東 恒仁ヒガシ ツネヒトresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  生理系部門薬理学分野
職名助教 
学位
博士(工学)(大阪大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://saibo-yakuri.med.hokudai.ac.jp/
科研費研究者番号

研究キーワード

動物細胞工学

研究分野

基礎医学 / 薬理学一般
プロセス工学 / 生物機能・バイオプロセス
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / 薬理学一般
プロセス工学 / 生物機能・バイオプロセス

職歴

2012年
-
現在
北海道大学大学院医学研究科(助教)
2011年
-
2012年
東京理科大学理工学部(博士研究員)
2009年
-
2011年
米国カリフォルニア大学サンディエゴ校(博士研究員)
2007年
-
2009年
-:福島県立医科大学医学部助教
2007年
-
2007年
:福島県立医科大学医学部助手
2006年
-
2007年
:日本学術振興会特別研究員(PD)(学位取得に伴う資格変更)
2005年
-
2006年
:日本学術振興会特別研究員(DC2)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2012年
-
現在
北海道大学大学院医学研究科(助教)
2011年
-
2012年
東京理科大学理工学部(博士研究員)
2009年
-
2011年
米国カリフォルニア大学サンディエゴ校(博士研究員)
2007年
-
2009年
-:福島県立医科大学医学部助教
2007年
-
2007年
:福島県立医科大学医学部助手
2006年
-
2007年
:日本学術振興会特別研究員(PD)(学位取得に伴う資格変更)
2005年
-
2006年
:日本学術振興会特別研究員(DC2)

学歴

-
2006年
大阪大学 工学研究科 応用生物工学専攻
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
2006年
大阪大学 工学研究科 応用生物工学専攻

所属学協会

日本薬理学会
日本動物細胞工学会
日本分子生物学会
日本生物工学会
日本細胞生物学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本薬理学会
日本動物細胞工学会
日本分子生物学会
日本生物工学会
日本細胞生物学会

研究活動

論文

Application of visualization techniques for cell and tissue engineering.
Higashi T, Watanabe W, Matsunaga S
Journal of bioscience and bioengineering 115(2) 122-126 2013年02月
SON regulates GATA-2 through transcriptional control of the miR-23a~27a~24-2 cluster.
Ahn EE, Higashi T, Yan M, Matsuura S, Hickey CJ, Lo MC, Shia WJ, Dekelver RC, Zhang DE
The Journal of biological chemistry 2013年01月
Different binding property of STIM1 and its novel splice variant STIM1L to Orai1, TRPC3, and TRPC6 channels.
Horinouchi T, Higashi T, Higa T, Terada K, Mai Y, Aoyagi H, Hatate C, Nepal P, Horiguchi M, Harada T, Miwa S
Biochemical and biophysical research communications 428(2) 252-258 2012年11月
RBMX: a regulator for maintenance and centromeric protection of sister chromatid cohesion.
Matsunaga S, Takata H, Morimoto A, Hayashihara K, Higashi T, Akatsuchi K, Mizusawa E, Yamakawa M, Ashida M, Matsunaga TM, Azuma T, Uchiyama S, Fukui K
Cell reports 1 299-308 2012年04月
Negative effects of GM-CSF signaling in a murine model of t(8;21)-induced leukemia.
Matsuura S, Yan M, Lo MC, Ahn EY, Weng S, Dangoor D, Matin M, Higashi T, Feng GS, Zhang DE
Blood 119(13) 3155-3163 2012年03月
Nicotine- and tar-free cigarette smoke extract induces cell injury via intracellular Ca2+-dependent subtype-specific protein kinase C activation.
Mai Y, Higashi T, Terada K, Hatate C, Nepal P, Horiguchi M, Harada T, Miwa S, Horinouchi T
Journal of pharmacological sciences 120(4) 310-314 2012年
Development of cysteine-free fluorescent proteins for the oxidative environment.
Suzuki T, Arai S, Takeuchi M, Sakurai C, Ebana H, Higashi T, Hashimoto H, Hatsuzawa K, Wada I
PloS one 7 e37551 2012年
In vivo manipulation of fluorescently-labeled organelles in living cells by multi-photon excitation
Watanabe W, Matsunaga S, Higashi T, Fukui K, Itoh K
J Biomed Opt 13(3) 031213(1-8) 2008年
Development of a multistage classifier for a monitoring system of cell activity based on imaging of chromosomal dynamics
Gambe AE, Maniwa R, Matsunaga S, Kutsuna N, Higaki T, Higashi T, Hasegawa S, Uchiyama S, Fukui K
Cytometry 71A 286-296 2007年
Histone H2A mobility is regulated by its tails and acetylation of core histone tails
Higashi T, Matsunaga S, Isobe K, Morimoto A, Shimada T, Kataoka S, Watanabe W, Uchiyama S, Itoh K, Fukui K
Biochem Biophys Res Commun 357(3) 627-632 2007年
論文を全て表示する
論文閉じる
Application of visualization techniques for cell and tissue engineering.
Higashi T, Watanabe W, Matsunaga S
Journal of bioscience and bioengineering 115(2) 122-126 2013年02月
SON regulates GATA-2 through transcriptional control of the miR-23a~27a~24-2 cluster.
Ahn EE, Higashi T, Yan M, Matsuura S, Hickey CJ, Lo MC, Shia WJ, Dekelver RC, Zhang DE
The Journal of biological chemistry 2013年01月
Different binding property of STIM1 and its novel splice variant STIM1L to Orai1, TRPC3, and TRPC6 channels.
Horinouchi T, Higashi T, Higa T, Terada K, Mai Y, Aoyagi H, Hatate C, Nepal P, Horiguchi M, Harada T, Miwa S
Biochemical and biophysical research communications 428(2) 252-258 2012年11月
RBMX: a regulator for maintenance and centromeric protection of sister chromatid cohesion.
Matsunaga S, Takata H, Morimoto A, Hayashihara K, Higashi T, Akatsuchi K, Mizusawa E, Yamakawa M, Ashida M, Matsunaga TM, Azuma T, Uchiyama S, Fukui K
Cell reports 1 299-308 2012年04月
Negative effects of GM-CSF signaling in a murine model of t(8;21)-induced leukemia.
Matsuura S, Yan M, Lo MC, Ahn EY, Weng S, Dangoor D, Matin M, Higashi T, Feng GS, Zhang DE
Blood 119(13) 3155-3163 2012年03月
Nicotine- and tar-free cigarette smoke extract induces cell injury via intracellular Ca2+-dependent subtype-specific protein kinase C activation.
Mai Y, Higashi T, Terada K, Hatate C, Nepal P, Horiguchi M, Harada T, Miwa S, Horinouchi T
Journal of pharmacological sciences 120(4) 310-314 2012年
Development of cysteine-free fluorescent proteins for the oxidative environment.
Suzuki T, Arai S, Takeuchi M, Sakurai C, Ebana H, Higashi T, Hashimoto H, Hatsuzawa K, Wada I
PloS one 7 e37551 2012年
In vivo manipulation of fluorescently-labeled organelles in living cells by multi-photon excitation
Watanabe W, Matsunaga S, Higashi T, Fukui K, Itoh K
J Biomed Opt 13(3) 031213(1-8) 2008年
Development of a multistage classifier for a monitoring system of cell activity based on imaging of chromosomal dynamics
Gambe AE, Maniwa R, Matsunaga S, Kutsuna N, Higaki T, Higashi T, Hasegawa S, Uchiyama S, Fukui K
Cytometry 71A 286-296 2007年
Histone H2A mobility is regulated by its tails and acetylation of core histone tails
Higashi T, Matsunaga S, Isobe K, Morimoto A, Shimada T, Kataoka S, Watanabe W, Uchiyama S, Itoh K, Fukui K
Biochem Biophys Res Commun 357(3) 627-632 2007年
Stimulated parametric emission microscopy
Isobe K, Kataoka S, Murase R, Watanabe W, Higashi T, Kawakami S, Matsunaga S, Fukui K, Itoh K
Opt Express 14 789-793 2006年
Multi-spectral two-photon excited fluorescence microscopy using supercontinuum light source
Isobe K, Watanabe W, Matsunaga S, Higashi T, Fukui K, Itoh K
Jpn J Appl Phys 44(1-7) L167-L169 2005年
Generation of monoclonal antibodies against chromosomal antigens that have a high sequence similarity between human and mouse
Higashi T, Miyakawa S, Uchiyama S, Matsunaga S, Takata H, Fujimoto S, Noda M, Terauchi A, Shimizu T, Oda M, Azuma T, Fukui K
J Biotechnol 120(3) 262-272 2005年
Intracellular disruption of mitochondria in a living HeLa cell with 76-MHz femtosecond laser oscillator
Shimada T, Watanabe W, Matsunaga S, Higashi T, Ishii H, Fukui K, Isobe K, Itoh K
Opt Express 13 9869-9880 2005年
Proteome analysis of human metaphase chromosomes
Uchiyama S, Kobayashi S, Takata H, Ishihara T, Hori N, Higashi T, Hayashihara K, Sone T, Higo D, Nirasawa T, Takao T, Matsunaga S, Fukui K
J Biol Chem 280(17) 16994-17004 2005年
Femtosecond laser disruption of subcellular organelle in a living cell
Watanabe W, Arakawa N, Matsunaga S, Higashi T, Fukui K, Isobe K, Itoh K
Opt Exp 12 4203-4213 2004年
A novel transfection method for mammalian cells using calcium alginate microbeads
Higashi T, Nagamori E, Sone T, Matsunaga S, Fukui K
J Biosci Bioeng 97(3) 191-195 2004年
An Arabidopsis thaliana gene on the yeast artificial chromosome can be transcribed in tobacco cells
Liu H, Kawabe A, Matsunaga S, Kim YH, Higashi T, Uchiyama S, Harashima S, Kobayashi A, Fukui K
Cytologia 69(2) 235-240 2004年
Cell culture in a closed nano-space
Doi T, Matsunaga S, Maeno E, Tsuchiya T, Higashi T, Misawa S, Uchiyama S, Ooi T, Nakao M, Fukui K
J Biosci Bioeng 98(4) 304-305 2004年

講演・口頭発表等

ニコチン及びタール除去タバコ煙抽出物の細胞傷害作用に関与するPKCアイソザイムの同定と活性化機構の解明
東 恒仁、眞井洋輔、寺田晃士、旗手千鶴、堀之内孝広、三輪聡一
第63回日本薬理学会北部回 2012年09月 
Role of Dcp1 in the formation of P-bodies
Biophysical Society 53rd Annual Meeting 2009年00月 
DCP1のP-bodyへの局在にはそのC末端領域が必要である
第22回日本動物細胞工学会大会 2009年00月 
二光子レーザー顕微法を用いた細胞小器官の操作
第20回動物細胞工学シンポジウム 2008年00月 
P-body形成におけるDCP1の役割
第31回日本分子生物学会年会 2008年00月 
小胞体内におけるカーゴ蛋白質一分子ダイナミクスの解析
第30回日本分子生物学会年会 2007年00月 
テールドメインによるヒストンH2Aの細胞内動態制御
第59回日本生物工学会大会 2007年00月 
Mobility analyses of linker and core histones by two-photon FRAP
20th IUBMB 2006年00月 
GFPを用いた染色体タンパク質の局在およびFRAP解析
平成18年度日本生物工学会大会 2006年00月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
ニコチン及びタール除去タバコ煙抽出物の細胞傷害作用に関与するPKCアイソザイムの同定と活性化機構の解明
東 恒仁、眞井洋輔、寺田晃士、旗手千鶴、堀之内孝広、三輪聡一
第63回日本薬理学会北部回 2012年09月 
Role of Dcp1 in the formation of P-bodies
Biophysical Society 53rd Annual Meeting 2009年00月 
DCP1のP-bodyへの局在にはそのC末端領域が必要である
第22回日本動物細胞工学会大会 2009年00月 
二光子レーザー顕微法を用いた細胞小器官の操作
第20回動物細胞工学シンポジウム 2008年00月 
P-body形成におけるDCP1の役割
第31回日本分子生物学会年会 2008年00月 
小胞体内におけるカーゴ蛋白質一分子ダイナミクスの解析
第30回日本分子生物学会年会 2007年00月 
テールドメインによるヒストンH2Aの細胞内動態制御
第59回日本生物工学会大会 2007年00月 
Mobility analyses of linker and core histones by two-photon FRAP
20th IUBMB 2006年00月 
GFPを用いた染色体タンパク質の局在およびFRAP解析
平成18年度日本生物工学会大会 2006年00月 

教育活動

主要な担当授業

医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 PharmacologyCardiovascular system
医学研究法Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 PharmacologyCardiovascular system
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 薬物副作用 PharmacologyAdverse effects of drugs
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 薬物受容体 PharmacologyCardiovascular systemDrug receptors
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 Gタンパク質共役型受容体 受容体動態 PharmacologyCardiovascular systemG-protein-coupled receptorsReceptor trafficking
基本医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 PharmacologyCardiovascular system
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 薬物副作用PharmacologyAdverse effects of drugs
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 薬物受容体 PharmacologyCardiovascular systemDrug receptors
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 Gタンパク質共役型受容体 受容体動態 PharmacologyCardiovascular systemG-protein-coupled receptorsReceptor trafficking
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学心血管系 薬物受容体PharmacologyCardiovascular systemDrug receptors
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 PharmacologyCardiovascular system
医学研究法Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 PharmacologyCardiovascular system
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 薬物副作用 PharmacologyAdverse effects of drugs
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 薬物受容体 PharmacologyCardiovascular systemDrug receptors
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 Gタンパク質共役型受容体 受容体動態 PharmacologyCardiovascular systemG-protein-coupled receptorsReceptor trafficking
基本医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 PharmacologyCardiovascular system
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 薬物副作用PharmacologyAdverse effects of drugs
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 薬物受容体 PharmacologyCardiovascular systemDrug receptors
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 Gタンパク質共役型受容体 受容体動態 PharmacologyCardiovascular systemG-protein-coupled receptorsReceptor trafficking
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学心血管系 薬物受容体PharmacologyCardiovascular systemDrug receptors
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 Gタンパク質共役型受容体 受容体動態 PharmacologyCardiovascular systemG-protein-coupled receptorsReceptor trafficking
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 薬力学 薬物動態学 PharmacologyPharmacodynamicsPharmacokinetics
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用Pharmacotherapy, Pharmacodynamics, Pharmacokinetics, Side effects
薬理学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular system
医学研究法Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular system
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology薬物副作用 Adverse effects of drugs
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular system薬物受容体 Drug receptors
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular systemGタンパク質共役型受容体 G-protein-coupled receptors受容体動態 Receptor trafficking
基本医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular system
基本医学研究法Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular system
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology薬物副作用 Adverse effects of drugs
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular system薬物受容体 Drug receptors
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular systemGタンパク質共役型受容体 G-protein-coupled receptors受容体動態 Receptor trafficking
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular system薬物受容体 Drug receptors
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular systemGタンパク質共役型受容体 G-protein-coupled receptors受容体動態 Receptor trafficking
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology薬力学 Pharmacodynamics薬物動態学 Pharmacokinetics
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用Pharmacotherapy, Pharmacodynamics, Pharmacokinetics, Side effects
薬理学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
医学研究法Ⅳ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ・心血管系・自律神経系・プロスタノイド・アンギオテンシン・エンドセリン
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、核酸、糖質、脂質、酵素
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 循環器薬理、Ca2+チャネル、シグナル伝達
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 循環器薬理、Ca2+チャネル、シグナル伝達
基本医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅳ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 心血管系
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 循環器薬理、Ca2+チャネル、シグナル伝達
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 循環器薬理、Ca2+チャネル、シグナル伝達
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ・Molecular Biology of the Cell・プレゼンテーション方法・データの解釈
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ・心血管系・クローニング・血管収縮測定法・細胞内Ca測定法
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
薬理学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用

ページトップへ