小野寺 智洋オノデラ トモヒロresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
北海道大学病院 外科 
職名講師 
学位
医学博士(北海道大学大学院医学研究科)
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/70547174.ja.html
科研費研究者番号70547174
  • 略歴:2007年 北海道大学大学院医学研究科博士課程 修了,2006年より米国NIH National Institute of Dental and Craniofacial Research Visiting fellowとしてこの研究を行う.2009年より北海道大学大学院医学研究科 助教.
    研究テーマ:足の外科,膝関節外科,先天性小児疾患,器官形態形成.
    現在は,整形外科医としての臨床業務と基礎研究との二足の草鞋を履かせてもらっています.両立は非常に困難ですが,基礎・臨床を両方とも経験している立場として,少しでも互いの橋渡しができるようがんばっていきたいと思います.

研究分野

外科系臨床医学 / 整形外科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
外科系臨床医学 / 整形外科学

職歴

2011年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2011年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)

研究活動

論文

Syndecan-4 regulates the development of autoimmune arthritis by modulating B cell migration and germinal center formation.
Endo T, Ito K, Morimoto J, Kanayama M, Ota D, Ikesue M, Kon S, Takahashi D, Onodera T, Iwasaki N, Uede T
Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.) 2015年05月
Therapeutic effects of intra-articular ultra-purified low endotoxin alginate administration on an experimental canine osteoarthritis model.
Tsukuda Y, Onodera T, Ito M, Izumisawa Y, Kasahara Y, Igarashi T, Ohzawa N, Todoh M, Tadano S, Iwasaki N
Journal of biomedical materials research. Part A 2015年04月
An Articular Cartilage Repair Model in Common C57Bl/6 Mice.
Matsuoka M, Onodera T, Sasazawa F, Momma D, Baba R, Hontani K, Iwasaki N
Tissue engineering. Part C, Methods 2015年03月
A Comparative Study With In Vitro Ultrasonographic and Histologic Grading of Metatarsal Head Cartilage in Rheumatoid Arthritis.
Onodera T, Kasahara Y, Kasemura T, Suzuki Y, Kondo E, Iwasaki N
Foot & ankle international 2015年03月
Correlation between knee kinematics and patellofemoral contact pressure in total knee arthroplasty.
Konno T, Onodera T, Nishio Y, Kasahara Y, Iwasaki N, Majima T
The Journal of arthroplasty 29(12) 2305-2308 2014年12月
Quantitative glycomics monitoring of induced pluripotent- and embryonic stem cells during neuronal differentiation.
Terashima M, Amano M, Onodera T, Nishimura S, Iwasaki N
Stem cell research 13(3 Pt A) 454-464 2014年11月
External rotation of the femoral component decreases patellofemoral contact stress in total knee arthroplasty.
Terashima T, Onodera T, Sawaguchi N, Kasahara Y, Majima T
Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA 2014年06月
Intraoperative medial pivot affects deep knee flexion angle and patient-reported outcomes after total knee arthroplasty.
Nishio Y, Onodera T, Kasahara Y, Takahashi D, Iwasaki N, Majima T
The Journal of arthroplasty 29(4) 702-706 2014年04月
Sagittal alignment of the first metatarsophalangeal joint after arthrodesis for rheumatoid forefoot deformity.
Tanabe A, Majima T, Onodera T, Sawaguchi N, Watanabe T, Kasahara Y, Takahashi D
The Journal of foot and ankle surgery : official publication of the American College of Foot and Ankle Surgeons 52(3) 343-347 2013年05月
Posterior Femoral Condylar Offset After Total Knee Replacement in The Risk of Knee Flexion Contracture.
Onodera T, Majima T, Nishiike O, Kasahara Y, Takahashi D
The Journal of arthroplasty 28(7) 1112-1116 2012年11月
論文を全て表示する
論文閉じる
Syndecan-4 regulates the development of autoimmune arthritis by modulating B cell migration and germinal center formation.
Endo T, Ito K, Morimoto J, Kanayama M, Ota D, Ikesue M, Kon S, Takahashi D, Onodera T, Iwasaki N, Uede T
Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.) 2015年05月
Therapeutic effects of intra-articular ultra-purified low endotoxin alginate administration on an experimental canine osteoarthritis model.
Tsukuda Y, Onodera T, Ito M, Izumisawa Y, Kasahara Y, Igarashi T, Ohzawa N, Todoh M, Tadano S, Iwasaki N
Journal of biomedical materials research. Part A 2015年04月
An Articular Cartilage Repair Model in Common C57Bl/6 Mice.
Matsuoka M, Onodera T, Sasazawa F, Momma D, Baba R, Hontani K, Iwasaki N
Tissue engineering. Part C, Methods 2015年03月
A Comparative Study With In Vitro Ultrasonographic and Histologic Grading of Metatarsal Head Cartilage in Rheumatoid Arthritis.
Onodera T, Kasahara Y, Kasemura T, Suzuki Y, Kondo E, Iwasaki N
Foot & ankle international 2015年03月
Correlation between knee kinematics and patellofemoral contact pressure in total knee arthroplasty.
Konno T, Onodera T, Nishio Y, Kasahara Y, Iwasaki N, Majima T
The Journal of arthroplasty 29(12) 2305-2308 2014年12月
Quantitative glycomics monitoring of induced pluripotent- and embryonic stem cells during neuronal differentiation.
Terashima M, Amano M, Onodera T, Nishimura S, Iwasaki N
Stem cell research 13(3 Pt A) 454-464 2014年11月
External rotation of the femoral component decreases patellofemoral contact stress in total knee arthroplasty.
Terashima T, Onodera T, Sawaguchi N, Kasahara Y, Majima T
Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA 2014年06月
Intraoperative medial pivot affects deep knee flexion angle and patient-reported outcomes after total knee arthroplasty.
Nishio Y, Onodera T, Kasahara Y, Takahashi D, Iwasaki N, Majima T
The Journal of arthroplasty 29(4) 702-706 2014年04月
Sagittal alignment of the first metatarsophalangeal joint after arthrodesis for rheumatoid forefoot deformity.
Tanabe A, Majima T, Onodera T, Sawaguchi N, Watanabe T, Kasahara Y, Takahashi D
The Journal of foot and ankle surgery : official publication of the American College of Foot and Ankle Surgeons 52(3) 343-347 2013年05月
Posterior Femoral Condylar Offset After Total Knee Replacement in The Risk of Knee Flexion Contracture.
Onodera T, Majima T, Nishiike O, Kasahara Y, Takahashi D
The Journal of arthroplasty 28(7) 1112-1116 2012年11月
Outcome of transfibular ankle arthrodesis with Ilizarov apparatus.
Onodera T, Majima T, Kasahara Y, Takahashi D, Yamazaki S, Ando R, Minami A
Foot & ankle international / American Orthopaedic Foot and Ankle Society [and] Swiss Foot and Ankle Society 33(11) 964-968 2012年11月
Hemorrhagic-acquired factor XIII deficiency associated with tocilizumab for treatment of rheumatoid arthritis.
Matsuoka M, Majima T, Onodera T, Ieko M, Souri M, Ichinose A, Kurita T, Kasahara Y, Inoue M, Takahashi D
International journal of hematology 96(6) 781-785 2012年10月
Long-term stress distribution patterns of the ankle joint in varus knee alignment assessed by computed tomography osteoabsorptiometry.
Onodera T, Majima T, Iwasaki N, Kamishima T, Kasahara Y, Minami A
International orthopaedics 36(9) 1871-1876 2012年09月
Celecoxib does not affect the release of hyaluronic acid in end stage osteoarthritic joints.
Takahashi D, Majima T, Onodera T, Kasahara Y, Inoue M, Irie T, Kasemura T
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 23(5) 934-938 2012年09月
Interruption of glycosphingolipid synthesis enhances osteoarthritis development in mice.
Seito N, Yamashita T, Tsukuda Y, Matsui Y, Urita A, Onodera T, Mizutani T, Haga H, Fujitani N, Shinohara Y, Minami A, Iwasaki N
Arthritis and rheumatism 64(8) 2579-2588 2012年08月
Repair of rabbit osteochondral defects by an acellular technique with an ultrapurified alginate gel containing stromal cell-derived factor-1.
Sukegawa A, Iwasaki N, Kasahara Y, Onodera T, Igarashi T, Minami A
Tissue engineering. Part A 18(9-10) 934-945 2012年05月
Risk of deep venous thrombosis in drain clamping with tranexamic acid and carbazochrome sodium sulfonate hydrate in total knee arthroplasty.
Onodera T, Majima T, Sawaguchi N, Kasahara Y, Ishigaki T, Minami A
The Journal of arthroplasty 27(1) 105-108 2012年01月
Effect of the Japanese herbal medicine, Boiogito, on the osteoarthritis of the knee with joint effusion.
Majima T, Inoue M, Kasahara Y, Onodera T, Takahashi D, Minami A
Sports medicine, arthroscopy, rehabilitation, therapy & technology : SMARTT 4 3 2012年01月
Ganglioside GM3 has an essential role in the pathogenesis and progression of rheumatoid arthritis.
Tsukuda Y, Iwasaki N, Seito N, Kanayama M, Fujitani N, Shinohara Y, Kasahara Y, Onodera T, Suzuki K, Asano T, Minami A, Yamashita T
PloS one 7(6) e40136 2012年
Alterations of high-mannose type N-glycosylation in human and mouse osteoarthritis cartilage.
Urita A, Matsuhashi T, Onodera T, Nakagawa H, Hato M, Amano M, Seito N, Minami A, Nishimura S, Iwasaki N
Arthritis and rheumatism 63(11) 3428-3438 2011年11月
Btbd7 regulates epithelial cell dynamics and branching morphogenesis.
Onodera T, Sakai T, Hsu JC, Matsumoto K, Chiorini JA, Yamada KM
Science (New York, N.Y.) 329(5991) 562-565 2010年07月
Local upregulation of stromal cell-derived factor-1 after ligament injuries enhances homing rate of bone marrow stromal cells in rats.
Shimode K, Iwasaki N, Majima T, Funakoshi T, Sawaguchi N, Onodera T, Minami A
Tissue engineering. Part A 15(8) 2277-2284 2009年08月
Embryonic organ culture.
Sakai T, Onodera T
Current protocols in cell biology / editorial board, Juan S. Bonifacino ... [et al.] Chapter 19 Unit 19.8 2008年12月
Bone marrow stromal cells act as feeder cells for tendon fibroblasts through soluble factors.
Shimode K, Iwasaki N, Majima T, Funakoshi T, Sawaguchi N, Onodera T, Minami A
Tissue engineering 13(2) 333-341 2007年02月
Specific cell behavior of human fibroblast onto carbohydrate surface detected by glycoblotting films.
Onodera T, Niikura K, Iwasaki N, Nagahori N, Shimaoka H, Kamitani R, Majima T, Minami A, Nishimura S
Biomacromolecules 7(11) 2949-2955 2006年11月

競争的資金等の研究課題

損傷軟骨治癒過程におけるシンデカン-4の役割の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 小野寺 智洋
ノックアウトマウスを用いたスフィンゴ糖脂質による骨・軟骨代謝調節機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 岩崎 倫政
四肢形成、軟骨形成におけるBtbd7の機能解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2011年 代表者 : 小野寺 智洋
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
損傷軟骨治癒過程におけるシンデカン-4の役割の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 小野寺 智洋
ノックアウトマウスを用いたスフィンゴ糖脂質による骨・軟骨代謝調節機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 岩崎 倫政
四肢形成、軟骨形成におけるBtbd7の機能解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2011年 代表者 : 小野寺 智洋

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨・軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体力学,生体工学,生体材料
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脊椎再建医学、組織工学、骨代謝、分子生物学
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,解剖,生体力学Musculoskeletal system, pathology, anatomy, biomechanics
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学,免疫学,運動学,生体力学musculoskeletal system, morphology, immunology, kinematics, biomechanics
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脊椎再建医学、組織工学、分子生物学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, bone and cartilage metabolism, immunology, kinematics, pathology, anatomy, biomechanics, bioengineering
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, morphology, bone and cartilage metabolism, kinematics, immunology, biomaterials, biomechanics, bioengineering
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器、運動学、材料力学、生体力学,分子生物学musculoskeletal system, kinematics, biomaterial, biomechanics, molecular biology
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,臨床研究Musculoskeletal system, clinical research
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨・軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体力学,生体工学,生体材料
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脊椎再建医学、組織工学、骨代謝、分子生物学
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,解剖,生体力学Musculoskeletal system, pathology, anatomy, biomechanics
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学,免疫学,運動学,生体力学musculoskeletal system, morphology, immunology, kinematics, biomechanics
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脊椎再建医学、組織工学、分子生物学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, bone and cartilage metabolism, immunology, kinematics, pathology, anatomy, biomechanics, bioengineering
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, morphology, bone and cartilage metabolism, kinematics, immunology, biomaterials, biomechanics, bioengineering
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器、運動学、材料力学、生体力学,分子生物学musculoskeletal system, kinematics, biomaterial, biomechanics, molecular biology
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,臨床研究Musculoskeletal system, clinical research
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,治療法,臨床研究Musculoskeletal system, etiology, treatment, clinical research
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨・軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体力学,生体工学,生体材料
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,解剖,生体力学Musculoskeletal system, pathology, anatomy, biomechanics
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学,免疫学,運動学,生体力学musculoskeletal system, morphology, immunology, kinematics, biomechanics
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, bone and cartilage metabolism, immunology, kinematics, pathology, anatomy, biomechanics, bioengineering
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, morphology, bone and cartilage metabolism, kinematics, immunology, biomaterials, biomechanics, bioengineering
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,治療法,臨床研究Musculoskeletal system, etiology, treatment, clinical research
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨・軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体力学,生体工学,生体材料
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,解剖,生体力学
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学,免疫学,運動学,生体力学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,治療法,臨床研究
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科

ページトップへ

  • HOMEに戻る
  • 前のページに戻る