山本 有平ヤマモト ユウヘイresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  専門医学系部門機能再生医学分野
北海道大学病院
職名教授 
学位
博士(医学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号

研究キーワード

形成外科

研究分野

外科系臨床医学 / 外科学一般
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
外科系臨床医学 / 外科学一般

学歴

-
1984年
北海道大学 医学部 医学
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
1984年
北海道大学 医学部 医学

所属学協会

日本マイクロサージャリー学会
日本形成外科学会
国際マイクロサ-ジャリ-学会
米国形成再建外科学会
日本頭頚部腫瘍学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本マイクロサージャリー学会
日本形成外科学会
国際マイクロサ-ジャリ-学会
米国形成再建外科学会
日本頭頚部腫瘍学会

研究活動

論文

Long-Term Changes in Bone Height After Mandibular Reconstruction Using a Free Fibula Graft in an Elderly Population.
Ishikawa K, Yamamoto Y, Furukawa H, Ohiro Y, Satoh A, Hayashi T
Journal of oral and maxillofacial surgery : official journal of the American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 75(12) 2682-2688 2017年12月
Transarterial Embolization and Transmucosal Sclerotherapy That Led to Successful Deliveries in a Patient With Symptomatic Arteriovenous Malformation of the Tongue.
Fujita M, Yamamoto Y, Sasaki S, Oyama A, Funayama E, Furukawa H
The Journal of craniofacial surgery 28(7) e675-e678 2017年10月
Transition-metal-catalyzed divergent functionalization of [60]fullerene with propargylic esters.
Yamada M, Ochi R, Yamamoto Y, Okada S, Maeda Y
Organic & biomolecular chemistry 15(40) 8499-8503 2017年10月
Factors that Affected Functional Outcome After a Delayed Excision and Split-Thickness Skin Graft on the Dorsal Side of Burned Hands.
Shichinohe R, Yamamoto Y, Kawashima K, Kimura C, Ono K, Horiuchi K, Yoshida T, Murao N, Hayashi T, Funayama E, Oyama A, Furukawa H
Journal of burn care & research : official publication of the American Burn Association 38(5) e851-e858 2017年09月
Lymphatic Reconnection and Restoration of Lymphatic Flow by Nonvascularized Lymph Node Transplantation: Real-Time Fluorescence Imaging Using Indocyanine Green and Fluorescein Isothiocyanate-Dextran.
Maeda T, Yamamoto Y, Iwasaki D, Hayashi T, Funayama E, Oyama A, Murao N, Furukawa H
Lymphatic research and biology 2017年09月
Dominant lymph drainage patterns in the occipital and parietal regions: evaluation of lymph nodes in patients with skin cancer of the head.
Maeda T, Yamamoto Y, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Murao N, Hayashi T
International journal of clinical oncology 22(4) 774-779 2017年08月
Review and proposal of regional surgical management for melanoma: revisiting of integumentectomy and incontinuity dissection in treatment of skin melanoma.
Hayashi T, Furukawa H, Kitamura T, Shichinohe R, Murao N, Oyama A, Funayama E, Maeda T, Yamamoto Y
International journal of clinical oncology 22(3) 569-576 2017年06月
Full-Thickness Entire Nasal Alar Reconstruction Using a Forehead Flap in Asians: No Cartilaginous Infrastructural Lining Is Necessary.
Funayama E, Yamamoto Y, Furukawa H, Murao N, Shichinohe R, Yamao T, Hayashi T, Oyama A
The Journal of craniofacial surgery 28(3) 734-737 2017年05月
Gene and protein expression of a soluble form of CTLA-4 in a healthy dog.
Tagawa M, Yamamoto Y, Shimbo G, Iguchi A, Xuan X, Tomihari M, Miyahara K
The Journal of veterinary medical science 79(5) 871-875 2017年05月
Establishment of an Acquired Lymphedema Model in the Mouse Hindlimb: Technical Refinement and Molecular Characteristics.
Iwasaki D, Yamamoto Y, Murao N, Oyama A, Funayama E, Furukawa H
Plastic and reconstructive surgery 139(1) 67e-78e 2017年01月
論文を全て表示する
論文閉じる
Long-Term Changes in Bone Height After Mandibular Reconstruction Using a Free Fibula Graft in an Elderly Population.
Ishikawa K, Yamamoto Y, Furukawa H, Ohiro Y, Satoh A, Hayashi T
Journal of oral and maxillofacial surgery : official journal of the American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 75(12) 2682-2688 2017年12月
Transarterial Embolization and Transmucosal Sclerotherapy That Led to Successful Deliveries in a Patient With Symptomatic Arteriovenous Malformation of the Tongue.
Fujita M, Yamamoto Y, Sasaki S, Oyama A, Funayama E, Furukawa H
The Journal of craniofacial surgery 28(7) e675-e678 2017年10月
Transition-metal-catalyzed divergent functionalization of [60]fullerene with propargylic esters.
Yamada M, Ochi R, Yamamoto Y, Okada S, Maeda Y
Organic & biomolecular chemistry 15(40) 8499-8503 2017年10月
Factors that Affected Functional Outcome After a Delayed Excision and Split-Thickness Skin Graft on the Dorsal Side of Burned Hands.
Shichinohe R, Yamamoto Y, Kawashima K, Kimura C, Ono K, Horiuchi K, Yoshida T, Murao N, Hayashi T, Funayama E, Oyama A, Furukawa H
Journal of burn care & research : official publication of the American Burn Association 38(5) e851-e858 2017年09月
Lymphatic Reconnection and Restoration of Lymphatic Flow by Nonvascularized Lymph Node Transplantation: Real-Time Fluorescence Imaging Using Indocyanine Green and Fluorescein Isothiocyanate-Dextran.
Maeda T, Yamamoto Y, Iwasaki D, Hayashi T, Funayama E, Oyama A, Murao N, Furukawa H
Lymphatic research and biology 2017年09月
Dominant lymph drainage patterns in the occipital and parietal regions: evaluation of lymph nodes in patients with skin cancer of the head.
Maeda T, Yamamoto Y, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Murao N, Hayashi T
International journal of clinical oncology 22(4) 774-779 2017年08月
Review and proposal of regional surgical management for melanoma: revisiting of integumentectomy and incontinuity dissection in treatment of skin melanoma.
Hayashi T, Furukawa H, Kitamura T, Shichinohe R, Murao N, Oyama A, Funayama E, Maeda T, Yamamoto Y
International journal of clinical oncology 22(3) 569-576 2017年06月
Full-Thickness Entire Nasal Alar Reconstruction Using a Forehead Flap in Asians: No Cartilaginous Infrastructural Lining Is Necessary.
Funayama E, Yamamoto Y, Furukawa H, Murao N, Shichinohe R, Yamao T, Hayashi T, Oyama A
The Journal of craniofacial surgery 28(3) 734-737 2017年05月
Gene and protein expression of a soluble form of CTLA-4 in a healthy dog.
Tagawa M, Yamamoto Y, Shimbo G, Iguchi A, Xuan X, Tomihari M, Miyahara K
The Journal of veterinary medical science 79(5) 871-875 2017年05月
Establishment of an Acquired Lymphedema Model in the Mouse Hindlimb: Technical Refinement and Molecular Characteristics.
Iwasaki D, Yamamoto Y, Murao N, Oyama A, Funayama E, Furukawa H
Plastic and reconstructive surgery 139(1) 67e-78e 2017年01月

書籍

General Concept of Skin Flaps (Co-author)
Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery Editors; Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu Springer, Tokyo 2003年
Rectus Abdominis Myocutaneous Flap (Co-author)
Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery Editors; Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu Springer, Tokyo 2003年
Prefabricated Flap (Muscle Vascularized Pedicle Flap and Others) (Co-author)
Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery Editors; Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu Springer, Tokyo 2003年
Reconstruction of the Oral Cavity and Esophagus
Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery Editors; Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu Springer, Tokyo 2003年
Breast Reconstruction (Co-author)
Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery Editors; Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu Springer, Tokyo 2003年
Use of the "supercharge" technique in esophageal and pharyngeal reconstruction to augment microvascular bllod flow (Co-author)
Surgery 2003年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
General Concept of Skin Flaps (Co-author)
Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery Editors; Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu Springer, Tokyo 2003年
Rectus Abdominis Myocutaneous Flap (Co-author)
Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery Editors; Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu Springer, Tokyo 2003年
Prefabricated Flap (Muscle Vascularized Pedicle Flap and Others) (Co-author)
Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery Editors; Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu Springer, Tokyo 2003年
Reconstruction of the Oral Cavity and Esophagus
Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery Editors; Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu Springer, Tokyo 2003年
Breast Reconstruction (Co-author)
Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery Editors; Susumu Tamai (Chief), Masamichi Usui, Takae Yoshizu Springer, Tokyo 2003年
Use of the "supercharge" technique in esophageal and pharyngeal reconstruction to augment microvascular bllod flow (Co-author)
Surgery 2003年

作品等

悪性黒色腫におけるゲルソリン短縮体の発現
2001年 
放射線照射による血管内皮細胞の変化
1997年 
レーザー画像血流計の開発
1993年 
作品等を全て表示する
作品等閉じる
悪性黒色腫におけるゲルソリン短縮体の発現
2001年 
放射線照射による血管内皮細胞の変化
1997年 
レーザー画像血流計の開発
1993年 

受賞

2000年
日本形成外科学会臨床研究部門学術奨励賞 
1997年
American association for Pediatric Plastic Surgeons Poster Award 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2000年
日本形成外科学会臨床研究部門学術奨励賞 
1997年
American association for Pediatric Plastic Surgeons Poster Award 

競争的資金等の研究課題

生体脈管組織の機能に関する研究
機能的及び整容的再建外科における研究
皮膚悪性腫瘍に関する基礎的臨床的研究
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
生体脈管組織の機能に関する研究
機能的及び整容的再建外科における研究
皮膚悪性腫瘍に関する基礎的臨床的研究

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
形成外科学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
形成外科学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
選択実習Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
選択実習Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
形成外科学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究法Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
選択実習Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
選択実習Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
形成外科学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究法Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床医教育、医療技術指導、研修医、教育技術
選択実習Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
選択実習Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部

社会貢献

委員歴

1994年
日本マイクロサージャリー学会 評議員
1999年
日本形成外科学会 評議員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
1994年
日本マイクロサージャリー学会 評議員
1999年
日本形成外科学会 評議員

ページトップへ