川端 康弘カワバタ ヤスヒロresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
文学研究科 人間システム科学専攻 心理システム科学講座
高等教育推進機構
脳科学研究教育センター
職名教授 
学位
博士(行動科学)(北海道大学)
メールアドレスkawabatalet.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttp://cogpsy.let.hokudai.ac.jp/~kawabata-lab/
科研費研究者番号

研究キーワード

適応, 色覚, 感覚, 認知, 感情, 知覚, 記憶, 知識, 順応, 熟達

研究分野

心理学 / 実験心理学
情報学 / 認知科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
心理学 / 実験心理学
情報学 / 認知科学

職歴

2010年04月
-
現在
北海道大学(教授)
2004年11月
-
現在
北海道大学(基幹教員)
1999年04月
-
2010年03月
北海道大学(准教授)
1996年04月
-
1999年03月
立命館大学(助教授)
1993年11月
-
1996年03月
北海道大学(助手)
1991年04月
-
1993年03月
日本学術振興会(研究員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2010年04月
-
現在
北海道大学(教授)
2004年11月
-
現在
北海道大学(基幹教員)
1999年04月
-
2010年03月
北海道大学(准教授)
1996年04月
-
1999年03月
立命館大学(助教授)
1993年11月
-
1996年03月
北海道大学(助手)
1991年04月
-
1993年03月
日本学術振興会(研究員)

学歴

-
1993年
北海道大学 文学研究科 行動科学専攻博士後期課程
-
1988年
北海道大学 文学研究科 行動科学専攻修士課程
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
1993年
北海道大学 文学研究科 行動科学専攻博士後期課程
-
1988年
北海道大学 文学研究科 行動科学専攻修士課程

所属学協会

日本心理学会
日本色彩学会
国際色彩学会
日本基礎心理学会
日本視覚学会
日本照明学会
日本認知科学会
日本認知心理学会
国際心理物理学会
北海道心理学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本心理学会
日本色彩学会
国際色彩学会
日本基礎心理学会
日本視覚学会
日本照明学会
日本認知科学会
日本認知心理学会
国際心理物理学会
北海道心理学会

研究活動

論文

The Association between Colors and Emotions for Emotional Words and Facial Expressions.
Takahashi, F. & Kawabata, Y.
Color Research and Application 2017年10月
2色配色における好ましさと反応時間及び視線の動きとの関連
金聖愛, 川端康弘
日本色彩学会誌 41(4) 143‐153 2017年07月
認知心理学に基づいた木質内装材の好ましさの評価(第2報) 節の量の違いと使用場所が内装材の評価に及ぼす影響
松本久美子, 川等恒治, 今井良, 斎藤直人, 佐々木三公子, 川端康弘
木材学会誌 62(3) 67‐72(J‐STAGE) 2016年05月
認知心理学に基づいた木質内装材の好ましさの評価(第1報) トドマツ材の節の量の違いが住宅の居間の内装材の評価に及ぼす影響
松本久美子, 川等恒治, 斎藤直人, 佐々木三公子, 川端康弘
木材学会誌 62(2) 42‐48(J‐STAGE) 2016年
Influence of the typical color in object memory task.
Sasaki M, Kawabata Y
Proceedings of the Midterm Meeting of the International Colour Association.  750-754 2015年05月
視覚認知研究から見た公共サインの「見やすさ」について
佐々木三公子, 川端康弘, 川端美穂
日本画像学会誌 53(5) 448-452 (J-STAGE) 2014年
Does simile comprehension differ from metaphor comprehension? A functional MRI study.
Shibata M, Toyomura A, Motoyama H, Itoh H, Kawabata Y, Abe J
Brain and language 121 254-260 2012年06月
Perceived duration of chromatic and achromatic light.
Kojima H, Kawabata Y
Vision research 53 21-29 2012年01月
シーン内の可変情報に対する認知の精度―視点,明るさ,色調の変化―
笠井 有利子, 川端 康弘
心理学研究 81(6) 610-618 2011年10月
色と認知科学 ―高次視覚認知における色彩の効果―
川端 康弘, 川端 美穂, 笠井 有利子
日本画像学会誌 50(6) 522-528 2011年09月
論文を全て表示する
論文閉じる
The Association between Colors and Emotions for Emotional Words and Facial Expressions.
Takahashi, F. & Kawabata, Y.
Color Research and Application 2017年10月
2色配色における好ましさと反応時間及び視線の動きとの関連
金聖愛, 川端康弘
日本色彩学会誌 41(4) 143‐153 2017年07月
認知心理学に基づいた木質内装材の好ましさの評価(第2報) 節の量の違いと使用場所が内装材の評価に及ぼす影響
松本久美子, 川等恒治, 今井良, 斎藤直人, 佐々木三公子, 川端康弘
木材学会誌 62(3) 67‐72(J‐STAGE) 2016年05月
認知心理学に基づいた木質内装材の好ましさの評価(第1報) トドマツ材の節の量の違いが住宅の居間の内装材の評価に及ぼす影響
松本久美子, 川等恒治, 斎藤直人, 佐々木三公子, 川端康弘
木材学会誌 62(2) 42‐48(J‐STAGE) 2016年
Influence of the typical color in object memory task.
Sasaki M, Kawabata Y
Proceedings of the Midterm Meeting of the International Colour Association.  750-754 2015年05月
視覚認知研究から見た公共サインの「見やすさ」について
佐々木三公子, 川端康弘, 川端美穂
日本画像学会誌 53(5) 448-452 (J-STAGE) 2014年
Does simile comprehension differ from metaphor comprehension? A functional MRI study.
Shibata M, Toyomura A, Motoyama H, Itoh H, Kawabata Y, Abe J
Brain and language 121 254-260 2012年06月
Perceived duration of chromatic and achromatic light.
Kojima H, Kawabata Y
Vision research 53 21-29 2012年01月
シーン内の可変情報に対する認知の精度―視点,明るさ,色調の変化―
笠井 有利子, 川端 康弘
心理学研究 81(6) 610-618 2011年10月
色と認知科学 ―高次視覚認知における色彩の効果―
川端 康弘, 川端 美穂, 笠井 有利子
日本画像学会誌 50(6) 522-528 2011年09月
Association between facial colors and emotions by means of words and face icons.
Takahashi, F., & Kawabata, Y.
Proceedings of the Annual Meeting of the International Society for Psychophysics (Fechner Day 2009) 25 471-476 2009年
Loudness perception of vocalization through auditory feedback
TOYOMURA Akira, FUJII Tetsunoshin, KAWABATA Yasuhiro
Acoust Sci Technol 30(6) 439-441 (J-STAGE) 2009年
The effects of presentation size and color to natural scene recognition
Fujii Tetsunoshin, Kawabata Yasuhiro
INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY 43(3-4) 630 2008年06月
Difference threshold modification of middle tone hues under unique hue perceptual learning task
Kawabata Yasuhiro, Nishikawa Rintaro, Kawabara Miho
INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY 43(3-4) 679-680 2008年06月
The effects of presentation size and chromatic contrasts to natural scene memory.
Fujii T, Kawabata Y
Proceedings of the 6th lnternational Conference of Cognitive Science 23 658-661 2008年06月
The effects of diagnostic color in natural scene recognition
Fujii, T., & Kawabata, Y.,
Proceedings of the Annual Meeting of the International Society for Psychophysics (Fechner Day 2007) 23 257-260 2007年11月
A passive perceptual learning task for primal color modifies difference threshold of middle tone colors
Kawabata, Y., Nishikawa, R., & Kawabata, M
Proceedings of the Annual Meeting of the International Society for Psychophysics (Fechner Day 2007) 23 327-330 2007年10月
特徴的な色の多寡が情景の把握に及ぼす効果(テーマセッション : 実・仮想空間の知覚・認知,「実・仮想空間の知覚・認知」及び一般)
藤井 哲之進, 川端 康弘
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 107(117) 79-84 2007年06月
ビジュアルシーン内の可変情報に対する認知の精度 : 照明の明るさ・照明の色合い・観察視点(テーマセッション : 実・仮想空間の知覚・認知,「実・仮想空間の知覚・認知」及び一般)
笠井 有利子, 川端 康弘
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 107(117) 73-78 2007年06月
「創作ミュージカル活動」の人間力育成効果 ― 学生への質問紙調査による検討 ―
川端美穂, 川端康弘
Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity) (43) 1-11 2007年
The effects of chromatic and luminance contrast to recognition memory for natural scenes
Kawabata Y, Kawabata M
Technical report (Department of psychology, Hokkaido University) (36) 1-15 2005年
中高学年児童の対人認知枠組みにおける 友人とそうでない子の分化 ― Grid techniqueによる検討 ―
川端美穂, 川端康弘
Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity) (27) 1-12 2003年
中高学年児童が学級のメンバーに対して使用した内的特性概念の分化
川端美穂, 川端康弘
Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity) (29) 1-10 2003年
高所における視環境と人間の視覚システム (<特集>心理学)
川端 康弘
立命館教育科学研究 11 85-95 1997年12月
空間統合と色順応システム
川端康弘
立命館文学 (551) 263-283 1997年01月
Temporal integration at equiluminance and chromatic adaptation
Kawabata Y
Vision Research 34 1007-1018 1994年01月
Spatial integration in human vision with bichromatically mixed adaptation field
Kawabata Y
Vision Research 34(3) 303-310 1994年
Spatial integration with chromatic stimuli in dichromatic vision
Kawabata Y
Color Research and Application 19(5) 341-350 1994年
色システムの変性した視覚 -赤/緑型先天的色覚異常の視覚特性-
川端康弘
寺岡隆・中川正宣・細田聡(編)「行動理論における最近の動向(Ⅱ)」 Hokkaido Behavioral Science Report, Series P (Supplement). (63) 1-16 1993年
Chromatic and Achromatic form discrimination.
Julia T. Sakuma, Yasuhiro Kawabata, Thomas S. Aiba
Hokkaido Behavioral Science Report, Series P, 24. (24) 1-9 1993年
Spatial integration properties in vision with chromatic stimuli
Kawabata Y
Color Research and Application 18(6) 390-398 1993年
高次中枢内における機能的な処理の分離: 色処理システムを中心として
川端康弘
寺岡隆・中川正宣・細田聡(編)「行動理論における最近の動向(?)」 Hokkaido Behavioral Science Report, Series P (Supplement). (59) 3-12 1992年
Temporal integration properties for bichromatically mixed lights in color-anomalous vision.
Kawabata Y
Color Research and Application 15(3) 156-166 1990年05月
R/g and y/b opponent-color mechanisms revealed in temporal integration for bichromatically mixed lights
Kawabata Y, Aiba T.S
Color Research and Application 15 7-22 1990年02月
視覚系の時間加重特性と色・明るさシステム
川端康弘
北海道心理学研究 11 35-42 1989年05月
Temporal integration in human vision and the opponent-color systems
Muneo Mitsuboshi, Masami Funakawa, Yasuhiro Kawabata, Thomas S. Aiba
Vision Research 27(7) 1187-1195 1987年
Color-opponent characteristics of sub-additivity and temporal integration revealed with bichromatic test.
Yasuhiro Kawabata, Masami Funakawa, Thomas S. Aiba, Muneo Mitsuboshi
Hokkaido Behavioral Science Report, Series P. (19) 1-26 1987年
Color opponent characteristics revealed in temporal integration time.
Muneo Mitsuboshi, Yasuhiro Kawabata, Thomas S. Aiba
Vision Research 27(7) 1197-1206 1987年
視覚系における時間加重と反対色システム
川端 康弘, 三星 宗雄
テレビジョン学会技術報告 9(19) 13-18 1985年09月

書籍

空間の認知と色彩 田山忠行(編)『空間に遊ぶ-人文科学の空間論-』
北海道大学出版会 2016年06月
知覚 田山忠行・須藤昇(編) 『基礎心理学』
培風館 2012年
私たちは世界をどのように見ているのか?-視覚と視環境- 仲真紀子(編) 『認知心理学』
ミネルヴァ書房 2010年
感覚-物理世界を心の中に表現する- 西川泰夫他(編) 『認知科学の展開』
放送大学教育振興会 2008年
感覚 菱谷晋介・田山忠行(編) 『心を測る』
八千代出版 2005年
色覚の時空間周波数特性 日本視覚学会(編)『視覚情報処理ハンドブック』
朝倉書店 2000年
Visible persistence with chromatic and achromatic stimuli. Color97, International Colour Association (ed.)
International Colour Association 1997年
光と色 佐藤愛子他(編)『光と人間の生活ハンドブック』
朝倉書店 1995年
Temporal integration properties of color-defective vision measured for bichromatically mixed lights. Color vision deficiencies, Ohta, T. (ed.)
Kugler & Ghedini Publications 1990年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
空間の認知と色彩 田山忠行(編)『空間に遊ぶ-人文科学の空間論-』
北海道大学出版会 2016年06月
知覚 田山忠行・須藤昇(編) 『基礎心理学』
培風館 2012年
私たちは世界をどのように見ているのか?-視覚と視環境- 仲真紀子(編) 『認知心理学』
ミネルヴァ書房 2010年
感覚-物理世界を心の中に表現する- 西川泰夫他(編) 『認知科学の展開』
放送大学教育振興会 2008年
感覚 菱谷晋介・田山忠行(編) 『心を測る』
八千代出版 2005年
色覚の時空間周波数特性 日本視覚学会(編)『視覚情報処理ハンドブック』
朝倉書店 2000年
Visible persistence with chromatic and achromatic stimuli. Color97, International Colour Association (ed.)
International Colour Association 1997年
光と色 佐藤愛子他(編)『光と人間の生活ハンドブック』
朝倉書店 1995年
Temporal integration properties of color-defective vision measured for bichromatically mixed lights. Color vision deficiencies, Ohta, T. (ed.)
Kugler & Ghedini Publications 1990年

講演・口頭発表等

Does facecolor facilitate to judge the facial expression?
Takahashi, F. & Kawabata, Y.
the 33th Annual Meeting of the International Society for Psychophysics 2017年10月 
カテゴリカル色知覚を考慮した色記憶の変化
佐々木三公子・川端康弘
日 本心理学会第81回大会(久留米大学) 2017年09月 
100hue Testの繰り返し 学習による色識別能力の向上と個人差
松本久美子・川等恒治・佐々木三公子・川端康弘
日本感性工学会第19回大会 2017年09月 
The study for relation between color preference and its reaction time.
Jin, S. & Kawabata, Y.
International Psychological Applications Conference and Trends (InPACT2017) 2017年04月 
道産針葉樹材の病院内装材としての適性の検討
松本久美子, 川等恒治, 平林靖, 佐藤真由美, 佐々木三公子, 川端康弘, 鈴木正樹
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM) 2017年02月 
Retrieving information relating to concrete items: nature or artifact cues promote retrieval of information about nature items.
Teranishi, Y. & Kawabata, Y.
The 31th International Congress of Psychology 2016年07月 
Investigating color preference and harmony of two-colour combinations through eye tracking.
Jin, S. & Kawabata, Y.
The 31th International Congress of Psychology 2016年07月 
Color usefulness in an object color memory task.
Sasaki, M. & Kawabata, Y.
The 31th International Congress of Psychology 2016年07月 
Color effects in the schematic face of anger and sadness.
Takahashi, F. & Kawabata, Y.
The 31th International Congress of Psychology 2016年07月 
検索初期に行われる素早い回答に関係する要素の検討
寺西 祐二, 川端 康弘
日本認知心理学会発表論文集 2016年00月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
Does facecolor facilitate to judge the facial expression?
Takahashi, F. & Kawabata, Y.
the 33th Annual Meeting of the International Society for Psychophysics 2017年10月 
カテゴリカル色知覚を考慮した色記憶の変化
佐々木三公子・川端康弘
日 本心理学会第81回大会(久留米大学) 2017年09月 
100hue Testの繰り返し 学習による色識別能力の向上と個人差
松本久美子・川等恒治・佐々木三公子・川端康弘
日本感性工学会第19回大会 2017年09月 
The study for relation between color preference and its reaction time.
Jin, S. & Kawabata, Y.
International Psychological Applications Conference and Trends (InPACT2017) 2017年04月 
道産針葉樹材の病院内装材としての適性の検討
松本久美子, 川等恒治, 平林靖, 佐藤真由美, 佐々木三公子, 川端康弘, 鈴木正樹
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM) 2017年02月 
Retrieving information relating to concrete items: nature or artifact cues promote retrieval of information about nature items.
Teranishi, Y. & Kawabata, Y.
The 31th International Congress of Psychology 2016年07月 
Investigating color preference and harmony of two-colour combinations through eye tracking.
Jin, S. & Kawabata, Y.
The 31th International Congress of Psychology 2016年07月 
Color usefulness in an object color memory task.
Sasaki, M. & Kawabata, Y.
The 31th International Congress of Psychology 2016年07月 
Color effects in the schematic face of anger and sadness.
Takahashi, F. & Kawabata, Y.
The 31th International Congress of Psychology 2016年07月 
検索初期に行われる素早い回答に関係する要素の検討
寺西 祐二, 川端 康弘
日本認知心理学会発表論文集 2016年00月 
顔の色が表情認知に与える影響
皇甫宇虹・川端康弘
北海道心理学会第62回大会(北海道医療大学) 2015年11月 
画像の記憶における色情報の寄与,
長内清春・川端康弘(2015)
北海道心理学会第62回大会(北海道医療大学) 2015年11月 
物体の典型色が色記憶や色カテゴリー判断に与える影響,
佐々木三公子・川端康弘
北海道心理学会第62回大会(北海道医療大学) 2015年11月 
記憶検索において使用頻度の高い項目
寺西祐二・川端康弘(2015)
日本心理学会第79回大会(名古屋大学) 2015年09月 
事物や空間における二色配色の調和感
金 聖愛・川端康弘
日本心理学会第79回大会(名古屋大学) 2015年09月 
図式顔の怒りと悲しみ表情における色の効果
高橋文代, 川端康弘
日本心理学会第79回大会(名古屋大学) 2015年09月 
Face color affects identification of facial expression.
Takahashi, F. & Kawabata, Y.
the 31th Annual Meeting of the International Society for Psychophysics, Fechner Day 2015, Quebec, Canada. 2015年08月 
関連情報の想起順序に対する文脈と関係度の関係
寺西祐二・川端康弘
日本認知心理学会第13回大会(東京大学) 2015年07月 
表情認知における顔色の影響
高橋文代, 川端康弘
基礎心理学研究 2015年03月 
表情認知における顔色の影響
高橋文代・川端康弘
日本基礎心理学会第33回大会(首都大学東京) 2014年12月 
衣食住におけるストレスを軽減する配色に関する研究
袁東・川端康弘
日本基礎心理学会第33回大会(首都大学東京) 2014年12月 
色彩認知と熟達
川端康弘
第12回北海道大学脳科学研究教育センターシンポジウム 「認知のダイナミクス」 ~認知システムの動態を探る~ 2014年12月 
心理学は脳活動データとどのように向き合うべきだろうか?
小川健二・池上将永・川端康弘・佐山公一
北海道心理学会第61回大会シンポジウム(小樽商科大学) 2014年11月 
単語記憶課題における典型色の影響
佐々木三公子・王妤・川端康弘・川端美穂
日本心理学会第78回大会(同志社大学) 2014年09月 
居住空間における壁面の色に関する印象評価:その2
崔紫薇・川端康弘
日本心理学会第78回大会(同志社大学) 2014年09月 
日常的事物や空間における二色配色の調和に関する心理学的研究
金 聖愛・川端康弘
日本感性工学会第16回大会(中央大学) 2014年09月 
単語記憶課題における典型色の影響
佐々木 三公子, 王 よ, 川端 美穂, 川端 康弘
日本心理学会大会発表論文集 2014年08月 
表情認知における顔色の効果
高橋文代, 川端康弘
日本心理学会大会発表論文集 2014年08月 
心理学を取り入れた北海道産針葉樹材内装材の好ましさの評価(第2報)経験が評価に及ぼす影響の検討
松本久美子, 今井良, 川等恒治, 斎藤直人, 佐々木三公子, 川端康弘
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM) 2014年03月 
異文化間の食べ物の色に関する識別力の差異
王臣卓・川端康弘
北海道心理学会第60回大会(北海道大学) 2013年09月 
居住空間における壁面の色に関する印象評価(その1)
崔紫薇・川端康弘
北海道心理学会第60回大会(北海道大学) 2013年09月 
表情認知に及ぼす色の効果
高橋文代・川端康弘
日本心理学会第77回大会(北海道医療大学) 2013年09月 
色識別に及ぼす色の好嫌と学習の影響
李茜・川端康弘
日本心理学会第77回大会(北海道医療大学) 2013年09月 
日常場面における配色の効果-テキストの背景色と課題内容の関連性-
王妤・川端美穂・川端康弘
日本心理学会第77回大会(北海道医療大学) 2013年09月 
食物に対するおいしさ感に及ぼす色の影響
王臣卓・川端康弘
日本心理学会第77回大会(北海道医療大学) 2013年09月 
状況要因が後悔に与える影響
田島有里絵・川端康弘
日本心理学会第77回大会(北海道医療大学) 2013年09月 
表情認知に及ぼす色の効果
高橋 文代, 川端 康弘
日本心理学会大会発表論文集 2013年08月 
温度の評価に及ぼす背景色の効果
余夢・川端康弘
日本心理学会第77回大会(北海道医療大学) 2013年08月 
心理学を取り入れた北海道産針葉樹材内装材の好ましさの評価
松本久美子, 川等恒治, 今井良, 斎藤直人, 佐々木三公子, 川端康弘
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM) 2013年00月 
食物の見た目のおいしさ感に与える色相の影響
王臣卓, 川端康弘
北海道心理学会第59回大会(北海道教育大学函館校) 2012年09月 
照明環境の色調が与える認知的影響について
周亮, 川端康弘
北海道心理学会第59回大会(北海道教育大学函館校) 2012年09月 
日常的な物体の色と色票における好みの関係
小林麻子・川端康弘
日本心理学会第76回大会(専修大学) 2012年09月 
意志決定場面における後悔とコーピングタイプ
田島有里絵・川端康弘・瀧川哲夫
日本心理学会第76回大会(専修大学) 2012年09月 
X-23 木材における新規の配色についての印象評価(色彩の嗜好,ポスターショートプレゼンテーション,第43回全国大会要旨集)
佐々木 三公子, 松本 久美子, 川等 恒治, 川端 康弘
日本色彩学会誌 2012年05月 
X-25 表情の同定に及ぼす色の効果(色彩の印象と効果,ポスターショートプレゼンテーション,第43回全国大会要旨集)
高橋 文代, 川端 康弘
日本色彩学会誌 2012年05月 
Color Affects Face Perception in Schematic Faces
Takahashi, F. & Kawabata, Y.
the 34th Annual Conference of the Cognitive Science Society. 2012年04月 
物体色の変化がシーン全体の印象に与える影響
笠井有利子・川端康弘
日本心理学会第75回大会(日本大学) 2011年09月 
表情の同定に及ぼす色の効果 ―顔パーツの形状変化に対する表情認知閾―
高橋文代・川端康弘
日本心理学会第75回大会(日本大学) 2011年09月 
感情把握時における顔色の記憶の効果
藤井哲之進・川端康弘
日本心理学会第75回大会(日本大学) 2011年09月 
表情の同定に及ぼす色の効果 顔パーツの形状変化に対する表情認知閾
高橋 文代, 川端 康弘
日本心理学会大会発表論文集 2011年08月 
景観の印象評価に関する認知心理学的研究
中谷葵・川端康弘
北海道心理学会・東北心理学会第11回合同大会(北翔大学) 2011年07月 
日常的な対象物と配色の好みの関係について
小林麻子・川端康弘
北海道心理学会・東北心理学会第11回合同大会(北翔大学) 2011年07月 
顔の色が表情の記憶に及ぼす効果
藤井哲之進, 川端康弘
北海道心理学会・東北心理学会第11回合同大会(北翔大学) 2011年07月 
シーン内の物体色の認知と誘目性の関連 -変化検出課題中の視線移動-
笠井有利子・川端康弘
北海道心理学会第57回大会(札幌国際大学) 2010年10月 
感情を付与したときの顔色分布の変化
藤井哲之進・高橋文代・川端康弘
日本心理学会第74回大会大会(大阪大学) 2010年09月 
表情認知に及ぼす色の促進/抑制効果 ―怒りの赤―
高橋文代・藤井哲之進・川端康弘
日本心理学会第74回大会大会(大阪大学) 2010年09月 
感情から連想される顔色と表情認知の関係
藤井哲之進・高橋文代・川端康弘
日本心理学会第73回大会大会(立命館大学) 2009年09月 
感情から連想される色と表情色の関係
高橋文代・藤井哲之進・川端康弘
日本心理学会第73回大会大会(立命館大学) 2009年09月 
ビジュアルシーン内の対象物の色の記憶と誘目性
笠井有利子、川端康弘
日本認知心理学会第7回大会 2009年06月 
Effects of variable information in perception and recognition for indoor scenes.
笠井有利子・川端康弘
The 29th International Congress of Psychology 2008年07月 
The effects of presentation size and color to natural scene recognition.
藤井哲之進・川端康弘
The 29th International Congress of Psychology 2008年07月 
Infant typical-color knowledge for natural objects modifies chromaticity selections in recognition task.
川端美穂・佐々木三公子・笠井有利子・藤井哲之進・川端康弘
The 29th International Congress of Psychology 2008年07月 
Difference threshold modification of middle tone hues under unique hue perceptual learning task.
川端康弘・西川林太郎・川端美穂
The 29th International Congress of Psychology 2008年07月 
こころの環境適応 拡張された視知覚系の可塑性
川端 康弘, 小島 治幸, 田中 靖人, 友永 雅己, 三浦 佳世
日本心理学会大会発表論文集 2008年07月 
日常的なシーンの把握に及ぼす色の意味的特性の効果
藤井哲之進, 川端康弘
北海道心理学研究 2008年05月 
物の色に関する知識の性質と記憶に与える影響
川端康弘, 川端美穂
北海道心理学研究 2007年08月 
大局的な要素で構成された情景の把握における色の効果
藤井哲之進, 川端康弘
北海道心理学研究 2007年08月 
室内空間の変化に対する認知の精度
笠井有利子, 川端康弘
北海道心理学研究 2006年09月 
日常的な室内空間の配色が調和間と気分に与える影響 異なる視点の違いが室内空間の印象に及ぼす影響について
山本裕基, 川端康弘
日本感性工学会大会予稿集 2006年09月 
ビジュアルシーンの認知における情報タイプ別の変化感受性
笠井 有利子, 川端 康弘
日本認知心理学会発表論文集 2006年00月 
ビジュアルシーンの再認における輝度情報の効果
川端 康弘, 川端 美穂
日本認知心理学会発表論文集 2005年00月 
健常型と障害型色覚における色識別能力の個人差
西川 林太郎, 川端 康弘
日本認知心理学会発表論文集 2005年00月 
室内空間の変化に対する認知の精度:—視点の変化—
笠井 有利子, 川端 康弘
日本認知心理学会発表論文集 2005年00月 
視覚認知機能に関わる色処理システムの役割とそのメカニズム
川端康弘
日本機械学会年次大会講演論文集 2004年09月 
視覚認知機能に関わる色処理システムの役割とそのメカニズム(五感と情報,F17 情報・知能・精密機器部門企画)
川端 康弘
年次大会講演資料集 2004年09月 
選択的色順応下における方位と空間周波数システムの帯域幅
滝山直樹, 川端康弘
日本心理学会大会発表論文集 2004年08月 
視覚認知機能に関わる色処理システムの役割とそのメカニズム
日本機械学会2004年度年次大会講演資料集 2004年00月 
色の布置と鮮やかさが情景の再認に及ぼす影響
藤井哲之進, 川端康弘
日本心理学会大会発表論文集 2003年08月 
方位と空間周波数に選択的な色順応
川端康弘
日本心理学会大会発表論文集 2003年08月 
情景の再認記憶に及ぼす色布置の効果
川端康弘
日本心理学会大会発表論文集 2002年08月 
ビジュアルシーン内の境界と物体の把握における色の役割
川端 康弘
日本心理学会大会発表論文集 2001年11月 
空間周波数選択的色順応下での色コントラスト感度
川端康弘
日本心理学会大会発表論文集 2001年10月 
ビジュアルシーン内の境界と物体の把握における色の役割
川端康弘
日本心理学会大会発表論文集 2001年10月 
方位随伴順応後のコントラスト感度
川端康弘
日本心理学会大会発表論文集 2000年00月 
2つの単色光を用いた加算性に関する研究(VII.第6回大会発表要旨)
川端 康弘
基礎心理学研究 1987年10月 
8)視覚系における時間加重と反対色システム(視覚情報研究会(第71回))
川端 康弘, 三星 宗雄
テレビジョン学会誌 1985年12月 

競争的資金等の研究課題

感性機能側性化と視覚系機能分化との関連
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2017年04月 - 2020年03月 代表者 : 小島 治幸
経験による色彩認知の熟達と高次視覚野における可塑性との関連
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2016年04月 - 2019年 代表者 : 川端 康弘
高次視覚認知における色の寄与に関する再考と個人差研究によるアプローチ
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2012年 - 2014年 代表者 : 川端 康弘
運動,奥行,形体知覚における色情報の役割とその機序についての解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 吉澤 達也
広空間布置の刺激呈示環境を用いた色及び輝度システムの相互作用に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2003年 - 2005年 代表者 : 川端 康弘
色覚障害者と健常者の視覚系における色度および輝度処理の相互作用に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1999年 - 2000年 代表者 : 川端 康弘
視対象の二次元的運動に伴う三次元空間構造の知覚
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 1998年 - 2000年 代表者 : 松田 隆夫
等輝度ガボール変調正弦格子を用いた2光法による視覚系の時空間統合特性に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1997年 - 1998年 代表者 : 川端 康弘
新奇な概念の形成と共有化における命名の機能に関する研究--幼児に親しみやすい人工概
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1997年 - 1997年 代表者 : 高木 和子
ネットワーク機能をもつ汎用心理学実験システムの開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 1996年 - 1997年 代表者 : 阿部 純一
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
感性機能側性化と視覚系機能分化との関連
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2017年04月 - 2020年03月 代表者 : 小島 治幸
経験による色彩認知の熟達と高次視覚野における可塑性との関連
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2016年04月 - 2019年 代表者 : 川端 康弘
高次視覚認知における色の寄与に関する再考と個人差研究によるアプローチ
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2012年 - 2014年 代表者 : 川端 康弘
運動,奥行,形体知覚における色情報の役割とその機序についての解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 吉澤 達也
広空間布置の刺激呈示環境を用いた色及び輝度システムの相互作用に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2003年 - 2005年 代表者 : 川端 康弘
色覚障害者と健常者の視覚系における色度および輝度処理の相互作用に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1999年 - 2000年 代表者 : 川端 康弘
視対象の二次元的運動に伴う三次元空間構造の知覚
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 1998年 - 2000年 代表者 : 松田 隆夫
等輝度ガボール変調正弦格子を用いた2光法による視覚系の時空間統合特性に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1997年 - 1998年 代表者 : 川端 康弘
新奇な概念の形成と共有化における命名の機能に関する研究--幼児に親しみやすい人工概
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1997年 - 1997年 代表者 : 高木 和子
ネットワーク機能をもつ汎用心理学実験システムの開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 1996年 - 1997年 代表者 : 阿部 純一
文章(text)の理解、記憶、生成に関する認知心理学研究
文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B))
研究期間 : 1995年 - 1997年 代表者 : 阿部 純一
視覚系の色処理システムにおける時間特性と環境適応性に関する実験的研究
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1996年 - 1996年 代表者 : 川端 康弘
光学系装置とグラフィックディスプレイを統合した新しい実験環境を用いた色覚研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1995年 - 1996年 代表者 : 川端 康弘
人間の視覚系における色コントラスト情報処理過程の時空間特性に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1995年 - 1995年 代表者 : 川端 康弘
人の視覚情報処理の初期過程における色検出機構の時空間特性に関する心理物理学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1994年 - 1994年 代表者 : 川端 康弘

教育活動

主要な担当授業

修士論文
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 文学研究科
修士論文・特定課題指導特殊演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 文学研究科
卒業論文
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
博士論文指導特殊演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 文学研究科
心理システム科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
キーワード : 心理学,心理学的方法論,関連諸科学
心理学実験実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
キーワード : 心理学、実験実習
心理学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
キーワード : 認知心理学、認知、知覚、記憶、言語、学習、思考、進化
心理学特殊演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
キーワード : 実験心理学,認知心理学,発達心理学,認知科学
知識構造論特別演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 文学研究科
キーワード : 認知、環境、色彩、視覚、熟練、洗練、障害、順応、適応、知性、知識
脳科学入門Ⅵ:認知科学の基礎
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 感覚 知覚 記憶 発達 運動 社会的認知 細胞集成体 言語 生成文法 認知革命 音楽認知
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
修士論文
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 文学研究科
修士論文・特定課題指導特殊演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 文学研究科
卒業論文
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
博士論文指導特殊演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 文学研究科
心理システム科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
キーワード : 心理学,心理学的方法論,関連諸科学
心理学実験実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
キーワード : 心理学、実験実習
心理学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
キーワード : 認知心理学、認知、知覚、記憶、言語、学習、思考、進化
心理学特殊演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 文学部
キーワード : 実験心理学,認知心理学,発達心理学,認知科学
知識構造論特別演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 文学研究科
キーワード : 認知、環境、色彩、視覚、熟練、洗練、障害、順応、適応、知性、知識
脳科学入門Ⅵ:認知科学の基礎
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 感覚 知覚 記憶 発達 運動 社会的認知 細胞集成体 言語 生成文法 認知革命 音楽認知
脳科学研究の展開Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 脳科学、認知、発達
脳科学研究の展開Ⅲ 実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 脳科学、認知、発達
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
修士論文
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 文学研究科
修士論文・特定課題指導特殊演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 文学研究科
卒業論文
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
博士論文指導特殊演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 文学研究科
心理学実験実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
キーワード : 心理学、実験実習
心理学演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
キーワード : 認知心理学、認知、知覚、記憶、言語、学習、思考、進化
心理学特殊演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
キーワード : 実験心理学,認知心理学,発達心理学,認知科学
心理学特殊講義
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 文学研究科
キーワード : 人文・社会科学の研究方法 人間システム科学
知識構造論特別演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 文学研究科
キーワード : 認知、環境、色彩、視覚、熟練、洗練、障害、順応、適応、知性、知識
科学・技術の世界
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 心理学,認知心理学,心理学的方法論,心理学史,関連諸科学,脳科学,感覚,知覚,記憶,知識,言語,思考
脳科学入門Ⅵ:認知科学の基礎
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 感覚 知覚 イメージ 記憶 発達 運動 社会的認知 細胞集成体 言語 生成文法 認知革命
脳科学研究の展開Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 脳科学、認知、発達
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
修士論文
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 文学研究科
修士論文・特定課題指導特殊演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 文学研究科
卒業論文
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
博士論文指導特殊演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 文学研究科
心理システム科学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
キーワード : 心理学,心理学的方法論,心理学史,関連諸科学
心理学実験
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 基礎心理学,実験心理学,認知心理学,社会心理学
心理学実験実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
キーワード : 心理学、実験実習
心理学特殊演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 文学部
キーワード : 実験心理学,認知心理学,発達心理学,認知科学
知識構造論特別演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 文学研究科
キーワード : 認知、環境、色彩、視覚、熟練、洗練、障害、順応、適応、知性、知識
脳科学入門Ⅵ:認知科学の基礎
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 視覚 感覚 知覚 イメージ 細胞集成体 言語 生成文法 認知革命
脳科学研究の展開Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 脳科学、認知、発達
英語演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 心理学、知覚、記憶、言語、知性、思考、認知発達、脳科学

社会貢献

委員歴

2005年04月
-
現在
日本心理学会 代議員
2010年04月
-
現在
日本基礎心理学会 理事
2013年10月
-
現在
北海道心理学会 理事
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2005年04月
-
現在
日本心理学会 代議員
2010年04月
-
現在
日本基礎心理学会 理事
2013年10月
-
現在
北海道心理学会 理事

ページトップへ