髙畑 雅彦タカハタ マサヒコresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  専門医学系部門機能再生医学分野
国際連携研究教育局
北海道大学病院
職名准教授 
学位
医学博士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号

研究キーワード

骨代謝学

研究分野

外科系臨床医学 / 整形外科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
外科系臨床医学 / 整形外科学

職歴

2009年
-
2011年
 ロチェスター大学 研究員
2007年
-
2009年
 北海道大学病院整形外科 講師
2006年
-
2007年
 北海道大学病院整形外科 助教
2005年
-
2006年
 北海道大学大学院医学研究科整形外科助手 助教
1999年
-
2001年
 北海道大学大学院医学研究科整形外科 大学院生(博士課程)
2011年
- 北海道大学病院整形外科 助教
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2009年
-
2011年
 ロチェスター大学 研究員
2007年
-
2009年
 北海道大学病院整形外科 講師
2006年
-
2007年
 北海道大学病院整形外科 助教
2005年
-
2006年
 北海道大学大学院医学研究科整形外科助手 助教
1999年
-
2001年
 北海道大学大学院医学研究科整形外科 大学院生(博士課程)
2011年
- 北海道大学病院整形外科 助教

所属学協会

日本骨粗鬆症学会
アメリカ骨代謝学会
日本骨代謝学会
日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
整形外科基礎学会(Orthopedic Research Society)
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本骨粗鬆症学会
アメリカ骨代謝学会
日本骨代謝学会
日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
整形外科基礎学会(Orthopedic Research Society)

研究活動

論文

Bone fragility beyond strength and mineral density: Raman spectroscopy predicts femoral fracture toughness in a murine model of rheumatoid arthritis.
Inzana JA, Maher JR, Takahata M, Schwarz EM, Berger AJ, Awad HA
Journal of biomechanics 2012年12月
Cervical myelopathy resulting from combined ossification of the ligamentum flavum and posterior longitudinal ligament: report of two cases and literature review.
Kotani Y, Takahata M, Abumi K, Ito M, Sudo H, Minami A
The spine journal : official journal of the North American Spine Society 2012年12月
Mechanisms of bone fragility in a mouse model of glucocorticoid-treated rheumatoid arthritis: implications for insufficiency fracture risk.
Takahata M, Maher JR, Juneja SC, Inzana J, Xing L, Schwarz EM, Berger AJ, Awad HA
Arthritis and rheumatism 64(11) 3649-3659 2012年11月
Long-Term Outcomes of Anterior Spinal Fusion for Treating Thoracic Adolescent Idiopathic Scoliosis Curves: Average 15-year Follow-up Analysis.
Sudo H, Ito M, Kaneda K, Shono Y, Takahata M, Abumi K
Spine 2012年11月
Impact of deep extensor muscle-preserving approach on clinical outcome of laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy: comparative cohort study.
Kotani Y, Abumi K, Ito M, Sudo H, Takahata M, Nagahama K, Iwata A, Minami A
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 21 1536-1544 2012年08月
A retrospective study of congenital osseous anomalies at the craniocervical junction treated by occipitocervical plate-rod systems.
Ding X, Abumi K, Ito M, Sudo H, Takahata M, Nagahama K, Iwata A
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 21 1580-1589 2012年08月
Endogenous tissue engineering: PTH therapy for skeletal repair.
Takahata M, Awad HA, O'Keefe RJ, Bukata SV, Schwarz EM
Cell and tissue research 347 545-552 2012年03月
Synthetic scaffold coating with adeno-associated virus encoding BMP2 to promote endogenous bone repair.
Dupont KM, Boerckel JD, Stevens HY, Diab T, Kolambkar YM, Takahata M, Schwarz EM, Guldberg RE
Cell and tissue research 347 575-588 2012年03月
Outcomes of fusion surgery for ossification of the posterior longitudinal ligament of the thoracic spine: a multicenter retrospective survey: clinical article.
Matsumoto M, Toyama Y, Chikuda H, Takeshita K, Kato T, Shindo S, Abumi K, Takahata M, Nohara Y, Taneichi H, Tomita K, Kawahara N, Imagama S, Matsuyama Y, Yamazaki M, Okawa A
Journal of neurosurgery. Spine 15(4) 380-385 2011年10月
Tumor necrosis factor inhibits mesenchymal stem cell differentiation into osteoblasts via the ubiquitin E3 ligase Wwp1.
Zhao L, Huang J, Zhang H, Wang Y, Matesic LE, Takahata M, Awad H, Chen D, Xing L
Stem cells (Dayton, Ohio) 29(10) 1601-1610 2011年10月
論文を全て表示する
論文閉じる
Bone fragility beyond strength and mineral density: Raman spectroscopy predicts femoral fracture toughness in a murine model of rheumatoid arthritis.
Inzana JA, Maher JR, Takahata M, Schwarz EM, Berger AJ, Awad HA
Journal of biomechanics 2012年12月
Cervical myelopathy resulting from combined ossification of the ligamentum flavum and posterior longitudinal ligament: report of two cases and literature review.
Kotani Y, Takahata M, Abumi K, Ito M, Sudo H, Minami A
The spine journal : official journal of the North American Spine Society 2012年12月
Mechanisms of bone fragility in a mouse model of glucocorticoid-treated rheumatoid arthritis: implications for insufficiency fracture risk.
Takahata M, Maher JR, Juneja SC, Inzana J, Xing L, Schwarz EM, Berger AJ, Awad HA
Arthritis and rheumatism 64(11) 3649-3659 2012年11月
Long-Term Outcomes of Anterior Spinal Fusion for Treating Thoracic Adolescent Idiopathic Scoliosis Curves: Average 15-year Follow-up Analysis.
Sudo H, Ito M, Kaneda K, Shono Y, Takahata M, Abumi K
Spine 2012年11月
Impact of deep extensor muscle-preserving approach on clinical outcome of laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy: comparative cohort study.
Kotani Y, Abumi K, Ito M, Sudo H, Takahata M, Nagahama K, Iwata A, Minami A
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 21 1536-1544 2012年08月
A retrospective study of congenital osseous anomalies at the craniocervical junction treated by occipitocervical plate-rod systems.
Ding X, Abumi K, Ito M, Sudo H, Takahata M, Nagahama K, Iwata A
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 21 1580-1589 2012年08月
Endogenous tissue engineering: PTH therapy for skeletal repair.
Takahata M, Awad HA, O'Keefe RJ, Bukata SV, Schwarz EM
Cell and tissue research 347 545-552 2012年03月
Synthetic scaffold coating with adeno-associated virus encoding BMP2 to promote endogenous bone repair.
Dupont KM, Boerckel JD, Stevens HY, Diab T, Kolambkar YM, Takahata M, Schwarz EM, Guldberg RE
Cell and tissue research 347 575-588 2012年03月
Outcomes of fusion surgery for ossification of the posterior longitudinal ligament of the thoracic spine: a multicenter retrospective survey: clinical article.
Matsumoto M, Toyama Y, Chikuda H, Takeshita K, Kato T, Shindo S, Abumi K, Takahata M, Nohara Y, Taneichi H, Tomita K, Kawahara N, Imagama S, Matsuyama Y, Yamazaki M, Okawa A
Journal of neurosurgery. Spine 15(4) 380-385 2011年10月
Tumor necrosis factor inhibits mesenchymal stem cell differentiation into osteoblasts via the ubiquitin E3 ligase Wwp1.
Zhao L, Huang J, Zhang H, Wang Y, Matesic LE, Takahata M, Awad H, Chen D, Xing L
Stem cells (Dayton, Ohio) 29(10) 1601-1610 2011年10月
Regulation of human osteoclast development by dendritic cell-specific transmembrane protein (DC-STAMP).
Chiu YH, Mensah KA, Schwarz EM, Ju Y, Takahata M, Feng C, McMahon LA, Hicks DG, Panepento B, Keng PC, Ritchlin CT
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research 2011年10月
Delayed short course treatment with teriparatide (PTH(1-34) ) improves femoral allograft healing by enhancing intramembranous bone formation at the graft-host junction.
Takahata M, Schwarz EM, Chen T, O'Keefe RJ, Awad HA
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research 2011年09月
Self-complementary AAV2.5-BMP2-coated femoral allografts mediated superior bone healing versus live autografts in mice with equivalent biomechanics to unfractured femur.
Yazici C, Takahata M, Reynolds DG, Xie C, Samulski RJ, Samulski J, Beecham EJ, Gertzman AA, Spilker M, Zhang X, O'Keefe RJ, Awad HA, Schwarz EM
Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy 19(8) 1416-1425 2011年08月
Acute cervical spinal cord injury complicated by preexisting ossification of the posterior longitudinal ligament: a multicenter study.
Chikuda H, Seichi A, Takeshita K, Matsunaga S, Watanabe M, Nakagawa Y, Oshima K, Sasao Y, Tokuhashi Y, Nakahara S, Endo K, Uchida K, Takahata M, Yokoyama T, Yamada K, Nohara Y, Imagama S, Hosoe H, Ohtsu H, Kawaguchi H, Toyama Y, Nakamura K
Spine 36 1453-1458 2011年08月
Raman spectroscopy detects deterioration in biomechanical properties of bone in a glucocorticoid-treated mouse model of rheumatoid arthritis.
Maher JR, Takahata M, Awad HA, Berger AJ
Journal of biomedical optics 16 087012 2011年08月
A late neurological complication following posterior correction surgery of severe cervical kyphosis.
Hojo Y, Ito M, Abumi K, Kotani Y, Sudo H, Takahata M, Minami A
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 20 890-898 2011年06月
Improved bioabsorbability of synthetic hydroxyapatite through partial dissolution-precipitation of its surface.
Ding X, Takahata M, Akazawa T, Iwasaki N, Abe Y, Komatsu M, Murata M, Ito M, Abumi K, Minami A
Journal of materials science. Materials in medicine 22(5) 1247-1255 2011年05月
Teriparatide therapy enhances devitalized femoral allograft osseointegration and biomechanics in a murine model.
Reynolds DG, Takahata M, Lerner AL, O'Keefe RJ, Schwarz EM, Awad HA
Bone 48(3) 562-570 2011年03月
Penetration of linezolid into rabbit intervertebral discs and surrounding tissues.
Komatsu M, Takahata M, Sugawara M, Takekuma Y, Kato T, Ito M, Abe Y, Irie T, Iwasaki N, Minami A
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 19 2149-2155 2010年12月
Effect of selective estrogen receptor modulator/raloxifene analogue on proliferation and collagen metabolism of tendon fibroblast.
Irie T, Takahata M, Majima T, Abe Y, Komatsu M, Iwasaki N, Minami A
Connective tissue research 51(3) 179-187 2010年06月
One-stage posterior instrumentation surgery for the treatment of osteoporotic vertebral collapse with neurological deficits.
Sudo H, Ito M, Abumi K, Kotani Y, Takahata M, Hojo Y, Minami A
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 19 907-915 2010年06月
Simultaneous double-rod rotation technique in posterior instrumentation surgery for correction of adolescent idiopathic scoliosis.
Ito M, Abumi K, Kotani Y, Takahata M, Sudo H, Hojo Y, Minami A
Journal of neurosurgery. Spine 12(3) 293-300 2010年03月
Spinal cord compression by ligamentum flavum hematoma in the thoracic spine.
Sudo H, Abumi K, Ito M, Kotani Y, Takahata M, Hojo Y, Sanda M, Minami A
Spine 34 E942-4 2009年12月
Minimum 2-year outcome of cervical laminoplasty with deep extensor muscle-preserving approach: impact on cervical spine function and quality of life.
Kotani Y, Abumi K, Ito M, Sudo H, Takahata M, Ohshima S, Hojo Y, Minami A
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 18 663-671 2009年05月
The effect of anti-resorptive therapies on bone graft healing in an ovariectomized rat spinal arthrodesis model.
Takahata M, Ito M, Abe Y, Abumi K, Minami A
Bone 43 1057-1066 2008年12月
Effect of Hydroxyapatite porous characteristics on healing outcomes in rabbit posterolateral spinal fusion model.
Motomiya M, Ito M, Takahata M, Kadoya K, Irie K, Abumi K, Minami A
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 16 2215-2224 2007年12月
Comparison of novel ultra-high molecular weight polyethylene tape versus conventional metal wire for sublaminar segmental fixation in the treatment of adolescent idiopathic scoliosis.
Takahata M, Ito M, Abumi K, Kotani Y, Sudo H, Ohshima S, Minami A
Journal of spinal disorders & techniques 20 449-455 2007年08月

競争的資金等の研究課題

糖鎖を介した骨代謝制御機構の解明
:科学研究費補助金
研究期間 : 2010年
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
糖鎖を介した骨代謝制御機構の解明
:科学研究費補助金
研究期間 : 2010年

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨・軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体力学,生体工学,生体材料
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脊椎再建医学、組織工学、骨代謝、分子生物学
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,解剖,生体力学Musculoskeletal system, pathology, anatomy, biomechanics
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学,免疫学,運動学,生体力学musculoskeletal system, morphology, immunology, kinematics, biomechanics
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脊椎再建医学、組織工学、分子生物学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, bone and cartilage metabolism, immunology, kinematics, pathology, anatomy, biomechanics, bioengineering
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, morphology, bone and cartilage metabolism, kinematics, immunology, biomaterials, biomechanics, bioengineering
外科学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 歯学部
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器、運動学、材料力学、生体力学,分子生物学musculoskeletal system, kinematics, biomaterial, biomechanics, molecular biology
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨・軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体力学,生体工学,生体材料
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脊椎再建医学、組織工学、骨代謝、分子生物学
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,解剖,生体力学Musculoskeletal system, pathology, anatomy, biomechanics
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学,免疫学,運動学,生体力学musculoskeletal system, morphology, immunology, kinematics, biomechanics
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脊椎再建医学、組織工学、分子生物学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, bone and cartilage metabolism, immunology, kinematics, pathology, anatomy, biomechanics, bioengineering
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, morphology, bone and cartilage metabolism, kinematics, immunology, biomaterials, biomechanics, bioengineering
外科学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 歯学部
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器、運動学、材料力学、生体力学,分子生物学musculoskeletal system, kinematics, biomaterial, biomechanics, molecular biology
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,臨床研究Musculoskeletal system, clinical research
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,治療法,臨床研究Musculoskeletal system, etiology, treatment, clinical research
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨・軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体力学,生体工学,生体材料
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,解剖,生体力学Musculoskeletal system, pathology, anatomy, biomechanics
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学,免疫学,運動学,生体力学musculoskeletal system, morphology, immunology, kinematics, biomechanics
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, bone and cartilage metabolism, immunology, kinematics, pathology, anatomy, biomechanics, bioengineering
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, morphology, bone and cartilage metabolism, kinematics, immunology, biomaterials, biomechanics, bioengineering
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,治療法,臨床研究Musculoskeletal system, etiology, treatment, clinical research
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨・軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体力学,生体工学,生体材料
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,解剖,生体力学
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学,免疫学,運動学,生体力学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 臨床医学、保健学、歯学、薬学、獣医学、微生物学、生物学、留学生、英語
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,治療法,臨床研究
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科

ページトップへ