工藤 正尊クドウ マサタカresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  専門医学系部門生殖・発達医学分野
北海道大学病院
職名准教授 
学位
博士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/70281821.ja.html
科研費研究者番号

研究キーワード

卵巣, TESE, 精巣, 子宮, リラキシン, ゴナドトロピン受容体, 恒常的活性化, ブナドトロピン受容体, LGR

研究分野

外科系臨床医学 / 産婦人科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
外科系臨床医学 / 産婦人科学

職歴

2006年04月
北海道大学(准教授)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2006年04月
北海道大学(准教授)

研究活動

論文

MicroRNA-101 targets EZH2, MCL-1 and FOS to suppress proliferation, invasion and stem cell-like phenotype of aggressive endometrial cancer cells.
Konno Y, Dong P, Xiong Y, Suzuki F, Lu J, Cai M, Watari H, Mitamura T, Hosaka M, Hanley SJ, Kudo M, Sakuragi N
Oncotarget 5 6049-6062 2014年08月
Distribution of lymph node metastasis sites in endometrial cancer undergoing systematic pelvic and para-aortic lymphadenectomy: a proposal of optimal lymphadenectomy for future clinical trials.
Odagiri T, Watari H, Kato T, Mitamura T, Hosaka M, Sudo S, Takeda M, Kobayashi N, Dong P, Todo Y, Kudo M, Sakuragi N
Annals of surgical oncology 21 2755-2761 2014年08月
Impact of FDG PET in optimizing patient selection for cytoreductive surgery in recurrent ovarian cancer.
Ebina Y, Watari H, Kaneuchi M, Takeda M, Hosaka M, Kudo M, Yamada H, Sakuragi N
European journal of nuclear medicine and molecular imaging 41 446-451 2014年03月
A naturally occurring lgr4 splice variant encodes a soluble antagonist useful for demonstrating the gonadal roles of lgr4 in mammals.
Hsu PJ, Wu FJ, Kudo M, Hsiao CL, Hsueh AJ, Luo CW
PloS one 9 e106804 2014年
Multivariate prognostic analysis of adenocarcinoma of the uterine cervix treated with radical hysterectomy and systematic lymphadenectomy.
Kato T, Watari H, Takeda M, Hosaka M, Mitamura T, Kobayashi N, Sudo S, Kaneuchi M, Kudo M, Sakuragi N
Journal of gynecologic oncology 24 222-228 2013年07月
Incidence risk of cervical intraepithelial neoplasia 3 or more severe lesions is a function of human papillomavirus genotypes and severity of cytological and histological abnormalities in adult Japanese women.
Hosaka M, Fujita H, Hanley SJ, Sasaki T, Shirakawa Y, Abiko M, Kudo M, Kaneuchi M, Watari H, Kikuchi K, Sakuragi N
International journal of cancer. Journal international du cancer 132 327-334 2013年01月
New revised FIGO 2008 staging system for endometrial cancer produces better discrimination in survival compared with the 1988 staging system.
Kato T, Watari H, Endo D, Mitamura T, Odagiri T, Konno Y, Hosaka M, Kobayashi N, Todo Y, Sudo S, Takeda M, Dong P, Kaneuchi M, Kudo M, Sakuragi N
Journal of surgical oncology 106 938-941 2012年12月
Risk factors for lower-limb lymphedema after surgery for cervical cancer.
Ohba Y, Todo Y, Kobayashi N, Kaneuchi M, Watari H, Takeda M, Sudo S, Kudo M, Kato H, Sakuragi N
International journal of clinical oncology 16 238-243 2011年06月
Risk factors for persistent low bladder compliance after radical hysterectomy.
Oda Y, Todo Y, Hanley S, Hosaka M, Takeda M, Watari H, Kaneuchi M, Kudo M, Sakuragi N
International journal of gynecological cancer : official journal of the International Gynecological Cancer Society 21 167-172 2011年01月
Complete hydatidiform mole with coexisting dichorionic diamniotic twins following testicular sperm extraction and intracytoplasmic sperm injection.
Yamada T, Matsuda T, Kudo M, Yamada T, Moriwaki M, Nishi S, Ebina Y, Yamada H, Kato H, Ito T, Wake N, Sakuragi N, Minakami H
The journal of obstetrics and gynaecology research 34 121-124 2008年02月
論文を全て表示する
論文閉じる
MicroRNA-101 targets EZH2, MCL-1 and FOS to suppress proliferation, invasion and stem cell-like phenotype of aggressive endometrial cancer cells.
Konno Y, Dong P, Xiong Y, Suzuki F, Lu J, Cai M, Watari H, Mitamura T, Hosaka M, Hanley SJ, Kudo M, Sakuragi N
Oncotarget 5 6049-6062 2014年08月
Distribution of lymph node metastasis sites in endometrial cancer undergoing systematic pelvic and para-aortic lymphadenectomy: a proposal of optimal lymphadenectomy for future clinical trials.
Odagiri T, Watari H, Kato T, Mitamura T, Hosaka M, Sudo S, Takeda M, Kobayashi N, Dong P, Todo Y, Kudo M, Sakuragi N
Annals of surgical oncology 21 2755-2761 2014年08月
Impact of FDG PET in optimizing patient selection for cytoreductive surgery in recurrent ovarian cancer.
Ebina Y, Watari H, Kaneuchi M, Takeda M, Hosaka M, Kudo M, Yamada H, Sakuragi N
European journal of nuclear medicine and molecular imaging 41 446-451 2014年03月
A naturally occurring lgr4 splice variant encodes a soluble antagonist useful for demonstrating the gonadal roles of lgr4 in mammals.
Hsu PJ, Wu FJ, Kudo M, Hsiao CL, Hsueh AJ, Luo CW
PloS one 9 e106804 2014年
Multivariate prognostic analysis of adenocarcinoma of the uterine cervix treated with radical hysterectomy and systematic lymphadenectomy.
Kato T, Watari H, Takeda M, Hosaka M, Mitamura T, Kobayashi N, Sudo S, Kaneuchi M, Kudo M, Sakuragi N
Journal of gynecologic oncology 24 222-228 2013年07月
Incidence risk of cervical intraepithelial neoplasia 3 or more severe lesions is a function of human papillomavirus genotypes and severity of cytological and histological abnormalities in adult Japanese women.
Hosaka M, Fujita H, Hanley SJ, Sasaki T, Shirakawa Y, Abiko M, Kudo M, Kaneuchi M, Watari H, Kikuchi K, Sakuragi N
International journal of cancer. Journal international du cancer 132 327-334 2013年01月
New revised FIGO 2008 staging system for endometrial cancer produces better discrimination in survival compared with the 1988 staging system.
Kato T, Watari H, Endo D, Mitamura T, Odagiri T, Konno Y, Hosaka M, Kobayashi N, Todo Y, Sudo S, Takeda M, Dong P, Kaneuchi M, Kudo M, Sakuragi N
Journal of surgical oncology 106 938-941 2012年12月
Risk factors for lower-limb lymphedema after surgery for cervical cancer.
Ohba Y, Todo Y, Kobayashi N, Kaneuchi M, Watari H, Takeda M, Sudo S, Kudo M, Kato H, Sakuragi N
International journal of clinical oncology 16 238-243 2011年06月
Risk factors for persistent low bladder compliance after radical hysterectomy.
Oda Y, Todo Y, Hanley S, Hosaka M, Takeda M, Watari H, Kaneuchi M, Kudo M, Sakuragi N
International journal of gynecological cancer : official journal of the International Gynecological Cancer Society 21 167-172 2011年01月
Complete hydatidiform mole with coexisting dichorionic diamniotic twins following testicular sperm extraction and intracytoplasmic sperm injection.
Yamada T, Matsuda T, Kudo M, Yamada T, Moriwaki M, Nishi S, Ebina Y, Yamada H, Kato H, Ito T, Wake N, Sakuragi N, Minakami H
The journal of obstetrics and gynaecology research 34 121-124 2008年02月
Bioactivity of human chorionic gonadotropin produced in frozen-thawed embryo transfer cycles with exogenous hormone replacement.
Naher N, Sudo S, Kudo M, Nishi S, Moriwaki M, Minakami H, Sakuragi N
[Hokkaido igaku zasshi] The Hokkaido journal of medical science 81 187-195 2006年05月
Spontaneous uterine rupture of a twin pregnancy after a laparoscopic adenomyomectomy: a case report.
Wada S, Kudo M, Minakami H
Journal of minimally invasive gynecology 13 166-168 2006年03月
A study of oligosaccharide variants of alpha-fetoproteins produced by normal fetuses and fetuses with trisomy 21.
Yamamoto R, Ohkouchi T, Tabata K, Ebina Y, Watari H, Kudo M, Shimizu K, Satomura S, Minakami H, Sakuragi N
Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 84 1145-1149 2005年12月
Prenatal trisomy 21 screening using the Lens culinaris agglutinin-reactive alpha-fetoprotein ratio.
Yamamoto R, Minobe S, Ebina Y, Watari H, Kudo M, Henmi F, Satomura S, Fujimoto S, Minakami H, Sakuragi N
Congenital anomalies 44 87-92 2004年06月
Activation of the luteinizing hormone receptor in the extracellular domain.
Nakabayashi K, Kudo M, Hsueh AJ, Maruo T
Molecular and cellular endocrinology 202 139-144 2003年04月
Genetic and functional analyses of polymorphisms in the human FSH receptor gene.
Sudo S, Kudo M, Wada S, Sato O, Hsueh AJ, Fujimoto S
Molecular human reproduction 8 893-899 2002年10月
Activation of orphan receptors by the hormone relaxin.
Hsu SY, Nakabayashi K, Nishi S, Kumagai J, Kudo M, Sherwood OD, Hsueh AJ
Science (New York, N.Y.) 295 671-674 2002年01月

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、生殖内分泌、更年期gynecologic oncology, reproductive endocrinology, menopausal medicine
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 女性特有の内分泌妊娠の成立妊娠の生理と病理婦人科疾患Establishment of pregnancyPhysiology and pathology of pregnancyGynecologic diseases
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科悪性腫瘍gynecologic cancer
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 生殖内分泌、更年期、婦人科腫瘍ovarian function, menopause, gynecologic cancer
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌gynecological tumors, gynecological pathology, ovarian endocrinology
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌gynecological tumors, gynecological pathology, ovarian endocrinology
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌gynecological tumors, gynecological pathology, ovarian endocrinology
関連臨床医学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 歯学部
キーワード : 関連臨床医学Ⅱ、眼科、皮膚科、産婦人科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、生殖内分泌、更年期gynecologic oncology, reproductive endocrinology, menopausal medicine
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 女性特有の内分泌妊娠の成立妊娠の生理と病理婦人科疾患Establishment of pregnancyPhysiology and pathology of pregnancyGynecologic diseases
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科悪性腫瘍gynecologic cancer
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 生殖内分泌、更年期、婦人科腫瘍ovarian function, menopause, gynecologic cancer
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌gynecological tumors, gynecological pathology, ovarian endocrinology
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌gynecological tumors, gynecological pathology, ovarian endocrinology
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌gynecological tumors, gynecological pathology, ovarian endocrinology
関連臨床医学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 歯学部
キーワード : 関連臨床医学Ⅱ、眼科、皮膚科、産婦人科
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、生殖内分泌、更年期
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 卵巣機能、女性生殖器、悪性腫瘍、手術療法、放射線療法、化学療法
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 卵巣機能、女性生殖器、悪性腫瘍、手術療法、放射線療法、化学療法
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、生殖内分泌、更年期
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、婦人科病理、卵巣内分泌
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
関連臨床医学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 歯学部
キーワード : 関連臨床医学Ⅱ、眼科、皮膚科、産婦人科
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 卵巣機能、女性生殖器、悪性腫瘍、手術療法、放射線療法、化学療法
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 卵巣機能、女性生殖器、悪性腫瘍、手術療法、放射線療法、化学療法
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 婦人科腫瘍、生殖内分泌、更年期

ページトップへ

  • HOMEに戻る
  • 前のページに戻る