齊藤 卓弥サイトウ タクヤresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  
職名特任教授 
学位
医学博士(日本医科大学)
メールアドレスtakusaitomed.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/20246961.ja.html
科研費研究者番号
  • 1987年日本医科大学卒業、その後日本医科大学神経科,コーネル医科大学精神科(N.Y)、アルバート・アインシュタイン医科大学(N.Y)を経て1999年日本医科大学にて医学博士取得。
    アルバート・アインシュタイン医科大学精神科助教授、日本医科大学精神医学教室 准教授を経て2014年北海道大学大学院医学研究科 児童思春期精神医学講座 特任教授就任。現在に至る。
    精神保健指定医
    日本精神神経学会専門医・指導医
    専門:児童思春期精神医学

研究キーワード

児童思春期精神医学, 児童精神医学, 自己治癒力, 総合失調症, TNF-α, 質的評価, 統合失調症, 面接分析, 指標, PET, 癒し, HPS, 模擬患者, 免疫, 笑い, 患者, エビデンス, 分子イメージング, ドパミン, D2受容体

研究分野

内科系臨床医学 / 精神神経科学(児童思春期精神医学)
内科系臨床医学 / 精神神経科学
境界医学 / 医療社会学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
内科系臨床医学 / 精神神経科学(児童思春期精神医学)
内科系臨床医学 / 精神神経科学
境界医学 / 医療社会学

職歴

2014年04月
-
現在
北海道大学大学院医学研究科(特任教授)
2005年04月
-
2014年03月
日本医科大学(准教授)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2014年04月
-
現在
北海道大学大学院医学研究科(特任教授)
2005年04月
-
2014年03月
日本医科大学(准教授)

学歴

1981年04月
-
1987年03月
日本医科大学
学歴を全て表示する
学歴閉じる
1981年04月
-
1987年03月
日本医科大学

所属学協会

日本児童青年期精神医学会
日本うつ病学会
日本ADHD学会
日本医学教育学会
日本サイコセラピー学会
関東子ども精神保健学会
日本医学英語教育学会
日本精神科診断学会
日本総合病院精神医学会
American Psychiatric association
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本児童青年期精神医学会
日本うつ病学会
日本ADHD学会
日本医学教育学会
日本サイコセラピー学会
関東子ども精神保健学会
日本医学英語教育学会
日本精神科診断学会
日本総合病院精神医学会
American Psychiatric association
American Academy of Child and Adolescent Psychiatry
Society of Biological Psychiatry
World Federation of ADHD
The Royal College of Psychiatrists
American Psychological Association
Society for Neuroscience
日本精神神経学会  

研究活動

論文

Gender differences in suicide attempters: a retrospective study of precipitating factors for suicide attempts at a critical emergency unit in Japan.
Narishige R, Kawashima Y, Otaka Y, Saito T, Okubo Y
BMC psychiatry 14 144 2014年05月
[Evaluation and treatment of development disorder with mood disorder].
Saito T
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica 115 657-663 2013年
An open-label study of algorithm-based treatment versus treatment-as-usual for patients with schizophrenia.
Hirano J, Watanabe K, Suzuki T, Uchida H, Den R, Kishimoto T, Nagasawa T, Tomita Y, Hara K, Ochi H, Kobayashi Y, Ishii M, Fujita A, Kanai Y, Goto M, Hayashi H, Inamura K, Ooshima F, Sumida M, Ozawa T, Sekigawa K, Nagaoka M, Yoshimura K, Konishi M, Inagaki A, Saito T, Motohashi N, Mimura M, Okubo Y, Kato M
Neuropsychiatric disease and treatment 9 1553-1564 2013年
The characteristics of serious suicide attempters in Japanese adolescents--comparison study between adolescents and adults.
Kawashima Y, Ito T, Narishige R, Saito T, Okubo Y
BMC psychiatry 12 191 2012年11月
Unique medical education programs at Nippon Medical School.
Shimura T, Yoshimura A, Saito T, Aso R
Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi 75 196-201 2008年08月
Positive association of schizophrenia to JARID2 gene.
Pedrosa E, Ye K, Nolan KA, Morrell L, Okun JM, Persky AD, Saito T, Lachman HM
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics 144B 45-51 2007年01月
Analysis of polymorphisms in AT-rich domains of neuregulin 1 gene in schizophrenia.
Lachman HM, Pedrosa E, Nolan KA, Glass M, Ye K, Saito T
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics 141B 102-109 2006年01月
Analysis of synapsin III-196 promoter mutation in schizophrenia and bipolar disorder.
Lachman HM, Stopkova P, Papolos DF, Pedrosa E, Margolis B, Aghalar MR, Saito T
Neuropsychobiology 53 57-62 2006年
Screening of PIP5K2A promoter region for mutations in bipolar disorder and schizophrenia.
Stopkova P, Vevera J, Paclt I, Zukov I, Papolos DF, Saito T, Lachman HM
Psychiatric genetics 15 223-227 2005年09月
Association of schizophrenia in African Americans to polymorphism in synapsin III gene.
Lachman HM, Stopkova P, Rafael MA, Saito T
Psychiatric genetics 15 127-132 2005年06月
論文を全て表示する
論文閉じる
Gender differences in suicide attempters: a retrospective study of precipitating factors for suicide attempts at a critical emergency unit in Japan.
Narishige R, Kawashima Y, Otaka Y, Saito T, Okubo Y
BMC psychiatry 14 144 2014年05月
[Evaluation and treatment of development disorder with mood disorder].
Saito T
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica 115 657-663 2013年
An open-label study of algorithm-based treatment versus treatment-as-usual for patients with schizophrenia.
Hirano J, Watanabe K, Suzuki T, Uchida H, Den R, Kishimoto T, Nagasawa T, Tomita Y, Hara K, Ochi H, Kobayashi Y, Ishii M, Fujita A, Kanai Y, Goto M, Hayashi H, Inamura K, Ooshima F, Sumida M, Ozawa T, Sekigawa K, Nagaoka M, Yoshimura K, Konishi M, Inagaki A, Saito T, Motohashi N, Mimura M, Okubo Y, Kato M
Neuropsychiatric disease and treatment 9 1553-1564 2013年
The characteristics of serious suicide attempters in Japanese adolescents--comparison study between adolescents and adults.
Kawashima Y, Ito T, Narishige R, Saito T, Okubo Y
BMC psychiatry 12 191 2012年11月
Unique medical education programs at Nippon Medical School.
Shimura T, Yoshimura A, Saito T, Aso R
Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi 75 196-201 2008年08月
Positive association of schizophrenia to JARID2 gene.
Pedrosa E, Ye K, Nolan KA, Morrell L, Okun JM, Persky AD, Saito T, Lachman HM
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics 144B 45-51 2007年01月
Analysis of polymorphisms in AT-rich domains of neuregulin 1 gene in schizophrenia.
Lachman HM, Pedrosa E, Nolan KA, Glass M, Ye K, Saito T
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics 141B 102-109 2006年01月
Analysis of synapsin III-196 promoter mutation in schizophrenia and bipolar disorder.
Lachman HM, Stopkova P, Papolos DF, Pedrosa E, Margolis B, Aghalar MR, Saito T
Neuropsychobiology 53 57-62 2006年
Screening of PIP5K2A promoter region for mutations in bipolar disorder and schizophrenia.
Stopkova P, Vevera J, Paclt I, Zukov I, Papolos DF, Saito T, Lachman HM
Psychiatric genetics 15 223-227 2005年09月
Association of schizophrenia in African Americans to polymorphism in synapsin III gene.
Lachman HM, Stopkova P, Rafael MA, Saito T
Psychiatric genetics 15 127-132 2005年06月
[Experiences in the United States--a difference in the status in the United States and that in Japan].
Saito T
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica 107 156-161 2005年
Identification of PIK3C3 promoter variant associated with bipolar disorder and schizophrenia.
Stopkova P, Saito T, Papolos DF, Vevera J, Paclt I, Zukov I, Bersson YB, Margolis BA, Strous RD, Lachman HM
Biological psychiatry 55 981-988 2004年05月
Polymorphism screening of PIP5K2A: a candidate gene for chromosome 10p-linked psychiatric disorders.
Stopkova P, Saito T, Fann CS, Papolos DF, Vevera J, Paclt I, Zukov I, Stryjer R, Strous RD, Lachman HM
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics 123B 50-58 2003年11月
Aggressive behavior in schizophrenia is associated with the low enzyme activity COMT polymorphism: a replication study.
Strous RD, Nolan KA, Lapidus R, Diaz L, Saito T, Lachman HM
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics 120B 29-34 2003年07月
Psychiatric intervention for Japanese Nationals in New York.
Katsuta Y, Nishimatsu Y, Saito T, Endo S
Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi 70 141-150 2003年04月
Polymorphism screening of PIK4CA: possible candidate gene for chromosome 22q11-linked psychiatric disorders.
Saito T, Stopkova P, Diaz L, Papolos DF, Boussemart L, Lachman HM
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics 116B 77-83 2003年01月
Analysis of monoamine oxidase A (MAOA) promoter polymorphism in Finnish male alcoholics.
Saito T, Lachman HM, Diaz L, Hallikainen T, Kauhanen J, Salonen JT, Ryynänen OP, Karvonen MK, Syvälahti E, Pohjalainen T, Hietala J, Tiihonen J
Psychiatry research 109 113-119 2002年03月

競争的資金等の研究課題

MRIを用いた児童思春期うつ病における脳形態に関する前方視研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 齊藤 卓弥
分子イメージングによる統合失調症のドパミン神経伝達異常の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2007年 - 2010年 代表者 : 大久保 善朗
エビデンスのある患者自己治癒力向上-量的(HSP,免疫等)と質的評価を指標として
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2007年 - 2009年 代表者 : 高柳 和江
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
MRIを用いた児童思春期うつ病における脳形態に関する前方視研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 齊藤 卓弥
分子イメージングによる統合失調症のドパミン神経伝達異常の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2007年 - 2010年 代表者 : 大久保 善朗
エビデンスのある患者自己治癒力向上-量的(HSP,免疫等)と質的評価を指標として
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2007年 - 2009年 代表者 : 高柳 和江

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 児童思春期精神疾患、神経発達障害、向精神薬、機能画像、脳磁図、心理社会的治療法Child and adolescent psychiatric disorders, neuroevelipmental disorders, neurotrophic drugs, functional imaging, magnetic encephalography, psychosocial treatment
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 児童思春期精神疾患、神経発達障害、向精神薬、機能画像、脳磁図、心理社会的治療法、 新規知見Child and adolescent psychiatric disorders, neuroevelipmental disorders, neurotrophic drugs, functional imaging, magnetic encephalography, psychosocial treatment, up to date
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 児童思春期精神疾患、神経発達障害、向精神薬、機能画像、脳磁図、心理社会的治療法Child and adolescent psychiatric disorders, neuroevelipmental disorders, neurotrophic drugs, functional imaging, magnetic encephalography, psychosocial treatment
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 児童思春期精神疾患、神経発達障害、向精神薬、機能画像、脳磁図、心理社会的治療法、 新規知見Child and adolescent psychiatric disorders, neuroevelipmental disorders, neurotrophic drugs, functional imaging, magnetic encephalography, psychosocial treatment, up to date
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科

社会貢献

委員歴

2007年04月
-
現在
日本精神神経学会 国際委員会委員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2007年04月
-
現在
日本精神神経学会 国際委員会委員

ページトップへ