古澤 和也フルサワ カズヤresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
先端生命科学研究院 先端融合科学研究部門 組織構築科学分野
国際連携研究教育局
職名助教 
学位
博士(工学)(群馬大学)
メールアドレスkfurusawasci.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/00510017.ja.html
科研費研究者番号

研究キーワード

残留応力, コラーゲン強化機構, コラーゲン, 温度因子, 温度因子測定, ミネラル分率, X線回折, 脱灰骨, 弾性率

研究分野

人間医工学 / 医用生体工学・生体材料学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
人間医工学 / 医用生体工学・生体材料学

職歴

2008年08月
-
現在
北海道大学 大学院・先端生命科学研究院(助教)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2008年08月
-
現在
北海道大学 大学院・先端生命科学研究院(助教)

学歴

2005年04月
-
2008年03月
群馬大学 大学院 工学研究科 生産工学専攻
2003年04月
-
2005年03月
群馬大学 大学院 工学研究科 生物化学工学専攻
2000年04月
-
2003年03月
群馬大学 工学部 生物化学工学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
2005年04月
-
2008年03月
群馬大学 大学院 工学研究科 生産工学専攻
2003年04月
-
2005年03月
群馬大学 大学院 工学研究科 生物化学工学専攻
2000年04月
-
2003年03月
群馬大学 工学部 生物化学工学科

研究活動

論文

Heterogeneous filament network formation by myosin light chain isoforms effects on contractile energy output of single cardiomyocytes derived from human induced pluripotent stem cells
Takeomi Mizutani, Kazuya Furusawa, Hisashi Haga, Kazushige Kawabata
Regenerative Therapy 3 90-96 2016年03月
Development of the evaluation system for barrier functions of engineered epithelial lumens
Kazuya Furusawa, Takeomi Mizutani, Naoki Sasaki
Regenerative Therapy 3 82-89 2016年03月
Three-dimensional morphogenesis of MDCK cells induced by cellular contractile forces on a viscous substrate.
Imai M, Furusawa K, Mizutani T, Kawabata K, Haga H
Scientific reports 5 14208 2015年09月
Application of multichannel collagen gels in construction of epithelial lumen-like engineered tissues
Kazuya Furusawa, Takeomi Mizutani, Hiromi Machino, Saki Yahata, Akimasa Fukui, Naoki Sasaki
ACS Biomaterials Science & Engineering 2015年
Control of structure of multi-channel collagen gel beads
Kazuya Furusawa, Akimasa Fukui, Naoki Sasak
 2014年11月
Effect of a flow field on amyloid fibrillogenesis in a beta-lactoglobulin solution
Rajesh Kmar Sharma, Kazuya Furusawa, Akimasa Fukui, Naoki Sasaki
International Journal of Biological Macromolecules 70 490-497 2014年
Universality and specificity in molecular orientation in anisotropic gels prepared by diffusion method
Yasuyuki Maki, Kazuya Furusawa, Sho Yasuraoka, Hideki Okamura, Natsuki Hosoya, Mari Sunaga, Toshiaki Dobashi, Yasunobu Sugimoto, Katsuzo Wakabayashi
Carbohydrate Polymers 108 118-126 2014年
Elastic properties of collagen in bone determined by measuring the Debye-Waller factor.
Sasaki N, Shirakawa H, Nozoe T, Furusawa K
Journal of biomechanics 46 2824-2830 2013年11月
Multiscale analysis of changes in an anisotropic collagen gel structure by culturing osteoblasts.
Hanazaki Y, Masumoto J, Sato S, Furusawa K, Fukui A, Sasaki N
ACS applied materials & interfaces 5 5937-5946 2013年07月
Changes in the viscoelastic properties of cortical bone by selective degradation of matrix protein.
Shirakawa H, Furusawa K, Fukui A, Tadano S, Sasaki N
Journal of biomechanics 46(4) 696-701 2013年02月
論文を全て表示する
論文閉じる
Heterogeneous filament network formation by myosin light chain isoforms effects on contractile energy output of single cardiomyocytes derived from human induced pluripotent stem cells
Takeomi Mizutani, Kazuya Furusawa, Hisashi Haga, Kazushige Kawabata
Regenerative Therapy 3 90-96 2016年03月
Development of the evaluation system for barrier functions of engineered epithelial lumens
Kazuya Furusawa, Takeomi Mizutani, Naoki Sasaki
Regenerative Therapy 3 82-89 2016年03月
Three-dimensional morphogenesis of MDCK cells induced by cellular contractile forces on a viscous substrate.
Imai M, Furusawa K, Mizutani T, Kawabata K, Haga H
Scientific reports 5 14208 2015年09月
Application of multichannel collagen gels in construction of epithelial lumen-like engineered tissues
Kazuya Furusawa, Takeomi Mizutani, Hiromi Machino, Saki Yahata, Akimasa Fukui, Naoki Sasaki
ACS Biomaterials Science & Engineering 2015年
Control of structure of multi-channel collagen gel beads
Kazuya Furusawa, Akimasa Fukui, Naoki Sasak
 2014年11月
Effect of a flow field on amyloid fibrillogenesis in a beta-lactoglobulin solution
Rajesh Kmar Sharma, Kazuya Furusawa, Akimasa Fukui, Naoki Sasaki
International Journal of Biological Macromolecules 70 490-497 2014年
Universality and specificity in molecular orientation in anisotropic gels prepared by diffusion method
Yasuyuki Maki, Kazuya Furusawa, Sho Yasuraoka, Hideki Okamura, Natsuki Hosoya, Mari Sunaga, Toshiaki Dobashi, Yasunobu Sugimoto, Katsuzo Wakabayashi
Carbohydrate Polymers 108 118-126 2014年
Elastic properties of collagen in bone determined by measuring the Debye-Waller factor.
Sasaki N, Shirakawa H, Nozoe T, Furusawa K
Journal of biomechanics 46 2824-2830 2013年11月
Multiscale analysis of changes in an anisotropic collagen gel structure by culturing osteoblasts.
Hanazaki Y, Masumoto J, Sato S, Furusawa K, Fukui A, Sasaki N
ACS applied materials & interfaces 5 5937-5946 2013年07月
Changes in the viscoelastic properties of cortical bone by selective degradation of matrix protein.
Shirakawa H, Furusawa K, Fukui A, Tadano S, Sasaki N
Journal of biomechanics 46(4) 696-701 2013年02月
Change in the viscoelastic properties of agarose gel by HAp precipitation by osteoblasts cultured in an agarose gel matrix
Yohei Hanazaki, Daisuke Ito, Kazuya Furusawa, Akimasa Fukui, Naoki Sasaki
Journal of Biorheology 26 21-28 2013年
Expression of xSDF-1α, xCXCR4, and xCXCR7 during gastrulation in Xenopus laevis.
Mishra SK, Nagata T, Furusawa K, Sasaki A, Fukui A
The International journal of developmental biology 57 95-100 2013年
Studies on the formation mechanism and the structure of the anisotropic collagen gel prepared by dialysis-induced anisotropic gelation.
Furusawa K, Sato S, Masumoto J, Hanazaki Y, Maki Y, Dobashi T, Yamamoto T, Fukui A, Sasaki N
Biomacromolecules 13(1) 29-39 2012年01月
Anisotropic structure of calcium-induced alginate gels by optical and small-angle X-ray scattering measurements.
Maki Y, Ito K, Hosoya N, Yoneyama C, Furusawa K, Yamamoto T, Dobashi T, Sugimoto Y, Wakabayashi K
Biomacromolecules 12(6) 2145-2152 2011年06月
Wide angle X-ray diffraction and small angle X-ray scattering studies on the effect of demineralization on hierarchical structure of bone
Kazuya Furusawa, Hideki Shirakawa, Shoichi Sato, Yuka Tomimori, Bijey Giri, Akimasa Fukui, Naoki Sasaki
Transactions of the Materials Research Society of Japan 36 387-391 2011年
Effect of pH on anisotropic gelation of DNA induced by aluminum cations.
Furusawa K, Narazaki Y, Tomita N, Dobashi T, Sasaki N, Yamamoto T
The journal of physical chemistry. B 114(44) 13923-13932 2010年11月
Phase relationship and dynamics of anisotropic gelation of carboxymethylcellulose aqueous solution
S. C. Lin, Yoshiyuki Minamisawa, Kazuya Furusawa, Yasuyuki Maki, Hiroyuki Takeno, Takao Yamamoto, Toshiaki Dobashi
Colloid and polymer science 288 695-701 2010年
Aluminum ion-induced anisotropic gelation of DNA
Kazuya Furusawa, Yoshiyuki Minamisawa, Takao Yamamoto, Toshiaki Dobashi
Soft Materials 7 132-149 2009年
Carcinogen adsorbent prepared from DNA complex by gamma-ray irradiation.
Furusawa K, Kita E, Saheki T, Nagasawa N, Nishi N, Dobashi T
Journal of biomaterials science. Polymer edition 19 1159-1170 2008年
Dynamics of liquid crystalline gelation of DNA.
Furusawa K, Minamisawa Y, Dobashi T, Yamamoto T
The journal of physical chemistry. B 111(51) 14423-14430 2007年12月
Adsorption kinetics of carcinogens to DNA liquid crystalline gel beads.
Furusawa K, Wakamatsu M, Dobashi T, Yamamoto T
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids 23(20) 10081-10087 2007年09月
DNA liquid-crystalline gel as adsorbent of carcinogenic agent.
Dobashi T, Furusawa K, Kita E, Minamisawa Y, Yamamoto T
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids 23(3) 1303-1306 2007年01月
Water and chain dynamics in polymer network structure
Y. Umino, S. Morishita, R. Kita, N. Shinyashiki, S. Yagihara, K. Furusawa, T. Dobashi, N. Nagasawa
Transactions of the Materials Research Society of Japan 31 767-770 2006年
Mono- and Multilayered Aluminum ion-induced liquid crystalline gel of DNA
Yoshiyuki Minamisawa, Kazuya Furusawa, Takao Yamamoto, Toshiaki Dobashi
Transactions of the Materials Research Society of Japan 31 739-741 2006年
Nanometer-sized gelatin particles prepared by means of gamma-ray irradiation
K. Furusawa, K. Terao, N. Nagasawa, F. Yoshii, K. Kubota, T. Dobashi
Colloid and polymer science 283 229-233 2005年
Structural and kinetic modification of aqueous hydroxypropylmethylcellulose (HPMC) induced by electron beam irradiation
K. Furusawa, T. Dobashi, S. Morishita, M. Oyama, T. Hashimoto, N. Shinyashiki, S. Yagihara, N. Nagasawa
Physica A 353 9-20 2005年
Reagent-free crosslinking of aqueous gelatin: manufacture and characteristics of gelatin gels irradiated with gamma-ray and electron beam.
Terao K, Nagasawa N, Nishida H, Furusawa K, Mori Y, Yoshii F, Dobashi T
Journal of biomaterials science. Polymer edition 14 1197-1208 2003年

書籍

Nano/Micro Science and Technology in Biorheology: Principles, Methods, and Application
Furusawa Kazuya
Springer 2015年06月
書籍を全て表示する
書籍閉じる
Nano/Micro Science and Technology in Biorheology: Principles, Methods, and Application
Furusawa Kazuya
Springer 2015年06月

受賞

2014年06月
日本バイオレオロジー学会 日本バイオレオロジー学会論文賞 Studies on the formation mechanism and the structure of the anisotropic collagen gel prepared by dialysis-induced anisotropic gelation 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2014年06月
日本バイオレオロジー学会 日本バイオレオロジー学会論文賞 Studies on the formation mechanism and the structure of the anisotropic collagen gel prepared by dialysis-induced anisotropic gelation 

競争的資金等の研究課題

効率的な酸素と栄養の輸送機能を持つ人工血管網の構築技術の開発と設計理論の構築
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2015年 - 2017年 代表者 : 古澤 和也
マルチチャネルコラーゲンゲルを用いた巨大再生組織の高速構築システムの開発
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 古澤 和也
無負荷・非接触法による骨組織の力学定数の成分選択的その場測定
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 佐々木 直樹
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
効率的な酸素と栄養の輸送機能を持つ人工血管網の構築技術の開発と設計理論の構築
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2015年 - 2017年 代表者 : 古澤 和也
マルチチャネルコラーゲンゲルを用いた巨大再生組織の高速構築システムの開発
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 古澤 和也
無負荷・非接触法による骨組織の力学定数の成分選択的その場測定
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 佐々木 直樹

教育活動

主要な担当授業

生体高分子の物理化学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 反応速度論、反応速度の表現、反応の分子機構、アレニウスの式、遷移状態理論、アイリングの式、酵素反応の取り扱い
生体高分子学実験Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生物系の反応速度論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 反応速度論、反応速度の表現、反応の分子機構、アレニウスの式、遷移状態理論、アイリングの式、酵素反応の取り扱い
自主研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 国際
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
生体高分子の物理化学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 反応速度論、反応速度の表現、反応の分子機構、アレニウスの式、遷移状態理論、アイリングの式、酵素反応の取り扱い
生体高分子学実験Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生物系の反応速度論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 反応速度論、反応速度の表現、反応の分子機構、アレニウスの式、遷移状態理論、アイリングの式、酵素反応の取り扱い
自主研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 国際
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
生体高分子の物理化学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 反応速度論、反応速度の表現、反応の分子機構、アレニウスの式、遷移状態理論、アイリングの式、酵素反応の取り扱い
生体高分子学実験Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験,生物物理学実験
生物系の反応速度論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 反応速度論、反応速度の表現、反応の分子機構、アレニウスの式、遷移状態理論、アイリングの式、酵素反応の取り扱い
自主研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 国際
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
実験生物科学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子の物理化学Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 反応速度論、反応速度の表現、反応の分子機構、アレニウスの式、遷移状態理論、アイリングの式、酵素反応の取り扱い
生体高分子の物理化学Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
生体高分子学実験Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生物系の反応速度論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 反応速度論、反応速度の表現、反応の分子機構、アレニウスの式、遷移状態理論、アイリングの式、酵素反応の取り扱い
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令

社会貢献

社会貢献

日本バイオレオロジー学会 評議委員
役割 : 運営参加・支援
主催者・発行元 : 日本バイオレオロジー学会
社会貢献を全て表示する
社会貢献閉じる
日本バイオレオロジー学会 評議委員
役割 : 運営参加・支援
主催者・発行元 : 日本バイオレオロジー学会

ページトップへ