佐邊 壽孝サベ ヒサタカresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  生理系部門生化学分野
職名教授 
学位
医学博士
理学修士
メールアドレス
ホームページURLhttp://g21001.med.hokudai.ac.jp/
科研費研究者番号

研究キーワード

パキシリン, インテグリン, 細胞運動, 細胞接着, 浸潤, シグナル伝達, Arf6, カドヘリン, paxillin, endocytosis, 乳癌, p130Cas, AMAP1, E-cadherin, 接触阻止, 癌細胞, PAG3, endosomal recycling, ARF, AMAP2, 単球細胞, 癌浸潤, GEP100, マクロファージ, 転移, チロシンリン酸化, Git1, PAGs, ArfGAP, 分子細胞生物学

研究分野

基礎医学 / 医化学一般
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / 医化学一般

職歴

2010年
-
2012年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(教授)
1985年
特別研究員(がん)
1986年
京都大学医学部化学教室第一講座 助手
1988年
京都大学遺伝子実験施設 助手
1990年
米国ロックフェラー大学分子腫瘍学研究室 博士研究員
1993年
米国ロックフェラー大学分子腫瘍学研究室 助教授
1993年
京都大学ウイルス研究所 助教授
1995年
新技術事業団 さきがけ21 研究員(兼任)
1998年
大阪バイオサイエンス研究所分子生物学部門 研究部長
1999年
 京都大学大学院生命科学研究科分子病態学分野客員教授 兼任
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2010年
-
2012年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(教授)
1985年
特別研究員(がん)
1986年
京都大学医学部化学教室第一講座 助手
1988年
京都大学遺伝子実験施設 助手
1990年
米国ロックフェラー大学分子腫瘍学研究室 博士研究員
1993年
米国ロックフェラー大学分子腫瘍学研究室 助教授
1993年
京都大学ウイルス研究所 助教授
1995年
新技術事業団 さきがけ21 研究員(兼任)
1998年
大阪バイオサイエンス研究所分子生物学部門 研究部長
1999年
 京都大学大学院生命科学研究科分子病態学分野客員教授 兼任
2000年
 大阪大学大学院医学系研究科連携大学院加齢機構学客員教授 兼任

学歴

-
1986年
京都大学 医学研究科 病理系
-
1980年
京都大学 理学部 化学
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
1986年
京都大学 医学研究科 病理系
-
1980年
京都大学 理学部 化学

所属学協会

日本細胞生物学会
日本分子生物学会
日本癌学会
日本生化学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本細胞生物学会
日本分子生物学会
日本癌学会
日本生化学会

研究活動

論文

Prognostic significance of erythrocyte protein band 4.1-like5 expression in upper urinary tract urothelial carcinoma.
Daimon T, Kosaka T, Kikuchi E, Mikami S, Miyazaki Y, Hashimoto A, Hashimoto S, Mizuno R, Miyajima A, Okada Y, Sabe H, Oya M
Urologic oncology 2017年05月
Acquired platinum resistance involves epithelial to mesenchymal transition through ubiquitin ligase FBXO32 dysregulation.
Tanaka N, Kosaka T, Miyazaki Y, Mikami S, Niwa N, Otsuka Y, Minamishima YA, Mizuno R, Kikuchi E, Miyajima A, Sabe H, Okada Y, Uhlén P, Suematsu M, Oya M
JCI insight 1(18) e83654 2016年11月
High expression of EPB41L5, an integral component of the Arf6-driven mesenchymal program, correlates with poor prognosis of squamous cell carcinoma of the tongue.
Otsuka Y, Sato H, Oikawa T, Onodera Y, Nam JM, Hashimoto A, Fukunaga K, Hatanaka KC, Hatanaka Y, Matsuno Y, Fukuda S, Sabe H
Cell communication and signaling : CCS 14(1) 28 2016年11月
Arf6 and its ZEB1-EPB41L5 mesenchymal axis are required for both mesenchymal- and amoeboid-type invasion of cancer cells.
Handa H, Hashimoto A, Hashimoto S, Sabe H
Small GTPases 2016年10月
Tumor responsiveness to statins requires overexpression of the ARF6 pathway.
Sabe H, Hashimoto A, Hashimoto S, Oikawa T
Molecular & cellular oncology 3(4) e1185564 2016年07月
P53- and mevalonate pathway-driven malignancies require Arf6 for metastasis and drug resistance.
Hashimoto A, Oikawa T, Hashimoto S, Sugino H, Yoshikawa A, Otsuka Y, Handa H, Onodera Y, Nam JM, Oneyama C, Okada M, Fukuda M, Sabe H
The Journal of cell biology 213(1) 81-95 2016年04月
Lysophosphatidic acid activates Arf6 to promote the mesenchymal malignancy of renal cancer.
Hashimoto S, Mikami S, Sugino H, Yoshikawa A, Hashimoto A, Onodera Y, Furukawa S, Handa H, Oikawa T, Okada Y, Oya M, Sabe H
Nature communications 7 10656 2016年02月
AMAP1 as a negative-feedback regulator of nuclear factor-κB under inflammatory conditions.
Tien DN, Kishihata M, Yoshikawa A, Hashimoto A, Sabe H, Nishi E, Kamei K, Arai H, Kita T, Kimura T, Yokode M, Ashida N
Scientific reports 4 5094 2014年05月
Erythrocyte protein bond 4.1-like5 expression in patients with upper urinary tract urothelial carcinoma correlates with tumor recurrence
Daimon Tatsuaki, Kosaka Takeo, Mikami Shuji, Miyazaki Yasumasa, Mizuno Ryuichi, Kikuchi Eiji, Miyajima Akira, Nakagawa Ken, Sabe Hisataka, Oya Mototsugu
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY 32(15) 2014年05月
High level expression of AMAP1 protein correlates with poor prognosis and survival after surgery of head and neck squamous cell carcinoma patients.
Sato H, Hatanaka KC, Hatanaka Y, Hatakeyama H, Hashimoto A, Matsuno Y, Fukuda S, Sabe H
Cell communication and signaling : CCS 12 17 2014年03月
論文を全て表示する
論文閉じる
Prognostic significance of erythrocyte protein band 4.1-like5 expression in upper urinary tract urothelial carcinoma.
Daimon T, Kosaka T, Kikuchi E, Mikami S, Miyazaki Y, Hashimoto A, Hashimoto S, Mizuno R, Miyajima A, Okada Y, Sabe H, Oya M
Urologic oncology 2017年05月
Acquired platinum resistance involves epithelial to mesenchymal transition through ubiquitin ligase FBXO32 dysregulation.
Tanaka N, Kosaka T, Miyazaki Y, Mikami S, Niwa N, Otsuka Y, Minamishima YA, Mizuno R, Kikuchi E, Miyajima A, Sabe H, Okada Y, Uhlén P, Suematsu M, Oya M
JCI insight 1(18) e83654 2016年11月
High expression of EPB41L5, an integral component of the Arf6-driven mesenchymal program, correlates with poor prognosis of squamous cell carcinoma of the tongue.
Otsuka Y, Sato H, Oikawa T, Onodera Y, Nam JM, Hashimoto A, Fukunaga K, Hatanaka KC, Hatanaka Y, Matsuno Y, Fukuda S, Sabe H
Cell communication and signaling : CCS 14(1) 28 2016年11月
Arf6 and its ZEB1-EPB41L5 mesenchymal axis are required for both mesenchymal- and amoeboid-type invasion of cancer cells.
Handa H, Hashimoto A, Hashimoto S, Sabe H
Small GTPases 2016年10月
Tumor responsiveness to statins requires overexpression of the ARF6 pathway.
Sabe H, Hashimoto A, Hashimoto S, Oikawa T
Molecular & cellular oncology 3(4) e1185564 2016年07月
P53- and mevalonate pathway-driven malignancies require Arf6 for metastasis and drug resistance.
Hashimoto A, Oikawa T, Hashimoto S, Sugino H, Yoshikawa A, Otsuka Y, Handa H, Onodera Y, Nam JM, Oneyama C, Okada M, Fukuda M, Sabe H
The Journal of cell biology 213(1) 81-95 2016年04月
Lysophosphatidic acid activates Arf6 to promote the mesenchymal malignancy of renal cancer.
Hashimoto S, Mikami S, Sugino H, Yoshikawa A, Hashimoto A, Onodera Y, Furukawa S, Handa H, Oikawa T, Okada Y, Oya M, Sabe H
Nature communications 7 10656 2016年02月
AMAP1 as a negative-feedback regulator of nuclear factor-κB under inflammatory conditions.
Tien DN, Kishihata M, Yoshikawa A, Hashimoto A, Sabe H, Nishi E, Kamei K, Arai H, Kita T, Kimura T, Yokode M, Ashida N
Scientific reports 4 5094 2014年05月
Erythrocyte protein bond 4.1-like5 expression in patients with upper urinary tract urothelial carcinoma correlates with tumor recurrence
Daimon Tatsuaki, Kosaka Takeo, Mikami Shuji, Miyazaki Yasumasa, Mizuno Ryuichi, Kikuchi Eiji, Miyajima Akira, Nakagawa Ken, Sabe Hisataka, Oya Mototsugu
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY 32(15) 2014年05月
High level expression of AMAP1 protein correlates with poor prognosis and survival after surgery of head and neck squamous cell carcinoma patients.
Sato H, Hatanaka KC, Hatanaka Y, Hatakeyama H, Hashimoto A, Matsuno Y, Fukuda S, Sabe H
Cell communication and signaling : CCS 12 17 2014年03月
Co-overexpression of GEP100 and AMAP1 proteins correlates with rapid local recurrence after breast conservative therapy.
Kinoshita R, Nam JM, Ito YM, Hatanaka KC, Hashimoto A, Handa H, Otsuka Y, Hashimoto S, Onodera Y, Hosoda M, Onodera S, Shimizu S, Tanaka S, Shirato H, Tanino M, Sabe H
PloS one 8(10) e76791 2013年10月
Intracellular trafficking of integrins in cancer cells.
Onodera Y, Nam JM, Sabe H
Pharmacology & therapeutics 140(1) 1-9 2013年10月
β1-Integrin via NF-κB signaling is essential for acquisition of invasiveness in a model of radiation treated in situ breast cancer.
Nam JM, Ahmed KM, Costes S, Zhang H, Onodera Y, Olshen AB, Hatanaka KC, Kinoshita R, Ishikawa M, Sabe H, Shirato H, Park CC
Breast cancer research : BCR 15(4) R60 2013年
GBF1 bears a novel phosphatidylinositol-phosphate binding module, BP3K, to link PI3Kγ activity with Arf1 activation involved in GPCR-mediated neutrophil chemotaxis and superoxide production.
Mazaki Y, Nishimura Y, Sabe H
Molecular biology of the cell 23(13) 2457-2467 2012年07月
Grp1 plays a key role in linking insulin signaling to glut4 recycling.
Li J, Malaby AW, Famulok M, Sabe H, Lambright DG, Hsu VW
Developmental cell 22(6) 1286-1298 2012年06月
Rab5c promotes AMAP1-PRKD2 complex formation to enhance β1 integrin recycling in EGF-induced cancer invasion.
Onodera Y, Nam JM, Hashimoto A, Norman JC, Shirato H, Hashimoto S, Sabe H
The Journal of cell biology 197(7) 983-996 2012年06月
EphrinA1-EphA2 signal induces compaction and polarization of Madin-Darby canine kidney cells by inactivating Ezrin through negative regulation of RhoA.
Wakayama Y, Miura K, Sabe H, Mochizuki N
The Journal of biological chemistry 286(51) 44243-44253 2011年12月
Cancer early dissemination: cancerous epithelial-mesenchymal transdifferentiation and transforming growth factor β signalling.
Sabe H
Journal of biochemistry 149(6) 633-639 2011年06月
GEP100-Arf6-AMAP1-cortactin pathway frequently used in cancer invasion is activated by VEGFR2 to promote angiogenesis.
Hashimoto A, Hashimoto S, Ando R, Noda K, Ogawa E, Kotani H, Hirose M, Menju T, Morishige M, Manabe T, Toda Y, Ishida S, Sabe H
PloS one 6(8) e23359 2011年
Engagement of overexpressed Her2 with GEP100 induces autonomous invasive activities and provides a biomarker for metastases of lung adenocarcinoma.
Menju T, Hashimoto S, Hashimoto A, Otsuka Y, Handa H, Ogawa E, Toda Y, Wada H, Date H, Sabe H
PloS one 6(9) e25301 2011年
The EGFR-GEP100-Arf6-AMAP1 signaling pathway specific to breast cancer invasion and metastasis.
Sabe H, Hashimoto S, Morishige M, Ogawa E, Hashimoto A, Nam JM, Miura K, Yano H, Onodera Y
Traffic (Copenhagen, Denmark) 10(8) 982-993 2009年08月
Zyxin mediates actin fiber reorganization in epithelial-mesenchymal transition and contributes to endocardial morphogenesis.
Mori M, Nakagami H, Koibuchi N, Miura K, Takami Y, Koriyama H, Hayashi H, Sabe H, Mochizuki N, Morishita R, Kaneda Y
Molecular biology of the cell 20(13) 3115-3124 2009年07月
Zyxin Mediates Actin Fiber Reorganization in Epithelial-Mesenchymal Transition and Contributes to Endocardial Morphogenesis
Mori Masaki, Nakagami Hironori, Koibuchi Nobutaka, Miura Koichi, Sabe Hisataka, Mochizuki Naoki, Kaneda Yasufumi
MOLECULAR THERAPY 17 S353 2009年05月
EphA2 engages Git1 to suppress Arf6 activity modulating epithelial cell-cell contacts.
Miura K, Nam JM, Kojima C, Mochizuki N, Sabe H
Molecular biology of the cell 20(7) 1949-1959 2009年04月
IRES-mediated translational control of AMAP1 expression during differentiation of monocyte U937 cells.
Miyata M, Raven JF, Baltzis D, Koromilas AE, Sabe H
Cell cycle (Georgetown, Tex.) 7(20) 3273-3281 2008年10月
EPB41L5 functions to post-transcriptionally regulate cadherin and integrin during epithelial-mesenchymal transition.
Hirano M, Hashimoto S, Yonemura S, Sabe H, Aizawa S
The Journal of cell biology 182(6) 1217-1230 2008年09月
Clathrin dependent endocytosis of E-cadherin is regulated by the Arf6GAP isoform SMAP1.
Kon S, Tanabe K, Watanabe T, Sabe H, Satake M
Experimental cell research 314(7) 1415-1428 2008年04月
The EGFR-GEP100-Arf6 pathway in breast cancer: Full invasiveness is not from the inside.
Sabe H, Hashimoto S, Morishige M, Hashimoto A, Ogawa E
Cell adhesion & migration 2(2) 71-73 2008年04月
Fbx8 makes Arf6 refractory to function via ubiquitination.
Yano H, Kobayashi I, Onodera Y, Luton F, Franco M, Mazaki Y, Hashimoto S, Iwai K, Ronai Z, Sabe H
Molecular biology of the cell 19(3) 822-832 2008年03月
Dynamic rearrangement of surface proteins is essential for cytokinesis.
Bauer T, Motosugi N, Miura K, Sabe H, Hiiragi T
Genesis (New York, N.Y. : 2000) 46 152-162 2008年03月
GEP100 links epidermal growth factor receptor signalling to Arf6 activation to induce breast cancer invasion.
Morishige M, Hashimoto S, Ogawa E, Toda Y, Kotani H, Hirose M, Wei S, Hashimoto A, Yamada A, Yano H, Mazaki Y, Kodama H, Nio Y, Manabe T, Wada H, Kobayashi H, Sabe H
Nature cell biology 10(1) 85-92 2008年01月
CIN85, a Cbl-interacting protein, is a component of AMAP1-mediated breast cancer invasion machinery.
Nam JM, Onodera Y, Mazaki Y, Miyoshi H, Hashimoto S, Sabe H
The EMBO journal 26(3) 647-656 2007年02月
Expression of AMAP1 provides novel targets to inhibit the invasion of human glioma cells
Morishige Masaki, Hashimoto Shigeru, Abe Tatsuya, Kobayashi Hidenori, Sabe Hisataka
NEURO-ONCOLOGY 8(4) 435 2006年10月
ArfGAP family proteins in cell adhesion, migration and tumor invasion.
Sabe H, Onodera Y, Mazaki Y, Hashimoto S
Current opinion in cell biology 18(5) 558-564 2006年10月
Neutrophil direction sensing and superoxide production linked by the GTPase-activating protein GIT2.
Mazaki Y, Hashimoto S, Tsujimura T, Morishige M, Hashimoto A, Aritake K, Yamada A, Nam JM, Kiyonari H, Nakao K, Sabe H
Nature immunology 7(7) 724-731 2006年07月
Targeting AMAP1 and cortactin binding bearing an atypical src homology 3/proline interface for prevention of breast cancer invasion and metastasis.
Hashimoto S, Hirose M, Hashimoto A, Morishige M, Yamada A, Hosaka H, Akagi K, Ogawa E, Oneyama C, Agatsuma T, Okada M, Kobayashi H, Wada H, Nakano H, Ikegami T, Nakagawa A, Sabe H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 103(18) 7036-7041 2006年05月
Novel regulation of Arf6 activity
Yano Hajime, Kobyashi Itaru, Hashimoto Shigeru, Sabe Hisataka
CELL STRUCTURE AND FUNCTION 30 49 2005年06月
Regulation of epithelial cell-cell interaction by Arf6 signaling
Miura Koichi, Yano Hajime, Onodera Yasuhito, Kojima Chie, Hashimoto Shigeru, Sabe Hisataka
CELL STRUCTURE AND FUNCTION 30 5 2005年06月
Interaction of paxillin with poly(A)-binding protein 1 and its role in focal adhesion turnover and cell migration.
Woods AJ, Kantidakis T, Sabe H, Critchley DR, Norman JC
Molecular and cellular biology 25(9) 3763-3773 2005年05月
Expression of AMAP1, an ArfGAP, provides novel targets to inhibit breast cancer invasive activities.
Onodera Y, Hashimoto S, Hashimoto A, Morishige M, Mazaki Y, Yamada A, Ogawa E, Adachi M, Sakurai T, Manabe T, Wada H, Matsuura N, Sabe H
The EMBO journal 24(5) 963-973 2005年03月
Assays and properties of the ArfGAPs, AMAP1 and AMAP2, in Arf6 function.
Hashimoto S, Hashimoto A, Yamada A, Onodera Y, Sabe H
Methods in enzymology 404 216-231 2005年
Regulation of Bin1 SH3 domain binding by phosphoinositides.
Kojima C, Hashimoto A, Yabuta I, Hirose M, Hashimoto S, Kanaho Y, Sumimoto H, Ikegami T, Sabe H
The EMBO journal 23(22) 4413-4422 2004年11月
A novel mode of action of an ArfGAP, AMAP2/PAG3/Papa lpha, in Arf6 function.
Hashimoto S, Hashimoto A, Yamada A, Kojima C, Yamamoto H, Tsutsumi T, Higashi M, Mizoguchi A, Yagi R, Sabe H
The Journal of biological chemistry 279(36) 37677-37684 2004年09月
Phosphorylation of paxillin tyrosines 31 and 118 controls polarization and motility of lymphoid cells and is PMA-sensitive.
Romanova LY, Hashimoto S, Chay KO, Blagosklonny MV, Sabe H, Mushinski JF
Journal of cell science 117(17) 3759-3768 2004年08月
Roles played by a subset of integrin signaling molecules in cadherin-based cell-cell adhesion.
Yano H, Mazaki Y, Kurokawa K, Hanks SK, Matsuda M, Sabe H
The Journal of cell biology 166(2) 283-295 2004年07月
Requirement for Arf6 in breast cancer invasive activities.
Hashimoto S, Onodera Y, Hashimoto A, Tanaka M, Hamaguchi M, Yamada A, Sabe H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 101(17) 6647-6652 2004年04月
Ultraviolet A-induced production of matrix metalloproteinase-1 is mediated by macrophage migration inhibitory factor (MIF) in human dermal fibroblasts.
Watanabe H, Shimizu T, Nishihira J, Abe R, Nakayama T, Taniguchi M, Sabe H, Ishibashi T, Shimizu H
The Journal of biological chemistry 279(3) 1676-1683 2004年01月
Requirement for Arf6 in cell adhesion, migration, and cancer cell invasion.
Sabe H
Journal of biochemistry 134(4) 485-489 2003年10月
RNF5, a RING finger protein that regulates cell motility by targeting paxillin ubiquitination and altered localization.
Didier C, Broday L, Bhoumik A, Israeli S, Takahashi S, Nakayama K, Thomas SM, Turner CE, Henderson S, Sabe H, Ronai Z
Molecular and cellular biology 23(15) 5331-5345 2003年08月
Expression and subcellular distribution of the active form of c-Src tyrosine kinase in differentiating human endometrial stromal cells.
Yamamoto Y, Maruyama T, Sakai N, Sakurai R, Shimizu A, Hamatani T, Masuda H, Uchida H, Sabe H, Yoshimura Y
Molecular human reproduction 8(12) 1117-1124 2002年12月
[Ensemble of membrane and cytoskeleton remodelings in cell migration].
Sabe H
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 74 1429-1440 2002年12月
Localized suppression of RhoA activity by Tyr31/118-phosphorylated paxillin in cell adhesion and migration.
Tsubouchi A, Sakakura J, Yagi R, Mazaki Y, Schaefer E, Yano H, Sabe H
The Journal of cell biology 159(4) 673-683 2002年11月
Interaction of POB1, a downstream molecule of small G protein Ral, with PAG2, a paxillin-binding protein, is involved in cell migration.
Oshiro T, Koyama S, Sugiyama S, Kondo A, Onodera Y, Asahara T, Sabe H, Kikuchi A
The Journal of biological chemistry 277(41) 38618-38626 2002年10月
Paxillin associates with poly(A)-binding protein 1 at the dense endoplasmic reticulum and the leading edge of migrating cells.
Woods AJ, Roberts MS, Choudhary J, Barry ST, Mazaki Y, Sabe H, Morley SJ, Critchley DR, Norman JC
The Journal of biological chemistry 277(8) 6428-6437 2002年02月
Involvement of phosphorylation of Tyr-31 and Tyr-118 of paxillin in MM1 cancer cell migration.
Iwasaki T, Nakata A, Mukai M, Shinkai K, Yano H, Sabe H, Schaefer E, Tatsuta M, Tsujimura T, Terada N, Kakishita E, Akedo H
International journal of cancer. Journal international du cancer 97(3) 330-335 2002年01月

書籍

細胞骨格と接着
貝淵 弘三, 稲垣 昌樹, 佐邉 壽孝, 松崎 文雄
共立出版 2006年11月 ISBN : 4320056426
細胞骨格と接着
貝淵 弘三, 稲垣 昌樹, 佐邉 壽孝, 松崎 文雄
共立出版 2006年
Paxillin-associated ArfGAPs: their isoform specificities and roles in coordination.
'Protein and Cell Regulation' vol.1. 'ARF family GTPases(ed. R. Kahn; Series editors: A. Ridney, J. Frampton; Kluwer Academic Publishers). 2003年
細胞-細胞,細胞-基質の相互作用
岩波講座,現代医学の基礎2 "分子・細胞の生物学(]G0002[)"岩波書店 2000年
細胞接着形成と細胞内小胞輸送活性
細胞工学 1999年
細胞接着を制御するシグナル
医学&サイエンスミリーズ 羊土社 1999年
細胞接着研究の最前線 : シグナル伝達から癌転移への関与まで
佐邉 壽孝, 月田 承一郎
羊土社 1996年 ISBN : 4897060524
TLCによる蛋白質の二次元マッピング
タンパク質実験法(羊土社) 1996年
遺伝子導入法 -リンパ球細胞を中心にして- "DEAE-dextran法"
免疫学実験操作法(南江堂) 1995年
Crk, paxillin
"用語でまなぶ最新バイオサイエンスライブラリ-"(山本雅編、羊土社) 1995年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
細胞骨格と接着
貝淵 弘三, 稲垣 昌樹, 佐邉 壽孝, 松崎 文雄
共立出版 2006年11月 ISBN : 4320056426
細胞骨格と接着
貝淵 弘三, 稲垣 昌樹, 佐邉 壽孝, 松崎 文雄
共立出版 2006年
Paxillin-associated ArfGAPs: their isoform specificities and roles in coordination.
'Protein and Cell Regulation' vol.1. 'ARF family GTPases(ed. R. Kahn; Series editors: A. Ridney, J. Frampton; Kluwer Academic Publishers). 2003年
細胞-細胞,細胞-基質の相互作用
岩波講座,現代医学の基礎2 "分子・細胞の生物学(]G0002[)"岩波書店 2000年
細胞接着形成と細胞内小胞輸送活性
細胞工学 1999年
細胞接着を制御するシグナル
医学&サイエンスミリーズ 羊土社 1999年
細胞接着研究の最前線 : シグナル伝達から癌転移への関与まで
佐邉 壽孝, 月田 承一郎
羊土社 1996年 ISBN : 4897060524
TLCによる蛋白質の二次元マッピング
タンパク質実験法(羊土社) 1996年
遺伝子導入法 -リンパ球細胞を中心にして- "DEAE-dextran法"
免疫学実験操作法(南江堂) 1995年
Crk, paxillin
"用語でまなぶ最新バイオサイエンスライブラリ-"(山本雅編、羊土社) 1995年
注目されるシグナル伝達分子:バキシリン(共著)
実験医学(羊土社) 1995年
シグナルとストレスの起源(共著)
レドックス制御 最新医学(最新医学社) 1994年
Analysis of Csk SH2 binding to tyrosine phosphorylated proteins in c-Src suppression and mitotic activation.(共著)
Proc.Natl.Acad.Sci.USA 1994年
v-Crk発現細胞におけるc-Srcの活性化とCSKによるその抑制
癌抑制遺伝子(野田 亮編、羊土社)実験医学増刊号 1992年
Activation of c-Src in cells bearing v-Crk and its suppression by Csk.(共著)
Mol.Cell.Biol. 1992年
受容体の性質と測定 -結合測定法-
新生化学実験講座(日本生化学会編)(東京化学同人)(共著) 1991年
インタ-ロイキン2とそのレセプタ-
シリ-ズ分子生物学の進歩(日本分子生物学会編、丸善) 1989年
インタ-ロイキン受容体遺伝子の単離法(共著)
新生化学実験講座(日本生化学会編)(東京化学同人)(共著) 1989年
CTLL-2 バイオテクノロジ-素材としての培養細胞-遺伝移入と発現-(瀬野旱二編)
蛋白質・核酸・酵素(共立出版) 1988年
Interleukin 2 receptor.(共著)
The molecular Biology of Receptor (eds.A.D.Strosberg, Ellis Horwood Ltd., Chichester, England) 1988年
Growth factors and receptors of lymphocytes.(共著)
Acta Neurochiurgica (eds.K.Sano and S.Ishii, Springer-Verlag, NY, USA) 1987年
Interleukin 2 receptor ; structure, function, and expression.(共著)
Cold Spring Harbor Symposia on Quantitative Biology 1986年
Properties of human IL2 receptor expressed on non-lymphoid cells by cDNA transfection.(共著)
Mol.Biol.Med. 1984年

講演・口頭発表等

癌的代謝亢進によるミトコンドリア空間配置:転移性癌の治療抵抗性について
佐邊 壽孝
第11回Basic Research Urology Seminar(BURS) 2016年08月 
Arf6 is a core driver of mesenchymal invasion and metastasis, and therapeutic resistance of different types of cancers under RTK and GPCR signaling
佐邊 壽孝
第68回日本細胞生物学会大会 2016年06月 
Different genome statuses in breast cancer and renal cancer generate the Arf6-based mesenchymal machinery critical for metastasis and poor survival
佐邊 壽孝
The 4th Global Cancer Genomics Consortium Symposium 2014年11月 
ゲノム・代謝変異と癌悪性度進展
佐邊 壽孝
社団法人がんと炎症・代謝研究会理事会 2014年05月 
Mechanisms by which oncogenic mutant-p53 generates
佐邊 壽孝
第72回日本癌学会学術総会 2013年10月 
癌の再発予測と再発部治療
佐邊 壽孝
第8回神戸がん研究会 2013年07月 
RTKs-GEP100-Arf6-AMAP1 pathway mediates cancerous EMT in response to mutant p53 and TGFβ1 signaling
佐邊 壽孝
東北大学グローバルCOEシンポジウム 2013年02月 
P53変異におるリガンド依存性癌浸潤転移シグナル経路の創出
佐邊 壽孝
第4回kansai Cardiovascular & Metabolic Frontier 2012年10月 
Mutant-p53 generates an Arf6 pathway to be activated by TGFb1 and RTKs to promote invasion
佐邊 壽孝
第22回北九州がんセミナー 2012年10月 
RTKs-GEP100-Arf6-AMAP1 pathway mediates cancerous EMT in response to mutant p53 and TGFβ1 signaling
佐邊 壽孝
第71回日本癌学会学術総会 2012年09月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
癌的代謝亢進によるミトコンドリア空間配置:転移性癌の治療抵抗性について
佐邊 壽孝
第11回Basic Research Urology Seminar(BURS) 2016年08月 
Arf6 is a core driver of mesenchymal invasion and metastasis, and therapeutic resistance of different types of cancers under RTK and GPCR signaling
佐邊 壽孝
第68回日本細胞生物学会大会 2016年06月 
Different genome statuses in breast cancer and renal cancer generate the Arf6-based mesenchymal machinery critical for metastasis and poor survival
佐邊 壽孝
The 4th Global Cancer Genomics Consortium Symposium 2014年11月 
ゲノム・代謝変異と癌悪性度進展
佐邊 壽孝
社団法人がんと炎症・代謝研究会理事会 2014年05月 
Mechanisms by which oncogenic mutant-p53 generates
佐邊 壽孝
第72回日本癌学会学術総会 2013年10月 
癌の再発予測と再発部治療
佐邊 壽孝
第8回神戸がん研究会 2013年07月 
RTKs-GEP100-Arf6-AMAP1 pathway mediates cancerous EMT in response to mutant p53 and TGFβ1 signaling
佐邊 壽孝
東北大学グローバルCOEシンポジウム 2013年02月 
P53変異におるリガンド依存性癌浸潤転移シグナル経路の創出
佐邊 壽孝
第4回kansai Cardiovascular & Metabolic Frontier 2012年10月 
Mutant-p53 generates an Arf6 pathway to be activated by TGFb1 and RTKs to promote invasion
佐邊 壽孝
第22回北九州がんセミナー 2012年10月 
RTKs-GEP100-Arf6-AMAP1 pathway mediates cancerous EMT in response to mutant p53 and TGFβ1 signaling
佐邊 壽孝
第71回日本癌学会学術総会 2012年09月 
乳癌における発癌初期段階からの前身播種の分子機構とその予測バイオマーカー
佐邊 壽孝
平成24年度JMTO臨床試験ワークショップ 2012年06月 
RTKs-GEP100-Arf6-AMAP1 pathway mediates cancerous EMT in response to mutant p53 and TGFβ1 signaling
佐邊 壽孝
第8回OOTR年次学会 2012年04月 
p53 mutation and TGFβ signaling culminate in cancer invasiveness via GEP100-Arf6-AMAP1 pathway
佐邊 壽孝
平成23年度ライフサイエンスイノベージョン推進機構セミナー 第371回 学内セミナー 2012年02月 
p53 mutation and TGFβ signaling culminate in cancer invasiveness via GEP100-Arf6-AMAP1 pathway.
佐邊 壽孝
Cell Migration in Biology and Medicine 2012年01月 
p53 mutation and TGFβ signaling culminate in cancer invasiveness via GEP100-Arf6-AMAP1 pathway.
佐邊 壽孝
第34回日本分子生物学会年会 2011年12月 
癌の初期播種と転移部における癌の休眠と再発:癌的EMTから考える
佐邊 壽孝
JSTさきがけ研究同窓会発表会 2010年10月 
The Arf6-AMAP1 Pathway Contributes to Cancerous EMT
佐邊 壽孝
第69回日本癌学会学術総会 2010年09月 
The Arf6-AMAP1 Pathway Contributes to Cancerous EMT.
佐邊 壽孝
第30回札幌国際がんシンポジウム 2010年06月 
転移部における癌の休眠と再発:癌的EMTから考える
佐邊 壽孝
第62回日本細胞生物学会大会 2010年05月 
Integrin activation and E-cadherin inactivation by the Arf6 pathway specific to breast cancer invasion and metastasis.
佐邊 壽孝
第6回OOTR年次学会 2010年02月 
メンブレントラフィックと癌浸潤形質獲得機序
佐邊 壽孝
第82回日本生化学会 2009年10月 
Integrin activation and E-cadherin inactivation by the Arf6 pathway specific to breast cancer invasion and metastasis.
佐邊 壽孝
2009年09月 
癌の浸潤形質獲得機序:その組織特異性についての考察
佐邊 壽孝
生化学会支部例会 2009年07月 

特許

膵癌の再発リスクの予測に用いるための診断薬及びキット、並びに予測方法
佐邊 壽孝, 平野 聡, 古川 聖太郎
特願2015-246132 2015年12月17日
腎癌の再発リスクの予測に用いるための診断薬及びキット、並びに予測方法
佐邊 壽孝, 大家 基嗣, 三上 修治
特願2013-148969 2013年07月17日
放射線治療増強薬及び放射線抵抗性癌の治療方法
佐邊 壽孝, 小野寺 康仁, ナン ジンミン, 橋本 茂, 橋本 あり
特願2013-148970 2013年07月17日
乳癌乳房温存療法後の局所再発リスクの予測に用いるための診断薬並びに予測方法
佐邊 壽孝, 橋本 茂, 橋本 あり, 小野寺 康仁, 白土 博樹, 木下 留美子
特願2013-041644 2013年03月04日
ヒトがん細胞の浸潤活性を阻害するオリゴリボヌクレオチド
佐邊 壽孝, 森重 真毅, 橋本 茂, 古林 秀則
特願2005-287976 2005年09月30日
非典型的なプロリンリッチ配列結合阻害剤
佐邊 壽孝, 橋本 茂, 中野 洋文, 我妻 勉
特願2005-284007 2005年09月29日
ヒトがん細胞の浸潤および転移を阻害するペプチド、それをコードするポリヌクレオチドおよびそれらを含有する薬剤
佐邊 壽孝, 橋本 茂
特願2005-266906 2005年09月14日
ヒト癌細胞の浸潤と転移を阻害する物質およびそのスクリーニング方法
佐邊 壽孝, 橋本 茂
特願2004-258393 2004年09月06日
ヒト癌細胞の運動と浸潤を阻害するAMAP1/PAG2/ASAP1のsiRNA二本鎖
佐邊 壽孝
特願2004-035039 2004年02月12日
ヒト癌細胞の運動と浸潤を阻害するArf6siRNA
佐邊 壽孝
特願2003-281976 2003年07月29日
特許を全て表示する
特許閉じる
膵癌の再発リスクの予測に用いるための診断薬及びキット、並びに予測方法
佐邊 壽孝, 平野 聡, 古川 聖太郎
特願2015-246132 2015年12月17日
腎癌の再発リスクの予測に用いるための診断薬及びキット、並びに予測方法
佐邊 壽孝, 大家 基嗣, 三上 修治
特願2013-148969 2013年07月17日
放射線治療増強薬及び放射線抵抗性癌の治療方法
佐邊 壽孝, 小野寺 康仁, ナン ジンミン, 橋本 茂, 橋本 あり
特願2013-148970 2013年07月17日
乳癌乳房温存療法後の局所再発リスクの予測に用いるための診断薬並びに予測方法
佐邊 壽孝, 橋本 茂, 橋本 あり, 小野寺 康仁, 白土 博樹, 木下 留美子
特願2013-041644 2013年03月04日
ヒトがん細胞の浸潤活性を阻害するオリゴリボヌクレオチド
佐邊 壽孝, 森重 真毅, 橋本 茂, 古林 秀則
特願2005-287976 2005年09月30日
非典型的なプロリンリッチ配列結合阻害剤
佐邊 壽孝, 橋本 茂, 中野 洋文, 我妻 勉
特願2005-284007 2005年09月29日
ヒトがん細胞の浸潤および転移を阻害するペプチド、それをコードするポリヌクレオチドおよびそれらを含有する薬剤
佐邊 壽孝, 橋本 茂
特願2005-266906 2005年09月14日
ヒト癌細胞の浸潤と転移を阻害する物質およびそのスクリーニング方法
佐邊 壽孝, 橋本 茂
特願2004-258393 2004年09月06日
ヒト癌細胞の運動と浸潤を阻害するAMAP1/PAG2/ASAP1のsiRNA二本鎖
佐邊 壽孝
特願2004-035039 2004年02月12日
ヒト癌細胞の運動と浸潤を阻害するArf6siRNA
佐邊 壽孝
特願2003-281976 2003年07月29日
Arf6及びPAG2による癌細胞の運動と浸潤の阻害
佐邊 壽孝
特願2003-101164 2003年04月04日
細胞基質間接着斑蛋白質パキシリンの新規なアイソフォーム遺伝子
佐邊 壽孝
特願平8-178334 1996年07月08日

競争的資金等の研究課題

癌的機能獲得型p53変異を有する転移性癌細胞の放射線抵抗性機序の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 佐邊 壽孝
上皮管腔組織の破綻と上皮間葉転換
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2011年 - 2015年 代表者 : 佐邊 壽孝
上皮間充織形質転換(EMT)における浸潤性獲得機序の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2008年 - 2011年 代表者 : 佐邊 壽孝
がん細胞の細胞基質間接着とその制御機構
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2005年 - 2009年 代表者 : 佐邊 壽孝
細胞の運動性獲得、運動極性決定、運動方向持続性を担う基本分子機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 佐邊 壽孝
Arf6による細胞運動性制御の分子機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 佐邊 壽孝
細胞接着シグナルを介したがん細胞の浸潤制御機構
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(C), 特定領域研究)
研究期間 : 2000年 - 2004年 代表者 : 佐邊 壽孝
細胞運動における細胞形質膜backward bulk flow発生機序の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2002年 - 2003年 代表者 : 佐邊 壽孝
細胞運動における細胞極性決定の分子機序に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究, 萌芽研究)
研究期間 : 2001年 - 2002年 代表者 : 佐邊 壽孝
パキシリン結合性ARFGAP蛋白質群による細胞運動性制御の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2000年 - 2001年 代表者 : 佐邊 寿孝
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
癌的機能獲得型p53変異を有する転移性癌細胞の放射線抵抗性機序の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 佐邊 壽孝
上皮管腔組織の破綻と上皮間葉転換
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2011年 - 2015年 代表者 : 佐邊 壽孝
上皮間充織形質転換(EMT)における浸潤性獲得機序の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2008年 - 2011年 代表者 : 佐邊 壽孝
がん細胞の細胞基質間接着とその制御機構
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2005年 - 2009年 代表者 : 佐邊 壽孝
細胞の運動性獲得、運動極性決定、運動方向持続性を担う基本分子機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 佐邊 壽孝
Arf6による細胞運動性制御の分子機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 佐邊 壽孝
細胞接着シグナルを介したがん細胞の浸潤制御機構
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(C), 特定領域研究)
研究期間 : 2000年 - 2004年 代表者 : 佐邊 壽孝
細胞運動における細胞形質膜backward bulk flow発生機序の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2002年 - 2003年 代表者 : 佐邊 壽孝
細胞運動における細胞極性決定の分子機序に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究, 萌芽研究)
研究期間 : 2001年 - 2002年 代表者 : 佐邊 壽孝
パキシリン結合性ARFGAP蛋白質群による細胞運動性制御の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2000年 - 2001年 代表者 : 佐邊 寿孝
パキシリンアイソフォームを介する接着・運動シグナルの統御機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1998年 - 2001年 代表者 : 佐邊 寿孝
上皮細胞における細胞接着を介した生存性シグナルの解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 1999年 - 1999年 代表者 : 橋本 茂
インテグリンを介した単球/マクロファージの細胞運動性制御機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 1999年 - 1999年 代表者 : 佐邊 壽孝
上皮間充織形質転換におけるインテグリン活性化と発がん機構の分子解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 1999年 - 1999年 代表者 : 佐邊 壽孝
インテグリンを介する細胞接着シグナル制御と癌化細胞の生存性・侵潤能の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 1999年 - 1999年 代表者 : 佐邊 壽孝
細胞接着制御因子パキシリンの細胞周期M期特異的変化の分子機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間 : 1998年 - 1998年 代表者 : 佐邊 壽孝
単球・マクロファージ細胞の接着及び貧食過程におけるパキシリンの機能解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 1998年 - 1998年 代表者 : 左邊 壽孝
インテグリンを介した炎症性マクロファージの血管内皮細胞への接着・侵入過程の分子機構、及び、血管内皮細胞の活性化機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1997年 - 1997年 代表者 : 佐邉 壽孝
細胞運動性を制御する新規パキシリンアイソフォームの癌的細胞機構における役割
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1997年 - 1997年 代表者 : 佐邊 嘉孝
細胞基質間接着制御機構の解明とその癌的増殖性への関与
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1996年 - 1996年 代表者 : 左邊 壽孝
インテグリンを介するシグナル伝達機能と細胞増殖・分化の制御
文部科学省:科学研究費補助金(総合研究(A), 基盤研究(A))
研究期間 : 1995年 - 1996年 代表者 : 関口 清俊
レドックス制御とシグナル伝達機構
文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間 : 1995年 - 1996年 代表者 : 淀井 淳司, 淀井 淳司
癌化における細胞基質間接着の低下と癌的増殖性との関連性の解析
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1995年 - 1995年 代表者 : 佐邊 寿孝, 佐邉 寿孝
免疫系における多様性発現機構の分子遺伝学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(特別推進研究)
研究期間 : 1986年 - 1990年 代表者 : 本庶 佑
宿主側から見た腫瘍増殖機序の分子免疫学的解析
文部科学省:科学研究費補助金(がん特別研究)
研究期間 : 1988年 - 1988年 代表者 : 奥村 康
細胞基質間接着の制御機構及びそのシグナル伝達

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門基礎医学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
生化学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 分子生物学、細胞生物学
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門基礎医学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
生化学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 分子生物学、細胞生物学
生化学特別講義
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
選択実習Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
選択実習Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門基礎医学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
生化学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 分子生物学、細胞生物学
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
選択実習Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門基礎医学Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
生化学Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 分子生物学、細胞生物学
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
選択実習Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
選択実習Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部

ページトップへ