東北大学)
メールアドレス
ホームページURLhttps://www.es.hokudai.ac.jp/labo/mcb/
科研費研究者番号

研究キーワード

バイオイメージング, 生体分子分光

研究分野

生物科学 / 生物物理学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
生物科学 / 生物物理学

職歴

2016年04月
-
現在
北海道大学(助教)
2012年06月
-
現在
北海道大学(特任助教)
2011年04月
-
2012年05月
東京工業大学(博士研究員)
2009年04月
-
2011年03月
総合研究大学院大学(上級研究員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2016年04月
-
現在
北海道大学(助教)
2012年06月
-
現在
北海道大学(特任助教)
2011年04月
-
2012年05月
東京工業大学(博士研究員)
2009年04月
-
2011年03月
総合研究大学院大学(上級研究員)

学歴

2004年04月
-
2009年03月
東北大学 大学院薬学研究科
1999年04月
-
2004年03月
東北大学 薬学部
学歴を全て表示する
学歴閉じる
2004年04月
-
2009年03月
東北大学 大学院薬学研究科
1999年04月
-
2004年03月
東北大学 薬学部

研究活動

論文

Dynamics and function of ERM proteins during cytokinesis in human cells
hota Hiruma, Tomoko Kamasaki, Kohei Otomo, Tomomi Nemoto, Ryota Uehara
FEBS Letters 591 3296-3309 2017年09月
STED microscopy—super-resolution bio-imaging utilizing a stimulated emission depletion
Kohei Otomo, Terumasa Hibi, Yuichi Kozawa, and Tomomi Nemoto
Microscopy 64(4) 227-236 2015年06月
Multi-point Scanning Two-photon Excitation Microscopy by Utilizing a High-peak-power 1042-nm Laser
Kohei OTOMO, Terumasa HIBI, Takashi MURATA, Hirotaka WATANABE, Ryosuke KAWAKAMI, Hiroshi NAKAYAMA, Mitsuyasu HASEBE, and Tomomi NEMOTO
Analytical Sciences 31 307-313 2015年04月
Two-photon excitation fluorescence microscopy and its application in functional connectomics
Tomomi Nemot, Ryosuke Kawakami, Terumasa Hibi, Koichiro Iijima, and Kohei Otomo
Microscopy 64(1) 9-15 2014年12月
Two-photon excitation STED microscopy by utilizing transmissive liquid crystal devices
Kohei Otomo, Terumasa Hibi, Yuichi Kozawa, Makoto Kurihara, Nobuyuki Hashimoto, Hiroyuki Yokoyama, Shunichi Sato, and Tomomi Nemoto
Optics Express 22(23) 28215-28221 2014年11月
Single-protein study of photoresistance of pigment–protein complex in lipid bilayer
Daisuke Uchiyama, Hajime Hoshino, Kohei Otomo, Taro Kato, Ken-ichi Onda, Akira Watanabe, Hiroyuki Oikawa, Satoru Fujiyoshi, Michio Matsushita, Mamoru Nango, Natsuko Watanabe, Ayumi Sumino, Takehisa Dewa
Chemical Physics Letters 511 135-137 2011年06月
Reconstitution of bacterial photosynthetic unit in a lipid bilayer studied by single-molecule spectroscopy at 5 K
Daisuke Uchiyama, Hiroyuki Oikawa, Kohei Otomo, Mamoru Nango, Takehisa Dewa, Satoru Fujiyoshi and Michio Matsushita
Physical Chemistry Chemical Physics 13 11615-11619 2011年01月
Interactions Between Histidine and Tryptophan Residues in the BM2 Proton Channel from Influenza B Virus
Kohei Otomo, Akira Toyama, Takashi Miura and Hideo Takeuchi
Journal of Biochemistry 145(4) 543-554 2009年01月
Evidence for the Cation-π Interaction between Cu2+ and Tryptophan
Hanami Yorita, Kohei Otomo, Hirotsugu Hiramatsu, Akira Toyama, Takashi Miura, and Hideo Takeuchi
Journal of American Chemical Society 130(46) 15266-15267 2008年09月
論文を全て表示する
論文閉じる
Dynamics and function of ERM proteins during cytokinesis in human cells
hota Hiruma, Tomoko Kamasaki, Kohei Otomo, Tomomi Nemoto, Ryota Uehara
FEBS Letters 591 3296-3309 2017年09月
STED microscopy—super-resolution bio-imaging utilizing a stimulated emission depletion
Kohei Otomo, Terumasa Hibi, Yuichi Kozawa, and Tomomi Nemoto
Microscopy 64(4) 227-236 2015年06月
Multi-point Scanning Two-photon Excitation Microscopy by Utilizing a High-peak-power 1042-nm Laser
Kohei OTOMO, Terumasa HIBI, Takashi MURATA, Hirotaka WATANABE, Ryosuke KAWAKAMI, Hiroshi NAKAYAMA, Mitsuyasu HASEBE, and Tomomi NEMOTO
Analytical Sciences 31 307-313 2015年04月
Two-photon excitation fluorescence microscopy and its application in functional connectomics
Tomomi Nemot, Ryosuke Kawakami, Terumasa Hibi, Koichiro Iijima, and Kohei Otomo
Microscopy 64(1) 9-15 2014年12月
Two-photon excitation STED microscopy by utilizing transmissive liquid crystal devices
Kohei Otomo, Terumasa Hibi, Yuichi Kozawa, Makoto Kurihara, Nobuyuki Hashimoto, Hiroyuki Yokoyama, Shunichi Sato, and Tomomi Nemoto
Optics Express 22(23) 28215-28221 2014年11月
Single-protein study of photoresistance of pigment–protein complex in lipid bilayer
Daisuke Uchiyama, Hajime Hoshino, Kohei Otomo, Taro Kato, Ken-ichi Onda, Akira Watanabe, Hiroyuki Oikawa, Satoru Fujiyoshi, Michio Matsushita, Mamoru Nango, Natsuko Watanabe, Ayumi Sumino, Takehisa Dewa
Chemical Physics Letters 511 135-137 2011年06月
Reconstitution of bacterial photosynthetic unit in a lipid bilayer studied by single-molecule spectroscopy at 5 K
Daisuke Uchiyama, Hiroyuki Oikawa, Kohei Otomo, Mamoru Nango, Takehisa Dewa, Satoru Fujiyoshi and Michio Matsushita
Physical Chemistry Chemical Physics 13 11615-11619 2011年01月
Interactions Between Histidine and Tryptophan Residues in the BM2 Proton Channel from Influenza B Virus
Kohei Otomo, Akira Toyama, Takashi Miura and Hideo Takeuchi
Journal of Biochemistry 145(4) 543-554 2009年01月
Evidence for the Cation-π Interaction between Cu2+ and Tryptophan
Hanami Yorita, Kohei Otomo, Hirotsugu Hiramatsu, Akira Toyama, Takashi Miura, and Hideo Takeuchi
Journal of American Chemical Society 130(46) 15266-15267 2008年09月

書籍

Super-Resolution Imaging in Biomedicine
大友康平、日比輝正、小澤祐市、一本嶋佐理、佐藤俊一、根本知己
CRC Press (Taylor & Francis Group) 2016年11月
実験医学別冊 初めてでもできる!超解像イメージング
根本知己、大友康平、日比輝正、一本嶋佐理
羊土社 2016年07月
書籍を全て表示する
書籍閉じる
Super-Resolution Imaging in Biomedicine
大友康平、日比輝正、小澤祐市、一本嶋佐理、佐藤俊一、根本知己
CRC Press (Taylor & Francis Group) 2016年11月
実験医学別冊 初めてでもできる!超解像イメージング
根本知己、大友康平、日比輝正、一本嶋佐理
羊土社 2016年07月

受賞

2017年12月
日本顕微鏡学会北海道支部会 優秀ポスター賞 多点走査型二光子顕微鏡による生体組織の高速SHGイメージング 
2017年09月
日本バイオイメージング学会 2017年度 ベストイメージ・ZEISS賞 多点走査型2光子顕微鏡を用いたマウス膵臓におけるin vivo Ca2+イメージング 
2015年04月
日本分析化学会 Hot Article Award Analytical Sciences Multi-point Scanning Two-photon Excitation Microscopy by Utilizing a High-peak-power 1042-nm Laser 
2014年09月
日本バイオイメージング学会 2014年度 ベストイメージ・OLYMPUS賞 励起レーザー光学系の最適化による多点走査方式2 光子顕微鏡法の改良 
2014年09月
日本バイオイメージング学会 2014年度 ベストイメージ・賞晝馬賞 スーパーコンティニュウム光を用いた多色励起高速共焦点顕微鏡法 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2017年12月
日本顕微鏡学会北海道支部会 優秀ポスター賞 多点走査型二光子顕微鏡による生体組織の高速SHGイメージング 
2017年09月
日本バイオイメージング学会 2017年度 ベストイメージ・ZEISS賞 多点走査型2光子顕微鏡を用いたマウス膵臓におけるin vivo Ca2+イメージング 
2015年04月
日本分析化学会 Hot Article Award Analytical Sciences Multi-point Scanning Two-photon Excitation Microscopy by Utilizing a High-peak-power 1042-nm Laser 
2014年09月
日本バイオイメージング学会 2014年度 ベストイメージ・OLYMPUS賞 励起レーザー光学系の最適化による多点走査方式2 光子顕微鏡法の改良 
2014年09月
日本バイオイメージング学会 2014年度 ベストイメージ・賞晝馬賞 スーパーコンティニュウム光を用いた多色励起高速共焦点顕微鏡法 

競争的資金等の研究課題

ベクトルレーザー光を用いた高速in vivoイメージング技術の高度化と応用
文部科学省:科学研究費補助金 (新学術領域研究 (研究領域提案型))
研究期間 : 2015年04月 - 2020年03月 代表者 : 根本知己
生きた脂質微小ドメインを可視化する高速超解像顕微鏡法の開発
文部科学省:科学研究費補助金 (挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2016年04月 - 2018年03月 代表者 : 大友康平
新規レーザー技術を駆使した神経・分泌機能のin vivo長カイゾうイメージングの開発
文部科学省:科学研究費補助金 (基盤研究 (A))
研究期間 : 2014年04月 - 2017年03月 代表者 : 根本知己
多光子励起光活性化法を利用した生体深部の単一細胞cAMP濃度制御手法の開発
文部科学省:科学研究費補助金 (若手研究 (B))
研究期間 : 2013年04月 - 2015年03月 代表者 : 大友康平
生体深部の可視化と操作が同時に可能な個体用in vivo二光子顕微鏡の開発と応用
文部科学省:科学研究費補助金 (新学術領域研究 (研究領域提案型))
研究期間 : 2010年04月 - 2015年03月 代表者 : 根本知己
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
ベクトルレーザー光を用いた高速in vivoイメージング技術の高度化と応用
文部科学省:科学研究費補助金 (新学術領域研究 (研究領域提案型))
研究期間 : 2015年04月 - 2020年03月 代表者 : 根本知己
生きた脂質微小ドメインを可視化する高速超解像顕微鏡法の開発
文部科学省:科学研究費補助金 (挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2016年04月 - 2018年03月 代表者 : 大友康平
新規レーザー技術を駆使した神経・分泌機能のin vivo長カイゾうイメージングの開発
文部科学省:科学研究費補助金 (基盤研究 (A))
研究期間 : 2014年04月 - 2017年03月 代表者 : 根本知己
多光子励起光活性化法を利用した生体深部の単一細胞cAMP濃度制御手法の開発
文部科学省:科学研究費補助金 (若手研究 (B))
研究期間 : 2013年04月 - 2015年03月 代表者 : 大友康平
生体深部の可視化と操作が同時に可能な個体用in vivo二光子顕微鏡の開発と応用
文部科学省:科学研究費補助金 (新学術領域研究 (研究領域提案型))
研究期間 : 2010年04月 - 2015年03月 代表者 : 根本知己

ページトップへ