榎木 亮介エノキ リヨウスケresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
電子科学研究所 生命科学研究部門
職名准教授 
学位
博士(生命科学)
メールアドレスenokipop.med.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttp://www.enokiryosuke.com/
科研費研究者番号
  • 光イメージング法を用いて、神経細胞、シナプス、神経回路網の活動を可視化する研究を行っています。海馬、網膜研究を経て、現在は概日リズム中枢の視交叉上核の神経回路網の可視化解析を行っています。
    最近の活動や業績などは下記のページで随時更新中
    http://www.enokiryosuke.com/

研究キーワード

発光イメージング, 時計遺伝子, 視交叉上核, 海馬, 蛍光タンパク質プローブ, 2光子イメージング, シナプス, 樹状突起, 神経回路, 光イメージング, 包括脳ネットワーク

研究分野

基礎医学 / 生理学一般
基礎医学 / 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)
神経科学 / 神経科学一般
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / 生理学一般
基礎医学 / 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)
神経科学 / 神経科学一般

職歴

2008年
-
現在
北海道大学 医学研究院 連携研究センター 光バイオイメージング分野(助教)
2013年10月
-
2017年03月
JSTさきがけ(研究員(兼任))
2005年
-
2008年
ダルハウジー大学医学部(博士研究員)
2003年
-
2005年
英国国立医学研究所 神経生理学部門(博士研究員)
2002年
-
2003年
慶應義塾大学医学部 生理学教室(助手)
1998年
-
2002年
東京薬科大学大学院 生命科学研究科 (博士課程短期取得終了)
1994年
-
1998年
東京薬科大学 生命科学部
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2008年
-
現在
北海道大学 医学研究院 連携研究センター 光バイオイメージング分野(助教)
2013年10月
-
2017年03月
JSTさきがけ(研究員(兼任))
2005年
-
2008年
ダルハウジー大学医学部(博士研究員)
2003年
-
2005年
英国国立医学研究所 神経生理学部門(博士研究員)
2002年
-
2003年
慶應義塾大学医学部 生理学教室(助手)
1998年
-
2002年
東京薬科大学大学院 生命科学研究科 (博士課程短期取得終了)
1994年
-
1998年
東京薬科大学 生命科学部

所属学協会

日本時間生物学会
北米神経科学学会
日本生理学会
日本神経科学学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本時間生物学会
北米神経科学学会
日本生理学会
日本神経科学学会

研究活動

論文

Cell competition with normal epithelial cells promotes apical extrusion of transformed cells through metabolic changes.
Kon S, Ishibashi K, Katoh H, Kitamoto S, Shirai T, Tanaka S, Kajita M, Ishikawa S, Yamauchi H, Yako Y, Kamasaki T, Matsumoto T, Watanabe H, Egami R, Sasaki A, Nishikawa A, Kameda I, Maruyama T, Narumi R, Morita T, Sasaki Y, Enoki R, Honma S, Imamura H, Oshima M, Soga T, Miyazaki JI, Duchen MR, Nam JM, Onodera Y, Yoshioka S, Kikuta J, Ishii M, Imajo M, Nishida E, Fujioka Y, Ohba Y, Sato T, Fujita Y
Nature cell biology 19(5) 530-541 2017年05月
Dissociation of Per1 and Bmal1 circadian rhythms in the suprachiasmatic nucleus in parallel with behavioral outputs.
Ono D, Honma S, Nakajima Y, Kuroda S, Enoki R, Honma KI
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 114(18) E3699-E3708 2017年05月
Synchronous circadian voltage rhythms with asynchronous calcium rhythms in the suprachiasmatic nucleus.
Enoki R, Oda Y, Mieda M, Ono D, Honma S, Honma KI
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 2017年03月
Dual origins of the intracellular circadian calcium rhythm in the suprachiasmatic nucleus.
Enoki R, Ono D, Kuroda S, Honma S, Honma KI
Scientific reports 7 41733 2017年02月
Spatiotemporal profiles of arginine vasopressin transcription in cultured suprachiasmatic nucleus.
Yoshikawa T, Nakajima Y, Yamada Y, Enoki R, Watanabe K, Yamazaki M, Sakimura K, Honma S, Honma K
The European journal of neuroscience 42(9) 2678-2689 2015年11月
Network-mediated encoding of circadian time: the suprachiasmatic nucleus (SCN) from genes to neurons to circuits, and back.
Brancaccio M, Enoki R, Mazuski CN, Jones J, Evans JA, Azzi A
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 34(46) 15192-15199 2014年11月
A method of horizontally sliced preparation of the retina.
Enoki R, Koizumi A
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) 935 201-205 2013年
Topological specificity and hierarchical network of the circadian calcium rhythm in the suprachiasmatic nucleus.
Enoki R, Kuroda S, Ono D, Hasan MT, Ueda T, Honma S, Honma K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 109(52) 21498-21503 2012年12月
Single-cell resolution fluorescence imaging of circadian rhythms detected with a Nipkow spinning disk confocal system.
Enoki R, Ono D, Hasan MT, Honma S, Honma K
Journal of neuroscience methods 207(1) 72-79 2012年05月
Expression of long-term plasticity at individual synapses in hippocampus is graded, bidirectional, and mainly presynaptic: optical quantal analysis.
Enoki R, Hu YL, Hamilton D, Fine A
Neuron 62(2) 242-253 2009年04月
論文を全て表示する
論文閉じる
Cell competition with normal epithelial cells promotes apical extrusion of transformed cells through metabolic changes.
Kon S, Ishibashi K, Katoh H, Kitamoto S, Shirai T, Tanaka S, Kajita M, Ishikawa S, Yamauchi H, Yako Y, Kamasaki T, Matsumoto T, Watanabe H, Egami R, Sasaki A, Nishikawa A, Kameda I, Maruyama T, Narumi R, Morita T, Sasaki Y, Enoki R, Honma S, Imamura H, Oshima M, Soga T, Miyazaki JI, Duchen MR, Nam JM, Onodera Y, Yoshioka S, Kikuta J, Ishii M, Imajo M, Nishida E, Fujioka Y, Ohba Y, Sato T, Fujita Y
Nature cell biology 19(5) 530-541 2017年05月
Dissociation of Per1 and Bmal1 circadian rhythms in the suprachiasmatic nucleus in parallel with behavioral outputs.
Ono D, Honma S, Nakajima Y, Kuroda S, Enoki R, Honma KI
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 114(18) E3699-E3708 2017年05月
Synchronous circadian voltage rhythms with asynchronous calcium rhythms in the suprachiasmatic nucleus.
Enoki R, Oda Y, Mieda M, Ono D, Honma S, Honma KI
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 2017年03月
Dual origins of the intracellular circadian calcium rhythm in the suprachiasmatic nucleus.
Enoki R, Ono D, Kuroda S, Honma S, Honma KI
Scientific reports 7 41733 2017年02月
Spatiotemporal profiles of arginine vasopressin transcription in cultured suprachiasmatic nucleus.
Yoshikawa T, Nakajima Y, Yamada Y, Enoki R, Watanabe K, Yamazaki M, Sakimura K, Honma S, Honma K
The European journal of neuroscience 42(9) 2678-2689 2015年11月
Network-mediated encoding of circadian time: the suprachiasmatic nucleus (SCN) from genes to neurons to circuits, and back.
Brancaccio M, Enoki R, Mazuski CN, Jones J, Evans JA, Azzi A
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 34(46) 15192-15199 2014年11月
A method of horizontally sliced preparation of the retina.
Enoki R, Koizumi A
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) 935 201-205 2013年
Topological specificity and hierarchical network of the circadian calcium rhythm in the suprachiasmatic nucleus.
Enoki R, Kuroda S, Ono D, Hasan MT, Ueda T, Honma S, Honma K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 109(52) 21498-21503 2012年12月
Single-cell resolution fluorescence imaging of circadian rhythms detected with a Nipkow spinning disk confocal system.
Enoki R, Ono D, Hasan MT, Honma S, Honma K
Journal of neuroscience methods 207(1) 72-79 2012年05月
Expression of long-term plasticity at individual synapses in hippocampus is graded, bidirectional, and mainly presynaptic: optical quantal analysis.
Enoki R, Hu YL, Hamilton D, Fine A
Neuron 62(2) 242-253 2009年04月
Spatiotemporal recapitulation of central nervous system development by murine embryonic stem cell-derived neural stem/progenitor cells.
Okada Y, Matsumoto A, Shimazaki T, Enoki R, Koizumi A, Ishii S, Itoyama Y, Sobue G, Okano H
Stem cells (Dayton, Ohio) 26(12) 3086-3098 2008年12月
Horizontal slice preparation of the retina.
Enoki R, Jakobs TC, Koizumi A
Journal of visualized experiments : JoVE (1) 108 2006年11月
Multiple spatiotemporal patterns of dendritic Ca2+ signals in goldfish retinal amacrine cells.
Azuma T*, Enoki R*, Iwamuro K, Kaneko A, Koizumi A. (*equal contribution)
Brain research 1023(1) 64-73 2004年10月
NMDA receptor-mediated depolarizing after-potentials in the basal dendrites of CA1 pyramidal neurons.
Enoki R, Kiuchi T, Koizumi A, Sasaki G, Kudo Y, Miyakawa H
Neuroscience research 48(3) 325-333 2004年03月
Optical detection of dendritic spike initiation in hippocampal CA1 pyramidal neurons.
Kasuga A, Enoki R, Hashimoto Y, Akiyama H, Kawamura Y, Inoue M, Kudo Y, Miyakawa H
Neuroscience 118 899-907 2003年
Optical monitoring of synaptic summation along the dendrites of CA1 pyramidal neurons.
Enoki R, Namiki M, Kudo Y, Miyakawa H
Neuroscience 113 1003-1014 2002年
GABAergic control of synaptic summation in hippocampal CA1 pyramidal neurons.
Enoki R, Inoue M, Hashimoto Y, Kudo Y, Miyakawa H
Hippocampus 11 683-689 2001年

講演・口頭発表等

Multi-color Imaging of Circadian Rhythms
in Mammalian Master Clock
榎木亮介
复旦大学光华青年学者论坛 2017年12月 
視交叉上核ネットワークで同期した概日膜電位リズム
榎木亮介、織田善晃、三枝理博、小野大輔、本間さと、本間研一
第23回時間生物学会、名古屋大学 2016年11月 
Asynchronous Ca2+ rhythms produce synchronous voltage rhythms in the suprachiasmatic nucleus
Ryosuke Enoki, Yoshiaki Oda, Michihiro Mieda, Daisuke Ono, Sato Honma, Ken-ichi Honma
Sapporo Symposium on Biological Rhythm in 2016 2016年11月 
生物時計中枢における
細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
第3回さきがけ研究成果報告会、東京大学 2016年11月 
マイクロパターン基板を用いた視交叉上核単一ニューロンの長期カルシウム蛍光イメージング
平田快洋, 繁富(栗林)香織, 本間研一, 本間さと, 榎木亮介
バイオフロンティア講演会、北海道大学、札幌 2016年10月 
概日時計を創る:1細胞計測と操作による細胞ネットワークの再構築
榎木亮介
特設分野研究研究代表者交流会、四谷、東京 2016年09月 
生物時計中枢における
細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
さきがけ自主研究会、花巻、岩手県 2016年08月 
生命現象を可視化する

〜光イメージングによる概日リズム
中枢回路の作動原理の探求〜
榎木亮介
北海道大学小児科集談会、北海道大学、札幌 2016年08月 
視交叉上核神経ネットワークの高速カルシウムイメージング
織田善晃、榎木亮介、本間研一、本間さと
第39回日本神経科学学会、横浜 2016年07月 
生物時計中枢における
細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
第9回さきがけ領域会議、福岡 ザ・ルイガンズ、福岡 2016年06月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
Multi-color Imaging of Circadian Rhythms
in Mammalian Master Clock
榎木亮介
复旦大学光华青年学者论坛 2017年12月 
視交叉上核ネットワークで同期した概日膜電位リズム
榎木亮介、織田善晃、三枝理博、小野大輔、本間さと、本間研一
第23回時間生物学会、名古屋大学 2016年11月 
Asynchronous Ca2+ rhythms produce synchronous voltage rhythms in the suprachiasmatic nucleus
Ryosuke Enoki, Yoshiaki Oda, Michihiro Mieda, Daisuke Ono, Sato Honma, Ken-ichi Honma
Sapporo Symposium on Biological Rhythm in 2016 2016年11月 
生物時計中枢における
細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
第3回さきがけ研究成果報告会、東京大学 2016年11月 
マイクロパターン基板を用いた視交叉上核単一ニューロンの長期カルシウム蛍光イメージング
平田快洋, 繁富(栗林)香織, 本間研一, 本間さと, 榎木亮介
バイオフロンティア講演会、北海道大学、札幌 2016年10月 
概日時計を創る:1細胞計測と操作による細胞ネットワークの再構築
榎木亮介
特設分野研究研究代表者交流会、四谷、東京 2016年09月 
生物時計中枢における
細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
さきがけ自主研究会、花巻、岩手県 2016年08月 
生命現象を可視化する

〜光イメージングによる概日リズム
中枢回路の作動原理の探求〜
榎木亮介
北海道大学小児科集談会、北海道大学、札幌 2016年08月 
視交叉上核神経ネットワークの高速カルシウムイメージング
織田善晃、榎木亮介、本間研一、本間さと
第39回日本神経科学学会、横浜 2016年07月 
生物時計中枢における
細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
第9回さきがけ領域会議、福岡 ザ・ルイガンズ、福岡 2016年06月 
多機能同時計測による視交叉上核の細胞内機能カップリング機構の解明
榎木亮介、小野大輔、本間さと、本間研一
第93回日本生理学会大会、札幌コンベンションセンター、札幌 2016年03月 
概日リズム中枢の多機能同時解析
榎木亮介
時間医学講座開講10周年記念記念会/シンポジウム, 京王プラザホテル, 札幌 2016年03月 
概日リズム中枢細胞ネットワークの
多機能イメージング解析
榎木亮介
脳神経機能学のフロンティア、東京薬科大学、東京 2016年03月 
生物時計中枢における
細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
さきがけ自主研究会、三重県 2016年02月 
概日リズム中枢神経ネットワークの多機能イメージング解析
榎木亮介
異分野融合ワークショップ, 奈良先端大学 2015年12月 
生物時計中枢における
細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
第8回さきがけ領域会議、八芳園、東京 2015年11月 
生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
第2回さきがけ研究成果報告会、東京大学 2015年11月 
複数機能同時計測による視交叉上核の細胞内機能カップリング機構の解析
榎木亮介
第22回時間生物学会、東京大学 2015年11月 
3度目の正直
〜失敗例から学ぶ戦略的研究費獲得法〜
榎木亮介
時間生物学トレーニングコース、東京大学 2015年11月 
概日時計を創る:1細胞計測と操作による細胞ネットワークの再構築
榎木亮介
特設分野研究研究代表者交流会、四谷、東京 2015年09月 
Multifunctional imaging of circadian rhythms in the suprachiasmatic nucleus
Asia Chronobiology Forum, Sapporo 2015年09月 
Multicolor imaging of circadian rhythms in the suprachiasmatic nucleus
榎木亮介
European Biological Rhythms Society (EBRS)/World Congress of Chronobiology (WCC) meeting, Manchester, UK 2015年08月 
生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
第7回さきがけ領域会議, IBM天城ホームステッド, 伊豆 2015年07月 
生命現象を可視化する〜光イメージングによる概日リズム中枢回路の作動原理の探求〜
榎木亮介
GEヘルスケア・ジャパン はじめてのライフサイエンス基礎講座, 札幌 2015年06月 
概日リズム中枢神経回路の多機能・高解像イメージング解析
榎木亮介
第10回環境生理学プレコングレス, 北海道大学, 札幌 2015年03月 
生物時計中枢における
細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
第6回さきがけ領域会議, ルスツ, 北海道 2015年02月 
Multi-functional analysis of circadian rhythms in the mammalian master clock
榎木亮介、小野大輔、三枝理博、本間さと、本間研一
細胞機能と分子活性の多次元蛍光生体イメージング、京都国際会館、京都 2015年01月 
概日カルシウムリズムの 制御機構と機能的役割
榎木亮介
第4回視交叉上核アリーナ, 北海道大学医学部, 札幌 2015年01月 
概日リズム中枢の大規模イメージング解析
榎木亮介
生理学会地方会総会, 北海道大学, 札幌 2014年12月 
生体のリズムを観る〜生物時計中枢神経回路の画像解析〜
榎木亮介
未来創薬・医療イノベーションセミナー, 北海道大学, 札幌 2014年11月 
生物時計中枢における
細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
さきがけ研究成果報告会、東京大学 2014年11月 
Single-cell resolution fluorescence imaging of functional neuronal networks in the circadian master clock
榎木亮介
Society for Neuroscience 2014 Mini-Symposium, Washington DC 2014年11月 
時を刻む脳~概日リズム中枢の光イメージング解析~
榎木亮介
第三回ニューロフォトニクス研究会, 北海道大学, 札幌 2014年11月 
Imaging Circadian Calcium Rhythm in the SCN
榎木亮介
第68回藤原セミナー「Homeodynamics in Clocks, Sleep and Metabolism」, IBM天城ホームステッド, 伊豆 2014年09月 
概日リズム中枢神経回路の可視化解析
榎木亮介
蛍光イメージングミニシンポジウム, 北海道大学ニコンイメージングセンター, 札幌 2014年09月 
Large-scale, high-resolution fluorescence imaging of circadian rhythm in the master circadian clock
榎木亮介
Joint Annual Meeting of the Japanese Society for Mathematical Biology (JSMB) and the Society for Mathematical Biology (SMB), 大阪府立国際会議場, 大阪 2014年08月 
生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
第5回さきがけ領域会議, IBM天城ホームステッド, 伊豆 2014年05月 
生物時計中枢における
細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
さきがけ自主研究会、ニセコ、北海道 2014年03月 
生物時計中枢の大規模イメージング解析
榎木亮介
第91回日本生理学学会大会, 奨励賞受賞講演, 鹿児島大学, 鹿児島 2014年03月 
概日リズム中枢細胞ネットワークのイメージング解析
榎木亮介
環境生理学プレコングレス, 久野賞受賞講演, レインボー桜島, 鹿児島 2014年03月 
時を刻む脳〜概日リズム中枢の可視化解析〜
榎木亮介
北大若手研究者交流会, 北海道大学, 札幌 2014年01月 
視交叉上核ネットワークの多機能イメージング解析
榎木亮介
第二回視交叉上核アリーナ, 北海道大学, 札幌 2014年01月 
生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
第4回さきがけ領域会議、沖縄、OIST 2013年11月 
Large-scale imaging of circadian calcium rhythm in the suprachiasmatic nucleus
榎木亮介
Society For Neuroscience 2013 Nanosymposium 「Role of Rhythmic Calcium Signaling in SCN Circadian Pacemaker Function」, SanDiego, USA 2013年11月 
Large-scale, high-resolution imaging of circadian calcium rhythm in the mammalian master clock
榎木亮介
Optogenetics 2013, 慶應義塾大学三田, 東京 2013年09月 
“光”で探る生物時計中枢細胞ネットワークの作動原理
榎木亮介
生物リズム若手研究者の集い2013, 河口湖 2013年08月 
生物時計中枢細胞ネットワークの計測・制御と再構成
榎木亮介
視交叉上核アリーナ(北海道大学) 2013年08月 
Topological specificity and hierarchical network of the circadian calcium rhythm in the SCN neuronal network
榎木亮介
Gordon Research Conference, Salve Regina University, USA 2013年07月 
視交叉上核神経回路網の大規模カルシウムイメージング解析
榎木亮介
第36回日本神経科学大会(Neuro2013), 京都 2013年06月 
共焦点・多光子イメージング概論
榎木亮介
2013イメージングブートキャンプ、北海道大学 2013年06月 
生物時計の多機能イメージング解析
榎木亮介
2013イメージングブートキャンプ、北海道大学 2013年06月 
Large-scale, high-resolution calcium imaging of circadian rhythm in the mammalian master clock
Enoki Ryosuke
Kick-off Symposium ‘Let's start collaboration’ Hokkaido University Graduate School of Medicine & Dokuz Eylül University 2013年05月 
生物時計の多機能イメージング解析
榎木亮介
新学術領域「蛍光生体イメージ」班会議、大阪 2013年05月 
Large-scale calcium imaging of circadian rhythm in the neuronal network
榎木亮介
15th WPI-IIIS Seminar、Tsukuba University 2013年04月 
振動ネットワークをみる:視交叉上核の網羅的カルシウムイメージング
榎木亮介
第90回日本生理学会大会、船堀、東京 2013年03月 
概日リズム中枢を司る神経ネットワークの大規模イメージング解析
榎木亮介、黒田茂、小野大輔、Mazahir Hasan、上田哲男、本間さと、本間研一
先端的光イメージング拠点形成プログラムクロージングシンポジウム、北海道大学 2013年03月 
Large-scale time-lapse imagings of circadian calcium rhythm in the suprachiasmatic nucleus
榎木亮介
第10回未来創薬・医療イノベーション拠点形成 国際シンポジウム、北海道大学 2012年10月 
Large-scale calcium imaging of circadian rhythm in neuronal network of the suprachiasmatic nucleus
Ryosuke Enoki, Shigeru Kuroda, Daisuke Ono, Mazahir T. Hasan, Tetsuo Ueda, Sato Honma, and Ken-ichi Honma
4th International Symposium on Photonic Bioimaging, Hokkaido University 2012年09月 
概日カルシウムリズムの大規模イメージング解析
榎木亮介、黒田茂、小野大輔、Hasan Mazahir、上田哲男、本間さと、本間研一
第19回日本時間生物学会学術大会、北海道大学 2012年09月 
概日リズム中枢を司る神経細胞ネットワークの大規模イメージング解析
榎木亮介
第四回 光塾、北海道大学 2012年08月 
タイムラプス共焦点システムを用いた概日カルシウムリズムの時空間解析
榎木亮介、黒田茂、小野大輔、Hasan Mazahir、上田哲男、本間さと、本間研一
第89回日本生理学会大会、信州大学 2012年03月 
Topological characterization of the circadian calcium rhythm in the suprachiasmatic nucleus
Enoki Ryosuke
Frontier in Behavioral Brain Science、東京 2012年03月 
概日時計を司る神経回路網の大規模イメージング解析
榎木亮介
北海道大学 第14回未来創薬・医療イノベーションセミナー 2012年01月 
共焦点タイムラプス測定による概日リズム解析
榎木亮介
日本時間生物学会学術集会 2011年11月 
新規光計測法による概日リズム解析
榎木亮介
北海道大学連携連携研究センターシンポジウム 2011年11月 
Time-lapse fluorescent confocal imaging of circadian rhythm in the suprachiasmatic nucleus circuits
榎木亮介
光イメージング国際シンポジウム 2011年10月 
Time-lapse Confocal Imagings of Circadian Rhythm 
in Neuronal Network of the Suprachiasmatic Nucleus
榎木亮介
第九回北海道大学未来創薬イノベーション国際シンポジウム 2011年09月 
Time-lapse confocal imaging of circadian gene expression and calcium in neuronal networks of suprachiasmatic nucleus
榎木亮介
日本神経科学学会 2011年09月 
Multi-Photon Imaging of Synaptic Transmission and Plasticity in the Brain
榎木亮介
第二回光イメージング国際シンポジウム 2011年02月 

受賞

2014年03月
日本生理学会 第15回 日本生理学会奨励賞 
2014年03月
環境生理学GD 久野寧賞 
2013年03月
北海道大学大学院医学研究科 優秀論文賞 
2012年03月
日本生理学会 ポスターアワード 
2011年11月
日本時間生物学会 優秀ポスター賞 
2010年03月
北海道大学大学院医学研究科 優秀論文賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2014年03月
日本生理学会 第15回 日本生理学会奨励賞 
2014年03月
環境生理学GD 久野寧賞 
2013年03月
北海道大学大学院医学研究科 優秀論文賞 
2012年03月
日本生理学会 ポスターアワード 
2011年11月
日本時間生物学会 優秀ポスター賞 
2010年03月
北海道大学大学院医学研究科 優秀論文賞 

競争的資金等の研究課題

多機能計測と細胞機能操作による視交叉上核の光同調メカニズムの解明
:文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2017年04月 - 2020年03月 代表者 : 榎木亮介
概日時計を創る:1細胞計測と操作による細胞ネットワークの再構築
:文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B)) (特設分野研究)
研究期間 : 2015年07月 - 2018年03月 代表者 : 榎木亮介
概日時計システムの階層的自己組織化:振動細胞同期と振動体カップリング
:文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2015年04月 - 2018年03月 代表者 : 本間さと(代表)、榎木亮介(分担)
生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成
科学技術振興機構:さきがけ(細胞機能の構成的理解と制御)
研究期間 : 2013年10月 - 2017年03月 代表者 : 榎木亮介
概日リズム中枢を司る神経細胞ネットワークの作動基盤
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2013年04月 - 2016年03月 代表者 : 榎木亮介
生物時計の多機能イメージング解析
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究)
研究期間 : 2013年04月 - 2015年03月 代表者 : 榎木亮介
概日カルシウムリズムの作動基盤の解明
公益信託 成茂神経科学研究助成基金:成茂神経科学研究助成基金
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 榎木亮介
Erik D Herzog博士(ワシントン大学)招待
北海道大学院医学研究科・医学部医学科:外国人招聘助成金
研究期間 : 2014年 - 2014年 代表者 : 榎木亮介
多機能イメージングによる生物時計中枢ネットワークの作動基盤の解明
公益財団法人 秋山記念生命科学振興財団:研究助成(一般)
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 榎木亮介
概日カルシウム振動の大規模イメージング解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年04月 - 2013年03月 代表者 : 榎木亮介
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
多機能計測と細胞機能操作による視交叉上核の光同調メカニズムの解明
:文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2017年04月 - 2020年03月 代表者 : 榎木亮介
概日時計を創る:1細胞計測と操作による細胞ネットワークの再構築
:文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B)) (特設分野研究)
研究期間 : 2015年07月 - 2018年03月 代表者 : 榎木亮介
概日時計システムの階層的自己組織化:振動細胞同期と振動体カップリング
:文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2015年04月 - 2018年03月 代表者 : 本間さと(代表)、榎木亮介(分担)
生物時計中枢における細胞ネットワークの計測・制御と再構成
科学技術振興機構:さきがけ(細胞機能の構成的理解と制御)
研究期間 : 2013年10月 - 2017年03月 代表者 : 榎木亮介
概日リズム中枢を司る神経細胞ネットワークの作動基盤
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2013年04月 - 2016年03月 代表者 : 榎木亮介
生物時計の多機能イメージング解析
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究)
研究期間 : 2013年04月 - 2015年03月 代表者 : 榎木亮介
概日カルシウムリズムの作動基盤の解明
公益信託 成茂神経科学研究助成基金:成茂神経科学研究助成基金
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 榎木亮介
Erik D Herzog博士(ワシントン大学)招待
北海道大学院医学研究科・医学部医学科:外国人招聘助成金
研究期間 : 2014年 - 2014年 代表者 : 榎木亮介
多機能イメージングによる生物時計中枢ネットワークの作動基盤の解明
公益財団法人 秋山記念生命科学振興財団:研究助成(一般)
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 榎木亮介
概日カルシウム振動の大規模イメージング解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年04月 - 2013年03月 代表者 : 榎木亮介
超長期蛍光イメージング法の確立と、概日リズム研究への応用
光科学技術研究振興財団:研究助成金
研究期間 : 2009年 - 2012年03月 代表者 : 榎木亮介
新規光イメージング法による視交叉上核神経回路の機能解析
北海道大学:若手研究者自立支援
研究期間 : 2010年10月 - 2011年03月 代表者 : 榎木亮介
視交叉上核におけるネットワークカルシウムイメージング
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間 : 2009年 - 2010年03月 代表者 : 榎木亮介
概日カルシウムリズムに関する国際会議発表のための渡航費用
伊藤医薬学術交流財団:研究助成金(交流助成)
研究期間 : 2013年11月 代表者 : 榎木亮介
生物時計中枢を司る神経細胞ネットワークの光イメージング解析
公益財団法人 精神・神経科学振興財団 睡眠健康推進機構:学術研究助成
研究期間 : 2013年03月 代表者 : 榎木亮介

教育活動

主要な担当授業

前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 呼吸、循環、血液、体液・電解質調節、腎機能、内分泌、環境、代謝・消化吸収
生理学Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 呼吸、循環、血液、体液・電解質調節、腎機能、内分泌、環境、代謝・消化吸収
生理学Ⅰ(内分泌,消化,血液)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
生理学Ⅱ(呼吸・循環,腎臓,体液)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部

社会貢献

委員歴

2014年
-
現在
 時間生物学会評議員
2014年
-
現在
 生理学会評議員
2005年
-
現在
日本生理学会 編集委員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2014年
-
現在
 時間生物学会評議員
2014年
-
現在
 生理学会評議員
2005年
-
現在
日本生理学会 編集委員

ページトップへ