築山 忠維ツキヤマ タダスケresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  生理系部門生化学分野
職名助教 
学位
医学博士(九州大学)
農学修士(明治大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/20399819.ja.html
科研費研究者番号
  • 明治大学農学部
    明治大学大学院農学研究科
    九州大学大学院医学研究科
    米国国立癌研究所
    日本学術振興会海外派遣特別研究員(NIH)
    北海道大学大学院医学研究科

研究キーワード

RNF43, Wnt, がん, 免疫, シグナル伝達, マウス, マウス遺伝学, NF-κB, イメージング, 可視化, ユビキチン, ユビキチンリガーゼ, 癌, TRIMタンパク質

研究分野

基礎医学 / 免疫学
生物科学 / 発生生物学
実験動物学 / 実験動物学
基礎医学 / 医化学一般
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / 免疫学
生物科学 / 発生生物学
実験動物学 / 実験動物学
基礎医学 / 医化学一般

所属学協会

日本分子生物学会
日本癌学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本分子生物学会
日本癌学会

研究活動

論文

Type XVII collagen coordinates proliferation in the interfollicular epidermis
Mika Watanabe, Ken Natsuga, Wataru Nishie, Yasuaki Kobayashi, Giacomo Donati, Shotaro Suzuki, Yu Fujimura, Tadasuke Tsukiyama, Hideyuki Ujiie, Satoru Shinkuma, Hideki Nakamura, Masamoto Murakami, Michitaka Ozaki, Masaharu Nagayama, Fiona M Watt, Hiroshi Shimizu
eLife 6(e26635) 1-24 2017年07月
The inflammatory cytokine IL-1β is involved in bladder remodeling after bladder outlet obstruction in mice.
Kanno Y, Mitsui T, Kitta T, Moriya K, Tsukiyama T, Hatakeyama S, Nonomura K.
Neurourology and urodynamics 2016年03月
Molecular role of RNF43 in canonical and noncanonical Wnt signaling
Tsukiyama T, Fukui A, Terai S, Fujioka Y, Shinada K, Takahashi H, Yamaguchi TP, Ohba Y, Hatakeyama S.
Molecular and Cellular Biology 2015年03月
MED26 regulates the transcription of snRNA genes through the recruitment of little elongation complex.
Takahashi H, Takigawa I, Watanabe M, Anwar D, Shibata M, Tomomori-Sato C, Sato S, Ranjan A, Seidel CW, Tsukiyama T, Mizushima W, Hayashi M, Ohkawa Y, Conaway JW, Conaway RC, Hatakeyama S.
Nature Communications 6(5941) 2015年01月
Ymer acts as a multifunctional regulator in nuclear factor-κB and Fas signaling pathways.
Tsukiyama T, Matsuda-Tsukiyama M, Bohgaki M, Terai S, Tanaka S, Hatakeyama S
Molecular medicine (Cambridge, Mass.) 18 587-597 2012年05月
Mice lacking Wnt2b are viable and display a postnatal olfactory bulb phenotype.
Tsukiyama T, Yamaguchi TP
Neuroscience letters 512 48-52 2012年03月
TRIM29 negatively regulates p53 via inhibition of Tip60.
Sho T, Tsukiyama T, Sato T, Kondo T, Cheng J, Saku T, Asaka M, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta 1813 1245-1253 2011年06月
The canonical Wnt signaling pathway is not involved in renal cyst development in the kidneys of inv mutant mice.
Sugiyama N, Tsukiyama T, Yamaguchi TP, Yokoyama T
Kidney international 79(9) 957 2011年05月
RNF43 interacts with NEDL1 and regulates p53-mediated transcription.
Shinada K, Tsukiyama T, Sho T, Okumura F, Asaka M, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications 404(1) 143-147 2011年01月
TRIM24 mediates ligand-dependent activation of androgen receptor and is repressed by a bromodomain-containing protein, BRD7, in prostate cancer cells.
Kikuchi M, Okumura F, Tsukiyama T, Watanabe M, Miyajima N, Tanaka J, Imamura M, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta 1793 1828-1836 2009年12月
論文を全て表示する
論文閉じる
Type XVII collagen coordinates proliferation in the interfollicular epidermis
Mika Watanabe, Ken Natsuga, Wataru Nishie, Yasuaki Kobayashi, Giacomo Donati, Shotaro Suzuki, Yu Fujimura, Tadasuke Tsukiyama, Hideyuki Ujiie, Satoru Shinkuma, Hideki Nakamura, Masamoto Murakami, Michitaka Ozaki, Masaharu Nagayama, Fiona M Watt, Hiroshi Shimizu
eLife 6(e26635) 1-24 2017年07月
The inflammatory cytokine IL-1β is involved in bladder remodeling after bladder outlet obstruction in mice.
Kanno Y, Mitsui T, Kitta T, Moriya K, Tsukiyama T, Hatakeyama S, Nonomura K.
Neurourology and urodynamics 2016年03月
Molecular role of RNF43 in canonical and noncanonical Wnt signaling
Tsukiyama T, Fukui A, Terai S, Fujioka Y, Shinada K, Takahashi H, Yamaguchi TP, Ohba Y, Hatakeyama S.
Molecular and Cellular Biology 2015年03月
MED26 regulates the transcription of snRNA genes through the recruitment of little elongation complex.
Takahashi H, Takigawa I, Watanabe M, Anwar D, Shibata M, Tomomori-Sato C, Sato S, Ranjan A, Seidel CW, Tsukiyama T, Mizushima W, Hayashi M, Ohkawa Y, Conaway JW, Conaway RC, Hatakeyama S.
Nature Communications 6(5941) 2015年01月
Ymer acts as a multifunctional regulator in nuclear factor-κB and Fas signaling pathways.
Tsukiyama T, Matsuda-Tsukiyama M, Bohgaki M, Terai S, Tanaka S, Hatakeyama S
Molecular medicine (Cambridge, Mass.) 18 587-597 2012年05月
Mice lacking Wnt2b are viable and display a postnatal olfactory bulb phenotype.
Tsukiyama T, Yamaguchi TP
Neuroscience letters 512 48-52 2012年03月
TRIM29 negatively regulates p53 via inhibition of Tip60.
Sho T, Tsukiyama T, Sato T, Kondo T, Cheng J, Saku T, Asaka M, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta 1813 1245-1253 2011年06月
The canonical Wnt signaling pathway is not involved in renal cyst development in the kidneys of inv mutant mice.
Sugiyama N, Tsukiyama T, Yamaguchi TP, Yokoyama T
Kidney international 79(9) 957 2011年05月
RNF43 interacts with NEDL1 and regulates p53-mediated transcription.
Shinada K, Tsukiyama T, Sho T, Okumura F, Asaka M, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications 404(1) 143-147 2011年01月
TRIM24 mediates ligand-dependent activation of androgen receptor and is repressed by a bromodomain-containing protein, BRD7, in prostate cancer cells.
Kikuchi M, Okumura F, Tsukiyama T, Watanabe M, Miyajima N, Tanaka J, Imamura M, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta 1793 1828-1836 2009年12月
TRIM31 interacts with p52(Shc) and inhibits Src-induced anchorage-independent growth.
Watanabe M, Tsukiyama T, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications 388(2) 422-427 2009年10月
Ubiquitin-conjugating enzyme UBE2Q2 suppresses cell proliferation and is down-regulated in recurrent head and neck cancer.
Maeda H, Miyajima N, Kano S, Tsukiyama T, Okumura F, Fukuda S, Hatakeyama S
Molecular cancer research : MCR 7(9) 1553-1562 2009年09月
Wnt2/2b and beta-catenin signaling are necessary and sufficient to specify lung progenitors in the foregut.
Goss AM, Tian Y, Tsukiyama T, Cohen ED, Zhou D, Lu MM, Yamaguchi TP, Morrisey EE
Developmental cell 17(2) 290-298 2009年08月
Embryonic hair follicle fate change by augmented beta-catenin through Shh and Bmp signaling.
Suzuki K, Yamaguchi Y, Villacorte M, Mihara K, Akiyama M, Shimizu H, Taketo MM, Nakagata N, Tsukiyama T, Yamaguchi TP, Birchmeier W, Kato S, Yamada G
Development (Cambridge, England) 136(3) 367-372 2009年02月
Inhibition of NF-kappaB signaling via tyrosine phosphorylation of Ymer.
Kameda H, Watanabe M, Bohgaki M, Tsukiyama T, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications 378(4) 744-749 2009年01月
Involvement of Ymer in suppression of NF-kappaB activation by regulated interaction with lysine-63-linked polyubiquitin chain.
Bohgaki M, Tsukiyama T, Nakajima A, Maruyama S, Watanabe M, Koike T, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta 1783 826-837 2008年05月
Ro52 functionally interacts with IgG1 and regulates its quality control via the ERAD system.
Takahata M, Bohgaki M, Tsukiyama T, Kondo T, Asaka M, Hatakeyama S
Molecular immunology 45 2045-2054 2008年04月
Ubiquitylation of epsilon-COP by PIRH2 and regulation of the secretion of PSA.
Maruyama S, Miyajima N, Bohgaki M, Tsukiyama T, Shigemura M, Nonomura K, Hatakeyama S
Molecular and cellular biochemistry 307(1-2) 73-82 2008年01月
Ligand-dependent transcription of estrogen receptor alpha is mediated by the ubiquitin ligase EFP.
Nakajima A, Maruyama S, Bohgaki M, Miyajima N, Tsukiyama T, Sakuragi N, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications 357(1) 245-251 2007年05月
Establishment of a newly improved detection system for NF-kappaB activity.
Matsuda M, Tsukiyama T, Bohgaki M, Nonomura K, Hatakeyama S
Immunology letters 109 175-181 2007年04月
Protection of vincristine-induced neuropathy by WldS expression and the independence of the activity of Nmnat1.
Watanabe M, Tsukiyama T, Hatakeyama S
Neuroscience letters 411 228-232 2007年01月
SNIP1 is a candidate modifier of the transcriptional activity of c-Myc on E box-dependent target genes.
Fujii M, Lyakh LA, Bracken CP, Fukuoka J, Hayakawa M, Tsukiyama T, Soll SJ, Harris M, Rocha S, Roche KC, Tominaga S, Jen J, Perkins ND, Lechleider RJ, Roberts AB
Molecular cell 24(5) 771-783 2006年12月
Wnt3a links left-right determination with segmentation and anteroposterior axis elongation.
Nakaya MA, Biris K, Tsukiyama T, Jaime S, Rawls JA, Yamaguchi TP
Development (Cambridge, England) 132(24) 5425-5436 2005年12月
Early embryonic death in mice lacking the beta-catenin-binding protein Duplin.
Nishiyama M, Nakayama K, Tsunematsu R, Tsukiyama T, Kikuchi A, Nakayama KI
Molecular and cellular biology 24(19) 8386-8394 2004年10月
Increased proliferation of B cells and auto-immunity in mice lacking protein kinase Cdelta.
Miyamoto A, Nakayama K, Imaki H, Hirose S, Jiang Y, Abe M, Tsukiyama T, Nagahama H, Ohno S, Hatakeyama S, Nakayama KI
Nature 416(6883) 865-869 2002年04月
Down-regulation of p27Kip1 expression is required for development and function of T cells.
Tsukiyama T, Ishida N, Shirane M, Minamishima YA, Hatakeyama S, Kitagawa M, Nakayama K, Nakayama K
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 166 304-312 2001年01月
Development of dendritic epidermal T cells with a skewed diversity of gamma delta TCRs in V delta 1-deficient mice.
Hara H, Kishihara K, Matsuzaki G, Takimoto H, Tsukiyama T, Tigelaar RE, Nomoto K
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 165 3695-3705 2000年10月
Aldehyde dehydrogenase (ALDH) 2 associates with oxidation of methoxyacetaldehyde; in vitro analysis with liver subcellular fraction derived from human and Aldh2 gene targeting mouse.
Kitagawa K, Kawamoto T, Kunugita N, Tsukiyama T, Okamoto K, Yoshida A, Nakayama K, Nakayama K
FEBS letters 476(3) 306-311 2000年07月
Aberrant cell cycle checkpoint function and early embryonic death in Chk1(-/-) mice.
Takai H, Tominaga K, Motoyama N, Minamishima YA, Nagahama H, Tsukiyama T, Ikeda K, Nakayama K, Nakanishi M, Nakayama K
Genes & development 14 1439-1447 2000年06月
Targeted disruption of Skp2 results in accumulation of cyclin E and p27(Kip1), polyploidy and centrosome overduplication.
Nakayama K, Nagahama H, Minamishima YA, Matsumoto M, Nakamichi I, Kitagawa K, Shirane M, Tsunematsu R, Tsukiyama T, Ishida N, Kitagawa M, Nakayama K, Hatakeyama S
The EMBO journal 19(9) 2069-2081 2000年05月
Establishment of an embryonic stem (ES) cell line derived from a non-obese diabetic (NOD) mouse: in vivo differentiation into lymphocytes and potential for germ line transmission.
Nagafuchi S, Katsuta H, Kogawa K, Akashi T, Kondo S, Sakai Y, Tsukiyama T, Kitamura D, Niho Y, Watanabe T
FEBS letters 455(1/2) 101-104 1999年07月

講演・口頭発表等

RNF43のリン酸化によるWntシグナルの活性制御は個体の恒常性を制御する
築山 忠維
Wnt研究会2017 2017年12月 
様々な動物モデルを用いたWntシグナル調節異常による発がん機構の解析
築山 忠維
2017年度生命科学系学会合同年次大会 2017年12月 
RNF43によるWntシグナルの活性制御は形態形成と発がんを制御する
築山 忠維
第76回日本癌学会学術総会 2017年09月 
Wntシグナル:私たちのからだを作る・支えるユーティリティプレイヤー
築山 忠維
第39回日本分子生物学会年会 2016年11月 
Wntシグナルの分子スイッチ;RNF43のリン酸化による活性制御
築山 忠維
第39回日本分子生物学会年会 2016年11月 
RNF43の翻訳後修飾はWntシグナル調節のスイッチとして機能する
築山 忠維
第75回日本癌学会学術総会 2016年10月 
Post-translational modification of RNF43; a molecular switch of Wnt signaling
築山 忠維
Wnt meeting 2016 2016年09月 
カエルモデルを用いたRNF43のリン酸化によるWntシグナル調節機構の解明
築山 忠維
平成27年度「個体レベルでのがん研究支援活動」ワークショップ 2016年02月 
カエルモデルを用いたRNF43のWntシグナル調節と発がんにおける機能検討
築山 忠維
第74回日本癌学会学術総会 2015年10月 
カエルモデルから明らかになったWntシグナル調節とがんにおけるRNF43の機能
築山 忠維
日本生化学会北海道支部 第52回支部例会 2015年07月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
RNF43のリン酸化によるWntシグナルの活性制御は個体の恒常性を制御する
築山 忠維
Wnt研究会2017 2017年12月 
様々な動物モデルを用いたWntシグナル調節異常による発がん機構の解析
築山 忠維
2017年度生命科学系学会合同年次大会 2017年12月 
RNF43によるWntシグナルの活性制御は形態形成と発がんを制御する
築山 忠維
第76回日本癌学会学術総会 2017年09月 
Wntシグナル:私たちのからだを作る・支えるユーティリティプレイヤー
築山 忠維
第39回日本分子生物学会年会 2016年11月 
Wntシグナルの分子スイッチ;RNF43のリン酸化による活性制御
築山 忠維
第39回日本分子生物学会年会 2016年11月 
RNF43の翻訳後修飾はWntシグナル調節のスイッチとして機能する
築山 忠維
第75回日本癌学会学術総会 2016年10月 
Post-translational modification of RNF43; a molecular switch of Wnt signaling
築山 忠維
Wnt meeting 2016 2016年09月 
カエルモデルを用いたRNF43のリン酸化によるWntシグナル調節機構の解明
築山 忠維
平成27年度「個体レベルでのがん研究支援活動」ワークショップ 2016年02月 
カエルモデルを用いたRNF43のWntシグナル調節と発がんにおける機能検討
築山 忠維
第74回日本癌学会学術総会 2015年10月 
カエルモデルから明らかになったWntシグナル調節とがんにおけるRNF43の機能
築山 忠維
日本生化学会北海道支部 第52回支部例会 2015年07月 
Missense mutations of RNF43 establish a positive feedback loop of Wnt/βcatenin signaling
築山 忠維
2015「個体レベルでのがん研究支援活動」ワークショップ 2015年02月 
RNF43遺伝子のミスセンス変異によるWnt/βcatenin経路のポジティブフィードバックループ形成
築山 忠維
第37回日本分子生物学会年会 2014年11月 
RNF43のミスセンス変異はWnt/βcateninシグナルの正のフィードバックループを形成する
築山 忠維
第73回日本癌学会年会 2014年09月 
RNF43遺伝子のミスセンス変異によるWnt/βcatenin経路のポジティブフィードバックループ形成
築山 忠維
日本生化学会北海道支部 第51回支部例会 2014年07月 
RNF43遺伝子変異によるがん抑制遺伝子からがん遺伝子への機能転換
築山 忠維
第36回日本分子生物学会年会 2013年12月 
がん抑制遺伝子RNF43は異なるメカニズムによってWnt/beta-catenin経路とnoncanonical Wnt経路を抑制する
築山 忠維
第72回日本癌学会学術総会 2013年10月 
RNF43はcanonical/noncanonical Wntシグナルの両方を抑制する
築山 忠維
第35回日本分子生物学会年会 2012年12月 
RNF43はNEDL1と結合し、p53依存性の転写を調節する
築山 忠維
第71回日本癌学会学術総会 2012年09月 
Ymer functions as a multifunctional regulator in NF-kB and Fas signaling pathways.
築山 忠維
41st Australasian Society for Immunology Annual Meeting 2011年12月 
ポリユビキチン結合タンパク質Ymer は 炎症反応を抑制する
築山 忠維
第48回日本生化学会北海道支部例会 2011年08月 
Ymerトランスジェニックマウスの解析
築山 忠維
第32回日本分子生物学会年会 2009年12月 
がん抑制遺伝子としてのWnt5a
築山 忠維
Wntシグナルシンポジウム 2009年03月 
K63-ポリユビキチン鎖を介してNF-kBシグナルを抑制するYmerの機能解析
築山 忠維
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会 (BMB2008) 2008年12月 
改良型NF-κB活性検出システムの構築
築山 忠維
第73回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2008年07月 
改良型NF-kB活性検出システムの構築
築山 忠維
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会 (BMB2007) 2007年12月 
Wnt5a is a haploinsufficient tumor suppressor that cooperates with Tcf1 to suppress T cell lymphomas
築山 忠維
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress 2006年06月 
Wnt5a synergizes with Tcf1 to suppress T-cell lymphoma
築山 忠維
日本分子生物学会年会 2004年12月 
Evidence that Wnt5a functions as a tumor suppressor in T-cell lymphoma
築山 忠維
Cold Spring Harboer-Mouse molecular Genetics meeting 2004年09月 
Wnt5a is a tumor suppressor in T-cell lymphoma
築山 忠維
Wnt meeting 2004年05月 
Wnt signaling regulates mammalian body plan and tumorigenesis.
築山 忠維
NCI retreat 2003年10月 
Wnt signaling pathway and anterior- posterior body axis formation
築山 忠維
Society for Developmental Biology Annual Meeting 2003年08月 
Downregulation of p27Kip1 is required for T cell development
築山 忠維
Cold Spring Harbor Laboratory-The cell cycle meeting 2000年05月 
T細胞の分化と細胞周期:p27Kip1トランスジェニックマウスの解析
築山 忠維
日本分子生物学会年会 1999年12月 
胸腺細胞特異的発現p27Kip1トランスジェニックマウスの作製と解析
築山 忠維
日本分子生物学会年会 1998年12月 
DNA-リポソームcomplexの前核注入によるTgマウス胚の作出
築山 忠維
日本繁殖学会 1996年10月 
DNA-リポソームcomplexの前核注入によるTgマウス胚の作出
築山 忠維
日本畜産学会 1996年03月 

受賞

2015年12月
公益財団法人 日本膵臓病研究財団 膵臓病研究奨励賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2015年12月
公益財団法人 日本膵臓病研究財団 膵臓病研究奨励賞 

競争的資金等の研究課題

RNF43による恒常性の維持とその破綻によるがん化メカニズムの解明
日本学術振興会:科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間 : 2016年04月 - 2019年03月 代表者 : 築山 忠維
ユビキチン化酵素RNF43による発がん制御機構の解明
公益財団法人 日本応用酵素協会:酵素研究助成
研究期間 : 2016年09月 - 2017年08月 代表者 : 築山 忠維
Wntシグナル調節メカニズムの解明と膵臓がんの診断治療への応用
公益財団法人 日本膵臓病研究財団:膵臓病研究奨励賞
研究期間 : 2015年10月 - 2016年10月 代表者 : 築山 忠維
Wntシグナル抑制分子RNF43のがんへの関与
日本学術振興会:科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間 : 2013年04月 - 2016年03月 代表者 : 築山 忠維
生体におけるシグナル活性in vivoイメージングマウスライブラリの樹立と応用
日本学術振興会:科学研究費補助金・若手研究(B)
研究期間 : 2008年04月 - 2010年03月 代表者 : 築山 忠維
マウス生体内におけるシグナル経路のin vivo イメ ージングシステムの確立と応用
秋山財団:生命科学研究助成金
研究期間 : 2007年04月 - 2008年03月 代表者 : 築山 忠維
マウス生体内におけるシグナル経路のin vivoイメージングシステムの確立と応用
日本学術振興会:科学研究費補助金・若手研究(B)
研究期間 : 2006年04月 - 2008年03月 代表者 : 築山 忠維
ハイブリッド型ユビキチン化酵素による神経変性疾患の治療
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 畠山 鎮次
TRIMファミリーユビキチンリガーゼの網羅的解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 畠山 鎮次
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
RNF43による恒常性の維持とその破綻によるがん化メカニズムの解明
日本学術振興会:科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間 : 2016年04月 - 2019年03月 代表者 : 築山 忠維
ユビキチン化酵素RNF43による発がん制御機構の解明
公益財団法人 日本応用酵素協会:酵素研究助成
研究期間 : 2016年09月 - 2017年08月 代表者 : 築山 忠維
Wntシグナル調節メカニズムの解明と膵臓がんの診断治療への応用
公益財団法人 日本膵臓病研究財団:膵臓病研究奨励賞
研究期間 : 2015年10月 - 2016年10月 代表者 : 築山 忠維
Wntシグナル抑制分子RNF43のがんへの関与
日本学術振興会:科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間 : 2013年04月 - 2016年03月 代表者 : 築山 忠維
生体におけるシグナル活性in vivoイメージングマウスライブラリの樹立と応用
日本学術振興会:科学研究費補助金・若手研究(B)
研究期間 : 2008年04月 - 2010年03月 代表者 : 築山 忠維
マウス生体内におけるシグナル経路のin vivo イメ ージングシステムの確立と応用
秋山財団:生命科学研究助成金
研究期間 : 2007年04月 - 2008年03月 代表者 : 築山 忠維
マウス生体内におけるシグナル経路のin vivoイメージングシステムの確立と応用
日本学術振興会:科学研究費補助金・若手研究(B)
研究期間 : 2006年04月 - 2008年03月 代表者 : 築山 忠維
ハイブリッド型ユビキチン化酵素による神経変性疾患の治療
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 畠山 鎮次
TRIMファミリーユビキチンリガーゼの網羅的解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 畠山 鎮次

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学protein, signal transduction, cancer, cell cycle, transcription, developmental engineering
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学protein, signal transduction, cancer, cell cycle, transcription, developmental engineering
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学protein, signal transduction, cancer, cell cycle, transcription, developmental engineering
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学protein, signal transduction, cancer, cell cycle, transcription, developmental engineering
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸

ページトップへ