小林 純子コバヤシ ジユンコresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  生理系部門解剖学分野
職名助教 
学位
博士(獣医学)(北海道大学)
メールアドレスniojunmed.hokudai.ac.jp
ホームページURL
科研費研究者番号70447043
  • 主に形態学的手法を用いて、糖鎖とレクチンの機能を明らかにすべく日々研究に励んでいます。

研究キーワード

DOHaD, 包括脳ネットワーク, TGF-β, 性腺刺激ホルモン, シアル酸, 糖転移酵素, レクチン, ガレクチン, ステロイドホルモン, プロスタグランジン

研究分野

基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学)
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学)

職歴

2012年12月
-
現在
北海道大学大学院 医学研究科(助教)
2010年12月
-
2012年12月
エジンバラ大学(客員研究員, 日本学術振興会海外特別研究員)
2007年04月
-
2010年12月
- 医学研究科 組織細胞学分野 助教
2006年10月
-
2007年03月
 医学研究科 組織細胞学分野 助手
2005年04月
-
2006年09月
 医学研究科 組織細胞学分野 日本学術振興会特別研究員
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2012年12月
-
現在
北海道大学大学院 医学研究科(助教)
2010年12月
-
2012年12月
エジンバラ大学(客員研究員, 日本学術振興会海外特別研究員)
2007年04月
-
2010年12月
- 医学研究科 組織細胞学分野 助教
2006年10月
-
2007年03月
 医学研究科 組織細胞学分野 助手
2005年04月
-
2006年09月
 医学研究科 組織細胞学分野 日本学術振興会特別研究員

学歴

2002年04月
-
2006年03月
北海道大学大学院 獣医学研究科
1996年04月
-
2002年03月
北海道大学 獣医学部
学歴を全て表示する
学歴閉じる
2002年04月
-
2006年03月
北海道大学大学院 獣医学研究科
1996年04月
-
2002年03月
北海道大学 獣医学部

所属学協会

日本繁殖生物学会
日本獣医学会
日本解剖学会
日本糖質学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本繁殖生物学会
日本獣医学会
日本解剖学会
日本糖質学会

研究活動

論文

Loss of luteotropic prostaglandin E plays an important role in the regulation of luteolysis in women
Nio-Kobayashi J, Kudo M, Sakuragi N, Iwanaga T, Duncan WC
Mol Hum Reprod 17 1-11 2017年
Impaired adrenergic agonist-dependent beige adipocyte induction in aged mice
Shin W, Okamatsu-Ogura Y, Machida K, Tsubota A, Nio-Kobayashi J, Kimura K
Obesity 25 417-423 2017年
Tissue- and cell-specific localization of galectins, beta-galactose-binding animal lectins, and their potential functions in health and disease
小林 純子
Anat Sci Int 92 25-36 2017年
Cold exposure induces proliferation of mature brown adipocyte in a b3-adrenergic receptor-mediated pathway
Fukano K, Okamatsu-Ogura Y, Tsubota A, Nio-Kobayashi J, Kimura K
PLos One 11 e0166579 2016年
Histological analysis of arteriovenous anastomosis-like vessels established in the corpus luteum of cows during luteolysis
Nio-Kobayashi J, Miyazaki K, Hashiba K, Okuda K, Iwanaga T
J Ovarian Res 19 67 2016年
Cigarette smoking alters sialylation in the Fallopian tube of women, with implications for the pathogenesis of ectopic pregnancy
Nio-Kobayashi J, Abidin HBZ, Brown JK, Iwanaga T, Horne AW, Duncan WC
Mol Reprod Dev 83 1083-1091 2016年
Possible contribution of alpha2,6-sialylation to luteolysis in cows by inhibiting the luteotropic effects of galectin-1
Hashiba K, Nio-Kobayashi J, Sano M, Maeda M, Kimura Y, Yamamoto Y, Kimura K, Okuda K
Biol Reprod 95 17 2016年
The expression and cellular localization of galectin-1 and galectin-3 in the Fallopian tube are altered in women with tubal ectopic pregnancy
Nio-Kobayashi J, Abidin HBZ, Brown JK, Iwanaga T, Horne AW, Duncan WC
Cells Tissues Organs 2015年
Expression profiles and possible roles of galectins in the corpus luteum
Nio-Kobayashi J, Hashiba K, Sano M, Okuda K, Duncan WC, Iwanaga T
Trends Glycosci Glyc 2015年
The luteotrophic function of galectin-1 by binding to the glycans on VEGFR-2 in bovine luteal cells
Sano M, Hashiba K, Nio-Kobayashi J, Okuda K
J Reprod Dev 2015年
論文を全て表示する
論文閉じる
Loss of luteotropic prostaglandin E plays an important role in the regulation of luteolysis in women
Nio-Kobayashi J, Kudo M, Sakuragi N, Iwanaga T, Duncan WC
Mol Hum Reprod 17 1-11 2017年
Impaired adrenergic agonist-dependent beige adipocyte induction in aged mice
Shin W, Okamatsu-Ogura Y, Machida K, Tsubota A, Nio-Kobayashi J, Kimura K
Obesity 25 417-423 2017年
Tissue- and cell-specific localization of galectins, beta-galactose-binding animal lectins, and their potential functions in health and disease
小林 純子
Anat Sci Int 92 25-36 2017年
Cold exposure induces proliferation of mature brown adipocyte in a b3-adrenergic receptor-mediated pathway
Fukano K, Okamatsu-Ogura Y, Tsubota A, Nio-Kobayashi J, Kimura K
PLos One 11 e0166579 2016年
Histological analysis of arteriovenous anastomosis-like vessels established in the corpus luteum of cows during luteolysis
Nio-Kobayashi J, Miyazaki K, Hashiba K, Okuda K, Iwanaga T
J Ovarian Res 19 67 2016年
Cigarette smoking alters sialylation in the Fallopian tube of women, with implications for the pathogenesis of ectopic pregnancy
Nio-Kobayashi J, Abidin HBZ, Brown JK, Iwanaga T, Horne AW, Duncan WC
Mol Reprod Dev 83 1083-1091 2016年
Possible contribution of alpha2,6-sialylation to luteolysis in cows by inhibiting the luteotropic effects of galectin-1
Hashiba K, Nio-Kobayashi J, Sano M, Maeda M, Kimura Y, Yamamoto Y, Kimura K, Okuda K
Biol Reprod 95 17 2016年
The expression and cellular localization of galectin-1 and galectin-3 in the Fallopian tube are altered in women with tubal ectopic pregnancy
Nio-Kobayashi J, Abidin HBZ, Brown JK, Iwanaga T, Horne AW, Duncan WC
Cells Tissues Organs 2015年
Expression profiles and possible roles of galectins in the corpus luteum
Nio-Kobayashi J, Hashiba K, Sano M, Okuda K, Duncan WC, Iwanaga T
Trends Glycosci Glyc 2015年
The luteotrophic function of galectin-1 by binding to the glycans on VEGFR-2 in bovine luteal cells
Sano M, Hashiba K, Nio-Kobayashi J, Okuda K
J Reprod Dev 2015年
Regulated C-C motif ligand 2 (CCL2) in luteal cells contributes to macrophage infiltration into the human corpus luteum during luteolysis
Junko NIO-KOBAYASHI, Iwanaga T, Duncan WC
Mol Hum Reprod 21 645-654 2015年
Bone morphogenetic proteins are mediators of luteolysis in the human corpus luteum
Nio-Kobayashi J, Trendell J, Giakoumelou S, Boswell L, Nicol L, Iwanaga T, Duncan WC
Endocrinology 2015年
The loss of luteal progesterone production in women is associated with a galectin switch via a2,6-sialylation of glycoconjugates
Nio-Kobayashi J, Boswell L, Amano M, Iwanaga T, Duncan WC
J Clin Endocrinol Metab 99 4615-4624 2014年
Galectin-3 contributes to luteolysis by binding to beta1 integrin in the bovine corpus luteum
Hashiba K, Sano M, Nio-Kobayashi J, Hojo T, Skarzynski DJ, Okuda K
Biol Reprod 91 1-10 2014年
The Association between smoking and ectopic pregnancy: why nicotine is BAD for your fallopian tube
Horne AW, Brown JK, Nio-Kobayashi J, Abidin HB, Adin ZE, Boswell L, Burgess S, Lee KF, Duncan WC
PLoS One 20(9) :e89400 2014年
Three types of macrophagic cells in the mesentery of mice with special reference to LYVE-1-immunoreactive cells
Zheng M, Kimura S, Nio-Kobayashi J, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T
Biomed Res 35 37-45 2014年
Expression and localization of inhibitor of differentiation (ID) proteins during tissue and vascular remodeling in the human corpus luteum
Nio-Kobayashi J, Narayanan R, Giakoumelou S, Boswell L, Hogg K, Duncan WC
Mol Hum Reprod 19 82-92 2013年
Immunohistochemical localization of six galectin subtypes in the mouse digestive tract.
J Histochem Cytochem 57(1) 41-50 2009年
Galectins in the mouse ovary: concomitant expression of galectin-3 and progesterone degradation enzyme (20alpha-HSD) in the corpus luteum
J Histochem Cytochem 55(5) 423-432 2007年
Immunohistochemical and in situ hybridization analysis of galectin-3, a beta-galactoside binding lectin, in the urinary system of adult mice.
Histochem Cell Biol 126 45-56 2006年
Differential cellular expression of galectin family mRNAs in the epithelial cells of the mouse digestive tract
J Histochem Cytochem 53 1323-1334 2005年
Cellular expression of murine Ym1 and Ym2, chitinase family proteins, as revealed by in situ hybridization and immunohistochemistry
Histochem Cell Biol 121 473-482 2004年
Three-dimensional ultrastructure of synoviocytes in the knee joint of rabbits and morphological changes in osteoarthritis model
Arch Histol Cytol 65 189-200 2002年
滑膜細胞の形態と機能
岩永敏彦、仁尾純子、簗瀬晴子、前田健康
細胞 33 264-267 2001年

講演・口頭発表等

ロタウイルスの細胞内複製過程における脂肪滴の役割
小林純子、稲垣瑞穂、鈴木徹、中込とよ子、中込治、岩永敏彦
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会 2017年03月 
マウス下垂体におけるgalectin-3発現細胞の同定と性周期に伴う変化
竹元小乃美、小林純子、岩永敏彦
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会 2017年03月 
プロスタグランジンE産生の低下はヒト黄体の退行に重要である
小林純子、岩永敏彦、W. Colin Duncan
第109回日本繁殖生物学会大会 2016年09月 
galectin-3陽性マクロファージの組織分布と異物取り込みへの関与
小林純子、岩永敏彦
第62回日本解剖学会東北・北海道連合支部学術集会 2016年09月 
ウシの退行期黄体で観察された動静脈吻合類似構造物の形成機序
小林 純子
第121回 日本解剖学会総会・全国学術集会 2016年03月 
An increase in the level of a2,6-sialic acid inhibits galectin-1 binding to glycan during luteolysis
Hashiba K, Sano M, Nio-Kobayashi J, Yamamoto Y, Kimura K, Okuda K
International Conference on Biology and Pathology of Reproduction in Domestic Animals 2015年09月 
ウシ退行期黄体における動静脈吻合類似構造物の形態学的解析
小林純子、宮崎かや、岩永敏彦
第108回日本繁殖生物学会大会 2015年09月 
絶食がマウス肝臓の脂肪滴膜タンパク質ADRPの発現に与える影響
小林純子、高橋正樹、稲垣瑞穂、岩永敏彦
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 2015年03月 
Implication of a galectin switch in the regulation of luteal function in women
Nio-Kobayashi J, Iwanaga T, Duncan WC
Joint Meeting of the Society for Glycobiology and the Japanese Society of Carbohydrate Research 2014年11月 
ガレクチン-黄体の機能制御分子としての役割
小林 純子
第157回日本獣医学会学術集会 2014年09月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
ロタウイルスの細胞内複製過程における脂肪滴の役割
小林純子、稲垣瑞穂、鈴木徹、中込とよ子、中込治、岩永敏彦
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会 2017年03月 
マウス下垂体におけるgalectin-3発現細胞の同定と性周期に伴う変化
竹元小乃美、小林純子、岩永敏彦
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会 2017年03月 
プロスタグランジンE産生の低下はヒト黄体の退行に重要である
小林純子、岩永敏彦、W. Colin Duncan
第109回日本繁殖生物学会大会 2016年09月 
galectin-3陽性マクロファージの組織分布と異物取り込みへの関与
小林純子、岩永敏彦
第62回日本解剖学会東北・北海道連合支部学術集会 2016年09月 
ウシの退行期黄体で観察された動静脈吻合類似構造物の形成機序
小林 純子
第121回 日本解剖学会総会・全国学術集会 2016年03月 
An increase in the level of a2,6-sialic acid inhibits galectin-1 binding to glycan during luteolysis
Hashiba K, Sano M, Nio-Kobayashi J, Yamamoto Y, Kimura K, Okuda K
International Conference on Biology and Pathology of Reproduction in Domestic Animals 2015年09月 
ウシ退行期黄体における動静脈吻合類似構造物の形態学的解析
小林純子、宮崎かや、岩永敏彦
第108回日本繁殖生物学会大会 2015年09月 
絶食がマウス肝臓の脂肪滴膜タンパク質ADRPの発現に与える影響
小林純子、高橋正樹、稲垣瑞穂、岩永敏彦
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 2015年03月 
Implication of a galectin switch in the regulation of luteal function in women
Nio-Kobayashi J, Iwanaga T, Duncan WC
Joint Meeting of the Society for Glycobiology and the Japanese Society of Carbohydrate Research 2014年11月 
ガレクチン-黄体の機能制御分子としての役割
小林 純子
第157回日本獣医学会学術集会 2014年09月 
Interaction between galectin-1 and glycoconjugates is involved in hCG-mediated gene expression in cultured human luteinized granulosa cells
Nio-Kobayashi J, Iwanaga T, Duncan WC
World Congress of Reproductive Biology 2014年09月 
牛乳ラクトフォリンによるロタウイルス遺伝子の転写制御
稲垣瑞穂, 大野翔平, 小林純子, 山田佳太, 高橋毅, 鈴木徹, 中込とよ子, 中込治, 金丸義敬
2014年度酪農科学シンポジウム 2014年09月 
ガレクチンと糖鎖の相互作用がhCGにより誘導されるヒト黄体細胞の遺伝子発現に与える影響
小林純子, 岩永敏彦, Duncan WC
第33回日本糖質学会年会 2014年08月 
発情周期を通じたウシ黄体におけるシアル酸およびsiglec 1の発現ならびに局在に関する研究
羽柴一久、佐野栄宏、小林純子、奥田潔
第107回日本繁殖生物学会大会 2014年08月 
Galectin-3 participates in luteolysis by binding to beta1 integrin in the bovine corpus luteum
Hashiba K, Sano M, Nio-Kobayashi J, Okuda K
9th International Ruminant Reproduction Symposium 2014年08月 
ヒト退行期黄体へのマクロファージの浸潤はヒト絨毛性ゴナドトロピンとプロスタグランジンE2により制御をうける
小林 純子
第119回日本解剖学会総会 2014年03月 
牛乳由来蛋白ラクトフォリンによるロタウイルス下痢症緩和メカニズムの解明
11. 小林純子, 稲垣瑞穂, 大野翔平, 金丸義敬, 中込とよ子, 中込治, 鈴木徹, 岩永敏彦
第59回日本解剖学会 東北・北海道連合支部学術集会 2013年09月 
ヒト退行期黄体に発現するBMPsは異なった発現制御をうける
小林 純子
第106回日本繁殖生物学会大会 2013年09月 
Differential molecular regulation of increased BMPs during luteolysis in women
小林 純子
Society for the Study of Reproduction 2013年07月 
ヒト黄体におけるガレクチンの発現とヒト絨毛性ゴナドトロピンによる発現制御―alpha2,6シアル酸を介したガレクチンスイッチの存在
小林純子, 岩永敏彦, Duncan WC
第118回 日本解剖学会総会 2013年03月 
Differential regulation of galectins in the human corpus luteum by hCG and PGE2 - Implication of a galectin switch via alpha2,6-sialylation of glycoconjugates
小林 純子
Society of Reproduction and Fertility 2012年07月 
Galectin-1 and galectin-3, b-galactoside binding lectins, in the regressing corpu sluteum of mice. Possible regulation by prostaglandin F2alpha
小林 純子
Reproductive Function & Dysfunction 2011年09月 
Localization of the Inhibitor of Differentiation 1-4 (Id1-4) transcription factors in the human corpus luteum across the luteal phase
Duncan WC, Narayanan R, Boswell L, Nio-Kobayashi J, Hogg K
44th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction 2011年07月 
実験的肝炎におけるガレクチンの役割
小林純子, 岩永敏彦
第115回 日本解剖学会総会 2010年03月 
糖鎖認識タンパク、ガレクチンの発現解析と予想される役割
小林純子, 岩永敏彦
第15回Hindgut Club Japan 2009年12月 
マウスの子宮と膣におけるガレクチンの発現解析~ガレクチンは雌性ホルモンにより発現調節をうけるか
小林純子, 岩永敏彦
第55回 日本解剖学会 東北北海道連合支部学術集会 2009年09月 
マウスの退行期黄体に発現するガレクチンはプロラクチンにより発現調節をうける
小林純子, 岩永敏彦
第28回 日本糖質学会年会 2008年08月 
サブタイプ特異的抗体を用いたマウスの消化管におけるガレクチンの局在解析
小林純子, 渡邉加奈子, 岩永敏彦
日本解剖学会 第53回 東北・北海道連合支部学術集会 2007年09月 
Differential immunohistochemical localization of six galectin subtypes in the digestive tract of mice
小林 純子
Interlec 23 2007年07月 
プロラクチンが退行黄体のガレクチン発現に与える影響
小林純子, 岩永敏彦
第112回 日本解剖学会 総会・全国学術集会 2007年03月 
マウスの黄体におけるガレクチンの性周期と妊娠に伴う発現変化~黄体退行におけるガレクチンの関与
仁尾-小林 純子、岩永 敏彦
第52回 日本解剖学会 東北・北海道連合支部学術集会 2006年09月 
マウスの卵巣におけるガレクチンの発現解析、とくにプロジェステロン非活性化酵素との関係
仁尾 純子、昆 泰寛、岩永 敏彦
第111回 日本解剖学会 総会・全国学術集会 2006年03月 
内因性レクチンのひとつ、ガレクチンのマウス泌尿生殖器における発現
仁尾 純子、昆 泰寛、岩永 敏彦
第51回 日本解剖学会 東北・北海道連合支部学術集会 2005年10月 
マウスの泌尿生殖器におけるガレクチンの発現分布
仁尾 純子、昆 泰寛、岩永 敏彦
第140回 日本獣医学会 学術集会 2005年09月 
Rab蛋白標的分子Noc2の欠損マウスでは、内分泌細胞よりも外分泌細胞において分泌果粒の異常蓄積がおこる
仁尾 純子、寺前 洋生、清野 進、岩永 敏彦
第50回 日本解剖学会 東北・北海道連合支部学術集会 2004年10月 
マウスの消化管上皮に発現するガレクチン
仁尾 純子、今野 明弘、橋本 善春、昆 泰寛、岩永 敏彦
第138回 日本獣医学会 学術集会 2004年09月 
マウスの肺と骨髄で認められたエオジン好性の針状結晶
仁尾 純子、今野 明弘、橋本 善春、大橋 眞、昆 泰寛、岩永 敏彦
第137回 日本獣医学会 学術集会 2004年04月 
内在性レクチンのひとつ、Ym蛋白を発現する細胞の同定
仁尾 純子、岩永 敏彦
第48回 日本解剖学会 東北・北海道連合支部学術集会 2002年09月 
ウサギ膝関節の滑膜における三次元細胞構築と関節炎に伴う形態変化
仁尾 純子、岩永 敏彦
第133回 日本獣医学会 学術集会 2002年03月 

受賞

2016年03月
日本解剖学会 平成27年度日本解剖学会奨励賞 ガラクトース認識レクチン、ガレクチンの発現プロファイルと予想される役割 
2016年03月
北海道大学 大学院医学研究科 第35回 高桑榮松奨学基金奨励賞 
2012年07月
Society for Reproduction and Rertility ポスター賞2位 Differential regulation of galectins in the human corpus luteum by human chorionic gonadotropin and prostaglandin E2 - Implication of a galectin switch via alpha2,6-sialylation of glycoconjugates 
2004年09月
日本獣医解剖学会 日本獣医解剖学会学術奨励賞 マウスの消化管に発現するガレクチン 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2016年03月
日本解剖学会 平成27年度日本解剖学会奨励賞 ガラクトース認識レクチン、ガレクチンの発現プロファイルと予想される役割 
2016年03月
北海道大学 大学院医学研究科 第35回 高桑榮松奨学基金奨励賞 
2012年07月
Society for Reproduction and Rertility ポスター賞2位 Differential regulation of galectins in the human corpus luteum by human chorionic gonadotropin and prostaglandin E2 - Implication of a galectin switch via alpha2,6-sialylation of glycoconjugates 
2004年09月
日本獣医解剖学会 日本獣医解剖学会学術奨励賞 マウスの消化管に発現するガレクチン 

競争的資金等の研究課題

着床メカニズムにおけるガレクチンとリガンド複合糖質の役割
日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間 : 2017年04月 - 2020年03月 代表者 : 小林 純子
喫煙が着床メカニズムに与える影響~糖鎖とレクチンの作用に注目して
公益財団法人 喫煙科学財団:平成29年度 若手研究
研究期間 : 2017年04月 - 2020年03月 代表者 : 小林 純子
Revealing the role of galectin-3 in demyelination and remyelination
メドトロニックソファモアダネック株式会社:External Research Institute
研究期間 : 2017年04月 - 2018年01月 代表者 : 小林 純子
短鎖脂肪酸による炎症緩和メカニズムにおけるガラクトース結合レクチン、ガレクチンの役割
(公財)健康科学財団:平成27年度研究助成
研究期間 : 2016年04月 - 2017年03月 代表者 : 小林 純子
黄体の機能制御における糖脂質とガレクチンの役割
日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間 : 2014年04月 - 2017年03月 代表者 : 小林 純子
ヒト黄体の機能制御メカニズムにおける糖脂質の役割
公益財団法人 第一三共生命科学研究振興財団:海外共同研究助成
研究期間 : 2015年07月 - 2016年03月 代表者 : 小林 純子
ヒト黄体の機能制御に重要なalpha2,6シアル酸含有タンパクの同定
北海道大学 :公募型プロジェクト研究等支援事業 若手研究者自立支援
研究期間 : 2014年07月 - 2015年03月 代表者 : 小林 純子
栄養状態が脂肪滴膜タンパク、PAT proteinsの発現に与える影響
公益財団法人 秋山記念生命科学振興財団:奨励研究助成
研究期間 : 2014年07月 - 2015年03月 代表者 : 小林 純子
ガングリオシドとガレクチンスイッチが黄体機能調節分子のシグナル伝達に与える影響
公益財団法人 サントリー生命科学財団:平成24年度SUNBOR GRANT
研究期間 : 2012年12月 - 2015年03月 代表者 : 小林 純子
雌性生殖器の恒常性維持と粘膜免疫におけるガレクチンの役割
日本学術振興会:科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間 : 2009年04月 - 2011年03月 代表者 : 小林 純子
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
着床メカニズムにおけるガレクチンとリガンド複合糖質の役割
日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間 : 2017年04月 - 2020年03月 代表者 : 小林 純子
喫煙が着床メカニズムに与える影響~糖鎖とレクチンの作用に注目して
公益財団法人 喫煙科学財団:平成29年度 若手研究
研究期間 : 2017年04月 - 2020年03月 代表者 : 小林 純子
Revealing the role of galectin-3 in demyelination and remyelination
メドトロニックソファモアダネック株式会社:External Research Institute
研究期間 : 2017年04月 - 2018年01月 代表者 : 小林 純子
短鎖脂肪酸による炎症緩和メカニズムにおけるガラクトース結合レクチン、ガレクチンの役割
(公財)健康科学財団:平成27年度研究助成
研究期間 : 2016年04月 - 2017年03月 代表者 : 小林 純子
黄体の機能制御における糖脂質とガレクチンの役割
日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間 : 2014年04月 - 2017年03月 代表者 : 小林 純子
ヒト黄体の機能制御メカニズムにおける糖脂質の役割
公益財団法人 第一三共生命科学研究振興財団:海外共同研究助成
研究期間 : 2015年07月 - 2016年03月 代表者 : 小林 純子
ヒト黄体の機能制御に重要なalpha2,6シアル酸含有タンパクの同定
北海道大学 :公募型プロジェクト研究等支援事業 若手研究者自立支援
研究期間 : 2014年07月 - 2015年03月 代表者 : 小林 純子
栄養状態が脂肪滴膜タンパク、PAT proteinsの発現に与える影響
公益財団法人 秋山記念生命科学振興財団:奨励研究助成
研究期間 : 2014年07月 - 2015年03月 代表者 : 小林 純子
ガングリオシドとガレクチンスイッチが黄体機能調節分子のシグナル伝達に与える影響
公益財団法人 サントリー生命科学財団:平成24年度SUNBOR GRANT
研究期間 : 2012年12月 - 2015年03月 代表者 : 小林 純子
雌性生殖器の恒常性維持と粘膜免疫におけるガレクチンの役割
日本学術振興会:科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間 : 2009年04月 - 2011年03月 代表者 : 小林 純子
ガレクチンによるステロイドホルモン活性および免疫バランス調節機構の解明
日本学術振興会:科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間 : 2007年04月 - 2009年03月 代表者 : 小林 純子
糖鎖認識蛋白を発現する細胞の同定と病態における役割
日本学術振興会:特別研究員奨励費
研究期間 : 2005年04月 - 2007年03月 代表者 : 仁尾純子

教育活動

主要な担当授業

医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージングPreparation of tissue sections, staining principle, immunohistochemistry, in situ hybridization method, electron microscopy, production of antibodies, imaging
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法、レクチン、CaイメージングHistochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization, lectin histochemistry, Ca imaging of live cells
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞小器官、膜の構造と特性、核の構造と細胞分裂、上皮組織、結合組織、細胞外マトリックス、血球cell membrane, cell organella, epithelium, connective tissues, extracellular matrix, blood
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 免疫組織化学、in situ hybridization法, 電顕観察Immunohistochemistry, in situ hybridization, electron microscopy
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード :  組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード :  組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージングPreparation of tissue sections, staining principle, immunohistochemistry, in situ hybridization method, electron microscopy, production of antibodies, imaging
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法、レクチン、CaイメージングHistochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization, lectin histochemistry, Ca imaging of live cells
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞小器官、膜の構造と特性、核の構造と細胞分裂、上皮組織、結合組織、細胞外マトリックス、血球cell membrane, cell organella, epithelium, connective tissues, extracellular matrix, blood
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 免疫組織化学、in situ hybridization法, 電顕観察Immunohistochemistry, in situ hybridization, electron microscopy
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード :  組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード :  組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
専門基礎医学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
専門基礎医学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 顕微解剖学、細胞学、形態
組織学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
解剖学(組織学)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 顕微解剖学、細胞学、形態
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージング
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法、レクチン、CaイメージングHistochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization, lectin histochemistry, Ca imaging of live cells
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : Structure and function, cell membrane, cell organella, epithelium, connective tissues, cartilage, bone
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : Immunohistochemistry, in situ hybridization, electron mcroscopy
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
専門基礎医学Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
組織学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
組織学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
解剖学(組織学)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 顕微解剖学、細胞学、形態
解剖学(組織学)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージング
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法、レクチン、Caイメージング
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
専門基礎医学Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
組織学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
組織学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
解剖学(組織学)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
解剖学(組織学)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部

ページトップへ