金城 政孝キンジヨウ マサタカresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
先端生命科学研究院 生命機能科学研究部門 細胞機能科学分野
高等教育推進機構
脳科学研究教育センター
電子科学研究所 附属グリーンナノテクノロジー研究センター
職名教授 
学位
医学博士(自治医科大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://altair.sci.hokudai.ac.jp/infmcd/index.html
科研費研究者番号

研究キーワード

生物物理学, 分子生物学, 分子生理学

研究分野

生物科学 / 生物物理学
生物科学 / 細胞生物学
生物科学 / 分子生物学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
生物科学 / 生物物理学
生物科学 / 細胞生物学
生物科学 / 分子生物学

職歴

1997年
-
2007年
北海道大学 電子科学研究所 超分子分光分野 助教授
1992年
-
1997年
北海道大学 電子科学研究所 電子機能素子部門 助手
1985年
-
1992年
北海道大学 応用電気研究所 生理部門 助手
2007年
北海道大学 大学院先端生命科学研究院 教授
職歴を全て表示する
職歴閉じる
1997年
-
2007年
北海道大学 電子科学研究所 超分子分光分野 助教授
1992年
-
1997年
北海道大学 電子科学研究所 電子機能素子部門 助手
1985年
-
1992年
北海道大学 応用電気研究所 生理部門 助手
2007年
北海道大学 大学院先端生命科学研究院 教授

学歴

-
1985年03月
自治医科大学(JMU) 医学研究科 人間生物学系生体制御専攻博士課程終了
-
1981年
宇都宮大学 農学研究科 農芸化学専攻
-
1979年
宇都宮大学 農学部 農芸化学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
1985年03月
自治医科大学(JMU) 医学研究科 人間生物学系生体制御専攻博士課程終了
-
1981年
宇都宮大学 農学研究科 農芸化学専攻
-
1979年
宇都宮大学 農学部 農芸化学科

所属学協会

日本化学会
日本生理学会
日本分子生物学会
生命の起源と進化学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本化学会
日本生理学会
日本分子生物学会
生命の起源と進化学会

研究活動

論文

Different aggregation states of a nuclear localization signal-tagged 25-kDa C-terminal fragment of TAR RNA/DNA-binding protein 43 kDa.
Kitamura A, Yuno S, Muto H, Kinjo M
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 22(6) 521-534 2017年06月
A Quantitative Study of Internal and External Interactions of Homodimeric Glucocorticoid Receptor Using Fluorescence Cross-Correlation Spectroscopy in a Live Cell.
Tiwari M, Oasa S, Yamamoto J, Mikuni S, Kinjo M
Scientific reports 7(1) 4336 2017年06月
Temperature and pH sensitivity of a stabilized self-nanoemulsion formed using an ionizable lipid-like material via an oil-to-surfactant transition.
Tanaka H, Oasa S, Kinjo M, Tange K, Nakai Y, Harashima H, Akita H
Colloids and surfaces. B, Biointerfaces 151 95-101 2017年03月
Investigation of pH-dependent photophysical properties of quantum nanocrystals by fluorescence correlation spectroscopy.
Oura M, Yamamoto J, Jin T, Kinjo M
Optics express 25(2) 1435-1443 2017年01月
Polarization-dependent fluorescence correlation spectroscopy for studying structural properties of proteins in living cell.
Oura M, Yamamoto J, Ishikawa H, Mikuni S, Fukushima R, Kinjo M
Scientific reports 6 31091 2016年08月
Development of new fusion proteins for visualizing amyloid-β oligomers in vivo.
Ochiishi T, Doi M, Yamasaki K, Hirose K, Kitamura A, Urabe T, Hattori N, Kinjo M, Ebihara T, Shimura H
Scientific reports 6 22712 2016年03月
Dependence of fluorescent protein brightness on protein concentration in solution and enhancement of it.
Morikawa TJ, Fujita H, Kitamura A, Horio T, Yamamoto J, Kinjo M, Sasaki A, Machiyama H, Yoshizawa K, Ichimura T, Imada K, Nagai T, Watanabe TM
Scientific reports 6 22342 2016年03月
In vivo fluorescence correlation spectroscopy analyses of FMBP-1, a silkworm transcription factor.
Tsutsumi M, Muto H, Myoba S, Kimoto M, Kitamura A, Kamiya M, Kikukawa T, Takiya S, Demura M, Kawano K, Kinjo M, Aizawa T
FEBS open bio 6(2) 106-125 2016年02月
Interaction of RNA with a C-terminal fragment of the amyotrophic lateral sclerosis-associated TDP43 reduces cytotoxicity.
Kitamura A, Nakayama Y, Shibasaki A, Taki A, Yuno S, Takeda K, Yahara M, Tanabe N, Kinjo M
Scientific reports 6 19230 2016年01月
Rotational diffusion measurements using polarization-dependent fluorescence correlation spectroscopy based on superconducting nanowire single-photon detector.
Yamamoto J, Oura M, Yamashita T, Miki S, Jin T, Haraguchi T, Hiraoka Y, Terai H, Kinjo M
Optics express 23(25) 32633-32642 2015年12月
論文を全て表示する
論文閉じる
Different aggregation states of a nuclear localization signal-tagged 25-kDa C-terminal fragment of TAR RNA/DNA-binding protein 43 kDa.
Kitamura A, Yuno S, Muto H, Kinjo M
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 22(6) 521-534 2017年06月
A Quantitative Study of Internal and External Interactions of Homodimeric Glucocorticoid Receptor Using Fluorescence Cross-Correlation Spectroscopy in a Live Cell.
Tiwari M, Oasa S, Yamamoto J, Mikuni S, Kinjo M
Scientific reports 7(1) 4336 2017年06月
Temperature and pH sensitivity of a stabilized self-nanoemulsion formed using an ionizable lipid-like material via an oil-to-surfactant transition.
Tanaka H, Oasa S, Kinjo M, Tange K, Nakai Y, Harashima H, Akita H
Colloids and surfaces. B, Biointerfaces 151 95-101 2017年03月
Investigation of pH-dependent photophysical properties of quantum nanocrystals by fluorescence correlation spectroscopy.
Oura M, Yamamoto J, Jin T, Kinjo M
Optics express 25(2) 1435-1443 2017年01月
Polarization-dependent fluorescence correlation spectroscopy for studying structural properties of proteins in living cell.
Oura M, Yamamoto J, Ishikawa H, Mikuni S, Fukushima R, Kinjo M
Scientific reports 6 31091 2016年08月
Development of new fusion proteins for visualizing amyloid-β oligomers in vivo.
Ochiishi T, Doi M, Yamasaki K, Hirose K, Kitamura A, Urabe T, Hattori N, Kinjo M, Ebihara T, Shimura H
Scientific reports 6 22712 2016年03月
Dependence of fluorescent protein brightness on protein concentration in solution and enhancement of it.
Morikawa TJ, Fujita H, Kitamura A, Horio T, Yamamoto J, Kinjo M, Sasaki A, Machiyama H, Yoshizawa K, Ichimura T, Imada K, Nagai T, Watanabe TM
Scientific reports 6 22342 2016年03月
In vivo fluorescence correlation spectroscopy analyses of FMBP-1, a silkworm transcription factor.
Tsutsumi M, Muto H, Myoba S, Kimoto M, Kitamura A, Kamiya M, Kikukawa T, Takiya S, Demura M, Kawano K, Kinjo M, Aizawa T
FEBS open bio 6(2) 106-125 2016年02月
Interaction of RNA with a C-terminal fragment of the amyotrophic lateral sclerosis-associated TDP43 reduces cytotoxicity.
Kitamura A, Nakayama Y, Shibasaki A, Taki A, Yuno S, Takeda K, Yahara M, Tanabe N, Kinjo M
Scientific reports 6 19230 2016年01月
Rotational diffusion measurements using polarization-dependent fluorescence correlation spectroscopy based on superconducting nanowire single-photon detector.
Yamamoto J, Oura M, Yamashita T, Miki S, Jin T, Haraguchi T, Hiraoka Y, Terai H, Kinjo M
Optics express 23(25) 32633-32642 2015年12月
Raster image cross-correlation analysis for spatiotemporal visualization of intracellular degradation activities against exogenous DNAs.
Sasaki A, Yamamoto J, Jin T, Kinjo M
Scientific reports 5 14428 2015年09月
Homodimerization of glucocorticoid receptor from single cells investigated using fluorescence correlation spectroscopy and microwells.
Oasa S, Sasaki A, Yamamoto J, Mikuni S, Kinjo M
FEBS letters 589(17) 2171-2178 2015年08月
Efficient and dynamic nuclear localization of green fluorescent protein via RNA binding.
Kitamura A, Nakayama Y, Kinjo M
Biochemical and biophysical research communications 463(3) 401-406 2015年07月
Conformational analysis of misfolded protein aggregation by FRET and live-cell imaging techniques.
Kitamura A, Nagata K, Kinjo M
International journal of molecular sciences 16(3) 6076-6092 2015年03月
Peptide sequences converting polyglutamine into a prion in yeast.
Odani W, Urata K, Okuda M, Okuma S, Koyama H, Pack CG, Fujiwara K, Nojima T, Kinjo M, Kawai-Noma S, Taguchi H.
FEBS J. 282(3) 477-490 2015年02月
Siglec-15 is a potential therapeutic target for postmenopausal osteoporosis.
Kameda Y, Takahata M, Mikuni S, Shimizu T, Hamano H, Angata T, Hatakeyama S, Kinjo M, Iwasaki N.
Bone. 71 217-226 2015年02月
Determination of the dissociation constant of the NFkB p50/p65 heterodimer in living cells using flourescence cross-correlation spectroscopy.
Tiwari M, Kinjo M.
Methods Mol Biol. 1228 173-186 2015年
Screening for FtsZ Dimerization Inhibitors Using Fluorescence Cross-Correlation Spectroscopy and Surface Resonance Plasmon Analysis.
Mikuni S, Kodama K, Sasaki A, Kohira N, Maki H, Munetomo M, Maenaka K, Kinjo M
PloS one 10(7) e0130933 2015年
Fluorescence correlation spectroscopy with visible-wavelength superconducting nanowire single-photon detector.
Yamashita T, Liu D, Miki S, Yamamoto J, Haraguchi T, Kinjo M, Hiraoka Y, Wang Z, Terai H.
Opt Express. 22(23) 28783-28789 2014年11月
Quantative analysis of APP axonal transport in neurons: role of JIP1 in enhanced APP anterograde transport.
Chiba K, Araseki M, Nozawa K, Furukori K, Araki Y, Matsushima T, Nakaya T, Hata S, Saito Y, Uchida S, Okada Y, Nairn AC, Davis RJ, Yamamoto T, Kinjo M, Taru H, Suzuki T.
Mol Biol Cell. 5(25) 3569-3580 2014年10月
A biphenyl type two-photon fluorescence probe for monitoring the mitochondrial membrane potential.
Moritomo H, Yamada K, Kojima Y, Suzuki Y, Tani S, Kinoshita H, Sasaki A, Mikuni S, Kinjo M, Kawamata J.
Cell Struct Funct. 39(2) 125-133 2014年10月
Moyamoya disease-associated protein mysterin/RNF213 is a novel AAA+ ATPase, which dynamically changes its oligomeric state.
Morito D, Nishikawa K, Hoseki J, Kitamura A, Kotani Y, Kiso K, Kinjo M, Fujiyoshi Y, Nagata K
Scientific reports 4 4442 2014年03月
Dysregulation of the proteasome increases the toxicity of ALS-linked mutant SOD1.
Kitamura A, Inada N, Kubota H, Matsumoto G, Kinjo M, Morimoto RI, Nagata K
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 19 209-224 2014年03月
Simple and direct assembly of kymographs from movies using KYMOMAKER.
Chiba K, Shimada Y, Kinjo M, Suzuki T, Uchida S
Traffic (Copenhagen, Denmark) 15(1) 1-11 2014年01月
Prefoldin prevents aggregation of α-synuclein.
Takano M, Tashiro E, Kitamura A, Maita H, Iguchi-Ariga SM, Kinjo M, Ariga H
Brain research 1542 186-194 2014年01月
The interaction of Hsp104 with yeast prion Sup35 as analyzed by fluorescence cross-correlation spectroscopy.
Ohta S, Kawai-Noma S, Kitamura A, Pack CG, Kinjo M, Taguchi H
Biochemical and biophysical research communications 442 28-32 2013年12月
Siglec-15 regulates osteoclast differentiation by modulating RANKL-induced phosphatidylinositol 3-kinase/Akt and Erk pathways in association with signaling adaptor DAP12.
Kameda Y, Takahata M, Komatsu M, Mikuni S, Hatakeyama S, Shimizu T, Angata T, Kinjo M, Minami A, Iwasaki N.
J Bone Miner Res. 28(12) 2463-2475 2013年12月
A rapid and high-throughput quantitation assay of the nuclear factor κB activity using fluorescence correlation spectroscopy in the setting of clinical laboratories.
Harada K, Mikuni S, Beppu H, Niimi H, Abe S, Hano N, Yamagata K, Kinjo M, Kitajima I
PloS one 8(10) e75579 2013年10月
Determination of dissociation constant of the NFκB p50/p65 heterodimer using fluorescence cross-correlation spectroscopy in the living cell.
Tiwari M, Mikuni S, Muto H, Kinjo M
Biochemical and biophysical research communications 436 430-435 2013年07月
Prefoldin protects neuronal cells from polyglutamine toxicity by preventing aggregation formation.
Tashiro E, Zako T, Muto H, Itoo Y, Sörgjerd K, Terada N, Abe A, Miyazawa M, Kitamura A, Kitaura H, Kubota H, Maeda M, Momoi T, Iguchi-Ariga SM, Kinjo M, Ariga H
The Journal of biological chemistry 288(27) 19958-19972 2013年07月
Virus-like particles with removable cyclodextrins enable glutathione-triggered drug release in cells.
Niikura K, Sugimura N, Musashi Y, Mikuni S, Matsuo Y, Kobayashi S, Nagakawa K, Takahara S, Takeuchi C, Sawa H, Kinjo M, Ijiro K.
Mol Biosyst. 9(3) 501-507 2013年03月
Nonmuscle myosin Ⅱ folds into a 10S form via two portions of tail for dynamic subcellular loacalization.
Kiboku T, Katoh T, Nakamura A, Kitamura A, Kinjo M, Murakami Y, Takahashi M.
Genes to Cells. 18(2) 90-109 2013年02月
pH Dependence of the Fluorescence Lifetime of FAD in Solution and in Cells.
Islam MS, Honma M, Nakabayashi T, Kinjo M, Ohta N.
Int J Mol Sce. 14(1) 1952-1963 2013年01月
Rab6a releases LIS1 from a dynein idling complex and activates dynein for retrograde movement.
Yamada M, Kumamoto K, Mikuni S, Arai Y, Kinjo M, Nagai T, Tsukasaki Y, Watanabe TM, Fukui M, Jin M, Toba S, Hirotsune S
Nature communications 4 2033 2013年
Local nucleosome dynamics facilitate chromatin accessibility in living Mammalian cells.
Hihara S, Pack CG, Kaizu K, Tani T, Hanafusa T, Nozaki T, Takemoto S, Yoshimi T, Yokota H, Imamoto N, Sako Y, Kinjo M, Takahashi K, Nagai T, Maeshima K.
Cell Rep.  2(6) 1645-1656 2012年12月
Direct association of unfolded proteins with mammalian ER stress sensor, IRE1 beta.
Oikawa D, Kitamura A, Kinjo M, Iwawaki T.
PLoS One. 7(12) e51290 2012年12月
Fluorescence Imaging of Mitochondria in Living Cells Using a Novel Fluorene Derivative with a Large Two-Photon Absorption Cross-Section.
Tani S, Nakagawa K, Honda T, Saito H, Suzuki Y, Kawamata J, Uchida M, Sasaki A, Kinjo M.
Curr Pharm Biotechnol 13(14) 2649-2654 2012年11月
Use of Carbohydrate-Conjugated Nanoparticles for an Integrated Approach to Functional Imaging of Glycans and Understanding of Their Molecular Mechanisms.
Nagahori N, Uchida M, Kinjo M, Yamashita T.
Curr Pharm Biotechnol 13(14) 2612-2616 2012年11月
Current Research on Protein-Protein Interactions Among Auxin-Singnaling Factors in Regulation of Plant Grouwth and Development.
Muto H, Kinjo M
 13(14) 2604-2611 2012年11月
Atg9 vesicles are an important membrane source during early steps of autophagosome formation.
Yamamoto H, Kakuta S, Watanabe M.T, Kitamura A, Sekito T, Kondo-Kakuta C, Ichikawa R, Kinjo M, and Ohsumi Y.
J. Cell Biol. 198(2) 219-233 2012年07月
A Small Peptide Sequence is Sufficient for Initiating Kinesin-1 Activation Through Part of TPR Region of KLC1.
Kawano T, Araseki M, Araki Y, Kinjo M, Yamamoto T, Suzuki T.
Traffic.  13(6) 834-848 2012年06月
A modified FCCS procedure applied to Ly49A-MHC class I cis-interaction studies in cell membranes.
Strömqvist J, Johansson S, Xu L, Ohsugi Y, Andersson K, Muto H, Kinjo M, Höglund P, Widengren J.
Biophys J. 101(5) 1257-1269 2011年09月
Intracellular pH sensing using autofluorescence lifetime microscopy.
Ogikubo S, Nakabayashi T, Adachi T, Islam MS, Yoshizawa T, Kinjo M, Ohta N.
J Phys Chem B. 115(34) 10385-10390 2011年09月
Importance of sialic acid residues illuminated by live animal imaging using phosphorylcholine self-assembled monolayer-coated quantum dots.
Ohyanagi T, Nagahori N, Shimawaki K, Hinou H, Yamashita T, Sasaki A, Jin T, Iwanaga T, Kinjo M, Nishimura S.
J Am Chem Soc. 133(32) 12507-12517 2011年08月
Two distinct amyloid {beta}-protein (A{beta}) assembly pathways leading to oligomers and fibrils identified by combined fluorescence correlation spectroscopy, morphology and toxicity analyses.
Matsumura S, Shinoda K, Yamada M, Yokojima S, Inoue M, Ohnishi T, Shimada T, Kikuchi K, Masui D,
J Biol Chem. 286(13) 11555-11562 2011年04月
Dynamic assembly properties of nonmuscle myosin II isoforms revealed by combination of fluorescence correlation spectroscopy and fluorescence cross-correlation spectroscopy.
Mitsuhashi M, Sakata H, Kinjo M, Yazawa M, Takahashi M
Journal of biochemistry 149 253-263 2011年03月
Single-particle tracking of quantum dot-conjugated prion proteins inside yeast cells.
Tsuji T, Kawai-Noma S, Pack CG, Terajima H, Yajima J, Nishizaka T, Kinjo M, Taguchi H.
Biochem Biophys Res Commun. 405(4) 638-643 2011年02月
Monitoring the caspase cascade in single apoptotic cells using a three-color fluorescent protein substrate.
Sun F, Mikuni S, Kinjo M.
Biochem Biophys Res Commun. 404(2) 706-710 2011年01月
Direct observation of dimerization between different CREB1 isoforms in a living cell.
Sadamoto H, Saito K, Muto H, Kinjo M, Ito E.
PLoS One. 6(6) e20285 2011年01月
STPR, a 23-amino acid tandem repeat domain, found in the human function-unknown protein ZNF821.
Nonaka Y, Muto H, Aizawa T, Okabe E, Myoba S, Yokoyama T, Saito S, Tatami F, Kumaki Y, Kamiya M,
Biochemistry. 49(38) 8367-8375 2010年09月
Simultaneous measurement of the caspase-3 and caspase-9 activities during induced apoptosis by fluorescence cross-correlation spectroscopy.
Sun F, Mikuni S, Kinjo M.
Bioimages. 18 1-9 2010年07月
In vivo evidence for the fibrillar structures of Sup35 prions in yeast cells.
Kawai-Noma S, Pack CG, Kojidani T, Asakawa H, Hiraoka Y, Kinjo M, Haraguchi T, Taguchi H, Hirata A.
J Cell Biol. 190(2) 223-231 2010年07月
Low pH-triggered model drug molecule release from virus-like particles.
Ohtake N, Niikura K, Suzuki T, Nagakawa K, Mikuni S, Matsuo Y, Kinjo M, Sawa H, Ijiro K.
Chembiochem. 11(7) 959-962 2010年05月
Monitoring intracellular degradation of exogenous DNA using diffusion properties.
Sasaki A, Kinjo M.
J Control Release. 143(1) 104-111 2010年04月
A quantum dot-based ratiometric pH sensor.
Jin T, Sasaki A, Kinjo M, Miyazaki J.
Chem Commun (Camb). 46(14) 2408-2410 2010年04月
Single-Cell Quantitative Analysis of DNA Incorporation and Protein Expression in Microwells
Sasaki A, Sakata H, Kinjo M.
Current Pharmaceutical Biotechnology 11(1) 117-121 2010年01月
Confomational Analysis of Soluble Oligomers of GFP Tagged Prion Protein By Fluorescence Fluctuation Spectroscopy
Sakata H, Horiuchi M, Takahashi I, Kinjo M.
Current Pharmaceutical Biotechnology 11(1) 87-95 2010年
Kinesin-1/Hsc70-dependent mechanism of slow axonal transport and its relation to fast axonal transport.
TERADA Sumio, TERADA Sumio, TERADA Sumio, KINJO Masataka, AIHARA Makoto, TAKEI Yosuke, HIROKAWA Nobutaka
EMBO J. 29(4) 843-854 2010年
Single mother-daughter pair analysis to clarify the diffusion properties of yeast prion Sup35 in guanidine-HCl-treated [PSI+] cells
Kawai-Noma S, Pack CG, Tsuji T, Kinjo M, Taguchi H.
Genes to Cells 14(9) 1045-1054 2009年09月
Multipoint fluorescence correlation spectroscopy with total internal reflection fluorescence microscope
Ohsugi Y, Kinjo M.
J Biomed Opt. 14(1) 014030 2009年01月
Fluorescence lifetime images of green fluorescent protein in HeLa cells during TNF-alpha induced apoptosis
Ito T, Oshita S, Nakabayashi T, Sun F, Kinjo M, Ohta N.
Photochemical & Photobiological Sciences 8(6) 763-767 2009年
Fluorescence cross-correlation spectroscopy of plant proteins.
Muto H, Kinjo M, Yamamoto KT.
Methods Mol Biol. 479 203-215 2009年
The A- and B-type nuclear lamin networks: microdomains involved in chromatin organization and transcription.
Shimi T, Pfleghaar K, Kojima S, Pack CG, Solovei I, Goldman AE, Adam SA, Shumaker DK, Kinjo M, Cremer T, Goldman RD.
Genes Dev. 22(24) 3409-3421 2008年12月
Reciprocal interaction with G-actin and tropomyosin is essential for aquaporin-2 trafficking.
Noda Y, Horikawa S, Kanda E, Yamashita M, Meng H, Eto K, Li Y, Kuwahara M, Hirai K, Pack C, Kinjo M, Okabe S, Sasaki S.
J Cell Biol. 182(3) 587-601 2008年08月
'In Vivo Quantitative Analysis of PKA Subunit Interaction and cAMP level by Dual Color Fluorescence Cross Correlation Spectroscopy
Park H, Pack C, Kinjo M, Kaang BK.
Mol Cells. 26(1) 87-92 2008年06月
Stress-induced environmental changes in a single cell as revealed by fluorescence lifetime imaging
Nakabayashi T, Nagao I, Kinjo M, Aoki Y, Tanaka M, Ohta N.
Photochem Photobiol Sci. 7(6) 668-670 2008年06月
Application of fluorescence lifetime imaging of enhanced green fluorescent protein to intracellular pH measurements
Nakabayashi T, Wang HP, Kinjo M, Ohta N.
Photochem Photobiol Sci. 7(6) 668-670 2008年06月
Temporal and spatial localization of three germline-specific proteins in medaka.
Aoki Y, Nagao I, Saito D, Ebe Y, Kinjo M, Tanaka M.
Dev Dyn 237(3) 800-807 2008年03月
Analysis of the molecular dynamics of medaka nuage proteins by fluorescence correlation spectroscopy and fluorescence recovery after photobleaching.
Nagao I, Aoki Y, Tanaka M, Kinjo M.
FEBS J. 275(2) 341-349 2008年01月
Regulated motion of glycoproteins revealed by direct visualization of a single cargo in the endoplasmic reticulum.
Nagaya H, Tamura T, Higa-Nishiyama A, Ohashi K, Takeuchi M, Hashimoto H, Hatsuzawa K, Kinjo M, Okada T, Wada I.
J Cell Biol. 180(1) 129-143 2008年01月
Cross-talk-free fluorescence cross-correlation spectroscopy by the switching method.
Takahashi Y, Nishimura J, Suzuki A, Ishibashi K, Kinjo M, Miyawaki A.
Cell Struct Funct. 33(1) 143-150 2008年
Detection of antigen protein by using fluorescence cross-correlation spectroscopy and quantum-dot-labeled antibodies
Fujii F, Kinjo M.
Chembiochem 8(18) 2199-2203 2007年12月
Detection of prion protein immune complex for bovine spongiform encephalopathy diagnosis using fluorescence correlation spectroscopy and fluorescence cross-correlation spectroscopy.
Fujii F, Horiuchi M, Ueno M, Sakata H, Nagao I, Tamura M, Kinjo M.
Anal Biochem 370(2) 131-141 2007年11月
Effect of cholesterol on diffusion in surfactant bilayers.
Pieper T, Markova S, Kinjo M, Suter D.
Chem Phys. 127(16) 165102 2007年10月
Detection of polyglutamine protein oligomers in cells by fluorescence correlation spectroscopy.
Takahashi Y, Okamoto Y, Popiel HA, Fujikake N, Toda T, Kinjo M, Nagai Y.
J Biol Chem 282(33) 24039-24048 2007年08月
Dissociation of the insulin receptor and caveolin-1 complex by ganglioside GM3 in the state of insulin resistance.
Kabayama K, Sato T, Saito K, Loberto N, Prinetti A, Sonnino S, Kinjo M, Igarashi Y, Inokuchi J.
Proc Natl Acad Sci U S A, 104(34) 13678-13683 2007年08月
Preparation and characterization of thiacalix[4]arene coated water-soluble CdSe/ZnS quantum dots as a fluorescent probe for Cu2+ ions.
Jin T, Fujii F, Yamada E, Nodasaka Y, Kinjo M.
Comb Chem High Throughput Screen. 10(6) 473-479 2007年07月
Triplet Fraction Buildup Effect of the DNA-YOYO Complex Studied with Fluorescence Correlation Spectroscopy.
Shimizu M, Sasaki S, Kinjo M.
Analytical Biochem 366(1) 87-92 2007年06月
Diffusion analysis of glucocorticoid receptor and antagonist effect in living cell nucleus.
Mikuni S, Pack C, Tamura M, Kinjo M.
Experimental and Molecular Pathology 82(2) 163-168 2007年04月
The novel cargo Alcadein induces vesicle association of kinesin-1 motor components and activates axonal transport.
Araki Y, Kawano T, Taru H, Saito Y, Wada S, Miyamoto K, Kobayashi H, Ishikawa HO, Ohsugi Y, Yamamoto T, Matsuno K, Kinjo M, Suzuki T.
EMBO J 26(6) 1475-1486 2007年03月
DNA Microstructure Based on Self-Assembly of 4-Sticky-End Holiday Junctions in Aqueous Solution
Kii H, Takagi T, Sasaki A, Okajima T, Kinjo M.
Journal of Nanoscience and Nanotechnology 7(3) 726-729 2007年03月
Analysis of intranuclear binding process of glucocorticoid receptor using fluorescence correlation spectroscopy.
Mikuni S, Tamura M, Kinjo M.
FEBS Letters 581(3) 389-393 2007年02月
Lateral Mobility of Membrane-Binding Proteins in Living Cells Measured by Total Internal Reflection Fluorescence Correlation Spectroscopy
Ohsugi Y, Saito K, Tamura M, Kinjo M.
Biophys J 91(9) 3456-3464 2006年11月
Microenvironment and effect of energy depletion in the nucleus analyzed by mobility of multiple oligomeric EGFPs.
Pack C, Saito K, Tamura M, Kinjo M.
Biophys J 91(10) 3921-3936 2006年11月
Cytosolic chaperonin prevents polyglutamine toxicity with altering the aggregation state
Kitamura A, Kubota H, Pack CG, Matsumoto G, Hirayama S, Takahashi Y, Kimura H, Kinjo M, Morimoto RI, Nagata K.
Nature Cell Biology 8(10) 1163-1170 2006年10月
The regulator of the F1 motor: Inhibition of rotation of cyanobacterial F1-ATPase by the ε subunit.
Konno H, Murakami-Fuse T, Fujii F, Koyama F, Ueoka-Nakanishi H, Pack CG, Kinjo M, Hisabori T.
EMBO J 25(19) 4596-4604 2006年10月
Dynamics of yeast prion aggregates in single living cells.
Kawai-Noma S, Ayano S, Pack CG, Kinjo M, Yoshida M, Yasuda K, Taguchi H.
Genes to Cells 11(9) 1085-1096 2006年09月
Protein–protein interaction analysis by C-terminally specific fluorescence labeling and fluorescence cross-correlation spectroscopy
Oyama R, Takashima H, Yonezawa M, Doi N, Miyamoto-Sato E, Kinjo M, Yanagawa H.
Nucleic Acids Research 34(14) e102 2006年08月
Fluorescence cross-correlation analyses of molecular interaction between an Aux/IAA protein, MSG2/IAA19, and protein-protein interaction domains of auxin response factors of Arabidopsis expressed in HeLa cells
Muto H, Nagao I, Demura T, Fukuda H, Kinjo M, Yamamoto KT.
Plant Cell Physiol 47(8) 1095-1101 2006年08月
Control of the optical properties of quantum dots by surface coating with calix[n]arene carboxylic acids
Jin T, Fujii F, Yamada E, Nodasaka Y, Kinjo M.
J American ChemicaL Society 128(29) 9288-9289 2006年07月
Quantification of size distribution of restriction fragments in mitochondrial genome using fluorescence correlation spectroscopy
Nomura Y, Fuchigami H, Kii H, Feng Z, Nakamura T, Kinjo M.
Experimental and Molecular Pathology 80(3) 275-278 2006年06月
A fluorescent variant of a protein from the stony coral Montipora facilitates dual-color single-laser fluorescence cross-correlation spectroscopy.
Kogure T, Karasawa S, Araki T, Saito K, Kinjo M, Miyawaki A.
Nature Biotechnol 24(5) 577-581 2006年05月
Detection of oxidative stress-induced mitochondrial DNA damage using fluorescence correlation spectroscopy.
Nomura Y, Fuchigami H, Kii H, Feng Z, Nakamura T, Kinjo M.
Analytical Biochemistry 350(2) 196-201 2006年03月
Analysis of membrane-binding protein mobility in living cells using total internal reflection fluorescence correlation spectroscopy
Ohsugi Y, Kinjo M.
Biophysical Reviews and Letters 1(3) 293-299 2006年
Interaction of a small heat shock protein of the fission yeast, Schizosaccharomyces pombe, with a denatured protein at elevated temperature.
Hirose M, Tohda H, Giga-Hama Y, Tsushima R, Zako T, Iizuka R, Pack C, Kinjo M, Ishii N, Yohda M.
J Biol Chem.  280(38) 32586-32593 2005年09月
Amphiphilic p-sulfonatocalix[4]arene-coated CdSe/ZnS quantum dots for the optical detection of the neurotransmitter acetylcholine.
Jin T, Fujii F, Sakata H, Tamura M, Kinjo M.
Chem Commun. 14(34) 4300-4302 2005年09月
Analysis of cellular functions by multipoint fluorescence correlation spectroscopy.
Takahashi Y, Sawada R, Ishibashi K, Mikuni S, Kinjo M.
Curr Pharm Biotechnol.  6(2) 159-165 2005年04月
Calixarene-coated water-soluble CdSe-ZnS semiconductor quantum dots that are highly fluorescent and stable in aqueous solution.
Jin T, Fujii F, Sakata H, Tamura M, Kinjo M.
Chem Commun. 14(22) 2829-2831 2005年01月
Dead-time distortion in fluorescence correlation measurements.
Nishimura G, Kinjo M.
Appl Opt.  44(17) 3458-3467 2005年01月
Real-time monitoring of in vitro transcriptional RNA by using fluorescence correlation spectroscopy.
Nomura Y, Kinjo M.
Chembiochem. 5(12) 1701-1703 2004年12月
Experimental evidence of distance-dependent diffusion coefficients of a globular protein observed in polymer aqueous solution forming a network structure on nanometer scale.
Masuda A, Ushida K, Nishimura G, Kinjo M, Tamura M, Koshino H, Yamashita K, Kluge T.
J Chem Phys.  121(21) 10787-10793 2004年12月
Molecular dynamics of STAT3 on IL-6 signaling pathway in living cells.
Watanabe K, Saito K, Kinjo M, Matsuda T, Tamura M, Kon S, Miyazaki T, Uede T.
Biochem Biophys Res Commun.  324(4) 1264-1273 2004年11月
Specifically associated PCR products probed by coincident detection of two-color cross-correlated fluorescence intensities in human gene polymorphisms of methylene tetrahydrofolate reductase at site C677T: a novel measurement approach without follow-up ma
Földes-Papp Z, Costa JM, Demel U, Tilz GP, Kinjo M, Saito K, Kii H, Takagi T, Tamura M, Thyberg P, Birch-Hirschfeld E.
Exp Mol Pathol.  76(3) 212-218 2004年06月
Regulation of immature protein dynamics in the endoplasmic reticulum.
Kamada A, Nagaya H, Tamura T, Kinjo M, Jin HY, Yamashita T, Jimbow K, Kanoh H, Wada I.
J Biol Chem. 279(20) 21533-21542 2004年05月
DNA measurements by using fluorescence correlation spectroscopy and two-color fluorescence cross correlation spectroscopy.
Takagi T, Kii H, Kinjo M.
Curr Pharm Biotechnol. 5(2) 199-204 2004年04月
Systematic error in fluorescence correlation measurements identified by a simple saturation model of fluorescence.
Nishimura G, Kinjo M.
Anal Chem.  76(7) 1963-1970 2004年04月
Protein Folding by the Effects of Macromolecular Crowding.
Tokuriki N, Kinjo M, Negi S, Hoshino M, Goto Y, Urabe I, Yomo T.
Protein Science. 13(1) 125-133 2004年01月
A. Masuda, K. Ushida, G. Nishimura, M. Kinjo, M. Tamura, H. Koshino, K. Yamashita and T. Kluge: "Experimental evidence of distance-dependent diffusion coefficients of a globular protein observed in polymer aqueous solution forming a network structure o・・・
 2004年
In situ observation of mobility and anchoring of PKCbetaI in plasma membrane.
Saito K, Ito E, Takakuwa Y, Tamura M, Kinjo M.
FEBS Lett. 541 126-131 2003年04月
Visible Emission of a Photoproduct from Tryptophan Solution Induced by Multiphoton Excitation: An Investigation by Intensity Fluctuation Analysis.
Nishimura G, Kinjo M.
J. Phys. Chem. B.  107(24) 6012-6017 2003年01月
C677T single nucleotide polymorphisms of the human methylene tetrahydrofolate reductase and specific identification : a novel strategy using two-color cross-correlation fluorescence spectroscopy.
Földes-Papp Z, Kinjo M, Saito K, Kii H, Takagi T, Tamura M, Costa JM, Birch-Hirschfeld E, Demel U, Thyberg P, Tilz GP.
Mol Diagn.  7(2) 99-111 2003年
Fluorescence Correlation Spectroscoy(FCS) Analysis of Human Red Blood Cell System.
Takahashi Y, Bark N, Kinjo M, Rigler R.
Optical Review.  10(6) 596-599 2003年
Multi-Photon Fluorescence Correlation Spectroscopy: a Quantification of Tryptophan Methylester Solutions by Visible Emission.
Nishimura G, Kinjo M.
Optical Review. 10(6) 588-591 2003年
Novel fluorescence labeling and high-throughput assay technologies for in vitro analysis of protein interactions.
Doi N, Takashima H, Kinjo M, Sakata K, Kawahashi Y, Oishi Y, Oyama R, Miyamoto-Sato E, Sawasaki T, Endo Y, Yanagawa H.
Genome Res. 12(3) 487-492 2002年03月
Microennvironment Analysis in Squid Axons using Fluorescence Correlation Spectroscopy and Laser Scanning Microscopy.
Muto T, Saito K, Tamura M, Kinjo M.
Acta Histochem Cytochem.  35 87-91 2002年
Synthesis of hydrogels with extremely low surface friction.
Gong JP, Kurokawa T, Narita T, Kagata G, Osada Y, Nishimura G, Kinjo M.
J Am Chem Soc.  123(33) 5582-5583 2001年06月
Monitoring of in vitro and in vivo translation of green fluorescent protein and its fusion proteins by fluorescence correlation spectroscopy.
Nomura Y, Tanaka H, Poellinger L, Higashino F, Kinjo M.
Cytometry.  44(1) 1-6 2001年05月
Microenvironment of endosomal aqueous phase investigated by the mobility of microparticles using fluorescence correlation spectroscopy.
Yoshida N, Kinjo M, Tamura M.
Biochem Biophys Res Commun.  280(1) 312-318 2001年01月
Fluorescence correlation spectroscopy: A new tool for probing the microenvironment of the internal space of organelles.
Yoshida N, Tamura M, Kinjo M.
Single Molecules. 1(4) 279-293 2000年12月
Oligomeric tubulin in large transporting complex is transported via kinesin in squid giant axons.
Terada S, Kinjo M, Hirokawa N.
Cell. 103(1) 141-155 2000年09月
c-fos expression and redox state of cytochrome oxidase of rat brain in hypoxia.
Nomura Y, Kinjo M, Tamura M.
Neuroreport.  11(2) 301-304 2000年02月
Effect of electrostatic interactions on the binding of charged substrate to GroEL studied by highly sensitive fluorescence correlation spectroscopy.
Pack CG, Aoki K, Taguchi H, Yoshida M, Kinjo M, Tamura M.
Biochem Biophys Res Commun.  267(1) 300-304 2000年01月
Fluorescence correlation spectroscopy analysis of the hydrophobic interaction of protein 4.1 with phosphatidyl serine liposomes.
Takakuwa T, Pack CG, An XL, Manno S, Ito R, Kinjo M.
Biophysical Chem. 82 149-155 1999年12月
Analysis of interaction between chaperonin GroEL and its substrate using fluorescence correlation spectroscopy.
Pack CG, Nishimura G, Tamura M, Aoki K, Taguchi H, Yoshida M, Kinjo M.
Cytometry.  36(3) 247-253 1999年07月
Relationship between the gene expression of c-fos and degree of hypoxia in rat grain, as revealed by near-infrared spectroscopy.
Nomura Y, Kinjo M, Tamura M.
Adv.Exp.Med.Biol.  1999年
Detection of asymmetric PCR products in homogeneous solution by fluorescence correlation spectroscopy.
Kinjo M.
Biotechniques. 25(4) 706-712 1998年10月
Fluorescence correlation spectroscopy of enzymatic DNA polymerization.
Björling S, Kinjo M, Földes-Papp Z, Hagman E, Thyberg P, Rigler R.
Biochemistry.  37 12971-12978 1998年09月
Single-molecule analysis of restriction DNA fragments using fluorescence correlation spectroscopy
Kinjo M, Nishimura G, Koyama T, Mets, Rigler R.
Anal Biochem.  260(2) 166-172 1998年07月
Synthesis of bioactive fluorescence dye and enzymatic labeling at 3-terminal of RNAs: An application for the characterization of the thermal stability of tRNAs and oligonucleotides using fluorescence anisotropy measurements.
Kinjo M, Araiso T, Koyama T.
Dyes and Pigments.  38 77-95 1998年
Ion transport activity of calix[n=4,5,6,7,8] esters toward alkali-metal cations in a phospholiped bilayer membrane.
Jin T, Kinjo M, Kobayashi Y, Hirata H.
J.Chem.Soc.,Faraday Trans.  97 3135-3140 1998年
Quantitative analysis of polymerase chain reation using fluorescence correlation spectroscopy.
Kinjo M.
Analytica Chimica Acta. 356 43-48 1998年
Number analysis of fluorescence correlation spectroscopy for cleaving process of fluorescence labeled DNA.
Nishimura G, Rigler R, Kinjo M.
Bioimaging 5 129-133 1997年07月
Fluorescence correlation spectroscopy as a detection tool of point mutation in gene.
Kinjo M, Nishimura G.
Bioimaging. 5 134-138 1997年05月
Selective Na+ transport through phosopholipid bilayer membrne by a synthetic Calix[4] arene carrier.
Jin T, Kinjo M, Koyama T, Kobayashi Y, Hirata H.
Langmuir 12 2684-2689 1996年03月
Diffusing-Wave Absorption Spectroscopy in the Homegeneous Turbid Media.
Nishimura G, Katayama K, Kinjo M, Tamura M.
Optics Communications 128 99-107 1996年01月
Absorbance Measurement in turbid media by photon correlation method.
Katayama K, Nishimura G, Kinjo M, Tamura M.
Applied Optics. 34 7419-7427 1995年

書籍

シングルセル解析の最前線
佐々木 章,金城 政孝
シーエムシー出版 2010年
生細胞蛍光イメージング 顕微鏡コースブック
金城 政孝
共立出版 2007年
動物実験代替のためのバイオ・マテリアルデバイス
齋藤 有香,金城 政孝
シーエムシー出版 2007年
日本分光学会測定法シリーズ42 蛍光分光とイメージングの手法
金城 政孝,西村 吾朗
学会出版センター 2006年
1分子生物学
金城 政孝
岩波書店 2004年
Fluorescence correlation spectroscopy in nucleic acids analysis.
Földes-Papp Zeno, Kinjo M
Springer Boston 2001年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
シングルセル解析の最前線
佐々木 章,金城 政孝
シーエムシー出版 2010年
生細胞蛍光イメージング 顕微鏡コースブック
金城 政孝
共立出版 2007年
動物実験代替のためのバイオ・マテリアルデバイス
齋藤 有香,金城 政孝
シーエムシー出版 2007年
日本分光学会測定法シリーズ42 蛍光分光とイメージングの手法
金城 政孝,西村 吾朗
学会出版センター 2006年
1分子生物学
金城 政孝
岩波書店 2004年
Fluorescence correlation spectroscopy in nucleic acids analysis.
Földes-Papp Zeno, Kinjo M
Springer Boston 2001年

講演・口頭発表等

Quantitative Analysis of the Dimer Formation of Transcription Factors in the Living Cell using Fluorescence Cross-Correlation Spectroscopy.
金城 政孝
Workshop on Modeling Biomolecular Systems in Cellular Environments 2013年11月 
FCS・FCCSによる細胞内分子ダイナミズムの解明
金城 政孝
第9回綜合画像研究支援(IIRS)セミナー 2013年06月 
多点蛍光相関分光法の開発と生細胞測定
金城 政孝
第9回バイオオプティクス研究会 2012年12月 
多点蛍光相関分光法を用いた核内受容体の機能解明
金城 政孝
日本顕微鏡学会第56回シンポジウム 2012年11月 
First step for fluorescence correlation spectroscopy and fluorescence cross correlation spectroscopy of living cell
金城 政孝、三國 新太郎
Fluorescence Microscopy: from Basics to Advanced 2012年11月 
Unraveling nuclear pore transport of glucocorticoid receptor using multipoint fluorescence correlation spectroscopy
金城 政孝
The Second Japan-Korea Workshop on Digital Holography and Information Photonics (DHIP2012) 2012年11月 
Study of transport dynamics in living cell using fluorescence correlation spectroscopy
金城 政孝
The 25th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2012) 2012年11月 
蛍光相関分光法による生体高分子機能解析
金城 政孝
蛍光相関分光法を用いた解析に関する講習会 2012年10月 
Inside view of molecular dynamics of Glucocorticoid Receptor by using Fluorescence Cross Correlation Spectroscopy in living cell
金城 政孝
第50回日本生物物理学会年会 2012年09月 
蛍光相関分光法によるタンパク質機能解析 –生細胞への応用‐
金城 政孝
細胞生物学セミナー 2012年02月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
Quantitative Analysis of the Dimer Formation of Transcription Factors in the Living Cell using Fluorescence Cross-Correlation Spectroscopy.
金城 政孝
Workshop on Modeling Biomolecular Systems in Cellular Environments 2013年11月 
FCS・FCCSによる細胞内分子ダイナミズムの解明
金城 政孝
第9回綜合画像研究支援(IIRS)セミナー 2013年06月 
多点蛍光相関分光法の開発と生細胞測定
金城 政孝
第9回バイオオプティクス研究会 2012年12月 
多点蛍光相関分光法を用いた核内受容体の機能解明
金城 政孝
日本顕微鏡学会第56回シンポジウム 2012年11月 
First step for fluorescence correlation spectroscopy and fluorescence cross correlation spectroscopy of living cell
金城 政孝、三國 新太郎
Fluorescence Microscopy: from Basics to Advanced 2012年11月 
Unraveling nuclear pore transport of glucocorticoid receptor using multipoint fluorescence correlation spectroscopy
金城 政孝
The Second Japan-Korea Workshop on Digital Holography and Information Photonics (DHIP2012) 2012年11月 
Study of transport dynamics in living cell using fluorescence correlation spectroscopy
金城 政孝
The 25th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2012) 2012年11月 
蛍光相関分光法による生体高分子機能解析
金城 政孝
蛍光相関分光法を用いた解析に関する講習会 2012年10月 
Inside view of molecular dynamics of Glucocorticoid Receptor by using Fluorescence Cross Correlation Spectroscopy in living cell
金城 政孝
第50回日本生物物理学会年会 2012年09月 
蛍光相関分光法によるタンパク質機能解析 –生細胞への応用‐
金城 政孝
細胞生物学セミナー 2012年02月 
蛍光相関分光法とイメージングを用いたタンパク質凝集過程の研究
金城 政孝
神戸大学先端融合科学シンポジウム「タンパク質アセンブリ ~会合、超分子化、凝集~」 2012年02月 
多点蛍光相関分光測定による生細胞観察
金城 政孝
レーザー学会学術講演会第32回年次大会 2012年01月 
蛍光相関分光法と超解像顕微鏡法によるタンパク質凝集の研究
金城 政孝
第8回バイオオプティクス研究会・理研シンポジウム「蛍光相関分光と票法伝達(8)」合同シンポジウム 2011年12月 
蛍光相関分光法による細胞機能解析
金城 政孝
光サイエンス特別講義 2011年11月 
蛍光相関法の原理と細胞生物学における利用
金城 政孝
第23回散乱研究会 2011年11月 
蛍光相関分光法と超解像顕微鏡法を用いたタンパク質凝集過程の研究
金城 政孝
京都大学原子炉実験所専門研究会 第4回タンパク質の異常凝集とその防御・修復機構に関する研究会 2011年11月 
Detection of Biomolecular Dynamics in Living Cell Using Multipoint Fluorescence Correlation Spectroscopy
金城 政孝
The 13th Takayanagi Kenjiro memorial Symposium 2011年11月 
蛍光相関分光イメージングによる生体分子間相互作用の解析
金城 政孝
第20回日本バイオイメージング学会学術集会 2011年09月 
Study of protein dynamics in live cell using multipoint temporal and spatial correlation spectroscopy analysis.
金城 政孝
STELLA(School for Training in Experiments with Lasers and Laser Applications) 2011年06月 

競争的資金等の研究課題

多点時空間相関解析法による細胞内分子複合体研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間 : 2009年 - 2013年 代表者 : 金城 政孝
相関分光法を用いた凝集体タンパク質の品質評価の確立
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2007年 - 2011年 代表者 : 金城 政孝
空間相互相関解析による細胞内情報伝達機構解明法の確立
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2008年 - 2009年 代表者 : 金城 政孝
相互相関分光法を利用した細胞内分子間相互作用の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 金城 政孝
時空間相互相関法を用いた細胞核内ダイナミクスの解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 金城 政孝
相互相関分光法を利用した細胞内分子間相互作用の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 金城 政孝
全反射型蛍光相関分光測定による生体膜結合性分子複合体の研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2006年 - 2008年 代表者 : 金城 政孝
蛍光相関分光法を用いた細胞核内ダイナミクスの解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2005年 - 2006年 代表者 : 金城 政孝
分布関数を用いた細胞核内の微環境の解析と新しい細胞像の構築
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2005年 - 2006年 代表者 : 金城 政孝
多点同時測定蛍光相関分光装置の試作と細胞内分子間相互作用の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2003年 - 2005年 代表者 : 金城 政孝
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
多点時空間相関解析法による細胞内分子複合体研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間 : 2009年 - 2013年 代表者 : 金城 政孝
相関分光法を用いた凝集体タンパク質の品質評価の確立
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2007年 - 2011年 代表者 : 金城 政孝
空間相互相関解析による細胞内情報伝達機構解明法の確立
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2008年 - 2009年 代表者 : 金城 政孝
相互相関分光法を利用した細胞内分子間相互作用の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 金城 政孝
時空間相互相関法を用いた細胞核内ダイナミクスの解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 金城 政孝
相互相関分光法を利用した細胞内分子間相互作用の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 金城 政孝
全反射型蛍光相関分光測定による生体膜結合性分子複合体の研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2006年 - 2008年 代表者 : 金城 政孝
蛍光相関分光法を用いた細胞核内ダイナミクスの解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2005年 - 2006年 代表者 : 金城 政孝
分布関数を用いた細胞核内の微環境の解析と新しい細胞像の構築
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2005年 - 2006年 代表者 : 金城 政孝
多点同時測定蛍光相関分光装置の試作と細胞内分子間相互作用の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2003年 - 2005年 代表者 : 金城 政孝
集団分子診断を目指した蛍光相関遺伝子検出システムの開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2000年 - 2002年 代表者 : 金城 政孝
皮質ニューロン内遺伝子発現の単一分子レベル計測開発
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 1999年 - 2000年 代表者 : 金城 政孝
蛍光相互相関分光法による三重鎖DNA分子間相互作用の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 1999年 - 2000年 代表者 : 金城 政孝
単一分子検出法による三重鎖DNAの作用機序の研究
文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C), 基盤研究(C))
研究期間 : 1995年 - 1996年 代表者 : 金城 政孝

教育活動

主要な担当授業

実験生物科学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生命科学特別講義Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 光学顕微鏡、レーザー走査顕微鏡、共焦点顕微鏡、蛍光相関分光法、蛍光相互相関分光法,超解像顕微鏡,バイオイメージング
生命科学特別講義Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 光学顕微鏡, 蛍光相関分光法、蛍光相互相関分光法,超解像顕微鏡,バイオイメージング,拡散定数。 分子数
生命科学特別講義Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 光学顕微鏡、レーザー走査顕微鏡、共焦点顕微鏡、超解像顕微鏡、バイオイメージング、蛍光相関分光法
生命科学特別講義Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
生物系の分光学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 光と分子、分光法、スペクトル、分子構造、可視紫外吸収スペクトル、赤外線吸収スペクトル、ラマンスペクトル、蛍光スペクトル
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
実験生物科学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生命科学特別講義Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 光学顕微鏡、レーザー走査顕微鏡、共焦点顕微鏡、蛍光相関分光法、蛍光相互相関分光法,超解像顕微鏡,バイオイメージング
生命科学特別講義Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 光学顕微鏡, 蛍光相関分光法、蛍光相互相関分光法,超解像顕微鏡,バイオイメージング,拡散定数。 分子数
生命科学特別講義Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 光学顕微鏡、レーザー走査顕微鏡、共焦点顕微鏡、超解像顕微鏡、バイオイメージング、蛍光相関分光法
生命科学特別講義Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
生物系の分光学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 光と分子、分光法、スペクトル、分子構造、可視紫外吸収スペクトル、赤外線吸収スペクトル、ラマンスペクトル、蛍光スペクトル
生物量子力学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 光と分子、分光法、スペクトル、分子構造、可視紫外吸収スペクトル、円偏光二色性、赤外線吸収スペクトル、ラマンスペクトル、蛍光スペクトル
科学・技術の世界
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 生命科学 細胞 分子 タンパク質 生物 化学 物理 体 病気 薬 医療
科学英語講読
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 科学英語、英文論文の作製、英文読解
細胞構造科学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 細胞間情報伝達、細胞内情報伝達、シグナル伝達、シグナル受容体、生体膜、核内受容体、Gタンパク質、イオンチャンネル、Gタンパク質共役型受容体、酵素共役型受容体、イオンチャンネル共役型受容体
細胞機能科学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生細胞観察、ライブセルイメージング、単一分子検出、タンパクの質社会,細胞ネットワーク、拡散、異常拡散、蛍光相関分光法、プリオンタンパク質、タンパク質の折り畳み、シャペロン
脳科学研究の展開Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
脳科学研究の展開Ⅱ 実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
高分子機能学特別講義
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 光学顕微鏡、レーザー走査顕微鏡、共焦点顕微鏡、超解像顕微鏡、バイオイメージング、蛍光相関分光法
高分子機能学特別講義Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 光学顕微鏡、レーザー走査顕微鏡、共焦点顕微鏡、超解像顕微鏡、バイオイメージング、蛍光相関分光法
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
実験生物科学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
環境と人間
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 生命科学、融合科学、生物、化学、物理、数学、細胞、遺伝子、タンパク質、生体高分子
生体高分子学実験Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験,生物物理学実験
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生体高分子学実験Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験, 細胞生物学実験,生物物理学実験
生命融合科学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生命融合科学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生物系の分光学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 光と分子、分光法、スペクトル、分子構造、可視紫外吸収スペクトル、円偏光二色性、赤外線吸収スペクトル、ラマンスペクトル、蛍光スペクトル
生物量子力学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 光と分子、分光法、スペクトル、分子構造、可視紫外吸収スペクトル、円偏光二色性、赤外線吸収スペクトル、ラマンスペクトル、蛍光スペクトル
科学英語講読
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 科学英語、英文論文の作製、英文読解
細胞構造科学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 細胞間情報伝達、細胞内情報伝達、シグナル伝達、シグナル受容体、生体膜、核内受容体、Gタンパク質、イオンチャンネル、Gタンパク質共役型受容体、酵素共役型受容体、イオンチャンネル共役型受容体
細胞機能科学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生細胞観察、ライブセルイメージング、単一分子検出、タンパクの質社会,細胞ネットワーク、拡散、異常拡散、蛍光相関分光法、プリオンタンパク質、タンパク質の折り畳み、シャペロンcell observation, live cell imaging, single molecule detection, protein society, cellular network, diffusion, anomalous diffusion, fluorescence correlation spectroscopy, prion protein, protein folding, chaperon
脳科学研究の展開Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
高分子機能学卒業研究
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 実験研究
高分子機能学卒業研究
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
高分子機能学文献講読
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 科学英語
高分子機能学文献講読
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
実験生物科学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
実験生物科学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
環境と人間
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 生命科学、物質、生物、化学、物理、数学、融合科学、細胞、遺伝子、タンパク質、生体高分子
生体高分子学実験Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生体高分子学実験Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験, 細胞生物学実験,生物物理学実験
生命融合科学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生命融合科学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生物系の分光学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 光と分子、分光法、スペクトル、分子構造、可視紫外吸収スペクトル、円偏光二色性、赤外線吸収スペクトル、ラマンスペクトル、蛍光スペクトル
生物量子力学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 光と分子、分光法、スペクトル、分子構造、可視紫外吸収スペクトル、円偏光二色性、赤外線吸収スペクトル、ラマンスペクトル、蛍光スペクトル
生物高分子科学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 生命科学、生物、化学、物理、数学、融合科学、細胞、遺伝子、タンパク質、生体高分子
科学英語講読
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 科学英語、英文論文の作製、英文読解
細胞構造科学Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 細胞間情報伝達、細胞内情報伝達、シグナル伝達、シグナル受容体、生体膜、核内受容体、Gタンパク質、イオンチャンネル、Gタンパク質共役型受容体、酵素共役型受容体、イオンチャンネル共役型受容体
細胞機能科学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生細胞観察、ライブセルイメージング、一分子検出、タンパクの質社会,細胞ネットワーク、拡散、異常拡散、蛍光相関分光法、プリオンタンパク質、タンパク質の折り畳みcell observation, live cell imaging, single molecule detection, protein society, cellular network, diffusion, anomalous diffusion, fluorescence correlation spectroscopy, prion protein, protein folding.
脳科学研究の展開Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
高分子機能学卒業研究
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
高分子機能学文献講読
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 科学英語

ページトップへ