荒木 仁志アラキ ヒトシresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/11/17

基本情報

プロフィール

所属部署名
農学研究院 基盤研究部門 生物資源科学分野
職名教授 
学位
博士(理学)(九州大学)
メールアドレスarakihres.agr.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttp://www.agr.hokudai.ac.jp/animalecology/
科研費研究者番号

研究キーワード

生物進化, 環境適応, 人為改変, 遺伝子, 魚類

研究分野

基礎生物学 / 進化生物学
基礎生物学 / 生態・環境
基礎生物学 / 生物多様性・分類
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎生物学 / 進化生物学
基礎生物学 / 生態・環境
基礎生物学 / 生物多様性・分類

職歴

2013年04月
-
現在
北海道大学大学院(教授)
2008年01月
-
2013年03月
スイス水圏科学技術研究所(グループリーダー)
2004年07月
-
2007年12月
オレゴン州立大学(ポストドクトラル・リサーチアソシエイト)
2001年04月
-
2004年06月
シカゴ大学(ポストドクトラル・フェロー)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2013年04月
-
現在
北海道大学大学院(教授)
2008年01月
-
2013年03月
スイス水圏科学技術研究所(グループリーダー)
2004年07月
-
2007年12月
オレゴン州立大学(ポストドクトラル・リサーチアソシエイト)
2001年04月
-
2004年06月
シカゴ大学(ポストドクトラル・フェロー)

学歴

1997年04月
-
2001年03月
九州大学 大学院 医学系研究科 分子生命科学専攻
1995年04月
-
1997年03月
九州大学 大学院 理学研究科 分子集団遺伝学専攻
1991年04月
-
1995年03月
九州大学 理学部 生物学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
1997年04月
-
2001年03月
九州大学 大学院 医学系研究科 分子生命科学専攻
1995年04月
-
1997年03月
九州大学 大学院 理学研究科 分子集団遺伝学専攻
1991年04月
-
1995年03月
九州大学 理学部 生物学科

研究活動

論文

Understanding and monitoring the consequences of human impacts on intraspecific variation.
Mimura M, Yahara T, Faith DP, Vázquez-Domínguez E, Colautti RI, Araki H, Javadi F, Núñez-Farfán J, Mori AS, Zhou S, Hollingsworth PM, Neaves LE, Fukano Y, Smith GF, Sato YI, Tachida H, Hendry AP
Evolutionary applications 10(2) 121-139 2017年02月
The eco-evolutionary impacts of domestication and agricultural practices on wild species.
Turcotte MM, Araki H, Karp DS, Poveda K, Whitehead SR
Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences 372(1712) 2017年01月
Environmental DNA metabarcoding reveals local fish communities in a species-rich coastal sea.
Yamamoto S, Masuda R, Sato Y, Sado T, Araki H, Kondoh M, Minamoto T, Miya M
Scientific reports 7 40368 2017年01月
Environmental DNA as a 'Snapshot' of Fish Distribution: A Case Study of Japanese Jack Mackerel in Maizuru Bay, Sea of Japan.
Yamamoto S, Minami K, Fukaya K, Takahashi K, Sawada H, Murakami H, Tsuji S, Hashizume H, Kubonaga S, Horiuchi T, Hongo M, Nishida J, Okugawa Y, Fujiwara A, Fukuda M, Hidaka S, Suzuki KW, Miya M, Araki H, Yamanaka H, Maruyama A, Miyashita K, Masuda R, Minamoto T, Kondoh M
PloS one 11(3) e0149786 2016年
Correction: Environmental DNA as a 'Snapshot' of Fish Distribution: A Case Study of Japanese Jack Mackerel in Maizuru Bay, Sea of Japan.
Yamamoto S, Minami K, Fukaya K, Takahashi K, Sawada H, Murakami H, Tsuji S, Hashizume H, Kubonaga S, Horiuchi T, Hongo M, Nishida J, Okugawa Y, Fujiwara A, Fukuda M, Hidaka S, Suzuki KW, Miya M, Araki H, Yamanaka H, Maruyama A, Miyashita K, Masuda R, Minamoto T, Kondoh M
PloS one 11(4) e0153291 2016年
Population genetics of non-genetic traits: evolutionary roles of stochasticity in gene expression.
Mineta K, Matsumoto T, Osada N, Araki H
Gene 562(1) 16-21 2015年05月
IBSEM: An Individual-Based Atlantic Salmon Population Model.
Castellani M, Heino M, Gilbey J, Araki H, Svåsand T, Glover KA
PloS one 10(9) e0138444 2015年
An Individual-Based Diploid Model Predicts Limited Conditions Under Which Stochastic Gene Expression Becomes Advantageous.
Matsumoto T, Mineta K, Osada N, Araki H
Frontiers in genetics 6 336 2015年
Genome-wide survey of pseudogenes in 80 fully re-sequenced Arabidopsis thaliana accessions.
Wang L, Si W, Yao Y, Tian D, Araki H, Yang S
PloS one 7(12) e51769 2012年
Spatial and temporal variation in population genetic structure of wild Nile tilapia (Oreochromis niloticus) across Africa.
Bezault E, Balaresque P, Toguyeni A, Fermon Y, Araki H, Baroiller JF, Rognon X
BMC genetics 12 102 2011年12月
論文を全て表示する
論文閉じる
Understanding and monitoring the consequences of human impacts on intraspecific variation.
Mimura M, Yahara T, Faith DP, Vázquez-Domínguez E, Colautti RI, Araki H, Javadi F, Núñez-Farfán J, Mori AS, Zhou S, Hollingsworth PM, Neaves LE, Fukano Y, Smith GF, Sato YI, Tachida H, Hendry AP
Evolutionary applications 10(2) 121-139 2017年02月
The eco-evolutionary impacts of domestication and agricultural practices on wild species.
Turcotte MM, Araki H, Karp DS, Poveda K, Whitehead SR
Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences 372(1712) 2017年01月
Environmental DNA metabarcoding reveals local fish communities in a species-rich coastal sea.
Yamamoto S, Masuda R, Sato Y, Sado T, Araki H, Kondoh M, Minamoto T, Miya M
Scientific reports 7 40368 2017年01月
Environmental DNA as a 'Snapshot' of Fish Distribution: A Case Study of Japanese Jack Mackerel in Maizuru Bay, Sea of Japan.
Yamamoto S, Minami K, Fukaya K, Takahashi K, Sawada H, Murakami H, Tsuji S, Hashizume H, Kubonaga S, Horiuchi T, Hongo M, Nishida J, Okugawa Y, Fujiwara A, Fukuda M, Hidaka S, Suzuki KW, Miya M, Araki H, Yamanaka H, Maruyama A, Miyashita K, Masuda R, Minamoto T, Kondoh M
PloS one 11(3) e0149786 2016年
Correction: Environmental DNA as a 'Snapshot' of Fish Distribution: A Case Study of Japanese Jack Mackerel in Maizuru Bay, Sea of Japan.
Yamamoto S, Minami K, Fukaya K, Takahashi K, Sawada H, Murakami H, Tsuji S, Hashizume H, Kubonaga S, Horiuchi T, Hongo M, Nishida J, Okugawa Y, Fujiwara A, Fukuda M, Hidaka S, Suzuki KW, Miya M, Araki H, Yamanaka H, Maruyama A, Miyashita K, Masuda R, Minamoto T, Kondoh M
PloS one 11(4) e0153291 2016年
Population genetics of non-genetic traits: evolutionary roles of stochasticity in gene expression.
Mineta K, Matsumoto T, Osada N, Araki H
Gene 562(1) 16-21 2015年05月
IBSEM: An Individual-Based Atlantic Salmon Population Model.
Castellani M, Heino M, Gilbey J, Araki H, Svåsand T, Glover KA
PloS one 10(9) e0138444 2015年
An Individual-Based Diploid Model Predicts Limited Conditions Under Which Stochastic Gene Expression Becomes Advantageous.
Matsumoto T, Mineta K, Osada N, Araki H
Frontiers in genetics 6 336 2015年
Genome-wide survey of pseudogenes in 80 fully re-sequenced Arabidopsis thaliana accessions.
Wang L, Si W, Yao Y, Tian D, Araki H, Yang S
PloS one 7(12) e51769 2012年
Spatial and temporal variation in population genetic structure of wild Nile tilapia (Oreochromis niloticus) across Africa.
Bezault E, Balaresque P, Toguyeni A, Fermon Y, Araki H, Baroiller JF, Rognon X
BMC genetics 12 102 2011年12月
Avoidance of long mononucleotide repeats in codon pair usage.
Gu T, Tan S, Gou X, Araki H, Tian D
Genetics 186(3) 1077-1084 2010年11月
Genome-wide investigation reveals high evolutionary rates in annual model plants.
Yue JX, Li J, Wang D, Araki H, Tian D, Yang S
BMC plant biology 10 242 2010年11月
Multilocus analysis of genetic divergence between outcrossing Arabidopsis species: evidence of genome-wide admixture.
Wang WK, Ho CW, Hung KH, Wang KH, Huang CC, Araki H, Hwang CC, Hsu TW, Osada N, Chiang TY
The New phytologist 188(2) 488-500 2010年10月
Carry-over effect of captive breeding reduces reproductive fitness of wild-born descendants in the wild.
Araki H, Cooper B, Blouin MS
Biology letters 5(5) 621-624 2009年10月
Genomewide association between insertions/deletions and the nucleotide diversity in bacteria.
Zhu L, Wang Q, Tang P, Araki H, Tian D
Molecular biology and evolution 26(10) 2353-2361 2009年10月
Grouped nucleotide polymorphism: a major contributor to genetic variation in Arabidopsis.
Du J, Gu T, Tian H, Araki H, Yang YH, Tian D
Gene 426(1-2) 1-6 2008年12月
The pattern of insertion/deletion polymorphism in Arabidopsis thaliana.
Zhang W, Sun X, Yuan H, Araki H, Wang J, Tian D
Molecular genetics and genomics : MGG 280(4) 351-361 2008年10月
Single-nucleotide mutation rate increases close to insertions/deletions in eukaryotes.
Tian D, Wang Q, Zhang P, Araki H, Yang S, Kreitman M, Nagylaki T, Hudson R, Bergelson J, Chen JQ
Nature 455(7209) 105-108 2008年09月
Fitness of hatchery-reared salmonids in the wild.
Araki H, Berejikian BA, Ford MJ, Blouin MS
Evolutionary applications 1(2) 342-355 2008年05月
Molecular evolution of pathogenicity-island genes in Pseudomonas viridiflava.
Araki H, Innan H, Kreitman M, Bergelson J
Genetics 177(2) 1031-1041 2007年10月
Genetic effects of captive breeding cause a rapid, cumulative fitness decline in the wild.
Araki H, Cooper B, Blouin MS
Science (New York, N.Y.) 318(5847) 100-103 2007年10月
Intraspecific genetic variations, fitness cost and benefit of RPW8, a disease resistance locus in Arabidopsis thaliana.
Orgil U, Araki H, Tangchaiburana S, Berkey R, Xiao S
Genetics 176(4) 2317-2333 2007年08月
A molecular isolation mechanism associated with high intra-specific diversity in rice.
Yang S, Jiang K, Araki H, Ding J, Yang YH, Tian D
Gene 394(1-2) 87-95 2007年06月
Highly asymmetric rice genomes.
Ding J, Araki H, Wang Q, Zhang P, Yang S, Chen JQ, Tian D
BMC genomics 8 154 2007年06月
A potential bias in the temporal method for estimating Ne in admixed populations under natural selection.
Araki H, Waples RS, Blouin MS
Molecular ecology 16(11) 2261-2271 2007年06月
Contrasting patterns of evolution between allelic groups at a single locus in Arabidopsis.
Ding J, Cheng H, Jin X, Araki H, Yang Y, Tian D
Genetica 129(3) 235-242 2007年03月
Effective population size of steelhead trout: influence of variance in reproductive success, hatchery programs, and genetic compensation between life-history forms.
Araki H, Waples RS, Ardren WR, Cooper B, Blouin MS
Molecular ecology 16(5) 953-966 2007年03月
Reproductive success of captive-bred steelhead trout in the wild: evaluation of three hatchery programs in the Hood river.
Araki H, Ardren WR, Olsen E, Cooper B, Blouin MS
Conservation biology : the journal of the Society for Conservation Biology 21(1) 181-190 2007年02月
Presence/absence polymorphism for alternative pathogenicity islands in Pseudomonas viridiflava, a pathogen of Arabidopsis.
Araki H, Tian D, Goss EM, Jakob K, Halldorsdottir SS, Kreitman M, Bergelson J
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 103(15) 5887-5892 2006年04月
Unique evolutionary mechanism in R-genes under the presence/absence polymorphism in Arabidopsis thaliana.
Shen J, Araki H, Chen L, Chen JQ, Tian D
Genetics 172(2) 1243-1250 2006年02月
Unbiased estimation of relative reproductive success of different groups: evaluation and correction of bias caused by parentage assignment errors.
Araki H, Blouin MS
Molecular ecology 14(13) 4097-4109 2005年11月
Pseudomonas viridiflava and P. syringae--natural pathogens of Arabidopsis thaliana.
Jakob K, Goss EM, Araki H, Van T, Kreitman M, Bergelson J
Molecular plant-microbe interactions : MPMI 15(12) 1195-1203 2002年12月
Signature of balancing selection in Arabidopsis.
Tian D, Araki H, Stahl E, Bergelson J, Kreitman M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 99(17) 11525-11530 2002年08月

受賞

2007年
日本進化学会 研究奨励賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2007年
日本進化学会 研究奨励賞 

競争的資金等の研究課題

環境DNAを用いた回遊性サケ科魚類の非侵襲的モニタリングとバイオマス推定
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 荒木 仁志
野生サケとは何か? 河川遡上期を決める 遺伝的基盤と資源量 への貢献度の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 荒木 仁志
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
環境DNAを用いた回遊性サケ科魚類の非侵襲的モニタリングとバイオマス推定
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 荒木 仁志
野生サケとは何か? 河川遡上期を決める 遺伝的基盤と資源量 への貢献度の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 荒木 仁志

教育活動

主要な担当授業

一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 生き物たちのハーモニー 生態循環 適応 進化 遺伝的改良 保全
動物学夏季実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : センサス、フィールド科学センター、野外実習、密度、多様性
動物生態学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 生態、進化、適応、遺伝、保全、生物多様性
化学実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 生化学、核酸、タンパク質、生理活性物質、試薬の取り扱い,有害廃液取り扱い
卒業論文
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 作物学、作物生理学、植物病理学、園芸学、花卉。緑地計画学、植物機能開発学、動物生態学、昆虫体系学、植物遺伝資源学、細胞工学、植物病原学、環境分子生物学、総合博物館、北方生物圏フィールド科学センター
国際交流Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 国際本部
キーワード : 進化、生態、保全
基礎遺伝学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 遺伝、生命現象、メンデル、ダーウィン、変異、進化、保全
応用動物学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 生態学、集団遺伝学
応用動物生態学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 農学院
キーワード : 進化、生態、保全Evolution, Ecology and Conservation
生物学実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 遺伝、生態、行動、生理、遺伝子、分子
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 生き物たちのハーモニー 生態循環 適応 進化 遺伝的改良 保全
動物学夏季実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : センサス、フィールド科学センター、野外実習、密度、多様性
動物生態学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 生態、進化、適応、遺伝、保全、生物多様性
化学実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 生化学、核酸、タンパク質、生理活性物質、試薬の取り扱い,有害廃液取り扱い
卒業論文
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 作物学、作物生理学、植物病理学、園芸学、花卉。緑地計画学、植物機能開発学、動物生態学、昆虫体系学、植物遺伝資源学、細胞工学、植物病原学、環境分子生物学、総合博物館、北方生物圏フィールド科学センター
国際交流Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 国際本部
キーワード : 進化、生態、保全
基礎遺伝学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 遺伝、生命現象、メンデル、ダーウィン、変異、進化、保全
応用動物学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 生態学、集団遺伝学
応用動物生態学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 農学院
キーワード : 進化、生態、保全Evolution, Ecology and Conservation
生物学実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 遺伝、生態、行動、生理、遺伝子、分子
生物資源科学実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 試験場の見学,基礎実験,作物系、植物系、動物系、造園系コース
生物資源科学実験Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 試験場の見学,基礎実験
生物資源科学実験Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 作物系、植物系、動物系、造園系コース
生物資源科学演習Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 文献購読,プレゼンテーション,少人数での議論
生物資源科学演習Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 文献購読,プレゼンテーション,少人数での議論
生物資源科学演習Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 文献購読,プレゼンテーション,少人数での議論
生物資源科学演習Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 文献購読,プレゼンテーション,少人数での議論
生物資源科学特別実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 専門的実験,解析
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
動物生態学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 生態、進化、適応、遺伝、保全、生物多様性
国際交流
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 国際
基礎遺伝学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 遺伝、生命現象、メンデル、ダーウィン、変異、進化、保全
応用動物学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 基礎科学、応用科学、科学論
応用動物生態学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 農学院
キーワード : 進化、生態、保全
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
動物生態学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : Animal Ecology
応用動物学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 基礎科学、応用科学、科学論
応用動物生態学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 農学院
キーワード : 社会性、種間関係、多様性、共生、群集、多様性と生物的防除

大学運営

学内役職歴

2015年04月
-
2016年03月
農学部生物資源科学科長
学内役職歴を全て表示する
学内役職歴閉じる
2015年04月
-
2016年03月
農学部生物資源科学科長

ページトップへ