門出 健次モンデ ケンジresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/05/03

基本情報

プロフィール

所属部署名
先端生命科学研究院 先端融合科学研究部門 化学生物学分野
職名教授 
学位
理学博士(北海道大学)
理学修士(北海道大学)
メールアドレスkmondesci.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttp://altair.sci.hokudai.ac.jp/infchb/
科研費研究者番号

研究キーワード

キラリティー, 赤外円二色スペクトル, 化学生物学, 複合糖質・脂質, 阻害剤

研究分野

生体分子科学 / ケミカルバイオロジー
生体分子科学 / 生物分子化学
複合化学 / 生体関連化学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
生体分子科学 / ケミカルバイオロジー
生体分子科学 / 生物分子化学
複合化学 / 生体関連化学

職歴

2016年04月
-
現在
北海道大学(次世代物質生命科学研究センター長)
2013年04月
-
現在
北海道大学(副研究院長)
2010年04月
-
現在
北海道大学(教授)
2013年04月
-
2016年03月
北海道大学(次世代ポストゲノム研究センター長)
2006年04月
-
2010年03月
北海道大学(准教授)
2001年07月
-
2006年03月
北海道大学(助教授)
1996年07月
-
2001年06月
東北大学(助手)
1995年01月
-
1996年06月
米国コロンビア大学 (博士研究員)
1994年03月
-
1995年01月
文部省在外研究員(米国コロンビア大学)(博士研究員)
1988年04月
-
1994年03月
北海道大学(助手)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2016年04月
-
現在
北海道大学(次世代物質生命科学研究センター長)
2013年04月
-
現在
北海道大学(副研究院長)
2010年04月
-
現在
北海道大学(教授)
2013年04月
-
2016年03月
北海道大学(次世代ポストゲノム研究センター長)
2006年04月
-
2010年03月
北海道大学(准教授)
2001年07月
-
2006年03月
北海道大学(助教授)
1996年07月
-
2001年06月
東北大学(助手)
1995年01月
-
1996年06月
米国コロンビア大学 (博士研究員)
1994年03月
-
1995年01月
文部省在外研究員(米国コロンビア大学)(博士研究員)
1988年04月
-
1994年03月
北海道大学(助手)

学歴

1986年04月
-
1988年03月
北海道大学 理学研究科 化学専攻(博士後期課程)
1984年04月
-
1986年03月
北海道大学 理学研究科 化学専攻(博士前期課程)
1980年04月
-
1984年03月
北海道大学 理学部 化学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
1986年04月
-
1988年03月
北海道大学 理学研究科 化学専攻(博士後期課程)
1984年04月
-
1986年03月
北海道大学 理学研究科 化学専攻(博士前期課程)
1980年04月
-
1984年03月
北海道大学 理学部 化学科

所属学協会

日本化学会
アメリカ化学会
高分子学会
有機合成化学協会
セラミド研究会
日本糖質学会
フルオラス科学研究会
日本油化学会
日本ケミカルバイオロジー学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本化学会
アメリカ化学会
高分子学会
有機合成化学協会
セラミド研究会
日本糖質学会
フルオラス科学研究会
日本油化学会
日本ケミカルバイオロジー学会

研究活動

論文

Enantioselective Rh- or Ir-Catalyzed Directed C(sp3)–H Borylation with Phosphoramidite Chiral Ligands
Reyes R. L., Harada T., Taniguchi T., Monde K., Iwai T., Sawamura M.
Chem. Lett. 46 1747-1750 2017年
Asymmetric Synthesis of β-Lactams through Copper-Catalyzed Alkyne-Nitrone Coupling with Prolinol-Phosphine Chiral Ligand
Takayama Y., Ishii T., Ohmiya H., Iwai T., Schwarzer M. C., Mori S., Taniguchi T., Monde K., Sawamura M.
Chem. Eur. J. 23(35) 8400-8404 2017年
Formal (4+1) Cycloaddition and Enantioselective Michael–Henry Cascade Reactions To Synthesize Spiro[4,5]decanes and Spirooxindole Polycycles
Huang, J.-R., Sohail, M., Taniguchi, T., Monde, K., Fujie Tanaka, F.
Angew. Chem., Int. Ed. 56(21) 5853-5857 2017年
Analysis of Configuration and Conformation of Furanose Ring in Carbohydrate and Nucleoside by Vibrational Circular Dichroism
Taniguchi, T., Nakano, K., Baba, R., Monde, K.
Org. Lett. 19(2) 404-407 2017年
α-Arylation of α-Amino Acid Derivatives with Arynes via Memory of Chirality: Asymmetric Synthesis of Benzocy-clobutenones with Tetrasubstituted Carbon
Kasamatsu, K., Yoshimura, T., Mándi, A., Taniguchi, T., Monde, K., Furuta, T., Kawabata, T.
Org. Lett. 19(2) 352-355 2017年
Synthesis of Nontoxic Fluorous Sphingolipids as Molecular Probes of Exogenous Metabolic Studies for Rapid Enrichment by FSPE
Saito, S., Murai,Y., Usuki, S., Yoshida, M., Hammam, M.A.S., Mitsutake, S., Yuyama, K., Igarashi, Y., Monde, K.
Eur. J. Org. Chem. 2017(6) 1045-1051 2017年
Reinvestigation of the Absolute Configurations of Chiral ß-Mercaptoalkanones Using Vibrational Circular Dichroism and 1H NMR Analysis
Kiske, C., Noerenberg, S., Ecker, M., Ma, X., Taniguchi, T., Monde, K., Eisenreich, W., Engel, K.-H.
J. Agric. Food Chem. 64(45) 8563-8571 2016年
Asymmetric Diels–Alder Reaction of α-Substituted and β,β-Disubstituted α,β-Enals via Diarylprolinol Silyl Ether for the Construction of All-Carbon Quaternary Stereocenters
Hayashi, Y., Bondzic, B. P., Yamazaki, T., Gupta, Y., Ogasawara, S., Taniguchi, T., Monde, K.
Chem., Eur. J. 22(44) 15874-15880 2016年
A Bioinspired Synthesis of (±)-Rubrobramide, (±)-Flavipucine, and Isoflavipucine
Mizutani, S., Komori, K., Taniguchi, T., Monde, K., Kuramochi, K., Tsubak, K.
Angew. Chem., Int. Ed. 55(33) 9553-9556 2016年
Stereochemical study of sphingosine by vibrational circular dichroism
Nakahashi, A., C. Siddegowda, A. K., Hammam, M. A. S., Gowda, S. G. B., Murai, Y., Monde, K.
Org. Lett. 18(10) 2330 2016年
論文を全て表示する
論文閉じる
Enantioselective Rh- or Ir-Catalyzed Directed C(sp3)–H Borylation with Phosphoramidite Chiral Ligands
Reyes R. L., Harada T., Taniguchi T., Monde K., Iwai T., Sawamura M.
Chem. Lett. 46 1747-1750 2017年
Asymmetric Synthesis of β-Lactams through Copper-Catalyzed Alkyne-Nitrone Coupling with Prolinol-Phosphine Chiral Ligand
Takayama Y., Ishii T., Ohmiya H., Iwai T., Schwarzer M. C., Mori S., Taniguchi T., Monde K., Sawamura M.
Chem. Eur. J. 23(35) 8400-8404 2017年
Formal (4+1) Cycloaddition and Enantioselective Michael–Henry Cascade Reactions To Synthesize Spiro[4,5]decanes and Spirooxindole Polycycles
Huang, J.-R., Sohail, M., Taniguchi, T., Monde, K., Fujie Tanaka, F.
Angew. Chem., Int. Ed. 56(21) 5853-5857 2017年
Analysis of Configuration and Conformation of Furanose Ring in Carbohydrate and Nucleoside by Vibrational Circular Dichroism
Taniguchi, T., Nakano, K., Baba, R., Monde, K.
Org. Lett. 19(2) 404-407 2017年
α-Arylation of α-Amino Acid Derivatives with Arynes via Memory of Chirality: Asymmetric Synthesis of Benzocy-clobutenones with Tetrasubstituted Carbon
Kasamatsu, K., Yoshimura, T., Mándi, A., Taniguchi, T., Monde, K., Furuta, T., Kawabata, T.
Org. Lett. 19(2) 352-355 2017年
Synthesis of Nontoxic Fluorous Sphingolipids as Molecular Probes of Exogenous Metabolic Studies for Rapid Enrichment by FSPE
Saito, S., Murai,Y., Usuki, S., Yoshida, M., Hammam, M.A.S., Mitsutake, S., Yuyama, K., Igarashi, Y., Monde, K.
Eur. J. Org. Chem. 2017(6) 1045-1051 2017年
Reinvestigation of the Absolute Configurations of Chiral ß-Mercaptoalkanones Using Vibrational Circular Dichroism and 1H NMR Analysis
Kiske, C., Noerenberg, S., Ecker, M., Ma, X., Taniguchi, T., Monde, K., Eisenreich, W., Engel, K.-H.
J. Agric. Food Chem. 64(45) 8563-8571 2016年
Asymmetric Diels–Alder Reaction of α-Substituted and β,β-Disubstituted α,β-Enals via Diarylprolinol Silyl Ether for the Construction of All-Carbon Quaternary Stereocenters
Hayashi, Y., Bondzic, B. P., Yamazaki, T., Gupta, Y., Ogasawara, S., Taniguchi, T., Monde, K.
Chem., Eur. J. 22(44) 15874-15880 2016年
A Bioinspired Synthesis of (±)-Rubrobramide, (±)-Flavipucine, and Isoflavipucine
Mizutani, S., Komori, K., Taniguchi, T., Monde, K., Kuramochi, K., Tsubak, K.
Angew. Chem., Int. Ed. 55(33) 9553-9556 2016年
Stereochemical study of sphingosine by vibrational circular dichroism
Nakahashi, A., C. Siddegowda, A. K., Hammam, M. A. S., Gowda, S. G. B., Murai, Y., Monde, K.
Org. Lett. 18(10) 2330 2016年
Facile Diastereoseparation of Glycosyl Sulfoxides by Chiral Stationary Phase
Taniguchi T., Asahata M., Nasu A., Shichibu Y., Konishi K., Monde K.
Chirality  534-539 2016年
Reducing Molecular Flexibility by Cyclization for Elucidation of Absolute Configuration by CD Calculations: Daurichromenic Acid
Mandi A., Swamy M. M. M., Taniguchi T., Anetai M., Monde K.
Chirality 28(6) 453-459 2016年
Hydrogen Bonding to Carbonyl Oxygen of Nitrogen-Pyramidalized Amide – Detection of Pyramidalization Direction Preference by Vibrational Circular Dichroism Spectroscopy
Wang, S., Taniguchi, T., Monde, K., Kawahata, M., Yamaguchi, K., Otani, Y., Ohwada T.
Chem. Commun. 52(21) 4021 2016年
Enantioselective Synthesis of Aminoindan Carboxylic Acid Derivatives by the Catalytic Intramolecular [2+2+2] Cycloaddition of Amino Acid-Tethered Triynes
Tahara, Y., Obinata, S., Kanyiva, K. S., Shibata, T., Mándi, A., Taniguchi, T., Monde, K.
Eur. J. Org. Chem. 2016(7) 1413 2016年
Efficient Synthesis of Photoreactive 2-Propoxyaniline Derivatives as Artificial Sweeteners.
18. Murai, Y., Yoshida, T., Wang, L., Masuda, K., Hashidoko, Y., Monde, K., Hatanaka, Y., Hashimoto, M.
Synlett 27(6) 946-950 2016年
What Is the True Structure of D609, a Widely Used Lipid Related Enzyme Inhibitor?
Kato, M., Hammam, M. A. S., Taniguchi, T., Suga, Y., Monde, K.
Org. Lett. 18(4) 768-771 2016年
Stereochemistry of a Rhododaurichromanic Acid Derivative.
Swamy M. M. M., Mandi A., Anetai M., Monde K.
Nat. Prod. Commun. 11 193-195 2016年
Epigenetic stimulation of polyketide production in Chaetomium cancroideum by an NAD+- dependent HDAC inhibitor
Asai, T., Morita, S., Taniguchi, T., Monde, K., Oshima, Y.
Org. Biomol. Chem. 14(2) 651 2016年
Highly Efficient Preparation of Sphingoid Bases from Glucosylceramides by Chemoenzymatic Method
Gowda S.B., Usuki S., Hammam M.A.S., Murai Y., Igarashi Y., Monde K.
J. Lipid Res. 57(2) 331 2016年
Vibrational CD (VCD) Spectroscopy as a Powerful Tool for Chiral Analysis of Flavor Compounds.
Yaguchi, Y., Nakahashi, A., Miura, N., Taniguchi, T., Sugimoto, D., Emura, M., Zaizen, K., Kusano, Y., .Monde, K.
ACS Symp. Ser. 1212 35-56 2015年
Stereochemical Analysis of Glycerophospholipids by Vibrational Circular Dichroism.
Taniguchi, T., Manai, D., Shibata, M., Itabashi, Y., Monde, K.
J. Am. Chem. Soc. 137(38) 12191-12194 2015年
Genome Mining for Sesterterpenes Using Bifunctional Terpene Synthases Reveals a Unified Intermediate of Di/Sesterterpenes.
Ye, Y., Minami, A., Mandi, A., Liu, C., Taniguchi, T., Kuzuyama, T., Monde, K., Gomi, K., Oikawa H.
J. Am. Chem. Soc. 137(36) 11846-11853 2015年
Asymmetric Nitrocyclopropanation of α-Substituted α,β-Enals Catalyzed by Diphenylprolinol Silyl Ether for the Construction of All-Carbon Quaternary Stereogenic Centers.
Hayashi, Y., Yamazaki, T., Nakanishi, Y., Ono, T., Taniguchi,T., Monde, K., Uchimaru,T.
Eur.J. Org. Chem. 2015(26) 5747-5754 2015年
Revision of the relative and absolute stereochemistry of 3-hydroxydehydroiso-α-lapachone and its derivatives.
Khandelwal, P., Singh, P., Taniguchi, T., Monde, K., Johmoto, K., Uekusa, H., Masubuti, H., Fujimoto, Y.
Phytochemistry Lett. 10 224-229 2014年
Stereoselective synthesis of 1-methoxyspiroindoline phytoalexins and their amino analogues
Salayová, A., Kudličková Z., Baláž M., Budovská M., Pilátová M., Mojžiš J., Monde K., Petrovaj J. Gondová T.
Tetrahedron Asymmetry, 25(16-17) 1233 2014年
In Depth Study on Solution-State Structure of Poly(lactic acid) by Vibrational Circular Dichroism
Hongen, T., Taniguchi, T. Nomura, S., Kadokawa, J., Monde, K.
Macromolecules 47(15) 5313-5319 2014年
Enantioselective intramolecular aza-spiroannulation onto benzofurans using chiral rhodium catalysis
Shibuta, T., Sato, S., Shibuya, M., Kanoh, N., Taniguchi, T., Monde, K., Iwabuchi, Y.
Heterocycles 89(3) 631-639 2014年
Short Synthesis of Berkeleyamide D and Determination of the Absolute Configuration by the Vibrational Circular Dichroism Exciton Chirality Method
Komori K., Taniguchi T., Mizutani S., Monde K., Kuramochi K., Tsubaki K.
Org. Lett. 16(5) 1386-1389 2014年
Structurally diverse chaetophenol productions induced by chemically mediated epigenetic manipulation of fungal gene expression
Asai, T., Yamamoto T., Shirata N., Taniguchi T., Monde K., Fujii I., Gomi K., Oshima Y.
Org. Lett. 15(13) 3346-3349 2013年
Structures and absolute configurations of short-branched fatty acid dimers from an endophytic fungus of Aloe arborescens
Asai T., Otsuki S., Taniguchi T., Monde K., Yamashita K., Sakurai H., Ozeki T., Oshima Y.
Tetrahedron Lett. 54(26) 3402-3405 2013年
Structures of Spiroindicumides A and B, Unprecedented Carbon Skeletal Spirolactones, andDetermination of the Absolute Configuration by Vibrational Circular Dichroism Exciton Approach
Asai T., Taniguchi T., Yamamoto T., Monde K., Oshima Y.
Org. Lett. 15(17) 4320-4323 2013年
Structural Diversity of New C13-Polyketides Produced by Chaetomium mollipilium Cultivated in the Presence of a NAD+-Dependent Histone Deacetylase Inhibitor
Asai T., Morita S., Shirata N., Taniguchi T., Monde K., Sakurai H., Ozeki T., Oshima Y.
Org. Lett. 14(21) 5456-5459 2012年
Enantioselective synthesis of tripodal cyclophanes and pyridinophanes by intramolecular [2+2+2] cycloaddition
Shibata T., Miyoshi M., Uchiyama T., Endo K., Miura N., Monde K.
Tetrahedron 68(12) 2679-2686 2012年
Dihydrobenzofurans as cannabinoid receptor ligands from Cordyceps annullata, an entomopathogenic fungus cultivated in the presence of an HDAC inhibitor.
Asai T., Luo D., Obara Y., Taniguchi T., Monde K., Yamashita K., Oshima Y.
Tetrahedron Lett. 53(17) 2239-2243 2012年
The Exciton Chirality Method in Vibrational Circular Dichroism
Taniguchi T., Monde K.
J. Am. Chem. Soc. 134(8) 3695-3698 2012年
Salvileucalin C, a novel rearranged neoclerodane diterpene from Salvia leucantha
Aoyagi Y., Yamazaki A., Kato R., Tobe F., Fukaya H., Nishikawa T., Nakahashi A., Miura N., Monde K., Takeya K.
Tetrahedron Lett. 52(16) 1851-1853 2011年
A Vibrational Circular Dichroism Approach to the Determination of the Absolute Configurations of Flavorous 5-Substituted-2(5H)-furanones
Nakahashi A., Yaguchi Y., Miura N., Emura M., Monde K.
J. Nat. Prod. 74(4) 707-711 2011年
(R)-(+)-[VCD(–)984]-4-Ethyl-4-methyloctane: A Cryptochiral Hydrocarbon with a Quaternary Chiral Center. (1) Synthesis of the Enantiopure Compound and Unambiguous Determination of Absolute Configuration
Fujita T., Obata K., Kuwahara S., Nakahashi A., Monde K., Decatur J., Harada N.
Eur. J. Org. Chem. 2010(33) 6372-6384 2010年
(R)-(+)-[VCD(–)984]-4-Ethyl-4-methyloctane: A Cryptochiral Hydrocarbon with a Quaternary Chiral Center. (2) Vibrational CD Spectra of Both Enantiomers and Absolute Configurational Assignment
Kuwahara S., Obata K., Fujita T., Miura N., Nakahashi A., Monde K., Harada N.
Eur. J. Org. Chem. 2010(33) 6385-6392 2010年
Vibrational CD Spectroscopy as a Powerful Tool for Stereochemical Study of Cyclophynes in Solution
An, D. L., Chen, Q., Fang, J., Yan, H., Orita, A., Miura, N., Nakahashi, A., Monde, K., Otera, J.
Tetrahedron Lett. 50(15) 1689-1692 2009年
"Absolute Configuration of Actinophyllic Acid as Determined through Chiroptical Data "
Taniguchi, T., Martin, C., Monde, K., Nakanishi, K., Berova, N., Overman, L.
J. Nat. Prod. 72(3) 430-432 2009年
"Stereochemical studies of hexylitaconic acid, an inhibitor of p53-HDM2 interaction"
NAKAHASHI Atsufumi, MIURA Nobuaki, MONDE Kenji, TSUKAMOTO Sachiko
Bioorg. Med. Chem. Lett. 19(11) 3027-3030 2009年
"Stereochemical Studies of Flavorous 2-Substituted-3(2H)-furanones by Vibrational Circular Dichroism"
EMURA Makoto, YAGUCHI Yoshihiro, NAKAHASHI Atsufumi, SUGIMOTO Daisuke, MIURA Nobuaki, MONDE Kenji
J. Agric. Food Chem. 57(21) 9909-9915 2009年
"Super Water- and Highly Oil-Repellent Films Made of Fluorinated Poly(alkylpyrroles)"
CHIBA Kaori, CHIBA Kaori, KUROGI Kazutomo, KUROGI Kazutomo, MONDE Kenji, HASHIMOTO Mai, YOSHIDA Masafumi, MAYAMA Hiroyuki, TSUJII Kaoru
Colloids Surf. 354(1-3) 234-239 2009年
"Stereochemical Study of a Novel Tautomeric Furanone, Homofuraneol"
Monde K., Miura N., Nakahashi A., Sugimoto D., Yaguchi Y., Emura M.
Chirality 21(1 E) 110-115 2009年
"Observation and Characterization of a Specific Vibrational Circular Dichroism (VCD) Band in Phenyl Glycosides"
Chirality 20 446-453 2008年
"Glycoconjugate Data Bank: Structures---an annotated glycan structure database and N-glycan primary structure verification service"
NISHIMURA Si, MIURA N, MONDE K, NAKAGAWA H, HASHIMOTO R, NAKAHARA T
Nucleic Acids Res. 36 368-371 2008年
"Alterations in the glycoform of cisplatin-resistant human carcinoma cells are caused by defects in the endoplasmic reticulum-associated degradation system"
FUJITANI N, KONDO H, AKIYAMA Si, NAKAGAWARA A, NISHIMURA Si, SHINOHARA Y, MONDE K, NAGAHORI N, NAKAGAWA H, OHIRA M, HAYASHI S, ABE S, SAITO S
Cancer Lett. 270(2) 295-301 2008年
"Chiral Sulfinates Studied by Optical Rotation, ECD and VCD: the Absolute Configuration of a Cruciferous Phytoalexin Brassicanal C"
TANIGUCHI Tohru, MONDE Kenji, NAKANISHI Koji, BEROVA Nina
Org. Biomol. Chem. 6(23) 4399-4405 2008年
"Stereochemical Study of Chiral Tautomeric Flavorous Furanones by Vibrational Circular Dichroism"
YAGUCHI Yoshihiro, NAKAHASHI Atsufumi, MIURA Nobuaki, SUGIMOTO Daisuke, MONDE Kenji, EMURA Makoto
Org. Lett. 10(21) 4883-4885 2008年
"The effect of pore size on in vitro cartilage formation using chitosan-based hyaluronic acid hybrid polymer fibers"
YAMANE Shintaro, YAMANE Shintaro, IWASAKI Norimasa, IWASAKI Norimasa, KASAHARA Yasuhiko, KASAHARA Yasuhiko, HARADA Kazuo, MAJIMA Tokifumi, MAJIMA Tokifumi, MONDE Kenji, NISHIMURA Shin‐ichiro, MINAMI Akio, MINAMI Akio
J. Biomed. Mater. Res. Part A 81(3) 586-593 2007年
"Vibrational circular dichroism (VCD) studies on disaccharides in the CH region: Toward discrimination of glycosidic linkage position"
TANIGUCHI Tohru, MONDE Kenji
Org. Biomol. Chem. 5(7) 1104-1110 2007年
"(R)-(+)-[VCD(+)945]-4-Ethyl-4-methyloctane, the Simplest Chiral Saturated Hydrocarbon with a Quaternary Stereogenic Center"
FUJITA Takuma, OBATA Kazuhiro, KUWAHARA Shunsuke, MIURA Nobuaki, NAKAHASHI Atsufumi, MONDE Kenji, DECATUR John, HARADA Nobuyuki, HARADA Nobuyuki
Tetrahedron Lett. 48(24) 4219-4222 2007年
"Effects of Central Metals Ions on Vibrational Circular Dichroism Spectra of Tris-(β-diketonato)Metal(III) Complexes"
SATO Hisako, SATO Hisako, TANIGUCHI Tohru, NAKAHASHI Atsufumi, MONDE Kenji, YAMAGISHI Akihiko, YAMAGISHI Akihiko
Inorg. Chem. 46(16) 6755-6766 2007年
"A structure and an absolute configuration of (+)-alternamin, a new coumarin from Murraya alternans having antidote activity against snake venom"
Inorg. Chem. 46 6755-6766 2007年
"Spectra - Structures Relationship on Carbohydrate VCD and Its Application to Glycoconjugates"
Chem.-Asian J. 48 6155-6158 2007年
"Stereoselective synthesis of (R)-(+)-1-methoxyspirobrassinin, (2R,3R)-(-)-1-methoxyspirobrassinol methyl ether and their enantiomers, or diastereoisomers"
CURILLOVA Zuzana, KUTSCHY Peter, BUDOVSKA Mariana, NAKAHASHI Atsufumi, MONDE Kenji
Tetrahedron Lett. 48(46) 8200-8204 2007年
"Stereochemical Studies of Sialic Acid Derivatives by Vibrational Circular Dichroism"
NAKAHASHI Atsufumi, TANIGUCHI Tohru, MIURA Nobuaki, MONDE Kenji
Org. Lett. 9(23) 4741-4744 2007年
"A theoretical study of α- and β-D-glucopyranose conformations by the density functional theory"
Chem. Phys. Lett. 419 326-332 2006年
"Absolute Configurations of Brominated Sesquiterpenes Determined by Vibrational Circular Dichroism"
Chirality 18 335-336 2006年
"Dramatic Effects of d-Electron Configurations on Vibrational Circular Dichroism Spectra of Tris(acetylacetonato)metal (III)"
SATO Hisako, SATO Hisako, TANIGUCHI Tohru, MONDE Kenji, NISHIMURA Shin-ichiro, YAMAGISHI Akihiko, YAMAGISHI Akihiko
Chem. Lett. 35(4) 364-365 2006年
"Conformational Analysis of Chiral Helical Perfluoroalkyl Chains by VCD"
MONDE Kenji, MIURA Nobuaki, HASHIMOTO Mai, TANIGUCHI Tohru, INABE Tamotsu
J. Am. Chem. Soc. 128(18) 6000-6001 2006年
"Absolute configurations of endoperoxides determined by vibrational circular dichroism (VCD)"
Tetrahedron Lett. 47 107-116 2006年
"Rewinding of Helical Systems by Use of Cr(III) Complex as a Photoresponsive Chiral Dopant"
TANIGUCHI Tohru, MONDE Kenji, NISHIMURA Shin‐Ichiro, YOSHIDA Jun, SATO Hisako, YAMAGISHI Akihiko, SATO Hisako, YAMAGISHI Akihiko
Mol. Cryst. Liq. Cryst. 460 107-116 2006年
"Sequential Glycoproteins: Practical Feasibility of chitosan-based hyaluronic acid hybrid biomaterial for a novel scaffold in cartilage tissue engineering"
YAMANE S, IWASAKI N, MAJIMA T, FUNAKOSHI T, MASUKO T, HARADA K, MINAMI A, MONDE K, NISHIMURA S
Biomaterials 26(6) 611-619 2005年
"High Throughput Protein Glycomics: Combined Use of Chemoselective Glycoblotting and MALDI-TOF/TOF Mass Spectrometry"
NISHIMURA S, NIIKURA K, KUROGOCHI M, MATSUSHITA T, FUMOTO M, HINOU H, KAMITANI R, NAKAGAWA H, KONDO H
Angew. Chem., Int. Ed. 44(1) 91-96 2005年
"Direct Observation of Sugar-Protein, Sugar-Sugar, and Sugar-Water Complexes by Using Cold-Spray Ionization Time-of-Flight Mass Spectrometry"
NISHIMURA S, NAGAHORI N, TAKAYA K, TACHIBANA Y, MIURA N, MONDE K
Angew. Chem., Int. Ed. 44(4) 571-575 2005年
"Cruciferous phytoalexins: antiproloferative effects in T-Jurkat leukemic cells"
PILATOVA M, SARISSKY M, KUTSCHY P, MIROSSAY A, MEZENCEV R, CURILLOVA Z, SUCHY M, MONDE K, MIROSSAY L, MOJZIS J
Leuk. Res. 29(4) 415-421 2005年
"Versatile Synthesis of Oligosaccharide-Containing Fullerenes"
ABE S, MORIYAMA H, NIIKURA K, FENG F, MONDE K, NISHIMURA S
Tetrahedron Asymmetry 16(1) 15-19 2005年
"Chemical and Enzymatic Synthesis of Glycocluster Having Seven Sialyl Lewis X Arrays Using β-Cyclodextrin as a Key Scaffold Material"
FURUIKE T, SADAMOTO R, NIIKURA K, MONDE K, SAKAIRI N, NISHIMURA S
Tetrahedron 61(7) 1737-1742 2005年
"Versatile Glycoblotting Nanoparticles for High Throughput Protein Glycomics"
NIIKURA Kenichi, KAMITANI Ryosuke, KUROGOCHI Masaki, UEMATSU Rie, SHINOHARA Yasuro, NAKAGAWA Hiroaki, DEGUCHI Kisaburo, MONDE Kenji, KONDO Hirosato, NISHIMURA Shin‐Ichiro, NISHIMURA Shin‐Ichiro
Chem. Eur. J. 11(13) 3825-3834 2005年
"ActivityAntihyperglycaemic flavonoids from syzygium samarangense (Blume) Merr. and Perry"
RESURRECCION-MAGNO Mhc, VILLASENOR Im, HARADA N, MONDE K
Phytother. Res. 19(3) 246-251 2005年
"Rational Design, Synthesis, and Characterization of Novel Inhibitors for Human β1,4- Galactosyltransferase"
TAKAYA K, NAGAHORI N, KUROGOCHI M, FURUIKE T, MIURA N, MONDE K, LEE Yc, NISHIMURA Si
J. Med. Chem. 48(19) 6054-6065 2005年
"High throughput quantitative glycomics and glycoform-focused proteomics of murine dermis and epidermis"
NISHIMURA Si, MONDE K, DEGUCHI K, SHINOHARA Y, NAKAGAWA H, FURUKAWA J, UEMATSU R
Mol. Cell. Proteomics 4(12) 1977-1989 2005年
"An engineered hyaluronan synthase: Characterization of recombinant human hyaluronan synthase 2 expressed in Escherichia coli. "
HOSHI H, NAKAGAWA H, NISHIGUCHI S, IWATA K, NIIKURA K, MONDE K, NISHIMURA S
J. Biol. Chem. 279(4) 2341-2349 2004年
"Antifreeze Glycoproteins: Elucidation of the Structural Motifs That Are Essential for Antifreeze Activity"
TACHIBANA Y, FLETCHER G L, FUJITANI N, TSUDA S, MONDE K, NISHIMURA S
Angew. Chem. Int. Ed. 43(7) 856-862 2004年
"Site Specific Introduction of Sialic Acid to Insulin"
SATO M, SADAMOTO R, NIIKURA K, MONDE K, KONDO H, NISHIMURA S
Angew. Chem., Int. Ed. 43(12) 1516-1520 2004年
"Structural assignment of isomeric 2-aminopyridine derivatized oligosaccharides using MSn spectral matching"
TAKEGAWA Y, ITO S, YOSHIOKA S, DEGUCHI K, NAKAGAWA H, MONDE K, NISHIMURA S
Rapid Commun. Mass Spectrom. 18(4) 385-391 2004年
"Control of bacteria adhesion by cell-wall engineering"
SADAMOTO R, NIIKURA K, UEDA T, MONDE K, FUKUHARA N, NISHIMURA S
J. Am. Chem. Soc. 126(12) 3755-3761 2004年
"Fluorescent Glyconanoparticles as a Sensitive Device to Monitor Sugar-Involving Molecular Events"
NIIKURA K, OSUGA N, NAGAHORI N, SADAMOTO R, SHIONO M, IWASAKI N, MONDE K, MINAMI A, NISHIMURA S
Polymer J. 36(3) 209-218 2004年
"Chemo-enzymatic synthesis of fluorinated 2-N-acetamidosugar nucleotides using UDP-GlcNAc pyrophosphorylase"
FENG F, OKUYAMA K, NIIKURA K, OHTA T, SADAMOTO R, MONDE K, NOGUCHI T, NISHIMURA S
Org. Biomol. Chem. 2(11) 1617-1623 2004年
"Synthesis of 4-Fluorinated UDP-MurNAc Pentapeptide as an Inhibitor of Bacterial Growth"
UEDA T, FENG F, SADAMOTO R, NIIKURA K, MONDE K, NISHIMURA S
Org. Lett. 6(11) 1753-1756 2004年
"Feasibility of Polysaccharide Hybrid Materials for Scaffolds in Cartilage Tissue Engineering: Evaluation of Chondrocyte Adhesion to Polyion Complex Fibers Prepared from Alginate and Chitosan"
IWASAKI N, YAMANE S, MAJIMA T, HARADA K, NONAKA S, TAMURA H, TOKURA S, SHIONO M, MONDE K
Biomacromolecules 5(3) 828-833 2004年
"A Specific Band Observed in VCD Predicts a-Configuration of Glycoconjugates"
MONDE K, TANIGUCHI T, MIURA N, NISHIMURA S
J. Am. Chem. Soc. 126(31) 9496-9497 2004年
"Sequential Glycoproteins: Practical Method for the Synthesis of Antifreeze Glycoprotein Models Containing Base-Labile Groups"
TACHIBANA Y, MONDE K, NISHIMURA S
Macromolecules 37(18) 6771-6779 2004年
"Glyco-Insulins: Dendritic sialyloligosaccharide-displaying insulins showing a prolonged blood-sugar lowering activity"
SATO M, FURUIKE T, SADAMOTO R, FUJITANI N, NAKAHARA T, NIIKURA K, MONDE K, KONDO H, NISHIMURA S
J. Am. Chem. Soc. 126(43) 14013-14022 2004年
"A characteristic CH band in VCD of methyl glycosidic carbohydrates"
TANIGUCHI T, MONDE K, MIURA N, NISHIMURA S‐I
Tetrahedron Lett. 45(46) 8451-8453 2004年
"Assignment and quantification of 2-aminopyridine derivatized oligosaccharide isomers coeluted on reverse-phase HPLC/MS by MSn spectral library"
DEGUCHI K, TAKEGAWA Y, ITO S, YOSHIOKA S, YOSHINARI K, KOBAYASHI K, NAKAGAWA H, MONDE K, NISHIMURA S‐I
Anal. Chem. 76(24) 7294-7303 2004年
"Synthesis of photopolymerizable glycolipids and their application as scaffolds to immobilize proteins with micron-sized pattern"
NAGAHORI N, NIIKURA K, SADAMOTO R, MONDE K, NISHIMURA S
Aust. J. Chem. 56(6) 567-576 2003年
"Glycosyltransferase microarray displayed on the glycolipid LB membrane"
NAGAHORI N, NIIKURA K, SADAMOTO R, TANIGUCHI M, YAMAGISHI A, MONDE K, NISHIMURA S
Adv. Synth. Catal. 345(6/7) 729-734 2003年
"An efficient synthesis of a biantennary sialooligosaccharide analog using a 1,6-anhydro-b-lactose derivatives as a key synthetic block"
FURUIKE T, YAMADA K, OHTA T, MONDE K, NISHIMURA S
Tetrahedron 59(27) 5105-5113 2003年
"Preparation of cruciferous phytoalexin related metabolites, (-)-dioxibrassinin and (-)-3-cyanomethyl-3-hydroxyoxindole, and determination of their absolute configurations by vibrational circular dichroism (VCD)"
MONDE K, TANIGUCHI T, MIURA N, NISHIMURA S, HARADA N, DUKOR R K, NAFIE L A
Tetrahedron Letters 44(32) 6017-6020 2003年
"Glycotentacles: Synthesis of cyclic glycopeptides toward a tailoredblocker of influenza virus hemagglutinin"
OHTA T, MIURA N, FUJITANI N, NAKAJIMA F, NIIKURA K, SADAMOTO R, GUO C‐T, SUZUKI T, SUZUKI Y
Angew. Chem. Int. Ed. 42(42) 5186-5189 2003年
"Absolute Stereochemistry of Chiral C60 Fullerene Bis-Adducts"
HARADA N, WATANABE M, MONDE K, OSAWA S, YOSHIDA K
Enantiomer. 7(1) 23-32 2002年
"Erythrocyte-like liposomes prepared by means of amphiphilic cyclodextrin sulfates"
SUKEGAWA T, FURUIKE T, NIIKURA K, YAMAGISHI A, MONDE K, NISHIMURA S
Chem. Commun. (5) 430-431 2002年
"Cell-Wall Engineering of Living Bacteria"
SADAMOTO R, NIIKURA K, SEARS P S, LIU H, WONG C‐H, SUKSOMCHEEP A, TOMITA F, MONDE K, NISHIMURA S
J. Am. Chem. Soc. 124(31) 9018-9019 2002年
"Efficient and versatile synthesis of mucin-like glycoprotein mimics"
TACHIBANA Y, MATSUBARA N, NAKAJIMA F, TSUDA T, TSUDA S, MONDE K, NISHIMURA S
Tetrahedron 58(51) 10213-10224 2002年
"Spirocyclization strategy toward indole phytoalexins. The first synthesis of (±)-1-methoxyspirobrassinin, (±)-1-methoxyspirobrassinol, and (±)-1-methoxyspirobrassinol methyl ether"
KUTSCHY P, SUCHY M, MONDE K, HARADA N, MARUSKOVA R, CURILLOVA Z, DZURILLA M, MIKLOSOVA M, MOJZIS J
Tetrahedron Lett. 43(52) 9489-9492 2002年
"Synthesis, Absolute Configuration, and Enantiomeric Enrichment of a ruciferous Oxindole Phytoalexin, (S)-(-)- Spirobrassinin, and Its Oxazoline Analog"
SUCHY M, KUTSCHY P, MONDE K, GOTO H, HARADA N, TAKASUGI M, DZURILLA M, BALENTOVA E
J. Org. Chem. 66(11) 3940-3947 2001年
"Measurement of Interfluorine Distances in Solids"
GILCHRIST M L JR, MONDE K, TOMITA Y, IWASHITA T, NAKANISHI K, MCDERMOTT A E
J. Mag. Res 152(1) 1-6 2001年
"Enantiomeric Excess of a Cruciferous Phytoalexin, Spirobrassinin, and Its Enantiomeric Enrichment in an Achiral HPLC System"
MONDE K, HARADA N, TAKASUGI M, KUTSCHY P, SUCHY M, DZURILLA M
J. Nat Prod. 63(9) 1312-1314 2000年
"Synthesis and Absolute Stereochemisty of a Cruciferous Phytoalexin, (–)-Spirobrassinin"
MONDE K, OSAWA S, HARADA N, TAKASUGI M, SUCHY M, KUTSCHY P, DZURILLA M, BALENTOVA E
Chem. Lett. (8) 886-887 2000年
"Design and Preparation of Polyphenyl Distance Markers for 19F Solid State NMR."
Isr. J. Chem. 40 301-306 2000年
"Organochlorine Compounds from a Terrestrial Higher Plant: Structures and Origin of Chlorinated Orcinol Derivatives from Diseased Bulbs of Lilium maximowiczii"
MONDE K, SATOH H, NAKAMURA M, TAMURA M, TAKASUGI M
J. Nat Prod. 61(7) 913-921 1998年
"Synthesis and optical resolution of a fluorescent chiral calix[4]arene with two pyrene moieties forming an intramolecular excimer"
JIN T, MONDE K
Chem. Commun. (13) 1357-1358 1998年
"Phytoalexins from Brassica (Cruciferae) as minor oviposition stimulants for the cabbage root fly, Delia radicum"
Chemoecology 8 163-168 1998年
"Trapping experiment with aniline for a biosynthetic intermediate of sulfur-containing cruciferous phytoalexins"
MONDE K, TANAKA A, TAKASUGI M
J. Org. Chem. 61(25) 9053-9054 1996年
"Identification of an ornithine-containing lipid from Cytophaga johnsonae Stanier strain C21 by 1H-NMR"
OKUYAMA H, MONDE K
Chem. Phys. Lipids 83(2) 169-173 1996年
"Three sulfur-containing stress metabolites from Japanese radish"
MONDE K, TAKASUGI M, SHIRATA A
Phytochemistry 39(3) 581-586 1995年
"No involvement of methoxybrassinin in the biosynthesis of cyclobrassinin"
MONDE K, TAMURA K, TAKASUGI M
Phytochemistry 39(3) 587-589 1995年
"A new approach in exciton-coupled circular dichroism (ECCD)-insertion of an auxiliary stereogenic center"
PERSON R V, MONDE K, HUMPF H‐U, BEROVA N, NAKANISHI K
Chirality 7(3) 128-135 1995年
"Isolation and biological activity of toxins produced by a Japanese strain of Pseudomonas tolaasii, the pathogen of bacterial rot of cultivated oyster mushroom"
白田昭, 菅屋和寿, 高杉光雄, 門出健次
Ann. Phytopath. Soc. Japan 61(5) 493-502 1995年
"Biosynthesis of Cruciferous Phytoalexins"
MONDE K, TAKASUGI M, OHNISHI T
J. Am. Chem. Soc. 116(15) 6650-6657 1994年
"Dehydro-4-methoxycyclobrassinin, a sulfur-containing phytoalexin isolated from turnip Brassica campestris L. ssp. rapa."
Heterocycles 116 6650-6657 1994年
"Yurinelide, a novel 3-benzylidene-1,4-benzodioxin-2(3H)-one phytoalexin from Lilium maximowiczii"
MONDE K, KISHIMOTO M, TAKASUGI M
Tetrahedron Lett., 33(37) 5395-5398 1992年
"Lipoamino acids and sulfonolipids in Cytophaga johnsonae Stanier strain C21 and six related species of Cytophaga"
Arch. Microbiol. 598 147-152 1992年
"High-performance liquid chromatographic analysis of cruciferous phytoalexins using complex ternary mobile phase gradients"
MONDE K, TAKASUGI M
J. Chromatogr. 598(1) 147-152 1992年
"Brassicanal C and two dioxindoles from cabbage"
MONDE K, SASAKI K, SHIRATA A, TAKASUGI M
Phytochemistry 30(9) 2915-2917 1991年
"Methoxybrassenins A and B, sulfur-containing stress metabolites from Brassica oleracea var. capitata"
MONDE K, SASAKI K, SHIRATA A, TAKASUGI M
Phytochemistry 30(12) 3921-3922 1991年
"Time-course studies of phytoalexins and glucosinolates in UV-irradiated turnip tissue"
Z. Naturforsch., C: Biosci. 46 189-193 1991年
"Biosynthesis of cruciferous phytoalexins: the involvement of a molecular rearrangement in the biosynthesis of brassinin"
J. Chem. Soc., Chem. Commun. 1991 1582-1583 1991年
"Brassicanals A and B, novel sulfur-containing phytoalexins from the Chinese cabbage Brassica"
Chem. Lett. 19 209-210 1990年
"A guaianolide phytoalexin, cichoralexin, from Cichorium intybus"
MONDE K, OYA T, SHIRATA A, TAKASUGI M
Phytochemistry 29(11) 3449-3451 1990年
"4-Methoxybrassinin, a sulfur-containing phytoalexin from Brassica oleracea"
MONDE K, SASAKI K, SHIRATA A, TAKASUGI M
Phytochemistry 29(5) 1499-1500 1990年
"Total synthesis of lettucenin A, a guaianolide phytoalexin from Lactuca sativa var. capitata"
Chem. Lett. 19 1283-1286 1990年
"Novel sulfur-containing phytoalexins from the Chinese cabbage Brassica campestris L. ssp. pekinensis (Cruciferae)"
TAKASUKI M, MONDE K, KATSUI N, SHIRATA A
Bull. Chem. Soc. Jpn. 61(1) 285-289 1988年
"Antifungal compounds from Dioscorea batatas inoculated with Pseudomonas cichorii"
TAKASUGI M, KAWASHIMA S, MONDE K, KATSUI N, MASAMUNE T, SHIRATA A
Phytochemistry 26(2) 371-375 1987年
"Spirobrassinin, a novel sulfur-containing phytoalexin from the daikon Raphanus sativus L. var. hortensis (Cruciferae)"
TAKASUGI M, MONDE K, KATSUI N, SHIRATA A
Chem. Lett. (8) 1631-1632 1987年

書籍

CSJカレントレビュー13「キラル化学」
日本化学会 編
化学同人 2013年 ISBN : 9784759813739
「赤外円二色性スペクトル法における新展開」
門出 健次
高分子 2012年
Comprehensive Chiroptical Spectroscopy
John Wiley & Sons 2011年
「高分子分析技術最前線」 高分子学会 編集
共立出版 2007年
「糖鎖生物学入門」 Maureen E. Taylor, Kurt Drickamer 著
化学同人 2005年
「第五版実験化学講座,14巻, 有機化合物の合成(Ⅱ)」
丸善株式会社 2005年
「植物病害の化学」
学会出版センター 1997年
「24章第3節第4項 絶対立体配置」, 有機合成実験法ハンドブック 第2版
門出 健次
丸善出版
書籍を全て表示する
書籍閉じる
CSJカレントレビュー13「キラル化学」
日本化学会 編
化学同人 2013年 ISBN : 9784759813739
「赤外円二色性スペクトル法における新展開」
門出 健次
高分子 2012年
Comprehensive Chiroptical Spectroscopy
John Wiley & Sons 2011年
「高分子分析技術最前線」 高分子学会 編集
共立出版 2007年
「糖鎖生物学入門」 Maureen E. Taylor, Kurt Drickamer 著
化学同人 2005年
「第五版実験化学講座,14巻, 有機化合物の合成(Ⅱ)」
丸善株式会社 2005年
「植物病害の化学」
学会出版センター 1997年
「24章第3節第4項 絶対立体配置」, 有機合成実験法ハンドブック 第2版
門出 健次
丸善出版

特許

SMS2阻害活性を有するセラミド誘導体
門出 健次、ハンマン モスタファ アハメド サベット アハメド、須賀 好子、吉田 裕、松村 謙一
特願2016-007702 2016年01月19日
糖スフィンゴシン及びスフィンゴ塩基の製造方法
門出 健次、五十嵐 靖之、臼杵 靖剛、ボメゴウダ シッダバサーブ ゴウダ
特願2014-215478 2014年10月22日
生物挙動コントロール方法及びその装置
門出 健次、山口 淳二、深澤 知行
特願2007-075909 2007年03月23日
撥水性および撥油性表面を有する物品およびその製造法
辻井 薫、黒木一誠、門出健次
特願2007-022552 2007年02月01日
α-アミラーゼ阻害剤
門出 健次、西村 紳一郎、内田 直人、三浦 信明、森山 英樹、前川 宣彦
特願2004-213351 2004年07月21日
VCDを利用した糖の分析法
門出 健次、谷口 透、三浦 信明
特願2003-303740 2003年08月26日
糖ペプチドおよびそのプロテオグリカンイニシエーターとしての使用
西村 紳一郎、佐藤 史洋、門出 健次
特願2003-27690 2003年02月04日
特許を全て表示する
特許閉じる
SMS2阻害活性を有するセラミド誘導体
門出 健次、ハンマン モスタファ アハメド サベット アハメド、須賀 好子、吉田 裕、松村 謙一
特願2016-007702 2016年01月19日
糖スフィンゴシン及びスフィンゴ塩基の製造方法
門出 健次、五十嵐 靖之、臼杵 靖剛、ボメゴウダ シッダバサーブ ゴウダ
特願2014-215478 2014年10月22日
生物挙動コントロール方法及びその装置
門出 健次、山口 淳二、深澤 知行
特願2007-075909 2007年03月23日
撥水性および撥油性表面を有する物品およびその製造法
辻井 薫、黒木一誠、門出健次
特願2007-022552 2007年02月01日
α-アミラーゼ阻害剤
門出 健次、西村 紳一郎、内田 直人、三浦 信明、森山 英樹、前川 宣彦
特願2004-213351 2004年07月21日
VCDを利用した糖の分析法
門出 健次、谷口 透、三浦 信明
特願2003-303740 2003年08月26日
糖ペプチドおよびそのプロテオグリカンイニシエーターとしての使用
西村 紳一郎、佐藤 史洋、門出 健次
特願2003-27690 2003年02月04日

受賞

1992年
第7回若い世代の特別講演賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
1992年
第7回若い世代の特別講演賞 

競争的資金等の研究課題

化合物先行型脂質疾患バイオマーカーの探索研究
文部科学省科学研究費:挑戦的研究(萌芽)
研究期間 : 2017年06月 - 2019年03月 代表者 : 門出 健次
ポリエステル系ペプチドミミックを指向したVCDによるバイオポリマー立体構造解析法
文部科学省科学研究費:基盤研究(B)
研究期間 : 2015年04月 - 2017年03月 代表者 : 門出 健次
先端融合領域イノベーション創出拠点の形成
科学技術振興機構(文部科学省):未来創薬・医薬イノベーション拠点形成
研究期間 : 2006年 - 2015年 代表者 : 山口 佳三
理論計算を必要としない赤外円二色性スペクトルによる新規絶対配置決定法の開発
文部科学省科学研究費:基盤研究(B)
研究期間 : 2012年04月 - 2014年03月 代表者 : 門出 健次
官能基特異的反応に着目したスフィンゴシン類の選択的捕捉法の開発
文部科学省科学研究費:挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 門出 健次
赤外円二色性スペクトルによる分子キラル分析法の開発
財団法人篷庵社:研究助成金
研究期間 : 2010年 - 2013年 代表者 : 門出 健次
さっぽろバイオクラスター構想 ”Bio-S”
文部科学省:知的クラスター創成事業(第II期)
研究期間 : 2007年 - 2011年 代表者 : 鈴木 文夫
赤外円二色法によるスタンダード・キロプティカル構造解析法の構築
文部科学省科学研究費:基盤研究(B)
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 門出 健次
生物によるキラル円偏光識別とその分子機構の解明
文部科学省科学研究費:挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 門出 健次
疾患早期診断のための糖鎖自動分析装置開発
科学技術振興機構(文部科学省):先端計測分析技術機器・開発事業
研究期間 : 2004年 - 2008年 代表者 : 西村 紳一郎
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
化合物先行型脂質疾患バイオマーカーの探索研究
文部科学省科学研究費:挑戦的研究(萌芽)
研究期間 : 2017年06月 - 2019年03月 代表者 : 門出 健次
ポリエステル系ペプチドミミックを指向したVCDによるバイオポリマー立体構造解析法
文部科学省科学研究費:基盤研究(B)
研究期間 : 2015年04月 - 2017年03月 代表者 : 門出 健次
先端融合領域イノベーション創出拠点の形成
科学技術振興機構(文部科学省):未来創薬・医薬イノベーション拠点形成
研究期間 : 2006年 - 2015年 代表者 : 山口 佳三
理論計算を必要としない赤外円二色性スペクトルによる新規絶対配置決定法の開発
文部科学省科学研究費:基盤研究(B)
研究期間 : 2012年04月 - 2014年03月 代表者 : 門出 健次
官能基特異的反応に着目したスフィンゴシン類の選択的捕捉法の開発
文部科学省科学研究費:挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 門出 健次
赤外円二色性スペクトルによる分子キラル分析法の開発
財団法人篷庵社:研究助成金
研究期間 : 2010年 - 2013年 代表者 : 門出 健次
さっぽろバイオクラスター構想 ”Bio-S”
文部科学省:知的クラスター創成事業(第II期)
研究期間 : 2007年 - 2011年 代表者 : 鈴木 文夫
赤外円二色法によるスタンダード・キロプティカル構造解析法の構築
文部科学省科学研究費:基盤研究(B)
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 門出 健次
生物によるキラル円偏光識別とその分子機構の解明
文部科学省科学研究費:挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 門出 健次
疾患早期診断のための糖鎖自動分析装置開発
科学技術振興機構(文部科学省):先端計測分析技術機器・開発事業
研究期間 : 2004年 - 2008年 代表者 : 西村 紳一郎
弱い相互作用に着目した機能性天然物の高速探索
文部科学省科学研究費:萌芽研究
研究期間 : 2005年 - 2007年 代表者 : 門出 健次
赤外領域円二色性スペクトルによるキラル分析法の応用研究
文部科学省科学研究費:基盤研究(B)
研究期間 : 2004年 - 2007年 代表者 : 門出 健次
不凍糖タンパク質の生理機能を活用する臓器・細胞保存剤の開発
経済産業省:地域コンソーシアム研究開発事業
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 西村 紳一郎
糖鎖自動合成装置における反応モニタリング技術の開発
経済産業省:糖鎖エンジニアリングプロジェクト/糖鎖構造解析技術開発
研究期間 : 2003年 - 2005年 代表者 : 西村 紳一郎
人工細胞外マトリックスの精密分子設計と靭帯および関節軟骨細胞再生への応用
文部科学省科学研究費:基盤研究(B)
研究期間 : 2003年 - 2005年 代表者 : 眞島 任史
複合糖鎖データベースリーディングプロジェクト
文部科学省:新世紀重点研究創成プラン(RR)
研究期間 : 2003年 - 2004年 代表者 : 西村 紳一郎
複合糖質の新規キラル分析法の開発
文部科学省科学研究費:萌芽研究
研究期間 : 2002年 - 2004年 代表者 : 門出 健次
機能性糖鎖複合材料創製技術開発
経済産業省:大学連携産業科学技術研究開発プロジェクト
研究期間 : 1999年 - 2003年 代表者 : 西村 紳一郎
色覚に関与する視物質のモデル化合物による解析
文部科学省科学研究費:奨励研究(A)
研究期間 : 1999年 - 2000年 代表者 : 門出 健次
フッ素ラベルリガンドとレセプターとの相互作用に関する研究
文部省・科学研究費:奨励研究(A)
研究期間 : 1997年 - 1998年 代表者 : 門出 健次
アブラナ科植物の産生する新規含硫ファイトアレキシンの生物有機化学的研究
文部省・科学研究費:一般研究(B)
研究期間 : 1988年 - 1990年 代表者 : 高杉 光雄
フードイノベーション創造支援事業(札幌市補助事業)
札幌市:実証研究支援補助金
研究期間 : 2014年 代表者 : 門出 健次
北方系植物資源データベースの構築及び抽出物ライブラリの整備
国土交通省:一次産品活用型バイオベンチャー育成支援調査
研究期間 : 2004年 代表者 : 門出 健次
コンピュータを用いた生物有機資源からの消化抑制剤等の開発
経済産業省:即効型地域新生コンソーシアム研究開発事業
研究期間 : 2002年 代表者 : 門出 健次
Pacifichem2000渡航費用
栗林育英学術財団
研究期間 : 2000年 代表者 : 門出 健次
シロイヌナズナのファイトアレキシン及びその生合成研究
文部省・科学研究費:奨励研究(A)
研究期間 : 1993年 代表者 : 門出 健次
18th IUPAC International Symposium on the Chemistry of Natural Products渡航費用
実吉財団
研究期間 : 1992年 代表者 : 門出 健次
アブラナ科植物ファイトアレキシンの生合成研究
文部省・科学研究費:奨励研究(A)
研究期間 : 1992年 代表者 : 門出 健次
電荷移動プロセスとひずみ結合の反応性
文部省・科学研究費:一般研究(C)
研究期間 : 1990年 代表者 : 平尾 健一
ヒラタケ病原菌の生理活性物質に関する研究
北海道大学:教育研究学内特別経費
研究期間 : 1990年 代表者 : 門出 健次
ヒラタケ病原細菌の生産する生理活性物質に関する生物有機化学的研究
秋山記念生命科学振興財団
研究期間 : 1990年 代表者 : 門出 健次
17th IUPAC International Symposium on the Chemistry of Natural Products渡航費用
薬学振興財団
研究期間 : 1990年 代表者 : 門出 健次
細菌感染により誘導されるキク科食用植物の抗菌活性物質の生物有機化学的研究
文部省・科学研究費:奨励研究(A)
研究期間 : 1989年 代表者 : 門出 健次

教育活動

主要な担当授業

創薬科学特別講義
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 創薬、ゲノム、糖鎖、ドラッグデザイン、スクリーニング【Key Words】drug discovery, genome, sugar chain, drug design, drug screening
基礎高分子合成化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 有機合成、高分子合成、モノマー、ポリマー、ラジカル、芳香族、ベンゼン、カルボニル、重合
有機化学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : カルボニル化合物、アシル化反応、炭素−炭素結合形成反応、アルデヒド、ケトン、カルボン酸、機器分析、低分子有機化合物、NMR、IR、MS、構造決定
生体高分子学実験Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験, 細胞生物学実験,生物物理学実験
生命有機化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : アルキン、非局在化電子、付加反応、求核置換反応、脱離反応、ハロゲン化アルキル、有機電子論、アルコール、エーテル、エポキシド、アミン、チオール、有機金属化合物
生命物質科学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生理活性物質、キラリティー、化合物ライブラリー、相互作用、キラリティー、創薬、コンフォメーション、光学分割カラム
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
科学・技術の世界
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 生命科学 細胞 分子 生物 化学 物理 体 病気 薬 医療
高分子機能学卒業研究
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 実験研究
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
創薬科学特別講義
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 創薬、ゲノム、糖鎖、ドラッグデザイン、スクリーニング【Key Words】drug discovery, genome, sugar chain, drug design, drug screening
基礎高分子合成化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 有機合成、高分子合成、モノマー、ポリマー、ラジカル、芳香族、ベンゼン、カルボニル、重合
有機化学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : カルボニル化合物、アシル化反応、炭素−炭素結合形成反応、アルデヒド、ケトン、カルボン酸、機器分析、低分子有機化合物、NMR、IR、MS、構造決定
生体高分子学実験Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験, 細胞生物学実験,生物物理学実験
生命有機化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : アルキン、非局在化電子、付加反応、求核置換反応、脱離反応、ハロゲン化アルキル、有機電子論、アルコール、エーテル、エポキシド、アミン、チオール、有機金属化合物
生命物質科学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生理活性物質、キラリティー、化合物ライブラリー、相互作用、キラリティー、創薬、コンフォメーション、光学分割カラム
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
科学・技術の世界
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 生命科学 細胞 分子 生物 化学 物理 体 病気 薬 医療
高分子機能学卒業研究
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 実験研究
高分子機能学文献講読
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 科学英語
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
創薬科学特別講義
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 創薬、ゲノム、糖鎖、ドラッグデザイン、スクリーニング【Key Words】drug discovery, genome, sugar chain, drug design, drug screening
基礎高分子合成化学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 有機合成、高分子合成、モノマー、ポリマー、ラジカル、芳香族、ベンゼン、カルボニル、重合
有機化学演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : カルボニル化合物、アシル化反応、炭素−炭素結合形成反応、アルデヒド、ケトン、カルボン酸、機器分析、低分子有機化合物、NMR、IR、MS、構造決定
生体高分子学実験Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験, 細胞生物学実験,生物物理学実験
生命物質科学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生理活性物質、キラリティー、化合物ライブラリー、相互作用、キラリティー、創薬、コンフォメーション、光学分割カラムBioactive Substance, Chirality, Chemical Library, Interaction, Drug Discovery, Conformation, Chiral Column
生命融合科学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生命融合科学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
科学・技術の世界
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 生命科学 細胞 分子 生物 化学 物理 体 病気 薬 医療
自主研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 国際
高分子機能学卒業研究
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 実験研究
高分子機能学卒業研究
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
高分子機能学文献講読
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 科学英語
高分子機能学文献講読
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
創薬科学特別講義
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 創薬、ゲノム、糖鎖、ドラッグデザイン、スクリーニング【Key Words】drug discovery, genome, sugar chain, drug design, drug screening
国際交流科目
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 国際本部
基礎高分子合成化学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 有機合成、高分子合成、モノマー、ポリマー、ラジカル、芳香族、ベンゼン、カルボニル、重合
有機化学演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : カルボニル化合物、アシル化反応、炭素−炭素結合形成反応、アルデヒド、ケトン、カルボン酸、機器分析、低分子有機化合物、NMR、IR、MS、構造決定
環境と人間
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 生命科学、物質、生物、化学、物理、数学、融合科学、細胞、遺伝子、タンパク質、生体高分子
生体高分子学実験Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験, 細胞生物学実験,生物物理学実験
生命物質科学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生理活性物質、キラリティー、化合物ライブラリー、相互作用、キラリティー、創薬、コンフォメーション、光学分割カラムBioactive Substance, Chirality, Chemical Library, Interaction, Drug Discovery, Conformation, Chiral Column
生命融合科学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生命融合科学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
高分子機能学卒業研究
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
高分子機能学文献講読
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 科学英語

大学運営

学内役職歴

2017年04月
-
2019年03月
大学院先端生命科学研究院附属次世代物質生命科学研究センター長
2017年04月
-
2019年03月
大学院先端生命科学研究院副研究院長
2015年04月
-
2017年03月
大学院先端生命科学研究院副研究院長
2016年04月
-
2017年03月
大学院先端生命科学研究院附属次世代物質生命科学研究センター長
2016年04月
-
2017年03月
理学部生物科学科長
2015年04月
-
2016年03月
大学院先端生命科学研究院附属次世代ポストゲノム研究センター長
2013年04月
-
2015年03月
大学院先端生命科学研究院附属次世代ポストゲノム研究センター長
2013年04月
-
2015年03月
大学院先端生命科学研究院副研究院長
2014年04月
-
2015年03月
理学部生物科学科長
学内役職歴を全て表示する
学内役職歴閉じる
2017年04月
-
2019年03月
大学院先端生命科学研究院附属次世代物質生命科学研究センター長
2017年04月
-
2019年03月
大学院先端生命科学研究院副研究院長
2015年04月
-
2017年03月
大学院先端生命科学研究院副研究院長
2016年04月
-
2017年03月
大学院先端生命科学研究院附属次世代物質生命科学研究センター長
2016年04月
-
2017年03月
理学部生物科学科長
2015年04月
-
2016年03月
大学院先端生命科学研究院附属次世代ポストゲノム研究センター長
2013年04月
-
2015年03月
大学院先端生命科学研究院附属次世代ポストゲノム研究センター長
2013年04月
-
2015年03月
大学院先端生命科学研究院副研究院長
2014年04月
-
2015年03月
理学部生物科学科長

社会貢献

委員歴

2016年
-
現在
高分子学会 理事
2016年
-
現在
高分子学会 北海道支部 支部長
2015年
-
現在
キラル分光国際会議 International Scientific Committee
2015年
-
現在
雑誌Chirality (Wiley)  Editorial Board
2015年
-
現在
International Conference on Vibrational Optical Activity International Steering Committee
2013年
-
現在
フルオラス科学研究会 理事
2010年
-
現在
日本糖質学会 日本糖質学会評議員
2007年
-
現在
高分子学会 北海道支部幹事
2013年
-
2015年
第15回キラル分光国際会議(CD2015) 実行委員長
2008年
-
2010年
高分子学会 第59回高分子討論会 運営委員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2016年
-
現在
高分子学会 理事
2016年
-
現在
高分子学会 北海道支部 支部長
2015年
-
現在
キラル分光国際会議 International Scientific Committee
2015年
-
現在
雑誌Chirality (Wiley)  Editorial Board
2015年
-
現在
International Conference on Vibrational Optical Activity International Steering Committee
2013年
-
現在
フルオラス科学研究会 理事
2010年
-
現在
日本糖質学会 日本糖質学会評議員
2007年
-
現在
高分子学会 北海道支部幹事
2013年
-
2015年
第15回キラル分光国際会議(CD2015) 実行委員長
2008年
-
2010年
高分子学会 第59回高分子討論会 運営委員
2002年
-
2006年
高分子学会 会誌編集委員
2003年
-
2005年
高分子学会 日本高分子学会 討論会 実行委員

ページトップへ