研究者データベース

安成 哲平(ヤスナリ テツペイ)
北極域研究センター
助教

基本情報

所属

  • 北極域研究センター

職名

    助教

学位

  • 学士(理工学) (弘前大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 70506782

ORCID ID

  • 0000-0002-9896-9404

プロフィール

  •  環境科学分野の特に気象・雪氷・大気エアロゾルに関わる研究を行っています.これまで雪氷圏を中心とした大気エアロゾルの大気中の挙動(輸送・沈着など)・気候・陸面(特に雪氷)への影響について研究を行ってきました.分析・観測・モデリング・データ解析と幅広い手法で研究を行っております.また様々な国内・国際共同研究を積極的に行っております.
     
     大学院時代は,アラスカの氷河でのエアロゾル観測や氷河から掘削されたアイスコアの分析と気象学的解析を合わせて,春季黄砂発生と成層圏対流圏輸送の関係について研究を行っておりました(Yasunari et al., 2007, J. Geophys. Res.; Yasunari and Yamazaki, 2009, Atmos. Environ.).2009年5月より,米国メリーランド州にあるNASA Goddard Space Flight Centerにて2015年6月まで6年ほど研究活動を行い,その間,ヒマラヤの氷河へのブラックカーボンの沈着とそのアルベドへの影響や(Yasunari et al., 2010, Atmos. Chem. Phys.; Yasunari et al., 2013, Atmos. Environ.),NASAが開発する全球地球システムモデルGEOS-5への積雪汚染モジュールの開発と導入(GOddard SnoW Impurity Module: GOSWIM; Yasunari et al., 2014, SOLA)を行いました.その導入したGOSWIMを使った全球気候モデル計算を行い,積雪汚染が北半球の春の気候へ果たす役割について明らかにしました(Yasunari et al., 2015, J. Geophys. Res. Atmos.).NASAが作成したYouTube動画にその成果がわかりやすくまとめてありますのでご覧ください(http://youtu.be/4ns13IhmDm8).
     米国での研究活動を経て,2015年7月より北海道大学大学院工学研究院に着任してからは,「北大を北日本の大気汚染常時モニタリング拠点」にすべく,大気エアロゾル関連の観測を北大構内で行い,またNASAと共同でエアロゾルの光学測定を行うAERONETサイトを工学部に設置し(https://goo.gl/eTHmWq),国立環境研と共同でライダーの設置を行っています(https://goo.gl/ENxZex).これらの観測機器による観測データに関連した春季黄砂検出に関する研究成果(Yasunari et al., 2017, SOLA)は北大のプレスリリースからご覧になれます(https://goo.gl/G8bExu).また,現在の所属である北極域研究センター(工学研究院時は兼務教員)や北極研究推進プロジェクト(ArCS)に関わり,北極圏とその周辺域の特に「森林火災発生とその大気汚染への影響評価」及びこれらの機械学習を使った予測手法の検討を行なっております.その初期的研究成果として,北海道の大気汚染に影響を与えたシベリアおよび周辺域の大規模森林火災のその気候・環境的発生要因をケーススタディとして明らかにしました(Yasunari et al., 2018, Sci. Rep.;北大からのプレスリリースも参照:https://goo.gl/7Hke31).今後,現地での森林火災からの大気汚染によるPM2.5の測定を行うべく,現在その準備的な研究を行なっているところです.また,日本に帰国してからは,日本の気候モデルMIROCの陸面モデルMATSIROの開発・改良(特に積雪・積雪汚染に関連する部分)や,気候モデルを使った地球温暖化研究にも関わり始めております.

    上記論文の詳細は、下記論文リストからご覧ください.

研究キーワード

  • シベリア   黄砂   氷河   バイオマス燃焼   森林火災   北極   大気大循環モデル   積雪モデル   陸面モデル   気候モデル   沈着   積雪アルベド   気象   ブラックカーボン   ダスト   エアロゾル   アイスコア   大気循環   気候   雪氷圏   成層圏物質   

研究分野

  • 環境学 / 環境動態解析
  • 環境学 / 環境影響評価・環境政策
  • 地球惑星科学 / 気象・海洋物理・陸水学

職歴

  • 2019年04月 - 現在  北海道大学北極域研究センター助教
  • 2019年04月 - 現在  北海道大学広域複合災害研究センター兼務
  • 2017年04月 - 2019年03月  北海道大学 北極域研究センター兼務
  • 2015年07月 - 2019年03月  北海道大学 大学院工学研究院環境創生工学部門 大気環境保全工学研究室助教
  • 2011年05月 - 2015年06月  GESTAR/USRA(職場:NASA Goddard Space Flight Center)Staff Scientist
  • 2009年05月 - 2011年05月  GEST/UMBC (職場:NASA Goddard Space Flight Center)Visiting Research Associate
  • 2009年04月 - 2009年04月  京都大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻教務補佐員
  • 2008年04月 - 2009年03月   大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 プロジェクト研究員
  • 2007年04月 - 2008年03月  北海道大学 低温科学研究所リサーチアシスタント(RA)
  • 2005年06月 - 2007年03月  北海道大学 低温科学研究所(大学院環境科学院)21世紀COEリサーチアシスタント(RA)

学歴

  • 2005年04月 - 2008年03月   北海道大学   環境科学院   地球圏科学専攻   日本
  • 2003年04月 - 2005年03月   北海道大学   地球環境科学研究科   地圏環境科学専攻   日本
  • 1999年04月 - 2003年03月   弘前大学   理工学部   地球環境学科   日本

所属学協会

  • 大気環境学会   日本雪氷学会   日本気象学会   日本地球惑星科学連合   American Geophysical Union   International Glaciological Society   

研究活動情報

論文

書籍

  • A review of causes of wildfire occurrences in/around Siberia and their air pollution impacts on remote places, and future plans of PM2.5 measurements in Russia
    Yasunari, T. J., K.-M. Kim, A. M. da Silva, and Y. Matsumi (担当:共著範囲:In Natural hazards, modern environmental risks and ecosystem resilience: VII Druzhinin’s Readings: the Scientific Conference Proceedings)
    Khabarovsk OOO Omega-Press 2018年10月 ISBN: 978-5-906575-09-8 450 135-138
  • 英文科学絵本翻訳「ほら あめだ!」(Down Comes The Rain,原著Franklyn M. Branley)
    安成哲平 (担当:単訳)
    福音館書店 2009年04月 ISBN: 978-4-8340-2360-2

講演・口頭発表等

  • 安成哲平
    第7回 北極域研究共同推進拠点 北極域オープンセミナー 2019年07月 札幌 北極域研究共同推進拠点
  • T.J. Yasunari, T. Takemura, and K.M. Kim
    27th IUGG General Assembly 2019年07月 Montréal, Canada IUGG
  • 安成哲平, 瀧川一学, Kim Kyu-Myong, da Silva Arlindo
    日本地球惑星科学連合(JpGU)2019年大会 2019年05月 千葉, 日本 日本地球惑星科学連合(JpGU)
  • Yasunari, T. J., I. Takigawa, K.-M. Kim, and A. M. da Silva
    AGU Fall Meeting 2018 2018年12月
  • 安成哲平
    第26回衛生工学シンポジウム 2018年11月 北海道大学 衛生工学シンポジウム実行委員会
  • Observed increased PM2.5 in Sapporo on April 27, 2018, due to smoke transports from East Eurasia(日本語発表)  [通常講演]
    Yasunari, T. J., Y. Matsumi, M. Hayasaki, A. Shimizu, K.-M. Kim, B. Holben, and A. M. da Silva
    日本気象学会2018年度秋季大会 2018年10月
  • A review of causes of wildfire occurrences in/around Siberia and their air pollution impacts on remote places, and future plans of PM2.5 measurements in Russia  [通常講演]
    Yasunari, T. J., K.-M. Kim, A. M. da Silva, and Y. Matsumi
    All-Russian conference with international participation dedicated to the 50th anniversary of the Institute of Water and Ecology Problems, FEB RAS: Natural hazards, modern environmental risks and ecosystem resilience 2018年10月 ハバロフスク Institute of Water and Ecology Problems (IWEP), Far Eastern Branch (FEB) of the Russian Academy of Science (RAS)
  • 安成哲平
    Robust BOSAI シンポジウム 2018年09月 北海道大学 北海道大学・ロバスト農林水産工学研究開発プラットフォーム
  • Yasunari, T. J., K.-M. Kim, and A. M. da Silva
    AOGS 15th Annual Meeting 2018年06月 Honolulu, HI, USA Asia Oceania Geosciences Society (AOGS)
  • 安成哲平, 石井和樹, 秋山雅行, 山口高志, Kim Kyu-Myong, da Silva Arlindo, 的場澄人, 村尾直人1
    日本地球惑星科学連合(JpGU)2018年大会 2018年05月 千葉, 日本 日本地球惑星科学連合(JpGU)
  • 安成哲平, 並木曹汰, 世良耕一郎, 秋山雅行, 的場澄人, 村尾直人
    第24回NMCC共同利用研究成果発表会 2018年05月 盛岡 公益社団法人日本アイソトープ協会 仁科記念サイクロトロンセンター
  • 人生100年時代をどう生きるか?-研究者の例-  [招待講演]
    安成哲平
    平成30年度北海道大学大学院環境科学院前期講義・環境科学総論(担当山中康裕教授)・3日目午後(大学院からの人生設計)ゲスト講演 2018年04月
  • 積雪融解時のダスト・ブラックカーボンの流出効率算出のための実験的研究  [通常講演]
    安成哲平, 高橋秀真, 秋山雅行, 的場澄人
    第2回科研費(基盤研究 A)SIGMA-II ワークショップ  2018年02月 Tsukuba, Ibaraki, Japan 気象研究所
  • Yasunari, T. J., K.-M. Kim, A. M. da Silva, M. Hayasaki, M. Akiyama, and N. Murao
    Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) US Alumni 2018 Seminar on "Growing Atmospheric Pollution and Its Impact on Climate" 2018年02月 Orange County, CA, USA Chapman University
  • Yasunari, T. J., K.-M. Kim and A. M da Silva
    Fifth International Symposium on Arctic Research (ISAR-5)  2018年01月 Tokyo Japan Consortium for Arctic Environmental Research (JCAR)
  • Intra- and Inter- annual PM2.5 variations in the Arctic region during 2003-2017 based on the NASA’s MERRA-2 re-analysis data  [通常講演]
    Yasunari, T. J., K.-M. Kim and A. M da Silva
    AGU Fall Meeting 2017 2017年12月 New Orleans, LA, USA American Geophysical Union (AGU)
  • 積雪中のダスト・ブラックカーボン・オーガニックカーボン濃度の簡易的測定手法の検討  [通常講演]
    安成哲平, 外崎友望, 秋山雅行, 的場澄人, 青木輝夫, 庭野匡思, 谷川朋範, 村尾直人
    日本気象学会2017年度秋季大会 2017年10月
  • Yasunari, T. J., K.-M. Kim, W. K.-M. Lau, S. P. P. Mahanama, J. Sang, M.-K. Kim, and R. D. Koster
    The Third Workshop on Atmospheric Composition and the Asian Monsoon (ACAM) 2017年06月 広州(中国)
  • Yasunari, T. J., K.-M. Kim, and A. da Silva
    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 2017年05月 千葉(日本) JpGU and AGU
  • MATSIRO SNow and Impurity Module (MATSNIM) 構想について  [通常講演]
    安成哲平
    2016年度GCM検討会 2017年03月 岡山
  • Transports of biomass burning smokes from Eastern Eurasia to Hokkaido, Japan, and the causes of the fires  [通常講演]
    安成哲平
    The J-ARC Net Lab Winter School Program 2017 2017年03月 Yakutsk, the Sakha Republic Japan Arctic Research Network Center (J-ARC Net )
  • 積雪汚染モデルの改善計画  [通常講演]
    安成哲平
    2016年度第二回次世代陸モデル開発検討会 2017年01月
  • 安成哲平
    Climate & Radiation Laboratory Seminar Series 2016年12月 Greenbelt, MD, USA Code 613, NASA Goddard Space Flight Center
  • Yasunari, T. J., A. da Silva, M. Akiyama, M. Hayasaki, N. Murao, and K.-M. Kim
    AGU Fall Meeting 2016 2016年12月 San Francisco, CA, USA American Geophysical Union (AGU)
  • 安成哲平
    第4回大気エアロゾルシンポジウム-ブラックカーボン- 2016年11月 かでる2.7(札幌市中央区北2条西7丁目)710号会議室 (地独)北海道立総合研究機構環境科学研究センター、酪農学園大学
  • MIROC の陸面モデルの今後の開発予定及 びフィルター分析手法のグリーンランドへの応用  [通常講演]
    安成哲平
    Post-SIGMA Kick-off Workshop in Okayama 2016年09月
  • 2016年春の北海道における黄砂と判断できた大気汚染イベント  [通常講演]
    安成哲平, 藤吉康志, 庭野匡思, 清水厚, 早崎将光, 青木輝夫, Arlindo M. da Silva, Brent N. Holben, 村尾直人, 山形定, and Kyu-Myong Kim
    第57回大気環境学会年会 2016年09月
  • 新渡戸スクールに皆さんどんなこと 期待してまっか?  [招待講演]
    安成哲平
    平成28年度新渡戸スクール入校式 2016年05月
  • Yasunari, T. J., K.-M. Kim, and A. M. da Silva
    第6回極域科学シンポジウム 2015年11月 東京(立川) 国立極地研究所
  • 安成哲平
    低温研セミナー 2015年10月 札幌 北海道大学 低温科学研究所
  • Climatological and daily characteristics of the July 2014 Siberian smoke with the MERRAero aerosol reanalysis product  [通常講演]
    Yasunari, T. J., K.-M. Kim, A. M. da Silva, M. Akiyama, and N. Murao
    日本気象学会2015年度秋季大会 2015年10月 京都 日本気象学会
  • Yasunari, T. J., K.-M. Lau, K.-M. Kim, and R. D. Koster
    AGU Fall Meeting 2014 2014年12月 San Francisco, CA, USA American Geophysical Union
  • Atmospheric responses caused by snow darkening effect over Eurasia from spring to summer  [通常講演]
    Yasunari, T. J., K.-M. Lau, K.-M. Kim, and R. D. Koster
    日本気象学会2014年度秋季大会 2014年10月 福岡 日本気象学会
  • Yasunari, T. J., K.-M. Lau, K.-M. Kim, R. D. Koster, and Y. Qian
    Workshop on Perspectives in Computational Climate Science and 7th OFES International Workshop 2014年10月 会津若松 東京大学、会津大学、IPRC (USA)、JAMSTEC-APL
  • Up-to-date summary of the GOddard SnoW Impurity Module (GOSWIM) for the NASA GEOS-5 Model  [通常講演]
    Yasunari, T. J., K.-M. Lau, S. P. P. Mahanama, P. R. Colarco, A. M. da Silva, T. Aoki, K. Aoki, N. Murao, S. Yamagata, Y. Kodama, and R. D. Koster
    2014 Young Scientist Forum (Internal Forum at NASA Goddard Space Flight Center) 2014年06月
  • Yasunari, T. J., K.-M. Lau, S. P. P. Mahanama, P. R. Colarco, R. D. Koster, K.-M. Kim, and A. da Silva
    AGU Fall Meeting 2013 2013年12月 San Francisco, CA, USA American Geophysical Union
  • Yasunari, T. J., K.-M. Lau, S. P. P. Mahanama, P. R. Colarco, R. D. Koster, K.-M. Kim, and A. M. da Silva
    日本気象学会2013年度秋季大会 2013年11月 仙台 日本気象学会
  • Yasunari, T. J., P. R. Colarco, K.-M. Lau, K. Osada, M. Kido, S. P. P. Mahanama, K.-M. Kim, and A. M. da Silva
    日本気象学会2013年度秋季大会 2013年11月 仙台 日本気象学会
  • Introduction of the Goddard Snow Darkening Package for the NASA GEOS-5  [通常講演]
    Yasunari, T. J., K.-M. Lau, S. P. P. Mahanama, R. D. Koster, M. Suarez, P. R. Colarco, A. da Silva, T. Aoki, and Y. Kodama
    Young Scientist Forum (Internal forum at NASA Goddard Space Flight Center) 2013年06月
  • Yasunari, T. J.
    Climate & Radiation Laboratory Seminar Series, NASA/GSFC, Greenbelt, MD, USA 2012年10月
  • Performance tests of snow-related variables over the Tibetan Plateau and Himalayas using a new version of NASA GEOS-5 land surface model that includes the snow darkening effect  [通常講演]
    Yasunari, T. J., K.-M. Lau, R. D. Koster, M. Suarez, S. P. P. Mahanama, A. M. da Silva, and P. R. Colarco
    AGU Fall Meeting 2011, San Francisco, CA, USA 2011年12月
  • 全球予報モデルGEOS-5への積雪不純物・アルベドモデルの導入とヒマラヤ氷河への影響  [通常講演]
    安成哲平
    国立極地研究所気水圏コロキ,東京 2011年12月
  • エアロゾルの沈着が与える様々な影響について  [招待講演]
    安成哲平
    北海道大学環境科学院研究院アワー 2011年11月
  • Preliminary simulations focusing on snow cover fraction over the Tibetan Plateau using a new version of the NASA GEOS-5 Catchment land surface model  [通常講演]
    Yasunari, T. J., K.-M. Lau, R. D. Koster, M. Suarez, S. P. P. Mahanama, A. M. da Silva, and P. R. Colarco
    日本気象学会2011年度秋季大会、名古屋 2011年11月
  • Mass concentrations of dust, black carbon, and organic carbon in snow directly estimated from the NASA GOCART/GEOS-5 aerosol model  [通常講演]
    Yasunari, T. J., R. D. Koster, K.-M. Lau, P. R. Colarco, A. M. da Silva, Te. Aoki, and Y. Kodama
    日本気象学会2011年度秋季大会、名古屋 2011年11月
  • T. J. Yasunari, K.-M. Lau, R. D. Koster, M. Suarez, S. P. Mahanama, R. Gautam, K. M. Kim, A. M. Dasilva, and P. R. Colarco
    Workshop on Himalayan Glaciers, Hydrology, Climate Change, and Implications for Water Security, Washington D. C., USA 2011年10月
  • Snow albedo and snow impurities  [招待講演]
    Yasunari, T. J., R. D. Koster, M. Suarez, K.-M. Lau, S. P. P. Mahanama, Te. Aoki, P. R. Colarco, A. M. da Silva, K.-M. Kim, Y. C. Sud, M. G. Flanner, C. S. Zender, T. Yamazaki, H. Motoyoshi, and Y. Kodama
    GEOS-5 AGCM MAP Investigator Workshop, NASA/GSFC, Greenbelt, MD, USA 2011年06月
  • Yasunari, T. J., P. Bonasoni, P. Laj, Q. Tan, K. Fujita, K.-M. Lau, A. Marinoni, P. Cristofanelli, T. Takemura, R. D. Koster, M. Chin, E. Vuillermoz, G. Tartari and R. Duchi
    AAAS Symposium 2011 2011年02月
  • New snow albedo scheme with the influence of black carbon and dust in the NASA catchment-based land surface model  [通常講演]
    Yasunari, T. J., R. D. Koster, K.-M. Lau, Te. Aoki, Y. C. Sud, T. Yamazaki, H. Motoyoshi, and Y. Kodama
    AGU Fall Meeting 2010, San Francisco, CA, USA 2010年12月
  • ブラックカーボンとダストを考慮した積雪アルベドモデル:2003/2004 冬季札幌での検証例  [通常講演]
    安成哲平,Randal D. Koster, 山崎剛, 青木輝夫, 本吉弘岐, 兒玉裕二, Yogesh. C. Sud, K.-M. Lau
    日本気象学会2010年度秋季大会、京都 2010年10月
  • ヒマラヤの氷河に乾性沈着するブラックカーボン量のモデル間の見積もり誤差  [通常講演]
    安成哲平,Qian Tan,Paolo Bonasoni,Angela Marinoni,Paolo Laj,Mian Chin, 竹村俊彦,K.-M. Lau
    日本気象学会2010年度秋季大会、京都 2010年10月
  • NASA Himalayan project on absorbing aerosols  [通常講演]
    安成哲平
    国立極地研究所気水圏コロキ,東京 2010年10月
  • A new snow albedo parameterizations for the dust and black carbon influences in the NASA catchment-based land surface model in GEOS-5  [通常講演]
    Yasunari, T. J.
    Aerocenter seminar, NASA/GSFC, Greenbelt, MD, USA 2010年09月
  • Atmospheric equivalent concentration and black carbon deposition in Himalayan region during pre-monsoon season: observations at the NCO-P site and comparisons with GOCART and SPRINTARS model simulations  [通常講演]
    Yasunari, T. J., P. Bonasoni, A. Marinoni, P. Laj, M. Chin, Q. Tian, T. Takemura, and K.-M. Lau
    Symposium on Atmospheric Chemistry and Physics at Mountain Sites, Interlaken, Switzerland 2010年06月
  • Estimation of black carbon deposition from particulate data in the atmosphere at NCO-P site in Himalayas during pre-monsoon season and its implication to snow surface albedo reduction  [通常講演]
    Yasunari, T. J., P. Bonasoni, P. Laj, K. Fujita, E. Vuillermoz, A. Marinoni, P. Cristofanelli, F. Calzolari, R. Duchi, G. Tartari, K.-M. Lau
    AGU Fall Meeting 2009, San Francisco, CA, USA 2009年12月
  • アイスコアってな~に?~黄砂と成層圏の物質を探る~  [招待講演]
    安成哲平
    平成20年度中谷宇吉郎科学奨励賞受賞記念講演,加賀 2009年02月
  • 北部北太平洋域の過去30年のダスト変動:2001年4月の大規模黄砂の降下量は大きい  [通常講演]
    安成哲平,白岩孝行,的場澄人,佐々木央岳,東久美子
    日本気象学会2008年度秋季大会,仙台 2008年11月
  • アラスカのアイスコアが語る過去30年の黄砂と成層圏対流圏輸送(STT)の情報  [招待講演]
    安成哲平
    京都大学 地球惑星科学専攻 地球科学輻合部特別講演会,京都 2008年10月
  • 降下物モニタリングについてのコメント「北太平洋域自由対流圏高度のダスト変動:黄砂のケーススタディから季節・経年変動まで」  [招待講演]
    安成哲平,白岩孝行,的場澄人,佐々木央岳
    ダストの動態解明に関する研究集会,名古屋 2008年09月
  • Importance of spring cyclonic activities in East Asia on Asian dust storm and the Stratosphere-to-Troposphere transport  [通常講演]
    Yasunari, T. J., K. Yamazaki, T. Shiraiwa, and T. Hondoh
    First International Conference: From Deserts to Monsoons, Crete, Greece 2008年06月
  • アラスカ・ランゲル山アイスコア及び気象学的解 析から考察される春季北太平洋域のトリチウム変動のメカニズム  [通常講演]
    安成哲平,山崎孝治,白岩孝行,本堂武夫
    北海道大学低温科学研究所共同研究集会「環境史研究のための山岳アイスコア」,札幌 2007年12月
  • 黄砂と成層圏-対流圏輸送の同時発生,及びその空気塊のアラスカ・ランゲル山への輸送:2001年4月の事例解析  [通常講演]
    安成哲平,山崎孝治,本堂武夫
    日本気象学会2007年度秋季大会,札幌 2007年10月
  • アイスコアから提示された黄砂と成層圏-対流圏輸送の同時発生の気象学的解析からの確認:2001年4月の事例解析  [通常講演]
    安成哲平,山崎孝治,本堂武夫
    日本雪氷学会2007年度全国大会,富山 2007年09月
  • Possible interannual connection in spring between Asian dust storm and the stratosphere-to-troposphere transport (STT), detected from Mount Wrangell ice core, Alaska  [通常講演]
    安成哲平,白岩孝行,金森晶作,藤井理行,五十嵐誠,山崎孝治,Carl S. Benson,本堂武夫
    日本気象学会2007年度夏期特別セミナー,札幌 2007年08月
  • Beautiful seasonal cycles of atmospheric dust and tritium obtained from Mount Wrangell ice core, Alaska, in the North Pacific region and comparison with statistical backward trajectory analysis  [通常講演]
    Yasunari, T. J., T. Shiraiwa, S. Kanamori, Y. Fujii, M. Igarashi, K. Yamazaki, C. S. Benson, and T. Hondoh
    IUGG XXIV General Assembly, Perugia, Italy 2007年07月
  • Seasonal variations of atmospheric dust and tritium from Mount Wrangell ice core, Alaska and comparison with statistical air mass trajectory analysis  [通常講演]
    Yasunari, T. J., T. Shiraiwa, S. Kanamori, Y. Fujii, M. Igarashi, K. Yamazaki, C. S. Benson, and T. Hondoh
    The 2nd International Workshop on Physics of Ice Core Records (PICR-2), Hokkaido University, Sapporo, Japan 2007年02月
  • Seasonal cycles of atmospheric dust and tritium reconstructed from Mount Wrangell ice core, Alaska and comparison with statistical-backward trajectory analysis  [通常講演]
    Yasunari, T. J., T. Shiraiwa, S. Kanamori, Y. Fujii, M. Igarashi, K. Yamazaki, C. S. Benson, and T. Hondoh
    Hokkaido University COE Symposium on “Prediction and Avoidance of an Abrupt Change in the Bio-Geosphere System”, Sapporo, Japan 2007年02月
  • アラスカ・ランゲル山雪氷コアが復元する北太平洋域のダスト・トリチウム季節変動及び年涵養量の経年変化  [通常講演]
    安成哲平,白岩孝行,金森晶作,五十嵐誠,Carl S. Benson,藤井理行,山崎孝治,本堂武夫
    2006年度気水圏シンポジウム,東京 2006年12月
  • Seasonal origins of air masses transported to Mount Wrangell, Alaska, and comparison with the past atmospheric dust and tritium variations in its ice core  [通常講演]
    Yasunari, T. J., T. Shiraiwa, S. Kanamori, Y. Fujii, M. Igarashi, K. Yamazaki, C. S. Benson and T. Hondoh
    AGU Fall Meeting 2006, San Francisco, CA, USA 2006年12月
  • 降雪によるエアロゾル粒子数の最大除去率及び表面積雪に含まれるダスト粒子数の見積もり  [通常講演]
    安成哲平,杉浦幸之助,青木輝夫,兒玉裕二,本堂武夫
    日本雪氷学会2006年度全国大会,秋田 2006年11月
  • アラスカ・ランゲル山へ輸送された成層圏起源トリチウムの対流圏移流時期及び交換場所の特定  [通常講演]
    安成哲平,山崎孝治,白岩孝行,五十嵐誠,Carl S. Benson,金森晶作,藤井理行,本堂武夫
    日本気象学会2006年度秋季大会,名古屋 2006年10月
  • Seasonal variations of the past atmospheric dust and tritium in the ice core of Mount Wrangell, Alaska, and of air-mass origins calculated by backward trajectory analysis  [通常講演]
    Yasunari, T. J., T. Shiraiwa, S. Kanamori, Y. Fujii, M. Igarashi, K. Yamazaki, C. S. Benson, and T. Hondoh
    Hokkaido University Symposium on “Sustainable Development”, Sapporo, Japan 2006年08月
  • Possible increases in tropospheric dust, tritium, and ozone over Alaska due to increasing storm activities in East Asia  [通常講演]
    Yasunari, T. J., T. Shiraiwa, S. Kanamori, C. S. Benson, Y. Fujii, M. Igarashi, K. Yamazaki, and T. Hondoh
    日本地球惑星科学連合2006年大会, 千葉 2006年05月
  • Possible increases in tropospheric dust, tritium, and ozone in late-spring due to increasing storm activities in East Asia detected by Mount Wrangell Ice core, Alaska  [通常講演]
    Yasunari, T. J., T. Shiraiwa, S. Kanamori, Y. Fujii, M. Igarashi, K. Yamazaki, C. S. Benson, and T. Hondoh
    Meeting at Institute of Low Temperature Science in Hokkaido University on "Problems and Prospects on Ice Cores Drilled at High Mountains", Sapporo, Japan 2006年02月
  • Alaskan ice core shows relationship between Asian dust storm and the stratosphere troposphere exchange  [通常講演]
    Yasunari, T. J., T. Shiraiwa, S. Kanamori, Y. Fujii, M. Igarashi, K. Yamazaki, C. S. Benson, and T. Hondoh
    AGU Fall Meeting 2005, San Francisco, CA, USA 2005年12月
  • アラスカ・ランゲル山へ輸送される空気塊の起源と雪氷コアデータの比較  [通常講演]
    安成哲平,白岩孝行,Carl S. Benson,山崎孝治, 金森晶作,藤井理行, 五十嵐誠,本堂武夫
    日本気象学会2005年度秋季大会,神戸 2005年11月
  • アラスカ・ランゲル山雪氷コアから高時間分解能で復元された過去の降雪量  [通常講演]
    安成哲平,白岩孝行,金森晶作,藤井理行, 五十嵐誠,山崎孝治,Carl S. Benson,本堂武夫
    2005年度日本雪氷学会全国大会,旭川 2005年10月
  • 雪氷コア中のダスト濃度に基づく降雪量の季節配分の復元:アラスカ・ランゲル山の事例  [通常講演]
    安成哲平,白岩孝行,金森晶作,Carl S. Benson,山崎孝治,藤井理行,五十嵐誠,本堂武夫
    気象学会2005年度春季大会,東京 2005年05月
  • Dust transport, deposition and variations on Mt. Wrangell, Alaska, and their implications to material circulation  [通常講演]
    Yasunari, T. J., T. Hondoh, T. Shiraiwa, Y. Fujii, M. Igarashi, C. S. Benson, S. Kanamori and K.Yamazaki
    Third International Symposium on the Arctic Research and Seventh Ny-Ålesund Scientific Seminar, Tokyo, Japan 2005年02月
  • Dust Variations in the Atmosphere and Snow-Surface at the Summit of Mt. Wrangell, Alaska ~ for the Connection between Present and Past Climate Study ~  [通常講演]
    Yasunari, T. J., T. Shiraiwa, S. Kanamori, T. Hondoh, Y. Fujii, M. Igarashi, K. Yamazaki, Te. Aoki, K. Sugiura, and C. S. Benson
    5th International Workshop on Global Change: Connection to the Arctic (GCCA5), Tsukuba, Japan 2004年11月
  • アラスカ・ランゲル山の雪面と大気のダスト変動及びそれに基づく雪氷コアのダスト解析  [通常講演]
    安成哲平,本堂武夫,白岩孝行,Carl S. Benson,金森晶作,藤井理行,五十嵐誠,山崎孝治,青木輝夫,杉浦幸之助
    日本気象学会2004年度秋季大会,福岡 2004年10月
  • アラスカ・ランゲル山山頂における大気中・表層積雪中のエアロゾル・ダスト変動  [通常講演]
    安成哲平,本堂武夫,白岩孝行,藤井理行,五十嵐誠,山崎孝治,青木輝夫,杉浦幸之助
    2004年度日本雪氷学会全国大会,彦根 2004年09月

その他活動・業績

受賞

  • 2019年08月 北海道大学 平成30年度 全学教育科目に係る授業アンケートにおけるエクセレント・ティーチャーズ
     
    受賞者: 安成哲平
  • 2019年04月 文部科学省 平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
     研究課題:「雪氷圏大気汚染の観測及び気候的発生要因と影響評価の研究」 その他の賞 
    受賞者: 安成哲平
  • 2016年08月 エスペック環境研究奨励賞(エスペック株式会社)
     
    受賞者: 安成哲平
  • 2011年01月 Best First Authored Paper Award (Climate and Radiation Branch, NASA/GSFC)
  • 2009年02月 中谷宇吉郎科学奨励賞(加賀市)
     日本
  • 2008年05月 日本学生支援機構 第一種奨学金 特に優れた業績による返還免除(半額免除)(博士後期課程貸与分)
     日本

競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業(科研費)基盤研究(B)
    研究期間 : 2019年04月 -2023年03月 
    代表者 : 安成哲平
  • アラスカ森林火災によるPM2.5の測定及び予測手法の検討
    北極域研究共同推進拠点:2019年度 北極域研究共同推進拠点 研究者コミュニティ支援事業 共同推進研究
    研究期間 : 2019年04月 -2020年03月 
    代表者 : 安成哲平
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業(科研費)基盤研究(B)(特設分野研究)
    研究期間 : 2017年07月 -2020年03月 
    代表者 : 安成哲平
  • 陸面モデルの積雪スキームの高度化及びデータ解析
    東京大学大気海洋研究所:平成30年度東京大学大気海洋研究所気候システム研究系一般共同研究
    研究期間 : 2018年04月 -2019年03月 
    代表者 : 安成哲平
  • 北海道大学低温科学研究所:平成30年度北海道大学低温科学研究所共同研究一般共同研究
    研究期間 : 2018年04月 -2019年03月 
    代表者 : 安成哲平
  • 札幌の大気エアロゾルに含まれる鉄及びその他の大気微量金属元素のPIXE 分析
    仁科記念サイクロトロンセンター(NMCC):平成29年度仁科記念サイクロトロンセンター(NMCC)共同利用(前期)(配分金なし;施設利用のみ)
    研究期間 : 2018年04月 -2018年09月 
    代表者 : 安成哲平
  • 北海道大学低温科学研究所:平成29年度北海道大学低温科学研究所共同研究一般共同研究(継続)
    研究期間 : 2017年04月 -2018年03月 
    代表者 : 安成哲平
  • 雪氷汚染モデルの改善・開発によるモデルの高度化及びデータ解析
    東京大学大気海洋研究所:平成29年度東京大学大気海洋研究所気候システム研究系特定共同研究(地表面・水文モデルの開発及びデータ解析)(継続)
    研究期間 : 2017年04月 -2018年03月 
    代表者 : 安成哲平
  • 北極域研究共同推進拠点:平成29年度北極域研究共同推進拠点 研究者コミュニティ支援事業 共同推進研究
    研究期間 : 2017年04月 -2018年03月 
    代表者 : 安成哲平
  • 北極域研究センター(J-ARC Net):平成28年度 北極域研究共同推進拠点・人材育成プログラム「ウィンタースクール」
    研究期間 : 2017年03月 -2017年03月 
    代表者 : 安成哲平(海外渡航助成)
  • AGU Fall Meeting 2016参加旅費
    北海道大学大学院工学研究院:平成28年度 北海道大学大学院工学研究院 若手研究員等海外渡航助成 [後期]
    研究期間 : 2016年12月 -2016年12月 
    代表者 : 安成哲平(海外渡航助成)
  • PM2.5の健康影響評価と対策立案に対するセンサー技術の展開
    日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(C)(分担)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 村尾直人
  • 文部科学省:北極域研究推進プロジェクト【環境技術等研究開発推進事業費補助金】(ArCS: Arctic Challenge for Sustainability Project)(2016年度よりサブ課題分担)
    研究期間 : 2015年04月 -2019年03月 
    代表者 : (全体代表:深澤理郎;サブ課題代表:羽角博康)
  • エスペック株式会社:第19回公益信託エスペック地球環境研究・技術基金
    研究期間 : 2016年08月 -2017年07月 
    代表者 : 安成哲平
  • 東京大学 大気海洋研究所:平成28年度東京大学大気海洋研究所気候システム研究系「特定共同研究(地表面・水文モデルの開発及びデータ解析)」
    研究期間 : 2016年04月 -2017年03月 
    代表者 : 安成哲平
  • 北海道大学低温科学研究所:平成28年度北海道大学低温科学研究所共同研究一般共同研究
    研究期間 : 2016年04月 -2017年03月 
    代表者 : 安成哲平
  • Impacts of absorbing aerosols on warm season climate over Euro-Asia
    NASA:NASA Modeling, Analysis, and Prediction (MAP)
    研究期間 : 2013年 -2017年 
    代表者 : Kyu-Myong Kim (Former PI: William K.-M. Lau)
     
    (Co-I: R. D. Koster, T. J. Yasunari, and K.-M. Kim)

教育活動情報

主要な担当授業

  • Atmospheric Environment Engineering(大気環境保全工学E)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : climate change, atmospheric science, atmospheric aerosols, atmospheric environment, meteorology, and air pollution
  • Atmospheric Environment Engineering(大気環境保全工学E)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : climate change, atmospheric science, atmospheric aerosols, atmospheric environment, meteorology, and air pollution
  • 環境工学実験Ⅰ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 分析化学実験、環境汚染物質濃度の化学測定、酸・塩基滴定、吸光光度法、水質汚濁測定、微生物量測定
  • 英語演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 地球環境, 気候変動, 地球温暖化, アクティヴ・ラーニング, グループディスカッション, プレゼンテーション

大学運営

委員歴

  • 2019年06月 -2020年10月   日本学術振興会(JSPS)   先端科学(FoS)シンポジウム事業委員会 第3回日米独先端科学(JAGFoS)シンポジウム プランニング・グループ・メンバー(PGM)
  • 2018年07月 - 現在   日本気象学会   講演企画委員会委員
  • 2018年07月 - 現在   PLOS   Academic Editor of PLOS ONE
  • 2017年11月 - 現在   日本地球惑星科学連合(JpGU)   グローバル戦略委員会委員(幹事)
  • 2017年09月 - 現在   日本地球惑星科学連合(JpGU)   ダイバーシティ推進委員会委員(副委員長)
  • 2016年06月 - 現在   日本気象学会   SOLA編集委員会委員(Editor)
  • 2016年06月 - 現在   日本気象学会北海道支部   幹事
  • 2016年04月 - 現在   日本地球惑星科学連合(JpGU)   代議員
  • 2016年06月 -2017年03月   北海道大学 新渡戸スクール   メンター
  • 2015年08月 -2016年03月   北海道大学 新渡戸スクール   メンター

社会貢献

  • キャリアブース相談員
    期間 : 2019年05月
    役割 : 運営参加・支援
    種別 : その他
    主催者・発行元 : 日本地球惑星科学連合(JpGU)
    イベント・番組・新聞雑誌名 : JpGU Meeting 2019
  • キャリアブース相談員
    期間 : 2018年05月
    役割 : 運営参加・支援
    種別 : その他
    主催者・発行元 : 日本地球惑星科学連合(JpGU)
    イベント・番組・新聞雑誌名 : JpGU Meeting 2018
  • a co-convener of the session, AS19 (Impact of Aerosols on Hydro-climate), of AOGS 15th Annual Meeting 2018
    期間 : - 2018年
    役割 : 運営参加・支援
    種別 : その他
    主催者・発行元 : AOGS
    イベント・番組・新聞雑誌名 : AOGS 15th Annual Meerting
  • キャリアブース相談員
    期間 : 2017年05月
    役割 : 運営参加・支援
    種別 : その他
    主催者・発行元 : JpGU
    イベント・番組・新聞雑誌名 : JpGU-AGU Joint Meeting 2017
  • Visitor correspondence at the JpGU booth of AGU Fall Meeting 2017
    期間 : - 2017年
    役割 : 運営参加・支援
    種別 : その他
    主催者・発行元 : JpGU
    イベント・番組・新聞雑誌名 : AGU Fall Meeting 2017
  • a co-convener of the session, "A-AS07: Aerosol impacts on air quality and climate", of JpGU-AGU Joint Meeting 2017
    期間 : - 2017年
    役割 : 企画
    主催者・発行元 : Japan Geophysical Union (JpGU)
    イベント・番組・新聞雑誌名 : JpGU-AGU Joint Meeting 2017
  • 2017年度日本気象学会秋季大会(札幌)実行委員
    期間 : - 2017年
    役割 : 運営参加・支援
    主催者・発行元 : 日本気象学会北海道支部・日本気象学会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 2017年度日本気象学会秋季大会(札幌)
  • Judge contributions to Outstanding Student Paper Awards (OSPA)
    役割 : 調査担当
    種別 : 調査
    イベント・番組・新聞雑誌名 : AGU Fall Meeting 2016
  • a co-convener of the session, "GC21I: Arctic Environmental Change: Local, Regional, Global Drivers and Impacts I; GC23A: Arctic Environmental Change: Local, Regional, Global Drivers and Impacts II Poster", of AGU Fall Meeting 2016
    期間 : - 2016年
    役割 : 企画
    イベント・番組・新聞雑誌名 : AGU Fall Meeting 2016
  • 第57回大気環境学会(札幌)の実行委員
    期間 : - 2016年
    役割 : 運営参加・支援
  • Judge contributions to Outstanding Student Paper Awards (OSPA)
    期間 : 2014年12月
    役割 : 調査担当
    主催者・発行元 : American Geophysical Union
    イベント・番組・新聞雑誌名 : AGU Fall Meeting 2014
  • Judge contributions to Outstanding Student Paper Awards (OSPA)
    期間 : 2013年12月
    役割 : 調査担当
    主催者・発行元 : American Geophysical Union
    イベント・番組・新聞雑誌名 : AGU Fall Meeting 2013
  • 座長(物質循環IIセッション)
    期間 : 2013年11月20日 - 2013年11月20日
    役割 : 司会
    主催者・発行元 : 日本気象学会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 日本気象学会2013年度秋季大会(仙台)


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.